<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今週の一曲 BIGPAPA - the cookies crumbles @父の日公演

c0002171_23312720.jpgBIGMAMA the cookies crumbles

ちょうど一週間前、東京ドームシティホールで行われたBIGMAMAがBIGPAPAとしてライヴするという父の日公演に行ってきました。

ツアーの打ち上げのようにしたいとMCで言ったように初っ端から攻める攻めるwアッパーな曲を立て続けにやり、アリーナは肩車やらモッシュやらダイヴやらサークルやらで物凄いことになってました(私は二階から見てました)

二階も初っ端から総立ちにさせた曲がこれ、the cookies crumblesです。
今回のライヴはBIGMAMA好きの友達に誘われていったのですが、予習で最新アルバム聴いた感じではおとなしめなのかなと思ってた時に前のアルバムを借りて聴くとこんな曲もあるのかと、驚き、とても気に入った曲でした。

だからこういう曲もやってくれる父の日公演に来れてほんと良かった。

ステージにはBIGMAMAの上からBIGPAPAと描かれたでかい旗が飾られ、MCでもBIGMAMAなのかBIGPAPAなのかとスタンスがぶれる感じで進行しながら、「このツアーでこんなに汗かかなかったよ」という位に激しい調子で一時間、そこから新アルバムから小一時間、アンコールは観客のど真ん中でタイムマシーン、新曲、新曲のカップリングに再録されるという1st曲、ライフイズミルフィーユ、そしてWアンコールで公式写真撮影後に一曲歌って終了。

初めてのBIGMAMAのライヴでしたがスペシャル感が満載のいいライヴでした。やっぱりバンドは生で見てこそですね。
by wavesll | 2013-06-22 23:40 | Sound Gem | Comments(0)

今週の一曲 The Ensemble Al-Salaam / Music Is Nothing But A Prayer

c0002171_1453719.jpgThe Ensemble Al-Salaam - Music Is Nothing But A Prayer

六角橋のゲオはジャズやファンクの黒いCDの品ぞろえが素晴らしく、ちょこちょこ利用させていただいているのですが、今回何の気なしに借りたTHE ENSEMBLE AL-SALAAMの 『THE SOJOURNER』は特筆すべき出来でした。

P-VINEの説明を読むと、
ジ・アンサンブル・アル・サラームはサックス奏者カーリク・アブダル・アル・ローフ率いる7人編成のバンド。

リーダー以下、無名のアーティストばかりで、バンド名からも分かるとおりイスラムに改宗したアフロ・アメリカン達で構成されている。

とのことですが、彼等が奏でるこのスピリチュアル・ジャズの円盤はストラタ・レコードの中でも最もCD化が望まれていた一枚だったそうです。

で、紹介するのはそのアルバムの冒頭を飾る一曲、『Music Is Nothing But A Prayer』。

初っ端のピアノから期待させるのですが、女性ヴォーカルが鳴り響くともうそこには異空間が広がります。その後に展開されるめくるめくある種呪術的な輝きを見せるジャズを期待させるには最高の一曲目といえるでしょう。

いやーこのアルバムを一枚200円で借りれるとは、いい店もあったものです。
by wavesll | 2013-06-15 14:06 | Sound Gem | Comments(0)

今週の一曲 JACKIE WILSON - Since You Showed Me How To Be Happy

JACKIE WILSON - Since You Showed Me How To Be Happy

シカゴ・ソウルの名門『ブランズウィック・レコード』の全カタログの中からオリジナル・アルバム、 編集盤を順次リリースされるらしく、そのサイトで私の好きなブランズウィックという企画があり、その中で小西康陽がDJの時にヘヴィ・プレイしているシングルとして挙げたのがこの一曲。

ジャック・リロイ・“ジャッキー”・ウィルソン・ジュニア(Jack Leroy "Jackie" Wilson Jr.)は、アメリカのソウル/R&Bの歌手。

サム・クック、ジェームス・ブラウンと並び、ソウルのパイオニアの一人とされる。ビリー・ワード&ザ・ドミノスに在籍、1950年代末頃からソロ活動を開始。1957年にブランズウィックと契約し「リート・プティ」でデビュー。この作品は、モータウンの設立者のベリー・ゴーディJr.が関わっており、その後も作品を提供している。特にヒットしたのが、1958年の「ロンリー・ティアドロップス」で、R&Bチャート1位となり、ポップス・チャートでは7位を記録した。ウィルソンのこの頃のサウンドは、モータウン・サウンドの原形となっていると言われる。


伸びやかな声に陽気なメロディ。ソウルに求める音楽の喜びが弾ける楽曲で、たまらないです。
by wavesll | 2013-06-08 21:14 | Sound Gem | Comments(0)

今週の一曲 L'Orchestre - Kulukutu

L'Orchestre Kanaga de Mopti - Kulukutu (Mali 1977)

先週からの流れでマリの音楽をDigっていて見つけた、アフリカ〜マリ共和国〜バンディアガラ山のニジェール川流域に面した断崖に居住する民族”ドゴン族”による77年産のサイケデリックなアルバムKanaga de Moptiの冒頭を飾る一曲です。

アフリカっぽい掛け声とともに金管楽器が入り、そこにトランシーな親指ピアノのような音が鳴り響いて、最高です。ただものではない面白さ。

この音楽をこのジャケの人達が奏でてるかと思うと、やべーなーマリ。といったところでしょう。

ワールドミュージックという範疇に収まらず、プログレッシヴなポップとして価値ある盤だと思います。
by wavesll | 2013-06-01 21:14 | Sound Gem | Comments(0)