カテゴリ:Sound Gem( 301 )

アルジェリアのライの味蕾が開いた秋

先週末、TLにこのイベントのことが流れてきたのでした。

CHEB HASNI Forever~100% Algerian Rai music party~

アルジェリア料理とお菓子を食べながら、在日アルジェリア人とおしゃべりしたり、アルジェリア人DJによる
めったに聴けない最新アルジェリアン・ポップスで楽しく踊る100%アルジェリアン・パーティです!


ということで。大変気になったのですが、今週の小旅行に余力を残す為に泣く泣くパスし、家でYoutubeでアルジェリアンミュージックをかけていました。

Raiという音楽はあまり馴染みがなく、アジアン歌謡なコクも含めちょっととっつきづらいかなぁと聴きながら想っていたのですが、【名盤クロニクル】強烈な異文化競演 シェイハ・レミッティ「Sidi Mansour」という盤にロバート・フリップとフリーが参加していると聴き、ロックを媒介にライに面白味をみつけられるかもと聞いたらこれが大正解でした◎

Cheikha Rimitti ; Sidi Mansour


さらに検索するとSTING & CHEB MAMI - DESERT ROSEという楽曲も発見しまして。


アルジェリアで生まれ、モロッコ、そしてフランスへ広がっていったライ、POP MUSICの中でも進化を続けているのだなと想いました。ここで出てくるCHEB(シェブ)というのは"若い"という意味だそうです。

さて、段々とライの味蕾が開発されてきたところで、件のEL SUR RECORDSのサイトにあるCHEB HASNIのカセットテープ動画を聴いたらこれが物凄い良くて!

Il était une fois Cheb Hasni - Face A


Il était une fois Cheb Hasni - Face B


特にB面が好みですね~^^
こういうコッテコテの?ライ、最初にYoutubeで検索して聴いてるうちはかなりきついものがあったのだけれども、この動画の奴が特別に今の感覚に合ってるのか、自分の感性が開かれていったのか、とても良く聴こえました。

ロックとかジャズを媒介にしていくと結構民族音楽の嗜好も広げられるかも?というのは今回の発見でした。Brian Jonesのジャジューカの奴も好きだったし。クラブ音楽を媒介にしても行けるかもしれないですね。個人的にはイサーン民謡とかカッワーリーとかイマイチ良さが噛みしめられないのですけれども、機会を見て徐々に味蕾を開いていきたいです。そして来年はアルジェリアンパーティ、参加したいなぁ。
by wavesll | 2016-09-26 20:11 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

WONK インストアライヴ at TOWER RECORDS Shibuya

c0002171_15374070.jpg


WONK : MUSIC SHARE#49@Red Bull Studios Tokyo


渋谷タワレコにWONKのインストアライヴを観に行きました。

いっやーかんなり良かったなーWONK!!!!!

まずすっごい人だかりにびっくりして。6Fのライヴでこんなに人がいるのも結構めずらしいのでは!?注目度の高さがひしひしと伝わりました。そして音がいい!セッティングにかなり時間かけただけあって、タワレコインストアライヴでこんな音いいのもはじめてかも。音でかかったし。やっぱりジャズは生っすね!

そして何より演奏が良かった!Bluenote Jazz FestivalでみたYasei Collectiveといい、グラスパー以降の感覚を具現化する若手が芽吹いてるのは楽しい◎ヴォコーダーを使った曲なんかは本当にILLでした。

この日のゲストなのかな?サックスの安藤康平さんがフルートも演れるマルチプレイヤーな方で。これがめっちゃ良かったです。各人のソロもかなり良かった★フルートがあったのは本当にめちゃくちゃ良かったので続けてほしい!(パスタカスの時もフルートがいいと言っていたので、私がフルート狂いなだけかもしれませんが、単なるグラスパー・チルドレンでない独自の魅力だと感じたので)

今度渋谷WWWでやるライヴ・NEWWW vol.12は日本のHIPHOP新世代、16歳の俊英KIANO JONES妄想で『Life of Pablo』のトラックをULしたTOYOMUがWONKと共にみれて千円という鬼のようにコスパいいイヴェントなので、かなり気になってます!

cf.
ミツメ&fox capture plan live at Handmade In Japan Fes' 2016 初日

Yasei Collective live at Bluenote Jazz Festival & LHRの御2人
jahguidance インストアライヴ at 渋谷タワーレコード
JTNC時代のニュアンスはバナナマン的?? -TAMTAM インストアライヴ@新宿タワレコに揺らされて
by wavesll | 2016-09-25 13:24 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

エストニアの吟遊詩人でありmulti奏者:Pastacasの音楽に触れて

下北沢440に『パスタとテニス』を観に行きました。

Pastacas - Papist leib


エストニア出身、フィンランド・テイヨ在住のシンガー・ソングライター、ラモ・テダーのプロジェクト、パスタカス。渋谷7th Floorでの圧倒的なライヴの評判を聴かせてもらい、この動画をみてフルートの素晴らしさに感銘を受け観に行くことを決めたのでした。

残念ながら440ではパスタカスの多重サンプリングソロはなく、コラボアルバムを創ったテニスコーツとの演奏だったのですがやはりフルートは良かったしヨギコという弦楽器がみれ聴けたのはとても良かったです。フィンランド語?エストニア語の歌が聴けたのも刺激的でした。特に途中のソロで他の皆さんがダンスしてた瞬間の流れがとても良かった!

テニスコーツとのコラボ曲も、植野隆司さんが20年前につくったデモを元にしたというSinu naerがライヴだとロードムーヴィーみたいで好きでした。アンコール最終曲もとても良かった。日本人とのコラボだとSECAIとの “NIJI”も素敵でした。440でオープニングアクトを務めたPeter Joseph Headも日本語の朴訥とした歌で。ボディーボードの歌が聴けたのは面白かったです。

パスタカスとはエストニア語でボールペンという意味だそうで。物販コーナーにあったアルバムのジャケットもボールペンで彼自身が描いたもの?のようでした。マルチ奏者の達人なのに、精神的姿勢が誠実な青年というか、素敵な人でした。Soundcloudでも妖精のように流麗な歌を聴かせてくれます。また、テニスコーツとの共作盤、Yaki​-​Läkiはbandcampにもありました!

やっぱりソロの多重演奏もみたいからまた日本に来てほしいなー!エストニアもとても風光明媚な地のようなのでこちらからライヴに合わせてバルト三国へいくのもいいかもしれません^^

c0002171_9282595.jpg

c0002171_9283979.jpg
c0002171_10274321.jpg


cf.
かなりITが進んでいるおとぎの国?エストニアの首都「タリン」可愛い世界遺産の街(RETRIP)


リトアニア 十字架の丘
by wavesll | 2016-09-23 12:29 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

ULTRA JAPANで流れた佐伯誠之助が弩天才すぎてこりゃ売れねえ←誉め言葉

この3日間お台場でやっていたULTRA JAPAN。自分も最終日にRESISTANCE STAGEの2組をエロダンサー込みで結構面白く見たり、TiestoにDommuneのヒップホップコリアを二枚掛けでエクスオエリメンタルさを加味したりしてWeb中継を愉しみました。

ウルトラジャパンで去年面白かったのはSkrillexがBabymetalとKohhを使ったり、日本人アーティストを海外DJが自身のPLAYに組み込むこと。去年は宇多田なんかもかかったはず。海外の感性を通して認められる音は、その後のベビメタの躍進劇やKOHHがFrank Oceanや宇多田にフックアップされるなどで各所へ火種が拡散することで選球眼を示しています。

となると気になるのは今年流れた日本人アーティストは誰か。

ULTRA JAPANで佐伯誠之助さん流れるも、パリピ、知らずにケツの穴で歓喜(アーメン速報)

佐伯誠之助さんこんな感じで流れたらしいですがサマソニにも出演したことがあるらしい御仁。どんなんやってんのかな??

佐伯誠之助 - LIVE @ 電刃2011


…ILLスギルwwwww最高かよwwww!
改造ギターでAVの台詞をサンプリング音源として使用するとはwwwwこれは発明w今更知ったっぽい自分が恥ずかしいwこれは売れるかなーwただ自分が行った何かのイヴェントに彼が出てたら間違いなく彼を観に行きますねw
by wavesll | 2016-09-20 02:38 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Yasei Collective live at Bluenote Jazz Festival & LHRの御2人

c0002171_2151017.jpg

c0002171_21512247.jpg

Yasei Collective "radiotooth" (Official Music Video)


Yasei Collective『Tonight』feat. 在日ファンクホーンズ


赤レンガで開かれたBluenote Jazz Festivalへ行ってきました。
FreeのThis Is Our Music StageでYasei Collectiveを観ました。港未来の耀きに水蛇のような流麗で時に獰猛なサウンドが良く映えて。JTNCなドラム、ヴォコーダーなポップネス。Youtubeより生の方が音が立体的で活きますねこのバンドは。

そして何気に嬉しかったのがこのステージのMCがガイ・ペリマンさんと加藤円夏さんだったのです!InterFmのLHRを平日帯の頃から聴いてた人間にとっては生LHRコンビに感動。お声がけさせてもらい一言二言言葉を交わせてかーなり嬉しかったです◎ラジオの人に直に会ったのは初めてかも。色々と印象深い夕になりました。

c0002171_2204377.jpg


cf.
ミツメ&fox capture plan live at Handmade In Japan Fes' 2016 初日

WONK インストアライヴ at TOWER RECORDS Shibuya
jahguidance インストアライヴ at 渋谷タワーレコード
JTNC時代のニュアンスはバナナマン的?? -TAMTAM インストアライヴ@新宿タワレコに揺らされて
by wavesll | 2016-09-17 22:01 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

鉄道音楽III両集

Twitterでこの曲が流れてきました。

Coldpakk
m.traz - Yamanote(soundcloud)

c0002171_8464612.jpg

山手線の発車メロディーを使ったフットワーク、アイディアですね。何でも鉄の中には列車に関わる音に焦点を合わせた"音鉄"というジャンルがあるそうですが、ちょっと想いだすだけでも列車をテーマとした作品ってあるなぁと。

そこでこのエントリではスポーツ音響楽曲群そしてお料理音楽特集に次いで、鉄道に関する楽曲を集めていきたいなぁと。最初は3つでしたが、鉄道音楽を見つけるたびに更新していけたらなと想います。

MOTER MAN(秋葉原~南浦和)/SUPER BELL"Z

今アラサー以上なら強烈に記憶に残っているであろうこの曲を。当時は電車でGo!とかもゲーセンにありましたね^^ SUper Bell''zで検索すると京浜急行VVVF ver山形新幹線つばさver秋田新幹線こまちver埼京線りんかいせん直通通勤快速新木場行きver終電上野発23;54ver大阪環状線ver阪急神戸線ver阪急京都線verHEY! YO! NAGADEN! verわたらせ渓谷鉄道~の思い出ver久留里線ver中華特急みなとみらいverSOTETSU!!ver等載せきれないほどの量がありました。鳥の声がサンプリングされる箱根登山鉄道verなんて好きです。

super bell'z コレクション(38本)


さて、最後に紹介するのは海外の列車音楽です。

ALBUM: Chris Watson - El Tren Fantasma [Touch]


元キャバレー・ヴォルテールにしてBBCの録音技師、フィールドレコーディングの巨匠であるChris WatsonによるメキシコLos MochisからVeracruzへとわたる幽霊鉄道列車の旅。列車の走行音が柔らかいノイズとなって心地いい。鉄道のフィールドレコーディングの中ではかなりの名盤だと想います。

さて、いかがでしたでしょうか。スーパーベルズ全部聞いたらかなり腹いっぱいになりそうw今後も鉄道音楽を見つけ次第追加していきたいです◎

追記
A列車で行こう 原信夫とシャープス&フラッツ


くるり - 赤い電車


The Chemical Brothers - Star Guitar


あずさ2号/狩人


Shiina Ringo - Gamble


津軽海峡冬景色  石川さゆり Ishikawa Sayuri

by wavesll | 2016-09-15 09:17 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

朝崎郁恵 with マブリ インストアライヴ@渋谷タワーレコード

c0002171_2037535.jpg
奄美のLegend、朝崎郁恵さんとお弟子2人のライヴへ行ってきました。古樹を想わせる伝説を紡ぐ唄声。喜界島の歌を始め祝祭の宴を感じる愉しいライヴ。新日本風土記のテーマの『あはがり』、沁みました。

あはがり

by wavesll | 2016-09-09 20:40 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

The Vegetable Orchestra・おみそはん・Yosi Horikawa・NANTAのお料理音楽

the vegetable orchestra


InterFM Ready Steady George!!で知ったThe Vegetable Orchestra.
野菜を刳り抜いて創った楽器での演奏、朴訥な苦みがちょっとアラビアンな感じもありつついい感じでした。

面白いですよね、こういう普通の楽器以外の素材を使った音楽。
六本木21_21 DESIGN SIGHTで行われている土木展の一つの演目、工事現場の音で創ったラヴェルの『ボレロ』や今や懐かしきマッスルミュージカルのボディパーカッション、水音をビートにしたcornelius「Drop」とか、こういう飛び道具な音楽、好きです。

以前鴎庵でSports Fieldrecording スポーツ音響楽曲群という企画を組んだことがありましたが、料理・食べ物に関する音楽を集めてみても面白いかも。というわけでこのお料理音楽特集をちょちょっと描いてみます。


スタジオパークからこんにちは2016年5月30日DJみそしるとMCごはんがゲストで登場!  160530

今お料理音楽を取り上げるとしたらこの子を取り上げないわけにはいかないでしょう。"シルキーカット"のCMでもお馴染み、おみそはん。ラップしながら料理を完成させてしまうLIVEも新感覚で、バズが起こりやすい仕掛けも現代にマッチしているラッパーだと想います。

Yosi Horikawa - Cook From South

RBMA出身のビートメイカー、Yosi Horikawaの作品。
彼は生活音をサンプリングする名手で、新しい音世界を魅せてくれます。おみそはんがライヴパフォーマンスの人なら、Yosiさんは音の追求者という感じ。

彼の生活音サンプリングをもっと聞きたい方は拙記事 Yosi Horikawa - Artとしてのサウンドスケープ等をご覧になられるのも良いかと想います。

Cookin' NANTA Highlights

厨房で音楽パフォーマンスを魅せると言えば韓国のNANTA.
サムルノリ調から始まるこの動画だと4分過ぎ辺りから料理人姿でパフォーマンスしています。
私ももう十年前になりますが学生時代に韓国にサークル旅行で行って、ソウルの劇場でみましたねー中々面白かった覚えがあります。

韓国、ネット上や報道だと大きな軋轢が日本との間にありますが、実際行くと、朝駅で迷っていた時に英語ができる紳士が朝がゆが食べられる店まで案内してくれたり、現地の大学生とソジュを飲み交わすと良い奴らだったりして、自分の中では大分イメージ上がった良い想い出があります。アートなエリアもあるし。メディアにヘイトを煽られたり、或いはヘイトにヘイトで返したりする人達に嫌気がさすこともありますが、百聞は一見に如かず、楽しい思い出が世界へのポジティヴな展望を開眼させてくれることもあるし、K-POPアイドルはそんな好かないけれどサマソニでみた!HyukohZion. T等はいいと思うし、ワールド音楽なんかも世界へのポジティヴな関心の一翼を担うCultureなのだと想います。そして勿論グルメも世界への関心を繋げてくれると想います。というところで纏まったかなw

おまけ。
四川旅行土産の陳麻婆豆腐、作ってみました。味わい深かった☆
c0002171_9322372.jpg


お料理行進曲X羽沢の直売所で買った橙のトマト&赤紫のジャガイモ 第75回酒と小皿と音楽婚礼


鉄道音楽III両集
by wavesll | 2016-09-09 09:10 | Sound Gem | Trackback(1) | Comments(0)

Sachal Jazz Ensemble@東京JAZZ

Sachal Jazz Ensemble Shalimar - Baqir Abbas on Bansuri is outrageously good!


c0002171_2145027.jpg有楽町国際フォーラム中庭ステージで開かれたサッチャル・ジャズ・アンサンブルの東京ジャズでのステージを観てきました。

サッチャル・ジャズを知ったのは2011年か12年にタワレコ渋谷のワールド音楽コーナーでこのアルバムを聴いて痺れたことから。
パキスタンの伝統楽器を使ってジャズのスタンダードナンバーを打ち鳴らすこの盤は確かこの年のピーターバラカンのBEST20にも入っていた気がします。

そして東京ジャズ。ナインゲートバーガーのだし漬けアボカドとチーズの濃厚テイストを頬張って、中村仁樹の尺八の入ったPaul Grabowsky & Friendsを眺め、愈々Sachal Jazz!!!!この日にラジオで紹介されたり、現在映画が上映されていたらしく、かなりの人!

円盤に一聴惚れして幾星霜。大好きな『マウンテンダンス(ラーガ)』、そしてやっぱり『テイク・ファイヴ』が聴けて嬉しかった。この二曲はいいのが解りきっていたので、印象的だったのは初端の曲のタブラの質感の最高さと、アンコールのSHALAMAR!シタール炸裂!至高の瞬きと瞬きの間。さっと通り過ぎていくような夢みる時間でした。

タブラの高速ビートがドリルンベースの如しで、まさにダンス・ナンバー。ちょっとレゲエっぽさも感じたかな。アンコール、本当に観客が昂って起きたっぽくて興奮しました。今回の来日はクラウドファンディングによるものとのこと。素晴らしいプロジェクトに感謝。

Youtubeも貼り付けておきますが、soundcloudの方が音質が良くお勧めです。


Sachal Jazz Ensemble 'Take Five'


PAKISTANI BAND SACHAL IN TOKYO JAZZ FESTIVAL 2016

by wavesll | 2016-09-05 02:13 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

ザンジバルナイト2016に超理想的な音楽番組を視た

昨夜はAbemaTVで生中継されていたザンジバルナイト2016を楽しみました。
c0002171_524273.jpg

リリー・フランキーが主催するこのフェスイベント、昔日比谷野音でやってた頃存在をちらっと知っていたのですが、以前は各々自分の持ち歌を唄っていたのが、最近は豪華スペシャルゲスト歌手が名曲を唄う歌謡ショーとなっているらしく、中野サンプラザでリリーとミッツマングローブが総合司会で催されたのです。いやー、かなり面白かった。

想定外に良かったのがマキタスポーツで。女王蜂のアヴちゃんとデュエットした男と女 / サンタクララがかなり良くて。今回「昭和の音楽番組」を彷彿とさせるセットで岩崎太整を音楽監督とするザンジバルナイト2016専属バックバンドメンバーによる生演奏だったのですが、これがまた最高で。マキタスポーツはこの後でどんどん酔っぱらって、お酒を持ってきてくれるバニーちゃんに「アメニティー持ってきて」とベストアクト級にスレスレなこと言ってましたw

そしてこの番組を見る気にさせられたアヴちゃんのFirst Love / 宇多田ヒカル。野太い声でのシャウト、凄いものを聴きました。四谷でアヴちゃんがスナックの一日ママをやってたときザンジバルのプロデューサーが来て、この歌を唄ったら出演が決まったとのこと。

また銀杏ボーイズの峯田によるRainy Blueも絶唱で。まじで超豪華スナックバー・カラオケ。峯田は小学校の時徳永英明ばかり聴いていたらしいです。

ミッツが3人組でシャンソン歌ったり、ウクレレえいじがネタしたり。どぶろっくがネタ歌をやったり。その一方で中納良恵(EGO-WRAPPIN’)が異邦人やったり(The coversでもやってましたね)。冒頭は大塚愛だし、終盤のPUFFY→ハナレグミ→研ナオコ→横山剣(クレイジーケンバンド)なんて流れ、芸能界のメジャーとコアを愉しく纏めて最高の音楽番組じゃないですか◎

そう、鳳の横山剣さんによるゴッドファーザー 愛のテーマは今日壱のパフォーマンスでした。ルパン三世のテーマみたいに歌唱verもあったのですね!オリジナルは尾崎紀世彦が歌っているのか…!ザンジバルバンドもキレキレでした!

ゴットファーザー・愛のテーマ 尾崎紀世彦 1995'-60 UPC‐0300


ラストはタイガー&ドラゴン。横須賀、国道15号線の幾つかのトンネル抜けて三笠公園に着くまでに出来た曲とのこと。電気海月のジェスチャーがなかなか良かった。

いやー楽しい夜でした。AbemaTV、最初はDocumentaryくらいしか面白いの無いと想ってましたが、Metrockや加賀百万石とかフェス中継もしてくれるし、さんぴんCAMPも放送してくれたし、かなりいいですね!楽しませてもらってます◎
by wavesll | 2016-09-02 05:36 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)