<   2006年 03月 ( 60 )   > この月の画像一覧

おつかれさまでした。

春は別れの季節。多くの番組や、多くのサイトさんがお別れを述べています。

そんななかで、読売新聞の「POPカルチャー」も終わりを迎えました。読売が誇るオタク記者「汗」さんを筆頭に、大手新聞紙上とは思えない濃ゆーい連載を2年に渡り続けてきてくれて、大変楽しませていただきました。

規制がある中でそれだけやれるんだというのを見せてもらい、webで文章を書いたり紹介したりしている人間としても、奮い立たせられる連載でした。

とっても面白かったです。ありがとうございました。

また新しい企画に出会えることを期待します。感謝。
by wavesll | 2006-03-31 19:51 | 私信 | Trackback | Comments(0)

Logistica 5th 感想

今回のお題は「失敗談」。どんな経験が語られるのでしょうか?

トップバッターはもそさん。誰もが陥りやすい失敗の体験を語ってくれています。
私生活の方の失敗談をもっと聞いてみたかったりw

次はyujiroさん。いや-面白いっす。感服しましたw

その次は香陸さん。失敗を「予期せぬこと」「目的を達成できていないこと」と定義し、論理を掘り下げていて勉強になりました。

次はまなめさん。自分の中でまだ決着がついていない問題を語られてました。責任感が強い人なんだなと思いました。

次はとしさん。サイトに写された過去の自分像に縛られるのが失敗と語られていました。僕の場合は、あまりに縛られていないことが問題な気がします。

セミマルさんは祭りの対処法について書かれていました。柳のようにやり過ごすのが賢いやり方なんですね。

みひろさんはTrekEarthの話と人を覚えられない話。僕もなかなか人の名前を覚えられません。

今回のゲストライタ、ottoさんの話はまさに若さ爆発といった(死語?)様相。笑わせていただきましたw

そしてなのですが、見なかったことにしてください。
by wavesll | 2006-03-31 10:19 | 私信 | Trackback | Comments(0)

究極!変態仮面

c0002171_9534162.jpgフォオオオオ!といえば誰だ?
レイザーラモンなんてまがい物のゲイではない。フォオオオオといえば我らが変態仮面だ!

パンティーを頭にかぶって変身するというアウトコースもいいとこの直球がガンガン小学生のハートを刺激するぜ!ロッケンローーーール!!!!!フォオオオオオオ!
by wavesll | 2006-03-31 09:54 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

Bバージン

c0002171_9523080.jpgやりたくてもやれない童貞をAバージンとするならば、やれるけど本命の女のためにあえてやらない童貞がBバージンだ。

モテ男になった元キモヲタがBバージンを貫き、愛を貫き、そして自分が本当にやりたかったことを貫く漫画。魂の漫画。

これを読んで、世の「電車男」君ももう一度自分を見つめなおして欲しい。
by wavesll | 2006-03-31 09:52 | 漫画 | Trackback(1) | Comments(0)

螺旋階段を上るように

今日はサークルの一年の活動の企画の詰めをする承認式に出席してきました。後ろのほうの席でゼミ試のためにリンガメタリカを読みながらたまにとぼけた質問をしてしまって二年生のみなさんにはごめんなさい。

俺も、人の上にいつのまにかいたんだなぁと思って、俺でほんとに大丈夫なのか。何をいってやれるのかと思いながら、とる必要のない笑いをとってお茶を濁してしまいました。

新入生としてサークルに入って、ひたすら参加して、楽しんで。二年目上の代につっかかりながら委員になって、挫折して、サークルから姿を消して。冬にひょっこり復活して、三年目は全く組織とは関わらずに参加して。四年目の春に初めて体制側として組織に参加した気がします。新鮮でもあり、感慨深くもありました。

俺のケースは稀かもしれないけれど、こういうのって直線ではなくて円を描く軌道なんだろうなぁってfishmansのseasonを聴きながら思いました。時間軸が進むから実際は螺旋を描いているんだろうけど。

その後承認式を抜け出して18:30に横浜で友人と会い、貸していたSeasons(LIFE)を受け取り(目玉のremixはそんなに良くなかった)、HMVでSUSUMU YOKOTAのWonder Waltzを買い、家に帰って聴いています。入ゼミの勉強をしなければ。
by wavesll | 2006-03-30 20:40 | 私信 | Trackback | Comments(0)

普通じゃない

「あなた普通ですね」といわれるのと「あなたちょっと変わってるってよく言われませんか?」っていわれるのでは、どっちのほうが嬉しいですか?僕なら後者のほうですかね。

今は個性の時代と言われて久しいですが、『他人とは違う自分』をみんな欲しがっているんだなとは日々感じます。

例えば、僕はmixiで漫画のレビューを良く書いているんですが、漫画ごとにレビューの数が違うんですね。それでいて、その中にある傾向を見つけることができるんです。

それは「こんなのが好きだなんて私って変わっててナイーヴ」というような作品にはレビューがたくさん書かれ、「誰もが認めそうな超有名作品」や「これが好きだなんて変人に思われそうだな」というような作品にはレビューがそんなに書かれないということです。
前者は『最終兵器彼女』や『ソラニン』。後者は『ダイの大冒険』や『地雷震』といった具合です。

みんな、自分は人とは変わってると思われたいけれども、常識を超えて変わってるとは思われたくないんですね。メジャーから「1歩」の距離、それはいわばサブカルでいうヴィレッジヴァンガードや世界旅行で言う東南アジアといった距離で、「安心して狂いたい」んですね。

mixiやblogといった脳内をだだ漏れさせる装置が発達した現代は、そういった歌舞伎者達の自己演出で溢れかえっています。みんな「面白い・変わってる」とは思われたいけれども、「イタイ・オカシイ」とは思われたくないんですね。

でも僕は「イタイ」ところまでいった方が、より面白いと思うんですよ。自分の恥ずかしい部分をさらけ出すってとても勇気がいるけれども、見せてしまえばなんてことはない、そこに待っているのは賞賛のまなざしだと思うんですね。

もちろん、それを見せることによって離れてしまう人もいるでしょう。でも残った人とはもっともっと深いコミュニケーションをとれるのではないかと思うのです。

もちろん、社会生活を円滑に進めるためには「自分のイタイところ」なんて邪魔でしかないわけですし、立場を持っている人間として言えないことはもちろんあるでしょうし、戦略的な人間づきあいの中では嘘はだめでも真実すべてを言う必要は必ずしもありません。

ただ、それでも本音をさらけ出していきたいとあなたが思うのであれば、僕はそれを全力でバックアップして行きたいと思います。迷惑かもしれないけれども。

関連
dempa
君、変わってるって良くいわれるでしょ
by wavesll | 2006-03-30 10:56 | 私信 | Trackback(2) | Comments(0)

YAIBA

c0002171_1022918.jpg小学生の時にはまったサムライ冒険活劇。この人のイラストっぽい絵が、サムライとメカと現代をうまいこと同居させてて見てて子気味良い。
覇王剣をはじめとした刀の造形もかなりGood、現実味はないがケレン味たっぷりなのがいい。
ベストバウトはなんといってもヤマタノオロチの上での鬼丸との対戦。
何も考えずに素直に楽しめる一作。
by wavesll | 2006-03-30 10:22 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

リンガフランカ

c0002171_10211410.jpg「お笑い」漫画である。ギャグ漫画ではない。
そこに描かれるのは人間ドラマだ。
社会とのディスコミュニケーションを克服するために、漫才というミニマムなコミュニケーションを二人は組み上げていく。
この漫画の凄いところは「わかってる」ところだ。笑いの基本がわかっていて、ユーモアのセンスを感じさせてくれるところがとても素晴らしい。
まだ読んでなかったら、買いだ。
by wavesll | 2006-03-30 10:21 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

Yahoo360゜ご招待

このたび、yahoo360゜に参加することができたので、やりたい方をご招待したいと思います。

まだコミュニティもできていない状態なので、手付かずのパウダースノーをお滑りになりたい方、人柱と聞いたら黙っちゃいねぇぜという方なんかにお勧めです。

ここのコメント欄にメアドをお書きください。もちろん捨てアドでかまわないですし、非公開コメントでかまいません。

興味のある方はどうぞお声をかけてくださいな。
by wavesll | 2006-03-29 11:17 | 私信 | Trackback | Comments(108)

SNSのご提案

最近また新たなSNSが立ち上がってきてますねー。
ビルコムのビルコレとか、FreeMLのSNSとか。

SNSって基本的に囲い込みだから、複数のSNSに登録するってめんどくさいですよねー。

つまり顧客の青田刈りをすればいいのでは?

昔こんなエントリを書いていたつながりでいうんですが、学校法人向けのクローズドなSNSができてもいいのではないでしょうか。

友達の趣味や、生徒が心の中で思っていることを学級単位、クラス単位で把握できるのは生徒にとっても教師にとってもいいと思います。

さらに、それの先に、正規のSNSサービスを設け、データの移行を整備すれば、新規顧客をエスカレーター式に手に入れられてSNS業者も嬉しい!まさに3方一両得のシステム!

最初は私立の中高一貫あたりから導入してはいいのではないでしょうか。

mixi Jr とかYoung Greeとか、そういうのが出てきてもいいなぁと思います。
by wavesll | 2006-03-28 20:42 | 私信 | Trackback | Comments(0)