<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

金閣寺読了

昨年末からちょびちょび読んできて、ようやく読み終わった三島の『金閣寺』、途中経過の時も書いたが、豊饒な表現に酔いしれた。美についての懊悩、人生の挫折と破滅への運命的なまでの堕ち方。その暗い耀きに共感してしまう私はアラサーの中二だな。破滅を起こしたのちに生きようと思う身勝手さも人間の業としてリアルだ。本当に面白かった。

吃りにより世界に置き去りにされる感覚はコミュニケーション力に劣る人には己の事のように思えると思う。異性に対する苦手さから『人生』を進めていないと考え更に拗らせるのも若者の一典型だと感じた。アウトサイダーの持つ重力は適正な距離を保ちながら描写され人間の一つの真実を画いていた。

悪友の柏木のキャラもいい。賢しく世を渡り悪の道を主人公に示す彼が悟ったように語る美の論はなんとなく得心が言った。美は虫歯のように四六時中頭を悩ませるが、それを切り捨ててみるとなんでこんなものに頭を悩まされていたんだろうと感じるものであり、しかしいくら悩まされたとしても、それに耐えていくことこそが社会における解だという。

それに対し、主人公は最後は押し流されるかのように美を切り捨ててしまう。

それまで憧れ、憎み、圧倒され時に落胆した金閣の美が舞い狂う。その絢爛な幻との対決に彼は勝利したのか?南仙和尚が猫を殺したように美を灰塵に帰したのだろうか。彼に待っているのは重い未来。しかし小説は最高潮で終る。それまでの生の重みが爆発し解放された状態で終るのが蛇足なく美しい。

しかしある意味で自分のことのようにこの『金閣寺』を読んだ私にとって一番知りたいのは、爆発の後の人生は、出涸らしだったのかどうかという事だ。物語では描かれない、その後の生に興味があった。

この小説は現実に起きた金閣寺放火焼失事件を基にしている。

金閣寺の放火犯人である林承賢は、7年の刑期の間に統合失調症と結核を悪化させ、病院で病死している。結局狂った人間は狂ったまま死んでいくのかもしれない。彼の人生のクライマックスはまさしく金閣寺放火の瞬間だったのかもしれない。

しかし三島の描いた青年の今後の人生は現実とは異なった経過を見せそうだなと、最後に示された生の意志から感じた。その人生において彼は幸せを掴めるかはわからない。むしろ不幸な一生を送ることになったかもしれないが、生は続く。無様でも生きていくという結末を三島が書いたことが、私は嬉しかった。

確かに、主人公は物語の中で自分から見ても他人から見ても平凡な人から外れ、異常者としてみられながら今後の生を生きることになるだろう。実際、人の道を踏み外してしまったのかもしれない。普通の幸せとは全く別の所に幸福を求めた彼の行動は、社会的に見れば狂っているだろう。 この小説は、世間でまっとうに『人生』を送っている人には響かないかもしれない。

しかし彼の行為は彼の人生からしたら必然であり、その後その負の影響を受けながらも生を生きていくにしても、彼の人生を丸ごとかけてみた幻は、その認識は決して平凡な人生では味わえなかったものなのだろうと、三島の名文から感じられた。人生や社会における狂人には狂人にしかみられない特別な景色がある。それを普通の人に伝達する筆力を、『金閣寺』から感じた。

そしてそれは、私が小説に求めるものそのものだった。
by wavesll | 2013-01-28 02:46 | 小噺 | Comments(0)

溶けて消えてしまう風のような一回性について

原宿の太田記念美術館にて、新春浮世絵展をみてきた。

北斎の富嶽三十六景神奈川沖浦が目玉の展覧会だったのだけれども、浮世絵は質の悪い紙に刷られていたのか、全体的に日焼けしていて、日本画のクリアな美しさはくすんでいた。

その時はちょっと残念かもなぁと少し思ったのだが、今思うとそれは美の一回性を示唆しているようにも思えて、興味深いかもしれないという考えに至った。

いつから人は記録するようになったのだろう。神がいるならば、神が与えた記憶という記録方法の他、視覚に関して言えば1万年前くらいには既に洞窟の壁に絵は描かれていたし、思考に関しては数千年前には文字は作られ、聴覚に関してはエジソンが蓄音機を発明した頃から、映像もリュミエール兄弟が映写機を発明した時からあるいはパラパラ漫画のような方法ではもっと前から『再現』されてきた。

浮世絵なんか、もともと複製を作るのを前提に創られている。未来の、22世紀には触覚や匂いも記録可能なものになっているかもしれない。

記録され、この星にある美は永遠の生命を持つようになったのかもしれない。しかし一方で一回性の美というものはその総量を失ってしまったのではないかとも感じる。

生の神秘は却って目減りしてしまっているのではないか、そこまで思い至った時、今日見た浮世絵の劣化は、物質である限り美の一回性は保たれ、神秘がそこにあるのだと感じられ、そう言った意味でも浮世絵を見に行ってよかったなと思った。四季が巡りつつも時の流れで前進し、らせんを描きながら景色が進むこの国で生まれた美術として相応しいように思えた。

一方で絶対的な美も一回性が感ぜられる場合もある。
例えば俺は音楽が好きで、生演奏の他録音音楽も好きだが、録音音楽は今や物質としての姿すら超越し、電子の信号となって形而上の存在としての永遠性を手に入れている。

いつまでたっても新しい音楽を求めてしまうのは、ただ究極に、絶対的に美しい音楽が聴きたいからだ。神か悪魔か人智を越えた天然の音楽を。

美を探し求め、辿り着く過程は終わらない旅であり、一方で熱病が去れば空気の抜けた紙風船の様に萎むかもしれない夢だ。しかし今は、音楽の聖霊に帰依し、古代の書物に触れるような繊細な真摯さで音楽をめくりたい。

結果として、俺は幸せにはなれないかもしれない。永遠に鳴り続ける無垢な音楽にはついぞ出逢えない可能性は高い。何より、振動が響くこの心体こそが本当の鍵だから。ここで音楽を探す旅は、人生そのものと交わる。そして自然の中を突き抜ける風と星の歌が、全てを解き放ち宇宙を耀かせるだろう。

つまり生の一回性と宇宙の一回性が、音楽という藝術を通じて繋がっていることが顕になると、俺は感じている。一度きりの風は、内的宇宙と外的宇宙が本来は同じであるという予感を俺にもたらしてくれる。

本当の神秘は紐の震動の透き間、存在と消滅の狭間。真空の懐にゆらめいている。酒は物質からゆらめきを増すが、あの震えは心体からゆらめきに作用する。そこにはただ宇宙がある。宇宙の外がある。心体を宇宙へ繋ぐ糸。そこが揺れるから俺は音楽を愛するんだ。

そんなことを酒で昂ってしまい寝付けない未明に考えた。
by wavesll | 2013-01-24 04:40 | 私信 | Comments(0)

HighApps 10 感想

雪が降りしきり、電車が何度も止まりながらも新木場スタジオコーストで開かれたhigh apps 10へせっきぃと共に行ってきました。

いやー昨日は風が物凄かった。傘壊れちゃうし、差してても意味ないし。昨日出かけなければならなかった人にはお疲れといいたい。

14:00に中に入り、二階席で丁度真ん中の席を2つ取り、とりあえず長丁場に備える基地を確保。

サカナクション / avengers in sci-fi / LITE / SEBASTIAN X / Predawn / The Flickers / キドリキドリ / 奇妙礼太郎
ゲストアクト:bonobos / アルカラ
オープニングアクト:KANA-BOON / The Oral Cigarettes


という面子で、個人的にはサカナクションを初めてみるのが楽しみだったのと、LITE、奇妙礼太郎、bonobosなんかが楽しみだった。

オープニングアクトのThe Oral Cigarettesは日本的なアクのある節回しのバンド、KANA-BOONはThe Oral Cigarettesよりかは分かりやすいメロディのバンドで『ないものねだり』なんかはいいんじゃないかと思った。次のキドリキドリも含め、関西勢のバンドが場を暖めてくれた。

THE ORAL CIGARETTES『逆恨み小僧/mist...』

ないものねだり(short ver) / KANA-BOON

キドリキドリ / NUKE?

次のSEBASTIAN Xは90年代のガールポップバンドっぽい感じで振り袖姿で楽しいライヴをしてくれたが、どうもPAの具合なのか二階席だと高音が響きすぎて聴きずらい場面が多く、耳をふさぐくらいでちょうどいい音な位だった。

SEBASTIAN X / サディスティック・カシオペア

ここまで聴いてきて、自分の音楽的な趣味が中高生の頃とはだいぶ変わってきたのかなぁと思った。中高生やら大学生の頃は日本のロックバンドを死ぬほど聞いていたが、いわゆる日本的なロックの節回しが普通になってしまった。もっと新しい音を聴きたいなぁなんて思っていた。

そんな中、ギター一本で弾き語った奇妙礼太郎は逆にほんとにスタンダードに、単純にいい歌を届けていて好感が持てた。いい声と、いいメロディと、いい詞。曲中に赤いスイートピーとオーシャンゼリゼのソウルカヴァーも挟みつつ、『君が誰かの彼女になりくさっても』なんか沁みて、邦楽ポップミュージックとしていいなと思った。

奇妙礼太郎 - 君が誰かの彼女になりくさっても

LITEはマスロックバンドで、轟音のインスト曲を立て続けに鳴り鏤めていた。マスロック好きなんで、思わず下に降りて後ろの方で体を揺らしたり、跳ねながら聴いていた。周りの人たちはいまいちノリ方が分からなかったっぽかったが、インテリジェンスを感じさせるロックが非常に心地よかった。

LITE / bond

そして次に出てきたアルカラは何度か名前をみていたバンドだったが、とにかくオーディエンスの乗り方が半端無かった。残念ながらLITEなんか問題じゃなかったw今のキッズはこういうのが好きなんだなぁ。というかやっぱり10代はこういうわかりやすいロケンローが好きなんだなぁと、二階席から見ていた。

アルカラ - キャッチーを科学する

ここでbonobosの到着が雪で遅れているらしく、 avengers in sci-fiが先に出てきた。
下で見ていたのだが、音は面白いんだけど歌メロがイマイチな曲が多いなぁと思っていたのだけれども、『Sonic Fireworks』など最後の2曲はいい曲だなぁと思った。演出も面白く、レーザーで花火が打ちあがったり、星空が左右に動いたりして曲にあっていて良かった。こういうエレクトロニックミュージックとロックを合わせるバンドはそこそこいるけど、このバンドは人気もあるようだし、突き抜けた曲ができれば化けるかなと思った。今日初めて聞いた中では一番良かった。

観終わった後二階席へ戻りせっきぃに「なかなか良かったな」といったらやはり二階席では高音が響きすぎて聴きづらかったらしい。下で聴く分には高音の大きさはそこまで感じなかったから、スピーカーの上部から高音が、下部から低音が出るようになっているのかもしれない。

avengers in sci-fi / Sonic Fireworks
avengers in sci-fi / Yang 2

次に出てきたPredawnは、順番がついてなかった。ほのぼのとしたオシャレな曲調なのだが、avengers in sci-fiの後だとどうしても客が求める音とは違って、ぺちゃくちゃしゃべる声が聞こえてきていた。それでも、『Suddenly』辺りから徐々に自分のペースに持って行って、ふわふわしたMCも含めて客の心をつかんでいったのは流石だった。この子はこれからの子だなと思った。

Predawn / Suddenly

bonobosはいきなり『THANK YOU FOR THE MUSIC』から始まり、金管部隊も含めた編成で圧巻のバンドアンサンブルを聞かせてくれた。これはLITEのときも思ったけど、知らない曲だとオーディエンスが地蔵になっちゃうのは残念だなー。もっと踊れる曲もやってるのにと思っていたが、LIVE後半では横に揺れる客が増えていていい感じだった。あと『あなたは太陽』は成人式にはぴったりな曲だと思った。

THANK YOU FOR THE MUSIC
bonobos / あなたは太陽

ここで座りつかれたので下に降りてThe Flickersを観た。歌メロが念仏みたいな起伏のない感じのエレクトロロックだったけれども、音が若い感じで同世代には受けるのではないかと思った。最後らへんにやった『lovender』なんかはいいなと思った。このバンドもまさにこれからのバンドだし、メディア連中は結構注目してるっぽいからライヴでファンを増やしていってほしいなと思った。

The Flickers / lovender

そしてオオトリ、サカナクション。圧縮に乗ってモッシュピットへ行ってしまい。人並みに揉まれながらみたが、本日一番すごかった。何より、久しぶりにあの汗臭いモッシュピットで跳ねていると昔の感覚というか、あぁライヴに来たんだなぁという気になれた。

いきなり『バッハの旋律を夜に聴いたせいです』からスタートし、その後も『アルクアラウンド』など有名曲を連打する。最前付近だったのでしょうがないのだが、好きに踊れないのとみなで同じようなノリをしなきゃならない圧があるのはイマイチだったが、さすがのアクトだった。できれば一郎のように小躍りしながら聴きたかったがw

曲の繋ぎっていうか、クラブミュージックのようにビートが連続していて、ちょっと普通のロックバンドのライヴを観てる感じじゃないなとワクワクしていたら、途中で暗転し、光が着くとメンバーがサングラスをかけラップトップを並べてダンスミュージック風の『僕と花』が鳴らされて曲が展開し、その流れで『ネイティヴダンサー』が歌われた時は嬉しかった。あの曲好きだったから。ただ、サビの出だしの高音が聴こえなかったのはちょっとなという感じ。下で聴くと低音が大きくて高音が聞こえづらいのはスタジオコーストの仕様なのかなー、ちょっと残念だった。単純に声が出なかったのかもしれないが。

本編は『アイデンティティー』で爆発的に踊った後、「まだ踊れますか」というMCから『夜の踊り子』。これはヤバかった。このイベントは結局8時間近くやったのだけれども、セトリもフェス向けのものだったのかもしれない。シングル級の曲ばかりだった。

『夜の踊り子』で『本編は終了し、アンコール待ちの拍手になったので、一旦外に出て、コーラを飲んだ後後ろの方からみた。レーベルに関してのMCの後、新曲の『ミュージック』を演った。この曲も『夜の踊り子』のように最後に大サビが入る構成だったけれども、それまでがちょっと退屈かな、といった感じだった。これは聴きこめば良くなるかも知れない。

サカナクション - ミュージック (FM音源)

昨日はいろいろトラブルもあったし、色々文句はつけたけれども、やはりライヴは音の圧も違うし、いいもんだなと思えたイベントだったし、知らないバンドもいろいろ見れたので、来てよかった。 どのバンドもみるべきところはあった。

ただ、なんというか俺自身が年取ったんだなぁというのは如実に感じる一日ではあった。特に暑い感じのロックを久々に聴いて思った以上に乗れなかったのは年齢を感じた。とはいえ、今後も面白い音楽を探して聴いていこうとl強く思うライヴだった。
by wavesll | 2013-01-15 23:34 | 小ネタ | Comments(0)

1/2 2 20 今年の抱負

Thinking About You by Frank Ocean covered by Jhameel

昨晩は3月に死ぬと言っている男と久々にバカ話をskypeでして、その陽気な気分を引き摺りながら土曜日を過ごした。

何やったって、TSUTAYAに行っただけなのだが、今のTSUTAYAは凄いな。初音ミクは勿論、住所不定無職なんかもあったりして。何より驚いたのは裸のラリーズまであるとは。あんなのまで置かれたら、そりゃみんなレコード屋でCD買わなくなるわ。

そんな中で岡村靖幸が2011年に出した『エチケット』があったので、試聴してみた。

出た当時、買うかどうか迷っていた盤だったのだけれども岡村ちゃん爆発といった感じで最高だった。ほとばしるパトスと懊悩がぺタ級に詰め込まれたCDで、これは借りてる場合じゃない、買わなければと思い、早々に試聴をやめ、借りなかった。

考えてみれば20代前半まで俺が好きで聴いていたアーティストはほとんどみな狂っていて、気持ち悪かった。気持ち悪いほどまでのエナジーこそが気持ちよく、俺自身もいかに狂った状態になるかということを目指していた。

まぁだけど普通の人が評価するのは結局普通の価値なんだよね。それは恋愛市場においても、経済的な事に関しても。結局そうやって若者は牙をそがれて、それなりの所へ落ち着いていくし、それが幸せだと納得させられていくのだなぁとアラサーの俺は思う。

だから、俺は牙を研ぎたい。普通の連中の社会で生きながらも、絶対に牙は砥ぎ続けよう。どっかヤバいところを絶対に捨てないぞ、俺は。

2012年の音楽で言えばフランクオーシャンとうみのての二刀流を、今年は目指したい。

うみのて  SUMMER SONIC2012
by wavesll | 2013-01-12 20:12 | 私信 | Comments(0)

美術にぶるっ!展と007スカイフォール

c0002171_21575666.jpg

東京都近代美術館60周年記特別展 美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年へ行ってきた。

きっかけはぶらぶら美術j・博物館という番組で2012回顧をした時に、おぎやはぎが2012年のベスト5に挙げていた『行く春』と『ポスターとガス灯』という絵が良かったので、それを見に行った。

結論から言うと、もの凄いボリュームの、美術の洪水のような展覧会だった。

初めに用意された「ハイライト」という部屋の、初めに展示されていた『仁王捉鬼図』が素晴らしい色彩で、これはいいなと思っていたら『行く春』が現れ、そして横山大観の『生々流転』に圧倒された。

『生々流転』は、水の流れ、川から海への流れが描かれているのだが、白眉はその空気の描き方、湿気の表現だと思う。その湿潤な空気は日本の自然全体を抽象しているようにも感じられ、その水の流れの最後、海から空中へ湧き上がる風のダイナミズムが、この展覧会のハイライトの一つでもあった。

さすがベストセレクションと銘打つだけあって、高村幸太郎の『手』のような教科書に載っているような作品や、藤田嗣治や東山魁夷といった著名作家の作品が目白押し。大変に見ごたえがあった。

上村松園 『母子』といったような、日本女性の美しさを感じさせる作品や、『行く春』もそうだが屏風絵が面白かったり、外国人作家の作品もピカソやミロ、ルソーなどビッグネームが揃っていて、良かった。

個人的に今回一番の収穫だったのが、横尾忠則と同じ部屋に飾られていた草間彌生の2つの作品だった。草間の作品を生で見たのは初めてだったのだが、なんとも言えない生命感が伝わってきてぞわぞわっとした。

14日までと残りの日にちは少ないが、みれる方は見に行かれるといいと思う。その量にびっくりすると思うwおススメなのが、一周みた後に二週目、するするっとスピード早目に展覧会を抜けると、アートが綺羅星のようで、とても高揚できると思う。

その後皇居での一般参賀へ向かう人たちを横目に見ながら、人で滅茶苦茶混雑する東京駅から品川駅へ移動し、ラーメンストリートのせたが屋で食し、この後どうするという流れになって、紆余曲折の後品プリで007を見ることになった。

007シリーズを観るのは実はこれが初めてだったのだけど、いやー、面白いね。この映画。

冒頭のイスタンブールでのアクションも凄ければOPタイトルの映像も印象的だし、上海・マカオで繰り広げられるラヴ・サスペンスもセクシーだった。美女がいい女だったし。ただ軍艦島が中国に描かれてたのは笑ったがw

トルコと中国っていう昇竜の場所が舞台に選ばれるのも時代を生き抜く長寿シリーズの真骨頂という感じだった。上海万博に行ったときに通った青いライトに照らされた道路が映っていて成長のオーラに満ちていたあの街を思い出した。

物語のテーマも、古き良きものが新しい時代の中で消えゆくときに、その矜持を示す感じで、胸が熱くなったし、敵もキモくて悪賢くて良かったし、OPのアデルの歌も良かったし、最高に面白い時間を過ごせた。

やー今日はなかなか面白い日だったなぁ。
c0002171_21585891.jpg

by wavesll | 2013-01-02 21:54 | 小ネタ | Comments(0)