2017年 09月 01日 ( 1 )

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

forever friends | REMEDIOS

c0002171_1220291.jpg

DAOKO × 米津玄師『打上花火』も話題のアニメ映画、『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』のオリジナル実写、今までそのキャッチーな題名は良く聴いていたのですが、いざTSUTAYAで借りてみて50分のTVドラマだったと知りました。

夏休みの或る花火の日、少女と少年の思春期の儚い一日が描かれていました。

同級生のはずの奥菜恵と山崎裕太、そして少年グループの役者間には年齢差も感じさせられましたが、映像効果も相まって、御伽噺的な抒情性の強い物語となっていました。

あの年頃は女の子の方が精神年齢が高くて恋愛を意識する一方、小学生の少年は男同士でつるむ方が楽しかったり恋愛なんて恥ずかしいと想っていたなぁとか、1993年発表のドラマ内ではスーファミのスーパーマリオが遊ばれていたり、丁度自分と同世代でノスタルジーに襲われて。

敢えて言えばインターネットに汚染されていなかった頃の少年少女の世界。例えば「花火は横から見たら丸く見えるか平べったくみえるか」なんか今は検索すればすぐわかってしまいます。

さらに大きいのは、昔は少年・少女だけの世界があったけれども、今はネットで”大人”にすぐ触れてしまう。それも罵詈雑言や大人の汚い所にも。

勿論、今の子どもたちならではの、例えばYoutuberみたいな世界が今もあることは分かっていても、三十路としてはついつい”あの頃、良かったなー”と想ってしまうなぁと。

”少年の目からみた少女”があまりに鮮やかに描かれていて、今の視点からすれば”この少女の描き方はあまりに男のファンタジーに過ぎるな”と想ったり。勿論現実にこういう神秘的な女の子もいるかもしれないけれど、”こんな少女妄想じゃねか”とw

そして、男は異性と付き合うことでしか精神的に成長できない領域があるなぁと。女の人のライフサイズな強さ、弱さを知ってからみた感想は多分小学生の時にこのドラマを観ても想えなかっただろうと思います。

物語のエモーショナルな鮮やかさ。時を経てまた新たな輝きを放つFantasicな名作でした。50分のドラマでちょっと時間余る位のボリュームの物語をアニメで90分でどう調理したのか気になります。

またいつかの8月にレンタルして観てみようと思います。8/31のロスタイムに夏休みの残り香を嗅ぎました。
by wavesll | 2017-09-01 01:34 | 映画 | Trackback | Comments(0)