<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

浅野いにおサイン会@渋谷ブック1stに行ってきた!

c0002171_23395464.jpg
昨日は『虹ヶ原 ホログラフ』の発売に合わせた浅野いにお先生のサイン会に行ってきました!

その途中でvodafoneショップに人だかりができてるなぁと思ったら、なんとアイツがいたんですよ、ガチャピンがwwww
ガチャピンケータイの宣伝で来てたガチャピンを、ガチャTを着たスタッフを尻目に携帯で撮って、ブック1stに向かいました。

CUTを読みながら時間をつぶすうちに、呼び出しの声が聞こえたので、階段に並びました。
待ち時間のうちに隣のヒトと「ガチャピンいましたよねー」とか「ひかりのまち、いいですよねー」とか話しました。mixiのコミュニティで今日のことを知ったと話すと、周りの5人くらいが「私も」「私も」といってきて、みんなやってるんだなぁと盛り上がりました。
なんか、ファンのヒトも、どこか似通っていて、浅野さんをすきそうだなぁというヒトが多かったです。

そうこうしてるうちに浅野先生の後姿が見える位置に!なんと握手してもらってる!!!!騒ぐ僕らw「何聞こうか!?」なんて話してるうちに自分の番がきてしまいました。

つーか浅野先生かっこいいなぁ!○○さんへと書いてもらった後、なんとキャラクターまで書いてもらっちゃいました!「大ファンです」といって握手してもらいました!最高でした!

この『虹ヶ原ホログラフ』、どこかでみたことあるなと思ってたら、去年にクイックジャパンで連載されていたものでした。2話が収録されてるクイックジャパンを買っていたので、僕の浅野初体験はなにげにこれだったんですね。

内容は、なんというか鬱屈とした、暗いエネルギーが凝縮されている漫画でした。『素晴らしい世界』は読んでないのですが、『ひかりもまち』『ソラニン』を読む限り、どんどんわかりやすく、伝わりやすくかけるようになっているなぁと思います。そして、その上で、処女長編に独特の、ほとばしるエナジーがこめられてるこの作品、なんどもなんども読み返したくなりました。
by wavesll | 2006-07-30 23:53 | 私信 | Trackback(1) | Comments(2)

実録!渋谷でスカウトされたよ顛末記

そう、それはテストも終わり、ひとりぶらぶら渋谷を歩いていたときのことだった。

スクランブル交差点に向かって歩いていると、日焼けしたにやけたあんちゃんが
「ちょっとお時間いいですか?」
「実は今スカウトをしていて」
「ちょっと怪しいとお思いですよね」
「もしよければ事務所のほうで20分くらいお話させていただけませんでしょうか」

怪しいとは思ったのだが、こーいう地雷は喜んで踏むタイプなので、事務所の入っているビルへ向かった。

事務所はビルの一室で、テーブルと椅子が並んでいた。
椅子に座ると、40代の女性が出てきて、「お仕事」を説明しはじめた。
なんでも、この事務所は日本音楽事業者協会に登録しているある事務所と提携しており、雑誌の読者モデルや、エキストラの仕事を、派遣のようなフリータイム制で紹介しているとのこと。
履歴書を書かされ、名前が書かれたボードを持ってバストアップ、横顔、全身の写真を取られてその日は終了。翌日に電話で合否を伝えるのでかけてこいとのことだった。

この時点で、相当俺自身は「ドッキリじゃないか」と思うほど舞い上がっていた。まぁお世辞にもかっこいいとはいえない自分にこんな話が舞い込むとは俄かには信じがたい話で、この状況は相当面白いなとは思っていた。
が、もちろん翌日には落選の通知を聞くと思っていたし、「レッスン料に○万かかる」とかいわれるのではないかとも思っていた。また、渡された名刺がペラッペラだったのも気になった。

そして翌日、電話をしてみると、なんと予想に反して書類審査に通ったと電話口で言われ、二次面接の日程を決めてくれと言われた。

これは完全に予想外だったので、思わずカメラを探してしまった。

さて、以下に記すのは、二次面接での問答である。

「君は個性があるってマネージャーのうけもよかったわよ」
「はい」(うれしいこと言ってくれるじゃないの)

「こないだ話した芸能界で守らなければならない3か条って覚えてる?」
「えーっと、時間厳守、誠実、やる気でしたっけ」

「真ん中がちょっと違うなぁ。思い出せる?」
「いえ、思い出せないです。」(めんでーなぁ)

「時間厳守、礼儀、やる気です。この3つがないと仕事が回ってこなくなるし、君だけでなく、事務所の信用も落ちてしまうから、もしこれが守れないようなら今言って」
「いえ、できます。」(まぁこういっておかなければ)

「敬語とか使える?」
「まぁ、失礼のない程度には使えると思います。」(昔、おまえは敬語がなってないって先輩にいわれたなぁ)

「やる気ってのは目に見えないものだけども、この世界でお仕事していく上では一番重要なものなの。それはあるって自信もって言える?」
「はい!あります!」(つーかまだどんな仕事かもわからんのにそんなんいわれても)

「よし、じゃあ次の話いくわね。今後の日程の説明に入ります」
「はい」(え?もう質疑応答終わりなの?二次選考じゃなかったのかよ)

「まず、君を売り出していくために、プロフィールというものを作ります。」
「はい」(あぁそうなの)

「プロフィールのどこを業界の人は見ると思う?」
「えっと、写真と経歴じゃないですか」

「そう。でも君には芸能界で働いた経験はないよね」
「ないです」(当たり前だろ)

「だから写真メインのプロフィールを作ります」
「はい」(ふーん)

「この写真は宣伝材料写真、宣材っていうんだけど、聞いたことある?」
「ないです」(どっかで耳にした言葉だな)

「これはとーても重要なのね。そこらへんのポラロイドでとったのじゃもちろん駄目で、プロのカメラマンにとってもらわなければならないの」
「はい」(なんか大変そうだな)

「ところで、君は唐沢利明さんや浜崎あゆみさんも最初はエキストラからはじめてたって知ってた?」
「いえ、知らないです」(まーそうだろうな。しっかし話飛んだな。)

「彼らも、最初は誰にも知られなかったんだけれども、宣材を使って、小さな仕事に本気でぶつかっていくうちにビッグになっていったのよ」
「はぁ」(なーんかきな臭くなってきたぞ)

「宣材がどれだけ重要なものかわかるでしょう?」
「まぁ、そうですね」(まさか。。。。)

「今回宣材をとってもらう際には、白い服は避けてね。バックが白だから、なるべく濃い色の服を着てきて。でも黒や茶やグレーは駄目よ。暗い印象になるから」
「はい」(つーか宣材とることがいつのまにか確定してるぞ)

「それでね、宣材をとる際には、プロのヘアメイクさんをつけるの」
「はぁ」(くるか?)

「で、プロのカメラマンさんに撮ってもらって、業界の人たちに配るために200枚焼き増しするの」
「はい」(くるぞ)

「で、それには8万9000円かかるんだ」
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!

「これはね、適正な値段なんだよ。ほら、この美容室だと、成人式の時のセットだけで8万かかってるでしょ」
「はい」(うーわーーーーーーー)

「うちではフリータイム制をとってるから、登録だけして仕事してくれない人もいるから、フリーの人には宣材は自費でやってもらってるの。専属の人には払ってるんだけど。」
「はぁ」(うっけるなーーーーwwwwwww)

「でもうちでは登録料とか、レッスン料のたぐいはまったく取ってないのよ。あと、一年後に宣材を取り直したいって時は、ちゃんと働いてもらってたら、こちらがお金を出してます」
「はい」(いーやーーーーーーーwwwwwwwwww)

「まぁ、宣材費も自分で出せないようじゃ、やる気もたかが知れてるわね」
「はぁ」(うわっ!先に「やる気ある」って答えさせといてこういってくるとはストラテ張られてた!)

「で、宣材撮影の日取りなんだけど」
「話をさえぎって恐縮なのですが、やはり9万というのは高額であり、この場でお話をお受けするとは即答はできないので、一度考えさせてください」

「もちろんいいわよ。でも周りに相談しても、きちんとした説明を受けてない人はきっと反対すると思うわよ」
「どうしても即答じゃなければ駄目ですか?」

「いえ、こちらとしても、芸能界のお仕事ってのは頼んでまでわざわざ紹介するものではないから。続きを話す気になったらまたこの事務所にきてください。」

「今日はありがとうございました」
「今日はありがとうございました」


いやーーーーーーー、こいつは。。。。。。ベタ過ぎる展開過ぎるだろwwwwwwwwwwww
功名心と虚栄心を食い物にする産業ってのは怖いねー。
帰宅後「スカウト 詐欺」でぐぐると2chのスレがでてきたw
やっぱり甘い話は早々転がってはいないもんだ。まともにバイトでもしよう。
by wavesll | 2006-07-29 21:23 | 私信 | Trackback(2) | Comments(5)

7/28の小ネタ

クリックで救える命がある
昨日の昼は表参道ヒルズ『MYST』でらーめん食ってました。ちゃぶ屋の別ブランドらしいのですが、ちゃぶ屋に行ってないので味の違いはわかりませんでしたが、すっきりとしつつも出汁がきいてるスープがおいしかったです。また、テーブルの引き出しにれんげと箸が入ってたり、インテリアがシックだったりと、高級感満載で面白い店でした。今度いったら塩の梅の奴を食べたいです。
で、今夜は『一風堂みなとみらい@店』に行ってきました。全部入りを固麺で注文しました。この細麺が良いですね。全体的にうまい感じでした。
video
Monalisa Descending a Staircase(サテメモ)
次々と名画から名画に変容していく動画です。圧巻です。


Acidman - Sai from cotinus
この映像表現は凄い。

カラー映像で見る昭和10年頃の銀座とか丸の内とか(情報屋さん。)
記録映画の映像が残ってたんですね。改めて着物っていいなぁと思いました。『鉄腕ガール』の世界ですね。

人間ってすごいぜ~アクロバット編(情報屋さん。)
すげぇえええええええ動きの連続!驚愕の映像です。

黒柳徹子のセーラームーンコスプレ from溢ニュース
そういや昨日渋谷の東急の改札に上がるエスカレーターでセーラー服着たばぁさんとすれ違ったなぁ。。。。

真夜中のリンカーンラヂヲ(kourick.net) from溢ニュース
芸人を泣かせてしまおうというこの企画。いい話ばかりでみてるこっちもちょっと潤んでしまいました。

social issue
「日本の状況はフランスよりもひどい、どうして日本の若者は反乱しないのか」(痛いニュース(ノ∀`))
日本の庶民にとっては今ほんとに厳しい状況にどんどん入っている気がします。貯蓄とかのデータってどうなってるんだろう。政治への参加意識をもっともたねばなと思います。
それはともかく、痛いニュース(ノ∀`)さん、めちゃめちゃ面白いですね。今一番熱い2ch抽出サイトはここかな、と思ったり。


image
Deep Inside 日本の未来異次元空間(PingMag)

幻想的な洞窟画像(ちゅるるん)

ポルトガルの小径(sasapong!!)
いいなぁ!こんなとこいってみたい!
カーマスートラ彫刻を360度で眺めてみよう(sasapong!!)18禁
これもアートだw!!


manga
漫画雑誌 発行部数 快楽天 売れすぎ ワロタ(つーちゃんねるブログ) fromみなぎね5.1
ゴラクがかなり売れてるのと、スピリッツがそれほど売れてないのに驚きました。

花沢健吾インタビューその4(最終回) 非モテは衰退する!?(コミダス) fromゴルゴ31
そんなスピリッツで連載してる『ボーイズ・オン・ザ・ラン』が楽しみすぎます。もう断然非モテな人間なんで。
by wavesll | 2006-07-28 23:37 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

ゆれる

c0002171_18385725.jpg渋谷アミューズCQNでゆれるを観てきました。オダギリジョーと香川照之演じる兄弟の感情の炎が静かに激しく燃えるいい映画でした。以下ネタバレありなんでこれから観ようという方は注意です。









事前の情報で、やばいのは兄貴のほうだとは知っていたので、橋のシーンまでは予想の範囲内だったのですが、それでも兄貴に圧倒されました。
僕の醜いところを全部つめこんだような「いい兄貴」の変容に戸惑うオダギリジョーをみて、僕自身も弟に対してどうみられてるかなと思い返してしまいました。兄弟を持っている人には感慨深い作品だと思います。
誠実なだけの牢獄と、自由への逃亡。二人の人生はあまりに対照的で、積もった情念の焔がゆらりゆらりと迫ってくるような感じでした。
結局どうなったのかが明かされぬラストでしたが、きっとエンディングテーマのようになったのだ思いました。

ただ一ついうと、瀧とキム兄にはちょっと流れを乱されたかな。特に瀧はなんで使ったのかがちょっと不明でした。面白かったけどw
by wavesll | 2006-07-27 18:54 | 私信 | Trackback(2) | Comments(0)

映像散歩

クリックで救える命がある

衛星映画劇場で『KID』を観ました。
歩き方だけでチャップリンだとわかるのが凄いw
子役がかわいかったです。
良い話だと思うけど、なんか話が単純すぎる気がしました。今の映画に慣れすぎてるせいかもしれませんが。
飛ぶ効果とかはほほえましかったです。チャップリンのまるでアニメのような動きは天才的ですね。本物のちょいわる親父だと思いました。

TANGO from NOT WILD STYLE
1982年のアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した作品。
音が積み重なるようにどんどん登場人物が増えていく面白い作品です。

手塚治虫の短編映像 「 JUMPING 」(蚊) from小太郎ぶろぐ
ザグレブ国際アニメーション映画祭グランプリとユネスコ賞を獲得している作品。
上のもそうですが、発想がものすごいですね。

頭山(小太郎ぶろぐ)
ずっと観たかった作品を小太郎さんが紹介されてました!
この噺好きなんですよねー。不気味でw

衛星映画劇場で『街の灯』を観ました。
冒頭からかましてくるチャップリンに噴出してしまいました。
天丼なのもいいですね。スタンダードな笑いで。特にボクシングのシーンは必見ですw
チャップリンは貧乏な人々を描くのが上手いですね。
心があたたかくなるいい映画でした。
by wavesll | 2006-07-26 22:42 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

la mar

クリックで救える命がある
昨日の気違い行為で筋肉痛だよ更新。
Spitz - 流れ星
スピッツの中ではこの曲が一番好きだなぁ。

サマーソニック06出演アーティスト動画集(honey-blade.com) from痕跡症候群
Lost prophetsとm-flo観たいんだけど別日なんだよなー><

THE CRO-MAGNONS MEET THE WORLD BEAT 2006(1/2)
THE CRO-MAGNONS MEET THE WORLD BEAT 2006(2/2)
ヒロトとマーシーの新バンドの初ライヴ映像。あいかわらずで安心w

「劇場公開自殺 被害者は俺だよ」(実録閉鎖病棟-毎日PKO-) from YellowTearDrops
緊縛師・有末剛が、漫画家にして伝説のカリスマAV女優、ストリッパーでもある卯月妙子との過激で奇妙な生活を描いたおかしくもトホホな実録エッセイ。
凄まじい世界もあったものだ。

「涼宮ハルヒの憂鬱」座談会(PLANETSvol.2) fromさて次の企画は
 で、これって要するに「不思議ちゃんの彼女が欲しい」って話ですよね。
この作品の本質はメタ構造でもなければSF設定(世界改変能力云々)でもない、(恋愛を含む)「こんな青春がしたい」妄想の屈折した表現ですよ。

とメタメタにしてる座談会。ここまでいわれるとむしろすっきりするし、俺の「なんでハルヒがキョンを好きになった理由が描かれないんだろうな」っていう答えに間接的に言及がなされてるので面白く読めた。が、やっぱ善良な市民はうぜぇーなw

Snuff - "Osakana Tengoku""Rokko Oroshi"
Snuffのアンパンマンのテーマ持ってたんだけどどっかいっちゃったんだよなぁ><

Wikipediaでも日本人が歴史歪曲><(世界に広がれ韓流の輪) from everything is gone
こういうのみるとうぇええって思う。一般庶民から国家のトップまで反日っていう一貫性がすごいよ。

自分の楽しみと同じぐらい、他の人は自分の楽しみを満喫している(ひとりごと)from everything is gone
大人になれば表面的な衝突は避けられると思うのだけれども、この記事ではもっと心の持ちようが問題となってるなぁ。まぁ、博愛って素晴らしいけれども、大人しすぎて面白くないかもしれないと思った。何が誠実かって話だね。

少々ドジでマヌケでも、美人は大抵は許される・・・?(トーイチャンネット) fromぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS
おいおいって思っちゃうけど、美人は役得だなぁw

こむら・中井のバズーカ1000%
面白Tシャツブランド社長の二人のネトラジ。好きなんだよねー、馬鹿Tw

江頭2:50 VS 女子高生(ピヨ速。)
エガちゃんはホントいいなぁーwwww

めちゃイケコンフェデin台湾 山本
めちゃイケコンフェデin台湾 浜口
めちゃイケコンフェデin台湾 加藤
めちゃイケコンフェデin台湾 有野
めちゃイケコンフェデin台湾 岡村
ほんとめちゃイケメンバーは面白ぇなw
山本が抜けたのが返す返す痛いなー><

はっぱ隊のYATTA!が世界で大人気 (痛いニュース(ノ∀`)) from明日は明日の風が吹く
このムーブメントは本物だw
by wavesll | 2006-07-25 15:20 | 小ネタ | Trackback(1) | Comments(2)

幽躯光 -Submerge: Live In Japan

渋谷タワーレコードにてSubmerge: Live In JapanJAZZ INTEGRALSPECTATORを購入。

早速家に帰った16時過ぎから誰もいない閉め切ったリビングで、TVの音量を50にしてSubmergeのDVDをかける。跳ねる。踊る。叫ぶ。
次々に帰ってくる家族の「こいつ狂ったんじゃないか」という視線をうっちゃって、パンツいっちょうで3時間以上にわたるこの伝説のライヴに参戦。もう最後には足の裏に出来たみずぶくれが破けて、トランクスもぐっちょぐちょになって、精も根も尽き果てる中ジャンプして腕と脚と腰をまわしていた。終わってシャワー浴びて時計見たらもう20時近くだった。
LOS HERMANOSが加熱させたステージをMr DEが多彩な曲でまわし、そしてGARAXY 2 GARAXYが昇らせる。CDも買ったから知ってたけど、最高のライヴだ。完全版DVD買ってよかった。

「俺たちの顔は無意味だ。重要なのはスピーカーから流れるサウンドだ」というURの哲学をあらわすように、光度は控えめだったが、純粋に音楽が伝わった。

また、『Inspiration』でMAD MIKEが語ったことは胸を打った。俺の奇行はアタマ悪かった。
there would come a time in your life when you will ask your self a series of questions
お前の人生にある瞬間がやってくるだろう
それは自問自答するときだ

am i happy with who i am ? am i happy with the people around me ? am i happy with what im doin ?
am i happy with the way my life is goin ?
俺は幸せなのか?
この人たちといて、幸せなのか?
俺が今やっていることで幸せを感じているのか?
俺の生き方は幸せなのか?

do i have a life ? or am i just livin ?
俺自身に人生と呼べるものはあるのか?
それともただ生きているだけなのか?

do not let these questions restrain or trouble you
just point yourself in a direction of ur dreams
find your strenth in the sound
疑問に惑わされること無くただ自分の夢に真っすぐ向かい
サウンドから得られる強靭な精神力を身につけ

and make your transition / MAKE YOUR TRANSITION
そして行動するんだ 変わるんだ

do i spent too much time thinkin and not enough doing ?
俺は考えすぎて何もやってないんじゃないか?

can i try my hardest to get any of my dreams ?
can i purposely let others discourage me when i knew i could ?
will i die never knowing what i could have been or could have done?
自分の夢をかなえるため努力したことはあったか?
やれたこともやらないで人をがっかりさせてこなかったか?
行動も起こさずに、後悔の念を抱き死んでいくことにならないか?

do not let these these doubts restrain or trouble you
just poin yourself in a direction of ur dreams
find your strenth in the sound
疑問に惑わされること無くただ自分の夢に真っすぐ向かい
サウンドから得られる強靭な精神力を身につけ

and make your transition / MAKE YOUR TRANSITION
そして行動するんだ 変わるんだ

there would come a time in your life when you will ask your self a series of questions
お前の人生にある瞬間がやってくるだろう
それは自問自答するときだ

am i happy with who i am ? am i happy with the people around me ? am i happy with what im doin ?
am i happy with the way my life is goin ?
俺は幸せなのか?
この人たちといて、幸せなのか?
俺が今やっていることで幸せを感じているのか?
俺の生き方は幸せなのか?

do i have a life ? or am i just livin ?
俺自身に人生と呼べるものはあるのか?
それともただ生きているだけなのか?

do not let these questions restrain or trouble you
just point yourself in a direction of ur dreams
find your strenth in the sound
疑問に惑わされること無くただ自分の夢に真っすぐ向かい
サウンドから得られる強靭な精神力を身につけ

and make your transition / MAKE YOUR TRANSITION
そして行動するんだ 変わるんだ

MAKE YOUR TRANSITION
変わるんだ

で、今CD聴きながらこれ書いてるんだが、これも相当いいなw
by wavesll | 2006-07-24 20:56 | 私信 | Trackback(1) | Comments(0)

刺す光

黙ってるのは簡単にかっこがつくけれども、止めよう。
なーんてのは後付で、しゃべりたくなっただけだwシンプルに。

Thee Michelle Gun Elephant - Drop

Rosso - Sharon Live at Rising Sun Rock Festival 2002

Raven - Chevy

Rosso - 星のメロディー

Thee Mchelle Gun Elephant - Electlic Circus Live at TakuTaku
チバのこういった曲も好きなのだけれども、birthdayではどうなるんだろう?

イスラエルとレバノンの紛争写真 fromYellowTearDrops
痛ましいと感じるけれども、特に何にも行動しないし、逆になんだろうな、興味を充足させているだけなのかもしれないと嫌悪感を感じたり。それでも、ニュースの向こう側にある現実を見て、黙りこまずに何かを発言することには意味があると信じたい。

演説 三島由紀夫 from finalventの日記
武士という生き方だけが日本人の美しい生き方ではないと思う。

POPJAMDELUXE LIVE IN SHIBUYAを観た。向井秀徳、菊池成孔、小西康陽のapple store shibuyaでのライヴとインタビューの番組だった。
POPJAMが週間での放送が終わり、どうなるのかなと思っていたが、なかなか見ごたえのある放送だった。
「渋谷」を3人が語るのだが、それぞれの視点が「上京して住む若者」「新宿の対極にある若者の渋谷を憂う大人」「世界の中の特異点として若者のセンスを肯定する大人」というもので、「歴史を降り積もり、それと対峙する」「カルチャーから外れて、アキバ化(=サブカルチャー化、恥を失くす)しつつあることへの危機感」「その集中、センスの質は世界の中でもずば抜けている」と3者3様に語られていて面白かった。欲を言えば、90年代、80年代の渋谷についても語ってほしかった(特に小西さんには)。
演奏された曲目では、『YOUNG GIRL 17 SEXUALLY KNOWING 』『WATER FRONT』『You don't know what is love』『東京は夜の7時』が良かった。
by wavesll | 2006-07-22 05:28 | 私信 | Trackback | Comments(2)

minites made2.5

クリックで救える命がある
夜明けの更新。

音楽
風をあつめて@風街ミーティング
松本隆 細野晴臣 鈴木茂  高野寛 中村一義というスーパーバンドによる演奏。

馬の骨 - Red light,Blue light,Yellow light (Live Ver.)
燃え殻の歌詞を検索していたら、好きな曲の歌詞に自分の思いを託す乙女オッサンさんのblogを発見。なんかシンパシーを感じるとともに、ちょっとした危機感を感じてしまいましたw

Israel Kamakawiwo'Ole(ersey.org)
ワイキキのCDコーナーで見かけた"とにかくデカいヒト"がいたのでブックマーク。もうお亡くなりになられた方だったのですね。リンク先に『虹のかなたへ』を歌った動画があります。

ホフディラン - 極楽はどこだ
懐かしのナンバーなんですがPV見たのは初めてかも。Youtube昨日あたりから関連動画をサジェスチョンしてくれるようになりましたね。

お笑い
三歩一 「コンパ」
三歩一 「数学の先生」
R-1関係で探ってたら発見。これはホントにうまいです。是非最後までご覧ください。

友近「アメリカのTVドラマ」
友近「チャーチャ」
友近「児童劇の演出家」
こーいう一人芝居、好きなんですよねー。ツボだわw

やたら気持ち悪い「よいこっち」という伝説番組(笑いのネタ!)
筋肉ムキムキのヒトって見てるだけで笑えるwww

衝撃
TV番組で組まれた塩田剛三特集(ひろぶろ)
この方は何度観ても凄いとしかいいようがありません。技術を極めると魔法の様に見えるものですね。

世界一のジェンガタワー(ひろぶろ)
うわぁあああああ!!!

公園の遊具でトリックプレイ映像(小太郎ぶろぐ)
うえぇぇぇえぇぇぇ!ブランコに酔わないのかなぁ。

サイト
日経を読み始めてみました
拙いながら、要約もどきのメモをこれから毎日残していこうと思います。日経から怒られたらやめます。

よく言われることですが、blogで書きた「かった」ことって最初の一年間ぐらいで全部でたなぁと思います。あと数ヶ月で二年目も終わりますが、これからはもっとそのときの自分の見たものや想像力が試されてくるなと思いますね。とりあえず風呂敷を広げることからはじめようかなと思います。

映画
Boogie Nightsを観ました。13インチのデカマラ男がポルノ界で掴む成功と転落を描いたこの作品、監督がその後に撮った『マグノリア』が好きだったので観たのですが、期待通りの出来でした。

華やかなりし芸能界、夜の世界、女、金、車、ドラッグ、セックス、70s80sのディスコミュージックに乗せて、快楽と成功は頂点に達し、そして転落していくダーク・ディガー(エディ)の人生。
やっぱり、何やってもいいけどドラッグは身を滅ぼす気がしました。
どの人物にも光が当てられていて、面白い上に、悲哀を感じさせる作品でした。あと、マグノリアでも思ったけど、音楽が実によかった。あと、ローラーガールがほんとエロかったです。

宮崎吾朗のwikiが色々いじられてる件
逆に観てみたくなってきたw明日はハウルですね。

淀川長治 最後の「サヨナラ」
あまり日曜洋画劇場の記憶はないのですが、映画人として尊敬しています。

淀川さんが愛してやまないチャップリンのModern Timesを観ました。チャップリンは初めて見たのですが、主演、脚本だけでなく、音楽も自分でやってしまっていたのですね。凄いですね。
観ながら「馬鹿だねーwwwwww」と笑ってしまったところは結構ありました。特に自動食事機のシーン(Youtube動画、ネタばれされたくないひとは見ないでください)は爆笑しました。
しっかし、いくら場面が変わるとはいえ、ちょっと長いなと思ってしまいました。
チャップリンが歌うシーンで字幕が出なかったのはなんでなんでしょうかね?ラストシーンはきれいでした。

国際
リチャード・ギアのNYタイムズ紙寄稿:『破滅へ続く鉄道』(暗いニュースリンク)
チベットの危機は地球にとっての大きな人道的、文化的損失ですね。どうすることもできないのでしょうか?
by wavesll | 2006-07-20 20:48 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

FTAと自由貿易

1.真の自由貿易か
7/20日からのやさしい経済学は東京大学教授伊藤元重先生による「FTAと自由貿易」です。
FTA(自由貿易協定)は、今世界の通商政策の中でどんどん重要になってきていますが、特定の国との貿易障壁を撤廃するのは他の国との間に差別を生むことだとも言え、日本も従来はGATTなどの多国間自由貿易の枠組みを重視していました。
これから、FTAをめぐる諸問題について語られる予定です。

2.貿易転換効果
FTAには好ましくない点もなる。FTAの好ましくない効果を貿易転換効果と呼ぶ。FTA締結前には相対的に良質で低価格の諸外国の商品が、締結後は相対的に高くなって入りにくくなる一方、質は悪いが割安になった域内国の商品が入りやすくなるといったケースだ。
たとえば、メキシコの自動車の日/欧米比率にこれはみられ、その結果として関税収入が減るというデメリットもうまれている。
by wavesll | 2006-07-20 20:02 | 小ネタ | Trackback(1) | Comments(0)