カテゴリ:小ネタ( 402 )

Jet Coaster 雑学 -絶叫マシンは乗る位置で感覚が変わる!? 苦手な人と得意な人の違いは?

プレミアムカフェにて『世界絶叫マシン紀行』をみました。

世界最古の機械式コースターはアメリカ・NYのコニーアイランドで生まれたそうです。エジソンの時代。
c0002171_15291143.jpg
その十年後にはループ型コースターも。
c0002171_15295172.jpg
そして1927年に生まれた絶叫マシン(ジェットコースター/Roller Coaster)の元祖、サイクロン。これは現在も稼働しています。
c0002171_15313748.jpg

Cyclone Roller Coaster - Luna Park - Coney Island - NYC


また最新型のジェットコースターも紹介。スウェーデン・ストックホルム、グローナルンド遊園地の四次元コースター『インセイン』。席自体が予測不能に回転し、高さ35m、速度60mなのに最高潮の興奮を生み出すそう。このゴンドラ、乗る人の体重バランスや風によって設計者でも予測不能な動きをするそう。人間の耐えられるGや速度競争だけでなく、最新型の絶叫マシンは新たな発想、創新によって開発されているそうです。

Green Lantern Six Flags Magic Mountain POV Roller Coaster Insane Grona Lund


さて、番組では絶叫マシンの雑学も。
ジェットコースターは乗る位置によって体験が変わるそうです。座る位置が前方だと下りで一番圧迫感を感じ、後方だと一番浮遊感を感じるとのこと。
c0002171_15411862.jpg
c0002171_15412820.jpg

また実験により、絶叫マシンの得意な人、苦手な人は心拍数の違いがあることが判明しました。
c0002171_15423119.jpg

ノルアドレナリンの分泌が続くかどうかで得意/苦手は決まり、得意な人はジェットコースターの終盤で心拍数が収まるのに対し、苦手な人は心拍数増加が止まらないそう。乗り越えられた達成感の記憶があるとノルアドレナリンが止まることもあるから、慣れれば大丈夫かも!?とのことでした。

自分は絶叫マシンは大の苦手で愉しめるのはスペースマウンテン迄位なのですが、またいつか挑戦したいです(こりゃしねぇなw
by wavesll | 2016-10-31 21:35 | 小ネタ | Comments(0)

猴百景 at 大アマゾン 緑の魔境に幻の巨大ザルを追う

c0002171_532686.jpg
c0002171_53364.jpg
c0002171_534339.jpg
c0002171_535713.jpg
c0002171_54948.jpg
c0002171_541823.jpg
c0002171_542798.jpg
c0002171_5435100.jpg
c0002171_544598.jpg
c0002171_545465.jpg
c0002171_55393.jpg
c0002171_551270.jpg
c0002171_55205.jpg
c0002171_552964.jpg
c0002171_553840.jpg
c0002171_554764.jpg
c0002171_555417.jpg
c0002171_56326.jpg
c0002171_561213.jpg

by wavesll | 2016-10-09 05:01 | 小ネタ | Comments(0)

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ
第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!
第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編
第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編
第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編

さて、一日歩きまわって晩餐の時間。矢場の松坂屋のあつた蓬莱軒でひつまぶしを食べました。

c0002171_17361293.jpg
c0002171_1736301.jpg
c0002171_17364182.jpg


いっやーここが美味かった!ひつまぶしはこの熱田蓬莱軒が発祥だそう。熱田神宮にある本店は2時間待ちとのことですが、入った時間が早かったからか待ち時間ゼロで入ることが出来ました。

こんなに美味いひつまぶしを食べたのは初めて。3600円の価値がありました。鰻自体が美味いし、出汁がまた濃くて鰻に味が負けて無く相乗効果が物凄かった!飯喰うのに必死で写真に気を配れませんでしたw!今回の旅は見るところは自分が、食べどころは友がという役割分担だったのですが、いいとこ本で調べてくれました◎

宿は松坂屋から歩いていける栄のホテル ザ・ビー名古屋。なかなかいいビジネスホテルでした。今回宿は私と友で別で。私はJR東海ツアーズの新幹線と宿のパックで申し込んで。今回初めてこのパック使ったのですが結構これお得でいいですね。

ホテルに着くとすぐにシャワーを浴びてヱビス飲みながらガッテンの瞑想特集とかみてましたwなんか地方番組で面白いのないかとTV番組表を弄んでいて見つけたのが太田上田。爆笑問題の太田とくりぃむしちゅーの上田が中京テレビで番組持っていたとは。今回は寝ちゃってみれなかったけれど面白そう。何でもアプリで配信しているそうです。これは要Checkやも!

その他LINEでやりとりとかしながら夜を更かし、なんだかんだで25時頃寝ました。

第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド


第八篇 明治村前編
第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関
第十篇 明治村後編
第十一篇 帰路の靜
by wavesll | 2016-10-02 17:47 | 小ネタ | Comments(0)

鉄道音楽III両集

Twitterでこの曲が流れてきました。

Coldpakk
m.traz - Yamanote(soundcloud)

c0002171_8464612.jpg

山手線の発車メロディーを使ったフットワーク、アイディアですね。何でも鉄の中には列車に関わる音に焦点を合わせた"音鉄"というジャンルがあるそうですが、ちょっと想いだすだけでも列車をテーマとした作品ってあるなぁと。

そこでこのエントリではスポーツ音響楽曲群そしてお料理音楽特集に次いで、鉄道に関する楽曲を集めていきたいなぁと。最初は3つでしたが、鉄道音楽を見つけるたびに更新していけたらなと想います。

MOTER MAN(秋葉原~南浦和)/SUPER BELL"Z

今アラサー以上なら強烈に記憶に残っているであろうこの曲を。当時は電車でGo!とかもゲーセンにありましたね^^ SUper Bell''zで検索すると京浜急行VVVF ver山形新幹線つばさver秋田新幹線こまちver埼京線りんかいせん直通通勤快速新木場行きver終電上野発23;54ver大阪環状線ver阪急神戸線ver阪急京都線verHEY! YO! NAGADEN! verわたらせ渓谷鉄道~の思い出ver久留里線ver中華特急みなとみらいverSOTETSU!!ver等載せきれないほどの量がありました。鳥の声がサンプリングされる箱根登山鉄道verなんて好きです。

super bell'z コレクション(38本)


さて、最後に紹介するのは海外の列車音楽です。

ALBUM: Chris Watson - El Tren Fantasma [Touch]


元キャバレー・ヴォルテールにしてBBCの録音技師、フィールドレコーディングの巨匠であるChris WatsonによるメキシコLos MochisからVeracruzへとわたる幽霊鉄道列車の旅。列車の走行音が柔らかいノイズとなって心地いい。鉄道のフィールドレコーディングの中ではかなりの名盤だと想います。

さて、いかがでしたでしょうか。スーパーベルズ全部聞いたらかなり腹いっぱいになりそうw今後も鉄道音楽を見つけ次第追加していきたいです◎

追記
A列車で行こう 原信夫とシャープス&フラッツ


くるり - 赤い電車


The Chemical Brothers - Star Guitar


あずさ2号/狩人


Shiina Ringo - Gamble


津軽海峡冬景色  石川さゆり Ishikawa Sayuri

by wavesll | 2016-09-15 09:17 | 小ネタ | Comments(0)

ペルーの水の圧を利用したボトル型の笛

c0002171_10572953.jpg

BSフジ『旅する音楽6』でオダギリジョーがペルーを訪ねていました。

中でも面白かったのが博物館を訪ねてペルーの古代楽器を映した場面。
蛇型の笛とか、シャーマニスティックな楽器達が魅力的でした。

中でもこのボトル型の笛。傾けて水を動かすことで空気を押し出し音を出す仕組みの楽器で興味深い。
ダクソフォンでも自作楽器の面白さを感じましたが、楽器制作ってまだまだ手あかがついてないアイディア、できそうですね◎
by wavesll | 2016-09-11 11:06 | 小ネタ | Comments(0)

The Vegetable Orchestra・おみそはん・Yosi Horikawa・NANTAのお料理音楽

the vegetable orchestra


InterFM Ready Steady George!!で知ったThe Vegetable Orchestra.
野菜を刳り抜いて創った楽器での演奏、朴訥な苦みがちょっとアラビアンな感じもありつついい感じでした。

面白いですよね、こういう普通の楽器以外の素材を使った音楽。
六本木21_21 DESIGN SIGHTで行われている土木展の一つの演目、工事現場の音で創ったラヴェルの『ボレロ』や今や懐かしきマッスルミュージカルのボディパーカッション、水音をビートにしたcornelius「Drop」とか、こういう飛び道具な音楽、好きです。

以前鴎庵でSports Fieldrecording スポーツ音響楽曲群という企画を組んだことがありましたが、料理・食べ物に関する音楽を集めてみても面白いかも。というわけでこのお料理音楽特集をちょちょっと描いてみます。


スタジオパークからこんにちは2016年5月30日DJみそしるとMCごはんがゲストで登場!  160530

今お料理音楽を取り上げるとしたらこの子を取り上げないわけにはいかないでしょう。"シルキーカット"のCMでもお馴染み、おみそはん。ラップしながら料理を完成させてしまうLIVEも新感覚で、バズが起こりやすい仕掛けも現代にマッチしているラッパーだと想います。

Yosi Horikawa - Cook From South

RBMA出身のビートメイカー、Yosi Horikawaの作品。
彼は生活音をサンプリングする名手で、新しい音世界を魅せてくれます。おみそはんがライヴパフォーマンスの人なら、Yosiさんは音の追求者という感じ。

彼の生活音サンプリングをもっと聞きたい方は拙記事 Yosi Horikawa - Artとしてのサウンドスケープ等をご覧になられるのも良いかと想います。

Cookin' NANTA Highlights

厨房で音楽パフォーマンスを魅せると言えば韓国のNANTA.
サムルノリ調から始まるこの動画だと4分過ぎ辺りから料理人姿でパフォーマンスしています。
私ももう十年前になりますが学生時代に韓国にサークル旅行で行って、ソウルの劇場でみましたねー中々面白かった覚えがあります。

韓国、ネット上や報道だと大きな軋轢が日本との間にありますが、実際行くと、朝駅で迷っていた時に英語ができる紳士が朝がゆが食べられる店まで案内してくれたり、現地の大学生とソジュを飲み交わすと良い奴らだったりして、自分の中では大分イメージ上がった良い想い出があります。アートなエリアもあるし。メディアにヘイトを煽られたり、或いはヘイトにヘイトで返したりする人達に嫌気がさすこともありますが、百聞は一見に如かず、楽しい思い出が世界へのポジティヴな展望を開眼させてくれることもあるし、K-POPアイドルはそんな好かないけれどサマソニでみた!HyukohZion. T等はいいと思うし、ワールド音楽なんかも世界へのポジティヴな関心の一翼を担うCultureなのだと想います。そして勿論グルメも世界への関心を繋げてくれると想います。というところで纏まったかなw

おまけ。
四川旅行土産の陳麻婆豆腐、作ってみました。味わい深かった☆
c0002171_9322372.jpg


お料理行進曲X羽沢の直売所で買った橙のトマト&赤紫のジャガイモ 第75回酒と小皿と音楽婚礼


鉄道音楽III両集
by wavesll | 2016-09-09 09:10 | 小ネタ | Comments(0)

きゃりーぱみゅぱみゅのスタッフが手掛けるダイヤモンドダイニングよさこいチーム

第63回高知よさこい祭り ダイヤモンドダイニングよさこいチーム公式動画「GALAXY PARADE」


NHKBSPにて今年のよさこい祭りの番組がやっていたのですが、よさこい祭りって戦後に創られた祭りだとは知りませんでした。

パフォーマンスのルールも
・鳴子を持って前進する振り付け。
・曲のアレンジは自由だが、よさこい鳴子踊りのメロディーを必ず入れる。
・地方車は各チーム1台(必須)。
というのみ。

テンプラキッズや増田セバスチャンが携わったダイヤモンドダイニングの原宿なよさこいチームがいたり、自由度が高くていいですね!

私の高校の同級生も原宿のスーパーよさこいなんかで踊ったりしていましたが、全国各地にYOSAKOIが拡がるのも戦後生まれの自由度の高さが一つの因子かも。番組ではよさこい移住支援の取り組みや、海外へのアンバサダーといった取り組み等の開かれ具合も戦後生まれの若いフェスティヴァルだからかもしれませんね。

先日開かれた原宿スーパーよさこい、去年観に行ったのですが、EDM調のものもあったりしながら、伝統的な苦みを含んだ音楽というより分かり易いEDO ERAなニッポン音楽で、民族音楽好きとしてはちょっと物足らなさを感じながらも表参道のメインストリートを行進するのはリオのカーニバルみたいな風情があるなぁと想ってました。そういう意味でダイヤモンドダイニングよさこいチームは面白く感じました。そういえば浅草サンバカーニバルも先の土曜にやっていたようですね。東京は高円寺の阿波踊りといい、錦糸町の河内音頭盆踊りといい、全国からいいのを集めてきますね。来年はエンヘード、聴きに行きたいなぁ。

ダイヤモンドダイニングよさこいチーム ~2016高知よさこい祭り(前夜祭)

by wavesll | 2016-08-30 21:48 | 小ネタ | Comments(0)

料理のカルパッチョの語源は画家のヴィットーレ・カルパッチョから

ぶらぶら美術・博物館にてアカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たちが訪れられていたのはですが、そこでちょっとしたトリビアが話されていて。

それは『料理のカルパッチョの語源は画家のヴィットーレ・カルパッチョから』というもの。
ヴィットーレ・カルパッチョの回顧展がヴェネツィアで開かれたとき、「ハリーズ・バー」で出された赤が印象的な料理を、赤を得意とするヴィットーレにちなんでカルパッチョと名付けられたとのこと。

ちなみに鮪のカルパッチョは日本発祥で、「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務が創ったらしいです。

c0002171_23435223.jpg
c0002171_2344618.jpg
c0002171_23441485.jpg

by wavesll | 2016-08-27 23:44 | 小ネタ | Comments(2)

イースター島・モアイ像には手や、背後の尻には褌があった

c0002171_124153.jpg
c0002171_12997.jpg
c0002171_1244545.jpg
c0002171_1245750.jpg
c0002171_125102.jpg

本場のモアイは目や入墨があるのは知っていたのですが、手や褌もあるとは気づいてませんでした。チリ本土を経由すると30時間のところ、タヒチを経由だと17時間でいけるとのこと。イースター島、小笠原より近いじゃないかw
by wavesll | 2016-08-23 19:32 | 小ネタ | Comments(0)

五輪開会式動画集

東京オリンピック開会式     (1964年)


Los Angeles 1984 Olympic Opening Ceremony Full Parade of Athletes


Sydney 2000 Opening Ceremony


Athens 2004 Olympic Games - Opening Ceremony, English Subs & Greek commentary


Beijing 2008 Summer Olympics Opening Ceremony - Australia 7 (English/Chinese Lyrics Subtitles)


The Complete London 2012 Opening Ceremony | London 2012 Olympic Games


c0002171_2093462.jpg


近年の五輪開会式はOlympic公式アカウントがULしているので、その内リオ五輪のもみれると想います。

スタジアムを使った美しい舞台芸術、五輪開会式。TOKYO2020、ハラハラしながらも楽しみです。でも『シン・ゴジラ』もハラハラしながら見たけど会心の出来だったし、期待!アニメ人脈を使うのもアリかもしれませんね^^
by wavesll | 2016-08-06 20:16 | 小ネタ | Comments(0)