カテゴリ:Sound Gem( 278 )

上半期Best EP : Tempalay 『5曲』 粒子が流麗な、電子音楽好きにも響くテクスチャーのサウンド・グループ

c0002171_8472266.jpg

Tempalay - New York City(Official Video)


Tempalay - Austin Town(Official Video)


20170227 Tempalay /Austin Town @SHIBUYA duo


早いもので今年ももう下半期。あっという間に過ぎる光陰に驚愕させられながらも、時の流れと張り合うのは無理でも、遅々としてでも人生を前に進めていられるようにありたいものです。

さて、Webの音楽好きの間だと、年間ベストだけでなくて上半期ベスト何かもやるひとが多くて。最近BandcampやらSpotifyやらで結構新譜も聴けていたから私もしてみんとてするなろうかなとw

上半期Best Album : Jlin / Black Origami

上半期Best EP : Tempalay / 5曲


今年の前半は佳作が多くてアルバム選びは迷ったのですが、Gqomという新しさをポピュラリティを持った形で提示してくれたJlinのアルバムが一番気に入って、よく聴いていました。

ここ最近はバンドのロック・サウンドよりも電子音に心揺さぶられることが多くて。現在系JAZZもそうですが、サウンドの粒立ちが良く聴こえる音楽、というのが現行のモードな気がします。

そんな中でBest EPに選んだのはTempalay。このEP、めっちゃよくないですか?クラバーでもハマれる現在進行形な魅力を感じます。音のテクスチャーなのかなぁ、この魅力は。

マンホールから蒸気が昇るような冬のNYの情景を画いた『New York City』もいいのですが、何と言っても白眉は『Austin Town』!

去年の年間ベスト楽曲に選んで、生演奏も素晴らしかった毛玉 - ビバ!もそうだし人生No1に好きなEgberto Gismonti - Baião Malandroもそうなのですが、南米のパーカッシヴな粒子感覚のある音が大好物で。これは是非CDでオーディオで味わってほしい!(正直Youtubeの音質だと魅力が伝わり切らないと想います)

美味しい柑橘類の煮凝りのような、前菜的な綺羅めきとバンド・サウンドにやられましたねー。Tempalay、1stが出た時のライヴも良かったし、最初このEPのタイトルを『センス売ります』にしようとしたエピソードを聴いてもその不遜さも可愛げがあってみれるw今後とも愉しみなグループです。

ちなみに再発部門の一位は『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』のリマスターで。これ、ヤバくないっすか!”サイケロックのめちゃくちゃいい若手バンドが出てきた”みたいな現在進行形の音を魅せられて。

Paul McCartney Live in Tokyo Dome 2017.4.27も半端ない多幸感だったけれどビートルズのマスターピースはやっぱり格が凄いなと驚嘆させられました。

また下半期も素晴らしい音楽Experienceに期待して〆。
by wavesll | 2017-07-09 09:28 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

音楽歳時記 七夕 美空ひばり / 虹の彼方に

美空ひばり - Over The Rainbow
c0002171_18132282.jpg

お星さまに願うは、虹の橋でのデイトの夢。
ポピュラーミュージックを歌うと美空ひばりさんがいかに歌のマエストラか解ります。

今年だったら青もみじ七夕ライトアップでデートでもできたら最高ですね。

そして、恋人や音楽で湧いたその幸福を、苦難に遭っている九州の人達に何かの形で助力することでわけられたら。近年災害が夥しすぎて疲弊してしまうけれど、麻痺せずに少しばかり寄付したいし、一番搾り 熊本づくりのようなプロジェクトがまた起ち上がったら是非お金を払いたいです。
by wavesll | 2017-07-07 19:07 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Estrada Orchestra / Jazzbeatjäätis 梅雨の蒸し暑さに轟風を

Estrada Orchestra / Jazzbeatjäätis (bandcamp)
c0002171_0164162.jpg
空梅雨だった今年もまとまった雨が降って。

水瓶が溜まればいいなとか、ようやくペトリコールという言葉を使えるぜとか思ったり。あんまり蒸し蒸しするのも閉口ですが、梅雨が梅雨らしくあるとどこか嬉しい思いもあったりします。長谷寺の紫陽花も綺麗でした。

とはいえ湿度を吹き飛ばしたい暑宵。そんな夜半に聴きたいのがこのエストニアのジャズファンクバンド、ESTRADA ORCHESTRA!

Disk Unionの呟きで知った此のコレクティヴ、硬軟織り交ぜた、しかし塊魂を効かせた音を鳴らしてくれます。梅雨の蒸した夜に風をもたらす好盤。

Bandcampで購入するのもありですが、日本盤だとボートラでlive音源が2曲入っていてそちらもいいですよ。個人的な聴き所はマッシヴなバンドサウンドにフルートが縦横無尽に駆ける「Garden Of Pleasures」ですかね◎

爽快な熱気に包まれる夜をお楽しみください。
by wavesll | 2017-07-05 00:33 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

エレクトロニコス・ファンタスティコス体験会にてブラウン管ガムラン、扇風機ギターetcをPLAYした!

c0002171_6222794.jpg
c0002171_6224844.jpg
c0002171_623977.jpg


"Ei WADA" performance show in the Ibaraki-ken north area Part1 ブラウン管ガムラン


"Ei WADA" performance show in the Ibaraki-ken north area Part2 ボーダーシャツァイザー


"Ei WADA" performance show in the Ibaraki-ken north area Part3 扇風琴


エレクトロニコス・ファンタスティコス! ~日立通電編~


六本木アーク森タワー、Tech Shopにて開かれたニコス体験会へ行ってきました!

このエレクトロニコス・ファンタスティコスOPEN REEL ENSEMBLEとしても活躍する和田永さんを中心とするメンバーが役割を終えた古い家電を楽器化(妖怪化)させることを目的としたプロジェクト。

KENPOKU芸術祭で知ってTwitterをフォローしていてニコス体験会を知ったのでした。

実際に会場にあったブラウン管ガムランやボーダーシャツァイアイザー、そして扇風琴。その仕組みも説明してもらえて。

ブラウン管ガムランは静電気を身体を通して流す(ホットタッチの原理)ことで音を出す仕組み。ブラウン管の縞模様の本数で音の高さが変わるとのこと。最初は足でピックアップを踏んでいたそうですが、最終的にコイルを巻いたピックアップを身体に触れさせることで音を鳴らす形に。

映像ではコイルが巻かれた撥でブラウン管TVを大太鼓として演奏するパフォーマンスもみれました。

実際に今回集まった数十人で手をつないでガムランの「通電の儀」を行ったのですが、面白いのが皆が片足を上げると音が大きくなること!足から地面へ流れてしまう分の電気が割り増しされるから。電気に身体性をもたらしたみたいでコンピューターの中のエレクトロミュージックで収まりきらないところがすっごく魅力的でした。

この「走査線の縞の本数で音の高低が変わる」ことから作られたのがボーダーシャツをビデオカメラで読み取って音を出すボーダーシャツァイザー。これ、実際にボーダーシャツ着て私も"演奏"したのですが、カメラに近づく離れることで音の高低が変わり、ボーダーを揺らすとヴィブラートが効いて面白かったです!

そして「ジミヘンが扇風機を弾いたらどうなるのだろう?」という発想からクリエイトされた扇風琴。

扇風機の羽に穴をあけて、裏から電球で照らし、外から光学センサーのピックをかざして、羽根で遮られたり穴を通ったりする光量の変化で音を出す仕組み。

何でも最初は4音だったのが、こうしたプレゼン会で知り合ったオジサンが仕事ほっぽり出す位に嵌って参加してくれて8音出せるようになったとか。やーばいw

和田さんがすっごいいいキャラしていて、さらにニコスの活動を通して集まって来る楽器製作者・演奏者の面子も濃ゆくて濃ゆくてw今回もハンドスピナーやコーヒーメイカーの楽器を持ってきている兵の方々がいらっしゃいました。またいい音なるんだこれがw

この扇風琴、実際に弾いてみると本当に「来るゥうううWRYYYYYYYYYYY!!!!!」といった感じにディストーションヴィブラートがバリガン効いて!すっげー弾いてて楽しかった!自分は音楽好きな癖に楽器全然出来ないのですが楽しくて仕方ない!"これ嵌るかも!"と想ってしまいました。

会ではニコスの卵として参加者からアイディアを聴く時間もあって。ブラウン管ガムラン、手で叩くしミャンマーのサインワインみたいに円形に配置しても面白いかも。あと黒電話のダイヤルを楽器化出来たら楽しそうだなぁ!

和田さんの現在の目標は<古電楽器の祭ばやしで踊る!『電磁盆踊り大会』を開催したい!>というもの!Nicos Orhest-Labとして楽器製作者、楽器演奏者、そしてクラウドファンディングも募集しているとのことでした。

<旧くなった家電を楽器にして妖怪化させる>ってコンセプト、トリニダード・トバゴでドラム缶から作られたスティールパンみたいでいいなぁと想って。

そんな”役割を終えた最大の家電”である東京タワーで開かれるという電磁盆踊り、めっさ興味出ました。エレクトロニコス・ファンタスティコス、今後も追いかけていきたいナイス・プロジェクトでした。

cf.
スライムシンセサイザーはゲルVersionのテルミンなポテンシャルを秘めるか

東京音大附属民族音楽研究所 2016年度ガムラン講座 発表会に行ってきた!
芸能山城組ケチャ祭り2015レポ
大浦天主堂と伸びていく日に捧ぐ、常在夏場な楽曲群
by wavesll | 2017-07-03 06:25 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

エレファントノイズカシマシ live at 法政大学

c0002171_6553830.jpg

致死量いくかという音裂。彼らは“最大の刺激音”を目指してる気がした。"最高の麻薬文"を目指し快楽をむさぼり肉体の限界に怖じ気づいた昔の己を想いだした。

ノイカシは遥かに上級だ。ビニールテープで結界を張り、日常のノイズでのフィールドレコーディングな導入をする。コンビニ入場音は異界へのエントリーを顕わしたか。ヴィヴィアンなどの服装も伝導率を上げていて。如何に自分の衝動を魅せるかよくよく練られているように感じた。

個人的には音楽におけるノイズは料理における辛味と相似して。辛味は厳密には味でなく痛みで。別のベクトルとして立体性をもたらす存在。この日のライヴは法政大学のPAの爆音もあり生硬な狂気はガツンと来た。トランペットのノイズとグロウル、缶での共鳴、野曝しの魂。

ノイズの轟きが時に瞑想的な静寂をもたらすのは赤子がTVの砂嵐を聴くと泣きやむことの漸近かもしれない。何でも子宮の音に近いと聴いた。我々はノイズの中で生まれ落ちた。

私自身、ここ数年フィールドレコーディングとノイズへ嵌っていて個人的には第二期に入っていて。ともすれば白灰黒で単調に塗りつぶされるようなこれらの音裂の中に様々なグラデーションのビート、グルーヴを感じて。そこでいうとノイカシの音裂には全体的にアンビエントな長さとR'N'Rを色濃く感じた。

ロックがポップに回収された今、ヒリヒリする様な音、ワルみを求めるとこの音になるのかもしれない。死地すれすれなロックなツラの熱情、そしてダンス。最上に危険だ。好いバンドサウンドに溺れた。

写真はギグの後の光景。

c0002171_612016.jpg


ヘンミモリ『メタモルフォシスと飽和』に於けるエレファントノイズカシマシとのライヴペインティング@Buena
Godspeed You! Black Emperor's live at Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE
七尾旅人/兵士A at 渋谷UPLINK 国家総力戦の苛烈とシンプルな私人の想い
MAD MAX 怒りのデス・ロード BLACK & CHROME at 川崎チネチッタ LIVE ZOUND
レディメイドな採音、日常音のサンプリング iPhone着信音RAPとPACHINKO MACHINE MUSIC
shotahirama + Masashi Okamoto live at 渋谷タワーレコード
nausea 3 - shotahirama chris watson Highrise -
Noisy 3 - 花電車, Jerzy Skolimowski / The Shout, Ametsub & shotahirama play @渋谷タワレコ
Phantasmagoria@代官山Unitで腰が砕けるほどのノイズ体験
Arto Lindsay live at WWW X
by wavesll | 2017-07-02 06:09 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

PARK FujiTV On Demandの新たな音楽番組がいかしてる

c0002171_10481072.jpg


トリプルファイヤー「カモン/次やったら殴る/スキルアップ/おばあちゃん」@渋谷QUATTROワンマン


T字路s - はきだめの愛 (Official Music Video)


不滅の男 / 遠藤賢司


地上波で2夜に渡って放送されたフジテレビのPARKという番組がすっごく良くて。

上に挙げた以外にもネバヤンとかyahyelとかリーガルリリー、スカートなど活きのいい若手が出る一方でピーズやムーンライダースなんかのヴェテランも出てくるのが大変気に入りました。

FujiTVの音楽番組というとFactoryや僕らの音楽が思い浮かびますが、風変わりなライヴハウスはTOKYO SESSION -Rockin' Gamblerへ引き継がれ、このPARKのライヴセットの植物が生えたシャンデリアには僕らの音楽からの進化も感じました。今様なNEW BRANDとしての音楽番組。

そして二夜にわたってのベストアクトは遠藤賢司だったのですが、若手ではトリプルファイヤーが気に入りました。ジョイマンやユリやんレトリイバーを彷彿とさせるニューウェイヴな声ネタライヴパフォーマンスが久々に変人来たなという感じで凄い好きでした。

フジテレビはロックという価値観を背骨にしているのがひしひしと伝わって、音も良かったし、フジテレビは結構CS等の優良/有料番組を地上波で流してくれるのは嬉しい。ホントは地上波レギュラーでやって欲しいけれど、現場は頑張ってなぁと好感持ちました。
by wavesll | 2017-07-01 10:43 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

スライムシンセサイザーはゲルVersionのテルミンなポテンシャルを秘めるか

ササノマリイ 『透明なコメット with Slime Synthesizer』Live


シンセサイザースライム @第18回文化庁メディア芸術祭


私自身もメ芸で触ったスライムシンセサイザー、これを楽曲に使用する人が現れるとは!?

鍵盤以外のシンセサイザーというと肉音でROLLYが披露したギターシンセサイザーなんかも印象的ですが、こちらはヴィジュアルがまた凄い。

正直音色はまだ独自性を感じる域にはないのですが、LIVEパフォーマンスとしては面白いし、この感触から演奏・作曲に独自なノリ/味が生まれたりしたらいいなぁと想います。

個人的にはさらに改良を重ねて、ゲルverのテルミンのような飛び道具な存在になったら面白いと想います。スライムシンセで弾き語りする電子系SSWとか生まれたら愉快だなぁ。
by wavesll | 2017-06-28 22:49 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

AFRICA HIBIYA FESTIVALに行ってきた!

アフリカ日比谷フェスティバルへ行ってきました!
c0002171_938366.jpg

c0002171_9385226.jpg

日比谷公園につくと快いアフリカン・グルーヴが。このフェスの箱バン、アフリカヘリテイジバンド。これが最ッ高!!!!ヤッバ!ジェンべがヤバい最強リズムにエレクトロニクスみたいな音がする木琴みたいなも凄くて。そして踊り出す!一気にテンション騰がりました!

後でその木琴奏者の方に「なんという楽器ですか?」と聴くと"バラフォン"とのこと。下に瓢箪のようなものがついていてオーガニックな電子的響きのする楽器。ちょっと叩かせてもらったりしました◎

アフリカン・ジャズバンド聴いて、セネガルのビール飲んで。気持ちええ◎
c0002171_9453025.jpg
c0002171_9454617.jpg


なんか出てきた!
c0002171_9464350.jpg

ルンバ・バンド
c0002171_9493069.jpg

モカハイ(エスプレッソ×ウィスキー×ソーダ)、これイケる。
c0002171_9501679.jpg


コラとバラフォンの即興セッション。Zenith Soundの中でポエトリーリーディングな語りも。いいものみれたなぁ。
c0002171_9574216.jpg

Kora&Balafon コラ&バラフォン Africa Heritage Festival


レゲエ・バンド。なかなかにいい音鳴らしてました。ステージに上がったスタッフの女の子の踊りがSuperbでした★
c0002171_100754.jpg


そしてこの日最後に視たのはアブドゥバイファルによるセネガルの祝祭楽!黒汁最高じゃ!!ダンスヤッヴァ!ドラムヤヴァヤヴァヤヴァ!!!あー!楽しかった!ブラック・エネルギーを體いっぱいに浴びた一日でした!
c0002171_1048100.jpg
c0002171_1042669.jpg

by wavesll | 2017-06-25 10:05 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Arto Lindsay live at WWW X

c0002171_6161668.jpg

電流が迸るようなギターのつんざき、こんなの初めて聴きました。そしてボサノバやサンバの気品。ラディカル・エレガンス。

アート・リンゼイ、ウッディ・アレンみたいな風貌でまるで座頭市みたいに電光石火に切り裂く十二弦抜刀術をみせるのが素晴らしすぎる。そしてバンドの音塊がまた強靭で!

Melvin Gibbs のぶっといベースにKassa Overallの気持ちの良いドラム、Marivaldo Paimはパーカスを撥でも叩いてて、そしてPaul Wilsonはピアノ音とコズミックなキーボード音。これにアートのギターがSolidに神鳴って。

美味い炭酸水みたいにずっと聴いてられるとでも言うか、バンドのグルーヴにアートの稲妻のような刺激音が無調気味に入ることでフィールドレコーディングみたいな自然な風合いが生まれている気がしました。終始アートは上機嫌だったし、最強の自然体とでも言うか、真最高。

何しろこんな雷のようなGuitarは初めて聴きました。これは観れて良かった!伯剌西爾の風を感じる芸術的なRock、こんな白秋を生きられたらどれだけ格好いいだろうという音に魅せられました。

1. Deck
2. Tangles
3. Ilha dos Prazeres
4. Vão Queimar Ou Botando Pra Dancar
5. Each to Each
6. Invoke
-Arto Solo-
7. Seu Pai
8. UnPair
9. Illuminated
10. Prize
11. Grain by Grain

Encore
12. Simply Are
13. Combustivel
by wavesll | 2017-06-24 06:30 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

音楽歳時記 雨の夏至 Okada Takuro / Ur

Okada Takuro / Ur
c0002171_8525523.jpg

雨の朝。ここ10年の首都圏では夏至に晴れたのは1回のみ。最も太陽が伸長する日に、あまりお天道様は姿をみせないようです。

こんな朝は何を聴こうかと思ったときに最初に思いついたのは『東風』で。コンピューター・サウンドの優しい響きが雨曇りの朝にあうかなと。

WW2後、消費の主役として若年層が台頭しユース・カルチャーが伸長しました。ロックという概念をユース由来の社会風潮が後押しして、変幻自在に飲み込みながら版図を拡げていって。

その"ロック"が生まれてから60年、"ユース"の砂場は、楼閣が既にガンガンに建て尽くされてしまった様とも想います。逆にリマスターされた『サージェント・ペパーズ~』なんか近年のローファイ・サイケ・ロックのかなりいい新譜といってもいいくらいに感じて。

自分が学生だった頃の古き良きJ-POP、原田知世 / 空と糸なんかも、今調べてみると鈴木慶一さんが作曲していて。エヴァーグリーンなサウンドは、ロック仙人たちの掌の中なのか。

"ロックは俺たちの音楽"だと想っていたら、もうユースという年でもなくなって。そして色々聴けば先達が涅槃仏してる。HIPHOPやJTNC、Erectoronicsにシマを変えた方が新雪を滑れそうかもななんて思ったり。

それでも、クオリティを突き詰めていくことで今でもRockそしてMusicの地平に新領域を拓いていく若き音楽人の作品を聴くと、2017年のBreakthroughはこんな方法論もあるのかと想わされるのです。演説家でなくアルチザンな姿勢、その閑けさに周囲を惹きこむ美と気骨を感じて。

雨の日、はしゃぐも良し、ひたるも良し。「押し」にも「引き」にも意義はあって。そんな中でこの音に耳を澄ますのも、大変お薦めです。歩を進めつづければ、山越え得るやも。みなさま、良き夏至を。

cf.
(失っていたとみられた)ゼロ年代邦楽ベストと現在の都市インディー

平成27年 今年鳴った音楽
by wavesll | 2017-06-21 08:50 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)