<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

素人TV考

ワラッテイイトモ、

芸能界報道のタブーに迫る!

1・2日前にBSでやっていた『ネクスト』という番組の特番がなかなか面白い番組でした。

この番組は世界で放送されている面白かったり珍しい番組を取り上げるもの。世界丸見えと違うのは、アメリカの番組が出ないところ。主流とは違う各国の色が見れて面白かった。

特にイタリアの実際のプレーを一切流さないサッカー番組(生放送中に点が決まると、放送権が高くてプレーを流せない代わりに、別のスタジアムで即座に再現VTRを作り上げて放送してしまう)や、フィリピンの毎週3時間やる音楽ライヴ番組、フィンランドの毎週やってるチャリティー番組やジャマイカの音楽に乗せた政治風刺番組などには舌を巻きました。

この番組から感じたのは、NHKはもう一度TVをTVマンと視聴者の手に戻したいんじゃないかということ。

出演パネラーの誰かが言っていましたが、日本のTVはみんな同じ味付けで、冒険や挑戦が出来なくなっている。その原因の一つが、スポンサーの意向の強さで、視聴率を獲る為、番組のテーマでなく出演タレントで勝負するようになってしまったのが現状ではないでしょうか。

NHKは民法と比べたら自由度が高いから、TVは調理法ではなくTVマンが本当に挑戦したい素材で勝負できる環境を作るべきだといいたいのでしょう。

今のTV番組に本当のガチの面白さはありません。例えば「いいとも」に素人として出てくる子どもは芸能事務所所属の人間であるのはあまりにも有名です。演出の技術があまりに発展してしまったため、化学調味料を大量に入れたラーメンのように作られた旨さしか今のTVにはないといったらいいすぎでしょうか?。本当にやばい、ガチのえげつなさは今はネットで行われるようになってしまった感があります。

そこで双方向性や一般の人の出演でTVに視聴者が大きく関われるようにすることでガチな空気を取り戻そうとしているのではないでしょうか。(例えば「日本の、これから」なんかはそれを意図していると思います。)

50年間で出来上がった構造が今TVを面白くなくしているのかもしれません。最もパワーを持ったメディアである以上、関わる人の熱意が直接伝わるようになっていけばいいですよね。

テレビ業界という格差社会(池田信夫blog)

テレビのどこが問題か(ハコフグマン)
by wavesll | 2007-03-25 02:01 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

トークスライダー

最近の自分はどうにも美しくない。美意識が足りないとか思ったりする。もっと精神的に高尚であるべきなのに堕落していると感じます。いわば自分が忌み嫌っていたものになってしまっている感じ。丸くなるっていうかさ、まぁコンプレックスの裏返しでそういうのに実はあこがれてたんだよとか元々尖ってなかったじゃんとかそういう声もちらほら聞こえてきたりするんだけど。

そもそも、ようやっとスタートラインに立ったのかもしれません。最近『海馬』っていう本を読んだのですが、記憶にはWhatの記憶とHowの記憶があって、情報をただ覚えるWhat記憶にたいしてHow記憶は自分で体験しないと覚えられないらしいんですね。体験で得る知恵ってのは本当に大きいなとES書きながら思います。ある問題を認識し、自分で考えて、行動して、結果が出るっていうことでしか本当の意味では成長できないですからね。想像してたのと現実に落差があるなんてよくある話でようやくWhatからHowにシフトしてきたのかもしれません。

ちょっと話がずれ始めますが、What記憶は20代でピークを迎えるらしいのですが、How記憶、特に「記憶同士のつながり」を発見する力って30代を超えてから強くなっていくらしいですよ。そういう意味では今までWhatを溜め込んでいたのもある意味身体的に正解なのかも知れません。

身体的に正解っていうのは、『海馬』読みながら就活をする際にどんな人生キャリアを立てて生きたいかを考えたときに沸いてきた言葉で、自然として人間を捉えたときに体が最も力を発揮できるようにしてカラダを使い倒せたらいいなぁと思ったんですね。
例えば脳はいくら使っても疲れないらしいです。目とかは疲れるらしいけど脳は疲れない。だったら思考を止めないことが身体的に正解となる。でも睡眠をして夢を見ることで記憶が整理されて良いアイディアが浮かんでくるので睡眠はきちんととることが身体的に正解。みたいな感じです。そうやって使い倒したらいいなぁと思って。

こんな感じで自分は凄く人の影響を受けやすいんです。で、何か凄い作品を見た直後とかは完全に信じきっているというか興奮して無敵な感覚を得てしまいます。

信じることから生まれる力ってのは凄い大きいですよね。信頼関係から生まれる人と人の繋がり。目標へ向かっていく力。宗教なんかも自分を支えるのにはいいのかもしれないなと『ロビンソンクルーソー』読んで思ってしまいましたよ。まぁ特定の宗教というよりは神の存在を肯定することの利益ってのは結構あるんだろうなぁと思います。今のところ頼りたくないけど。道徳的にどうしても必要って言うのなら自然の摂理というか、身体的に正解な事をやっていたり、自分の好きな人間の言うことを聞いていればいいかなと思います。

でも疑うことも大事だし、ほとんど多くのことは変わっていってしまいますよね。僕の志望業界なんて二転三転してるし、リミックスで面白いのなんかひとつも無いといっていた椎名林檎はセルフカヴァーばっかのアルバム出すし(でもこれの『ギャンブル』は凄くいいけど)、くるりのメンバーなんか変わりまくってますしね。そもそも最近になってくるりのベストやら平成風俗やら聴いたけど、ここんところこういうの全然聴かなくなっていたし。

変わらないものが欲しい。変わらないものを見つけたいですね。そりゃ疑うことは必要だけれども(言葉を変えれば検証し続けることbyライアーゲーム)それを超えるような絶対性をもったのを信じれたらいいなぁと最近思っています。


by wavesll | 2007-03-06 01:08 | 私信 | Trackback | Comments(0)