「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:小ネタ( 464 )

千代の富士表紙のintoxicate #124を読む

千代の富士貢の表紙に惹かれ手に取ったintoxicateが存外に面白くて。カルチャー雑誌を電車内で読むのはいつ振りだろう?ちょっと時代から外れてる気もするし、逆にそれが誇らしい気持ちにもなったりしました。
c0002171_18283911.jpg

野村誠さんによる相撲と音楽の交わりの記事も面白かったし、冒頭のPierre Alechinskyの記事はちょうど行きたかった展覧会で。MOTOWN、ドイツ現代舞踊、Celtic Chrismas、Nanook、冨田勲/コッペリウス、渡辺貞夫/プラチナ・シリーズin東京文化会館、Chung Kyung Wha/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ、チェンバロ奏者Mahan Esfahani、篠笛奏者佐藤和哉、Elina Duni Quartetのアルバニアとコソボの伝統民謡 X JAZZ、Vaudou Game、Aca Seca Trio、Ivan Lins、夢枕獏&スガダイロー、牧阿佐美バレエ団/ASKA、SUPERFLEX/液相in金沢21世紀美、池田亮司/KYOTO EXPERIMENT 2016、ダゲレオタイプの女、Pastacas/ポーラッド、Zomby/Ultra、D/P/I / Comporser、Melina Moguilevsky/Mudar、サラヴァの50年、Yokohama California、リリーのすべて、ディストラクション・ベイビーズ、ヒメアノ~ル、マジカル・ガール、柳家喬太郎、柳家喬之介/ウルトラマン落語etcetc…こんなに充実しててFREE PAPERでいいの!?いや、逆に広告情報記事ならば今の時代はこれが正解かもしれない。電車を降り帰宅して、誌内でも取り上げられたHiatus KiyoteのSoundcloudを聴きながら雑誌からの情報摂取を愉しめました。
[PR]
by wavesll | 2016-11-21 18:32 | 小ネタ | Comments(0)

他人の脳をハッキングできるか 今、一番面白いTV番組:<モーガン・フリーマン 時空を超えて>

今、一番面白いTV番組と言えばETVで放送しているモーガン・フリーマン 時空を超えてでしょう。
俳優モーガン・フリーマンがあなたを未知の世界にいざないます。第一線の研究者が語る驚きのストーリー。果たして真実は?あなたはどう考えますか?
という番組。今回みたテーマは他人の脳をハッキングできるかでした。
c0002171_18414767.jpg


I. 身体反応からの読心術
非言語的行動の専門家マーク・セイラムは相手の様子の変化を察知し、読心術を行う。人の考えることは身体的変化として現れ、それを観察することでギャンブラーのポーカーフェイスも破っていました。

II. 脳内反応辞書により視覚刺激を分析して言語化
このような特技を会得してなくとも、最新の科学装置で他人の心は読めるといいます。
神経工学者のフィリップ・ロウは脳内の思考を読み取る装置、アイ・ブレインを創っています。

人が筋肉を動かそうとすると脳内で電位変化が起きます。そのニューロンの活動を読み取ることでどの筋肉を動かそうとしているかがわかるというのです。これはALS(筋萎縮性側索硬化症)のように筋肉を動かせない病の人も脳で体を動かそうとすることでコミュニケーションを取ることができるようになるかもしれません。

さらに、カリフォルニアの研究所で人間の思考を脳波から文章として表すことができる研究が進んでいます。ジャック・ギャラントは脳内の活動を日常的な言葉に置き換える研究をしてます。
実際、視覚に関わる領域の脳の活動を読み取って、実験の結果として初歩的な脳の辞典をつくろうとしています。脳の血流の部位をスキャンし、特定の視覚画像が特定の血流パターンを示すことを解析したのです。

現在のシステムで、映像を見せると、脳の辞典システムをつかって、脳内パターンから単語として何を見ているかを解読できるようになってきています。そして勿論のこと、今後この装置はプライバシーに関わる問題を早晩孕むでしょう。

III. "ゾーン"トレーニング装置
脳をハッキングし、アインシュタインやネルソンマンデラのような才気を植え付けることはできたとしたら…?

クリス・バーカは神経学者であり企業の経営者であり発明家です。彼女はスポーツ選手が"ゾーン"と呼ぶ領域にヒトが入り込むのを助けエキスパートと同じ活動ができる様に脳をトレーニングする装置です。

番組ではアーチェリーを例にとって、脳の電気活動を分析することで、アーチェリーのチャンピオンの脳波の周波数の違いを分析、瞑想などで出るアルファ波とリラックスして出るシータ波が、完璧な競技活動をしているときによく出ていることを見極めました。

さらにアーチェリーのズブの素人でも、センサーで脳波を調べ、アルファ波とシータ波が増加したときに矢を放つと的を射ることができ、この集中の仕方を学ぶと1日のトレーニングで素人がプロ並みの腕前になったそうです。心とストレスのコントロール法を鍛えられたら、非常に困難な状況も脳をコントロールし、適切な行動をとれると。マトリックスの世界ですね。

IV. 催眠術実験
では、他人の脳を変容させることはできるでしょうか?

スタンフォード大学の精神科医デヴィット・スピーゲルは催眠術を治療に組み込んでいます。
催眠状態に入ると色の情報を薄めることができるそうです。つまり現実の刺激を、脳のハックでモノクロかえることができたのです。催眠術にかかると想像が現実を上回り、脳内情報処理を書き換えられるということ。まさに攻殻機動隊の世界。

V. 嗅覚により睡眠中の脳をハック
イスラエルのある研究チームは無意識に心を開く方法をみつけたと発しています。
イガーナ・ヘイアーストーンは心理学者で、睡眠中の学習の研究者。
人は睡眠で意識を失っても学習できるといいます。睡眠時、視床が外界からの刺激をシャットアウトするのですが、嗅覚の情報は視床を通さず、脳に直接入り込み、のみならず他の刺激も招き入れるといいます。

実験で、寝ている人にいい匂いと高い音、そして悪臭と低い音を一晩聴かせます。
起きた被験者に高い音を聴かせると呼吸が深くなり、呼吸する時間が長くなります。次に悪臭とセットになった低音をきかせると呼吸を止めています。実験者は睡眠中の記憶が全くないにもかかわらず、睡眠中の学習が心身に影響を及ぼすのです。

睡眠中の嗅覚刺激で、脳がハッキングされることがあるかもしれません。それどころかある科学者は光で脳をハッキングする研究が進んでいます。

VI. 光刺激埋め込みにより脳をハック
エド・ボイデルはMITで神経科学や生物工学の研究者。ニューロン一つ一つをON/OFFできる研究をしていて、ニューロンに光センサーをウィルスを使って組み込み、脳の様々な場所を操作できるようにしました。脳は痛みを感じないので埋め込めるのです。

マウスを光の刺激で快楽ニューロンを刺激すると、マウスはずっと光を求め続けたそうです。この技術が進めば精神の病に苦しむ人たちを救える、脳をピンポイントで刺激できる研究。しかしディストピアの危惧も感じてしまい餡巣。

VII. 番組情報
このような一線級の科学研究が紹介されるモーガン・フリーマン 時空を超えて。
『運命か?自由意志か?』という回では人間社会や宇宙をプログラムとして予測しようとする試みを紹介。
プランク長さの語を見、”超弦理論を知って<所詮宇宙は紐の震動か>と思ったなぁ”と想ってたら自由意志がないと伝えられると倫理観が落ちるという実験結果を知りぎょっとしたりもしました。

このお薦めの番組、放送は金曜22時から。明日18日のテーマは<ロボットはどこまで進化するのか?>とのことです。
[PR]
by wavesll | 2016-11-17 19:01 | 小ネタ | Comments(0)

Chim ↑ Pom / "また明日もまた観てくれるかな?〜So see you again tomorrow, too?〜"

c0002171_23543048.jpg
c0002171_23544123.jpg
c0002171_23595265.jpg
c0002171_00480.jpg
c0002171_002091.jpg
c0002171_003887.jpg
c0002171_011964.jpg
c0002171_014613.jpg
c0002171_015712.jpg
c0002171_02616.jpg
c0002171_021715.jpg
c0002171_025641.jpg
c0002171_03617.jpg
c0002171_031528.jpg
c0002171_032368.jpg
c0002171_05996.jpg
c0002171_061216.jpg
c0002171_06375.jpg
c0002171_055493.jpg
c0002171_054568.jpg
c0002171_053540.jpg
c0002171_051861.jpg
c0002171_052777.jpg
c0002171_084491.jpg
c0002171_085268.jpg
c0002171_092014.jpg
c0002171_092824.jpg
c0002171_093682.jpg
c0002171_094525.jpg
c0002171_095339.jpg
c0002171_010155.jpg
c0002171_0122784.jpg
c0002171_0123680.jpg
c0002171_0124324.jpg

渋谷駅にある巨大壁画『明日の神話』に福島第一原発を追加した現代美術集団Chim ↑ Pomが歌舞伎町振興組合ビルで開いた『また明日も観てくれるかな?』 〜So see you again tomorrow, too? 〜、解体されるビルをブチ抜いて使った展覧会、同じ千円だったこともあり、杉本博司 ロスト・ヒューマン展と秋口の東京において対を為すExhibitionだったと想います。

ピカチュウのスーパーラットは村上隆のスーパーフラットへの反応でもあるだろうし、ここら辺に会田誠さんが揃えば日本の現代アート4カードといった様相。というか二郎のビルだったのですね、歌舞伎町の二郎、どこに移動するんだろ?

水曜日のカンパネラ『アラジン』


漢 a.k.a GAMI x 菊地成孔 x DJ BAKU @ Chim↑Pom『また明日も観てくれるかな?』

[PR]
by wavesll | 2016-11-01 00:24 | 小ネタ | Comments(0)

Jet Coaster 雑学 -絶叫マシンは乗る位置で感覚が変わる!? 苦手な人と得意な人の違いは?

プレミアムカフェにて『世界絶叫マシン紀行』をみました。

世界最古の機械式コースターはアメリカ・NYのコニーアイランドで生まれたそうです。エジソンの時代。
c0002171_15291143.jpg
その十年後にはループ型コースターも。
c0002171_15295172.jpg
そして1927年に生まれた絶叫マシン(ジェットコースター/Roller Coaster)の元祖、サイクロン。これは現在も稼働しています。
c0002171_15313748.jpg

Cyclone Roller Coaster - Luna Park - Coney Island - NYC


また最新型のジェットコースターも紹介。スウェーデン・ストックホルム、グローナルンド遊園地の四次元コースター『インセイン』。席自体が予測不能に回転し、高さ35m、速度60mなのに最高潮の興奮を生み出すそう。このゴンドラ、乗る人の体重バランスや風によって設計者でも予測不能な動きをするそう。人間の耐えられるGや速度競争だけでなく、最新型の絶叫マシンは新たな発想、創新によって開発されているそうです。

Green Lantern Six Flags Magic Mountain POV Roller Coaster Insane Grona Lund


さて、番組では絶叫マシンの雑学も。
ジェットコースターは乗る位置によって体験が変わるそうです。座る位置が前方だと下りで一番圧迫感を感じ、後方だと一番浮遊感を感じるとのこと。
c0002171_15411862.jpg
c0002171_15412820.jpg

また実験により、絶叫マシンの得意な人、苦手な人は心拍数の違いがあることが判明しました。
c0002171_15423119.jpg

ノルアドレナリンの分泌が続くかどうかで得意/苦手は決まり、得意な人はジェットコースターの終盤で心拍数が収まるのに対し、苦手な人は心拍数増加が止まらないそう。乗り越えられた達成感の記憶があるとノルアドレナリンが止まることもあるから、慣れれば大丈夫かも!?とのことでした。

自分は絶叫マシンは大の苦手で愉しめるのはスペースマウンテン迄位なのですが、またいつか挑戦したいです(こりゃしねぇなw
[PR]
by wavesll | 2016-10-31 21:35 | 小ネタ | Comments(0)

カールステン・ニコライ 「黒の世界」展 at 渋谷西武

カールステン・ニコライ 「黒の世界」展へ行ってきました。
c0002171_22181714.jpg
西武渋谷店エントランスの「アートゲート」(2015年夏)を手がけた、音楽・映像アーティスト、カールステン・ニコライ。「アートゲート」では、音と映像による「色」のある世界を創り上げたニコライが、今回は「黒」をテーマに「色」の無い世界を創造。彼が幼い頃に見た夢からインスパイアされた「白vs黒」「(光の)反射vs吸収」の世界を、「光」と「水」と「振動」を使って表現します。
都会の雑踏の中で、何かと雑念をかかえて生きていかなければならない世の中。<究極の黒と白>に触れ、宇宙や自然や生き物の原点とも言うべき世界をご体感ください。
とのこと。カールステンってALVA NOTOだったのですね!名前はちょくちょく聴いていたけれど、TLの音楽クラスタがこぞって来ていたのはそれが理由だったのか。それを知らなかったばかりかALVA NOTOの音楽をほとんど聞いてないのに街頭広告のヴィジュアルで興味が搔き立てられてきた自分はマイノリティかもしれませんw

c0002171_2222529.jpg
c0002171_22221589.jpg
c0002171_22225621.jpg
c0002171_22365790.jpg


回転する黒と白の皿に水が張られ、皿の下に取り付けられたスピーカーの低周波も相まって周囲に設置された蛍光灯が写混む『refrektor distortion』. SF映画空間に入り込んだ感覚。この作品ともう一つの映像作品だけの展示だったけれども、入場料500円がLINEでフレンドになると200円引きだし来て良かった感を得れました。

c0002171_22261561.jpg


このキー・ヴィジュアルがスマホの画面でアプリかサイトを表示しているみたいで良かった。渋谷西武の外観の古色さが逆にディストピアSFな趣があってそれもまたGood Mariage.
[PR]
by wavesll | 2016-10-16 22:29 | 小ネタ | Comments(0)

猴百景 at 大アマゾン 緑の魔境に幻の巨大ザルを追う

c0002171_532686.jpg
c0002171_53364.jpg
c0002171_534339.jpg
c0002171_535713.jpg
c0002171_54948.jpg
c0002171_541823.jpg
c0002171_542798.jpg
c0002171_5435100.jpg
c0002171_544598.jpg
c0002171_545465.jpg
c0002171_55393.jpg
c0002171_551270.jpg
c0002171_55205.jpg
c0002171_552964.jpg
c0002171_553840.jpg
c0002171_554764.jpg
c0002171_555417.jpg
c0002171_56326.jpg
c0002171_561213.jpg

[PR]
by wavesll | 2016-10-09 05:01 | 小ネタ | Comments(0)

第63回日本伝統工芸展(平成28年)

c0002171_4135946.jpg
c0002171_4141483.jpg
c0002171_4142594.jpg
c0002171_4143563.jpg
c0002171_4144494.jpg
c0002171_4145827.jpg
c0002171_4151689.jpg
c0002171_4152774.jpg
c0002171_4153835.jpg
c0002171_4154887.jpg
c0002171_416517.jpg
c0002171_4162084.jpg
c0002171_4163279.jpg
c0002171_417320.jpg
c0002171_4171797.jpg
c0002171_4175125.jpg
c0002171_418289.jpg
c0002171_4181116.jpg
c0002171_4182218.jpg
c0002171_4184786.jpg


cf.
日曜美術館 第62回日本伝統工芸展回

[PR]
by wavesll | 2016-10-08 04:21 | 小ネタ | Comments(0)

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ
第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!
第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編
第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編
第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編

さて、一日歩きまわって晩餐の時間。矢場の松坂屋のあつた蓬莱軒でひつまぶしを食べました。

c0002171_17361293.jpg
c0002171_1736301.jpg
c0002171_17364182.jpg


いっやーここが美味かった!ひつまぶしはこの熱田蓬莱軒が発祥だそう。熱田神宮にある本店は2時間待ちとのことですが、入った時間が早かったからか待ち時間ゼロで入ることが出来ました。

こんなに美味いひつまぶしを食べたのは初めて。3600円の価値がありました。鰻自体が美味いし、出汁がまた濃くて鰻に味が負けて無く相乗効果が物凄かった!飯喰うのに必死で写真に気を配れませんでしたw!今回の旅は見るところは自分が、食べどころは友がという役割分担だったのですが、いいとこ本で調べてくれました◎

宿は松坂屋から歩いていける栄のホテル ザ・ビー名古屋。なかなかいいビジネスホテルでした。今回宿は私と友で別で。私はJR東海ツアーズの新幹線と宿のパックで申し込んで。今回初めてこのパック使ったのですが結構これお得でいいですね。

ホテルに着くとすぐにシャワーを浴びてヱビス飲みながらガッテンの瞑想特集とかみてましたwなんか地方番組で面白いのないかとTV番組表を弄んでいて見つけたのが太田上田。爆笑問題の太田とくりぃむしちゅーの上田が中京テレビで番組持っていたとは。今回は寝ちゃってみれなかったけれど面白そう。何でもアプリで配信しているそうです。これは要Checkやも!

その他LINEでやりとりとかしながら夜を更かし、なんだかんだで25時頃寝ました。

第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド


第八篇 明治村前編
第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関
第十篇 明治村後編
第十一篇 帰路の靜
[PR]
by wavesll | 2016-10-02 17:47 | 小ネタ | Comments(0)

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ
第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!
第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編
第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編

トヨタ博物館シリーズラスト、いよいよ外車編!

c0002171_1550118.jpg
c0002171_15503036.jpg
c0002171_16393738.jpg
c0002171_16391681.jpg
c0002171_1551774.jpg
c0002171_1551262.jpg
c0002171_15523335.jpg
c0002171_15525169.jpg
c0002171_1553320.jpg
c0002171_1553214.jpg
c0002171_15551873.jpg
c0002171_1555329.jpg
c0002171_15555539.jpg
c0002171_15561910.jpg
c0002171_15585075.jpg
c0002171_1559547.jpg
c0002171_1559217.jpg
c0002171_15593586.jpg
c0002171_161329.jpg
c0002171_16127100.jpg
c0002171_1614298.jpg
c0002171_162436.jpg
c0002171_1623238.jpg
c0002171_1624737.jpg
c0002171_163596.jpg
c0002171_1633626.jpg
c0002171_1655920.jpg
c0002171_1662228.jpg
c0002171_1672370.jpg
c0002171_1673654.jpg
c0002171_1610362.jpg
c0002171_16103114.jpg
c0002171_16111324.jpg
c0002171_16112982.jpg
c0002171_16122084.jpg
c0002171_16123349.jpg
c0002171_1612501.jpg
c0002171_16142652.jpg
c0002171_1614405.jpg
c0002171_1615889.jpg
c0002171_16153279.jpg
c0002171_16155316.jpg
c0002171_16164755.jpg
c0002171_16173715.jpg
c0002171_16184268.jpg
c0002171_1619524.jpg
c0002171_16195437.jpg
c0002171_1620859.jpg
c0002171_16215816.jpg
c0002171_16221750.jpg
c0002171_16235529.jpg
c0002171_16241064.jpg
c0002171_16243512.jpg
c0002171_1624517.jpg
c0002171_162511100.jpg
c0002171_1625247.jpg
c0002171_16254753.jpg
c0002171_1626733.jpg
c0002171_1627824.jpg
c0002171_16272233.jpg
c0002171_16273853.jpg
c0002171_16275294.jpg
c0002171_1628786.jpg
c0002171_16282823.jpg
c0002171_162959.jpg
c0002171_1629256.jpg
c0002171_16304880.jpg
c0002171_1631334.jpg
c0002171_16311897.jpg
c0002171_16313445.jpg
c0002171_16384922.jpg
c0002171_1640040.jpg
c0002171_16422446.jpg
c0002171_16423736.jpg
c0002171_16425325.jpg
c0002171_1643333.jpg
c0002171_16435660.jpg
c0002171_16441090.jpg
c0002171_16442357.jpg
c0002171_16443639.jpg
c0002171_1646622.jpg
c0002171_16462141.jpg
c0002171_1646347.jpg
c0002171_16464569.jpg
c0002171_164759.jpg
c0002171_16471820.jpg


いやー、素晴らしいコレクションでした。クラシックカーの曲線美を堪能しました。
TOYOTAが当初TOYODAを名乗っていたことも初めて知りました。トヨタ美術館のモニュメントの"T"が"ト"を横にしたみたいだなと想って、レクサスのロゴが"L"でなく"レ"ではないかという話を思い出しました。そういう遊び心、本当にあるかもしれませんね。

さて、朝から歩き回ってくたくたw矢場へ晩飯へ向かいます。

第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし


第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド
第八篇 明治村前編
第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関
第十篇 明治村後編
第十一篇 帰路の靜
[PR]
by wavesll | 2016-10-02 16:50 | 小ネタ | Comments(0)

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ
第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!
第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編

トヨタ博物館本館の外車フロアと日本車フロアの間の2Fに、ルネ・ラリック カー・マスコット展示室がありました。ラリックがクルマのマスコットをつくっていたとは。ガラス細工が可愛らしかったです。

c0002171_15122174.jpg
c0002171_1512043.jpg
c0002171_15121091.jpg
c0002171_15123198.jpg
c0002171_15133082.jpg
c0002171_15135470.jpg
c0002171_1514373.jpg
c0002171_15141398.jpg
c0002171_15143321.jpg
c0002171_15144553.jpg
c0002171_15145866.jpg
c0002171_15151165.jpg
c0002171_15153657.jpg
c0002171_1516029.jpg
c0002171_15161522.jpg
c0002171_15162862.jpg
c0002171_15164040.jpg
c0002171_15165132.jpg
c0002171_1517351.jpg
c0002171_15171879.jpg
c0002171_15173058.jpg


第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編


第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし
第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド
第八篇 明治村前編
第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関
第十篇 明治村後編
第十一篇 帰路の靜
[PR]
by wavesll | 2016-10-02 15:17 | 小ネタ | Comments(0)