カテゴリ:La Musique Mariage( 153 )

The Beatles - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 50周年記念盤 X 煎茶 第112回酒と小皿と音楽婚礼

c0002171_20201558.jpg
c0002171_20503783.jpg

本日、33歳の誕生日を迎えることになりました。
それで、誕生日プレゼントに貰った『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念リマスターを聴いています。

ビートルズは中高の頃、赤盤・青盤から入って、近所にあったアコムがやってたレンタルCD屋かTSUTAYAで借りて。当時は洋楽のキラキラした伝説を味わうというか、ロック名盤でありながら人懐っこいポップさに魅了されました。

それから真心ブラザーズじゃなけれども、ビートルズを離れてもっとハードな音や心に刺さる邦楽ROCKの世界へ行って。「ビートルズなんてポップだよな」なんて言って。

大学を過ぎた頃、社会に出て、”ロックさ”では立ち行かない壁に当たった頃、ビートルズのモノラル盤リリースがあって、その時赤盤青盤ダブル盤のリリースがあって、そしてその発売日が10月18日で。なんかロックの神様が誕生日プレゼントしてくれたような気になったものでした。

そして今、大切な人から贈られた『Sgt. Pepper's』を聴いています。

時代はどんどんと戦争と貧困の悲劇へ侵食され、どんどん息苦しさと享楽の二極化したリアリズムに突き動かされています。そんな中で、ロック音楽は”ダッド・ロック”なんて言われて、不良の音楽と言うよりもいい子の音楽になったと言われ、尖った魅力を捉えられない存在、死んだというよりも老衰したと言われるような昨今。

しかしそんな中で純音楽としてBeatlesの音がとてつもない力を持っていると、今年4月に東京ドームで観たPaulのライヴで想って。圧倒的な魅力が音楽から放たれていると。

そしてその時知った『サージェント・ペパーズ50周年リマスター』。タワレコで試聴した時、”おいおいこれテイムインパラ級のサイケロックの新星のアルバムといってもいいようなイマの音になってるぞ”と衝撃を受けて。

家のオーディオで聴いてみると、寧ろDISC2の『SGT. PEPPER SESSIONS』に最初惹かれました。

Led Zeppelin Physical Graffiti Outtakesでも想ったのですが、ラフに中断され、レコーディング時の会話も差し込まれる感じがHIPHOP的なカットアップ感とストリーミング時代のラフな感覚にフィットしていて。

こういう音源がボーナストラックとしてオリジナル音源の後に入れられると体験を損ねると感じるのですが、ボーナス・ディスクとしてそれ自体で流れをもって円盤をつくられると非常に好ましく感じました。

そうしてSESSION音源を聴き込んだ後で『Sgt. Pepper's』本編を聴くと凝縮された音楽の楽しさ、センチメンタルさ、真情と愉快さが鳴り続けるROCK MUSICの至宝を真新しく感ぜられて。インド音楽の取り込み方も”俺は此れが好きなんだ!”って感じのあっけらかんさが好きでしたw

この一年は個人的に60's 70'sのロックを聴き過ごすことが多くて。それはリアリズムの中でもげた翼を芸術によって解き放つと共に、粗悪な暴言から一歩進み人の間において本音2.0とでもいうべき、コミュニケーションの中で真情を達成すべくための主張と傾聴、矛と盾の心の在り様を自分自身のルーツを辿ることで血肉化しようとしたのかもしれません。

ロックはもうわざわざ"ロック"と言わずとも、生活のすべてに遍在しているように想います。

煎茶のようにライフの中に当たり前となり、結果として”空気”になったROCK.

それを凝縮させると”ムチャクチャやってもどうにかなる陽気さと生硬さ”がそのコアにあるように想います。そして『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』はそれを50年鳴らし続けてきたのだなぁと。

HR、HM、グランジとどんどんシリアスに突き詰めていったロック、しかしこのROCKの至宝には、未分化な自由さがあふれて、その肥沃さにこそ未来の種子があり、今また音楽の豊饒さが開化していくのだなぁと。

無限の未知の中でこの円盤を羅針盤代わりに携え、この先の大海を渡っていきたい。そんな冒険心がくすぐられる聴験をすることが出来ました。
by wavesll | 2017-10-18 21:18 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

FKA Twigs X 銀魚 第38回音の貝合わせ

FKA Twigs - LP1 (full album)(Deluxe Ed)


c0002171_6592621.jpg
近年のVisual Imageで一番クールに感じたのが彼女。
この質を狙い澄まして達成する処に英国の凄味を感じる。

生体工芸とでも言えるようなプロジェクトにも感じて。
先日緑の金魚の繁殖成功との報せがあったが、FKA Twigsの音には船堀の銀魚が似つかわしい。

幽美な生の煌。淡々とした綺麗さにどこかこの世の物ならぬ様をみるような、そんなヒトの翳も感じる業を、寒気深まる朝に。
by wavesll | 2017-10-14 07:01 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Led Zeppelin Physical Graffiti Outtakes X 新・一番搾り 研ぎ澄まされ抜感 第111回酒と小皿と音楽婚礼

Led Zeppelin Physical Graffiti outtakes - Companion disc II 2015


c0002171_0175450.jpg

所謂英米音楽をきちんと聴き始めたのが20代半ば以降だったので、レッド・ツェッペリンをしっかり聴いたのは私は最新のリマスター・リリース時でした。

そしてリマスター盤のボーナス・ディスクが当時のライヴなどが収録されていて聴きものだったのですが、最近『Physical Graffiti』のボーナスディスクをYoutubeでみつけて聴き入っています。

演奏が途中で終わったり、造り込みは粗すぎるのだけれども、そのラフな感じがとても気持ち良くて。今年の夏はサニーデイ・サービスが『Popcorn Ballads』というラフ感にあふれたアルバム?をストリーミング・リリースしましたが、時代の趨勢がそういった風に成っているのかもしれません。

私自身のリスニングの選好を話すと、最初に音楽に嵌った中高生時代は疾走感が好きで、正規アルバム音源よりもライヴ盤やブートレグなんかが好きでした。走ってるくらいが好きで。当時はmp3の音質の悪さにも気にならなかったし、寧ろ演奏も荒い方がリアルな気すらして。

そこから時を経て、20代後半の頃は良いオーディオを持ったというのもあるのか、ライヴとかの音質の軽さが気になったり、逆にCD音源の音質の厚みと言うか完成度の高さを気に入るようになって。そして今、また嗜好が少し変わりつつあるのかもしれません。

ちょっと分野違いですが、例えばこのBlogに載せる用に良くスマフォで写真を撮るのですが、勿論美しい画面構成とか光の調整とかを目指したりするのですが、個人的には最近”キレイめの写真”よりも”素人な雑なショット”の方が面白いのでは?なんて気もしていて。

でもやっぱり綺麗な写真の方が現時点では強度を感じるのですが、いわゆるポストカード的なキメキメの美ではなくて、ちょっと焦点がボケたような、或いは構図がズレてるようなものに何かしらの付加価値を生み出せないかなと、裏で色々画策しています。

ヘタウマというか抜感のある格好良さは、真面目なハイクオリティにちょっと息苦しさを感じるからかもしれません。そういった意味でこのツェッペリンのアウトテイク集のチョイスの仕方はまるで未編集のような放り方が好みでした。

さて、それに合わせたいのはKIRINの新・一番搾り。

この秋にリニューアルし、”日本人の味覚に合う、「澄んだ上品なうまさ」”を目指したとのこと。そうなんですよね、濃くなったわけではなく、寧ろ薄味になった気もするのですが、その味の研磨の仕方が絶妙で良い味をしていて。

最近はクラフトビールが流行りで私もクラフトビールには味のインパクトというかIPAなどのパンチの効いた麦酒を求めるのですが、普段飲みの麦酒にはこんな澄んだ味が軽やかですきっとして好きだなと。

重くなく抜感が良いんだけれども、スウィートスポットに打ち込んでいる。なんかちょっと自分がやりたい感覚をKIRINにやられた感じ。そんなわけで今回は感性繋がりでLed Zeppelin Physical Graffiti outtakesとKIRIN 新・一番搾りを選んでみました。

明日くらいまでは暑いようで。気持ちの良い秋晴れにZEPPと一番搾り、お薦めです。

cf.
Jimi Hendrix入門としての『Valleys of Neptune』

Cream - Wheels of Fire X Samuel Adams 第108回酒と小皿と音楽婚礼
Rolling 2 the 福岡/山口旅行記 2日目 元乃隅稲成神社+Alpha
by wavesll | 2017-10-11 00:42 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Brainticket - Cottonwood Hill X なだ万監修 日本茶で真昼から宇宙 第110回酒と小皿と音楽婚礼

Brainticket - 1971 - Cottonwood Hill [Full Album]

c0002171_104489.jpg
ブレインチケットはベルギー人キーボーティストのヨエル・ヴァンドルーゲンブロイクが中心となって68年にドイツで結成されたグループとのこと。

繰り返されるギターの輪廻に女性の煽情的な聲、そしてループするドローンな音像が交じり合って独特の宇宙的な幻覚音楽が展開されて、素晴らしい。

このガス星雲を通り抜けてダークマターが可視化されるようなプログレッシヴ・ノイズに合わせるならなだ万監修 日本茶はいかがでしょう。

ペットボトルのほうじ茶も見事だったなだ万。この日本茶でも美味い濁りのある緑茶を味あわせてくれます。キンキンより常温に近い方が美味しい感じ。

今年は特別展 茶の湯@東博そして茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術など茶器の素晴らしい展示がありましたが、茶の世界は宇宙へ通じるような高みがあると感じます。

鼓膜への音波と味蕾への化学反応で昼間からシラフで宇宙へ精神感応、お薦めの愉しみです。
by wavesll | 2017-10-07 11:07 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

『The Fool』X Innovative Brewer THAT'S HOP絶妙のMosaic&Citraで時を融かす 第109回酒と小皿と音楽婚礼

c0002171_2002018.jpg

The Fool - The Fool (1969)

c0002171_2004532.jpg

TLでみかけたこのアルバム。ドリーミーで痴気のある60sサイケデリックな一枚。60sPsychedelic Folkってなんでこんなに愛おしいのでしょう。

調べてみるとビートルズのアップル・ブティックをデザインしたアート集団、シーモン&マーレイケが結成したサイケ・フォーク・バンド "FOOL" の1969年に発売されたデビュー・アルバム。(diskunion)とのこと。

この極彩色の音像に合わせたいのが最近ファミマでみかけたサッポロのInnovative Brewer THAT'S HOP「絶妙のMosaic&Citra」

近年盛り上がっているクラフトビールの試みで、ワシントン州にある世界有数のミントの産地ヤキマ渓谷で生まれたモザイクホップアメリカワシントン州にある世界有数のミントの産地ヤキマ渓谷で生まれたシトラホップを使った麦酒。

グレープフルーツのような爽やかな風味がThe Foolの甘酸っぱい、夢幻を想わせる音に寄り添い、作品世界を拡げてくれます。秋の夜長をクラフトビールとサイケ・フォークで融かすのもまた一興◎
by wavesll | 2017-10-06 19:58 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

シャー・チェラーグ廟の様なしゃらりとした輝音が好きなんだ 第37回音の貝合わせ

c0002171_159344.jpg

This Mosque Might Look Ordinary From Outside, But It Will Make Your Jaw Drop Once You Enter It


私の夢の一つがイランでのモスクめぐりでして。
イスファハーンのイマーム広場や”ばらのモスク”と呼ばれるナスィーロル・モルク・モスクと並び、いつかいってみたいのがこのシャー・チェラーグ廟、異教徒は基本的には入れなけれど門番に頼むといけることもあるそうで、一生に一度でいいからまなこに映したいものです。この輝き、素晴らしい。

輝きというと私はしゃらりと玲瓏に響く輝音が好きでして。金属の高い鳴りというか。なんと伝えればいいのか。こんな感じの音です。

Mandala - Pitha'ta (1976)


どうでしょうか?良きないですか?
この『Mandala』というバンド、Youtubeでみつけたのですが、アルバム全編も上がっていて。動画の解説を読むと投稿者の人がつくったバンドっぽいという。レベル高い!

こんな感じの音って結構アルバムの冒頭に配置されることが多くて。
サンタナの『Abraxas』の此の曲も好きです。

Singing Winds, Crying Beasts ~ Santana


段々傾向が見えてきたと想うのですが、ちょっと経路の違ったこんな楽曲にも同じ質感があると感じて。

Ø - Atomit


四月に逝ってしまったPan Sonicの片割れとしても活動したフィンランド人アーティストのMika VainioがØ名義で発表したこの楽曲。極致という言葉がぴったりな、研ぎ澄まされた音像が大好きな一曲です。

ここからTeebsShlohmo, あるいはANIMAL COLLECTIVEに流れてもいいかもしれないですが、よりコアな玲音を想うと、やはりブラジル音楽がいいかなと。

Carioca - 7 Dias 7 Instrumentos Música (1984) - Completo/Full Album

その名の通りリオデジャネイロ出身のギター奏者CariocaことRonaldo L. FreitasがEgberto GismontiのレーベルCarmoからリリースした逸品。これホント最高で。このアルバムはCDでも入手可能です。Carmoレーベルの作品たちはいつかコンプしたい。

Marco Bosco / METALMADEIRA


Marco Bosco - Fragmentos da Casa


この2枚の内、後者のアルバムはやはりCarmoレーベルから出た作品で、Marcoさんは90年代に日本に住んでいたりもしていたようです。

この繊細かつRhythmが跳ねる感覚、堪らないものがあります。
『METALMADEIRA』はアーモンドミルクと掛け合わせる企画を酒と小皿と音楽婚礼の八回目でやったことがありました。

さて、玲瓏な輝音特集も愈々最後のナンバー。上原ひろみとハープ奏者Edmar Castanedaの演奏を。

Hiromi Uehara Edmar Castaneda Kyiv 210517


このユニット、実はBlue Note Jazz Festival2017に出る予定で、大変楽しみにしていたのですがBNJFはドナルド・フェイゲンのキャンセルの為中止となってしまって。

残念でしたが、先日スッキリに出演しライヴを披露してくれたのを観て、Edmar Castanedaの情熱的でマッシヴなハープ演奏とそれに流麗で熱っぽい上原ひろみのピアノが共鳴するのを見ることが出来ました。「同じ言語の音楽をやってる」とのこと、いやー、改めて生で観たかった!

さて、書き綴りました。シャー・チェラーグ廟の様なしゃらりとした輝音特集、今後も取り上げたい楽曲が出来次第追記更新していければと思います。それでは。

cf.
ハープの原型ともいわれるアフリカの伝統楽器"コラ"で優美な朝を過ごしたい時に見るエントリ

by wavesll | 2017-09-28 02:01 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

雲の侘錆 ーCigarettes After Sex / Nothing's Gonna Hurt You Baby 第36回音の貝合わせ

c0002171_16585388.jpg


by wavesll | 2017-09-23 16:58 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Ivan Cattaneo / Uoaei X ヒエロニムス・ボス / 快楽の園 第35回音の貝合わせ

Uoaei ( album completo) - Ivan Cattaneo, 1975


c0002171_15254723.jpg


伊アーティスト、Ivan Cattaneoの処女作。
各曲の題名を翻訳すると
1. 処女&ヘビ 2. 断片 3. ダーリン 4.スピッツ&スペース 5.おとぎ話を超えて 6.ビッグバン 7.ゴムの道に 8.ココナッツの束または蝶の叫び 9.ダーリン2 10.火星からのトマト 11.味 12.昆虫ゲーム 13.子供は邪悪です 
と奇想が並び、そのサウンドはラテン・サウダージを香らせながら、土から生まれいずるファンタジーな響きとなっています。

これに重ねるはフランドルの奇想の画家、Hieronymus Boschの代表作、『快楽の園』

エイリアンによって創造されたかのような地球の姿。人間の営みが異想まで達する、未来視の様な奇妙なファンタジーを、Ivan Cattaneoのこの母音を冠したALが補助線となって、創造という営みが持つ幻惑性を顕わすように私は感じました。

快い楽しさと、一抹の不安、その非平衡世界の中でバランシングしながら、人間存在が土から宙へ延びていく、そんな様が、この二つの作品から感ぜられました。
by wavesll | 2017-09-16 15:43 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

秋晴れにExplosions In The Sky - All Of A Sudden I Miss Everyone 第34回音の貝合わせ

c0002171_19482921.jpg


Explosions In The Sky - All Of A Sudden I Miss Everyone ( Full Album )


夏季の最後の名残の九月晴れ、天高く、蒼穹に映える轟きが澄明な空を輝かす。宇宙の黒が透けるような藍空に、白光が爆ぜる。
by wavesll | 2017-09-14 19:55 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Cream - Wheels of Fire X Samuel Adams 第108回酒と小皿と音楽婚礼

Cream Wheels Of Fire Full Album 1968


c0002171_20215353.jpg「2017年なのに『クリームの素晴らしき世界』!?おいおいクラプトンが”多分、ギターは終わったんだろう”って言う時平線なんだぜ!?」って言われちまいそうですが、気に入ったんだから仕方ないw

Jimi Hendrix入門としての『Valleys of Neptune』の流れから1960年代末のHRのマイブームが来ていて。自分は結構時流に流される洋楽の聴き方を普段してるので、こうして何も流行りと関係ないリスニングってなんか嬉しくなったり。

メディアやレーベル、ショップが生み出す流行に乗るのも楽しいけれど、どっかそこに異分子というか、BombっとこういうRockを落すのも一興というか、Freedomで好ましい。なぁに、好きな理由付けは何とでも後付すればいいのですw

「全カタログへアクセスがフラットに行えるストリーミング時代ならではの事象」だのなんだの、いくらでも言いようがあります。でもそれよりも大事なのは”なんか良くね?”っていうこの心の動きでしょう◎

まぁ我ながらジミヘンやツェッペリンは今来てもわかるけどクリームは『何故今』感あったのですが、ロックの痛快なイナたい感じが心に馴染み、ギターが溜めがあってビブラート効かせる緩やかさが今のBPM感で響くというのはこじつけでしょうかw

さて、酒を。このAlbumに合わせたいのは燻し銀な果実味が好い全米最大のクラフトビール、サミュエルアダムス・ボストンラガー。この渋みがヴィンテージ・ロックによくマリアージュします。

柔らかいんだけどザラザラしていて、透か透かなんだけどドカドカ鳴っている。白黒映画の世界へ飛び込むような、明らかに過去なんだけど個人の体験としては新しい領域が、真新しい名画の投射のようにそこにありました。
by wavesll | 2017-09-13 20:38 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)