カテゴリ:映画( 61 )

MAD MAX BEYOND THUNDERDOME ー FURY ROADへの一里塚

c0002171_13223816.jpg

マッドマックス 怒りのデスロード4Dx@新宿TOHOシネマズ感想&1・2観た後の追記からMAD MAX FURY ROAD BLACK & CHROME at 川崎チネチッタ LIVE ZOUNDを経てどっぷりと嵌ってしまったMAD MAXワールド。

そんなMAD MAXの三作目、『MAD MAX BEYOND THUNDERDOME』がBSフジで放送されていて今回映画全作をみることができました。

何でも『迷作』とも言われていると聴いていた『サンダードーム』。
確かにみてみるとマックスのいた1作目から繋がる非SF世界からの世界観と、バーターシティの輩たちの2作目的なヒャッハーな世界観に加え、オアシスで原始共同体を営むキッズ達の世界観があるため、ちょっと主題がぼやけてしまった感がありました。

またアクションの見せ場もMAD MAXの代名詞ともいえるいかついカーアクションは終盤にあっさりめに出てくる感じで、中盤のサンダードームでの格闘がメインのアクションの見せ場で、新しいことを試そうという気概は感じるものの、迷作とまでいかないまでも、TVシリーズの異色回のような実験作であったと感じました。

ただ、この三作目、特に『怒りのデス・ロード』に嵌った人にとってはそのプロトタイプとしての面白味にあふれていて。

ウォーボーイの原型となるキャラがいたり、甚大な砂嵐が登場したり。『FURY ROAD』はフェミニズム的な感性で創られたという論がありますが、既にそれは今回のラスボスがティナ・ターナーが演じる女支配者であるという点に萌芽があるようにも感じました。

この映画でのTry & ErrorがArtと言えるまでに突き抜けた会心の『FURY ROAD』に繋がったのだと想うと感慨深くて。

『ウォーターワールド』や、或いは『猿の惑星』もそうですが、現代の神話としての異世界構築モノが近年好きで。

ヨアキム・トリアー『母の残像』のように淡々と迫りくる演技の洋画は好きなのですが、今の日本のドラマのように戯画的な演技の現代劇はどうにも嘘っぽく感じて。それならば世界ごと造りこまれたSFが寧ろ本物らしく感じられるのです。

この『MAD MAX』シリーズの面白い所は第一作では実社会をベースにしたドラマだったのに、そこから2で核戦争後のヒャッハーな世界へBeyondしたところ。『Thunderdome』から『Fury Road』の間には三冊のアメコミのストーリーがあり、最新作の『FURY ROAD』も三部作構想の一作目だとか。拡大するMAD MAXワールド、さらなる跳躍がこれから起きるのではないかと、今から未来が楽しみです。
by wavesll | 2017-10-12 19:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

forever friends | REMEDIOS

c0002171_1220291.jpg

DAOKO × 米津玄師『打上花火』も話題のアニメ映画、『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』のオリジナル実写、今までそのキャッチーな題名は良く聴いていたのですが、いざTSUTAYAで借りてみて50分のTVドラマだったと知りました。

夏休みの或る花火の日、少女と少年の思春期の儚い一日が描かれていました。

同級生のはずの奥菜恵と山崎裕太、そして少年グループの役者間には年齢差も感じさせられましたが、映像効果も相まって、御伽噺的な抒情性の強い物語となっていました。

あの年頃は女の子の方が精神年齢が高くて恋愛を意識する一方、小学生の少年は男同士でつるむ方が楽しかったり恋愛なんて恥ずかしいと想っていたなぁとか、1993年発表のドラマ内ではスーファミのスーパーマリオが遊ばれていたり、丁度自分と同世代でノスタルジーに襲われて。

敢えて言えばインターネットに汚染されていなかった頃の少年少女の世界。例えば「花火は横から見たら丸く見えるか平べったくみえるか」なんか今は検索すればすぐわかってしまいます。

さらに大きいのは、昔は少年・少女だけの世界があったけれども、今はネットで”大人”にすぐ触れてしまう。それも罵詈雑言や大人の汚い所にも。

勿論、今の子どもたちならではの、例えばYoutuberみたいな世界が今もあることは分かっていても、三十路としてはついつい”あの頃、良かったなー”と想ってしまうなぁと。

”少年の目からみた少女”があまりに鮮やかに描かれていて、今の視点からすれば”この少女の描き方はあまりに男のファンタジーに過ぎるな”と想ったり。勿論現実にこういう神秘的な女の子もいるかもしれないけれど、”こんな少女妄想じゃねか”とw

そして、男は異性と付き合うことでしか精神的に成長できない領域があるなぁと。女の人のライフサイズな強さ、弱さを知ってからみた感想は多分小学生の時にこのドラマを観ても想えなかっただろうと思います。

物語のエモーショナルな鮮やかさ。時を経てまた新たな輝きを放つFantasicな名作でした。50分のドラマでちょっと時間余る位のボリュームの物語をアニメで90分でどう調理したのか気になります。

またいつかの8月にレンタルして観てみようと思います。8/31のロスタイムに夏休みの残り香を嗅ぎました。
by wavesll | 2017-09-01 01:34 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ゆきゆきて、神軍

ゆきゆきて、神軍 予告編

『ゆきゆきて、神軍』をみました。受け止めきれない。ドキュメンタリー。元軍人が終戦の23日後に「戦死」したという兵士の死の真相を死に関わった元軍人に詰問する。終戦から40年目、それぞれの生活があって、公私の為に口をつぐんできた彼らを、粘り強く時に逸脱しながら追い詰める。逃げ出したくなる。

最初「敵前逃亡で銃殺」という話だったのが、「白人黒人の人肉を食べたことを口封じするために銃殺」という話になり、遂に「人肉として食べるために仲間の日本人兵士を殺して食べた」という真相を話させる。本当の瞬間の連続に、地獄を味わう。戦争は、人殺し人間性を失うのは、地獄。

問い詰める奥崎は、「和をもって尊しとする」からすれば狂人にみえます。空気が悪く成るどころじゃない、元軍人の家族の敵視の目、元軍人自身だって己の人生をもって口をつぐんできた傷口を抉る。それは「真実を後世に残して戦争の地獄を伝えるため」。彼は首謀者を殺そうとし映画の最後で発砲する。

「あいつ和を乱すから不愉快だ」、「大人しくなるのが利口」、「大人になって」。それを乗り越え問い詰めるのは狂気にも見え、そして暴力もふるい、実際狂っているかもしれない。それでも、そんな狂気の剣を奮ってでも戦争を止めることは、戦争の真実をむき出しにすることは…しかし戦争は、剥き出しの暴露が正当化される事象ではないか。

奥崎は犯罪者で、狂人かもしれない。だけど一部の理があって、それは命であって。賢く国際情勢とかを話す"ものわかりのいい知識人"は怜悧で麗しいかもしれないけれど、奥崎のような”異物”は社会にとって必要悪に感じました。人殺しの”普通の日本人”兵士の話す姿は、貴重な記録。

文章だと衝撃が薄いかもしれませんが、問い詰める修羅場の映像でみると本当に緊張が、本当の人生のストレスがあって。快い言葉、ストレスフリーなWebシステム、ヴァーチャルの世界でない。人間の体臭、脱臭されてない、昭和の、人間の体臭のあった日本人がフィルムに焼き付いていました。

奥崎を監督が観察する形で『ゆきゆきて、神軍』は進むのが、最低限の客観性がある点でした。これが奥崎自身が製作者だったら、完全に独りよがりのイッちゃってる映画になったと想います。あくまで冷静なカメラが事のなりゆきを捉えていました。

されど視るものも安全圏ではいられない映画。笑いでまぜっかえす芸人など勿論いない。仲間の人間を殺して食べたことを自白させられる元兵士の姿に胸が苦しくなったのは、自分自身が問い詰められて罪を認めさせられるような、自白を強要させられる対峙に感じたから。

私は戯言にあふれた、ゆるふわした日本が好きだから、ブルーハーツの言う「本当の瞬間」などなるだけ無い世界の方が快いと思うから、だからこそ多くの日本人が『ゆきゆきて、神軍』をみるといいと、ボンクラだからこそ想いました。

そしてボンクラ的に言うと、『ダイの剣を抜くとき』というか。人間、嫌われても、空気を乱しても、それでもやらなきゃいけないことがあって、スマートでない、狂った、病気といわれる人間かもしれないけれど、戦争っていうのはそれだけのものなのだという怨念ともいえる熱量が『ゆきゆきて、神軍』にはありました。

「今商売中だから、仕事してるんだから」と詰問から元兵士を家族が守ろうとしたのが印象的で。金儲けや”空気”を乗り越えるのは、今の日本だと狂気にも想える信念だけなのかもしれません。みんな嫌われたくないし。社会を潤滑に回し続けるのが是。

しかし「システムだから・ルールだから」そんな事を言わせない、本当の対決。これは日本の、現代の日本と言える時代のドキュメンタリー。戦争は何よりも”普通の人だった兵士”を不幸にする。「仕方ない、時代の流れだし、戦争になることもある」という坊ちゃんたちに『ゆきゆきて神軍』お薦めです。TSUTAYAで借りれます。

cf.
この世界の片隅にatユーロスペース

ちなみに『ゆきゆきて、神軍』もユーロスペースで公開され、3ヶ月は連日立見、単館で5400万円ほどの興行収入をあげる大ヒットとなったそうです。
by wavesll | 2017-08-15 21:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)

山村浩二 『右目と左目でみる夢』@渋谷ユーロスペース

c0002171_17364593.jpg


山村浩二 右目と左目でみる夢 “怪物学抄” 予告編


山村浩二 右目と左目でみる夢 “サティの「パラード」"予告編


数々の映画賞を総なめにした『頭山』で著名な山村浩二さんのアートアニメ短編集、『右目と左目でみる夢』を渋谷ユーロスペースでみてきました。

終映後真っ先な感想は”あー楽しかった!”

アートスタイルが埋没的でないから多様なヴァリエーションでも一貫性があって、それでいてきっちり“楽しい”のがいい。高尚だけど退屈なのとは違ってエンタメとしての分かり易さの匙加減がハオでした。

予告編が公開されている『怪物学抄』や『サティの「パラード」』もそうですが、音楽にも感性を感じるのが好い。ジブリなんかもそうですが、名作には名曲がありますから。

そして勿論映像が素晴らしい。アニメって実写と違って描いたものしか写らなくて。だから抽象表現でも面白味の意図が出やすくて、そこで如何に偶然的なファンタジーを達成するかが腕の見せ所なのでしょう。

石川九楊氏が『書は筆遣いの軌跡、書する姿が立ち上がる』と映像的な楽しみを話してくださっていたけれど、山村さんのアニメはまさに筆のアニマというか、描書の姿が立ち昇る感覚で。

線と線の"間"が絶妙。短編には古事記や俵屋宗達などを題材としたものも。温故知新というか、本当にユニバーサルな価値は時の流れに淘汰され残ったものに在るのかもしれません。

盆の時期、私には認知症の祖母がいるのですが、祖母の妹であるおばさんが昨年亡くなってしまって。眠る祖母を訪ねると、目を開けて「今妹と話しているから」。心霊といいますが、霊魂というのは心の現象として実在しているのではないかと想ったり。私も昔の知己が夢見に出ることがあります。

imaginationが, REMの事象としてでなく、目が覚めている状態でめくるめく映像体験。真っ暗な劇場は現と夢の間にある空間なのかもしれません。

すっくと立ったARTとしてのフィルムを大変愉しく拝見しました。
by wavesll | 2017-08-14 17:33 | 映画 | Trackback | Comments(0)

『Particle Fever』”神の粒子”の意味を伝える、ニュースの裏の真実を映したドキュメンタリー・フィルム

PARTICLE FEVER - Official Trailer (2014) HD


BSプレミアムで放送されたのをHDに録っておいてみなかったままだった映画『パーティクル・フィーバー』を漸く観ました。

ヒッグス粒子を確認したCERN(欧州原子核研究機構)のLHC(大型ハドロン衝突型加速器)での実験を通した数年に渡るドキュメンタリー。

コメンタリーによると、この映画を企画したのはCERNの科学者で、だからこそ完全協力によってその内幕が赤裸々に映されていました。

ともすれば変人、あるいはお堅い白衣の人々と想われがちな科学者。この映画ではCERNの人達が人間臭く、そして遊び心を持ちながら、しかし真摯にこのプロジェクトにチャレンジする姿が描かれていました。

ヒッグス粒子が発見されて、ノーベル賞を獲得したというニュースはみていたけれども、こうしてそれに関わった人々の姿を知ると、ただのニュースが実際的な物語として伝わります。

そして、人間ドラマというだけでなく、ヒッグス粒子発見がいかに人間の歴史の中で位置づけられるかの「意味」が描かれていたのが大きくて。

この世界を成り立たせる素粒子。まだ未発見の素粒子の中で存在が予見されていたヒッグス粒子が実在することを証明できたことは勿論それだけで偉大な業績なのですが、実はヒッグス粒子の「重さ」が重要で。

と、いうのも物理学者の中で、この宇宙の成り立ちについて、2つの大きな視座が近年唱えられていて、どちらが正しいかがヒッグス粒子の質量によって示されるだろう、ということがあったのです。

一つは「この世界は超対称性によって美しくデザインされている」という視座。これは重力、電磁力、弱い力、強い力の統一理論にもつながる物理学者が追い求める、「世界は何故こうなっているかにはワケがある、それを解き明かしたい」という視座。

もう一つは「宇宙自体が無数にあって、こうしたマルチバースの中で、この宇宙はたまたま成り立ったものにすぎない」という視座。これは宇宙定数の不可解さからも予測されるところですが、完全な偶然、完全なカオスを認めなければならないことになる視座です。

ホモ・サピエンスという種が宗教という大きな物語を得たのは太古の昔ですが、ニーチェが「神は死んだ」といってから数百年、今心の底から信じられる大きな物語は"科学"であろうと私は思います。

人間の愚かさは数千年前から大して変わらなくても、科学は進んできた。そして宇宙を解明してきました。それは云わば神の御業を解き明かしてきた軌跡ではないか、私はそう想うのです。

神は自然を美しく創ったはずである、こうした予見は多くの物理学者に通ずるドグマだと思います。しかし、もしマルチバースだとしたら、この宇宙は偶然こうなったにすぎず、幾らでも他の宇宙は成り立ち、物理法則ですら”絶対的なもの”ではなくなる。そしてヒッグス粒子の実験は、この試みを左右する実験だったのです。

ヒッグス粒子が115GeV(GeV=ギガ電子ボルト)だったら超対称性理論で予測されていた数値、逆に140GeVだったらマルチバース理論が予測する数値。

HLCでの実験で得られたデータ分析から、当初「140GeVの結果が出ている」との報が洩れ聴こえてきました。しかし段々データが集まってくるとそれは有意な結論ではないと判明してきて。

そして、いよいよ実験報告の場。そこで明らかにされたヒッグス粒子の質量は約125GeVとのことでした。"自然"は超対称性とマルチバース、どちらの道も明確には示さなかった。科学の徒の径は、いまだ未知の荒野を進んで行く。

LHCでの実験で、一度大規模な破損が出たり、人生をこれにかけたポスドク、また自分の人生を丸ごと捧げた理論が正しいかどうかが審判が下される教授たち、これらのドラマ、さらに上に述べたような宇宙全体の真理、人類存在の意味すらがこの"神の粒子"の実験にかかっていたとは…!全然知らなかった!

報道メディアは賤業というか、無関係者への見世物として心のない"客観的なニュース情報"を日々届けます。それは毎日毎日新しい情報を矢継ぎ早に出さなくてはいけない”News(新聞)”が抱える構造的な問題でもあります。しかしその数分のニュースの内実にはこんなにも重要なドラマがある。

それをこうして半ばインサイダーから届けられるドキュメンタリーが補完するのは素晴らしいなと想いました。アーカイヴとして意識した”作品”であることも大きくて。

これを流したBSプレミアムでは、副音声として東京大学数物連携宇宙研究機構の機構長の村山斉先生と東大物理同期のNHKプロデューサー井手真也の解説があって。"放送"でありながら録画(アーカイヴ化)を前提としたつくりは、ネットでオンデマンド配信もしているNHKならでは。

この映画は、現在はNHKでは配信されていませんが、Netflixで「粒子への熱い想い」というタイトルで配信されるようになったそうです。私はNetflixは契約していないので確認はしていないのですが、もし良ければ。

また英語のリスニングが出来る方はYoutubeにフィルムがまるまる上がっているので、是非是非どうぞ◎

Particle Fever (Documentary Filmz 2013)

by wavesll | 2017-08-10 21:28 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ヨアキム・トリアー『母の残像』 ペルソナが剥がれる"本当の瞬間"の家族の肖像

「母の残像」予告編


c0002171_5375750.jpg伊勢佐木町のジャック&ベティでヨアキム・トリアー監督による『母の残像』をみました。大変に心揺さぶられました。

交通事故で死んだ戦場写真家の母と、残された父兄弟の物語。この三人それぞれに私自身を観た思いで。『カルテット』『人間の値打ち』等、昨今の人間ドラマの傑作群にこの作品も連なると想います。

何しろ役者たちの演技が上手い。イザベル・ユペールのキャリア・ウーマン然とした不敵な笑み、ジェシー・アイゼンバーグの賢く好感度の良い青年然とした顔、そして何より名演だったデヴィン・ドイルドの"難しい年頃の少年"の顔。「まさにどんぴしゃの顔つきをしてる」と惚れ惚れしてました。

しかし劇の終盤“それらはペルソナだったのかも”と想って。ペルソナが剥がされた顔。何とも名付けられない、粗く素の顔。それが映されます。

そんなものはみせずに済むならそれでいいだろうし見せたくないものでしょう。少なくとも社会生活を送る上では。ある意味一番ギャップがなかったガブリエル・バーン演じる役者の父親は職務を引退していました。

単なる"本音"とも違うペルソナが剝がされた"本当の瞬間"、それが印象的で。

半ばぶっちゃけというか隠し事なく話をする父、彼とギクシャクする弟。私自身弟とは上手くコミュニケーションが取れない人間で、「こういう奴あるある」とみてました。

しかし、好きな女の子に長文の告白録を渡そうとしたりとか、自分に一種の靈力があると想ったりとかをみてると「こいつは俺でもあったのかもしれない」と想って。そういった意味では世渡りが上手そうな兄が一番遠いのかも。

そして、女の子が自分の中での崇高な存在でないことを受け容れて、エゴを押し付けるだけから相手とコミュニケーションの度量を持つ、男へのステップを上るシーンも良かった。女の子の側にも純な良さがあったのも。

失った人からの残像は、自分の心が生み出した共に生きる想像。仲違いした人を夢見することもあるなと想ったり。人が生きていく上で溜まっていく精神的な残骸たち。そういうものを人間ドラマはデフラグしてくれます。心をさらってくれる、素晴らしいフィルムでした。
by wavesll | 2017-04-17 05:38 | 映画 | Trackback | Comments(0)

LEGOムービー -レゴの楽しさとアウトプットの得意な人不得意な人双方向の理解の物語

The LEGO® Movie - Official Main Trailer [HD]


レゴランドのオープンに合わせて映画天国で流れた『LEGOムービー』。これがめちゃくちゃよくできていて。

主人公のノリとか、重苦しくなく終始みていて明るい感じがするとか、何より本物のレゴを使ったかのような映像などこどもが大好きになりそうな空気感に包まれながらも大人がみても面白い名作でした。

主人公はマニュアル人間で、作中で自由自在にレゴを組み立てるレゴの達人たちから「駄目な奴だ」とみられるのですが、その"普通の人間"という特性を生かしたハックで活躍します。

この映画はマニュアルに頼ってばかりの人間が自分の頭で考えられるようになるというドラマと、自在に活躍できている人達が自分たちがそれに驕っていることに気づき、普通の人の価値を尊ぶというドラマ、その双方向の理解が描かれているのが素晴らしく感じました。

どんな人たちも、生きる営みを積み重ねていて。すべての面ですべての人を凌駕している人はいなくて。個人個人それぞれでこの世界を航海している。ヒトは全知全能ではないからこそ、互いに貴ぶことができる。これは年を重ねるごとにその想いを感じます。

昨日の記事で「Webに何も書かずにROMるだけでフリーライドしてる人」についての複雑な気持ちを書きましたが、自己表現であったりアウトプットをしていない人でも、その内面には豊かな世界が広がっていることは自明で。逆に上手く話を引き出す技を習得出来たら私なんかは一皮むけるのになと常々想っているところです。

宮崎駿は作品として取り組むことにゴーを出すためには三つの条件がある、というようなことを言っていた。「それはつくられるべきものか」「それはつくるべきものか」「それは売れるか」という三つの問いにパスすることという言葉があったと聴いたことがありますが、この映画はまさにそういう感覚を与えてくれる『LEGOムービー』。


またレゴがメタ的にもレゴなところがいい。子どもも、かつて子どもだった大人も、そして大きなお友達も満足できる映画。これをみてちょっとレゴランドにも行ってみたくなりました◎

c0002171_8242495.jpg

by wavesll | 2017-04-13 06:11 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ウルトラお下劣映画『Pink Framingos』にドギモ抜かれた

c0002171_613017.jpg
友達に紹介されたカルトムーヴィー『ピンク・フラミンゴ』をみました。

こんなお下劣映画はじめてみたwだってあんな〇〇〇がパクパクするなんて…www草茫々不可避w

このマツコデラックスの原型みたいな人は実在のドラァグクイーンのディヴァイン。この映画は「世界一のお下劣人間」とされるディヴァインに嫉妬し「我こそが世界一のお下劣だ」という夫婦が殴り込みをかけるというもうここまで書いた時点で「ファーwww」な内容w

敵役の夫婦の小悪党感とディヴァインの大っぴらなイカレっぷりの対比が面白く。他者を僻む小物と違って真の変態は自分自身で誰も満足感を得ることができ、誰かを攻撃することもない、ある意味完全生物なのだなと想って感慨深かったです。ラストも歴史に残るシーンだったと想いますw

またコメンタリーも興味深くて。
この狂った映画が計算でつくられているというのが味わい深い…と想ってたら許可なしで町中でストリーキングを撮影したり壁に勝手に落書きしたり冬山でクルマを燃やしたりやっぱり頭沸いてましたw

どこか『エル・トポ』に通ずるものがあるなと想っていたら、同じ劇場でロングランしていたそう。
自分の直接の知り合いを役者に使ったり、ちょっとフリークスな感じがしたり。
本当にインディペンデントな映画によって変態性の中にパンクや野性の摂理を見出す稀有な経験をしましたw

cf.
エル・トポ感想(ネタバレほぼなし) ー真にインディペンデントな神的旅路


漲るイメージによるイニシエーション体験フィルム。アレハンドロ・ホドロフスキー『ホーリーマウンテン』
by wavesll | 2017-03-07 07:17 | 映画 | Trackback | Comments(0)

新海誠監督のユビキタスな映画表現のアニマ性

映画『言の葉の庭』予告編映像


雲のむこう、約束の場所 予告編 (The Place Promised in Our Early Days)


この数日は日本アカデミー賞からフジテレビで放送された『アナと雪の女王』まで、映画な週末でした。

中でも金曜の深夜にテレ朝で放映された『言の葉の庭』と土曜の昼にAbemaTVで放送された『雲のむこう、約束の場所』は印象深くて。

新海誠監督のフィルモグラフィーの時系列では『雲のむこう~』の方が先の作品で。
初恋、宮沢賢治的詩情、軍事SF、そして光や雲の風景表現。新海作品のエッセンスがあって面白かったです。

そこから時を重ね、表現が洗練された『言の葉の庭』は『君の名は。』の前作。
冒頭の雨水のアニメーションから真に美しい映像美が素晴らしくて。そして憂いを秘めた物語がまた非常にマッチした作品でした。時間も50分くらいで纏まっていて、非常に好みでした。

フィルムの流れを見ると、最初はヲタ的な色が濃かったものから、文芸作品の詩情まで匂いを変え、そして『君の名は。』では憂いからポジティヴへとメタモルフォーゼし国民的大ヒットを創る。新海監督は地力と野心があるなぁと想います。

そして興味深いのは、飛行機でみた『君の名は』も面白かったし、AbemaTVをPCでみても素晴らしさが伝わる、新海作品は画面を選ばない点。

日本アカデミー賞で『シン・ゴジラ』の映像流れていましたが、TVでみても全然わくわくしない。映画館のサイズだからこそのあの血沸き肉踊る昂りと恐怖。『ゼロ・グラビティ』もそうですが、こういう映画は劇場でみてこそだととても想います。

一方で新海作品の魔法は主に映像の美しさからきている印象で、ストーリーは結構ベタというか、寧ろ現実的な理と色濃い感傷をヴィジュアルが魔術へ持っていくと感じるのですが、PCや飛行機の座席画面でみてもその魅力が損なわれない、ヴィジュアルの面白さが画面サイズを選ばないというのは凄い、物語と共に本当にアニマが発動していると感じます。

ヴィジュアルの凄さと音楽の素晴らしさというと『君の名は。』は『アナ雪』との関連で語られるところもあるかと想いますが、TV放映された『アナ雪』は"え?こんなものなのか?"という感じではありました。

確かに氷のCG表現の卓越さは魔法的な域へ達していて、『レリゴー』も改めていい歌だなぁとは想ったのですが、ターゲット層(女児)ではなかったというのと、やはりこの映画も劇場空間がなせる技が胆なのかもしれない、と。

勿論、そういう作品だからこそDVD待ちではなく映画館でみたくなると想いますし、実際最近は声出し上映や、MAD MAX 怒りのデス・ロード BLACK & CHROME at 川崎チネチッタ LIVE ZOUNDのような爆音上映など、劇場ならではのプロジェクトが実現されていて面白くなっています。私などはそういうのでないとあまり劇場では見ない人間だったり。

ただ、その上で新海作品の持つ"画面サイズを選ばない凄さ"は映画にさらなる革命を起こすのではないか、すぐに考え付くのはスマホメディアの国民的"映画"作品をこの人は創る最初の人なのではないか、なんて考えた週末でした。

c0002171_22342756.jpg

by wavesll | 2017-03-05 22:28 | 映画 | Trackback | Comments(0)

MAD MAX FURY ROAD BLACK & CHROME at 川崎チネチッタ LIVE ZOUND

c0002171_042859.jpg


川崎チネチッタにて『マッドマックス 怒りのデス・ロード BLACK&CHROME EDITION』を観てきました。

一昨年にオリジナル版を4DXでみてから、1,2をみて。すっかり『MAD MAX』シリーズ自体のファンになりながらも、『怒りのデス・ロード』の真価を理解しきれないまま見てしまったなという思いがありました。

刺激だけを求めて観たら案外"刺激"という面ではそこまでではなくて…さらにWebで解説を読み込むとこの映画は男と女についての洞察のある映画であるという。"あぁ、それを知った上で観たら深味をしれたのに…!!!"と想いながらも、2回目をせっかく見るなら立川でやってる爆音でみたい、しかし横浜から立川は遠い…。とこれまで2度目を観る機会がなかったのです。

そこに『BLACK&CHROME』。白黒でミラー監督自らが"これがBESTだ"というエディション。さらに川崎のチネチッタがLIVE ZOUNDという轟音上映をやってると聴き、さらにはその評判もいいと!これはみるしかないと馳せ参じたのでした。

LIVE ZOUND版MADMAX、神話、鋼鐵の神話。立川の極爆は体験してないから比較できないけれど4DXより全然良い!砂嵐の音の圧で揺れる!初見時は"ロック推しは今やる意味ではないかもしれない"と想ったのですが"ロック=旧来の男社会の象徴"だったと。最早ノイズの域にも達する轟音は音楽体験としても比類なき感覚刺激でした。

LIVE ZOUND、本編が始まる前のCM枠の時は"あれ??バランス悪いか?"と想ったのですが其の位ガツンと来る爆音がMAD MAXにはうってつけ!LIVE ZOUNDで音楽LIVE映画や爆音系のライヴヴューイングがあるなら絶対選びたい!

鋼鐵の神話と書いたのは車両と銃弾とガソリンと水の映画であり、AIやインターネットな“ヴァーチャルな魔法”がないことで寧ろ神話性を強烈に高めている。"魔術なき神話"というのが現代ならでは。さらに白黒になったことで異次元感が増し、“ありえない名画”となっていました。

男と女、男が造る社会と女が造る社会。男の社会の中の女と、女の社会の中の男。汚い處も綺麗な處も描き切ったプロットは見事。その上でBoy meets Girlが"社会システムのもたらす幻想"への狂信から目覚めさせるのが美しかった。恋愛は日常に対して垂直に立つといったのは中島らもだったか。

アクションシーンが早回しみたいな速さだったり、モノクロで瞳輝が増してたり、ワイヴスが銃弾を詰めるシーンにバトルロワイヤル、ラストシーンの"新たな救世主"にナウシカ漫画版を想ったり。

そしてBLACK&CHROME最大のポイントはEDテーマ。絶対これでなくては。革命を遂げた時は“造り、治めることへの畏れ”が鳴らないと。最高のMAD MAX FURY ROAD体験でした。

c0002171_0393183.jpg

by wavesll | 2017-01-24 00:38 | 映画 | Trackback | Comments(0)