カテゴリ:Sound Gem( 278 )

栗コーダーカルテット&ビューティフルハミングバード live @ラオス博 良質なチェンバーポップの魅惑

c0002171_23311285.jpg

ピタゴラスイッチオープニングテーマ


マヨネーズ第1&第2&第3番  栗コーダーカルテット


ジョーズ/栗コーダーカルテット


~やる気のないダースベイダーのテーマ~


「おさるのかごや/砂山」栗コーダー&フレンズ NOW ON SALE


KITTEで開かれたラオス博で栗コーダーカルテット&ビューティフルハミングバードをみてきました。
この他『カントリーロード』や『梅干し人生』、ラオス民謡など、美しい歌声を聴けて。

目当ては『ピタゴラスイッチ』だったのですが、間近で運指までみれて、単純にグッドミュージックだなと◎ウクレレ&チューバな『ジョーズ』『帝国のマーチ』も良かったし、リコーダーみたいな音のするピアニカってあるんですね★コンセプトの面白味に惹かれて来たけれど、良質なチェンバーポップとしてめっちゃ楽しめました◎◎◎!

特にプログレを感じる『マヨネーズ第2番』と東南アジアで人気だったという『おさるのかごや』が好きだったなー。いいものみれました。感謝☆☆☆☆☆!

c0002171_23443634.jpg


c0002171_23445969.jpg

by wavesll | 2017-06-18 00:01 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

濃ゆい珈琲のような阿弗利加音楽2選

Mulatu Astatke - Mulatu of Ethiopia


Damon Albarn, Afel Bocoum, Toumani Diabaté & Friends - Mali Music (2002)

by wavesll | 2017-06-13 07:24 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

トルン(ヴェトナム竹琴)奏者・小栗久美子Live @Vietnam Festival

c0002171_16453064.jpg

トルン奏者 小栗久美子『風』 Kaze by KumikoOguri (BambooXylophone/Vietnam)


ベトナムフェスティバル2009 ◆ 小栗久美子トルントリオ [ 1/5 ]コンドルは飛んでゆく


ベトナムフェスティバル2009 ◆ 小栗久美子トルントリオ [ 2/5 ]狩に行く(ヴェトナム曲)


ベトナムフェスティバル2009 ◆ 小栗久美子トルントリオ [ 3/5 ]タイグェン地方に帰る(ヴェトナム曲)


ベトナムフェスティバル2009 ◆ 小栗久美子トルントリオ [ 4/5 ]?イン・ラー・ホイ?(ヴェトナム曲)


ベトナムフェスティバル2009 ◆ 小栗久美子トルントリオ [ 5/5 ]上を向いて歩こう


横浜人図鑑 第221回 小栗久美子さん(2016年12月19日(月)放送)



代々木公園でのヴェトナムフェスティバルにてめっけものだったのが小栗久美子さんによるトルンでした。

トルン(Trung)はベトナム中部高原地帯(タイグエン)で生まれた竹の打楽器。縦のシロフォンというのが見た目としても面白いし、竹の響きがポコピコ楽しくて一聴して好きになりました。

ライヴは「荒城の月」で始まり、ヴェトナムの楽曲を演奏して、小栗さんの教え子だという神田外語大の女学生奏者も参加した『ヌップ』という英雄の楽曲と、「剣の舞」で〆。素敵な時間でした◎
c0002171_1703394.jpg


その後ヴェトナムビール飲みながらかの地のスター達の歌唱を楽しんで。かなり上手い女性やCoccoみたいな情念系シンガーもいて。ヴェトナムの人達の盛り上がりが凄かった★楽しい時間を過ごせました。
c0002171_1754221.jpg
c0002171_1711574.jpg
c0002171_1712673.jpg
c0002171_17122668.jpg

by wavesll | 2017-06-11 21:06 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

音楽歳時記 6月9日 J.A. シーザー / 国境巡礼歌

Kokkyō Junreika / 国境巡礼歌 (J.A. Seazer) Full-Album


”ロックの日”って駄洒落だし、この日にかけるなら怒髪天 / ロクでナシかなと当初思ったのですが歌ってみた(クオリティはいい)しかなくて。

そこで、どうせならドメスティック・ロックの最高峰を鳴らすのはどうだろうと。
Japanese Rockといえば、J・A・シーザーによる国境巡礼歌ではないかと。

プログレ、ドゥーム、ヘヴィ・ロックがおどろおどろしい和の暗黒から唸るこの奇盤。芒種の日本の心性に寄り添う名盤だと想います。個人的にはやっぱり1曲目の『越後つついし親不知』が好きです。フィナーレの『大鳥の来る日』の壮大なラストも素晴らしい。
by wavesll | 2017-06-09 17:58 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Jimmy Eat World Live at Liquidroom

c0002171_2221347.jpg


Jimmy Eat World - Sweetness


Jimmy Eat Worldのライヴに恵比寿リキッドルームへ行ってきました。

『Sweetness』が大好きで。ライヴ序盤は"ちょっと旧いロックだな"とも正直思ったのですが、徐々にライヴハウス・エモな鳴りが良くなり、キラー曲達に昂げられました。ダンスナンバーな『My Best Theory』も良かったし『Hear You Me』の弾き語り、そして『Futures』『Blister』で思わず前へ!

そして『Sweetness』、Encore2曲目で演ってくれました!ここ数年坂本龍一『async』5.1ch展示Chris Watsonの20chフィールドレコーディング作品そして東京藝大音環 卒展・修了展 2016での蓮尾美沙希さんによる22.2ch録音作品とサラウンド・サウンドに面白味を感じているのですが、"ウォーオーオーオオオー"の合唱はまさにSurround Music!夢見てた一曲のLive Experience、最高でした!

そして"ダンスしよう"と『The Middle』で〆。終焉後も『Sweetness』のシンガロングが歌いあげられる、爽快なRockGigでした。

c0002171_22203636.jpg

c0002171_22205127.jpg


1. Bleed American
2. Get Right
3. Get It Faster
4. I Will Steal You Back
5. It Matters
6. Lucky Denver Mint
7. Always Be
8. If You Don't, Don't
9. Through
10. My Best Theory
Acoustic feelings
11. Hear You Me
12. Big Casino
13. A Praise Chorus
14. The Authority Song
15. You Are Free
16. Futures
17. Blister
18. Work
19. Pain

Encore:
20. Sure and Certain
21. Sweetness
22. The Middle

by wavesll | 2017-06-05 23:01 | Sound Gem | Trackback | Comments(4)

ロリケン(ROLLY + 大槻ケンヂ)LIVE@ニクオン

c0002171_20451216.jpg

錦糸公園で開催されたニクオンへ行ってきました!
肉が焼ける匂いが充満する中、お目当てのロリケン(ROLLYと大槻ケンヂ)を拝んで来ました。

ロリケン、オーケンソロの『日本印度化計画』からはじまりローリーが出てきて『香菜、頭を良くしてあげよう』、ローリーソロの『You Belong To Me(日本語バージョン)』、二人での『あしたのジョー』『ルパン三世』『燃えろいい女』『オンリーユー』と楽しかった。オーケンの「泪橋ってこの辺りだよね」観客「違う」「それは南千住」オーケン「中野の俺から見たら全部右側で同じなんだよ!」とかMC笑えましたw

一番良かったのはローリーがソロ2曲目に“今日お肉になった全ての動物に捧げ”た『月まで飛んで』。英国サイケデリックロック感最高!と思ったら70年代の「安全バンド」のカヴァーとのこと。ギターシンセサイザーって初めて生で見たなぁ、ありゃスゴい。

ROLLY - 月まで飛んで (安全バンドcover)


バンドverもありました。こちらもいいなぁ。ローリー、生でもめちゃくちゃ格好良かったです◎

ROLLY 月まで飛んで


c0002171_20312114.jpg

by wavesll | 2017-06-04 20:43 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

shotahirama + Masashi Okamoto live at 渋谷タワーレコード

c0002171_22134841.jpg
c0002171_22142477.jpg


Maybe Baby (Short Preview)/ shotahirama (soundcloud)

shotahiramaのインストアライヴ@渋谷タワレコに行ってきました!なんとドラムのMasashi Okamotoと共に演るSPセット!カリブな雰囲気から始まって構築された世界が崩壊するようなジャズ、そしてレゲエまでグリッチノイズが遷移する好ライヴでした!

音あんなでかくていいの!?というレベルで。グリッチノイズのライヴってだけでなく多ジャンルのエッセンスで身体が香りづいていてとても聴きやすく、さらには生ドラムがほんとうに効いていて想像以上に楽しかった!体感だと以前8Fでやったときより音が大きくて、さらに楽しかった!

Encoreには新譜『Maybe Baby』が鳴らされて。この人のクリュクチュしたノイズほんと好きなんだよなー。最高のデザートとなりました。

LIVE後に話をさせていただいたのですが、今回のギグで使った音源は新譜に使おうかと思っていた素材とのこと。ちなみに『Maybe Baby』、タワレコで買うと『post punk』の本人によるSelf Remixが聴けますよ。よりロックになってる感じで愉しめました。
by wavesll | 2017-06-01 22:28 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

坂本龍一 設置音楽展 ryuichi sakamoto async @ワタリウム美術館

坂本龍一 設置音楽展 ryuichi sakamoto async - ワタリウム美術館へ行ってきました。

c0002171_427348.jpg


坂本教授自身が「あまりに好きすぎて、 誰にも聴かせたくない」という8年ぶりとなるニューアルバム『async』。本展の目玉はこれを5.1ch サラウンドで坂本龍一が最も信頼するムジークエレクトロニクガイサイン製スピーカーにて再生するインスタレーション空間。

『async』5.1chはムジークの音の良さもあり魅力全開。特に弦の打音が凄い「async」とトライアングルが天空的な音を響かせる「tri」が素晴らしく、自然採音モノでは木立を踏みしめる曲と雨音に三味線の曲も良くて、音響空間に浸れました。

実は『async』はSpotifyで聴いたとき1曲目のピアノがイマイチに感じて聴き込んでなかったのですが、信頼のおける耳の人が複数薦めていたし、今日が最終日と知ってこのアルバムの真価を味わっておきたくて。この音響で聴くと幽玄な迫力に一曲目にも魅了されました。

「andata」も例えば内部奏法にしたりチェンバロを使っていたらもっと惹きのある面白味があったのかもしれませんがそこをシンプルにしたことでスルメと成るディレクションなのでしょう。

そして音響/音質も真に音楽にとって本質的なものなのだと改めて感じ入りました。

今回は5.1chでしたが、あいちトリエンナーレでのChris Watsonの20chフィールドレコーディング作品東京藝大音環 卒展・修了展 2016での蓮尾美沙希さんによる22.2ch録音作品『My Kingdom』を聴いた際もサラウンド音響は録音作品にコト消費としての魅力をもたらすなと想って。

ビートルズの時代のイノベーションが再び起きたかのように、ライヴを越えた録音でしかあり得ない音響体験を創れるサラウンド音響作品は映画館でいう3D、4DXのような付加価値に近いものがあって。

その内ジャズ喫茶や名曲喫茶ライオン特殊音楽バーSciviasのような感じでサラウンド・バーが開かれたり、美術館の展示スペースに常設のサラウンド音響空間が出来るかも。その生業、自分も一枚噛みたいw

こうした試みに未来の萌芽を感じて。とても良い気分で神宮前の空の下帰路に着きました。
by wavesll | 2017-05-29 05:01 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

松崎ナオ live@宇宙平和音楽祭

c0002171_23223962.jpg
c0002171_23225071.jpg


松崎ナオ - 川べりの家


松崎ナオ トリオ 客無しライブ incl. 「川べりの家」「フォークソング」「大人は知ってる」ほか全6曲


松崎ナオ - hello, goodbye


ラオフェスの帰りにNHK前で松崎ナオのライヴをみました。ドキュメント72時間のテーマ曲「川べりの家」もやってくれて。そして『大人は知ってる』という反原発歌がとても良かったです。最後にやった「Hello Goodbye」も心の襞に触れる歌唱でした。

唄やMCの感じにCoccoとかUA的なものも。凄く人間味が通じて。好きなパフォーマンスでした。
by wavesll | 2017-05-27 23:31 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

ラオスフェスティバルで聴いたケーンでAcoustic Big Room Houseを妄想 & 爆風スランプ『RUNNER』ラオスver

ラオフェスビアラオ飲んで来ましたw
c0002171_1924756.jpg
c0002171_193149.jpg
c0002171_1931016.jpg


Lompat phai by master Daeng toy


代々木公園のフェスは現地の結構なスターが出るので楽しいのですが、今回特に気に入ったのは国立芸術院所属のケーン・キーボード奏者のPHAVY CHANHSILENGさん。特に笙の元となったというラオス/タイの伝統楽器ケーンの響きがバグパイプみたいで、これでアコースティックビッグルームハウスとかやれんもんかなとか妄想が広がりましたwガムランもそうだけれど、Asiaの楽器ってどこかエレクトロニックな響きを感じます。

ラオスフェスティバルは明日も開催。ラオスのアーティストのNAMFONという子は歌謡曲なのにいきなりEDMのブレイクダウンが起きたりして面白かったりwこの他ラオスに所縁のある日本人アーティスト等も出ていて、今日は栗コーダーカルテットがピタゴラスイッチの曲とかやってくれましたw

明日はサンプラザ中野くんとパッパラー川合が出るそう。あの曲やるかもしれませんね(あるよねあるよね!by S.池崎)

日曜追記
行ってきました!やってくれました!『ランナー』!しかもサビをラオス語で歌う『ランヌー』verで◎!

フィナーレはラオスオールスターズで★!ラオフェス、楽しかったー!

c0002171_21574237.jpg
c0002171_21575922.jpg
c0002171_21581028.jpg
c0002171_21582182.jpg

by wavesll | 2017-05-27 19:15 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)