「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Sound Gem( 127 )

東京音大附属民族音楽研究所 2016年度ガムラン講座 発表会に行ってきた!

c0002171_2043513.jpg
c0002171_2044464.jpg

雑司ヶ谷で降りて東京音楽大学へ。
民族音楽研究所のガムラン講座の発表会があったのです。

歓迎の曲(開演前に演奏)「コド・ゴレ」(儀式曲)
第一部
合奏「バイト・カンダス」(器楽曲)
舞踊「ゴレ・マニス」(美しい仕草を描く女性舞踊)
合奏「ラハ・ボロ」(器楽曲)
合奏「フスボキワン」(古典曲)
合奏「スウェ・オラ・ジャム」(歌のある小曲)
舞踊「レトノ・ティナンディン」(凛々しい戦いの舞踊)
第二部
合奏「ゴンドマストゥティ」(古典曲)
合奏「スカルブランギ」(新作)
合奏「チャラン・ガントゥン〜コンジン・ミリン」(古典曲)
舞踊「ガンビラノム」(女性への愛を描く舞踊)


という2h30m越えの大ヴォリューム。
ジャワガムランの麗しい音色に脳波が滾々し、うとうとしながら気持ちええ~と聴き入りました。

舞踊も帯を使うのとか初めて知ったり、弓矢や剣の踊りや男装の女性の武将の踊りがあることを知れ、とっても良かったです。生で聴くと楽団の様々な地点から鳴っているのだと分かって愉しめますね。

何気に一番の収穫はガムランの演奏or舞踊を週1で1年間10万円で習えると知れたことかも。
ガムランの社会人講座、いつかやってみたい!

またガムランの楽曲は数字で出来ているとの説明の後、ワークショップで数字を挙げてつくられたオリジナル楽曲なんかも演奏され、非常に愉しい一日となりました◎

c0002171_20511893.jpg

[PR]
by wavesll | 2017-02-25 20:51 | Sound Gem | Comments(0)

Halo Orbit Japan Tour 2017 at 代官山Unit

c0002171_0212831.jpg


UnitにHalo OrbitのLIVEを観に行ってきました!

先ず前座のDE DE MOUSE + his drummerがすっごく良くて。

LITEの山本さんとの音は初端からバッキバキの打音!

そこからドボドボになって徐々にポーターロビンソン的な甘やかさが滲んでいって、そして前半ラストはツーバスの極限打音!

後半は2人ROVOみたいな宇宙の打音トランスからラスト、JPOP的な甘旨さとエクスペリメンタルな域のハイブリッドへ。とても良かったです。

そして転換の時にすぐ始まったのがSTUTS、何かこらえるような表情で手を軽く握ってMPCを叩くのが印象的でした。音もご機嫌で◎

そして愈々真打ち、Halo Orbit!!!!!!!

Halo Orbit - Halo Orbit


バッファロー・ドーターの辣腕ギタリスト、シュガー吉永と、マーズ・ヴォルタの凄腕ベーシスト、ホアン・アルデレッテ、そしてデヴィッド・ボウイの遺作『★』に参加して一躍世界中の注目を浴びた新世代ジャズ・ドラマーの若き旗手、マーク・ジュリアナによるコラボ・プロジェクト

3人とも凄かったけど特にホアン!あんなヘヴィで太くノイズなベース初めて聴いた!

またホアンのソロからシュガーがヴォーカルを加工しながら演った曲は今までで初めて聴く音像で昂奮しました。

3人ともソロ曲があったのですが、今夜壱ときめいた瞬間はやはりマークのドラムソロ!この人に自由に叩かせると魔術!

マークのドラムは昨年の1/4にコットンクラブでみて以来だったのですが、今夜エクスペリメンタルなロックとしてマークのドラムを聴けたのが嬉しくて。

さらに言えばかちっとした楽曲の時よりインプロヴィゼーションっぽい時やソロの時が本当にMagicを起こしてました。

ベースとドラムと凄絶さに比べるとギターの音の超絶尖端性は控え目な気もしてましたが、最後インプロのギターは凄く良くて、そこからアニメのVJと共にOne Of These Days (feat. Del The Funky Homosapien)で本編〆。

そしてアンコールはギターXベースXドラムスの最高のバンドアンサンブルでした!これみれたのは嬉しかったな~!感謝◎!
[PR]
by wavesll | 2017-02-24 00:57 | Sound Gem | Comments(0)

Egberto Gismonti +

c0002171_5463528.jpg

Don Quixote, de Egberto Gismonti e Geraldo Carneiro


Palhaço, Egberto Gismonti e Alexandre Andrés


Loro, Egberto Gismonti


伯剌西爾音楽の巨星、エグベルト・ジスモンチと、ミナス新世代の雄、アレシャンドリ・アンドレスFestival Meio de Campoでのコラボ映像、こんなのがあったとは。素晴らしい。

私は幸せなことに、ジスモンチを生で二度見る機会を授かっていて。
2013年3月の渋谷ヒカリエでの息子さんとの公演2016年4月の練馬でのナナ・ヴァスコンセロス追悼コンサート

双方、夢のようなひとときだったのですが人間の舌と言うのはどこまでも肥えるもので、二度目のライヴは初見の衝撃を超えることはなかったというところもあって。勿論、本当に神業で何度見ても天上へ連れてかれるのですが。

そんな時にこの動画をみて。Alexandre AndrésもCDを持っているくらい好きなので期待感はあったのですがここまでとは。惚れ直しました。このメンバーで来日してくれたら何を差し置いても馳せ参じたい(我侭なものです><w)

このMeio de Campoというフェスのアカウントは他にもライヴやインタヴュー動画を上げていて。

例えばこのHermeto Pascoal e Rafael Macedo - Forró da Gotaなんか素晴らしい。年始にWWW XでみたHelmeto Pascoal E Grupoのライヴの高揚が蘇りました。



さて、本記事の最後に載せたいのが"Egberto Gismonti +"ということで他アーティストによるGismontiのカヴァーで。
様々なGismonti楽曲のカヴァーの中でもこれはかなりいいかと。

Trio Madeira Brasil | Loro (Egberto Gismonti) | Instrumental Sesc Brasil


Loroのクラシックギター&マンドリンカヴァー。朝に聴くにはぴったりな穏やかで優しい陽光の音。こういう音をかけながら朝食食べたら最高そう。

今日はこれをかけて朝の快いひとときをトマト・スクランブルエッグでもつくって過ごそうかと想います◎
[PR]
by wavesll | 2017-02-23 05:25 | Sound Gem | Comments(0)

みたまに響く音 ーゆうき(オオルタイチ&YTAMO)インストアライヴat渋谷タワーレコード

c0002171_1752048.jpg


ゆうき / あたえられたもの (mv version)


渋谷タワレコにてゆうき(オオルタイチ&YTAMO)のインストアライヴをみてきました。
いっや~◎純粋な調べに心洗われるライヴでした◎

オオルタイチさんは最初Beshabyを始めとするソロの奇天烈音楽映像で知って、そこからウリチパン郡も大好きになって。

そんな経緯から最初ゆうきの音を聴いたときは”ほう…”と想ったのですが、実際に生で聞いてみるとオオルタイチさんとYTAMOさんの声や音の重なり、調べのチャレンジにとても感銘を受けて。

単純にいいライヴだったし魂というか“みたま”に響く音、なーんていったらふみカス的にヤバくなっちゃうかもしれないけれどwいやいや、とびきりな音の目茶目茶良いライヴでした。

なんとアンコールも演ってくれて小一時間のインストアライヴ!アルバムに入ってないというアンコールの歌も力強くて良かったなぁ。カツオさんの熱い音ライヴは毎回期待を裏切らないですね。素晴らしいライヴに感謝多謝!

1stフルアルバム『あたえられたもの』を引っ提げての二人の今後のLIVEの予定だと2/23(木)に恵比寿のBATICAでMikikiのイベントがあるそう。なんと前売りは1500円とのこと。この値段は破格だなぁ。興味がある方は是非是非◎
[PR]
by wavesll | 2017-02-19 18:04 | Sound Gem | Comments(0)

Altanative FolkとしてのFlamenco ―Silvia Perez Cruz

c0002171_632715.jpg

Silvia Perez Cruz - Smile and run (Domus)


ディスクユニオンのTweetで知ったSilvia Pérez Cruz。
2000年代に頭角を現し、ハヴィエル・コリーナとの共演でも好評を博す。情感溢れる歌声でスペインの民衆を魅了する女性ヴォーカリスト
とのことですが、いわゆる”フラメンコ!!”といった激しい音ではなくて、チェンバーな質感に情念を香らせていて、大変気に入りました。

Silvia Perez Cruz - Domus (full album)


このアルバム『Domus』は彼女が主演した映画Cerca de tu casaのサントラに当たる盤だそう。

Youtubeを廻るとハンドパン奏者と組んだ楽曲があったり、オルタナ・フォークとしても聴ける素晴らしい音楽だと感じました。

"Luna" by Silvia Perez Cruz and Ravid Goldsmidtch


Silvia Perez Cruz & Ravid Goldschmidt - Niña


個人的には
Isis Giraldo {aka.chiquita} / PADRE mid-10'sに放たれた越境する先端の音

中村佳穂 / リピー塔がたつ とんでもないピアノシンガー
といい、瑞々しい音像を歌う女性シンガーに2017年は出逢う年だなと感じていて。こうして"王道"がまた新しく磨かれていくのかな、とてもワクワクしています。

cf.
特集:ボーダレス化するジャズと世界の新世代アーティストたち(ディスクユニオン新宿ラテン・ブラジル館)

[PR]
by wavesll | 2017-02-18 19:46 | Sound Gem | Comments(0)

Quantic - Arthur Verocai - Jameszoo:地球儀的音楽コネクション

Quantic and His Combo Barbaro / Tradition in Transition


昨日のエントリ:Isis Giraldo {aka.chiquita} / PADRE mid-10'sに放たれた越境する先端の音を書く際に高橋健太郎氏のライナーを参考にしたのですが、その中でコロムビアから新しい音楽が聴こえてくることは少ないという一文に"え?"となって。

確かに球数は少ないかもしれませんが、このQuanticが2009年に放った円盤は<コロンビア版Buena Vista Social Club>な弩級の一枚だろう!と。

中でもThe Dreaming Mind Pt 1など、夢蒸す南米の熱を浴びるような名曲だし、その後にOndatrópicaに繋がっていく流れも含め、コロンビアは音楽砂漠というより宝石が眠る地という表現に値すると想います。

そしてAmazonの『Tradition in Transition』のページをみていた際、気になる名前を発見しまして。

それが
エリス・レジーナの作品でプロデュースやアレンジ、ソングライティングなどを手掛けてたブラジル人アーティスト、Arthur Verocai(アルトゥール・ヴェロカイ
丁度先日に8年ぶりの新譜が出ていて名前を見かけたというのもあったのですが、その前にブレインフィーダーから出たJameszooのアルバム『Fool』に参加していて試聴していいなと想っていたのです。

Jameszoo - 'Flu feat. Arthur Verocai'(soundcloud)


この電子音ジャズにフィーチャーされる尖り方は格好いい。オランダのクラブ・ジャズという意味ではJazzinvadersにも繋がる高品位でマットな質感を感じます。

さて、その上でこうなるとArthur Verocai御大の代表作を聴いてみたいところ。で、Youtubeにやっぱりありました。

Arthur Verocai - Arthur Verocai (1972)


エクスペリメンタル・サイケデリック・フォーク。例えばPedro Santos / Krishnandaほど派手でなく、Paêbirú - Album Completo - Lula Côrtes e Zé Ramalhoほど闇のような沼ではない。けれどそのセンスの妙が存分に発揮されて、日常に輝照を与えてくれるような音でした。

コロンビアとオランダがブラジルを介して繋がる。さらに言えばQuanticことウィル・ホランドは英国人だし、ブレインフィーダーを主宰するFlying Lotusはファイナルファンタジーの音をサンプリングしたりする。正に地球儀を回転させるようなトランスナショナル且つ濃ゆい繋がりが音楽界にはありますね。

c0002171_216843.jpg

その中でもArthur Verocaiというヴェテランが若手と絡むのがいいなあ平成28年のListening ExperienceでもDavid BowieがMark Guilianaと組んだりPaul SimonがClap! Clap!をフィーチャーするなんて流れがいいなぁと想い、年を重ねても尚先端を生き続ける巨匠達とそれとがっぷりよつする若手に心弾みました。

cf.
Arthur Verocai - No Voo Do Urubu (ele-king)

[PR]
by wavesll | 2017-02-17 20:58 | Sound Gem | Comments(0)

Isis Giraldo {aka.chiquita} / PADRE mid-10'sに放たれた越境する先端の音

Isis Giraldo {aka.chiquita} / PADRE
c0002171_4191150.jpg

今年に入って渋谷UPLINKでみた七尾旅人/兵士A川崎チネチッタでみたMAD MAX 怒りのデス・ロード BLACK & CHROMEは格別な音楽体験だったのですが、双方元々は2015年のライヴ/作品だったという共通点がありました。

そしてこのイシス・ヒラルド女史の作品も、2015年に高橋健太郎氏がbandcampから見出したもの。mid-10'sの文化潮流は2015年に何かしらのブレイクスルーがあったのかもしれません。

このアルバムのとびきりさは一曲目「He Vivido」にも顕著に現れていますが、ジャズでありながらクラシックの声楽的な美しい響きがある處。

Egberto Gismontiを始めとして南米ではジャズとクラシックが混然一体となっている風土があります。

コロンビアの首都ボゴタで生まれ、10歳の時にカナダへ移住しArcade Fireも出たモントリオールのマギル大学へ入学したイシスさんにも越境的な感性が息づいているのだと感じました。

『PADRE』に収録されている歌の詩はイシスさんの父親によるものだそう。ラテン・アメリカの西班牙語の独特の侘しい美しさがあり、愛や自然、人生についての根源的なテーマが歌われていました。

このアルバムは冒頭のlink先でBandcamp音源として売られているのですが、2016年にJazz The New Chapterのレーベルから第一弾作品としてCDが発売されました(現地でもごく少数プレスはされていたそうです。)

JTNCや高橋さんということで実は少し気構えしながら聴いたのですが、茅乃舎の出汁のような旨みがあって寧ろ「よくぞこれをDigした!」と嬉しくなる音でした。

Antonio Loureiroとの同時代性や、このアルバム以後エレクトロへ行く感じなんか入江陽とも繋がる現代若手音楽家達の呼応を感じました。

少年少女の頃に『フィフス・エレメント』のコズミック・オペラに心躍らせた方も気に入りそうな先進的なJAZZ, お薦めです。

cf.
Quantic - Arthur Verocai - Jameszoo:地球儀的音楽コネクション

Altanative FolkとしてのFlamenco ―Silvia Perez Cruz
特集:ボーダレス化するジャズと世界の新世代アーティストたち(ディスクユニオン新宿ラテン・ブラジル館)
[PR]
by wavesll | 2017-02-16 05:04 | Sound Gem | Comments(0)

霧中行 American Beauty Original Soundtrack by Thomas Newman

American Beauty Complete Soundtrack OST by Thomas Newman


昨晩の『沈黙ーサイレンスーO.S.T.』エントリに続く映画サントラ。
名匠ポール・ニューマンの腕が冴える。M1はTVのミステリアスなシーンで良く使われる奴。この映画の楽曲だったのか。

僅かにエキゾというか、ジャワガムラン的な音像も散見したり、一枚のアルバムとして高品質な作品だと感じました。

『アメリカン・ビューティー』はみて面白かった記憶はあるのだけれど内容を全然覚えてないなと想ったら1999年、前世紀の映画なのか。ほぼほぼ20年経ってまた見返したら色々と心に入ってきそう。

人生を進める上で全てをクリアにしようとすると回転が悪くて、ある程度霧の中を進まねば虎児を得られないのかもしれません。

しかし纏わりつく煙が泥となっていつのまにか澱の檻の中にいることもある。
叢雲を切り裂き青天をみないと拘泥する。代償として痛みも伴うけれど時に冒険や吐露の苦みを味わうことが生きることに深みを与えてくれる。

だから霧中に身を浸そう。秘密を冒す勇気は香辛料になるかもしれない。でもどっち道良いことばかりじゃないぜ、ただ悪いことばかりでもないんだ。

そう語りかけられているようなサウンドトラックでした。

映画の内容覚えてないのにまさに五里霧中の中感想めいたことを書いてしまったw
『内容わからない映画をWikipediaくらいしか読まないでサントラだけで勝手に語るシリーズ』とか立ち上げてみようかなんて想いましたw
[PR]
by wavesll | 2017-02-09 23:55 | Sound Gem | Comments(0)

暁闇の青光にMiles Davis - In a Silent Way

Miles Davis - In a Silent Way - 1969


アルコールで前頭葉が少し痛みを覚えながら、意識が切れるまでTVを流していた3:47。ディスプレイの平面のに映るRealが虚構に感じるのは眠気の泥にまみれているからか。

ニュースで看護師になって8ヶ月で自殺した女性が報じられていた。

なりたかった職について、そのRealを回す労働疲労の重みが心を蝕んだのか。自分がなりたかった仕事だから、頑張って、頑張って、全然足りない自分が嫌いになって、鬱になってしまう若者の躯。

健康に属している内は鬱の事など七面倒な陰気話で、鬱だった俺も離れれば忘れてしまう。

精神が疾患を起こし、平衡を失った時、仮想と実在は限りなく一体になって。己の生の重みが一夜の夢と等しくなってしまう。

平衡を失った明け方。つい今しがたの出来事と、死にたくなるような過去の醜聞が同時に想起していた頃を思い出す。世の中を呪い、それ以上に自分自身を殺したくてならなかったあの頃。

生き永らえて。生き永らえてしまえば世の中の温かみに感謝する余裕が出てくる。人間、一番度量が試されるのは損切りで、精神が切羽詰まっては諦める事すらできない。

みずみずしいジャズが鳴っている。
hr-Sinfonieorchester X Francesco Tristano X Moritz von Oswaldを聴いた時も想ったけれども、時を越える藝術はみずみずしい。"再生"とはよく言ったものだ。じきに太陽が宙へ昇るように何度でも"再生"を繰り返せる。

エレーヌ・フォックス教授は認識が蛋白質を形成すると述べた。脳神経すら半ば精神で出来ているならば、心身は半ば以上エーテルなのかもしれぬ。

姿を持たぬ心は、姿を持たぬ芸術である音楽に共鳴するなら、心は何度も再生するかもしれぬ。

サステイナブルな営為になるには再生と消耗を整えること。再生には時がかかる。必要なのは闇の中で生き永らえる兵站。

淡々と心の行を積むことを具体的行動に落とし込み継続維持できれば、閾値まで達せれば。春立ちぬやもしれぬ。

寂かな道でそう考えた。
[PR]
by wavesll | 2017-02-04 04:15 | Sound Gem | Comments(0)

中村佳穂 / リピー塔がたつ とんでもないピアノシンガー

c0002171_20435783.jpg

口うつしロマンス:中村佳穂 (soundcloud link)


いつものように渋谷タワレコ6F奥のカツオさんコーナーへ行くと目に入ったのがこのPOP。"へぇ~FUJIROCK出てて、くるりの岸田も褒めてるのか、どれ聴いてみようか"と試聴ボタンを押すと一気に心臓鷲掴みにされるような音!こーれはめっけものだぞと。

上のYOUTUBEはかなりノイズが入っちゃってるんで、"熱"だけでも伝わればなと。soundcludもいいですが、出来ればCDを聴いてほしい。なんでもメジャーどころだとタワレコ限定発売だとか。


FUJIROCK'16に出てる動画も上がってました。
CD Shopっぽいコピーを考えるなら「aiko meets 矢野顕子な新世代ピアノシンガー」とでもいいましょうか。サンクラにあがってるあんたがたどこさもいいし、奇妙礼太郎とか好きな人にも響くんじゃないかなぁ。

まぁ何しろ歌が強くて美しい!『リピー塔がたつ』の1曲目<リピー塔がたつ(intro)>から2曲目<POiNT>への怒涛の展開の惹きが凄くて!ここをね、是非ともタワレコ渋谷6Fカツオコーナーに試聴が昨日(1/27)の時点ではあったので聴いてほしい!

3曲目の台詞付きの<辞める辞めない押し問答>はちょっと椎名林檎っぽい。4曲目<通学>の音遊びは現代JAZZ/ELECTRONICA/POST CLASSICALな感覚もあるPOP楽曲で。ここでも唄の強さがサウンドに負けてない。5曲目の<悪口>はクラシカルなピアノ弾き語り+アルファ(パーカス、チェロ、ボイパ)なチェンバー・ポップ。これはceroのLIVEなんかが好きな人なんかも"おっ!"と想うかも。

詞もよくて。「文字をあつめて 評論家気取り 無難にまとめて 人を殴っている ~ 人をあつめて 神様のそぶり 冷たい仕打ちに 熱くなっている ~ 僕は船を編む ここで溺れてしまわぬように ぼんやりあおむけ もうすぐ夏が来るよ」中村さんの詞は短いのに思索が拡がるいい詩だと想います。

そして6曲目<口うつしロマンス>は中盤のクラマ。このみずみずしさ、綺麗だ。楽曲終盤でスクラッチが鳴りながらブレイクダウンするところなんか最高。

7曲目<72億人分のあのひと(もう74億だね ver.)>はNHK Eテレ『シャキーン!』で活躍する岩見十夢さんとの共作。岩見さんの弾き語り動画もありました。

8曲目<my blue>はピアノバラード。荒井由実「翳りゆく部屋」や椎名林檎「同じ夜」、入江陽「JERA」級のDrama性を感じる。9曲目の<どこまで>は冒頭で子供たちが「みんな死ぬ」といい、本編自体もちょっと童謡っぽいところが最初"不穏な感じでいきたいのかな?"と想ったのだけれど、聴き終わると寧ろエレファントカシマシ「コールアンドレスポンス」のような"どうせ死ぬからこそ生きる"って感覚を得ました。

10曲目<makes me crazy>はなんとスチャダラのBoseが参加するラップ曲。SSWのアルバムに普通にHIPHOPが入るのはラブリーサマーちゃん「202 feat. 泉まくら」もそうだし、ラブサマちゃんやDAOKOといい、ほんと良い新世代女性アーティストどんどん出てきてるなと。

そして11曲目<リピー塔がたつ(answer)>。鮮やかなラスト。あっという間の37分強で、まだ聴きたくなってリピートしてしまう。や~、いい円盤でした◎

渋谷タワレコでインストアライヴもあったのか~><と凹んだのですが、かなりライヴスケジュールもあるみたいで。一回みてみたいです。
[PR]
by wavesll | 2017-01-28 21:44 | Sound Gem | Comments(0)