「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:小ネタ( 464 )

宮川香山 眞葛ミュージアムへ行ってきた

みなとみらいにある宮川香山 眞葛ミュージアムへ行ってきました。
c0002171_11203176.jpg
c0002171_11205844.jpg
c0002171_1121818.jpg
c0002171_11213625.jpg
c0002171_11214725.jpg
c0002171_1122164.jpg
c0002171_1122144.jpg
c0002171_11222785.jpg
c0002171_11224310.jpg
c0002171_11225798.jpg
c0002171_11231212.jpg
c0002171_11233222.jpg
c0002171_11235755.jpg
c0002171_11248100.jpg
c0002171_11242081.jpg
c0002171_1124388.jpg
c0002171_11245159.jpg
c0002171_112545.jpg
c0002171_11251598.jpg
c0002171_11252572.jpg
c0002171_11253646.jpg

サントリー美術館の展覧会は見逃してしまったのですが、日美で香山が横浜の人だと知り、このミュージアムを知りました。土日のみ開館で、500円。今は写真OKだそうです。

宮川香山の眞葛焼き、特に高浮き彫りは現代でも製法が完全に判明してはいないそうです。係りの方に聴いたら、なんと3度も焼きを入れるとのことでした。

海外で人気だった眞葛焼き、横浜は海外から文化を取り入れるばかりでなく、海外へ文化を発信する街だったのだなぁと感じ入りました。
[PR]
by wavesll | 2016-08-07 11:30 | 小ネタ | Comments(0)

五輪開会式動画集

東京オリンピック開会式     (1964年)


Los Angeles 1984 Olympic Opening Ceremony Full Parade of Athletes


Sydney 2000 Opening Ceremony


Athens 2004 Olympic Games - Opening Ceremony, English Subs & Greek commentary


Beijing 2008 Summer Olympics Opening Ceremony - Australia 7 (English/Chinese Lyrics Subtitles)


The Complete London 2012 Opening Ceremony | London 2012 Olympic Games


c0002171_2093462.jpg


近年の五輪開会式はOlympic公式アカウントがULしているので、その内リオ五輪のもみれると想います。

スタジアムを使った美しい舞台芸術、五輪開会式。TOKYO2020、ハラハラしながらも楽しみです。でも『シン・ゴジラ』もハラハラしながら見たけど会心の出来だったし、期待!アニメ人脈を使うのもアリかもしれませんね^^
[PR]
by wavesll | 2016-08-06 20:16 | 小ネタ | Comments(0)

小林一三と宝塚。エンターテイメント X 実業、ロックフェス・アイドル・漫画・アニメ・映画の原型の創生期

NHKBSプレミアム、新日本風土記にて、宝塚が取り上げられていました。

中でも面白かったのが実業家、小林一三。
温泉街だった宝塚に鉄道を通し、歌劇団を立ち上げる。
c0002171_17522146.jpg

wikpediaで小林一三の来歴を読むと、
慶応義塾で福沢諭吉に学び、阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。日露戦争後に大阪に出て、鉄道を起点とした都市開発、流通事業を一体的に進め、六甲山麓の高級住宅地、温泉、遊園地、野球場、学校法人関西学院等の高等教育機関の沿線誘致などを電鉄に連動させ日本最初の田園都市構想を実現し、相乗効果を上げる私鉄経営モデルの原型を独自に作り上げた。政界では、第2次近衛内閣の商工大臣を務めて革新官僚の商工次官・岸信介と対立、1941年(昭和16年)から貴族院勅選議員、幣原内閣で国務大臣、初代戦災復興院総裁を歴任したが、戦後公職追放となった。
とのこと。

東宝って"東京宝塚"から来てたんですね!東急の創業にも大きく関わり、まさに桃太郎電鉄というか、実業の大物ここにありといった様相。もはや島耕作を超えてますね。

宝塚歌劇団に関するエピソードでも、宝塚の大階段は、座席数を増やしてチケットの値段を増やしたから、誰でも見やすいようにと一三が作らせたそう。エンターテイメント興業と実業の目という意味では現代でいうとRIJFにおける渋谷さんのような凄腕さ。地域経済という意味ではFujirockにおける日高さんに代表されるロックフェスに繋がるし、宝塚歌劇団は日本におけるアイドルグループの原型ともいえるかもしれません。宝塚育ちの手塚治虫にも大きな影響を及ぼし、何しろ東宝の社長なのだから、日本のカルチャーにここまで大きな影響を及ぼした人もなかなかいない。飛び抜けた人をまた知りました。
[PR]
by wavesll | 2016-08-06 18:02 | 小ネタ | Comments(0)

年代物のバイクパーツを使った自転車 AGNELLI MILANO BICI

c0002171_20153454.jpg


AGNELLI MILANO BICI

ファッション通信でやっていた年代物のバイクパーツを使ったアンティーク調の電動自転車、一目惚れしたのですが、日本未上陸とのこと。まぁ、こんなの乗ってたら速攻盗まれそうではありますw

c0002171_20183068.jpg
c0002171_20184236.jpg

[PR]
by wavesll | 2016-08-04 20:19 | 小ネタ | Comments(0)

ルノワール展@新美

c0002171_1942578.jpg
オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展at国立新美術館へ行ってきました。

光度の低い美術館内で、ルノワールの朗々と晴れやかな作品が光を射すのはクラブのフロアの如し。現代における『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』かの様でした。

何しろ一番見たかった『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』。まず"こんなに大きかったのか"と。絵のライフサイズを知れるのは美術館ならではですね。そのタッチの優美さ。淡いとはっきりしたタッチの部分がありました。日美で“こちらを見つめるカップルがいて引き込まれる”と誰かが述べていましたが、現実に新美のフロアで絵に群がる人々も、まるで映画に集う人、または絵の舞踏場が拡がった様な感覚がありました。

とはいえ、『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』は穴が開くほど今まで見てきたので、絵として一番インパクトがあったのは冒頭の『猫と少年』の仄青黒い質感と、それに並んで展示された『陽光のなかの裸婦(エチュード、トルソ、光の効果)』の対比でした。

ルノワールは数多くの肖像画を残しています。中でもパリらしく黒を纏った女性の肖像画群では、秘密が人を美しくするような『ヴェールをつけた若い女性』と、明るく可愛らしい『読書する少女』が良かった。他にも肖像画では『クロード・モネ』や白髪の『リヒャルト・ワーグナー』なんてのもありました。

ルノワールは「風景画ならそのなかを散歩したくなる絵画は好きだ」と述べたそうです。『セーヌ川のはしけ』の明度の高い色合いや、『草原の坂道』の構図はまさに散歩したくなるような風景でした。『バナナ畑』なんて題材の絵もあって面白かった。『漁村の村』が切り取った一瞬の光景は美事でした。

面白いモチーフでは山盛りの苺を描いた『イチゴ』なんてのも。少女の美しさが引き立つ『ぶらんこ』も面白いモチーフ。その隣の『アルフォンヌ・フルネーズ』も憂いを帯びて綺麗でした。美しい女性画では『手を組んで座るブルネットの少女の肖像』がベストガールでした。(これは画像が見当たりませんでした><)

彼は子供も多く描きました。『ジュリー・マネ』の子供らしい表情、『シャルロット帽をかぶった少女の肖像』の可愛らしさ、『ガブリエルとジャン』は息子と奥さんのいとこを描いた作品。ガブリエルは他にも何枚かあってブルネットが美しい。息子ジャン・ルノワール自身の映像作品も展示されていて、映像作品『ナナ』『フレンチ・カンカン』。ゾラの作品の映像化だそう。当時のフランスのダンスホールってこういう感じかと『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』に通じて面白かった。三男クロードを描いた『道化師(ココの肖像)』も良作でした。

ルノワールは花を描くとき安らかになれたそう。女性の肌の質感をバラから学んだそうだが『ピアノを弾く少女たち』の幸福感や『バラを持つガブリエル』や『ガストン・ベルネーム・ド・ヴィレール夫人』に成果が現れていました。

ルノワール以外の画家の作品ではジャン・ペロー『夜会』がホキ美術館のみたいな精緻さ。ジョバンニ・ボルディーニ『ムーラン・ルージュでの宴の情景』も鮮烈。フィンセント・ファン・ゴッホ『アルルのダンスホール』もデザイン性が高い絵で好きでした。そしてルノワール以外でベストはアンリ・マティス『布をかけて横たわる裸婦』意思の強そうな直線的な描画の女性が好きすぎました。

また変わり種ではリシャール・ギノと組んだ彫刻『しゃがんで洗濯する女性(大)』やブロンズのメダイヨン『ココ』なんかもありました。

一つのクライマックス、『都会のダンス』と『田舎のダンス』。どちらにも温かい目をルノワールは向けていました。女性はそれぞれ田舎は妻アリーヌだったり都会は元恋人シュザンヌ・ヴァラドンだったりするとキャプションに書いてあったのですが、男の髪型が似てるなと聞いてみたら男の方はモデルが同じらしいです。

ルノワール展、かなり混んでいましたが、良い感じの展覧会でした。

cf.
ゴダールをして 〈フランスで唯一の偉大な探偵映画〉、ジャン・ルノワールによるフィルム・ノワール以前のフィルム・ノワール「十字路の夜」がソフト化(Mikiki)


ルノワールの造形~セザンヌとの関係において (アートの発見)
[PR]
by wavesll | 2016-08-03 19:25 | 小ネタ | Comments(2)

小さな旅のテーマ曲が存外に格好いい

小さな旅~光と風の四季


何気なく番組をみていてパーカスがいかしてると想って、調べてみるとルパン三世シリーズの音楽を手掛けた大野 雄二さんによる作曲だそうで。どうりでこのクオリティなわけだ。中盤のギターも沁み入る良さ。意外なところで名曲に出逢えました。
[PR]
by wavesll | 2016-07-28 18:16 | 小ネタ | Comments(0)

メイプル超合金のドドパドドパドドパな曲

Eliete Negreiros - Outros Sons (Arrigo Barnabé e Carlos Rennó)


【腹筋崩壊!】メイプル超合金まとめ 「ガキの頃見た街の変わり者に自分がなるとはな」


Eliete Negreiros - Outros Sons (1982 - Full Album)


サンパウロ・アヴァンギャルド・シーンにおいてもとりわけぶっ飛んだセンスとバランス感覚で作り上げられたスペーシー・アヴァン・トイポップの名作。TVだと親しみにくさの面でそぐわないかも知れないけれど、LIVE DVDとかのEDロールに使うと合いそう。
[PR]
by wavesll | 2016-07-28 12:19 | 小ネタ | Comments(0)

Handmade In Japan Fes' 2016 初日

東京ビッグサイトで行われているハンドメイドインジャパンフェスに遊びに行きました。
c0002171_8501085.jpg
c0002171_8502491.jpg

中に入るとハンドメイドの雑貨などが即売会されていて、感覚としてはすっごいお洒落で綺麗な雰囲気のコミケという感じ。

そして愉しみの一つがライヴステージ。ミツメ、みました。
c0002171_8555657.jpg

ミツメ、素晴らしかった。最初はローギアから始めて徐々に高度をあげ、クライマックス!そしてWクラマで大団円◎音の繊細さやその中に事件性を入れる感じやグルーヴがしなやかにある感触がこのフェスにぴったりだなと思いました。

ミツメ - Blue Hawaii Session


会場を回ります。いくつかの店で出店者の方に声をかけて写真を撮らせていただきました。
この他にもスワロフスキーや革製品や3Dペンのワークショップとか、グラノーラやパン、ケーキの店なんかも。蜂蜜の舐め比べや、ンビラとカリンバの違いは空洞があるかどうかとか、楽しかったです。

c0002171_9317100.jpg
c0002171_9336100.jpg
c0002171_934846.jpg
c0002171_951736.jpg
c0002171_952710.jpg
c0002171_954067.jpg
c0002171_95518.jpg
c0002171_96174.jpg
c0002171_9111894.jpg
c0002171_9113245.jpg
c0002171_9114155.jpg
c0002171_9115287.jpg
c0002171_91231.jpg


そして再びライヴステージ、友達の目当てのfox capture plan.
c0002171_9142582.jpg


fox capture plan / 疾走する閃光


Youtubeで聴いて"あぁ疾走系J-JAZZか。ゼロ年代のクラブジャズからの流れかなぁ"と想っていたのですが、実際に聴くとこれはダンスミュージック、取分けEDMを如何にJ-JAZZでやるかというプロジェクトに感じました。コントラバス型のエレキベースが効いていて、この低音の太さがEDMへの対抗馬足らしめていました。ZEDDあたりと対バンして欲しいなぁ。キーボードの人がくるりの岸田っぽかったけど、京都の人なのかな???

悪意1000%のブース!「“リンネ”、“インガ”好きでした」といったら「もう廃番なんですよ」と。十年くらい前だもんなぁ
c0002171_9233046.jpg

クラフトビールの店も。ジャイガンティックIPA。かなり美味しかった。
c0002171_925121.jpg


そしてMonday満ちる!この日のベストアクトでした!
c0002171_9274131.jpg

Monday満ちる、プリンス、ブランニューヘヴィーズと来て、スペイン!そしてオリジナル曲やブラジルっぽい曲!腕っこきの実力派ってこのことだなと。Monday満ちるさんは、フルートのようにスキャットし、スキャットのようにフルートを吹くのだなぁと想いました。

Monday Michiru Live at Java Jazz Festival 2013

SPAIN / Monday満ちる


c0002171_9352630.jpg


そしてトリはスチャダラパー!この日一番の人気!
c0002171_9371066.jpg

ライツ・カメラ・アクション!GET UP AND DANCE!今夜はブギーバック!鉄板の楽曲群に加え、新曲も!そしてラストはサマージャム2016!何度もこの光景を繰り返し見ていた気がする。夏の熱のデジャヴュ。涼しい日が熱くなりました!

GET UP AND DANCE[LIVE] / スチャダラパー


SDP (Scha Dara Parr) - Summer Jam 95


このフェス、Creemaというサイトに店を出してる人たちが出店してるそうです。この楽しいマーケットとライヴで1200円とはいいなぁ!今日はbirdとか土岐さんとかでるみたいです。楽しかった!
c0002171_9442569.jpg
c0002171_9443742.jpg


cf.
WONDER FESTIVAL 2015 WINTER 写真レポ

Yasei Collective live at Bluenote Jazz Festival & LHRの御2人
WONK インストアライヴ at TOWER RECORDS Shibuya
jahguidance インストアライヴ at 渋谷タワーレコード
JTNC時代のニュアンスはバナナマン的?? -TAMTAM インストアライヴ@新宿タワレコに揺らされて
[PR]
by wavesll | 2016-07-24 09:44 | 小ネタ | Comments(0)

良識の府と選挙フェス ―音楽に政治を持ち込むのはいいと想うけれどその逆はどうだろう?????

20160623三宅洋平 選挙フェスDay2 JR高円寺駅北口 東京都選挙区 参議院選挙


さて、私は結構な頻度で渋谷へ訪れるので、選挙フェスなるものを生でちらっとだけ見たことがあります。ギターが爪弾かれる中で山本太郎氏が熱っぽく語りかけていて、"あぁ、音楽パフォーマンスとしては面白いけれど、政治でこれやられるのは俺は厭だなぁ"と、早々にスルーして、これまで三宅洋平氏の動画も触れませんでした。

で、投開票日、見事に三宅さんが落選したのを知り、ようやく安心してみれるなと想って上の動画を観ました。
音楽伴奏に熱っぽい語り掛け。あぁこれに"魂"とか感じちゃう人もいるのかもなぁと感じました。魅力があるのも伝わりました。

ただ、肝心かなめの演説を伴奏込みでするのは、自分は単純に反対なんです。
語っている内容とは関係のない要素で魅力がドーピングされるからです。

これがロックバンドが音楽として、心情の吐露の表現としてやるなら、或いは舞台劇で独白するなら何の問題もないし、或いは外山恒一の政見放送 [2007/03/25]や以前の鳥肌実的にネタとしてやるなら全然好きなんですが。実際、私はエレファントカシマシのアジテーションは最高に愛している人間です。忌野清志郎しかり社会的な要素が表現をさらに高めることがあると想っています。ただ、政治をまじめにやろうと立候補するなら、身一つ、身体と知力で勝負してもらいたいのです。

外山恒一の政見放送 [2007/03/25]


【右翼】鳥肌実!伝説の自己紹介スピーチ!!


エレファントカシマシ「ガストロンジャー」(Live Ver.)


エレファントカシマシ「コールアンドレスポンス」


Kiyoshiro Imawano - Kimigayo ~ 忌野清志郎 - 君が代


頭の固い人間なのかもしれませんが、自分はニュース番組なんかでもBGMで印象操作演出をするのは本道ではないと想う人間なのです。音楽を愛している分だけ、音楽の魅力に陶酔してしまう人間だからこそ、報道や政治といった分野を本業とする人の音楽の使い方には過敏になってしまうのかもしれません。

勿論、語り口や姿勢、ジェスチャー等も演説の技術ともいえるし、政治家には人を引き付ける魅力は不可欠です。でないと代表者として民意は託されないと想います。しかし、音楽にしろ、服装にしろ、声色にしろ容姿にしろ、そういった"飾り"の魅力を取り払って三宅さんがWebにあげた文章を読むと似非科学やら不用意な差別発言やら地震兵器などの陰謀論やら、とてもじゃないけれど支持はできない人だなぁと想います。

究極的には政治家に私が求めるのは知力なのだろう、と想います。勿論胆力や迫力も必要ですが、国会や外交の場には楽団は連れていけませんから。

そもそも参院選は"良識の府"のはずです。大学教授であったり作家であったり知力がある有識者達が、ともすれば迫力や党勢で決定をしてしまう衆院の案に対して議論を深めていく場であるというイメージだったので、人気頼みのスポーツ選手であったり、疑似科学を信じてしまう人はいれたくないなぁと想うのです。旬を過ぎた芸能人が政治勉学も積まずに第二の華を咲かせようとするのを見ると苦い顔になってしまいます。

小室直樹 山本七平共著の『日本教の社会学』において"「空気」メカニズム"が語られていましたが、今は音楽流す政治家なんかうさん臭いという空気が流れているから(それでも24万票入りましたが)落選したけれども、空気が変わったらどうなるかわからない。そもそも今のアベノミクスに関しても「期待したいというマインド」で持ってるような感覚があります。

そういったときに良識の府に期待したいのは『日本教の社会学』で語られるところの「空気に"水を差す"」行為です。事実と数字で水を差すそのチェック機能に期待するのが本道だと想います。

現実には比例代表制が導入され、かつての良識の府は情勢が変わってしまい、党同士の闘いでは相手の批判だけでなく自らのヴィジョンが試される選挙に参院選もなったと想いますが、出来ることならば知力の府になってもらいたいものだと、心から思います。と同時に"有識者"の人たちには三宅さんがウケたとしたらその要因を研究し身体的なところに反映させてほしいなとも思いました。また犬式、或は三宅さんのソロで七尾旅人の『兵士A』みたいな作品を出したら、かなり好きになるかもしれません。

cf.
『日本教の社会学』読書ノート1 日本は民主主義でも自由でもない


『日本教の社会学』読書ノート3 「空気」メカニズム


ExtremeからNormcoreへ。Webがもたらした適温主義 追記:副作用としての保守化


池上彰さんにお願いしたい事 参院選マスメディア雑感



七尾旅人『兵士A』予告編 / TAVITO NANAO『Soldier A』trailer

[PR]
by wavesll | 2016-07-11 19:01 | 小ネタ | Comments(0)

MAS QUE NADAはQUE SERA, SERA

Sergio Mendes & Brasil 66 - Mas que nada (introduced by Eartha Kitt / Something Special 1967)


BS TBSで放送されている一時間かけて一つの名曲の逸話を取り上げるSONG TO SOUL~永遠の一曲で『マシュ・ケ・ナダ』が取り上げられていました。

元々この曲はジョルジ・ベンが作ったもので、リオ、コパカバーナの小路、ベッコ・ダス・ガハーファスでのジョルジ・ベン、セルジオ・メンデス、ワンダ・サーの出会いなども取り上げられました。

c0002171_1642120.jpg


マシュ・ケ・ナダというと"オ~・アリア~・イオ、オバー、オバー、オバー"というサビですが、この歌詞の意味、セルジオも"意味はないんだけどノリがいいから覚えてもらえる"と言っていて、音楽ってフィーリングだなとw
c0002171_16443586.jpg


ところがジョルジ・ベンに訊くと…
c0002171_16451887.jpg

!?
c0002171_16462960.jpg
c0002171_16475197.jpg
c0002171_1657522.jpg

意味しっかりあるじゃないかwwww

ちなみに『MAS QUE NADA』も当時のスラングだそうです。
c0002171_16491058.jpg


この間水曜日のダウンタウンで"バンドTを着ている人にそのバンドのイントロクイズ"をする企画をしていて、正答率10%くらいだったのですが、演奏してる本人も曲のことをわかってなくても大ヒットできるんだからつくづく音楽の魔法というか、"知識じゃない、フィーリングでやるかどうかだ、MAS QUE NADA(さぁ!さぁ!)"ですね。

頭でっかちよりも野性味というか、身体的なカンがものをいうクリエイティヴな世界。ジョルジ・ベンに言わせるとこの曲を作ったころはエレキベースやマラカトゥという黒人ルーツの音楽に嵌っていたそうです。

その原曲を、また全然異なるアレンジでインターナショナル・ヒットにしたセルメンの手腕、流石…!

c0002171_165201.jpg

MAS QUE NADA(勘弁してよ)w
[PR]
by wavesll | 2016-07-10 16:56 | 小ネタ | Comments(0)