「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ねぎ姉さん祭りに行ってきた!

c0002171_0325379.jpg鶴岡法斎のエログロハイセンスVol7@ネイキッドロフトに行ってきました!

今回の目玉はなんといってもあのねぎ姉さんの作者さんがゲストだということ!

結論から言うと、とてもじゃないけど公共には出せないような話が続出する「全体的に糞な」超絶トークライヴでしたwというわけでこのエントリでは当たり障りのなさそうなとこだけかいつまんで書きます。

登場した作者さんは、20代後半の坊主頭の青年で、社会との軋轢を抱えてそうな面をしてました。まぁ酒も入るにしたがって笑顔も見せてくれたのでこっちとしてもほっとしました。

このイベントのオーガナイザーの鶴岡さんとはもう10年近い付き合いだそうで、第一印象は「あ、こいつは23歳で死ぬな」というものだったらしいです。
結構過去の話も飛び出てきました。

作者さんはかなりの多趣味で、■■■■■の同人誌を作成していたり、■にとんでもなく詳しかったりしてました。この日も先日山から取ってきたという女王■を持参しプレゼントしようとしていたり、一冊7000円もする『日本の■大図鑑』をもってきたりしてました。

トークは作者さんの■さんが■■■■で打ち切りになった漫画ばっかり集めてるとか、■さんが作った■■■■■■■の研究同人誌の表紙絵を作者さんが書いたとか、黒人■■本を作っただとか、漫画家さん(F・ANARCHY・F先生やO■■Zまた先生、MM■■■先生、F■リュ-先生、S■J■■先生、EB■Y■先生)の話やドラッグの話、金の話、石の話、テレポテーションの話、ハットリ君の話、幸せの話、W杯の話など、縦横無尽に展開してました。

あの場にいた中で僕が最年少に近かったとは思うのですが、話してるサブカル用語の半分も正直わからなかったのですが、絶妙に飛んでいくトークは最強にぶっ飛んでましたw「でもオゾン層の厚さの単位ってミリアトムセンチなんですよ。それだけなんですけどね。」みたいな感じに無駄知識の奔流が溢れ返ってました。

ちなみにねぎ姉さん関連の話をすると、作者さんは数学が好きらしくて、素数の回には黒ねぎ姉さんを出すようにしてるらしいです。
326話は某氏に向けて書いたものらしいです。
ドラッグはやってないらしいです。というか実際にドラッグやったらこんなもんじゃすまないそうです。
ねぎ姉さんを始めたきっかけは■■■のお姉さんがラーメンにねぎが入ってないといってたのを聞いたからだそうです。

最後に物販コーナーがあり、同人誌などが売られました。僕はTシャツ(¥500)を買いました。画像はその一部です。
[PR]
by wavesll | 2006-06-30 00:54 | 私信 | Comments(4)

驚きと感謝こめて

毎日高校のダチとskypeで話してるんだけど、もう話すべきことなんてないから会話のはじまりはいつも俺の「なんか面白いことあった?今日何してたの?」なんだ。
面白いことなんてそうそうないし、平凡な毎日が淡々と続いて、今年も最高気温が30度を記録する時分を迎えてしまった。

今日もダチとシャルにタイ料理を食べに行った。俺はトムヤムクンを食べて、一緒に行った奴らはチャーハンや生春巻き、ビーフンなんかを食べてた。
その後バンガロー行って一時間歌って帰ってきたんだ。
まぁまぁ楽しい時間をすごしたけど、俺の人生はいっつもまぁまぁ楽しくて、退屈なんだ。

小さいころは大人になったら賢くなって知らない世界に行けて死ぬほど楽しいだろうとか思ってたけど、そのころ思い描いてた年齢になっても俺の周りに劇的な変化はないし、かえって「ガキのころは感性が鋭かった」なんて思う始末だ。
死ぬほどの絶望もなく、死ぬほどの喜びもなく、年老いて死んでいく。そんなもんか。

つるんでる奴の一人が「俺今日傷心なんだ」と言い出した。なんでも去年の夏から遊んでいた子に彼氏ができたらしい。
その子は元々はそいつのことが好きだったらしく、去年のクリスマスには「一緒に遊ぼう」という連絡が来たりしてたらしい。でもそのときはあいつはその気がじゃなかったから断ったんだ。その後もそんなことが続いたらしい。あいつの言葉を借りれば、「あの子はあのやり取りの中で俺にイエローカードやレッドカードを出してたんだろうなぁ」というわけだ。
で、彼氏ができた。
そしてそうなってはじめてそいつは「あぁこれが愛だったのか」と喪失感に気づいたわけだ。
わがままで馬鹿な奴といってしまえばそれまでだが、失くしてみてはじめてわかることって、多いよな。

俺が退屈だといったこの日常もそういうものかもしれない。健在な親、呼べば会える友人、平和な社会。変わるべきなのは世界でなく俺自身なのだろう。でないと、今手の中にある幸せも、こぼしてしまいそうだ。

今日行ったカラオケにはLONG SEASON REVUE版の『感謝(驚)』と『weather report』が入っていて、それを歌ったんだが、例えば天気の移り変わりに歌を作れるような、出会った人や出来事に感謝と驚きを感じれる人間になったら。

窪塚洋介が昔、「君は世界のたった一部でしかない。でも、だから、君が変われば世界が変わる」といってたなぁ。まぁあいつはその後マンションから飛んじゃったけどな。
[PR]
by wavesll | 2006-06-28 23:59 | 私信 | Comments(0)

ソラニン

c0002171_23363141.jpgなにげない日常にある意識を麻痺させる小さな毒を、日常から外れることで客観視できている作品。台詞の一つ一つが素晴らしい。
過ぎ去ろうとする何かと、鮮烈に残る生の意味が、生活の中に描かれている。
キャラクター全員が好きだ。



思い違いは空のかなた
さよならだけの人生か
ほんの少しの未来は見えたのに
さよならなんだ

あの時こうしていれば あの日に戻れれば
あの頃の僕にはもう戻れないよ

昔住んでた小さな部屋は今は他人が住んでんだ
君に言われたひどい言葉も無駄な気がした毎日も

寒い冬の冷えた缶コーヒーと
虹色の長いマフラーと
小走りで路地裏を抜けて
思い出してみる

あの時こうしていれば あの日に戻れれば
あの頃の僕にはもう戻れないよ

たとえばゆるい幸せがだらっと続いたとする
きっと悪い種が芽を出して
もうさよならなんだ

あの時こうしていれば あの日に戻れれば
あの頃の僕にはもう戻れないよ

さよならさ それもいいさ
どこかで元気でやれよ
僕もどーにかやるさ
そうするよ

[PR]
by wavesll | 2006-06-28 23:45 | 漫画 | Comments(0)

古泉智浩式人間対処法

c0002171_1713483.jpg昨晩、『死んだ目をした少年』という漫画を読んだのですが、あとがきに書いてあることがが面白かったので、勝手に抜粋して載せます。怒られたら消します。

完全に自分が正しいと信じている人
じっくり話して分かり合うのが極めて困難
自分の正しさに微塵の疑いがないので相手の立場を尊重せず、相手が折れたら折れただけ領土を拡大してくる
恐ろしく図々しい

→殴り合いのようなやり取りをすれば理解しあえるかもしれないがそこまでやるのは難しいので、早めに見分けて気をつけよう

当事者でもないのにえらそうに説教をしだす人
安全なところからあれこれ言ってくるが、悪いのが自分だと積極的に反論できない

→「あなたには関係のないことだ」と思い切って言おう

おっかない顔の女
は性格も絶対におっかない

→逃げろ

文句が多い人
こっちが悪くないのに八つ当たりしてくる女がいる

→倍の文句で泣かすか、帰ってしまおう
手を出すと刑事事件になってしまうので気をつけよう

無茶苦茶な人
どうってことないことで泣いたり怒ったりする女がいる

→こっちが更に無茶苦茶になれば相手は案外まともになるが、面倒なのでおなかが痛いといって帰ったほうがいい
携帯の番号も変えてしまおう

言い訳をする人
自分の落ち度に言及しないのが言い訳
嘘も多くイライラする

→試しにつっこめば泣くぞ

泣く人
目の前で泣く人は、自分はこんなにもつらい目にあって弱らされて、それは泣かしたお前のせいだという主張

→一切気にする必要なし
時間がもったいないので家に帰ってテレビを見よう

話がころころ変わる人
当てにならない

→こういう人はおおむね口も軽いので信用しないほうがいい
大事な話は黙っていよう

自慢話が多い人
面白くないし邪魔くさい

→トイレでメール打って時間をつぶそう

愚痴ばっかり言う人
結局自分の話ししかせず、話題も暗いので一緒にいても全然楽しくない

→ちょっとずつ距離を置こう

悪口の多い人
これは面白いので一緒に楽しむといいでしょう


これで興味が出た方はぜひぜひ単行本を買ってください!(勝手に使っちゃったんで宣伝!)
[PR]
by wavesll | 2006-06-28 17:13 | 小ネタ | Comments(0)

Space night, Day light, Night flight, Moon lilght, Twilight

昨日TSUTAYA菊名店2Fの中古書販売コーナーで
佐原 ミズ/新海 誠 『ほしのこえ』
高橋ツトム 『69』『ROUTE 69・前後編』
山田 玲司 『ストリッパー』
を立ち読み、家に帰った後弟から借りた
古泉 智浩 『ジンバルロック』 『死んだ目をした少年』
望月 峯太郎 『バタアシ金魚』
浅野いにお 『ひかりのまち』
を読みました。

そこで表現されていたのは、宇宙に引き裂かれた恋人間のやりとりであったり、二人の破綻した旅路であったり、懊悩の末にトリップする発■と現実の世界であったり、のんべんだらりと過ごしているうちに行ってしまう日常であったり、思い通りなんかいけやしない毎日であったり、放射するエネルギーでつきすすむ愛と根性の道であったり、現実の中の夢でした。

言いたいことがある。というのは素直にすばらしいと思います。青くて、苦くて、硬い塊が原稿に突き刺さってるような、円熟したときにはなくなってしまう痛い輝きがそこにはありました。上手くはないし、半分も伝わってないんだけど、伝えられてないんだけど、伝えたい何かがあることだけは伝わりました。

僕にはいいたいことなんかあるのかななんて思いながら、それでも読んだ瞬間の気持ちを忘れないように、忘れたくないから、忘れないうちに、忘れないがために書こうと思いました。
[PR]
by wavesll | 2006-06-28 16:21 | 私信 | Comments(0)

素晴らしき日曜日

c0002171_2243268.jpg『素晴らしき日曜日』を観ました。ネタばれありなので注意です。

舞台は戦後まもなくのある日曜日。あるカップルがデートをするために待ち合わせていたのですが、所持金は二人合わせてたったの35円。落ち込む男に対して女は明るくひさしぶりのデートを楽しもうと振舞います。

序盤は、どちらかというと話の本筋というよりか、昔の人が持っていた品や、戦後まもなくの日本の風景、子供たちの姿に目を奪われました。この頃と比べると、あまりに今はなんでもありな下品な感じになってしまったなぁと思ったり、焼け野原に残ったあるいは新しく建てられたばかりの街はまだスペースがいっぱいあって、空が広いなと思ったり、笑顔であったり世慣れたようであったり子供からたちのぼるエネルギーはすごいなと思いました。

金がなく、ふがいなく、みじめさを募らせた男は、雨に降られたあと、ある出来事でプライドをずたずたにされます。そして、その後で彼女をなかせてしまいます。二人はずたぼろになりながらも、雨は止み、そこから明日への希望を掴むのです。

ここら辺の展開にぐいぐい引き込まれました。

冷たい風に吹きさらされて、すぐに挫けてしまう男を、彼女は何度でも何度でも励まし、支えます。未来なんかない。屑みたいな人生しかないと落ち込んだところから、男が夢を語るところまで回復する。希望の物語でした。また、彼女が映画の中でどんどんきれいになっていって、本当にこんな彼女がいたら明日に夢を持てるよなと思わされました。

最後に見せる男の笑顔が、なんとも良くて、クライマックスには感動し、思わず拍手しました。いい映画でした。
[PR]
by wavesll | 2006-06-27 02:37 | 私信 | Comments(0)

シャイト

Trainspottingを観ました。以下ネタばれあり。

観終わった感想は、シャイトな人生だなって感じでした。
でもその後テーマ曲のPVとかみてると、案外明るかったなとか思いました。
人が死ぬんだけど、それはそれで人生は進んでいくし、主人公たちはワルだから、タフなんですよね。

麻薬の中毒と快楽と悪夢の描写はそこそこ衝撃的で、禁断症状に苦しむさま、顔を真っ白にしてるさまなんて、真に迫ってました。

ただ、なーんかこう、くる感じがしなかったんですよね。

業から抜け出す話なのはわかるんですが、なんか不良に感情移入できなかった感じです。
僕自身が丸くなっちまったのか、時代が変わったのか。シャイトです。どちらにしても。

汚くてきれいな映画で、見てよかったなとは思うのですが、何かガツンとやられた感じはしませんでした。

Iggy Pop - Lust for Life

Underworld - Born Slippy

個人的な感想としては、Radiohead-Idiotiqueな感じでした。
c0002171_1331430.jpg

[PR]
by wavesll | 2006-06-26 01:52 | 私信 | Comments(0)

6/25の小ネタ

クリックで救える命がある
今年も半分が終わりですか。早かった。いやいや、これからはもっと凝縮して長くすごさなければ。でも早いんだろうなぁ。
なんか眠れなくて更新。


video

SCOOBIE DO-Whats Goin' on feat.RHYMESTER from社会の底辺

Sparta Locals - Piisu

RHYMESTER&モーニング娘。 -アマチュアリズム レヴォリューション21

なんかこーいうの聴いてると、ガッとでっかいことやりたくなりますね!

高田純次 全裸ボディペイントショッピング(スピードネーター) from everything is gone
これができちゃうところがなんとも高田純次で素晴らしすぎるwwwwww


world cup
ジーコ監督がほんとうに語ったこと…ワールドカップ敗退(Response.) fromはてブニュース
通訳がんばりすぎwwwwつーかちゃんと伝わってねぇじゃんw

日本文化に侵されきってるイタリア代表(小鳥ピヨピヨ) fromブログニュース
デルピエロの画像がひどいwwwwww

そういえばジーコって神だったよね(小鳥ピヨピヨ)fromブログニュース
まだこのレベルは早かったのか。。。

manga
木多康昭トークライブ_まとめ(男爵ディーノ) from明日は明日の風が吹く
やっぱこの人は最高wwwwwwwwつか早稲田よくやった!!


桂正和が描く悟空 (はじはじ.com)from明日は明日の風が吹く
いやはや、眼福です。

荒木飛呂彦と手塚治虫 fromはてブニュース
天才の邂逅!!!

culture
NTTドコモ、「ナップスター携帯」で音楽聴き放題を計画(Slashdot)fromブログニュース
DLしたファイルの扱いが気になりますが、なんとも楽しいサービスが始まりそうですね。


巨大スカート、中にも自由に潜れます 横浜美術館(朝日)fromブログニュース
写真あり。今日までの展示だそうです。

lifestyle
週末プチ断食:なんともいえない爽快感 疲れた内臓に貴重な休息(毎日新聞) from everything is gone
個人で勝手にやるのは注意が必要っぽいけどやってみたいなぁ。生を実感したい(笑


social issue
医療崩壊が産科から始まってしまった(ブログ時評)fromブログニュース
今、地方から産婦人科がなくなってきているそうです。少子化を助長してますよねー、コレ。
[PR]
by wavesll | 2006-06-25 03:15 | 小ネタ | Comments(0)

6月の終わりにうってつけな音楽


c0002171_21254488.jpg

東京は夜の7時 Riverside Hotel miss you
c0002171_21265734.jpg

[PR]
by wavesll | 2006-06-23 21:25 | 小ネタ | Comments(0)

幻実

日本のワールドカップドイツ大会が終わりましたね。
僕のようなサッカー素人でも世界との差をいやおうにも感じる試合でした。
今回、僕自身も1ファンとして観戦させていただいたのですが、スポーツというのはファンを眺めるのも楽しいものですね。

僕はかなり楽観主義で、ミスや、嫌なことをどちらかといえば無視して、期待をかけながら見るタイプなのですが、友人には結構悲観主義で、ミスをきちんと指摘し、その上でいいプレイには賞賛をかけるヒトが多いです。

まぁ、ファンとしては両方ありかなとも思いますが、サッカーを良く知り、よく楽しめているのは後者な気がします。

本気で好きだからこそ、わかっているからこそ、幻想だけではなく、現実の粗がよりよく目に付いて、口を出したくなるってのはありますよね。

ただ楽しさだけを求めるなら前者でもいい(実際僕はサッカーに対してはそうですし)けれども、自分にとって最重要なものとなったら、苦言を呈せるまで真剣になるというのは必要ですよね。

幻想を生み出しているのはぎりぎりまで真剣になった人間の現実なんだなと思いました。

何事もプレパがあってこその本番なんだなと痛感しました。常に最善を目指して頭を働かせていきたいですね。



優雅に見える白鳥は、その実水面下では脚をじたばたさせている。

すばらしい作品ほど、それが必然であるかのように見せかける。

まるで何の苦労もなく、幻想を振りまいているというのはまさしく幻想かもしれません。

しかし、「それをせざるをえなくてしてしまっている天才」という幻想は、捨てるには惜しい。

幻想に浸っていることは幸せかもしれません。

そして、相手に幻想を与えられるようになって初めて、社会に貢献できるのかもしれません。

それじゃあ現実ってなんなのでしょうね?現実は幻想?



現実と幻想がない交ぜに現れ、負の感情が出現したとき、どうすればよいと思いますか?
親しい人が殺されたとき、殺した相手を許すことはできるのでしょうか?

「相手を殺すだろう」という人は、自分が殺人者になったら殺される覚悟でいっているのでしょうか?その危機感を本当に持っていっているのでしょうか?

僕は弱い人間ですから、他人を殺すということには躊躇してしまいます。自分にその権利があるのかと思ってしまうのです。これは法律的な話でなく、純粋に倫理としてです。

真剣に、覚悟を持って行動すればどんな行動も肯定されるというわけではないですが、ないよりは遥かに良い気がします。

罪を自覚したかどうか、本当に反省したかどうかなんてのは、当人にすらもわからないと思います。

それでも、僕は彼らを許せるものなら許したい。たとえ他人がこれを幻想だといっても、これは現実だと思います。
[PR]
by wavesll | 2006-06-23 06:26 | 私信 | Comments(0)