<   2007年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

美しく醜い子どもの国アメリカ

c0002171_729218.jpg
高校時代の僕に多大な影響を与えた予備校世界史講師の諸岡先生が慶應で絶対にとるべき講義だといっていた鈴木透先生の著作、『実験国家アメリカの履歴書』を読みました。

そこから浮かぶアメリカのイメージは、一言「子ども」。そりゃだって建国231年じゃそりゃそうだ。大人がなぁなぁにすますことをイノセントに否定したり、自分の感情を抑えられずに暴力を振るったり、失敗しても自分の将来に希望を持っていたり、自分と違う存在を受け入れられなかったり、差別をしたり、理想をひたすらに求めたり、アメリカはまるで子どもです。

古来からあった国家という枠組みをその後に出てきた技術や哲学を利用してもう一度組みなおしたのが合衆国とソ連で、今はEUがそれをやろうとしているのでしょう。いわば国家2.0ですね。

日本は皇紀2667年を誇る大人の国ですが、62年前にガキ大将に喧嘩で負けて無理やり2.0どころか10.0の憲法だけ押し付けられました。自らから出てきた考えではないからルールと現実の乖離が凄まじいことになっています。九条は戯言で、剣術は殺人術だと思います。しかし、大人が子どもの夢をかなえてやるのは素晴らしいことじゃないかなとも思います。ただ、単純に子どもの真似をしているだけでは大人としての責任を果たしていないので大人らしく振舞う必要があるでしょう。

しかし合衆国の持つ実験精神は見習うべきところも多いです。
今法律がどうなっているか知らないのでうかつなことをwebにかけないけれども、次の参院選、日本国民も一度や二度の失敗を恐れず、実験してみても国は滅びないかもしれませんね。
by wavesll | 2007-06-30 07:32 | 小噺 | Comments(0)

俺流骨太の方針&ショートショートフィルムフェスティヴァル

c0002171_43426.jpg一応竹中平蔵に公共政策を習っていて(イロイロ言われてるヒトですがしゃべりはうまいっすよ実際)、今日の講義は先日出た骨太の方針2007(pdf注意)を評価せよというものだったはずでした。

「はずだ」としたのはサボったからwただ、一読してみて、こりゃダメだという印象でした。そこで俺流骨太の方針を作ってみましたw

俺流骨太の方針で掲げる政策は1つ。それは教育予算倍増です。国は人で出来ている。ならば人をどれだけ伸ばすことが出来るかによって国の未来が決まるといっていい。故にここに予算をかけるべきである!

掲げるのは「ゆとり教育」です。ただしこのゆとり教育でゆとりを持てるのは生徒ではありません。教師です。

教師の数を倍増させます。それにより少人数クラスを実現します。
また小学校・中学校・高校の教師は教育のほかに部活の顧問や保護者との相談など、やることが多すぎるのでこれを減らします。
例えば、部活動ならちゃんとしたプロのコーチが教えるようにします。そして教師や保護者も気晴らしのカルチャースクール感覚でそれを使えるようにします。つまりこの改革の目的は徹底して教師の働きやすい環境を作ることです。

それによって教師に余裕が生まれ、創意工夫のある肌理細やかな教育が行えるようになるのではないでしょうか。

肝心要の予算ですが、公共事業を一切辞めれば捻出できるんじゃないwハッタリってのはドラスティックにやらなきゃダメだからこれくらい吹かしてもいいっしょw

閑話休題。今日は友達とラフォーレ原宿で開かれているショートショートフィルムフェスティヴァルに行ってきました。

今日も三田から原宿まで歩いてしまったw

今日観た回は過去のアカデミー賞受賞作品を紹介する「アカデミープログラム」で、どれもヒト捻り利いた力作ぞろいでした。会場も作品が終わるごとに笑いが起きたり拍手が起きたりムっとしたりしんみりしたりほのぼのしたりで楽しめました。

特にサルバドール・ダリとウォルト・ディズニーが組んで製作した『Destino』がかかったのが嬉しかった。存在は知っていたがまさかここで観られるとは!魔術的にファンタスティックでした。

他だと最初の『マエストロ』と、パレスティナのミュージカルの奴と、スペインの奴が好きでした。

これで800円ならほんと安いですよね。気になる人は行ってみるといいと思います。回によって上映作品が違うらしいから、当たりハズレはあるかもw

表参道で友達と別れた後目黒まで歩きましたw案外遠いのなw
by wavesll | 2007-06-29 04:08 | 小ネタ | Comments(0)

徐々に奇妙な冒険

c0002171_7593753.jpg三田から渋谷公会堂まで歩いてそこから白金高輪まで歩きました。スーツでw

昼にフレッシュネス食ったあとC.C.レモンホール(渋谷公会堂)に。孫正義LIVEという就活イベントに潜り込むため。

孫はチビでハゲだったけれどもしたたかに強い奴だなと思いました。彼は僕とそう変わらない年でソフトバンクを立ち上げ、25,6の時にB型肝炎で「あと5年の命です」と宣告されるが絶対安静の中会社に出る自分は人の笑顔を見ることで自己満足していると強く感じたらしい。

きれいごとはどうでもいいけれど、きっとその死を近くに感じた体験が彼の背骨になって今のソフトバンクの成長になったのでしょう。底を見た人間は強いな。

行きは三田から六本木通って渋谷公園通りを行ったのだけれども、帰りは適当に迷いながらいこうとあるいてたら女子高生で道があふれかえっていました。その流れに逆流して歩くと実践女子学院が。こんな女子高生がいると気分は新人教師だなwスーツだし。

それを過ぎると氷川神社が見えてきました。なんとそこの公園に土俵が!渋谷に土俵があるって知ってた!?僕は驚きました。

更に歩くと広尾に出ました。「日本で二番目に安い携帯電話の店」の前を通り過ぎたりしてぶらぶら散歩。そのまま白金まで来ました。

地図を見ると「ナザレ通り」というものが。ナザレといえばあの磔にされた3日後に復活したガリラヤ人の故郷じゃないか!どんなもんか観にいったけど、何の変哲も無い通りでした。なんだこりゃ。

その後ピアノが鳴り響く中聖心女子大学のそばを歩く。なんと東京大学医学部が隣接してるのな。娘のセックスの相手が東大のお医者さんならばご両親も安心設計ですな。

と、歩いていると寺の向こうに西洋の聖人を祭っているようなモニュメントのある建物が見えるというシュールレアリズムな光景を発見。まじなんなんだこの白金は。

白金、、、シロカネ、、、、プラチナ、、スタープラチナ!?

はっ!そうか!?この街はスターダストクルセイダリズムを体現したJOJOワールドだったんだよ!!!!
ΩΩΩ<な!なんだってー!?

は、ともかくオシャレと墓場が入り混じる摩訶不思議世界が白金では展開されていました。気づいたら白金高輪駅に着いたのでそこから定期で帰りました。
by wavesll | 2007-06-28 08:02 | 私信 | Comments(2)

Have it in your way

c0002171_22323760.jpg新宿バーガーキングでワッパーチーズ食ってきました。

平日の15:00過ぎだというのに15分待ち。半分宣伝みたいな行列ですが、こりゃまだまだ混んでるときは大変だなと思いました。

つか、でかい!楕円だ。アメリカンですねこりゃ。


その後マンガ喫茶マンボー本店へ。
なにがやばいって「お魚エステ」がやばい。
水槽に手を入れてサカナに食べられるんだけど。。。。
ひゃわわわわwwwwって感じだ。これは。。。これは凄い。

最近松本大洋を読んでます。今日は『ZERO』と『ピンポン』を読みました。
俺、根性無しのカットマンだったから、もう少しあそこで頑張ったら色々つかめたかなとか思いました。

しりあがり寿さんの『おーい!メメントモリ』が笑えたw

ところでハンバーガーだと日本産もかなり頑張ってます。
今フレッシュネスバーガーで売ってる生ハム&クリームチーズバーガーは過去俺が食ったハンバーガーの中でも別次元の美味さでした。個数限定らしいので気になるヒトは是非速攻で食べてみてください。
by wavesll | 2007-06-25 22:32 | 私信 | Comments(0)

MARQUEE MOON

c0002171_12362682.jpgどうも、子どもの頃の夢はおじゃマンボウのTVウォッチャーになることだった俺です。

こないだのビリーの件で『2時っちゃお!』に映ったり、三ツ沢競技場でビール売ってたらメインスタンドで奥寺見かけたりいつのまにやらTVの向こう側に足を突っ込んじまってるのかと思う今日この頃です。

というわけで今日はテレビジョンの話題。

最近日テレが頑張ってるなと思うわけです。日テレというとあの悪趣味番組24時間テレビをやってることでイメージ悪いですがなかなかどうして面白いよ『オリラジ経済白書』。

オリラジも評判イマイチだけどあいつらラジオは面白いからちゃんと方向付けしてあげれば面白くなるハズ。『経済白書』はカネにまつわるくだらないのからまじめな話題まで扱ってて、親子で見れる非常に伝統的日テレ番組だと思います。

一方、なんか小山薫堂の番組のような洒落た印象を与える番組と思ってたら本当に小山さんが作ってた番組が『トシガイ』。ゲストに年齢分の万札を渡してどう使うかを提案する番組。『経済白書』といい、さすが『マネーの虎』を生んだ局だけあってカネが絡んだ番組は面白い。

しっかし、ほんとTVは報道はひどい。特に報道ステーションとかは1ミリも見る価値がないな。こないだの渋谷の爆発とか、あれだけで20分以上やってたんですよ?なくなった方には悪いけど5分ですむだろあんなの。もっといえばむしろその先15分は視聴率目当てなだけの野次馬根性だよ。とっとと打ち切られろ。

そんななかで最近一番面白かったのは実は『特ダネ!』。まぁ俺小倉も嫌いなんだけど面白かったからしょうがない。BOOMの宮沢さんが北海道で起きている「磯焼け」の現場を取材していて、新しかった。前日の『NEWS23』のサンゴ特集よりも良かった。しかしフジテレビも朝はガキ向け芸能バラエティー、夕方は主婦向けバラエティー、夜は親米右翼とクリステル好きへの産経ニュースってほんとひどいよね。どうにかなんないものか。

というTVウォッチ日記でした。
by wavesll | 2007-06-25 00:01 | 私信 | Comments(0)

あぁ、神様俺は何様ですか?

c0002171_8141164.jpgそうなんだ。躁なんだw最近調子に乗ってるんだ俺。

もうwebにも適当なことばっかり書いちゃってサ。ほんと俺の書いたものなんて鵜呑みにしないでね。

こないだもチャリ乗るときは右側通行でとか書いちゃってさ。逆走だろ!当然左側通行が正しいです。これは自分で訂正したけど間違ってたらどんどん突っ込み入れちゃってください。

で、俺が何でいまゴールドエクスペリエンスで殴られたような精神状態なのか考えると、今俺は日常を旅しているのかもしれない。

旅人になるって結構俺の中では大事なことで、旅をすると自分がまるでロッケンローラーにでもなったような心持になれるんだよね。

で、「旅」の要素を挙げてみると

・一人きりもいいだろう二人だけもいいだろう猫も連れて行こう好きにやればいい
・カラダ使ってハングリー
・新しい人に出会う
・新しい景色に出会う
・つまり常に新しい事が起きる
・義務からの解放

で、今俺の日常は
・サークルから卒業しててフリー
・チャリに乗ってハングリー
・mixiみてもらえりゃわかると思うが毎日が新世界
・内定も出たし学事も余裕で義務じゃなく趣味で大学に通う

ってことで旅の要素を満たしてるのかもしれんな。今俺は東京っていう地球で一番ヒップな街を旅しとるのかもわからんわ。

というわけで最近調子に乗っているのです。この躁バブル、ソフトランディングさせずに弾けて鬱になるまで燃料切れるまで旅してみます。金は無いけど時間と体力はあるんでw

とりあえず旅すると歌が好きになるな。トータスさんの歌が沁みるわ。
by wavesll | 2007-06-24 08:09 | 私信 | Comments(2)

ユーキャンドゥイッ!!!

c0002171_6114147.jpg来日中のビリーブランクス見てきました!渋谷スペイン坂スタジオ公開録音に行ってきました!

昼食ってPCルームでRinRin王国さんみてたらビリーが来ると書いてあったので速攻でスペイン坂行きw
17:00からの番組なのに15:00から並んだしw俺ブートキャンプまだやってないのにw

おかげで16:00過ぎに整理券1番をGET!

それまで一緒に待ってたビリーマニアと楽しいおしゃべり。
空手10年総合もやってるという彼がいうには空手よりブートキャンプのほうが心技体全部鍛えられるらしいですw

おばちゃんも腕の力瘤がすげぇのwガイジンも来てました。プラカード持ってたw WE LOVE BILLY!!

なんでもアメリカでは『ビリーズブートキャンプ エリート』という上位版が発売されてて、ビリーバンドも1ポンドのダンベルつけられたりとか更に進化してるらしい。

そして18:00過ぎにビリー登場!俺ら入場!
まじモンだwwwwすっげー優しい目してんなー。
つーか対談相手の角田もものごついカラダ。スーパーサイヤ人2みたいでしたw

すぐに入れ替えだったので実際に見たのは5分くらいw
みんなで力瘤みせてました。俺はヤワだからそんなものはできなかったwつか、ここまできたらもうホントにやるしかないっすねブートキャンプ。

そんな自分が最近やってるのはチャリです。夏に箱根攻めるために周りでもチャリを買う動きがあったりしてるんで、ここでちょっとチャリ乗りの基本をまとめときたいと思います。

基礎の基礎として。
ちょっと値の張る自転車は大体2つのタイプにわけられる。マウンテンバイクロードレーサーだ。ロードってのは街で見かけたことあると思うけどタイヤがいやに細い奴だ。
何が違うかというとロードのほうが1.3から1.5倍は早い。MTBと比べるとかなりの差がある。けどパンクしやすい。

で、チャリ乗りの秘訣なんだけれども、キーワードは「安全」と「省エネ」。

まず安全第一。
スピード出るチャリに乗るときは必ず帽子か、できればヘルメットをかぶろう。熱射病対策にもなるけど、万が一事故った時の防護になるから。これは必須です。

また左側通行を守ろう。
というのも基本的には車道を走るので、左側通行じゃないとやってられないから。

そして基本はビビリ運転。
いわゆる「かもしれない運転」で行きます。無茶をせず、こちらからできるだけ譲って、ヤバイと思ったら歩道に引っ込むのが吉。

次に省エネ。
チャリという乗り物はいかに心地よく走れるかを追及した分だけ早くなる。

まずはなるだけ車道を走る。
まぁドライバーの方々はうざったいと思うかもしれないけど、チャリダーとしても歩道はでこぼこで、スピードもタイヤもロスしちまうんでなるだけ車道を走ったほうが間違いなく速いです。ドライバーもチャリダーも恨むなら自転車道を整備しない道路行政を恨もう。

次はなるだけギアを利かせる。
一番重いギアで坂道を駆け上がっていくことに喜びを見出す人もいるけど、基本はいつも同じ速さでペダルを回せるようにギアを使ったほうが早い。ギアはせっかくあるんだから坂ではどんどん使おう。
それじゃあ根性がつかないと思うかもしれないけど、峠を攻めるときはいっくらギアを利かせても昇れども昇れども終わらない坂があるから、そのときは最後は根性で乗り切るしかない。昇りきれば楽しい楽しい下り坂だ。

あと街乗りの時は、
抜かされてもあせらずに自分のペースで走ってれば信号で追いつけるから、自分のペースを守ることが一番早く走るコツだ。もちろん、前の人に引っ張られて早くなることもあるけど、そういうときは特に安全確認を怠らないようにしよう。

てな感じが基本です。てか俺もたいしてチャリやってなかったからこれですべてかもしれないw
夏の箱根に向けてがんばりましょう!ユーキャンドゥイッ!!!
by wavesll | 2007-06-22 01:15 | 小ネタ | Comments(0)

彼が成し遂げることは全て風に過ぎない

c0002171_317576.gif

古典を読もうと思い立ちB.C.2000年以前に紡がれたメソポタミア文明の名著『ギルガメシュ叙事詩』を読みました。

ウルクの王であるギルガメシュの活躍を描いたこの本、アッシリアのニネヴェやヒッタイトのボアズキョイで見つかった粘土板に楔形文字で描かれていた物語ということで途中で平気に「以下30行欠損」とか何度も出てくるツワモノでしたが、逆にメタ的にも読書を楽しめました。

予想してたとおり面白かった。まるで『JAM』『世界の終わり』を聴くような感触でした。

古代メソポタミアは西欧世界の原型の一つなのだなと強く感じました。後に旧約聖書で『ノアの箱舟』として継承される洪水伝説や、生と死をめぐる冒険、蛇によって盗まれる永遠の命など、メソポタミア文化圏の端っこにあったイスラエルへの影響が容易に想像できる要素が多々ありました。

余談ですが暴君であったギルガメシュはウルクで結婚した夫婦の初夜の前に奥さんの処女を必ず食っていたそうです。これがかの深夜番組のネーミングの元なのでしょう。

僕が最も心を引かれたのはこの物語が白と黒の2大主人公制を採用している点でした。
乙木さんが説明しているように、『HUNTER X HUNTER』や『デスノート』、『コードギアス』など白黒2大主人公を採用する物語はゼロ年代の潮流です。その元祖が『ギルガメシュ叙事詩』といえると思いました。

簡単なあらすじ。

知と権力の王ギルガメシュに対抗するために神に作られた野人エンキドゥは、ギルガメシュに送られた聖娼によって人間らしさを得る(ここらへんが文明ってのは邪なものなんだということを現していて良い)。

ウルクに来てギルガメシュと殴りあった後、彼らの間には友情が芽生え、共に西の森の怪物フンババ(フワワ)を退治しに行く(ここら辺は『もののけ姫』にもつながる神殺しの話)。

その結果見事凱旋し、ギルガメシュは女神から夫にならないかと誘惑されるが神になることを断り、怒った女神によって送り込まれた天牛をエンキドゥと共に殺害。しかしそれによってエンキドゥは神の怒りにふれ衰弱死させられてしまう。

最愛の友であったエンキドゥの死に衝撃を受けたギルガメシュは、死の恐怖から逃れるため大洪水を生き延びた賢人ウトナピシュティムに会うため東の冥界へ旅立つ。

ウトナピシュティムから死は誰にも逃れえぬことも予見することも出来ない神の暴力的なまでの絶対だと諭されるが、最後に若返りの草を受け取る。しかし持って帰る途中で草を蛇に食われてしまう(その結果蛇は脱皮する。)。


この物語を動かすエンジンがギルガメシュとエンキドゥの2人です。彼らの友情と冒険が、メソポタミア人にとっての「死を前にした人間の生の問題」をあぶり出します。

英雄的人生観、永生希求、現世的享楽主義、神への奉仕による人生観が示されるけれど、叙事詩はそのどれも絶対の正解とはしません。全ては相対化されます。彼(=人間)が成し遂げることは全て風に過ぎない。ギルガメシュは全てを探求しようとしたその軌跡だけが残るのだという、ボールをこちらに放りっ放しの終わり方をするあたりも『HUNTER X HUNTER』に似てるなと思いました。

興味をもたれたヒトは一回読んでみるといいと思います。日本語訳があるので楔形文字が読めなくとも問題ないっす(^^)
by wavesll | 2007-06-20 03:18 | 私信 | Comments(0)

Utopia

c0002171_535125.jpg東京テレポートに13:30に友人と待ち合わせてグレゴリー・コルベールの『ashes and snow』を観ました。

コンテナを積み上げて美術館を作り世界をめぐる移動式美術館が日本人の設計だったのは驚き。
内容はCGや合成は一切無しのヒトと動物の写真と映像作品です。

感想は、映像がメインでしたね。写真は数が少なかった。1600円取るだけあって雰囲気は良かった。ただ、タイやネパールっぽい象や豹に興味があるくせにやはり西洋人というか、神が支配するユートピアっぽい写真でした。

映像を見ていると、多くの動物ってのはホモサピエンスにとっては種としての先輩だから大事にしなきゃなという気になりました。またヒトとサルの違いなんてのは国籍の違いくらいのもんな気がしました。このユートピアの中では。

ただ、メインの1時間の映像をみると、やはりコルベールさんは人間中心主義なのだなと思いました。その証拠か、最後の2人が水中でまぐわうシーンの美しさは圧巻でした。
by wavesll | 2007-06-18 05:06 | 展覧会 | Comments(0)

全力で見逃せ!

c0002171_9432230.jpgラゾーナとIKEA行ってきました。無論チャリでw

国道1号走ったら案外近い。1時間かかりませんでした。
ラゾーナはいい!スタジアムというかスペースマウンテンというか、面白いデザイン。
中の雰囲気もちょうど横浜と東京の中間といった感じで良い感じでした。

そこから鶴見川の脇を大綱橋まで走って、大倉山で右折して新横行ってIKEA行ってきました。真昼間に飲むスウェーデンビールはうまかった。

そっから家帰って、壁の蔦の刈り取りをした後三田へ。
マクドナルドの三角マンゴーパイはうまい。

は、ともかく、今日は後輩が買ったコードギアスというアニメのDVD鑑賞会がありました。オタク2人と腐女子2人がそれぞれ持ち寄ったブツを見せ合うこともあり、僕も手土産に世界で一番高いポテトチップスとこないだ買った同人誌とG戦上ヘヴンズドア持っていきました。

全く予備知識無しで観たコードギアスでしたが、なかなかどうしてこれは凄い。

世界の1/3を支配するブリタニア帝国の属領である日本が舞台の戦争アニメ。

この世界設定が凄い。占領統治がうまくいかずテロが頻発するあたりは近年のイラクの状況とリンクするし、名誉ブリタニア人や日本人差別の設定や、ブリタニアによって社会インフラが整備され、豊かな暮らしができるようになったが民族の誇りを捨てることが出来ない日本人の姿は韓国併合時の朝鮮人を連想させる。

しかもこれを最近のアニメ絵でちゃんとキャラ萌えも入れながら描いてるんだからたいしたものだ。てか凄いよこりゃ。

それぞれの正義と矛盾が交錯しつつお笑いとお色気シーンが入るこのアニメを見ると時代は確実に進歩してるんだなと思いました。
まだDVDが途中までしか発売されてなかったので、まじ先が気になります。

その後後輩が持ってきた『エマ』を読んだ。これはいいラブストーリーですねー。癒されるし残酷。これ読むとイギリス行きたくなる。作者の人が女性というのは意外だったが言われてみれば納得でした。

そんなこんなで4時まで起きてましたが7時に起きて帰ってきました。
by wavesll | 2007-06-17 09:47 | 私信 | Comments(0)