<   2005年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

全てがwebになる

インターネットというものが出来てから幾年月。情報技術の進化はとどまるところを知りません。少なくとも今はそう思えます。

今とこれからのwebを書こうと思ったのですがとてもじゃないですが題材が大きすぎて1度に書けそうに無いことは分かっていたので、分割して統治することにしました。

これから書くことはかなり当てずっぽうながらもしかしたら起こりえるかもしれない未来のことです。

細切れの総和からまた新しい挿話が生まれればいいなぁと考えています。

episode1 revolve

episode2 極東最前線で妄想するiPodな未来

episode2.5 iPodとRSSは似ている

episode3 スタンドサイト論

episode4 今こそレコード全盛時代だろ!?

episode5 オーガニックなユビキタス社会のアイディアを北欧に探る
by wavesll | 2005-02-28 23:26 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

episode1 revolve

引き金を引いたらリヴォルヴァーが回って弾が打ち出される。標的を撃つと同時に標的を撃たされているのだ。

Googleはせっせと新しい型のリヴォルヴァーを作ってきた。URL、画像、そしてキャッシュ。amazonと組んで全ての商品にトリガーをつけるなんて真似もしてる。そしてTV番組もweb流通に組み込もうとしている。

本だってそうだ。青空文庫みたいな地味ちぃな方法じゃなくて図書館まるごとスキャンだ。全てをwwwに流し込むのがわれらの目的だといわんばかりだ。

弾作りも進んでいる。パソコンから任意のにおいを出す装置も既に製品化されているし、3次元画像を霧の中に浮かべる装置も出てきた。においのほうはもし「光の3原色」みたいなのが見つかったら相当面白いことになるだろうし、21世紀中に3次元TVがでてくるのは間違いない。

音声認識や触感通信も結構なレベルまで進んでいるらしい。3D映像の女優と自分自身がセックスをするアダルトコンテンツがでてくるのも時間の問題かもしれない。更にいえばMMOなんてのも出てしまう可能性すらある。これで単身赴任や遠距離恋愛の恋人どもも毎晩やりまくりだ。

生体情報が最も重要なキーになるのは間違いない。絶対に失くさないIDだ。例えば虹彩をクレジットカード番号がわりに使う日もやってくるだろう。だから、ヴァーチャルセックスソフトにスパイウェアが仕掛けられて生体フィッシングなんてのも起こるかもしれない。

端末がロボットとなる可能性も有る。クラックされてロボットが人を殺す事件も起こされるかもしれない。別に大きな力は必要ない。遠距離手術中にほんのちょっと手元を狂わせるだけでいいのだ。

おそらく今後「生」の意味が変わる。同時というのはあまりにも容易く行えるようになるからだ。同一空間での空気の振動と化学物質の応酬と光の刺激が"LIVE"となるのは間違いない。

これからの時代を生きる人は今までより更に鋭敏になる必要が有る。なぜなら私たちはまだ世界を全然再現出来ていないからだ。いわば粗いドット絵のようなものだ。さらに滑らかに描写するには更に繊細な感性が必要となる。人工物の粗い刺激に慣れていては感性は養えない。Natureに潜って、潜って、科学を進めていくしかないだろう。

もしマトリックス並みの宇宙を作ることが出来ても、今いる世界で飯を食わねばいけないからこの世界の価値は残る。永久運動器が作られない限りは。人間全てがデータとしてwebに流し込まれない限りは。
by wavesll | 2005-02-28 23:11 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

INVITATION

ひょんなことからGmailに加入することが出来ました。で、招待状が50通ほどたまっているので、「くれよー」という方に送ります。

と、いうことでちょい興味有るなーと思った方はその旨とメアドをコメント欄に書いてください。あとサイト持っている方はURL教えてもらえると嬉しいです。
by wavesll | 2005-02-28 16:26 | 私信 | Trackback | Comments(9)

アクセス数の向こうを覗いてみよう!

サイトを持っている人なら、あるいは持ってない人でもウェブサイトのカウンターというものを1度は見たことがあると思います。大抵今までの閲覧人数の総和がのってるんですがたまに本日と前日の閲覧人数がのってる奴とかありますよね。エキサイトブログはトップにはないのですが、管理画面では見れるんです。
おかげさまで鴎庵も通算9,000hit達成できました。まことにありがとうございます。
m(_ _)m

でも、数字だけ見てもなんか実感わかないというか、よーわからんので今日はちょっと視覚化してみました。ではどーぞご覧ください。

c0002171_023763.jpg5hit アミノレンジャーレベル

c0002171_065698.jpg40hit 学校の教師レベル

c0002171_08481.jpg100hit イナバレベル

c0002171_0102573.jpg400hit イナバ物置4個レベル

c0002171_0133542.jpg
2,500hit Zepp Tokyoでライヴレベル

c0002171_0161220.gif55,000hit 東京ドーム1個分レベル


やー、1日100hitっていうのもイナバ物置埋まっちゃうのですから凄い感じですね。今後も地道にだらだら続けていくつもりっす。夢はやっぱ武道館(13,700人)かなー。
by wavesll | 2005-02-27 00:22 | 小ネタ | Trackback | Comments(2)

自らを由(よし)とする

中村勘九郎の『福沢諭吉』を見終わりました。凄いドラマでした。
熱が凄いです。脚本も、役者も、セットも、小道具も、演出も、全部熱い。凄いドラマでした。

諭吉はアメリカに渡って"FREE"という概念を知り、人は生まれ待って平等に自分が生きたいように生きる権利を持っていいということに魅了されました。

地球の上の小さな島国でしかない日本と、広い世界をまざまざと眼に焼き付けて、地球全部の人間の進歩で当時一番進んでいた合衆国の考えを取り入れたいと考えました。

FREEを理解するために、最初は「天下御免」と訳していたのですが、友人との
「皆が自分のやりたいように生きればよい。みんな侍になれば良い」
「皆が侍になっては誰が米を、着物を作るのだ」
というやりとりを経て
「侍が米を、着物を作ればよいのだ。生まれは関係ない、自らを由とすること。つまりFREEとは自由ということなのだ」
という考えを開いたのです。凄いドラマでした。

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。されど人の世は賢き人あり、おろかな人あり、貧しき人あり、富めるもあり。人は生まれながらにして貴賎貧富の別なし。 
-福沢諭吉

by wavesll | 2005-02-26 17:10 | 私信 | Trackback | Comments(0)

散るアウトミュージック2nd season






冷凍都市の暮らし あいつ姿くらまし - 向井秀徳





昨日より今日が 素晴らしい日なんて

わかってる そんな事 当たり前の事さ


時間は流れて 僕らは歳をとり

汚れて傷ついて 生まれ変わっていくのさ


愛する心が どんな色であっても

優しい気持ちだけで 夜は明けていくよ


つじつま合わせる だけで精一杯の

不細工な毎日を 僕らは生きていくのさ


手を取り合って

肌寄せ合って

ただなんかいいなぁ

って空気があって

一度にそんな

幸せなんか

手に入るなんて

思ってない

遠回りしていこう


期待して あきらめて それでも臆病で

本当の気持ちだけが 置き去りになっていくよ


手を取り合って

肌寄せ合って

ただなんかいいなぁ

って空気があって

一度にそんな

幸せなんか

手に入るなんて

思ってない

遠回りしていこう


昨日より今日が 素晴らしい日なんて

わかってる そんな事 当たり前の事さ


時間は流れて 僕らは歳をとり

汚れて傷ついて 生まれ変わっていくのさ


We make it better. We take it better.
We make it better. We take it better.

『Reborn』 Syrup 16g



空転する熱に浮かされていることに気づかないと消耗してしまう。はずです。
摩擦がなくて、どこまでも回転速度は上がっていって、心臓のブレーキが外れてしまったら、またペルソナが一人歩きしてしまうかもしれません。
閾値は低くても、いつまでも渇いている場所ですから、油断しているとまた爆ぜてしまいます。

冷却しなけりゃ姿くらますしかなくなります。冷却しなけりゃ生まれ変わっていくしかなくなります。

以前の字の時より自由になったと思いましたが、現実感を失ってはあまりに不安定です。
足腰を鍛えないとロックをロールできないとくるりの岸田も言ってました。
更に頑丈になろう。更にリアルになろう。
鴎という名は今考えるとこの歌からとったのかもしれません。



『14才』 ハイロウズ

ジョナサン 音速の壁に
ジョナサン きりもみする
ホントそうだよな どうでもいいよな
ホントそうだよな どうなってもいいよな

一発目の弾丸は眼球に命中
頭蓋骨を飛びこえて 僕の胸に
二発目は鼓膜を突き破り やはり僕の胸に
それは僕の心臓ではなく それは僕の心に刺さった

リアルよりリアリティ
リアルよりリアリティ
リアルよりリアリティ
リアル

土星の周りに丸く 並んで浮かぶ石がある
アリゾナの砂漠 逆立ちで沈む石がある
置かれた場所に 置かれたままの石がある
金星のパイロンをかすめて 輝きながら飛び去る石がある

流れ星か 路傍の石か
流れ星か 路傍の石か

ジョナサン 音速の壁に
ジョナサン きりもみする
ジョナサン 人生のストーリーは
ジョナサン 一生じゃ足りないよな

リアルよりリアリティ
リアルよりリアリティ
リアルよりリアリティ
リアル

あの日の僕のレコードプレーヤーは
少しだけいばって こう言ったんだ
いつでもどんな時でも スイッチを入れろよ
そん時は必ずおまえ 十四才にしてやるぜ
by wavesll | 2005-02-26 00:57 | 私信 | Trackback | Comments(0)

BOARDER'S SABBATS

戸狩に滑りに逝ってきます。

今回は京ぽんしか持ってかないのと、昼間滑ると夜眠くなる体質なので更新は控えめ(というかほとんどない)かもしれません。

帰ってきました。楽しかったです。

c0002171_23422949.jpgスノーボードは3回目で、前回から木の葉を卒業して体重移動で曲がれるようになったんですが、面白いっす。超適当な感じで。すぐ転んでしまうし。そんなときは空しか見えなくて、ゲレンデに寝っ転がっていると月と雪と雲と空しか見えなくてすごい良い気分でした。回転もできるようになりました。


c0002171_2347553.jpg
泊まった民宿はすごい優しそうな人たちがやっているところで、ごはんがとてもおいしかったです。『奥の細道』やヤンジャンや『ラーメン狩り』を読みながらそば茶を飲みながらだらだらしていると、ストーブのところに猫がいたので僕もそこで転がってました。最高なことにこの猫には名前がないらしく、みんな好き勝手に呼んでいるらしいです。


夜に横浜の友人と電話で、はたして音楽バンド好きとAV女優好きはどっちが偉いかということについて長時間激論を交わしました。結局、どんな集団に属してようがみんな同じだという結論に達しました。雪が地上全てを真っ白にするように、この世に本当は境界線なんてないのかもしれません。それを勝手に味方をつくるから敵も出来てしまうのかもしれません。見方を設定するから盲点が出来るのかもしれません。そういえば芭蕉の『奥の細道』では俳諧と地の文が渾然となってました。

よく歌う人たちと行ったおかげで、愛と笑いに溢れた4日間を過ごすことができました。ただ、馬刺しとアルコールには注意すべきだなとは思いました。

帰りのバスでホンジャマカのライブビデオを見たのですが、最初はバスの中に冷え切った空気が流れて、なんか積極的に観たがった僕が寒いみたいな感じでつらかったのですが、途中で構成の妙に気づいてから、下世話で理知的なコントを解読するのがちょっと楽しくなってところどころ噴出してしまいました。

このたびでたくさんの人に久々に会えて、面白かったです。
by wavesll | 2005-02-21 20:17 | 私信 | Trackback | Comments(0)

散るアウトミュージック



閑さや岩にしみ入蝉の声  芭蕉






『WORLD'S END SUPERNOVA』  くるり



クラシックの躍動性に最近気づきました。『つるぎの舞』はチャリオッツの上でグラディエーターが戦ってるかのようだし。『ハンガリー舞踊第6番』は騎乗位のグライディングを彷彿とさせるし。小学校か中学校の音楽の授業のために買わされたCDだからもうだいぶ傷が入っていて『詩人と農夫』なんかは音飛びがひどいんだけど、それがまた逝っちまって真っ白になった淑女の声にならない叫びみたいで淫靡なことこの上ない。極めて饒舌で極めて上品な猥談を聞いているようで非常に楽しいです。




オンキョーのプレイヤーにレコードを挿入するのはお嬢に『デカメロン』を読み聞かせるのとそう変わらないなぁ。




スピーチとラップとテクノとクラシックは地続きな気がします。
短歌と俳句と演歌と歌謡曲とポップミュージックが地続きなように。



仮にズールー族の歌を聞いたとして何を感じますか?太古の記憶?密林の旋律?
音楽は剥き出しの自然、カオスなクオリアの産物です。これに詩がついていても、聞き取れなかったり、理解できなければ歌っている当人の意図とは違うものを感じることもあるでしょう。
時にはそれが面白い効果を表すこともあります。僕はU2の『Miracle Drug』という曲のサビの"miracle drug"というのをずっと"Americulture"だと思ってました。ドープな合衆国の文化という単語は僕がこの曲を触媒に導き出した言葉ですが、ちょっと気に入っています。

音楽が持つデータは、画像より、文字より全然大きなものです。データ容量を減らす、デコードする、つまり抽象化することで人はより効率的に情報を伝達できるようにしてきました。減った部分、玄米を研ぐ途中になくしてしまったミネラルを、人はエンコード、行間を読むことで再現します。だからもし伝えられるなら出来るだけ大きな情報を出来るだけ小さく折りたたんで、出来るだけ最初に受けた感動を再現したいものです。エンコーダーの性能を日々上げていければいいなぁ。



僕が最初に買ったレコードは前述した『つるぎの舞』か、サザンの『愛の言霊』です。香取信吾と深津絵里が出演していた『透明人間』というドラマのエンディングテーマで、最初聞いた時はアラビア語の歌かと思いました。その後『夜もヒッパレ』でこの歌が日本語の歌であることを知り仰天し、なんどもなんどもテープを繰り返したものでした。





『愛の言霊 ~Spiritual Message』 SOUTHAN ALL STARS






真夜中にTVの砂嵐を起こすノイズの一部は宇宙からの放射線であり、ことによるとビック・バンの時に放たれたものかもしれない。ほら、宇宙はこんなにも近い。あなたを一つの天体だといっても、なんの差し支えもないのだ。
by wavesll | 2005-02-21 04:02 | 私信 | Trackback | Comments(0)

パンを焼きながら待ち焦がれている。やってくる時を待ち焦がれている。

c0002171_2475382.jpg『リリィ・シュシュの全て』
死ね。みんな死ね。俺も死ね。弱い。弱い。強くなれないよ強くなりたいよ。死ね。分かった顔すんなよ。自分を理解されたのが怖いんだろ?弱いよお前。死ね。
世界を殺したい。あの娘は死んだよ。ちょっと俺あの娘好きだったよ。悲しそうに笑う娘だったよ。死んだよ。俺が殺したんだ。同然さ。俺が犯させた好きだった娘はまだ生きてるけど。あの娘みたいなのを強いっていうのさ。エーテルが汚れてないんだ。俺?俺のエーテルはどす黒い憎しみで汚れきってるよ。死ね。殺せ。殺せ。殺せ。
水着はいいよ。エロいしさ。最高さ。夏は楽しかった。みんな陽気だったしさ。ベンジーのいうとおりだよ。リリィ・シュシュのいうとおりさ。
あの人は死んだよ。あのずうずうしい旅人はさ。命を大事にしなかったんだよあいつは。怖い。怖い。怖い。死ねばいいんだ。死なばもろともさ。
俺あの娘好きだったんだよ。ほんとに好きだったんだよ。ほんとだよ。でも俺なんにもできなかったんだよ。つったてただけなんだよ。涙なんか流しちゃってさ。死ね。死ね。死ね。
ほんとに大切な人を手放して、俺何したと思う?人を殺したんだよ。だって耳鳴りがやまないからさ。吐き気を催すような世界を止めたかったからあいつナイフで殺したんだよ。殺した後で吐いたよ。なんであんなにきれいなんだよ。きれい過ぎて汚したくなるよ。この世界全て壊したいよ。誰かに壊される前に。だって壊されたら泣きそうになるじゃないか。だから世界を殺したいよ。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。
あの娘きっと自分が飛べないこと知ってて飛び降りたんだろう。空を飛びたいってとてもきれいに笑っていってたよ。

俺の言葉は全て他人の受け売りで、俺の存在は社会に飲まれて、俺の価値は限りなくゼロに近くなって、俺、俺、俺、俺、俺、俺、俺しか見えない。今日は屍をみたよ。野ざらしで雨に打たれていたよ。昔は良かったらしいけどさ。おいぼれは死んでいくのさ。当然さ。蛆がわいてくる。油にまみれて、汚物と愛液を飲み込むのが最近のやり方さ。そうやって紅茶飲みながら待ち焦がれてるんだ。幸せそうに笑う奴らの口ん中にナイフぶち込んでその血で歯磨きするのが最近のやり方さ。そうやって待ち焦がれてるんだ。全てが終わるのを。

『Elephant』

more productive より生産的に
comfortable より快適に
not drinking too much 酒はほどほどに
regular exercise at the gym (3 days a week) ジムで週3で運動
getting on better with your associate employee contemporaries
at ease 部下と気軽に付き合う
eating well (no more microwave dinners and saturated fats) 太らない程度に良く食べる
a patient better driver 安全運転
a safer car (baby smiling in back seat) 赤ん坊をバックシートに乗せて
sleeping well (no bad dreams) よい夢がみれるように
no paranoia 被害妄想に罹らず
careful to all animals (never washing spiders down the plughole) 動物を大事に
keep in contact with old friends (enjoy a drink now and then) 旧友とも交際を切らずに
will frequently check credit at (moral) bank (hole in wall) 通帳を良くチェックする
favours for favours 好意には好意を
fond but not in love 溺愛は避ける
charity standing orders 必要に応じて寄付を
on sundays ring road supermarket 日曜はスーパーに
(no killing moths or putting boiling water on the ants)
car wash (also on sundays) 洗車もしよう
no longer afraid of the dark 闇を恐れず
or midday shadows もしくは白昼の影も
nothing so ridiculously teenage and desperate 青臭い蛮勇はしない
nothing so childish 子どもじみたことも
at a better pace 良い調子で
slower and more calculated ゆっくり、計画的に
no chance of escape 逃げない
now self-employed 自分で経営
concerned (but powerless) 気遣う
an empowered and informed member of society (pragmatism not
idealism) 社会的地位を
will not cry in public 公の場で泣かない
less chance of illness 風邪をひかない
tires that grip in the wet (shot of baby strapped in back seat) 
a good memory 古き良き時代に涙は縛り付けておけ
still cries at a good film もしくは名画に
still kisses with saliva サリビアにキスさせておけ
no longer empty and frantic 余裕をみせて
like a cat 猫のように
tied to a stick 棒に縛っておけ
that's driven into
frozen winter shit (the ability to laugh at weakness) 冬の凍ったあれだ
calm 穏やか
fitter, healthier and more productive 適応する。より健康的で生産的に。
a pig 豚
in a cage 檻の中の
on antibiotics 抗生物質漬けの豚

Fitter Happier - Radiohead

c0002171_18355650.jpg

例えば毎日1ミリずつ心を削られていったら誰でも殺人者になれるよ。
潮が引いた後津波が来るように。静かに進行する病だから。
誰もさわろうともさわらせようともしなかったんだ。いや実際汚かったし。やだよね。そんなやつ抹殺したいよね。死刑にしたいくらい嫌だってよく聞くよ。
ブラウスの中に手いれていいかい?ダメか。じゃあ俺の心臓を握りつぶしてくれよ。

ああ、その前に『ダイヤモンド』に針を落としてくれないか。子どもっぽいって笑うなよ。子どもは偉大だぜ。
いや、B面の方。軽い気持ちになれる曲なんだ。


『ラフ・メイカー』 Bump of chicken

涙で濡れた部屋に ノックの音が転がった
誰にも会えない顔なのに もう何だよどちら様?

名乗るほど大した名じゃないが 誰かがこう呼ぶラフメイカー
あんたに笑顔を持ってきた 寒いから入れてくれ

ラフメイカー? 冗談じゃない
そんなもん呼んだ 覚えはない
構わず消えてくれ そこに居られたら
泣けないだろう

大洪水の部屋に ノックの音が飛び込んだ
あのヤロウまだ居やがったのか! 消えてくれって言ったろう

そんな言葉を言われたのは 生まれてこの方初めてだ
非常に悲しくなってきた どうしよう泣きそうだ

ラフメイカー 冗談じゃない
あんたが泣いてちゃ しょうがない
泣きたいのは 俺のほうさ
こんなもん呼んだ覚えはない

二人分の 泣き声遠く

ドアを挟んで背中合わせ シャックリ混じりの泣き声
膝を抱えて背中合わせ すっかり疲れた泣き声

今でもしっかり俺を 笑わせるつもりかラフメイカー?

それだけが生きがいなんだ 笑わせないと帰れない

今ではあんたを部屋に 入れてもいいと思えたが
困ったことにドアが開かない 溜まった涙の水圧だ
そっちでドアを押してくれ 鍵ならすでに開けたから

ウンとかスン!とか言ってくれ どうした?おいマサカ!!

ラフメイカー 冗談じゃない
今更俺一人おいて 構わず消えやがった
信じた瞬間裏切った
ラフメイカー 冗談じゃない!!
逆側の窓の割れる音 鉄パイプもって泣き顔で

「あんたに笑顔を持ってきた」

小さな鏡を取り出して 俺に突きつけてこう言った

「あんたの泣き顔笑えるぞ」

呆れたが なるほど笑えた・・・
by wavesll | 2005-02-19 09:57 | 私信 | Trackback | Comments(0)

ニュース=世間の出来事

 Newsの和訳が「新聞」であることは、Newspaperのそれが「新聞紙」であることからも納得していただけるかと思います。この漢字は実に上手に言い当てていて、まさしくNewsとは自分の目で直接体験したことではなくて、他人の経験を伝え聞いたものです。

 ニュースの始まりとは、自分の視野を広げたいという欲求だと思います。新しいことを知りたい。他者を、世界をもっとよく理解したいというのがその大元です。

 ライト兄弟は飛行機を作り上げる前に自転車店をやっており、更にその前には新聞を作って自分たちで印刷して売っていました。その内容は、町内の出来事、例えばエルバさん家の犬が仔犬を6匹産んだとか、ロビンスさんは来週帰ってくるとか、だったそうです。最初は大いに売れたのですが、大新聞社の作る新聞に結局は負けてしまいました。より広い世界の情報が、より多く書かれていたからです。

 それでも、最も価値のある情報というのはなんといっても自分に近しい人たちの情報だと思います。なにしろ自分の生活に直接の影響を与えますから。それ以外の情報でも何かしら自分の生活とリンクさせながら読んだりできるものは興味深いです。つまり、面白いニュースとは、自分の認識宇宙において自分との距離が近い範囲(=世間)の出来事だということです。

 人それぞれ認識宇宙は違うし、また人は新しいことに常に飢えていますから、それぞれの認識宇宙同士がぶつかり合うことで、更に成長して行きます。仮に「俺は一つの道を究めることが好きなんだ」という人がいたとしても、その人は新しいこと(=より深い理)をその道を進むことで見つけているはずです。

 人はそれぞれ複数の世間に属していると思います。学校や、サークルや、つるんでいるグループや、ニュースサイト界や、国や言語などなど。特にニュースサイトをやっている人などは自分の世間を公開していますから、認識宇宙同士の影響の及ぼし合いがわかりやすいと思います。

 Newsサイトを見ることは星空を眺めることに似ています。夜空に瞬く星々の光は、あるものは数秒で、あるものは1万年かけて我々の網膜に映ります。異なる時間が平面に並べられていると表現することも出来るでしょう。それと同じように、ニュースサイトでは管理人さんがwebで見つけた光が、例えそれが1年前のものでも、3時間前に書かれたものでも、面白ければ同じエントリに並んでいます。認識されることで、存在が実在に変わるのです。そうしてまた認識宇宙が広がっていくのですね。
by wavesll | 2005-02-19 03:20 | 小噺 | Trackback(1) | Comments(0)