カテゴリ:漫画( 73 )

『新幹線大爆破』 劇は世につれ男の色気は挑みにつれ

BSプレミアムでやっていた『新幹線大爆破』、思わず見入ってしまいました。
c0002171_19511476.jpg

「速度が80km以下に落ちると爆発するダイナマイトを新幹線に仕掛けた」という脅迫から始まるこの映画、手に汗握る展開に魅入られました。

カット割りやアクションは現代の映画の方が凄いのはわかるのですが、俳優が持つ迫力が物凄い。75年制作。まだ戦中派が社会の中に居た頃の、荒々しい野性味が、当時の俳優の顔から滲み出ていました。

また昔の日本の光景がまたみていて嬉しい。新幹線0系、ほんとに懐かしい!また出てくるクルマもかっこいいんだ、これが。

70年代の文化には憧れがあるというか、音楽も和爵士で格好良いんですよ。65年の作品ですが『網走番外地 北海篇』のBGMもジャズで格好良かった。健さんとJAZZ/FUNKは似合いますね。

Hachirou Aoyama - Ransom Plans Start


Hachirou Aoyama - Super Express 109 - 1975 Soundtrack Funk - Train Breakdown


物語の一つの肝はATS(自動列車停止装置)、この新技術を初めとする「新幹線というニューテクノロジー」が、人間の手に余るレベルで、そこに潜む脆弱性を犯人に突かれるという話。新しい技術は、新しい物語を作りますね。そういった意味ではこの作品は『her』なんかと同じで、時代を写す映画である。時代は俳優の顔にも、しゃべり方にも、そして舞台となる光景にも刻まれていて、映像作品の力強さを感じました。

男の色気は、以下に命を張って生きているかなのかもなとも。この映画では犯人グループですが、ヤクザや賭博といった犯罪者たちは、悪だから格好いいのではなく、破滅と隣り合わせの危険さが匂うから、格好いいのだと思いました。と同時に、そういった男は世を治める側には回れないとも。安全圏に居ない、ということはカタギの道でもできるかもしれないな、どっかで勝負していれば。なんてのも想いましたね。そうしてみたときに、鉄道側の指揮を執った宇津井健の格好良さ。正義とは苦悩し続けることかもしれません。秩序を守ることがいかに人を消耗させるか。犯人のロマンと正義の苦み。勝負に挑む男は格好いいですね。
by wavesll | 2016-06-06 20:10 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

テラフォーマーズ―バトルロワイヤル、エヴァ―ナウシカ。連綿と紡がれる物語の日々

nego - Ants


金曜の晩、ふと思い立ち、地元の漫画喫茶で深夜6時間パックで『テラフォーマーズ』を一気読みしました。火星に繁殖したヒト大のゴキブリと、昆虫の力を身に付けた人間たちの戦い。いやー、これが痛快無比に面白かった。

この面白さってあれに似ているなと想ったのは、初めて小説『バトルロワイヤル』を読んだ時。次から次へと新能力を持ったキャラが出てきて、生き死にのスリリングが描かれる。戦闘そのものの面白さ、火星へ送られる人たちはもはやそれ以外に逃げ場のない人間が多く、後がない状況で純粋に、任務遂行の為に命を懸けるところが痛快でした。

地球での世界各国首脳による政治戦は『沈黙の艦隊』を思わせ、昆虫の力を使う能力バトルは『ハンターハンター』のキメラアントを思わせる。集団バトルは『GANTZ』っぽくもあるかな。何より、一気読みしたのも作用したのか、このクライマックスの波状はドラマ24みたいだと思いました。そういった数々の作品のいい処の合成獣として、面白さがブチ上がった作品だなぁと思いました。

この年になると"良い作品"をみても過去作を想起してしまうことが多くあります。例えばチラ見した『妖怪ウォッチ』は、ポケモンというよりはドラえもん的な面白さを感じたし、『テラフォーマーズ』も上記したような様々な作品を想起させます。でも、それっていうのは何も悪いことではなくて、人間、10年前も、100年前も、1000年前も人間で、"面白いと感じる要素"は変わってないわけです。
先人が生み出したメソッドを土台に改善・創新していくことで、今の時代に合わせた作品が作られていくのでしょう。F先生だって、高見先生だってきっと素材となった元ネタは(漫画でなかったにしろ)あって、そこから膨らませていったのでしょう。

そして、昨日、朝方家帰って寝て、昼起きたらブックオフへ何かないかと立ち読みしに行ってしまいましたwひっさびさにマンガ読んだせいで一気に漫画づいてしまったんですw

貞本エヴァの読んでなかった部分を読み切り、あぁ、これで俺の中でエヴァは完結しきったなぁ、2015年に終われて良かったよかったなんて想った後、手を付けたのは宮崎駿『風の谷のナウシカ』。これが圧倒的な作品でした。

ここで『テラフォーマーズ』の話に少し戻りますが、これだけ話題になってたのに手を付けていなかったのはどうも絵柄が苦手な部類というのと、実際読んで思ったのですが、キャラの書き分けがイマイチ良く分からなかった部分があるかもしれません。そして実は『ナウシカ』もその細密な描写と書き分けが良く分からないキャラ描写がどうも苦手で、何度か漫喫で読もうとしては止めていたのです。今回ようやく読めるようになったのは、逆に最近漫画を余りよんでなかった分、漫画の面白さが新鮮で拘りなく読めたのと、歳を重ねて楽しめる範囲が広がったのかもしれません。

『ナウシカ』で描かれる戦争は、古典に描かれるような正調の戦争描写でした。自分が読んだ作品の中だと、『坂の上の雲』にも通じるような、矍鑠として誇りある尊敬できる年上の人物が出てくる戦争ものといった具合でしょうか。環境の腐敗、家族間での軋轢、そして脅かされる市井の人々、、、戦火の恐ろしさと、人間の清濁、そして社会が描かれていたのも印象的でした。

印象的なセリフに「苦悩の深さが、精神の深さだ」というようなものがありました。なるほどなぁと想うと共に、確かに『バトルロワイヤル』や『テラフォーマーズ』には"そうせざるを得ない戦"は描かれていても、そこに迷いはなく、最後は戦闘に純化していく姿が描かれていたなぁと思いました。単純と言っては憚りがありますが、戦争の現場で単純化される人間性を娯楽として見せすぎというか、ここに何らかの哲学を持った魅力ある敵キャラや、"正義"の方に"迷い"を描ければ、更なる名作になるかもなぁと思いました。”人間社会の玄妙さが失われるドラスティックな改革”に対して迷いを今自分が持っているという事もあるかもしれませんが現実に対立する敵が怪物である限り、自らも怪物へトランスフォームさせなければ闘えないと知りながらも、圧政者によって自由を失ってしまう。。難しい所です。

そう、"自由意志こそが本当に守るべきもので,生ぬるく意思のない平和ならば、対立や戦火があっても生きる意志のある方がましだ”という宮崎駿の強烈な思想を『ナウシカ』からは感じました。一種の楽園を拒絶する姿勢は、戦闘的ですらあります。この思想はシンジが人類補完計画を拒絶するという形で次代へ受け継がれましたね。

映画版『ナウシカ』は原作全7巻の1,2巻しか描けてないというのは本当で、その後の描写も描いてほしいなぁ友思っていたのですが、『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』を思わせるシーンがそこかしこに合って、あぁ、こうして自分の原点を繋いで行ったのだなぁと思いました。そして『ナウシカ』自体も『オデュッセウス』の登場人物から着想を得たと。連綿と続く物語の日々を享受するために、改めて最新作と古典双方をDigっていく必要があるなぁなんても思いましたが、最後に今回こんなに漫画を愉しめたのは、勿論作品が面白かったのもありますが、久々にマンガ自体に触れた新鮮味もあると思います。

実際『テラフォーマーズ』は今は掲示板なんかでは「終わりつつある漫画」とされているようです。同じ刺激には飽きてしまいますからね。本当は演者だって、娯楽に餓えてる客に提供する方が意義深く感じるんじゃないかって想います。エンターテイメントで脳内麻薬出すこと、単なる消費に意味を見出そうとすると、シシュポスのような虚無に囚われそうになる。ましてやその刺激に飽きてしまっているのにまだ噛み締めようとする文句タラタラの客の為に書くことには、そして読んでいる方も幸せではないでしょう。

しかしそんな行為に意味があるとすれば、"本当に欲してる人に届けるために"産業を成り立たせる糧になっているということでしょうか。客として、あるエンタメに飽きたら無理しないで別のエンタメに行ったり、或いはエンタメ刺激を絶って、飢餓を得ることを望むと共に、今の文化生産者の夢のない経済状況を聴く限りでは、文化を支える人もまた文化人なのだなと想ったりもしました。
by wavesll | 2015-06-14 16:47 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

ピューと吹く!ジャガー

c0002171_1130681.jpg「わかる」と「わからない」の境目を滑降し続けるコミックス。
題材があまりに世俗的で、文化的共通体験に根ざしたものだからお子様にも安心してお勧めできます。
どこまでフリーキーにやれるのかってのはシュール漫画の永遠の課題だといえるけれども、うすた先生は間違いなく偉大なる現代のトップランナーのひとりだろう。
by wavesll | 2006-09-12 11:30 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

軍鶏

c0002171_11292749.jpg闇の中で煌く虹。空手。己。拳。
殺意と殺意が交差する。
ナルシマリョウが堕ちていく闇は、あまりに深い。
その中で悦ぶ様にもがく姿はあまりに美しい。
by wavesll | 2006-09-12 11:29 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

クレヨンしんちゃん

c0002171_11285213.jpg春日部市の怪物、現代社会の申し子、チョコビ大好きのはらしんのすけの生態を描いた漫画。
さすがアクションに連載されていただけあって、天真爛漫に毒を振りまくセンスは爆笑モノ。
それでいて、時には泣ける親子エピソードも盛り込んであるっていうんだから奥さん買うしかないですよコレ。
ごろ寝のお供にどうぞ。
by wavesll | 2006-09-12 11:29 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

NHKにようこそ!

c0002171_11281045.jpg良質なアニメ番組を作り続けているNHKは悪の秘密結社「日本ひきこもり協会」だったのだ!踊るひっきー駄目人間がエロゲ製作を武器に自らの人生と向き合う!

原作の暗さは取り除かれ、明るくお色気も入り、楽しい出来になっている。しかしにじみでる廃人生活の実感が、作品にコントラストを与え、更にいい味が出ている。

巻末のエロゲプロットが必死な感じが良く出ていて二重丸。
by wavesll | 2006-09-12 11:28 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

サトラレ

c0002171_11273220.jpg自分の考えていることが相手に伝わってしまう代わりに、天才的な頭脳を持っている「サトラレ」と、彼らを取り巻く社会環境を描いた作品。
細かいところに演出のこだわりが散見され、「ありそう」と思わせる出来になっている。
たぶん誰もが「俺って実はサトラレなんじゃないか」とか思って「周りのヤツ、俺は知ってんだぞ」とか心の中でつぶやいたことがあるはず。
非常に人間くさい部分が良くかけていて楽しい。
by wavesll | 2006-09-12 11:27 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

漂流教室

c0002171_11265243.jpgある日突然小学校が異空間へ漂流してしまった!子供達、大人、そして人間の残酷さ、醜さ、恐怖が表出する!

異次元の漫画。ぐいぐい飲み込まれて、気がついたら読み終わっていた。

絶望と希望が交差するラストに救いを感じた。
by wavesll | 2006-09-12 11:27 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

オールド・ボーイ

c0002171_11261215.jpg強烈な自我を持った者同士の戦争を通して描かれる澄み切った智と精神の物語。
極めて哲学的にアウトサイダーの苦悩が浮き彫りになっており、読んでいて感じるものは愛だ。
愛は人を弱くする。愛は人を強くする。
極めて合理的に物語は終わるが、根底に流れる精神は愛の希求だった。
by wavesll | 2006-09-12 11:26 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

シグルイ

c0002171_11252636.jpg隻腕の剣士と盲目の剣士が将軍の眼前で果たしあう様から始まるこの物語は、異形の死狂い達の情念の炎が燃え盛っている。
一つ一つの動作に意味があるように、一つ一つのコマからあふれ出る「意味」は、読む者の血を沸騰させるに十分な迫力だ。読むべし。
by wavesll | 2006-09-12 11:25 | 漫画 | Trackback | Comments(0)