<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今週の一曲  Ballake Sissoko Impro 1

Ballake Sissoko | Impro 1 | A Take Away Show

バラケ・シソコはマリの伝統楽器コラヲを代々演奏するグリオの家系に生まれたミュージシャン。

コラとは、長いネックにヒョウタンの胴、そして21本の弦が特徴の伝統的な民族楽器。
ハープやギターの原型とも言われ、弦を両手の親指と人差し指でつまみ弾く様に演奏
するその音は、アフリカの民族楽器の中でも最も美しい音色と言われています。
世襲制集団"グリオ"の家に生まれたバラケ・シソコは、1981年のデビューより
Alboulkadri Barry、ロキア・トラオレ、FangaDiawaraなど様々なジャンルの
アーティストとの共演を重ねるなど新時代を代表するコラ奏者です。
これまでに5作のアルバムをリリースし、2009年に発表したフランスのチェロ奏者/
プロデューサーのヴァンサン・セガールとの共作「チェンバーミュージック」は
インストゥルメンタル作ながらフランスで大ヒットを記録しました。
また、同作品でヴィクトワール・ド・ラ・ミュージック(仏版グラミー)賞を獲得。
ヴァンサン・セガールと共に世界中で200回ものコンサートを行い、2010年5月に初来日し、
その格調高くエネルギーに満ちた演奏が高い評価を得ました。


先週末、ヨコハマ創造都市センターでライヴがあったことで知ったのですが、これは素晴らしい。天上へ鳴り響くような調べに酔いしれました。

アフリカというとリズム主体の音楽のイメージがありますが、これは多くの人に受ける音楽なのではないかと思います。
by wavesll | 2013-05-26 00:25 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

今週の一曲 サカナクション Aoi @幕張メッセ

Aoi サカナクション Songs

行ってきましたSAKANAQUARIUM2013sakanaction@幕張初日。

入場がぎりぎりだったので後方で、サラウンドサウンドの醍醐味を味わえたとは言えませんが音、良かったです。幕張でこの音とはドルビーとチームサカナクションやるなって思いました。

初っ端、IntroからINORIそしてMUSICでギアが入りアイデンティティーなどノリのいい曲が30分強続き、もう汗だく。ライヴ用アレンジも様になってました。

そしてホーリーダンスなど落ち着き目の曲が続いた後、バッハのインストRemixが!この時もそうだったのですが、レーザーの演出は上がりますね。そこからネイティヴダンサーへ。

そして今回今週の一曲に選んだAoi.なぜ選んだかというと、ギターのかっこよさが際立ってたんですよね。ライヴで聴くと。改めてSongsの動画を見ると確かにギターがなってるんですが、生で聴くともっと鮮やかで印象的でした。

で、夜の踊り子でホントに芸者が踊って本編終了。ここまでMCは「踊ろう」とかだけw

アンコールではアルバム『sakanaction』は自宅で録ったなどのMCあり。スピーカーの数は200本以上だったらしいです。道理で。

デビュー曲の三日月などを演って終了。ダンスとロックをつなげるという試みはかなり成功しているなーと思いました。欲を言えば後半にもっと盛り上がる曲が欲しいかな。期待以上に良かったです。踊りまくりました。
by wavesll | 2013-05-19 06:57 | Sound Gem | Trackback(1) | Comments(0)

今週の一曲 稲垣次郎とソウルメディア Breeze

稲垣次郎JIRO INAGAKI & Soul Media -- Breeze

ほんとは渋谷ディスクユニオンレアグルーヴ館で試聴した『女友達』を紹介したかったのですが音源がwebに転がってないのでこちらを。

『和ジャズ最後の秘宝』なる大仰なコピーがついてますが、音はとことんクールで、すっと聴けます。

これが女友達の方だとサミーの歌声も合わさり非常に猥雑な魅力を放つのだから面白い。両方お薦めのアルバムです。

最近ファンクの面白さに目覚めつつあるなぁ。

鈴木宏昌  Arrange & Fender Rhodes
稲垣次郎  Tenor Sax, Soprano Sax, Flute
今井 尚  Trombone
安川ひろし Guitar
岡沢 章  Bass
石松 元  Drums
by wavesll | 2013-05-13 17:02 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

2泊3日の屋久島旅行 最終日

初日 2日目
c0002171_901517.jpg
c0002171_903596.jpg
c0002171_905781.jpg
c0002171_912192.jpg
c0002171_91392.jpg
c0002171_91586.jpg
c0002171_921335.jpg
c0002171_923824.jpg
c0002171_955883.jpg
c0002171_961411.jpg
c0002171_963094.jpg
c0002171_96267.jpg
c0002171_963986.jpg
c0002171_965832.jpg
c0002171_973352.jpg
c0002171_975073.jpg
c0002171_98563.jpg


3日目は屋久島を車で一周。
西部林道では鹿を飽きるほど見た。

大川の滝、千尋の滝は見事だった。

昼は空港近くのイタリアンレストランイルマーレで。ピザが美味い!

鹿児島では天文館でラーメン食べたり仙厳園を観たりして時間を凄し、10:15羽田着。やはり旅はいい。頭が爽やかになる。
by wavesll | 2013-05-05 09:08 | | Trackback | Comments(0)

2泊3日の屋久島旅行 2日目

初日
c0002171_8225722.jpg
c0002171_8231753.jpg
c0002171_8234033.jpg
c0002171_824263.jpg

c0002171_8251416.jpg
c0002171_8253819.jpg
c0002171_8264667.jpg
c0002171_8262120.jpg
c0002171_8272738.jpg
c0002171_8283564.jpg
c0002171_828555.jpg
c0002171_8292695.jpg
c0002171_8295639.jpg
c0002171_8302155.jpg
c0002171_8304712.jpg
c0002171_8315065.jpg
c0002171_8312178.jpg
c0002171_8323325.jpg
c0002171_833548.jpg
c0002171_8334043.jpg
c0002171_834694.jpg
c0002171_8343455.jpg
c0002171_835051.jpg

c0002171_835381.jpg

c0002171_8371165.jpg
c0002171_8374295.jpg
c0002171_8382567.jpg
c0002171_8385248.jpg
c0002171_8392158.jpg
c0002171_8395295.jpg
c0002171_8402998.jpg
c0002171_8411887.jpg
c0002171_842089.jpg
c0002171_8422963.jpg

c0002171_8451171.jpg

c0002171_8454734.jpg
c0002171_8463093.jpg
c0002171_846569.jpg


ほとんど寝ずに3時起きして準備し、3:50分に宿にガイドさんが迎えに来て、縄文杉ツアーへ。

前行った時は木道とか整備されて楽だなと思ったのだけれど、今回は思ったよりも山道で、10時間歩くのはかなり足に来た。

写真じゃ伝わりづらいかもしれないけれど、杉は本当に大きい。「屋久杉」と呼ばれるのは樹齢1000年超えのもの、それ以下の杉は小杉とよばれる。小杉でも200年以上たってる。

シシ神様にみえる木や、マグロに見える木など、色々な木を見ながら縄文杉へ。
縄文杉は生で見るとほんとに迫力ある。風格を備え、荘厳といった感覚だ。

ガイドの山口さんはUターンでガイドになったそう。トロッコ道を歩きながら、昔の集落の説明や植物の説明などをしてもらった。山の集落は、昔は下よりもいいくらしをしていたらしい。

世間話で以前盛況だったラーメンとカレーの店が見かけないんだけどと言ったら、カボチャ屋は店じまいしたという。やっぱ7年もたつと変わるんだなー。

変わると言えば縄文杉の登山口まで自家用車で行くのは無理で、タクシーかシャトルバスじゃないといけなくなっていた。その内入山規制とかもするのかも。

宿に帰って夕食。八重岳、壁に宮崎駿のサイン飾ってるw!来たんですかと聞くと、来てはいないらしいwしかし他にもアルピニストの野口健の写真や、宇宙飛行士の毛利さんや柳生博の写真もあり、結構すごい宿なのかもしれない、ここ。そのくせ安くて良かった。

最終日
by wavesll | 2013-05-05 08:47 | | Trackback | Comments(0)

2泊3日の屋久島旅行 初日

c0002171_712753.jpg

c0002171_7123023.jpg

c0002171_7124574.jpg

c0002171_7125761.jpg

c0002171_7131028.jpg

c0002171_7155195.jpg

c0002171_7162364.jpg

c0002171_7164936.jpg

c0002171_7171039.jpg

c0002171_7185862.jpg

c0002171_7192621.jpg

c0002171_7195733.jpg

c0002171_7202556.jpg

c0002171_7211098.jpg

c0002171_7213821.jpg

c0002171_722995.jpg

c0002171_7284214.jpg

c0002171_727483.jpg

c0002171_72939.jpg

c0002171_7291477.jpg

c0002171_7293787.jpg

c0002171_7295860.jpg

c0002171_7301234.jpg

c0002171_7302829.jpg


6:30に羽田空港入りし、西へ。鹿児島空港からプロペラ機で屋久島空港へ。

屋久島空港からレンタカーで宮之浦へ行く途中に立ち寄ったMマートにて、愛子を発見。
愛子は前回来た時に島の人が祝い事の際に飲むなかなか飲めない酒として聴いていた焼酎。あとあと分かるのだが、島ではこのMマート愛子だけでしか注文できないという。そして注文しても8か月待ち!一応注文!せっかく来たからね。来年の1月に家に届きます。

宮之浦から白谷雲水峡へ。山を登るうちに曇り空がどんどん暗くなり、雨が降り出した。屋久島は一か月に35日雨が降るという位水にあふれた島。白谷雲水峡は霧と雨で、まさに白く煙り、雲水が苔をさらに幻想的に包んでいた。

前回白谷雲水峡に来た時はエコツアーの関係でもののけ姫の森という地点で引き返して、あとで「そこから先がほんとよかったのにー」といわれていたので、今回は太鼓岩までトレッキング。もののけ姫の森は苔むす森と名前を変えていたけれど、確かにその先は苔の緑が一面に広がり素晴らしかった。折り重なり萌える緑が、身体を浄化する。本当に印象的な場所だ。太鼓岩からは真っ白で何も見えなかったけどw

白谷雲水峡から再び宮之浦へ戻り、そこから永田いなか浜へ。
アオウミガメの産卵地として有名なこの浜は夕日のスポット。口永良部島を眺めながら照らされる水面を見た。

色々町の人に聞いて、夜は居酒屋としで夕食。
首折れサバといい、タイといい、刺身がほんとうまい!格別!トビウオのつけあげ(さつまあげ)も美味かった。
そして三岳は最高。すっきりしていて風味があって、素晴らしい。以前は朝ならばないと買えないほどだったが、2,3年前に工場を増設して、だいぶ出回るようになったらしい。

宿は八重岳。コーヒーやお茶が飲み放題だったり、共用だけどドライヤーが借りれたり、きさくで気に入った。

トッピーでトビウオが飛ぶのを見ながら屋久島入りもいいけれど、それだと着くのが午後になってしまうから、飛行機で午前中から屋久島には入れるのはいいと思った。布団の中目をつぶると海で遊んだ夜に並を感じるように白谷雲水峡の緑が回った。

2日目 最終日
by wavesll | 2013-05-05 07:22 | | Trackback | Comments(0)

今週の一曲 Jimmy Smith - The Preacher

Jimmy Smith - The Preacher

どうも、屋久島帰りの鴎です。

今週はパッと行きましょう。

今週の一曲はJimmy SmithのThe Preacher、アルバム『Live at the Club Baby Grand vol.1』に入っているヴァージョンです。

Jimmy Smithは『Root Down』で知っていましたが。このライヴはまたオルガンが鳴りまくってますね。最高!

Soul Flower Unionの中川さんがTwitterで呟いていたので知りました。で、買うこと決定。今週の一曲にしました。

そうそう、『今週の一曲』は新旧問わず、その週に出会った音楽の中で一番印象的なものを記したいなということで始めたコーナーにしたいと考えております。
by wavesll | 2013-05-05 01:35 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)