カテゴリ:旅( 113 )

ウユニ旅行記 3日目 UYUNIの町景、鏡雲、夕輝、宙星

1日目・2日目 南米の空 成田→LA→リマ→フリアカ→ラパス
c0002171_8103866.jpg

ボリビア旅行記、いよいよ今日は本丸、ウユニ塩湖入りです◎

世界で一番高い標高にあるラパスの空港を出発、ウユニを目指す。
c0002171_5584042.jpg
c0002171_559421.jpg
c0002171_5592656.jpg
c0002171_604147.jpg
c0002171_61358.jpg


ウユニ着。町ぶら。
c0002171_65953.jpg
c0002171_673547.jpg
c0002171_675466.jpg
c0002171_681415.jpg


公園のバカデカい滑り台で遊んだりした。
c0002171_612013.jpg
c0002171_6121891.jpg


町の中心、時計塔
c0002171_613660.jpg
c0002171_6132491.jpg
c0002171_615685.jpg
c0002171_6152666.jpg


市場へ。市場の中は撮影NG, ボリビアの人たちは写真を撮られるのを快く思ってないらしい。山の人々らしいなと想った。
c0002171_6171131.jpg
c0002171_6173011.jpg


c0002171_619752.jpg
c0002171_6192498.jpg


鉄道の駅。ラパス方面にオルーロというカーニバルで有名な街まで続いている。
c0002171_6235134.jpg
c0002171_6241029.jpg
c0002171_6242919.jpg


列車の墓場へ。打ち捨てられた車両の上に観光客達がよじ登ったり。ちょっとMADMAXっぽい光景w
c0002171_6261364.jpg
c0002171_629327.jpg
c0002171_6301164.jpg
c0002171_6303090.jpg
c0002171_6304160.jpg
c0002171_6321655.jpg
c0002171_6323221.jpg


指が写り込んでしまったw
c0002171_6332353.jpg
c0002171_6333446.jpg


ビクーニャがいた。この動物からはとてもいい毛織物がつくれるそう。
c0002171_6345728.jpg
c0002171_6351573.jpg


塩工場へ。"工場"というからどんなものだろうと想ったらかなりの手工業だった。
食品としての塩も勿論作るし、ブロックの塩は建築に使ったりするそう。塩250g10袋を3ドルで購入。
c0002171_639255.jpg
c0002171_6391460.jpg
c0002171_6393087.jpg
c0002171_6395131.jpg


塩工場の処には売店通りも
c0002171_6414396.jpg


塩のホテル着。塩で柱や天井がつくられている。全部塩かと想ったらウッドなんかも使っていた。洒落たつくり。
c0002171_643675.jpg
c0002171_643223.jpg


昼はバイキング。ボリビアはメシマズ情報があったがそこそこ食える。特にキヌアが意外と美味かった。
c0002171_644297.jpg


塩のホテルの屋根
c0002171_6452759.jpg
c0002171_645443.jpg


さぁ、長靴を履いて愈々塩原へ!
c0002171_6464438.jpg
c0002171_647165.jpg


いきなりじゃぶっと入水!"こんな深いのか!?"と想ったら少し走ると水が干上がり、一面雪原のような白、白!
c0002171_6484313.jpg
c0002171_6485847.jpg
c0002171_6491723.jpg
c0002171_6493419.jpg
c0002171_6502856.jpg
c0002171_6504065.jpg
c0002171_650529.jpg
c0002171_651678.jpg


塩湖に空が映ってる。数日前に雨が降って、その上で晴れたからこそ見れる風景
c0002171_6524715.jpg
c0002171_653217.jpg
c0002171_6531772.jpg
c0002171_6534012.jpg
c0002171_655495.jpg
c0002171_6551558.jpg
c0002171_6552851.jpg


来てしまった…ウユニ!
c0002171_6561113.jpg
c0002171_6573776.jpg
c0002171_6574880.jpg
c0002171_658275.jpg


塩の地面はこんな感じ
c0002171_658281.jpg


c0002171_6591429.jpg
c0002171_6592829.jpg
c0002171_6594793.jpg


やー、こんな写真も参加してしまったw
c0002171_702561.jpg


夥しく撮っちまいましたw
c0002171_715123.jpg
c0002171_72484.jpg
c0002171_721617.jpg
c0002171_801655.jpg
c0002171_723095.jpg
c0002171_73434.jpg
c0002171_731549.jpg
c0002171_732657.jpg
c0002171_73393.jpg
c0002171_741741.jpg
c0002171_743377.jpg
c0002171_745747.jpg
c0002171_751070.jpg
c0002171_795617.jpg


カメラの加減でファビュラスな太陽が撮れた。
c0002171_7103269.jpg


c0002171_710466.jpg
c0002171_7105646.jpg


塩のホテルへ帰路。
c0002171_7121715.jpg
c0002171_7122638.jpg
c0002171_7123833.jpg
c0002171_7125318.jpg
c0002171_723610.jpg
c0002171_7231882.jpg


塩のホテルにて夕焼け鑑賞までしばし休憩。写真は部屋の天井。屋根が塩。
c0002171_7241629.jpg


ペルーとボリビアで時差が1時間あるのにスマホも電波時計も対応してなくて寝過ごしかける。がなんとか夕陽にヴューポイントに着くのに間に合う。良かったー><
c0002171_726083.jpg


輝きを増しながら暮れ行くウユニ
c0002171_727756.jpg
c0002171_7272897.jpg
c0002171_7274381.jpg
c0002171_7275310.jpg
c0002171_7282550.jpg
c0002171_7283722.jpg
c0002171_7285269.jpg
c0002171_729144.jpg
c0002171_731041.jpg
c0002171_7313991.jpg
c0002171_7312144.jpg
c0002171_732945.jpg
c0002171_733875.jpg
c0002171_7332595.jpg


Twilight
c0002171_7335757.jpg
c0002171_7352417.jpg
c0002171_7361723.jpg
c0002171_7362914.jpg
c0002171_7364079.jpg
c0002171_7365492.jpg
c0002171_738165.jpg
c0002171_738276.jpg
c0002171_738433.jpg


現地ガイドとドライバーのおっちゃん達が赤ワインを用意してくれた。これは嬉しいなー。こんな贅沢はウルルでシャンパン飲んで以来。
c0002171_7412398.jpg


昼のウユニも凄かったけど、夕暮れのウユニは桃源郷を越えて、何か超自然的な生き物が身を輝かせているようにも感じて。今までみた景色で一番美しい瞬間の一つだった。
c0002171_7443930.jpg
c0002171_744541.jpg
c0002171_745663.jpg
c0002171_7452465.jpg
c0002171_7482427.jpg
c0002171_7483930.jpg
c0002171_749520.jpg


ウユニに陽が沈んでく時、七尾旅人 / サーカスナイトの“魔法が解けていく”って詞がふわっと出て。解けていく瞬間が一番めくるめくのかもしれないと想った。
c0002171_751668.jpg
c0002171_7515492.jpg
c0002171_752681.jpg
c0002171_752202.jpg
c0002171_7523579.jpg
c0002171_7532565.jpg
c0002171_7533646.jpg
c0002171_11321673.jpg
c0002171_7534920.jpg
c0002171_75401.jpg
c0002171_7542295.jpg


夜の帳がおりてゆく
c0002171_756158.jpg
c0002171_7561341.jpg
c0002171_756274.jpg
c0002171_7563914.jpg
c0002171_757577.jpg
c0002171_7581251.jpg
c0002171_7582862.jpg
c0002171_7584476.jpg

そして夜、満天の星空。
本当にミルクを流したような天の川。360°に広がる星空に、古代の人たちが宇宙を天球にみたのを得心。
さらに水面に宇宙が映り、球形の星界が広がっていた。
c0002171_09162470.jpg
c0002171_09170406.jpg

夢のような景色に感動だった。今夜は塩のホテルに泊まり、明日もウユニ散策。

4日目 パステルな暁・ウユニ塩原探索・塩のホテル
5日目 ラパス 海を探すとき
6日目・最終日 リマの太平洋、『人間の値打ち』
by wavesll | 2017-03-26 09:20 | | Trackback | Comments(0)

ウユニ旅行記 1日目・2日目 南米の空 成田→LA→リマ→フリアカ→ラパス

c0002171_10321810.jpg

ボリビア/ペルー旅行に行って参りました!

これからちょこちょこ旅記を綴りたいと存じます。上の写真はペルーのフリアカという街の空港から陸路でボリビアへ向かう際にみた青空。”これが南米の空か”と心動かされました。

La La Land (2016 Movie) Official Trailer – 'Dreamers'


『LA LA LAND』をみながら到着したLAのイミグレーションが時間かかりすぎて危うく乗れないところだった。手荷物検査の黒人係員が俺のフィッシュマンズTに書いてある“I'm Fish”をみて“こいつクレイジーだぜ”と一言。海外でバンドTは気をつけねば。

その『LA LA LAND』。スクリーン向きの映画かも。飛行機の画面ではそこまで感動はせず。LA、スクリーンの向こう側の街の内幕の泥臭いとこ描いてたのはよかった。

渋谷や新橋だとTVの取材クルーがいて、ある意味スクリーンの向こう側を歩くことになるのだけれど、そのダイヤモンド効果の向こう側は案外"日常"で。

何度もオーディションに挑戦したり、弾きたくない曲を金のために弾いたり。"夢の舞台"の裏の色褪せ方に共鳴して。

菊地さんが気に入らないのは、まぁわかる感じ。でもそのダサさがこの物語の肝だろうと。

逆にその後で観た『逃げ恥』は、メディアが熱狂を巻き起こして二人が国民的カップルになっていく感じがLA LA LANDよりララランドしてた気がした。

LAのイミグレーション待ちの列で前の台湾の学生と話す。日本の統治の話も出て。こういう時自分が“日本人”としてみられるんだなーと想。横須賀にて軍艦をみてきたそう。台北、北投温泉の図書館はクールだと話をした。トランジットで焦ってて、スタッフに呼ばれガッと会話を打ち切ってしまったのが心残り。旅の縁っぽくはあった。

c0002171_10503453.jpg
c0002171_10533398.jpg
c0002171_10534864.jpg


LAで乗ったLANTAM航空の機内では中南米の音楽も充実していて。Spinetta / Obras Cumbres、名盤だった。またCamila SilvaのALも素晴らしかった。ペルーのビール飲みながら楽しんだ。

ほぼ24時間近くかけて深夜にリマ着。この日は空港から徒歩で数分のホテルで就寝。

数時間の睡眠で起床。モーニングはバイキング。ペルーは飯が美味いイメージあったけれど機内食の辺りから自分で塩とか調整する感じだった。びっくりしたのが"シュガーフリージュース"。なんと全然味がしないwこれはなかなかにコアな食品だったw
c0002171_18392979.jpg


朝一番にリマから国内線に乗りフリアカという街へ。ここからバスでボリビアへ向かう。
c0002171_10585898.jpg


この空、アンドレス・ベエウサエルトのジャケのよう。南米に来たんだなぁ、俺。(バスの窓のおかげでちょっと青黒く空が写っています。)
c0002171_111051.jpg
c0002171_1112141.jpg
c0002171_1114050.jpg


落書きしてある建物や壁が多い。このKEIKOというのは恐らくフジモリ大統領の娘で大統領選に出たケイコさんを指すのだろう。かなりそこら中に在った。
c0002171_113396.jpg


フリアカからの道では三輪トラックを大量に見かけた。愛すべきフォルム且つカッコイイ感じ。
c0002171_1172231.jpg
c0002171_1173154.jpg
c0002171_1174451.jpg
c0002171_1175779.jpg


町を抜けていく。
c0002171_11141520.jpg
c0002171_11142532.jpg
c0002171_11143783.jpg
c0002171_11144991.jpg
c0002171_11164672.jpg
c0002171_1117112.jpg
c0002171_11172980.jpg
c0002171_11175352.jpg
c0002171_11191685.jpg
c0002171_11193178.jpg
c0002171_11194411.jpg


真っ青に抜ける空をたっぷりと。
c0002171_11212421.jpg
c0002171_11213647.jpg
c0002171_11214940.jpg
c0002171_11223100.jpg
c0002171_1123566.jpg
c0002171_11235180.jpg
c0002171_11241332.jpg
c0002171_112425100.jpg
c0002171_11251135.jpg
c0002171_11253610.jpg
c0002171_11254968.jpg
c0002171_1126297.jpg
c0002171_11264826.jpg
c0002171_1126591.jpg
c0002171_11271172.jpg
c0002171_11272289.jpg


郊外へ行くとレンガ造りの建物たちが。どこか馴染みがあると想ったら四川旅行でもこういう感じあったなと。やはり政治系グラフィティが多い。PKKというのはきゃりーぱみゅぱみゅっぽいけれどケイコ・フジモリの対抗馬で現在の大統領の略称とのこと。
c0002171_1128264.jpg
c0002171_11284341.jpg
c0002171_11285771.jpg
c0002171_11292655.jpg
c0002171_11382616.jpg


ティティカカ湖がみえてきた。ティティはピューマ、カカは岩の意味。琵琶湖の十倍の湖が3800m越えにあるとは。軽い高山病をコカキャンディーで緩めて、ツアーにライドオンだが旅っぽくなってきた。
c0002171_11363898.jpg
c0002171_11365224.jpg
c0002171_11371197.jpg
c0002171_11372529.jpg
c0002171_11385556.jpg
c0002171_1139425.jpg
c0002171_11393852.jpg
c0002171_11395433.jpg
c0002171_11405150.jpg
c0002171_11412735.jpg
c0002171_11414589.jpg


畑仕事をしていたり休憩しているペルーの人たちが美しかった。走行する車内からは中々撮れなかったけれど、特に女性たちの原色の服装が素晴らしい。帽子もお洒落だった。
c0002171_11415972.jpg
c0002171_11462787.jpg
c0002171_11453729.jpg
c0002171_114734.jpg
c0002171_11471437.jpg
c0002171_11475645.jpg
c0002171_11481447.jpg
c0002171_1149054.jpg
c0002171_11491375.jpg
c0002171_11501397.jpg
c0002171_11502686.jpg
c0002171_11503674.jpg
c0002171_11512348.jpg
c0002171_11523884.jpg
c0002171_11525364.jpg


現地ガイドのおじさんに"Muy Bien (Very Good)"、"Que Linda (What a Beautiful)"というと"Amigo"といってくれた◎
c0002171_11531155.jpg


羊がよく放牧されていて。全然動かなくて、石か何かのオブジェの様な質感だった。
c0002171_1155720.jpg


スピネッタや、ジスモンチとかのあの複雑でロックしてるのに爽やかな風が根底にあるのは、南米の大地が為せる技なのかもしれない。
c0002171_1155253.jpg
c0002171_11554127.jpg
c0002171_11555359.jpg
c0002171_120888.jpg
c0002171_120196.jpg
c0002171_1204095.jpg
c0002171_1205176.jpg
c0002171_1212247.jpg
c0002171_1213391.jpg


ペルー・ボリビア国境の町へ。ペルーからボリビアに移ると一気に人々の服装の色が落ち着く感じ。この日は出店市場が開かれていた。
c0002171_1252075.jpg
c0002171_1252980.jpg
c0002171_1254197.jpg
c0002171_12551100.jpg
c0002171_1263290.jpg


途中の丘で天体観測。満天の星空!あんな夜空人生で初めてだった!南十字星も天の川もはっきりと!スマホじゃ写せなかったけど掛け替えのない体験だった。
c0002171_1210516.jpg


ラパス着。4000mでのトイレ休憩はなかなかにきつく、臭いもMalo Baño (Bad Toilet)だった。ここボリビアではトイレを利用するのに料金がかかるのが多い。大体1ボリビアーノ。
c0002171_12114710.jpg
c0002171_12115498.jpg


ラパスは坂の街。上の方は4000m越えだけれども、本日泊まるのは下の方の高級住宅街にあるホテル。ウェルカムドリンクを飲み、早々に就寝。明日のモーニングコールは4:15。飛行機でいよいよウユニへ。愉しみだ!
c0002171_12142444.jpg


3日目 UYUNIの町、鏡雲、夕陽、宙星
4日目 パステルな暁・ウユニ塩原探索・塩のホテル
5日目 ラパス 海を探すとき
6日目・最終日 リマの太平洋、『人間の値打ち』
by wavesll | 2017-03-25 18:40 | | Trackback | Comments(0)

台湾年の瀬

25日夕に羽田を発ち27日夕まで台湾へ行っていました。
台湾は数年前に行ったのが初めてで、今回は二度目。前回は台北→花蓮→高尾→台北と回ったのですが、今回は台北に二泊三日で行ってきました。
c0002171_172887.jpg

今年は一月の香港を初め、三月の秩父小旅行、四月の吉野山桜、八月の四川・九塞溝/黄龍、九月の愛知旅、十月の熊野古道奈良・正倉院展と、私の人生でもこんなに旅尽くしだった年は中々ないという位の年で。身の丈を越える運だなと想いながらもこの年の瀬にひょんなことから台湾へ赴いたのでした。



機内でみた『君の名は。』、少年少女過ぎて序盤はノリ切れなかったけれども最後は涙ぐんでしまった。新海さんらしいうじうじも思ってたより入ってた。ただ新海さんの作品の女の人は、ほんとに男からみた女の人。俺は男だからめっちゃ分かるけど。思春期の頃みてた女の人の感覚がフィルムに焼き付いてる。

松山機場からみた光景。遠くに101がみえる。
c0002171_1192059.jpg


MRT(電車)の駅には公共の図書館スペースも。洒落てる。
c0002171_121938.jpg
c0002171_1212994.jpg


大戸屋、はま寿司、MUJIにユニクロ、セブンにファミマにフォルクス吉野家はてまたスクールIEまであるw台北アリーナはでかかった。こちらは夏の様な陽気なのに台北の人達は冬の装いだから、ロシアから東京に来た人みたいな気分だw
c0002171_1223972.jpg
c0002171_1224741.jpg
c0002171_1225539.jpg


ホテルに荷物を置いて夜道を歩く。まだ知らぬ街区を歩くのはいとをかし。
c0002171_1243656.jpg
c0002171_1245777.jpg
c0002171_125546.jpg
c0002171_1251793.jpg
c0002171_1281051.jpg


マンホール探訪@台北
c0002171_127542.jpg


カレーおでんのポスター。何でもマカオなんかでも人気だと聴いた。
c0002171_12985.jpg


ホテルの近くの夜市。前回は大きな夜市しか行かなかったけどこういう夜市は地元サイズって感じで好い◎
c0002171_1312371.jpg
c0002171_1313134.jpg
c0002171_1314774.jpg
c0002171_1315784.jpg
c0002171_132511.jpg


台北では赤モス
c0002171_1325170.jpg


一日目はもうこれくらいでベッドへ。台湾行きを決めるまでは旅に出る意義自体にも靄々もあったのだけれども、海外に来ると本当に気持ちが軽くなる。日本を覆う重苦しさから解き放たれるというか。恐らくは日常の営みの負荷が大きな割合なのだろうけど、高齢化と放射能と経済問題と地震、結構ヘヴィだもんなぁ。日本は。

翌朝。昨日の夜市の通りの屋台で担仔麺。優しい味。
c0002171_1385941.jpg
c0002171_139614.jpg
c0002171_139135.jpg
c0002171_139193.jpg


MRTを乗り継いで北へ。
c0002171_140281.jpg


!?
c0002171_1404381.jpg

MRT車内のヴィジョンにもアイツがw
c0002171_1411959.jpg


一時間程MRTに乗って島の最北部にある町、淡水へ。
景勝地なのだけれども、思った以上に煙っていて。中国から来たPM2.5だろうか???正直ちょっときついものあった。街自体は綺麗な場所だけに><
c0002171_1454612.jpg
c0002171_1455455.jpg
c0002171_146211.jpg
c0002171_1461085.jpg
c0002171_1461742.jpg
c0002171_1462452.jpg
c0002171_1473355.jpg


マンホール探訪@淡水
c0002171_147156.jpg


こういう公共物にペインティングされてるの、いいなー!
c0002171_148978.jpg


街のちょいカオスな感じがAsiaの畝りを感じて好きだ。GIANTの店舗を結構見掛けるなと想ったら台湾の会社だったんだね、GIANT。
c0002171_1502816.jpg
c0002171_1503495.jpg
c0002171_1504217.jpg


エレベーターは電梯、プラットホームは月台。
c0002171_1515615.jpg


MRTですぐの北投温泉へ。水着を買って露天風呂にも入りました。日差しも強くてちょい日焼けしたかも。気持ちえがったwお爺さんが湯船に浸かりながらしてた鼻歌も風流だった◎
c0002171_1534658.jpg
c0002171_154238.jpg
c0002171_1544259.jpg


物凄いお洒落な建造物があって、どんな高級ホテルかと想って覗いたら何と図書館!この台北市立図書館北投分館は世界で一番美しい図書館ともいわれているらしい。
c0002171_1555656.jpg


昼は牛肉麺。ほんとにやさっしい味。

c0002171_1582065.jpg


北投駅のモニュメント。北投温泉の地区では北投石という宝石も採れて、放射線か何かで健康にもいいとか。
c0002171_21276.jpg


台湾でも人気なのだな。そういえばこの日はスマスマの最終回の日だった。
c0002171_21589.jpg


南京復興駅の辺りで見かけためちゃかっこいいポルシェ。
c0002171_232083.jpg


この旅の最大の目的地、九份へ向かおうと忠孝復興駅のそごうの辺りのバス停へ行くと、タクシーの運ちゃんに「200元でどうだ」と言われ、バスで行っても100元だからタクシーで200元はリーズナブルだと乗り込む。他のお客さんと共に九份へ爆走、というか、超爆走w1.4倍速みたいな感じでどんどん高速でクルマをすり抜けるw対向車線も走るwスリルがあったが、海外ではこんな感じもアリかなw

九份着。前回の台湾旅行でも来たけれど、今回の目当ては夜景。夜になるのを待つ。
物凄い人出で。日本人ぎっしりだったw
c0002171_210192.jpg
c0002171_2102859.jpg
c0002171_210383.jpg
c0002171_2104772.jpg


商売の神様のお寺。ここ空いてたけど、中々に見ものな寺だった。台湾の寺ってオーラ迸ってて好きだ。
c0002171_2134135.jpg


これがうまかった。紅豆や緑豆、餅や果物が温かく、かき氷の上に乗っている。かき氷でなく温かいスープのヴァージョンもあった。
c0002171_2142683.jpg

この店。行列できてた。
c0002171_215994.jpg


そして九份の夕べ。
c0002171_2165255.jpg
c0002171_2165955.jpg
c0002171_217694.jpg
c0002171_217207.jpg
c0002171_2174235.jpg
c0002171_2182297.jpg
c0002171_2183027.jpg
c0002171_2183752.jpg
c0002171_2184576.jpg
c0002171_2192260.jpg
c0002171_2193048.jpg
c0002171_2194012.jpg
c0002171_2195037.jpg
c0002171_221232.jpg
c0002171_2214411.jpg
c0002171_2215550.jpg
c0002171_222477.jpg
c0002171_2231025.jpg
c0002171_2231859.jpg


アーケードの中では臭豆腐の店も。何度嗅いでもこの匂いは激烈で。これは正直きついなー、それでもそれを越えてくる魅力が台湾にはあるけれど。メルカドの賑わいはほんと凄かった。試飲した阿里山のお茶が美味かった◎
c0002171_2252781.jpg
c0002171_225361.jpg
c0002171_2264414.jpg
c0002171_2283935.jpg


帰りはバスで。凄い行列だけれどもどんどん捌けていくからそこまで待たなかった。
バスの窓から檳榔のネオンサインや中規模な夜市、OKというコンビニを眺めました。行きの爆走Taxiは1時間もかからなかったけれどバスでは100分くらいはかかったかな。
c0002171_2381341.jpg
c0002171_2382422.jpg
c0002171_2384033.jpg


MRTで士林駅へ。やっぱ行くでしょ、士林夜市は^^
c0002171_242776.jpg
c0002171_2421575.jpg
c0002171_2422421.jpg
c0002171_2423151.jpg
c0002171_2425298.jpg
c0002171_2425991.jpg
c0002171_243780.jpg
c0002171_2431538.jpg
c0002171_2442295.jpg


台湾の人は美味い店に並ぶと聴いて行列が出来てる店に並んだら九份のスイーツ屋で隣で食べてた子が並んでたwみな同じコースを行くのかとウケたwこの肉のソーセージを米のソーセージで巻いた奴、めっさ美味かった◎なんでも映画かなんかに取り上げられた店だとか。
c0002171_250493.jpg
c0002171_251452.jpg


ザリガニ釣りかな?
c0002171_2521254.jpg
c0002171_254335.jpg


地下の屋台街へ。がっつり喰ったw蛤炒めがめさめさ美味かった!
c0002171_254781.jpg
c0002171_255746.jpg
c0002171_2551699.jpg
c0002171_2552945.jpg
c0002171_2554272.jpg
c0002171_2555178.jpg


士林夜市には"日本で人気"という食べ物屋台も多かった。ゲーム屋台には路上2人麻雀も。市場を抜けると士林駅の隣駅に着いた。というかこの剣潭駅の方が士林市場に近い感じ。
c0002171_2573073.jpg
c0002171_2574779.jpg
c0002171_2575591.jpg
c0002171_258568.jpg
c0002171_2581635.jpg


ホテルへ帰路。MRTのロゴって営団ぽい。
c0002171_344048.jpg


伊達の薄着は俺もしたことがあったけど"伊達の厚着"というものがあることを年の瀬の台湾で知った。明らかに暑いのにダウンやファーで着飾る台北の人々。ファッションとはげにをかしきもの。でも流石に昼にもなると暑すぎてみんな薄着になってたのがまたをかし◎

最終日の朝飯はホテル傍の饅頭屋で。肉の饅頭も野菜と春雨の饅頭もめっちゃ美味い!しかも15元くらい。安!この日はとても肌寒くて。あったかい饅頭が嬉しかった。
c0002171_37120.jpg
c0002171_371044.jpg
c0002171_372253.jpg
c0002171_373092.jpg


MRTのチケットはコインで。RFIDでスイカみたいに使える。しかも回収されるからエコ。これはとても良いと思った。
c0002171_384793.jpg


佐々木希がいた
c0002171_3185241.jpg


台北101へ。
c0002171_3192917.jpg
c0002171_319375.jpg
c0002171_3194718.jpg
c0002171_3195598.jpg
c0002171_320361.jpg
c0002171_320127.jpg


開店30分前から並んで鼎泰豐。普通の小籠包は横浜店と同じだけど海老焼売と蟹小籠包が超美味!
c0002171_3214847.jpg
c0002171_3215711.jpg
c0002171_322635.jpg
c0002171_3221388.jpg
c0002171_3222051.jpg
c0002171_3222777.jpg


空港へ向かう直前にフットマッサージ。これがマジで効いて。結構痛かったのだけれどもその分老廃物の詰まりとか筋の凝りがほぐされたのだと想。終わった後の脚の軽さに吃驚◎
c0002171_3245588.jpg


飛行機の窓からみたウユニ塩湖の様な空。
c0002171_3261654.jpg



帰りの機内で観た『スーサイドスクワット』は、“詰めが甘すぎだし悪の快楽も描けてない”という指摘は分かるけど、あのあまっちょろさが不良っぽい気もした。チンピラの弱さというか子供っぽさというか。本当に怖いのは大人ですな。が、あの酒場のシーンはダサかった。ハーレイクインはえろかった。

c0002171_3354685.jpg
c0002171_3355331.jpg

台北→羽田と来て新宿タワレコのDOTAMAインストアライヴみてきたw
正直今朝101へ行ってた時はその気力はないかなーと想ってたけど足裏マッサージでかなり快復したから出来た芸当w

フリースタイル良かったなー!ヒップホップはアドリブが重要なのがジャズと共通すると菊地成孔も行っていたが、生はいいっすね!ライヴ前に音源流れてたけど、生だと言葉の刺さる強度が増す増す!

WOWOWぷらすとで宇野さんが日本の芸人界はアメリカのヒップホップみたいな西と東のトライブ感があると言っていたけれど、PPAPといい、岡崎体育といい、HIPHOPやPOPミュージシャンと芸人のネタはとてもマージナルなものになってきていて面白いと想。

横浜への帰り。東京の電車は驚くほど静寂で。台北の列車は婆さんがゲームを爆音で鳴らしたり、レズビアンカップルがめっちゃイチャイチャしたり、携帯通話は当然OKだし、相当にカオスで。それは空いてるのもあるのだろうけど、どちらかというと東京の方が車内環境は怖い感じがする。

“別の形でも成り立つ社会がある”ことを端的に知れるのは海外旅行の美点ですね。まぁ、海外に被れて汚点を見ずに礼賛しちゃそりゃアレですが。例えば台湾ってXmas当日が終わってもXmas気分が残ってたり。すぐに正月へ切り替わる日本と違うのは旧正月がメインだからかもしれません。

日本の店が大量にあるから台北と香港は東名阪福札に並ぶ同一文化圏感がありました。チャイ語勉強したくなった。中国語が分かると日本語の理解も相当に深まりそう。Asiaという広いエリアで視座を持てると西洋への向き合い方やアイデンティティの面でもまた腰が据わるかもしれない、"Altarnative"ってそういうことからも編まれるのかも、なんてことを想った年の瀬でした。
by wavesll | 2016-12-29 03:46 | | Trackback | Comments(0)

香港Photographs3 楚然の帰路日

香港Photographs1 琳琅の壱日目
香港Photographs2 宝璐の弐日目

2016年の初めにいった香港旅行、最終日は昼過ぎには空港へ向かったので、午前中の香港を。晴天が射して、これまでの二日間とはまた違った街が写されていました。

c0002171_18595464.jpg
c0002171_190335.jpg
c0002171_1901696.jpg
c0002171_1902817.jpg
c0002171_192018.jpg
c0002171_1923065.jpg
c0002171_1924461.jpg
c0002171_192523.jpg
c0002171_1944772.jpg
c0002171_195265.jpg
c0002171_195927.jpg
c0002171_1951889.jpg
c0002171_197348.jpg
c0002171_1972093.jpg
c0002171_1973075.jpg
c0002171_1973945.jpg
c0002171_1995835.jpg
c0002171_1910942.jpg
c0002171_19102092.jpg
c0002171_19103312.jpg
c0002171_19123895.jpg
c0002171_19124745.jpg
c0002171_19125985.jpg
c0002171_1913758.jpg
c0002171_19162593.jpg
c0002171_1917095.jpg
c0002171_19192954.jpg
c0002171_19193894.jpg
c0002171_1919468.jpg
c0002171_1919552.jpg
c0002171_19211420.jpg
c0002171_19212395.jpg
c0002171_19215356.jpg
c0002171_1922789.jpg
c0002171_19231137.jpg
c0002171_19231991.jpg
c0002171_19232812.jpg
c0002171_19233836.jpg
c0002171_19245516.jpg
c0002171_1925260.jpg
c0002171_1917960.jpg
c0002171_19172292.jpg
c0002171_19251030.jpg
c0002171_19251812.jpg
c0002171_19263513.jpg
c0002171_19264388.jpg
c0002171_19265050.jpg
c0002171_19265717.jpg
c0002171_1927523.jpg


最終日は1日目、2日目とエリアが重なるというか、結構ディープに研究しないと2泊3日だと香港は長いかもしれません。マカオに足を伸ばすのもありだと想います。朝粥を食べた店がとても美味しくて。香港では二日目の夜に激マズで接客も最低な店に当たってしまったので、レストランはかなり当たりはずれがある印象。次に香港に行くときは料理店はきっちりリサーチして行ってみたいです。

ちなみに朝粥の店で無料Wi-Fiがあり、何の気なしにTwitterに繋げたら繋がりました◎中国はTwitter等は遮断されていると想っていたので意外でした。四川旅行ではTwitterは勿論のこと日本のサイトも繋がらなかったので香港ならではの特例なのかも位知れません。

香港は東京のどの地区とも異なりながらも、どこか繋がっているというか、Asiaの国際都市として特にStreetの感覚が繋がっている気がしました。昔Nスペで沸騰都市という企画がありましたが、活力が沸き立つWorldwideな感覚を味わえたことは目が開いたというか、刺激を受けた旅行でした。
by wavesll | 2016-12-21 19:44 | | Trackback | Comments(0)

香港Photographs2 宝璐の弐日目

香港Photographs1 琳琅の壱日目
に続き、今年の年始に行った香港写真記。2日目はフェリーで香港島へ渡ったりしました。
c0002171_1564075.jpg


c0002171_1575226.jpg
c0002171_15806.jpg
c0002171_15883.jpg
c0002171_1581565.jpg
c0002171_1510046.jpg
c0002171_15101670.jpg
c0002171_15102555.jpg
c0002171_15103210.jpg
c0002171_1512884.jpg
c0002171_1512166.jpg
c0002171_1512276.jpg
c0002171_15123617.jpg
c0002171_15145477.jpg
c0002171_15165165.jpg
c0002171_1517168.jpg
c0002171_1517838.jpg
c0002171_15183359.jpg
c0002171_15184854.jpg
c0002171_15185773.jpg
c0002171_1519776.jpg
c0002171_15202518.jpg
c0002171_15203382.jpg
c0002171_15204420.jpg
c0002171_15205347.jpg
c0002171_15312588.jpg
c0002171_15313567.jpg
c0002171_15314563.jpg
c0002171_15322140.jpg
c0002171_1534674.jpg
c0002171_15344676.jpg
c0002171_15351093.jpg
c0002171_15352824.jpg
c0002171_15373696.jpg
c0002171_1537437.jpg
c0002171_15375180.jpg
c0002171_1538029.jpg
c0002171_15395022.jpg
c0002171_15395882.jpg
c0002171_154064.jpg
c0002171_15401521.jpg
c0002171_15411858.jpg
c0002171_15412548.jpg
c0002171_15413351.jpg
c0002171_15414179.jpg
c0002171_15432379.jpg
c0002171_15433132.jpg
c0002171_15434847.jpg
c0002171_15435648.jpg
c0002171_15454784.jpg
c0002171_15455542.jpg
c0002171_1546340.jpg
c0002171_15461238.jpg
c0002171_1547815.jpg
c0002171_1547178.jpg
c0002171_15472471.jpg
c0002171_15473243.jpg
c0002171_154921.jpg
c0002171_1549115.jpg
c0002171_15492178.jpg
c0002171_15501852.jpg
c0002171_15515923.jpg
c0002171_1552723.jpg
c0002171_15521542.jpg
c0002171_15522281.jpg
c0002171_15531422.jpg
c0002171_15532178.jpg
c0002171_15533015.jpg
c0002171_15533874.jpg
c0002171_15545041.jpg
c0002171_15545882.jpg
c0002171_1555628.jpg
c0002171_15551472.jpg
c0002171_15562155.jpg
c0002171_15562942.jpg
c0002171_15563753.jpg
c0002171_15564530.jpg
c0002171_15581084.jpg
c0002171_1558188.jpg
c0002171_15582769.jpg
c0002171_15583570.jpg
c0002171_1611896.jpg
c0002171_1613123.jpg
c0002171_1614325.jpg
c0002171_1615166.jpg
c0002171_163121.jpg
c0002171_1631841.jpg
c0002171_1635611.jpg
c0002171_16453.jpg
c0002171_1651469.jpg
c0002171_1652133.jpg
c0002171_1652937.jpg
c0002171_1653765.jpg
c0002171_169669.jpg
c0002171_1691510.jpg
c0002171_1692591.jpg
c0002171_1695242.jpg
c0002171_16115744.jpg
c0002171_1612974.jpg
c0002171_16122065.jpg
c0002171_16123752.jpg
c0002171_16201197.jpg
c0002171_16202767.jpg
c0002171_16203393.jpg
c0002171_16204228.jpg
c0002171_16231989.jpg
c0002171_16233269.jpg
c0002171_16234020.jpg
c0002171_16235247.jpg
c0002171_1626886.jpg
c0002171_16262087.jpg
c0002171_16262985.jpg
c0002171_16264276.jpg
c0002171_1631357.jpg
c0002171_16311167.jpg
c0002171_16312035.jpg
c0002171_16312893.jpg
c0002171_16334687.jpg
c0002171_1633555.jpg
c0002171_1634294.jpg
c0002171_1634108.jpg
c0002171_1635377.jpg
c0002171_16351130.jpg
c0002171_16351970.jpg
c0002171_1635275.jpg
c0002171_16373877.jpg
c0002171_16374731.jpg
c0002171_16375648.jpg
c0002171_1638475.jpg
c0002171_16394031.jpg
c0002171_16394821.jpg
c0002171_16395646.jpg
c0002171_16401243.jpg
c0002171_16411745.jpg
c0002171_16412562.jpg
c0002171_16413276.jpg
c0002171_16414163.jpg
c0002171_16463158.jpg
c0002171_16464239.jpg
c0002171_1646571.jpg
c0002171_16471184.jpg
c0002171_1649511.jpg
c0002171_16491822.jpg
c0002171_16492816.jpg
c0002171_16493668.jpg
c0002171_16543316.jpg
c0002171_16544556.jpg
c0002171_1655026.jpg
c0002171_16552755.jpg
c0002171_16591736.jpg
c0002171_16592545.jpg
c0002171_16593399.jpg
c0002171_16594254.jpg
c0002171_171261.jpg
c0002171_1724373.jpg
c0002171_1725135.jpg
c0002171_173384.jpg
c0002171_1752162.jpg
c0002171_1754420.jpg
c0002171_1755923.jpg
c0002171_1761084.jpg
c0002171_177572.jpg
c0002171_1771413.jpg
c0002171_1772620.jpg
c0002171_1773531.jpg
c0002171_1784984.jpg
c0002171_179121.jpg
c0002171_1791038.jpg
c0002171_1791822.jpg
c0002171_1795330.jpg
c0002171_1710576.jpg
c0002171_17101692.jpg
c0002171_17103116.jpg
c0002171_17121620.jpg
c0002171_17122413.jpg
c0002171_171231100.jpg
c0002171_17123929.jpg
c0002171_17133134.jpg
c0002171_17134216.jpg
c0002171_17135276.jpg
c0002171_1714378.jpg
c0002171_17144772.jpg
c0002171_17145581.jpg
c0002171_171578.jpg
c0002171_17151813.jpg
c0002171_17155585.jpg
c0002171_1716375.jpg
c0002171_17161315.jpg
c0002171_17162120.jpg
c0002171_17163870.jpg
c0002171_17164648.jpg
c0002171_17165919.jpg
c0002171_17171257.jpg
c0002171_1718935.jpg
c0002171_17182174.jpg
c0002171_1718405.jpg
c0002171_17185312.jpg
c0002171_17212656.jpg
c0002171_17213811.jpg
c0002171_17215664.jpg
c0002171_1722742.jpg
c0002171_17221775.jpg
c0002171_17222939.jpg


香港2日目のハイライトは園圃街雀鳥花園(バードガーデン)でした。
鳥たちの声にチャイ語の柔らかな響きがあわさって、とてもピースフルな空気があって。今度香港へ行くときはぜひフィールドレコーディングしてみたい。

またこの日は休日だったからか、歩道橋でピクニックする人たちも。ちょっとびっくりしましたがw
スニーカー街やペットショップ街の他、路上を彩るグラフィティーにも目を奪われました。

明日は最終日の様子をULできたらと想います◎

香港Photographs3 楚然の帰路日
by wavesll | 2016-12-20 19:24 | | Trackback | Comments(0)

香港Photographs1 琳琅の壱日目

睦月に実は香港へいっていました。
国際都市の喧騒は心地よく刺激的。High Energyな街の記憶で取り分け覚えているのは香港島の華々しい夜景を眺められる海辺で、夜釣りをしている人たち。光闇・静動が交叉する情景でした。
そんな香港旅を寫眞で想い起していこうと想います。
c0002171_16202364.jpg


c0002171_16302421.jpg
c0002171_16303248.jpg
c0002171_16304753.jpg
c0002171_16305581.jpg
c0002171_2033174.jpg
c0002171_2045024.jpg
c0002171_205627.jpg
c0002171_2052569.jpg
c0002171_16324771.jpg
c0002171_16325777.jpg
c0002171_163355.jpg
c0002171_16331352.jpg
c0002171_16342547.jpg
c0002171_16343388.jpg
c0002171_16344015.jpg
c0002171_16345123.jpg
c0002171_16361439.jpg
c0002171_16362160.jpg
c0002171_16363093.jpg
c0002171_16363980.jpg
c0002171_16381257.jpg
c0002171_16382154.jpg
c0002171_16382886.jpg
c0002171_1638364.jpg
c0002171_16404240.jpg
c0002171_16405099.jpg
c0002171_16405775.jpg
c0002171_1641737.jpg
c0002171_16431372.jpg
c0002171_16432144.jpg
c0002171_16432841.jpg
c0002171_16433752.jpg
c0002171_16454730.jpg
c0002171_16455487.jpg
c0002171_1646480.jpg
c0002171_16461227.jpg
c0002171_16473928.jpg
c0002171_16474850.jpg
c0002171_16475660.jpg
c0002171_16481748.jpg
c0002171_16491122.jpg
c0002171_1649185.jpg
c0002171_1649268.jpg
c0002171_1649346.jpg
c0002171_16511850.jpg
c0002171_16512689.jpg
c0002171_16515085.jpg
c0002171_16515844.jpg
c0002171_1653036.jpg
c0002171_1653759.jpg
c0002171_16531610.jpg
c0002171_16533585.jpg
c0002171_16552163.jpg
c0002171_16552964.jpg
c0002171_16553613.jpg
c0002171_16554587.jpg
c0002171_16571634.jpg
c0002171_16574812.jpg
c0002171_1658747.jpg
c0002171_16581632.jpg
c0002171_16593857.jpg
c0002171_1701477.jpg
c0002171_170375.jpg
c0002171_1704777.jpg
c0002171_1721132.jpg
c0002171_1724232.jpg
c0002171_1725177.jpg
c0002171_172591.jpg
c0002171_1752058.jpg
c0002171_1752917.jpg
c0002171_1753821.jpg
c0002171_1754734.jpg
c0002171_177013.jpg
c0002171_177840.jpg
c0002171_1771787.jpg
c0002171_1772548.jpg
c0002171_1783778.jpg
c0002171_178459.jpg
c0002171_1785379.jpg
c0002171_179175.jpg
c0002171_17102170.jpg
c0002171_17102918.jpg
c0002171_17103858.jpg
c0002171_17105010.jpg
c0002171_1712225.jpg
c0002171_17121016.jpg
c0002171_1712199.jpg
c0002171_17122818.jpg
c0002171_17132619.jpg
c0002171_171333100.jpg
c0002171_17134163.jpg
c0002171_1714432.jpg
c0002171_1715062.jpg
c0002171_17152370.jpg
c0002171_17153287.jpg
c0002171_17161227.jpg
c0002171_17162093.jpg
c0002171_17164326.jpg
c0002171_17162859.jpg
c0002171_17264982.jpg
c0002171_17265674.jpg
c0002171_1727446.jpg
c0002171_17271265.jpg
c0002171_1727568.jpg
c0002171_17281337.jpg
c0002171_17282126.jpg
c0002171_1728296.jpg
c0002171_1729544.jpg
c0002171_1730576.jpg
c0002171_17303768.jpg
c0002171_17304697.jpg
c0002171_17321149.jpg
c0002171_17321830.jpg
c0002171_17322621.jpg
c0002171_17323468.jpg
c0002171_17332036.jpg
c0002171_17332859.jpg
c0002171_17333624.jpg
c0002171_17334497.jpg
c0002171_17373182.jpg
c0002171_17373927.jpg
c0002171_17381029.jpg
c0002171_1738192.jpg
c0002171_17504342.jpg
c0002171_17511910.jpg
c0002171_17513065.jpg
c0002171_17533956.jpg
c0002171_17534763.jpg
c0002171_17535731.jpg
c0002171_1754814.jpg
c0002171_17545790.jpg
c0002171_17551080.jpg
c0002171_17551841.jpg
c0002171_1755271.jpg
c0002171_17564572.jpg
c0002171_1756567.jpg
c0002171_1757717.jpg
c0002171_17573183.jpg
c0002171_17581737.jpg
c0002171_17582994.jpg
c0002171_17584054.jpg
c0002171_17594687.jpg
c0002171_1801344.jpg
c0002171_1802280.jpg
c0002171_1803128.jpg
c0002171_10382838.jpg
c0002171_10384079.jpg
c0002171_10385248.jpg
c0002171_1039349.jpg
c0002171_10391732.jpg
c0002171_10392999.jpg


香港、活気が燦燦と溢れる街でした。
香港、思った以上に日本のカルチャーでもあふれてましたね~。
夜食に喰べたカレーチャーハン、めちゃんまでした。

今こうして写真をULして思い出したのは香港の信号機の急き立てる音。

道行く人のチャイ語の喧騒も相まってこの街のヴァイタリティーをとても感じました。1/9に行ったはずだからもう壱年になるのか。光陰矢の如し。また明日も香港の玲瓏たるFoto記事を書きたいと想います。

香港Photographs2 宝璐の弐日目
by wavesll | 2016-12-19 19:32 | | Trackback | Comments(0)

Nara古代路 III. 橿原神宮、大阪、帰路

I. 正倉院展 at 奈良国立博物館
II. 東大寺、正倉院

神武天皇が祭られている橿原神宮に来ました。
c0002171_5523516.jpg

一応2600年続いてるとされる“日本”という物語の起点。一度来てみたかった。
c0002171_553881.jpg

c0002171_5532111.jpg

紀元2676年とな
c0002171_5535431.jpg

神武天皇御陵(畝傍山御陵)を望
c0002171_5552260.jpg

荘厳美
c0002171_555587.jpg

神武天皇御一代記御絵巻が飾ってありました。高千穂で生まれ橿原に没した神武天皇。その伝説をアレして『ダビンチ・コード』みたいなのをアレを…!と想ったら『鹿男あをによし』がありましたね。
c0002171_5562031.jpg
c0002171_5563279.jpg
c0002171_6011.jpg
c0002171_601060.jpg
c0002171_603072.jpg
c0002171_604275.jpg
c0002171_611019.jpg
c0002171_612240.jpg
c0002171_61406.jpg
c0002171_615959.jpg
c0002171_621255.jpg
c0002171_622413.jpg
c0002171_623598.jpg
c0002171_624780.jpg
c0002171_625846.jpg
c0002171_63966.jpg
c0002171_632249.jpg
c0002171_633425.jpg
c0002171_635167.jpg
c0002171_64336.jpg
c0002171_641496.jpg

白沙が光って綺麗だ。
c0002171_672446.jpg

猿。七五三の子どもたちが沢山いました。
c0002171_691457.jpg

いい時間でした。
c0002171_610491.jpg

「土産物屋の癖が強いby千鳥ノブ」と想ったら、古墳があるから埴輪推しなのか。
c0002171_6111063.jpg
c0002171_6105987.jpg

近鉄の窓から見る奈良の平野。白銀に光るススキ。古代を列車で旅しているような不思議な感覚。タイのPart Time Musiciansの歌でもかけたい。

Part Time Musicians - Vacation Time


近鉄車窓から。奈良の平原は海のような空間的開放感があり、大好きです。また来たいなぁ、奈良。
c0002171_6143977.jpg


SKYLINE at OSAKA
c0002171_615844.jpg


なんば着。大阪、渋谷と新宿と銀座と中野が入り交じるみたいなエナジー満ちる街でした。駅や街にはハロウィン仮装組も。道頓堀で喰べた蛸焼き屋。前は屋台だったと思うけど今は屋台付の店舗になっていました。口上をレコーディングしたいwポンポン焼きの蒸気やらなんやら、道頓堀のフィールドレコーディングとかやってみたいがそういう時間の使い方は一人旅でないと無理そうw
c0002171_14234776.jpg
c0002171_6185156.jpg

道頓堀の夕
c0002171_6194977.jpg

心斎橋にこんな巨大なPUMAが
c0002171_6205118.jpg


c0002171_622872.jpg

羽田着。機内で聴いたヴィヴァルディ / フルート協奏曲「夜」モーツァルト / オペラ「魔笛」K.620 おお恐れることはない地獄の復讐が私の心臓の中でショパン / Nocturne、良かった。今年は旅に幾度も出掛けた年でした。もう明日は十一月。今年の限もみえてきました。
by wavesll | 2016-10-31 06:27 | | Trackback | Comments(0)

Nara古代路 II. 東大寺、正倉院

I. 正倉院展 at 奈良国立博物館から歩いて東大寺へ来ました。
c0002171_574495.jpg

運慶快慶仁王像
c0002171_582160.jpg
c0002171_583136.jpg

良い面構えだ
c0002171_59262.jpg

東大寺
c0002171_593462.jpg

この真ん中の青い屋根が競り出でているのが良い
c0002171_5101540.jpg
c0002171_5103830.jpg

大仏(廬舎那仏)
c0002171_5113812.jpg
c0002171_5115573.jpg

虚空蔵菩薩もいい
c0002171_5122818.jpg

横顔
c0002171_5125229.jpg

廣目天
c0002171_5133498.jpg

廬舎那仏Back Shot
c0002171_514104.jpg

多聞天
c0002171_5145097.jpg

如意輪観音
c0002171_5152421.jpg

廬舎那仏ってThe奈良の人って感じ
c0002171_5165183.jpg

鹿路
c0002171_5182372.jpg

二月堂。お水取りのとこか。
c0002171_5185999.jpg

二月堂からの眺め。二月堂の階段、一段一段模様が違っていて良かった(撮り忘れた)
c0002171_5195269.jpg
c0002171_520575.jpg

天平の風合いに心馳せる
c0002171_5204772.jpg
c0002171_5205857.jpg

正倉院。空の青、芝生の萠色、そして年月を経た古木の黒の対比。特に建築の青みがかった深黒は正倉院展の宝物よりも美しい色みがありました。今日壱出たな。
c0002171_5215764.jpg

そして東大寺を後にしました。次は日本のはじまりの地へ

III. 橿原神宮、大阪、帰路
by wavesll | 2016-10-31 05:23 | | Trackback | Comments(0)

Nara古代路 I. 第68回 正倉院展 at 奈良国立博物館

正倉院展に行ってきました!
c0002171_22331142.jpg

突然昨日父から「正倉院展行かないか」と伝えられまして。や、正倉院展の時季に奈良に行くのは長年の望みだったのですが"費用も馬鹿にならないし…"と今まで二の足を踏んでいた処だったのでこの大波には乗るしかないと五時起きし向かったのでした。

奈良駅前。恐らく奈良は人生5度目。
今年は吉野の山桜 晩春爛漫熊野古道旅行での十津川村の玉置神社でも来ていて、今年は奈良によく来ていました。
c0002171_2236491.jpg

鹿。
c0002171_22371277.jpg

鹿。
c0002171_22373476.jpg

九時過ぎに奈良国立博物館着。長い行列ができていて、75分待ちとのことでしたが、結構するする進んだので45分位で入れました。
c0002171_22395862.jpg

正倉院展。通好みの中々の展示で初開陳を含み大分楽しめました。

メインヴィジュアルにも成っている『漆胡瓶』は聖武天皇お気に入りのペルシア風の水差しで唐からの舶来品。巻胎という板を円状に巻き、ずらして立体を創る古代の3Dプリンターのような技法で造られたというのが興味深い。天平のモノグラム。正倉院の品々は国際的状況の中の日本を伝えます。先日平城京にペルシャ人の役人がいたというニュースもありました。信長に仕えたモザンピーク出身の黒人、弥助もそうですが、『マッサン』みたいに外国人が主人公の大河なんてのも面白そうだなと想います。

『楩楠箱』はクスノキを組み合わせ角がアールになっている四角い箱。未来の潜水艇、或いはAppleTVのような感じでガジェットとして魅力がありました。『白葛箱』はアケビの赤が印象的で現場でも気になっていたけれど、現在でも製法が未解明だとか!?凄い。『粉地金銀絵八角長几』は檜製。これ脚が葉を模していて、設計思想がサクラダファミリアの内部の柱と同じだと思いました。

『赤紫臈纈絁几褥』の真紅の海。『布作面』は楽舞の時につけるマスク。楽器も『竽』と『笙』がありました。

『大幡残欠』。聖武天皇を弔うアヤという絹織物の幡(バン)。この厚み、質感が凄かった。そしてその幡の下部にあるのが今年の中でもTOP3な良さがある『浅緑地鹿唐花文錦大幡脚端飾』。天平の昔から奈良に鹿はいたのですね◎『大幡芯裂』の色。時が経たことがもたらした滲みが最上。

『平脱鳳凰頭』も鳳凰のシーサーの様でいいし、『銀平脱龍船墨斗』はシンゴジの第二形態みたいで可愛かった◎また『磁皿』の緑白斑の持つ古代のモダンな趣が美事でした。

『唐草文鈴』など鈴が沢山展示してありました。『梔子形鈴』、『瑠璃玉飾梔子形鈴』、『杏仁形鈴』、『瓜形鈴』、『蓮華形鈴』。また『瑠璃玉付玉』という碧玉のついた珠もありました。『露玉』がまた雫のような形で。

そして嬉しい驚が『和同開珎』が展示してあったこと!『神功開宝』という銭も展示してありました◎

そして『アンチモン塊』という変わり種も。それまでは中国から金属素材を輸入せざるを得なかったのがこのアンチモンがスズの代わりに銅の鋳造に使えたから金属加工を原料から国産化出来たそうです。

『牙櫛』の歯の細かさ!そして東大寺印の『革帯』。あの時代にベルトがあるとは!?『金銀絵花葉文黄絁』、『浅紅地亀甲花文臈纈羅』もつややかな美しさがありました。

撥鏤という、象牙を染めて削ることで造る細工が素晴らしくて。特に『撥縷飛鳥形』は是非生で実寸大で観てほしいです。『黄牙彩絵把紫牙撥鏤鞘金銀荘刀子』も見事な撥鏤刀剣でした。

そして書物も多数展示してあったのですが、『善見律 巻第三』の書の綺麗な事と言ったら!フォントデザイナーの藤田さんにこれで新しい書体をつくって欲しいレベル!!

本当にこの展覧会、一見地味だけれどもきらりと光るArtが数多あるExhibitionでした。私は初めて来ましたが毎年内容が変わるからボジョレーみたいに『今年の正倉院展の出来は~』なんて会話もありそうですね^^

c0002171_23311272.jpg


II. 東大寺、正倉院
III. 橿原神宮、大阪、帰路
by wavesll | 2016-10-30 23:32 | | Trackback | Comments(0)

熊野古道紀行記 Day3:朝の彩雲、十津川村の玉置神社、帰路

熊野古道紀行記 Day1:三重・馬越峠、熊野の海、那智勝浦・民宿わかたけの晩飯
熊野古道紀行記 Day2:熊野三山、中辺路・牛馬童子、霧の郷たかはらの眺望

客室のテラスから雲海を一望
c0002171_11213663.jpg


やうやう開けていく空。山並が美しい
c0002171_11222338.jpg
c0002171_11223545.jpg


鳥の声、虫の音。山の端の蒼影
c0002171_11232063.jpg
c0002171_11233214.jpg


c0002171_1124108.jpg
c0002171_11242142.jpg


寺の鐘が鳴っている
c0002171_11245795.jpg
c0002171_1125948.jpg


いい朝だ。雲海と山の匂い。自然の音。
c0002171_11255580.jpg
c0002171_112639.jpg


朝の山雲。
c0002171_1127141.jpg
c0002171_11272365.jpg


なんか雲の一部、中央下段がうっすら虹色にみえる!彩雲というらし。
c0002171_1129367.jpg


朝食、ご飯おかわりしてしまいましたw
c0002171_11303610.jpg


宿の周りを散策。出てからすぐのとこに熊野古道への入口が。
c0002171_11322987.jpg


集落の中で今も生活道として熊野古道が機能している。生活に使う世界遺産っていいなぁ。
雲雀の声が綺麗でした。
c0002171_11331737.jpg
c0002171_11332420.jpg
c0002171_11333697.jpg


昨日の近露まで9.2kmか。繋がってるんだなぁ。
c0002171_11343490.jpg


長閑◎
c0002171_1136036.jpg
c0002171_1136838.jpg



c0002171_1137085.jpg


高原熊野神社
c0002171_11383226.jpg
c0002171_11384257.jpg


御神木かな?
c0002171_11391917.jpg


φな松
c0002171_11421540.jpg


秋桜。こうして宿の周りをゆったり歩く時間はいいなぁ。見晴らし台でチャリダーのオジサンたちに出逢い、十津川村の玉置神社がいいと聴く。
c0002171_11432643.jpg


ギタリストの濱口佑自さん、都心のタワレコでもここ1,2年フィーチャーされてたけどここら縁の人なのか!こんな出会いがあるとは。竹林パワーというバンドを組んでるらしい。
c0002171_1146486.jpg
c0002171_11463396.jpg

Youtubeに映像がありました。心踊るブルーズ。

話題沸騰中! 那智勝浦のリアル・ブルースマン濱口祐自Yuji Hamaguchi、PV第2弾UP!!


奥熊野、玉置神社に着。クルマで山奥へ分け入ってきて来ました。案外駐車場も賑わっていて。現地の人気スポットなのかもしれません。
c0002171_11553317.jpg
c0002171_1155495.jpg

山之神
c0002171_11565676.jpg

木洩れ日って表現のある國に生まれて良かったなぁ。
c0002171_1158619.jpg
c0002171_11582783.jpg
c0002171_11584320.jpg
c0002171_1158574.jpg
c0002171_11591979.jpg
c0002171_11593353.jpg
c0002171_11594377.jpg
c0002171_11595466.jpg


奈良県のここ、玉置神社から昨日の和歌山県、熊野本宮まで熊野古道・小辺路が延びているのか、凄い。
c0002171_1215017.jpg
c0002171_122270.jpg


玉置神社、弓神楽があるのか。
cf. Soi48 Vol.20 神弓祭 - 弓神楽 Release Party! at 新宿Be-Waveに行ってきた!
c0002171_1232094.jpg
c0002171_1232910.jpg


お参りしました。
c0002171_12315763.jpg
c0002171_12321262.jpg


神代杉と夫婦杉
c0002171_1251595.jpg
c0002171_125263.jpg


奈良県、十津川村だもんなぁ。十津川警部の十津川だもんなぁ。山深く迄来たものだ。
c0002171_1264114.jpg


戸津川村の南部から北部へ移動し、谷瀬の吊り橋へ。
20人以上渡れないそうで。帰りの新幹線の時間もあるので並ばずにクルマへ。名古屋へ帰ります。
河のエメラルドグリーンが美しかった。
c0002171_129296.jpg
c0002171_1210128.jpg
c0002171_12102813.jpg


十津川村から名古屋へいく道すがら、京都のFM、αStationを聴けたのは良かったです。京都のFMはいい音楽かけてた気がしました。FM三重を経由してZIPFMを聴くと愛知へ来たなぁと。ところが周波数を回しているとジョージとシャウラが。そうか、Interfm名古屋か!面白いラジオ道中でした。

そして名古屋へ。十日ぶりのスパイラルタワー。
c0002171_1214229.jpg


名駅に武将の鎧の展示がありました。石田三成の甲冑が格好良かった。
c0002171_1216196.jpg
c0002171_12161132.jpg
c0002171_12163092.jpg
c0002171_12164636.jpg
c0002171_1217405.jpg


帰りの新幹線では高島屋で買ったデパ地下飯パーリーやりましたw
c0002171_12184916.jpg
c0002171_12185719.jpg


帰宅。愛知旅から間がない日程での誘いだったので感動が鈍くならないかちょっと心配でしたが、アート/建築を愉しんだ愛知旅と紀伊半島の自然と熊野古道にはすっごく感銘を受け、本当に来てよかった旅になりました。

熊野古道って和歌山のイメージがあったのですが、この旅で三重や奈良にも巡礼の道が続いていることを知りました。3連休でしたが全体的に人込みという感じはしなくて、特に馬越峠は心動かされました。伊勢路では始神峠も良さそう。是非またこの本州南の果て、紀伊半島へ訪れたいと想った熊野古道旅行になりました。
by wavesll | 2016-10-15 08:51 | | Trackback | Comments(0)