カテゴリ:Sound Gem( 143 )

yMusic ーBrooklyn発、Indie Classicalの俊英

Eleven


Son Lux: Beautiful Mechanical (yMusic)


TwitterやMikikiで八木皓平さんが推しているのを見掛けた「インディー・クラシック」というジャンル。

Pitchfolkにも2012年にMaking Overtures: The Emergence of Indie Classicalという記事がありました。ポスト・クラシカルがエレクトロニカやポストロックに影響を受けたクラシック的音楽とするとインディークラシックはもっと明るいポップスやインディーロック的な音楽との融合とのこと。

今年に入って雑誌LATINAで取り上げられたりして、愈々ブレイクかと想っていた處に成田佳洋さんのTwitterで紹介されていたyMusicというIndie Classicalのコレクティヴが素晴らしくて(今はバンドの事をコレクティヴって言うのですね)。

yMusicはブルックリンを拠点に活動する、管弦6人によるチェンバー・アンサンブル。NYP(ニューヨーク・フィルハーモニック)のメンバーを中心に、それぞれが多彩なキャリアと活動範囲を誇るリサイタリスト/編曲家集団である。インディー・ロックやジャズに至るジャンルを越えた先鋭的アーティストたちとの共演も多く、<インディー・クラシック>シーンの中核として多方面から注目を集めている。2011年作『Beautiful Mechanical』、2014年作『Balance Problems』はともに、タイム・アウト・ニューヨークが選ぶ<クラシック・レコード・オブ・ザ・イヤー>の第一位に選出。グループとしての共演歴を挙げるだけでも、ベン・フォールズ、アノーニ(アントニー&ザ・ジョンソンズ)、スフィアン・スティーブンス、ダーティー・プロジェクターズ、ホセ・ゴンザレス、ボン・イヴェール、マイ・ブライテスト・ダイアモンド…といった人気アーティストとの録音、ツアーでの共演も多数。2016年にはNYの殿堂カーネギー・ホールでもコンサートを敢行、ソールドアウト。いまやNYの幅広い音楽シーンにおける最注目グループのひとつといっても過言ではない。(NRT)
という音楽集団。

yMusic - Music In Circles (Official Video)


ギターのカッティングのような弦の響かせ方がRadiohead / Burn The Witchを彷彿とさせます。ここ数年私自身の関心もクラシックというか、オーケストラやチェンバー・ミュージックへ行っていたのもあり、面白い。

実は数年前から「インディークラシック」というジャンル名は見掛けていたのですが、Tyondai Braxton / Central Marketとかも含まれるとか、一時期の邦楽の「シティポップ」みたいにかなりざっくりした括りなんだなと想っていました。

そこにyMusicを認識し、Indie Classicalの真打と言うか、まさに名は体を表すコレクティヴが存在するのだなと。

彼らはBen Foldsと組んでアルバムを出したり、或いはPaul Simonと共にフェスに出たり。現在のブルックリンの先端のグループと言うのも頷けます。

Spotifyでも2011年の盤『Beautiful Mechanical』と2013年の『Year of the Dragon』が聴けます。NRTから今出ている『First』Soundcloud上にある『Balance Problems』と合わせて楽しみたい。個人的にはアルバムだと『Beautiful Mechanical』が好きです。

ジャンルの壁を越えたクラシックとして先日オペラシティで聴いたSteve Reich 80th Anniversary『Tehillim』に心臓を撃ち抜かれたのですが、今また新しい流儀で奏でられるクラシカル音楽の潮流に今後とも耳を澄まして行きたいです。

c0002171_6364548.jpg

by wavesll | 2017-03-15 06:37 | Sound Gem | Comments(0)

Grand Budapest Hotel Original Soundtrack

The Grand Budapest Hotel Original Soundtrack #32 Traditional Arrangement 'Moonshine' OST BSO


The Grand Budapest Hotel Original Soundtrack #31 Kamarinskaya OST BSO


Grand Budapest Hotel ost


ウェス・アンダーソン監督による『グランド・ブタペスト・ホテル』をみました。
御伽の国のような可愛らしく洒脱な映像で繰り広げられるコンシェルジュの冒険譚、大変楽しめました。

ここ2・3年の嵌りゴトなのですが、映画音楽に惹かれる様になりまして。
この映画もエンドロールを始めとして、中欧・東欧のエキゾ・ヨーロピアン音楽がとても愉しくて。

YoutubeにO.S.T.があがっていて今聴いているのですが、やはり最高。

この西欧と中東が融け合った狭間の音はどこの国の音なのだろう?とWebを回遊してみると、
音楽もユニークな『グランド・ブダペスト・ホテル』(Figaro.jp)
という記事が。

曰く
アンダーソン監督とスタッフは、東ヨーロッパを旅して歴史あるホテルを多々取材し、最終的には使われていなかった百貨店をアンダーソン監督特有の色遣いやエッセンスを加味して改装(中略)音楽に関しても時間をかけて独創性に富んだ音楽を研究し、自ら命名した"ズブロウキアン・ミュージック"を完成させ

たとのこと。

映画のプレスリリースによれば、作曲を依頼されたアレクサンドル・デスプラは従来のオーケストラ用の楽器を一切使わず、バラライカ(三角形の本体に3本の弦を張ったロシア産のマンドリンの一種)やツィンバロン(ピアノの原形で、弦をハンマーで叩いて音を出す打楽器ハンマー・ダルシマーの一種)などを取り入れたそう。彼の言葉を引用すると、「中部ヨーロッパのイメージにするために、モルダビア人のシンバロンからアルペンホルン、ヨーデルや修道士の歌、バラライカまで様々な音を使った」、「魂のこもった、いつまでも耳に残る音を組み合わせ、明るい気持ちから暗い気持ちまで様々な感情を網羅した。キャラクターの過去や将来、心に秘めた思いを表現するために、プロとして一度もやったことのない実験的な音楽を作曲した」とのこと。アルペンホルンとはアルプホルンとも呼ばれ、離れて位置する村と村とのコミュニケーション手段として活躍してきた金管楽器のことです。サウンドトラックでは全32曲中、彼が28曲を手掛け

たそうです。

ツィンバロムというと、1月1日に漱ぐ 清冽なイランのサントゥールで取り上げたイランの楽器サントゥールがその原型。ここら辺から"ちょっと中東の香りがする"と想ったのかもしれません。

フィガロのページには
アンダーソン監督が、「私とランドール・ポスターが発見し、この映画の音楽を作り上げる際にヒントにした音楽の一部を下記に列記しておく。これらの音楽は、いずれも作品に独特の色合いを与えている」と
記したオンガクの動画も載っていて、いい記事でした。

お洒落泥棒サンだけでなくミュージックラヴァー達にも『グランド・ブタペスト・ホテル』、お薦めです。

c0002171_2115914.jpg

cf.
◆長谷川等伯『松林図屏風』X Silence (Original Motion Picture Soundtrack) 第27回音の貝合わせ

◆霧中行 American Beauty Original Soundtrack by Thomas Newman
◆『新幹線大爆破』 劇は世につれ男の色気は挑みにつれ
◆第十回 酒と小皿と音楽婚礼 - セルゲイ・パラジャーノフ / アシク・ケリブ & 余市12年 WOODY & VANILLIC
by wavesll | 2017-03-14 21:18 | Sound Gem | Comments(0)

YMO集団弾き逃げ -公共の楽器という概念

コジマ電気で「東風」を集団弾き逃げ


ベスト電器で「ライディーン」を集団弾き逃げ


コジマ電気で「千のナイフ」を集団弾き逃げ


弾き逃げなる行為、音楽のゲリラ活動でYMOっぽさある。
ドキュメント72時間「宮崎 路上ピアノが奏でる音は」でも感じたけれど、"公共の楽器"って概念自体が眩しい。スポーツでもそうだけど、"鑑賞"と"実演"の間にある壁を取っ払うのはアート行為だと想。
by wavesll | 2017-03-08 03:19 | Sound Gem | Comments(0)

雛祭りはThe Books "A Cold Freezin' Night"

The Books "A Cold Freezin' Night" Video


音楽歳時記、ひな祭りに挙げたいのがThe Booksの"A Cold Freezin' Night".
"私が男の子だったらいいのに"って想うような女の子の為にひな祭りに音楽が鳴らされたっていい、そんな子に捧げたい。

ミュージック・コラージュの雄・The Booksはもう解散してしまいましたが、また再結成とかしたら後追いの私は嬉しくなって馳せ参じてしまうと想います。
おもちゃ箱がひっくり返ったようなサウンドに童心が刺激されます。

彼らのALだと私は日本の音声がサンプリングされたこの円盤が一番好きです。
ひな祭りにレモンパイなんてのも、甘酸っぱい思い出になりそうですね。

The Books - The Lemon of Pink (full album)

by wavesll | 2017-03-03 20:16 | Sound Gem | Comments(0)

Steve Reich 80th Anniversary『Tehillim』at 東京オペラシティ

c0002171_8444656.jpg
初台の東京オペラシティホールにスティーヴ・ライヒの『テヒリーム』を観に行きました。

ニコニコ動画で『Tehillim I II III IV』を聴いて矢も楯もたまらず馳せ参じたのですが、魔法の域な一夜でした。

始まりは『クラッピング・ミュージック』(1972)。第一奏者と第二奏者が手拍子を重ねる。題名のない音楽会の挿入曲ですね。この帽子のおじさんがライヒだと謎のインタビューの時に気づくニワカだったのですが、手拍子と言うミニマルの極致は現代性がありながら時空を越えた普遍的感覚を想わせました。

次の『マレット・カルテット』(2009)はヴィブラフォン2台と5オクターヴ・マリンバ2台によるアコースティックエレクトロニカ。
ポストクラシカルってこういうことなのかな?現代音楽のコンサートは初めて来たのですが、こんなにも快いとは。

また東京オペラシティのホールも美麗な上、音も良くて。
『4分33秒』の意味が分かるというか、ホールの中での観客の呼吸自体が一つのレイヤーとして重なっているイメージ。

『カルテット』(2013)。2台のピアノと2人の打楽器奏者によるカルテット。最後の生命の躍動に有機体の力を感じました。昨今インディークラシックとか新たな芽が出てきていますが既にこんな樹があったとは…!

そして『テヒリーム』(1981)、完全にやられてしまった!
1981年作曲!?その時点で音楽はこんなにも進んでいたなんて…!クラシック器楽と声楽と、テクノの打音をアコースティックで…口あんぐりしすぎてエクトプラズム出そうになりました。

『テヒリーム』はヘブライ語で「詩篇」を意味し、女声4(ハイ・ソプラノ1、リリック・ソプラノ2、アルト1)、ピッコロ、フルート、オーボエ、コーラングレ、クラリネット2、パーカッション6(シンバルなしの調律された小タンブリン、手拍子、マラカス、マリンバ、ヴィブラフォン、アンティーク・シンバル)、エレクトリック・オルガン2、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの編成。

音楽に酒とか合わせる企画やっているのですが、もはや水すら飲まなくていい位。『テヒリーム』の途中で音波のエナジーが鍾乳洞のように上へ伸びる幻影をみて、なんじゃこりゃ!!生だと臨場感とリズムが真に浸透してきて…至高の一時。

帰りにも水すら飲まず、余韻に浸っていました。エレキギターやエレキベースをフィーチャーした楽曲もあるとか。もうライヒの楽曲全部聴きたい!

NHKのカメラも入っていて、4/14(金)午前5:00~5:55にBSプレミアムで放送されるそうです。これはお薦めです。生だと音の重なりの分離がはっきりと聴き取れ、まざまざと感じられて。放送ではどうなるかが今から楽しみです。

c0002171_10481383.jpg

cf.
hr-Sinfonieorchester X Francesco Tristano X Moritz von Oswald による『Bolero』&『Strings of Life』

by wavesll | 2017-03-03 08:38 | Sound Gem | Comments(0)

ZAZEN BOYS & ムッシュかまやつ - ゴロワーズを吸ったことがあるかい

ZAZEN BOYS & ムッシュかまやつ - ゴロワーズを吸ったことがあるかい

by wavesll | 2017-03-02 07:48 | Sound Gem | Comments(0)

東京音大附属民族音楽研究所 2016年度ガムラン講座 発表会に行ってきた!

c0002171_2043513.jpg
c0002171_2044464.jpg

雑司ヶ谷で降りて東京音楽大学へ。
民族音楽研究所のガムラン講座の発表会があったのです。

歓迎の曲(開演前に演奏)「コド・ゴレ」(儀式曲)
第一部
合奏「バイト・カンダス」(器楽曲)
舞踊「ゴレ・マニス」(美しい仕草を描く女性舞踊)
合奏「ラハ・ボロ」(器楽曲)
合奏「フスボキワン」(古典曲)
合奏「スウェ・オラ・ジャム」(歌のある小曲)
舞踊「レトノ・ティナンディン」(凛々しい戦いの舞踊)
第二部
合奏「ゴンドマストゥティ」(古典曲)
合奏「スカルブランギ」(新作)
合奏「チャラン・ガントゥン〜コンジン・ミリン」(古典曲)
舞踊「ガンビラノム」(女性への愛を描く舞踊)


という2h30m越えの大ヴォリューム。
ジャワガムランの麗しい音色に脳波が滾々し、うとうとしながら気持ちええ~と聴き入りました。

舞踊も帯を使うのとか初めて知ったり、弓矢や剣の踊りや男装の女性の武将の踊りがあることを知れ、とっても良かったです。生で聴くと楽団の様々な地点から鳴っているのだと分かって愉しめますね。

何気に一番の収穫はガムランの演奏or舞踊を週1で1年間10万円で習えると知れたことかも。
ガムランの社会人講座、いつかやってみたい!

またガムランの楽曲は数字で出来ているとの説明の後、ワークショップで数字を挙げてつくられたオリジナル楽曲なんかも演奏され、非常に愉しい一日となりました◎

c0002171_20511893.jpg

by wavesll | 2017-02-25 20:51 | Sound Gem | Comments(0)

Halo Orbit Japan Tour 2017 at 代官山Unit

c0002171_0212831.jpg


UnitにHalo OrbitのLIVEを観に行ってきました!

先ず前座のDE DE MOUSE + his drummerがすっごく良くて。

LITEの山本さんとの音は初端からバッキバキの打音!

そこからドボドボになって徐々にポーターロビンソン的な甘やかさが滲んでいって、そして前半ラストはツーバスの極限打音!

後半は2人ROVOみたいな宇宙の打音トランスからラスト、JPOP的な甘旨さとエクスペリメンタルな域のハイブリッドへ。とても良かったです。

そして転換の時にすぐ始まったのがSTUTS、何かこらえるような表情で手を軽く握ってMPCを叩くのが印象的でした。音もご機嫌で◎

そして愈々真打ち、Halo Orbit!!!!!!!

Halo Orbit - Halo Orbit


バッファロー・ドーターの辣腕ギタリスト、シュガー吉永と、マーズ・ヴォルタの凄腕ベーシスト、ホアン・アルデレッテ、そしてデヴィッド・ボウイの遺作『★』に参加して一躍世界中の注目を浴びた新世代ジャズ・ドラマーの若き旗手、マーク・ジュリアナによるコラボ・プロジェクト

3人とも凄かったけど特にホアン!あんなヘヴィで太くノイズなベース初めて聴いた!

またホアンのソロからシュガーがヴォーカルを加工しながら演った曲は今までで初めて聴く音像で昂奮しました。

3人ともソロ曲があったのですが、今夜壱ときめいた瞬間はやはりマークのドラムソロ!この人に自由に叩かせると魔術!

マークのドラムは昨年の1/4にコットンクラブでみて以来だったのですが、今夜エクスペリメンタルなロックとしてマークのドラムを聴けたのが嬉しくて。

さらに言えばかちっとした楽曲の時よりインプロヴィゼーションっぽい時やソロの時が本当にMagicを起こしてました。

ベースとドラムと凄絶さに比べるとギターの音の超絶尖端性は控え目な気もしてましたが、最後インプロのギターは凄く良くて、そこからアニメのVJと共にOne Of These Days (feat. Del The Funky Homosapien)で本編〆。

そしてアンコールはギターXベースXドラムスの最高のバンドアンサンブルでした!これみれたのは嬉しかったな~!感謝◎!
by wavesll | 2017-02-24 00:57 | Sound Gem | Comments(0)

Egberto Gismonti +

c0002171_5463528.jpg

Don Quixote, de Egberto Gismonti e Geraldo Carneiro


Palhaço, Egberto Gismonti e Alexandre Andrés


Loro, Egberto Gismonti


伯剌西爾音楽の巨星、エグベルト・ジスモンチと、ミナス新世代の雄、アレシャンドリ・アンドレスFestival Meio de Campoでのコラボ映像、こんなのがあったとは。素晴らしい。

私は幸せなことに、ジスモンチを生で二度見る機会を授かっていて。
2013年3月の渋谷ヒカリエでの息子さんとの公演2016年4月の練馬でのナナ・ヴァスコンセロス追悼コンサート

双方、夢のようなひとときだったのですが人間の舌と言うのはどこまでも肥えるもので、二度目のライヴは初見の衝撃を超えることはなかったというところもあって。勿論、本当に神業で何度見ても天上へ連れてかれるのですが。

そんな時にこの動画をみて。Alexandre AndrésもCDを持っているくらい好きなので期待感はあったのですがここまでとは。惚れ直しました。このメンバーで来日してくれたら何を差し置いても馳せ参じたい(我侭なものです><w)

このMeio de Campoというフェスのアカウントは他にもライヴやインタヴュー動画を上げていて。

例えばこのHermeto Pascoal e Rafael Macedo - Forró da Gotaなんか素晴らしい。年始にWWW XでみたHelmeto Pascoal E Grupoのライヴの高揚が蘇りました。



さて、本記事の最後に載せたいのが"Egberto Gismonti +"ということで他アーティストによるGismontiのカヴァーで。
様々なGismonti楽曲のカヴァーの中でもこれはかなりいいかと。

Trio Madeira Brasil | Loro (Egberto Gismonti) | Instrumental Sesc Brasil


Loroのクラシックギター&マンドリンカヴァー。朝に聴くにはぴったりな穏やかで優しい陽光の音。こういう音をかけながら朝食食べたら最高そう。

今日はこれをかけて朝の快いひとときをトマト・スクランブルエッグでもつくって過ごそうかと想います◎
by wavesll | 2017-02-23 05:25 | Sound Gem | Comments(0)

みたまに響く音 ーゆうき(オオルタイチ&YTAMO)インストアライヴat渋谷タワーレコード

c0002171_1752048.jpg


ゆうき / あたえられたもの (mv version)


渋谷タワレコにてゆうき(オオルタイチ&YTAMO)のインストアライヴをみてきました。
いっや~◎純粋な調べに心洗われるライヴでした◎

オオルタイチさんは最初Beshabyを始めとするソロの奇天烈音楽映像で知って、そこからウリチパン郡も大好きになって。

そんな経緯から最初ゆうきの音を聴いたときは”ほう…”と想ったのですが、実際に生で聞いてみるとオオルタイチさんとYTAMOさんの声や音の重なり、調べのチャレンジにとても感銘を受けて。

単純にいいライヴだったし魂というか“みたま”に響く音、なーんていったらふみカス的にヤバくなっちゃうかもしれないけれどwいやいや、とびきりな音の目茶目茶良いライヴでした。

なんとアンコールも演ってくれて小一時間のインストアライヴ!アルバムに入ってないというアンコールの歌も力強くて良かったなぁ。カツオさんの熱い音ライヴは毎回期待を裏切らないですね。素晴らしいライヴに感謝多謝!

1stフルアルバム『あたえられたもの』を引っ提げての二人の今後のLIVEの予定だと2/23(木)に恵比寿のBATICAでMikikiのイベントがあるそう。なんと前売りは1500円とのこと。この値段は破格だなぁ。興味がある方は是非是非◎
by wavesll | 2017-02-19 18:04 | Sound Gem | Comments(0)