カテゴリ:Sound Gem( 311 )

遊霞の3曲 Lapallax Otogibanashi's Zion.T

Lapalux - Cousin If
 

THE OTOGIBANASHI'S "Pool"


Zion.T - O


これ、ちょうど2011、2012、2013の音楽なんですけど、なんかこんな流れもいいんじゃないかって思ってw
『今週の』なんてつけてる割にやったりやらなかたりで曲が溜まってたんで今回は今週の3曲にしちゃいましたw

ラパラックスは、フライング・ロータスのブレインフィーダーと契約した初のイギリス人ビート・メイカー。ジェイムス・ブレイク以降のポスト・ダブステップ、ブレインフィーダーに代表されるLAビート・シーン、あるいはポスト・チルウェイヴ的なR&Bの流行まで飲み込んだ、甘く濃密な音使いは、数いる若手ビート・メイカーのなかでもピカ一でしょう。


bim, in-d, PalBedStockの3MC'sから成る日本のRAPグループ。
bimの呼びかけでin-d,PalBedStockは嫌々ながら2012年に結成。
グループのコンセプトは「Dis○ey & Rap」という自由でアホらしいものである。
愉快犯のようにバラエティに富んだトラックや3人独自のフロウから、まるでオモチャ箱から
飛び出してきたかのような曲を生み出す"THE OTOGIBANASHI'S"の物語はまだ始まったばかりのようだ。


Zion.T(ジャイオンティー)とは昨年ダウンロードチャートをにぎわせた、先のプロデューサー、Primaryのヒット曲「see-through」でヴォーカルと務め話題となった彼ですが、これまでも、アメーバカルチャー※1という同じ所属事務所で、その代表も務める韓国を代表するHIP HOPアーティストのDynamic DuoやSimon D(サイモンディー)といったアーティストとのコラボを通じて注目されてきたアーティストです。


と、10年代のの浮遊する淡いエレクトロな音作りでも、国によってビートの手触りが違いがあって面白いですね。クラブ周りの音ってゆるすぎるくくりですがw

Youtube以降の音楽の進化って身体性から遊離したり、従来の歴史性からはちょっと変わった進化をしていると思うのですが、この感じはロックというよりこうした音楽の方があっているのかなってちょっと思いました。
by wavesll | 2013-08-24 20:38 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

SUMMER SONIC 2013 両日ライヴレポート

c0002171_23304896.jpg
この土曜と日曜に幕張で開かれたSUMMER SONICへ行ってきました。

10日は
VOLBEAT
Kishi Bashi
Chvrches
Jake Bagg
Buffalo Daughter
Fall Out Boy
Gabrielle Aplin
Tommy Emmanuel
Metallica

をみました。ベストアクトはメタリカ。50過ぎには全く感じられない圧倒的な演奏の力強さ、最強でした。
アンコール後時間がないというふりをするコントをした後のダブルアンコールと、2時間たっぷり魅せてくれました。普段メタルは聞かないのですが、これにはやられました。メタリカは2日通してのベストアクト。俺は生きてる!って感じ!

そのほかでは朝イチからゴリゴリの音でマリンを沸かしたヴォルビートや耳に残るメロディーを炸裂させたFOBなどHR/HMのライヴ映えが凄い日でした。

今回初めてメッセとマリン以外の小ステージもまわったのですが、いいですね。演者と観客が近くて。
ヴァイオリンをその場でサンプリングして歌うキシバシや、バンドを引き連れたガブリエルアプリン嬢のかわいさもとてもよかったのですが、ビーチでの夕暮れのトミーエマニュエルの超絶ギタープレイには酔わされました。あれは見れて良かった。シチュエーションも最高。気分良くなったのでタワレコブースの企画で浜辺のゴミ拾いしてタオルもらいました。

新人ではチャーチスのVoがとにかく可愛かった。Voが男に変わった曲も良かったです。

その他、メッセのオフィシャルバーの女の子がナースやCAのコスしてたり、マグロ姉さんが健在だったり楽しかったです。しかし暑さにはやられました。2日目もあるのでメタリカはスタンドで見ました。

11日は
The1975
ももいろクローバー
WILLY MOON
IMAGINE DRAGONS
CARLY RAE JEPSEN
CYNDI LAUPER
The John Spencer Blues Explosion
Earth Wind & Fire
Johny Mar
Muse

をみました。この日も暑さにやられてメッセにかなりいました。川本真琴みたかった><

ベストアクトはJSBX!これぞロケンロー!一番好きな音でした。ドラムとギターがかっこよすぎる。3ピースの引き締まった演奏はブランキーもこんな感じだったのかなと思わされました。ライヴ盤が欲しい!

予想外に良かったのはウィリームーンとジョニーマー。ウィリームーンはイマドラさえなければ、ジョニマはミューズさえなければずっと聞いていたいいい音を鳴らしてました。あとウィリーのバンドの女の子がきれいだったw

イマジンドラゴンズは客の入りが悪すぎて、日本好きをさかんにMCしていたのが申し訳ないくらい。なにしろ暑すぎたからだと思います。Awesome BeatsでヘビロテしていたTOKIOも、和太鼓が印象的なレディオアクティヴもやってくれたし、いいライヴでした。

EW&Fはとにかくお洒落でした。音の感じ、特にイントロの感じがどこかGalaxy2Galaxyに通ずるような気もしました。最後の有名曲畳み掛けはずるい。ぜったいあがるじゃんあれは。

MUSEはらライヴで見れて良かった。CDよりずっと迫力があって、ライヴの評判が良い理由が実感できました。ロボットの演出も良かったし、まさにスタジアムバンドといった感じ。最高でした。

最近はクラブ系やらジャズやらブラジルやらを良く聞き、ロックから離れていたのですが、今回のサマソニでロックの魅力を再発見しました。ロックは生で聴いてこそですね。
by wavesll | 2013-08-12 23:50 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Skinny Listerインストアライヴ@渋谷タワレコ

c0002171_23123198.jpg

Fujirockで3ステージやって沸かせたスキニーリスターが1日3回インストアライヴするとiFlyerで知って、フジロックいけなかった自分はこれこそ待っていたという感じで渋谷へ行ってきました。

混むかなと思って40分前に着いたらリハやってて人はまばら。ローナかわいい!ウッドベースかっこいいと思いながらその場で時間をつぶす。

と思ってたら隣のお姉さんがiFlyerの記者さんだとスタッフとの会話で知るw挨拶しました。フジロックはスクリレックスが良かったらしい。と言ってる間にどんどん人が増えていった。

20時を少し過ぎてライヴ開始。まずレーベルの人そのレーベルはレーヴェンやオンダバガも出してるというお祭りレーベル!)の煽りで女性バグパイププレーヤーが鳴りかます!いきなり上がるテンション!

そしてスキニーリスター登場!アイリッシュパンクとでもいえばいいのか、最高に楽しい演奏で観客を沸かす!沸かす!

前方はフジ行った客が多かった!MCでローナが昨日カラオケ行ったからのどがアレなのといってたwローナはほんと笑顔美人だった♪踊りまくるし♪♪途中で次のアルバムに入るという新曲もやりました。

もう手拍子、合唱の嵐!40分強くらいやったのかな?このバンドは生で見てこそでしょう。ビール飲みながら見たかったwと思って前もって500ml缶飲んで参加してましたw死角なし!さいっこーに楽しい宴でした。写真にベースのミカエルを写せなかったのが残念!
by wavesll | 2013-07-29 23:27 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Marco Bosco - Frangmentos da Casa 端正な野性

c0002171_15151814.jpg
Marco Bosco - Fragmentos da Casa (Álbum Completo 1986)


twitterでEgberto Gismontiと検索していたらジスモンチのレーベルCarmoからリリースされたこのレコードの販売ページが引っ掛かり、Youtubeでどれか一曲でも聴けないかなと思っていたらなんと丸ごと上がっていました。いい時代ですね。

90年代に東京に移り住んで活動していたこともあって日本のブラジル音楽愛好家の間では馴染みの深い打楽器奏者Marco Bosco。ジスモンチのプライベートレーベルCarmoに残した最も実験的な86年の2ndアルバムがこちら。ビリンバウや打楽器もろもろに加えて電子楽器各種を大胆に取り入れ、ブラジル原生音楽を新たな解釈で再構築。土着リズムと電子音のスリリングなせめぎ合いから穏やかな霊性描写へと脳内旅情まんてんの展開をみせる三部構成のサウンドスケープ『Fragmentos』、深遠な音響空間にビリンバウの滋味深い倍音がこだまする『Sol Da Manha』などなど、 土着と洗練の端境へと誘う霊性ブラジル音楽名盤。


とのことですが、いいですね。私はビリンバウの響き、リズムが大好物なので、ビリンバウが入った実験的音楽というだけで嬉しくなってしまいました。

Carmoから出ているだけあって、どこかジスモンチのブラジルEMI期の作品群を思い起こさせる音像でありながら、きちんとオリジナルというところがとても良かった。密林の自然音、赤ん坊の声、ピアノの調べ、パーカッション、そしてそれらを抱合するブラジルという感性。

ジスモンチ好きの人には、ぜひ勧めたいアルバムです。CDは出てないようですが、iTMSで買えるようです。
by wavesll | 2013-07-29 15:25 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

今週の一曲 Garikayi Tirikoti インストアライヴ@渋谷タワレコ

c0002171_23305423.jpgGarikayi Tirikoti Japan tour first memorial performance!!
今日の昼過ぎ、渋谷タワーレコードでのガリカイ・ティリコティさんのインストアライヴへ行ってきました。

ジンバブウェの親指ピアノ、ンビラの革新者にして凄腕奏者のガリカイさんの調べは、まろやかな金属の未来的な音と古来から伝わる歌唱が相まって、タイムレスなスタンダードとして響いていました。

現地では儀式の時に奏でられ、何日もその儀式は続くとのことでしたが、確かに何時間でも聴いていられるような揺蕩いを感じました。大地の精霊もよってきそうな感じ。

3曲やったのですが、特に2曲目の偉大なるハンターの歌が良かったですね。

握手して、I'm very moved.と伝えたらThank youと返してくれました。

アフリカの年長者って、本当に年を重ねた深みが顔に現れていて、いいなぁと思います。こんな感じで歳を重ねられたらいいなぁと思いました。
by wavesll | 2013-07-21 23:48 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

今週の一曲 Egberto Gismonti - 7 aneis

c0002171_134694.jpg7 Anéis - Egberto Gismonti

先月の最終週、ついにエグベルトジスモンチの『光の束』がリリースされました。

ボンバレコードがブラジルEMI期の作品をリイシューしていたシリーズで、本来ならば去年他のとともに発売されていたはずの盤だったのですが、許可が下りなかったのか『光の束』だけ発売が延期されていたのでした。

Egberto GismontiはECMではジャズのイメージが強いですが、EMI期はクラシックとジャズ、プログレ、テクノ、現代音楽をも内包するような、ジャンルの垣根を超えたブラジル音楽の巨匠です。

今年の春の公演も素晴らしかったのですが、このアルバムも素晴らしい。組曲形式になっていて、この曲は冒頭を飾る『七つの指輪』です。

シンセの打ち込みと生演奏が重なり、デジピの響きが明るく、ジスモンチの作品の中では一番POPを感じる曲だと思います。80年代のこの感じ、一周回って今いいです。ディズニーランドで遊んでるかのような楽しさが楽曲から感じます。逆にPOP気が強すぎて演奏家としてのジスモンチを求めている人にはそこまで響かないのかな、とも思いました。ジスモンチを良く知らない人にこそ聴いてもらいたいです。

もし今度来日することがあったら、リズム隊を引き連れてのライヴを一度拝見したいなぁと改めて思いました。
by wavesll | 2013-07-05 13:23 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

今週の一曲 BIGPAPA - the cookies crumbles @父の日公演

c0002171_23312720.jpgBIGMAMA the cookies crumbles

ちょうど一週間前、東京ドームシティホールで行われたBIGMAMAがBIGPAPAとしてライヴするという父の日公演に行ってきました。

ツアーの打ち上げのようにしたいとMCで言ったように初っ端から攻める攻めるwアッパーな曲を立て続けにやり、アリーナは肩車やらモッシュやらダイヴやらサークルやらで物凄いことになってました(私は二階から見てました)

二階も初っ端から総立ちにさせた曲がこれ、the cookies crumblesです。
今回のライヴはBIGMAMA好きの友達に誘われていったのですが、予習で最新アルバム聴いた感じではおとなしめなのかなと思ってた時に前のアルバムを借りて聴くとこんな曲もあるのかと、驚き、とても気に入った曲でした。

だからこういう曲もやってくれる父の日公演に来れてほんと良かった。

ステージにはBIGMAMAの上からBIGPAPAと描かれたでかい旗が飾られ、MCでもBIGMAMAなのかBIGPAPAなのかとスタンスがぶれる感じで進行しながら、「このツアーでこんなに汗かかなかったよ」という位に激しい調子で一時間、そこから新アルバムから小一時間、アンコールは観客のど真ん中でタイムマシーン、新曲、新曲のカップリングに再録されるという1st曲、ライフイズミルフィーユ、そしてWアンコールで公式写真撮影後に一曲歌って終了。

初めてのBIGMAMAのライヴでしたがスペシャル感が満載のいいライヴでした。やっぱりバンドは生で見てこそですね。
by wavesll | 2013-06-22 23:40 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

今週の一曲 The Ensemble Al-Salaam / Music Is Nothing But A Prayer

c0002171_1453719.jpgThe Ensemble Al-Salaam - Music Is Nothing But A Prayer

六角橋のゲオはジャズやファンクの黒いCDの品ぞろえが素晴らしく、ちょこちょこ利用させていただいているのですが、今回何の気なしに借りたTHE ENSEMBLE AL-SALAAMの 『THE SOJOURNER』は特筆すべき出来でした。

P-VINEの説明を読むと、
ジ・アンサンブル・アル・サラームはサックス奏者カーリク・アブダル・アル・ローフ率いる7人編成のバンド。

リーダー以下、無名のアーティストばかりで、バンド名からも分かるとおりイスラムに改宗したアフロ・アメリカン達で構成されている。

とのことですが、彼等が奏でるこのスピリチュアル・ジャズの円盤はストラタ・レコードの中でも最もCD化が望まれていた一枚だったそうです。

で、紹介するのはそのアルバムの冒頭を飾る一曲、『Music Is Nothing But A Prayer』。

初っ端のピアノから期待させるのですが、女性ヴォーカルが鳴り響くともうそこには異空間が広がります。その後に展開されるめくるめくある種呪術的な輝きを見せるジャズを期待させるには最高の一曲目といえるでしょう。

いやーこのアルバムを一枚200円で借りれるとは、いい店もあったものです。
by wavesll | 2013-06-15 14:06 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

今週の一曲 JACKIE WILSON - Since You Showed Me How To Be Happy

JACKIE WILSON - Since You Showed Me How To Be Happy

シカゴ・ソウルの名門『ブランズウィック・レコード』の全カタログの中からオリジナル・アルバム、 編集盤を順次リリースされるらしく、そのサイトで私の好きなブランズウィックという企画があり、その中で小西康陽がDJの時にヘヴィ・プレイしているシングルとして挙げたのがこの一曲。

ジャック・リロイ・“ジャッキー”・ウィルソン・ジュニア(Jack Leroy "Jackie" Wilson Jr.)は、アメリカのソウル/R&Bの歌手。

サム・クック、ジェームス・ブラウンと並び、ソウルのパイオニアの一人とされる。ビリー・ワード&ザ・ドミノスに在籍、1950年代末頃からソロ活動を開始。1957年にブランズウィックと契約し「リート・プティ」でデビュー。この作品は、モータウンの設立者のベリー・ゴーディJr.が関わっており、その後も作品を提供している。特にヒットしたのが、1958年の「ロンリー・ティアドロップス」で、R&Bチャート1位となり、ポップス・チャートでは7位を記録した。ウィルソンのこの頃のサウンドは、モータウン・サウンドの原形となっていると言われる。


伸びやかな声に陽気なメロディ。ソウルに求める音楽の喜びが弾ける楽曲で、たまらないです。
by wavesll | 2013-06-08 21:14 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

今週の一曲 L'Orchestre - Kulukutu

L'Orchestre Kanaga de Mopti - Kulukutu (Mali 1977)

先週からの流れでマリの音楽をDigっていて見つけた、アフリカ〜マリ共和国〜バンディアガラ山のニジェール川流域に面した断崖に居住する民族”ドゴン族”による77年産のサイケデリックなアルバムKanaga de Moptiの冒頭を飾る一曲です。

アフリカっぽい掛け声とともに金管楽器が入り、そこにトランシーな親指ピアノのような音が鳴り響いて、最高です。ただものではない面白さ。

この音楽をこのジャケの人達が奏でてるかと思うと、やべーなーマリ。といったところでしょう。

ワールドミュージックという範疇に収まらず、プログレッシヴなポップとして価値ある盤だと思います。
by wavesll | 2013-06-01 21:14 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)