カテゴリ:Sound Gem( 255 )

フランコフォニーのお祭り@アンスティチュ・フランセ東京に行ってきた

飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京(旧日仏学院)で行われたフランコフォニーのお祭りに行ってきました。
c0002171_0481421.jpg

ベルギーのチェリー麦酒のみながらみたのは日本人ギタリストとフランス人シンガー/フルート奏者のユニット:Bix&Marki
c0002171_113159.jpg

フラ語の響きっていいなぁと聴きながら、屋台をチェック。いろんな国の料理やお酒がほとんど500円で楽しめるという。Bix&Markiが終わった後、マリの屋台でザメという野菜と鶏のアフリカ風パエリアみたいなの食べました。美味しかった☆
c0002171_1252175.jpg

腹ごなしをした後、本日のお目当ての一つ、マリの伝統楽器コラの奏者、ママデゥ・デゥンビャをみました。
c0002171_138093.jpg

コラの音色はこんな感じです。

ハープの原型ともいわれるアフリカの伝統楽器"コラ"で優美な朝を過ごしたい時に見るエントリ

私も生でコラを聴くのは初めてで。天上の調べを奏でるようなサウンドに聴き惚れるというか、音の気持ちよさに一聴き惚れしてしまいました。ライヴ後さっきのマリ屋台のところでママドゥさんと握手出来てまた嬉しかったなぁ。聴きながら飲んだモロッコのカサブランカビールも美味かったです。
続いて出てきたのはHarukarmaというシンガーとゆるアコというユニットのゆるアコトリオ。
c0002171_148872.jpg
なんとゆるアコの片方はリコーダー。アルトリコーダーの生音聴くの、中学以来だw
そしてなんとこんな楽器も。これもリコーダーだそうです。
c0002171_23536.jpg

ジャズアレンジの「あんたがたどこさ」とか、可笑しみと格好良さのバランスがいい、楽しめるライヴでした。

スイスビール飲みながら転換の時間を過ごし、次に出てきたのはケベックのラッパー、ウェブスター大盛り上がりでした。
c0002171_2103144.jpg

ラップフランセがみれるとは!嬉しいサプライズでした。日仏の子どもたちも大喜びしてました。

コートジボワールのクレオールバンド:ンザサ・ミュージック
c0002171_2285816.jpg

これがね!ノせるのが上手い!みんなで踊ったりハンカチ回したり。最近はフェスに行っても後ろの方で好きに体動かしてる自分も、今日はお客も半分以上フランス語圏の人だからか、なんか素直に楽しめてしまうw尻上がりに良くなるいーいライヴでした。

なんとンザサ・ミュージックの開始時点で1h程時間が押していたのですが、更にンザサがアンコールまでやっちまって、もう真っ暗。そんな中でいよいよ鳳の登場。スイスから来たジプシー・サウンド・システム!
c0002171_2331048.jpg


登場から、ラップトップからリズムが流れて、それにサックス、バンドネオン、ギター、ヴォーカルが入り乱れる。最初はアコースティック・ブロステ!?みたいなところから"ジプシー・サウンド"という切り口でロカビリー・ロック、アラビア、サンバ、エレクトロスイング等々、千変万化・変幻自在の祝祭サウンド!すーごいアガりました!楽しかったー!!!!!

ここまで楽しんで、フリーイベントというw!まぁなんだかんだ飲み食いで結構遣いましたけど、最高の土曜を過ごせました☆☆☆
by wavesll | 2016-03-27 02:39 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

大森靖子インストアライヴ@タワーレコード横浜、SICKS、おそ松さん 理解された上で心を動かす術式

c0002171_2053547.jpg
横浜タワーに大森靖子のインストアライヴをみに行きました。


去年渋谷タワーでみたインストアライヴで、『呪いは水色』を聴いて林檎の『同じ夜』みたいだなと想ったのですが、こないだ出ていたTBSラジオSession22でかかった曲も無罪モラトリアムの頃の林檎曲みたいなエモさがあるなと想い、Youtube漁ったら、新アルバムもいい感じで。聴いたところだとなんとプロデューサーに亀田誠治やミト(クラムボン)等を迎えているそう。

「愛してる.com」のPVなんか銀杏の「ぽあだむ」の発展形と言うか。J-POPの総力を挙げて造ってるなと想い横浜タワーに向かったのです。

ライヴではギター一本の弾き語り、時々アカペラで唄い叫ぶ姿、人も凄い盛況でした。姿も含めて前回見た時よりもかなり垢抜けたようにみえたのは芸能活動で磨かれた部分と、母になったというのも大きいかなと想いました。

「呪いは水色」をまた聴けたのも嬉しかったですが、何よりうれしかったのは「TOKYO BLACK HOLE」を弾き語りで生で聴けたこと。



この歌詞、凄くないですか?詩の強度が物凄いというか、インストアライヴで唄われた他の曲もきっちりフックとなるキラーフレーズが連打されてて、久しぶりに歌詞にぐっときながらライヴを聴いた気がしました。あとPVより実物の方が大森さん綺麗でした。

なんていうか、"理解不能だけど物凄い"とは違う、大森さんの詞は"分かった上で凄い"のも凄いなと。解りきった上で魅了されるというのは、したたかな高度というか、酔わずに酔えるというか、新鮮であったり。でもこの感覚、最近別のところで味わったなと想ったのでした。

それは二つのTV番組で。一つはテレ東系のBS JAPANで流れていた『SICKS』、最初はオムニバスコントで始まったのに、最後は理想的な『20世紀少年』とでもいうようなサスペンスミステリードラマになるこの作品、面白さだけを追求して、全然高尚でないのに面白さが素晴らしく、その面白さで奇抜なアイディアをねじ伏せるのが凄いですね。TVというメジャーフィールドで冒険するのはこういう戦い方があるのかと、目から鱗が落ちました。

そしてもう一つは『おそ松さん』。巷で大旋風を巻き起こしているこの作品、最近漸く初めて見たのですが、アートスタイルも格好良いし、テーマも現代的なクリティカルヒットだし、こーれは流行るよねと想いました。これも快楽水準が最高純度で、メジャー且つ実験的という作品。

"わからない"という神秘性を取り払っても心に響く稀有な表現に久々に触れ、メジャーで勝負するのはこれか!と想いました。こういう新王道をやりながら、その一方で、地点のような前衛的な表現も行われている。この両輪が今廻っているJPNって面白いことになってるなとしみじみ。火が続いているのが嬉しかったです。
by wavesll | 2016-03-25 21:19 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Medeski Martin & Wood / The Letter (PJ Harvey) のノイズビートっぽいカリンバが鮮度あり

Medeski Martin & Wood the letter


TLでFRUEさんが
エロ可愛いく、パワフルな歌声が魅力のイギリスのシンガー・PJハーヴェイのThe Letterをメデスキ・マーティン&ウッドがカバー。エレクトリックぶりぶりでカリンバとベースが攻め狂うイントロと歪みまくるハモンドがとにかくかっこいい!

と紹介していたこの映像。確かに格好良い!リンバをノイズビートっぽく使うのが新鮮でした。後半のハモンドオルガンの歪みも最高。こりゃいいですね。原曲を美味く膨らましてる。

ジョン・メデスキ、5年ぶりの来日決定!だそうで。ツアー告知動画では静謐な曲から楽しい曲まで弾いてて、ソロピアノ公演ながらバラエティに富んだライヴでいい時間が過ごせそうですね。またトリオでも来て欲しいなぁ。あんな親指ピアノ、初めて聴きました。
by wavesll | 2016-03-24 05:03 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

『ドリームライブが福島にやってきた!』のコラボでみた演歌・民謡のしなやかな逞しさ

c0002171_20593713.jpg

NHKで今さっき放送された『ドリームライブが福島にやってきた!』、セルジオ・メンデス目当てで見ていたのですが、地元福島の太鼓奏者と八代亜紀の『舟唄』が良くて◎

ソリッドなのに情感があるコラボ。改めて和太鼓ってヴィジュアル的にも魅力的だし、その独奏に合わせてあれだけの感涙を誘う渋い歌声を聴かせる八代さんの凄さ。恐れ入りました。

そしてセルメンもNHKの番組で賞を取った地元の民謡少女とコラボで『マシュ・ケ・ナダ』。民謡でマシュ・ケ・ナダ、いけるで!がっつり本気で民謡ヴァージョン、創って欲しいなーなんて想いました。こちらも太鼓群もコラボしていて、お祭り的な盛り上がりがありました。

こういうコラボって一種のお祭り的と言うか、その場限りの遊びみたいな所もありますが、聴いてみたいなぁ。日本のバンドでもいいので民謡マシュ・ケ・ナダ、期待してしまいましたw

「オリジナルが一番。カヴァーやリミックスは蛇足だよ」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。でも実はセルメンもカヴァーなんですよ。『Mas Que Nada』のオリジナルはジョルジ・ベンなんです。

Jorge Ben Jor - Mas que nada


これを聴くと案外コブシが効いてるというか、民謡ver創ったら逆にオリジナルへの敬意もあるのでは?なんて思ったり。セルメンのサンバ・アレンジが素晴らしいのは勿論のこと。素晴らしい楽曲が歌い継がれ、DNAが変異していくのは生物の進化みたいで、私は好きです☆★そしてこぶしの聴いた歌唱に魅惑されました☆★☆

Sergio Mendes & Brasil 66 - Mas que nada (introduced by Eartha Kitt / Something Special 1967)


c0002171_2059484.jpg

by wavesll | 2016-03-22 21:18 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Alexandra Stan's Live @ LaLaport TOKYO-BAY

c0002171_14311810.jpg
南船橋のららぽーと東京ベイにルーマニアのセクシーな歌姫、アレクサンドラ・スタンを観に行ってきました。

ららぽーと自体はとても人がいて、SC凄いなと。ライヴ会場自体の混み具合はそこそこといった感じ。でもライヴの音の大きさはSC内という条件なのに頑張ってくれてかなり楽しめました。

何しろ初っ端から『Mr.Saxobeat』!そこからノンストップで次の曲へ繋げていって…素晴らしかった。それこそWOMBとかでみたい感じの格好いいビートにメロディアスな楽曲でした。

ちょっと原宿可愛いを意識したのか、ピンクの効いた衣装もCuteでした。網タイツが色っぽかったw

本編ラストの曲で合唱させようとしてくれたけど、みんな歌えなくて、最後にアカペラでシンガロングしやすい歌をやってくれて、サーヴィス精神に感謝。2階でみてたちびっ娘が体を揺らしてノってたのが微笑ましかった。いいものみれました。

c0002171_14140064.jpg

c0002171_13449.jpg

by wavesll | 2016-03-20 13:58 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

春に踏みしめる音の雪原

four tet / rounds


春を忘れてしまう前に、アイスランドと長野から息吹の響鳴。という記事を昨年の卯月に書いたのですが、今年はもうすっかり春が芽吹き、爛漫ともいえる日が、日に日に増えてきましたね。

私は夏が好きな人間で、元来秋冬が好きな人間ではなかったのですが、ここ数年秋の良さに気付いたり、"あぁ、あの冬の晴れ間に凛とした空気に陽が暖かくて、雪がきらきらしてるのなんか最高だなぁ"なんて冬を思い返したりしています。

上の記事はアイスランドのグランマ・ローファイと長野の渋響の音でしたが、今年も何か書きたいなぁと。
そんな時に想ったのが、00年代初期のフォークトロニカ・エレクトロニカのざらっとして煌めく音の感じが俺好きなのかもしれない、と想ったのです。

Four TetのRoundsはその筆頭格と言うか、まさに雪原の煌めきや凛とした冷気を奏でてくれる名盤だと想います。この音、好きだなぁ。くるりの岸田さんが色んな音楽があるけれど、90年代ロックが好きだなぁと言っていましたが、自分にとって00年代のこういう音は流行り廃りを越えた、普遍的に好む音楽スタイルだなぁと想います。

そしてもう一つ紹介したいのが、今度再発されるというTelefon Tel Aviv / 『Fahrenheit Fair Enough』


これは淑やかな夜気を感じさせる、艶めかしい円盤。今聴いて改めて名盤だなぁと。
時の風雪に耐え、今尚輝きを放つネオ・スタンダードともいえるこれらの楽曲群を聴くと、00年代の音楽シーンって悪いわけでも、停滞していたわけでもないのだなぁと想います。深く輝きを増す音楽がドロップされた時代だったのだなぁと再発見をする最近です。秋や冬を好むようになって初めて良さがわかる音楽もあるのですね。
by wavesll | 2016-03-19 23:05 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Godspeed You! Black Emperor's live at Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE

c0002171_22423697.jpg
GY!BEの轟音、感動。壮絶な響き。今も頭部がジンジンしている。
始まりは遊牧の小屋がある草原の音に聴こえた。風の轟音。獣の咆吼。徐々にそして激しく音圧は上がり、激音。こんな重い弦のしかし流麗な音は初めて聴いた。感動した。

次の部は高く聳えるビルディングの映像が映される。天へ建造されていく音、不意にデウス・エクス・マキナの出現のようなインダストリアルでノイジーな展開。そして山嶺へ昇るコンドルのような景色に連れていかれた(映像には山嶺もコンドルもない)

第三部は轟音というより、フレーズがよく聴こえる。どこか哀しげで痛みのあるメロディー。通低音に混じり、カタカタカシャカシャという音、振り返れば映像がフィルムで映写機から投じられていた。どうりで映像と音がぴたりとあうわけだ。人の世の悲しみや痛みが、これまでになく憂いと暴力性のある音で鳴り響く。

自分自身が心に痛みを抱えているとき、更に切り刻むような音楽に、却って癒されることがある。癒しの痛み。轟音は静寂に似ている。草原、天空ときて、最後は心象風景へ。抽象的な音なのになんと想念を巻き起こす音だろう。棒立ちに立ち尽くす他なかった。

アンコールは無し。開始前のSEからシームレスに演奏が始まり、そして轟音の余韻からシームレスに演奏後のSEへ。何か、とてつもない演劇をみたような、セックスで夢中に腰を振っている時のような無心さというか、あの腹と足に響く重振動の皮膚感覚は4Dの映画のようで、今も頭がジンジンしている。
c0002171_21520713.jpg


この日の音源がInternet ArchiveにULされていました。
by wavesll | 2016-03-16 21:51 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Sports Fieldrecording スポーツ音響楽曲群

スガダイロー + バスケットボールプレイヤー - LIVE @ SPECTACLE in the Farm


日曜の題名のない音楽会、新たなジャズの旗手として、黒田卓也さんとスガダイローさんが登場し、レアな共演などされていて、かなり面白く、音もTV番組の中ではかなりいいのではないかと思っていたのですが、中でも気になったのは、スガダイローさんが今までで一番風変わりな共演で挙げられていた「バスケットボールのドリブルとのセッション」。

気になるなぁと呟いていたらファロワーさんからこの動画を紹介して頂いたのでした。
ドリブル音だけでなく、バッシュが床に擦れる音や、ゴール板にボールが当たって響く音など、結構打ち合わせしてるのではないかと想うような、想ったより音楽的な感覚で、面白いなぁと想いました。

この動画はライヴでの"生演奏"でしたが、スポーツの音を採音して、それをサンプリングしたら面白いんじゃないか、なんて想うんですよね。

例えばバブルサッカーの試合開始時の衝突音なんか、結構面白いと想ったんですよね。バブルサッカーはボールを蹴る音も、面白かったです。

先日、このバブルサッカーに誘ってくれた友人と喫茶店でダベっていた時に、丁度大相撲の中継をしていて、立ち合いの衝突とか音にしたら面白いのでは、なんて話したら、「ラグビーの衝突音も面白いですよ」とのこと。衝突音や蹴音でビートを創ったら面白そうですよね。実況なんかもいいかも。競馬の実況とか、独特のフロウがあって面白いなぁと想います。

確か、InterFMで鷲巣さんが相撲の実況をサンプリングした音楽掛けられていた覚えがあります。あぁいうの、面白いなぁと想うんです。ドラマを音楽に組み込めるのと、新たなビートの音色として。

ビートで言うとYosi Horikawaが縄跳びをサンプリングした音楽を創っていたりするので、まだまだ探したらありそう。見つけ次第、このエントリに追加していこうかなと想います◎

YOSI HORIKAWA "Skipping"


早速、フォロワーさんからテニスをサンプリングした楽曲をご紹介いただきました◎

DJ Koze - 40 Love 'Kompakt Total 10 CD1' Album


ピンポン球のような落下音が聴こえるYosi Horikawaの名曲「bubbles」もスポーツ音響といえるかもですね。


そして、ついに真打ともいえる楽曲が出てきたので追記します。これも卓球。しかもオーケストラでw

Andy Akiho - Ping Pong Concerto


これヤバすぎるでしょwwww

全編があったのでこちらも!これ日本でやるときは絶対観に行きたいw!

Andy Akiho 023 "Ricochet" (Ping Pong Concerto) Hsing, Landers, Zeltser, Cossin


cf.
The Vegetable Orchestra・おみそはん・Yosi Horikawa・NANTAのお料理音楽




鉄道音楽III両集
by wavesll | 2016-03-15 02:15 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

純核音楽

Frankie Cosmos - Much Ado About Fucking (Full Album) [HQ]


TLで流れてきたFrankie Cosmosの名前。評判に惹かれYoutubeで検索して観ると、流れてきた音割れの弾き語り。その可能性と純粋なコアを感じさせる音に心奪われました。

今月初めて聞いた音楽で、SpinettaのKamikazeに並ぶ位好きですね。揺滾の核は精神性がソニックとして立ち現れるところに在るのだなと。在る一時期にしか出せない感情、そしてそれにぴったりなLow-fiサウンド。使われる楽器が少ないとそれだけ音がソリッドになるのだなと。こういう音楽、今の俺には馴染んで響くというか、うってつけでした。


追記:彼女へのメールインタビュー記事(日本の女の子に向けたMixtape付き)がありました。

このアルバムの耳への刺激が、今自分が聴きたいrock musicなんだなって、凄く思えて。こんなrock musicなら堅くならずに聴きこめる気がして。とても好きです。この盤。
by wavesll | 2016-03-14 19:44 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

入江陽インストアライヴ@新宿タワーレコード

c0002171_01232157.jpg

タワー新宿店にて行われた入江陽のキーボード・ウッドベース・ドラムストリオでのインストアライヴを観てきました。

いやー、良かった。リラックスな雰囲気の中でトリオで奏でられる『SF』からの曲、そして「JERA」!『SF』からだとJTNCなアレンジの「わがまま」がすっごく良かったです。さらに何と「青いイナズマ」カヴァるとは!?外した拍の「ゲッチュ!」に想わずにやけましたwラストは『スウィートメモリーズ』。いいライヴでした. Underworld録れてなかったけどこっちきて悔いはなし★☆ 今まで『仕事』時のタワー渋谷インストアライヴと、HMV recordshop渋谷でのインストアもみてきましたが、今日が一番良かった、歌もいいし、生オケはやっぱりいいですね★☆!!!!!!!

月末のライヴには粗悪ビーツさんも来るらしいです。「おひっこし」がどんな感じで演奏されるか、気になるなー今夜の「わがまま」がすげー良かっただけに。

入江陽 - おひっこし (Lyric Video)


怪聖歌 入江陽 『SF』 & Bon Iver 『22 A Million』
by wavesll | 2016-03-12 01:22 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)