2017年 09月 23日 ( 3 )

A. Lange & Sohne - Zeitwerk 機械式でありながら時と分をデジタルに顕わす腕時計

c0002171_21421677.jpg

A. Lange & Sohne - Zeitwerk Striking Time - Complete Review by Monochrome-Watches


ランゲ・ツァイトヴェルクは、機械式でありながら時と分を数字でデジタルに表示する異色な時計。

2001年よりジュネーブ市が中心になって開催している時計コンテストGrand Prix d'Horlogerie de Geneveで、ランゲ・アンド・ゾーネが2009年にスイスメーカー以外で初めて金の針賞を受賞したのがこの時計。

一日1440回繰り返される時刻表示の切り替えには5Kgの質量の力が必要だとか。この特異なメカニズムの顕れ、憧れです。宝籤に当たったら買おうかなw
by wavesll | 2017-09-23 21:38 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

雲の侘錆 ーCigarettes After Sex / Nothing's Gonna Hurt You Baby 第36回音の貝合わせ

c0002171_16585388.jpg


by wavesll | 2017-09-23 16:58 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

HYT H2 TRADITION WATCH ー液体で時間を表示する機械式時計

c0002171_9241498.jpg

HYT H2 Tradition world premiere - SIHH 2016


元乃隅稲成神社から福岡空港に戻って時計雑誌をめくっていたときにみかけたこのWatch.

HYT H2 TRADITION WATCHは液体で時間を表示する機械式時計だそう。

ダイヤル外周に沿って極細のガラスチューブを円形に配置。その中に封入されたブルーの液体が時間を表示。より厳密に言えば、ブルーの液体と、その反対側の透明な液体との境界面が時間の経過とともに動いていく。この2種類の液体は水と油のように決して混じり合うことはなく、ブルーの液体が右下の6時位置まで達すると、瞬時に左下の6時まで戻って再び時間の表示をスタートする。いわば液体によるレトログラード表示といえる(pen ONLINE)とのこと。

この時計を制作したHYT(ハイドロ・メカニカル・オロロジスト)は日本初のコーナーを東武池袋店にオープン&7月20日よりフェア開催したそうで、恵比寿のウェスティンホテル1階にあるノーブルスタイリング・ギャラリーで見ることも可能だそうです。

ワクワク浮き立つ、明らかに一線を画したメカニズムの時計でした。
by wavesll | 2017-09-23 09:37 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)