カテゴリ:La Musique Mariage( 119 )

中島健太初期作品 X 飛龍高校 和太鼓部 - 第2回全国高校生太鼓甲子園 最優秀賞 第28回音の貝合わせ

c0002171_53115.jpg


飛龍高校 和太鼓部 - 第2回全国高校生太鼓甲子園 最優秀賞


火の心迸るMusicとArt.

中島健太さんは先日BS Fujiプライムマルシェで知ったとてもリアルな筆致の方で、番組では肖像画を描く権利をTVショッピングしていて。

番組では美術が生業と覚悟を決める前の、我が出た絵として紹介された大学時代のこの絵がとても気に入りました。

この情熱的な画に何を掛け合わせようかと想った時に思いついたのが和太鼓。
富士山太鼓まつりで披露された高校生たちの熱情あふるる好演が気合入っていいなと。
ほぼ打音のみと言うのがLee Gambleのようなハードコア・ビート感覚も。

全力、120%、200%と焔を昂る姿は、寧ろ生業ではないからこその凝縮なのかもしれませんね。

cf.
ホキ美術館 3つの個性―表現の可能性を探る― に行ってきた

by wavesll | 2017-03-09 05:45 | La Musique Mariage | Comments(0)

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール/ Killing Time X くるみ 第88回酒と小皿と音楽婚礼

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール/ Killing Time


土曜夜、ゴールデン街で飲んでいた時にバーのお姉さんとペペ・トルメント・アスカラールの話になって。

菊地さんはチャゼル監督とまたビーフをやっているようで。今夜はペペのブルーノート公演日でもあり、中々にタイムリーかなと想ってYoutubeで聴いていたらとても良くて。

私は所謂あるあるコースというか、大学の頃にDCPRGや東京ザヴィヌルバッハを"刺激的だ"とレンタルし、菊地さんのラジオで"この人面白いな!"と想って愛聴し、そして段々衒学性とか狙いすぎとか感じて気が離れていって。

ただ、DCPRGが大雨の日比谷野音で復活したライヴを現場でみて抜群に楽しかったのが明確にあって。曲名とか、言語的な魅力抜きに音が物凄く好きだ、と再到達しまた菊地さんの音楽にポジティヴになっていきました。

最近の作品だとMobile Suit Gundam Thunderbolt OST - 17. RONALD REAGAN OTHER SIDEなんかも好みなのですが、上に載せたペペ・トルメントの楽曲もタンゴを咀嚼し色気漂うチューンで非常に好きです。

さて、ブルーノート東京では菊地さんがセレクトするボルドーを日替わりで、またアルゼンチン最古のワイナリー"コロメ"のワインも用意されたそうですが、Bar鴎庵ではモアリーズナブルな奴をw
c0002171_20262514.jpgこのなとり・くるみはカリフォルニア産の胡桃を食塩や塩を使わずにそのままパックしてある一品。これ、最近の大ヒットで常備しているのです◎

余計な味付けがされてない素材そのままの味だから何にでも合うし、ちょっと贅沢感も。

ペペ・トルメントみたいな”夜”を感じさせる音楽にも非常にマッチしているなぁと想うのでした。

最後に『ラ・ラ・ランド』トリビアを。
"このタイトル、ダサくね?"と呟きポポポリスにタタ逮捕されかけたのですが、『La La Land』という言葉自体が
〈米俗〉〔麻薬や酒に酔ったときに味わう〕陶酔境、恍惚、我を忘れた境地◆La-La Landとも表記される。
〈米俗〉ハリウッド、ロサンゼルス◆ロサンゼルス全体を指すこともあるが、特にハリウッドについて使われる場合が多い。
という意味を持っているそうです。しらなんだ。

cf.
蒸夏夜- dCprG / Franz Kafka's South Amerika X SanktGallen 第64回酒と小皿と音楽婚礼


『セッション!』、倒錯した現代の写し絵か。痛みと闘争心の果てに師弟関係を考えさせられる
by wavesll | 2017-03-06 20:18 | La Musique Mariage | Comments(0)

長谷川等伯『松林図屏風』X Silence (Original Motion Picture Soundtrack) 第27回音の貝合わせ

c0002171_2103854.jpg

スコセッシ監督の『沈黙ーサイレンスー』、まだ映画はみていないのですが、Spotifyで『Silence (Original Motion Picture Soundtrack)』を聴き、”この音は彼岸に繋がっている”と感じたのでした。

鳥や虫のフィールドレコーディングが器楽と共に奏でられるアンビエント・ノイズな楽曲群。その冷たい湿度はコスタリカの熱帯雨林で録られた Rodolphe Alexis / Sempervirentにも通ずるものがあると感じました。

白緑の幽玄。それは日本人の靈が形作る"空気"なのかもしれない…そう考えたときに頭に浮かんだのが長谷川等伯の『松林図屏風』でした。

東博の常設展の国宝の間で一年の始まりに必ず飾られる日本水墨画の最高傑作として名高いこの画。

『ギャラリーフェイク』で主人公の藤田は本作に
高温多湿の風土に住む日本人にとって適度の湿度は生きるのに、欠くべからざる条件なんだ。
だからこそ、あの絵はずっと日本人の心を引きつけてきたのさ。
と述べていました。
それを読んで以来、私には日本の"こころ"というのは霞のように液体と気体の中間にある存在なのではないかという念があるのです。

遠藤周作が描いた日本人の鵺の様に寛容でしかし実際的には頑なに同化を求める異教への態度、それは山本七平の言うところの『日本教』ともいえる、ロゴスでなくパトスで意識下で浸っている"人間とはこういうもの"というドグマからの結実なのだと想います。

空気の中でしか、湿度の中でしか生き永らえない日の本の民。それを絵画に描けば『松林図屏風』になるし、音楽として響かせれば『Silence (Original Motion Picture Soundtrack)』となるのでしょう。

スクリーンでみるかはまだ決めていませんが、少なくともBlu-rayが出たらすぐにみたいと想わせるサントラでした。

作曲者はクラシック畑の方々の様ですね。クラシックに多ジャンルが絡むのは本当に効果を生みますね。

Trailerの音楽はサントラには含まれていないようですが、こちらも弦が美しく律動していて素晴らしい。今は円盤は出ていないようですが、是非円盤でも聴いてみたいなぁ。

Trailer Music Silence (Theme Song Movie 2017) - Soundtrack Silence


cf. hr-Sinfonieorchester X Francesco Tristano X Moritz von Oswald による『Bolero』&『Strings of Life』
by wavesll | 2017-02-08 21:40 | La Musique Mariage | Comments(0)

節分には鬼打ち豆とDizzy Gillespie / Vote Dizzy 第87回酒と小皿と音楽婚礼

c0002171_16552342.jpg


Dizzy Gillespie - Vote Dizzy


1月1日に漱ぐ 清冽なイランのサントゥール
うつらうつらと雅楽 武満 徹:秋庭歌一具 & ヴェトナム雅楽:Nhã nhạc cung đình Huế
正月三が日の最後は江陵端午祭巫楽(ムーダン)の炸裂音を

に続く音楽歳時記ネタ。ほぼ出落ちだけどw カラッとしたPassionにこの善光寺御祈祷済の鬼打ち豆が美味く摘む指が進みます◎

節分の豆、善光寺でお祓いしたとか川崎大師でお祓いしたとか、そういう"霊験"が食品に与えられて価値になるってどこか奇妙にも思えたりハラールってこういう感じなのかなとも想ったり。”感謝の言葉を聴かせた水素水”とか商品化したら売れるかもしれませんね。プラシーボで味も良くなるならそれも良しか。
by wavesll | 2017-02-03 18:03 | La Musique Mariage | Comments(0)

Equiknoxx X 請福 生姜-ゴルジェなダンスホールレゲエにパッション泡盛 第86回酒と小皿と音楽婚礼

Equiknoxx - Bird Sound Power (DDS) Album(soundcloud link)


c0002171_21533231.jpg
現在来日中で、今夜大阪、明日渋谷でライヴを行うジャマイカの先鋭的なダンスホールレゲエサウンドクルーEquiknoxx。

このサウンド、ゴルいダンスホールレゲエとでもいうか。ソリッドかつ妖しい感覚が新鮮で。かなり刺さる音楽。すっきりしているのに異質さを感じさせフロンティアを拓く音。この新しさとフレッシュさはアレシンスキーに通じる感覚。

これに合う酒ってどんなだろうと考えをめぐらしたとき、請福 泡盛仕込み 生姜リキュールはどうだろうかと。

請福は石垣島ではポピュラーな泡盛で、八重山に行った人ならほぼ飲んでいるのではないでしょうか。このリキュールは生姜の他パッションフルーツや黒糖もMixされていて、請福の火の様な辛さが甘苦くとろけています。

泡盛自体が南国の呑みものですが、さらなるトロピカルな逸品になっていて。ジャマイカのオルタナ・レゲエを聴くにはうってつけ。音と酒にぐいぐいイケ過ぎてへべれけにならぬよう気を配りつつ、師走の愉しい家飲みで寛ぎの時間を。

cf.
Equiknoxx - Bird Sound Power(ele-king)



Equiknoxxの中心メンバーGavsborgによるオールタイム&2016のトップ5チューン(FNMNL)
by wavesll | 2016-12-09 21:29 | La Musique Mariage | Comments(0)

RHCP & George Clinton / P-FUNK ALL STARS X 大猿王 第26回音の貝合わせ

Red Hot Chilli Peppers & George Clinton - Give It Away (Grammy Awards)


Via くろだまさしさん
c0002171_723154.jpg
c0002171_7325886.jpg


P Funk All Stars (Live at the Beverly Theatre in Hollywood)

by wavesll | 2016-12-02 07:25 | La Musique Mariage | Comments(0)

Ssaliva - keys2diversion X Nightingale SGZ Model "Decaying" 第25回音の貝合わせ

ssaliva
keys2diversion(TinyMixTapes)

c0002171_2254152.jpg
c0002171_2254119.jpg
c0002171_22542655.jpg

by wavesll | 2016-12-01 00:09 | La Musique Mariage | Comments(0)

Monaural mini-Plug X ダノンビオはちみつジンジャー/タイの暑い音楽を冬に聴く 第85回酒と小皿と音楽婚礼

ดูคนญี่ปุ่นบรรเลงพิณ และตีกลองโซโล3ใบ(ขอขอบคุณวงคนภูธร)


ジャイルス・ピーターソンにもフィーチャーされるThe Paradise Bangkok Molam International Band等、ここ数年タイの音楽が盛り上がってきている気がしている中、これヤヴェーなというバンドをTLに遭遇して。これ、ヤバくないっすか?

で、公式ホームページをみて、"おぉ、日本語対応しているタイのバンドって珍しいな"と想ったら、なんと日本人がやってる都内のバンドでwタイ東北部のイサーン地方やラオスの音楽である「モーラム」や「ルークトゥン」にハマってYoutubeや現地で発見したヤバイ曲のカヴァーをしているそうw

いやー、ほんとここまでやるかという捻りっぷりが最高。彼らのHPはゴールデンボンバーOfficial WebSiteとネタホメパゲ両巨頭を成してんなーってレベルw

c0002171_20203348.jpgこのナイスなオンガクに合わせたいのはダノンビオのはちみつジンジャー、冬季限定のフレイヴァーで、刻み生姜が心地いい甘苦さ。こいつにどことなくアジアな猥雑X東京の都市化な雰囲気を感じてしまうんですよねー。

タイ本場のイサーン民謡はちょっとアクが強すぎてとっつきにくいところがまだあるのですが、モノラルミニプラグ公式ホームページに載ってる彼らチョイスの楽曲動画群は都市で聴いてもイケる感性があって、これらを触媒にタイのマイペンライな音楽カルチャーに嵌っていけちゃうかもしれぬと想っておるところです◎

もう今週には師走。ここ数年みつけた愉しみに冬に暑い音楽を聴くことがあって。CHRONIXXLee "Scratch" Perryといったレゲエ・ダブ音楽を寒い時期に部屋で暖まりながら聴くのはアイスクリームを冬に食べるような美味があるのですが、この冬のウォーム・ミュージックにはタイの音楽もレパートリーに入りそうです。
by wavesll | 2016-11-28 20:38 | La Musique Mariage | Comments(0)

孔けたてのNescafeの馨しさ X 福田大治のチャランゴ 第84回酒と小皿と音楽婚礼

第8回チャランゴの集い 福田大治


c0002171_11123323.jpg最近すっかり冷えてきて、温かい珈琲が美味しい時季になりました。

普段遣いのコーヒーはネスカフェのインスタントなのですが、新品の孔けたての珈琲の馨しさがなんとも好きで。たまらない気持ちになります。

その官能的と言ってもいいくらいの香りに合わせるとしたら、チャランゴの響きはいかがでしょう?

神奈川大学で開かれた"ボリビアの夕べ"というイベントに潜りまして、ボリビアチャランゴ協会日本代表の福田大治さんによる「牛追い」を聴いたのですが、粒立ちのいい高音、その夕暮れの赤光のような煌音に酔いしれました。

このイベント、神奈川大学がスペイン語学科を持っていることから2年に一度、ラテンアメリカの一国をテーマに講演会とステージとパーティが行われているそうです。

今回も福田さんの講演でボリビアの大統領、エボ氏が南米では初めての先住民出身の大統領(中南米ではメキシコではあった)で、“ボリビア共和国”から“ボリビア多民族国”へと正式名称を変えたことや、ボリビアは先住民の割合が高いことなど、観光情報だけではない政治的な情報を聴けて、為になりました。

いつかウユニ塩湖やスークレのラメ色に輝くマリア像を観にボリビアへ行ってみたいです。

パーティはアウェイすぎて退散したのですが、ちょちょっと食べたボリビア飯、美味かったですよ。鶴見のEL BOSQUEという店のケータリングでした。やっぱり南米人街と言えば鶴見だなぁ。鶴見線探訪とか久々にまたやりたい◎
by wavesll | 2016-11-23 11:28 | La Musique Mariage | Comments(0)

THA BLUE HERB - Ill-Beatnik X 新宿砦 第24回音の貝合わせ

THA BLUE HERB - Ill-Beatnik live at fuji rock 2000
c0002171_7257.jpg
by wavesll | 2016-11-21 07:10 | La Musique Mariage | Comments(0)