<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Skinny Listerインストアライヴ@渋谷タワレコ

c0002171_23123198.jpg

Fujirockで3ステージやって沸かせたスキニーリスターが1日3回インストアライヴするとiFlyerで知って、フジロックいけなかった自分はこれこそ待っていたという感じで渋谷へ行ってきました。

混むかなと思って40分前に着いたらリハやってて人はまばら。ローナかわいい!ウッドベースかっこいいと思いながらその場で時間をつぶす。

と思ってたら隣のお姉さんがiFlyerの記者さんだとスタッフとの会話で知るw挨拶しました。フジロックはスクリレックスが良かったらしい。と言ってる間にどんどん人が増えていった。

20時を少し過ぎてライヴ開始。まずレーベルの人そのレーベルはレーヴェンやオンダバガも出してるというお祭りレーベル!)の煽りで女性バグパイププレーヤーが鳴りかます!いきなり上がるテンション!

そしてスキニーリスター登場!アイリッシュパンクとでもいえばいいのか、最高に楽しい演奏で観客を沸かす!沸かす!

前方はフジ行った客が多かった!MCでローナが昨日カラオケ行ったからのどがアレなのといってたwローナはほんと笑顔美人だった♪踊りまくるし♪♪途中で次のアルバムに入るという新曲もやりました。

もう手拍子、合唱の嵐!40分強くらいやったのかな?このバンドは生で見てこそでしょう。ビール飲みながら見たかったwと思って前もって500ml缶飲んで参加してましたw死角なし!さいっこーに楽しい宴でした。写真にベースのミカエルを写せなかったのが残念!
by wavesll | 2013-07-29 23:27 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Marco Bosco - Frangmentos da Casa 端正な野性

c0002171_15151814.jpg
Marco Bosco - Fragmentos da Casa (Álbum Completo 1986)


twitterでEgberto Gismontiと検索していたらジスモンチのレーベルCarmoからリリースされたこのレコードの販売ページが引っ掛かり、Youtubeでどれか一曲でも聴けないかなと思っていたらなんと丸ごと上がっていました。いい時代ですね。

90年代に東京に移り住んで活動していたこともあって日本のブラジル音楽愛好家の間では馴染みの深い打楽器奏者Marco Bosco。ジスモンチのプライベートレーベルCarmoに残した最も実験的な86年の2ndアルバムがこちら。ビリンバウや打楽器もろもろに加えて電子楽器各種を大胆に取り入れ、ブラジル原生音楽を新たな解釈で再構築。土着リズムと電子音のスリリングなせめぎ合いから穏やかな霊性描写へと脳内旅情まんてんの展開をみせる三部構成のサウンドスケープ『Fragmentos』、深遠な音響空間にビリンバウの滋味深い倍音がこだまする『Sol Da Manha』などなど、 土着と洗練の端境へと誘う霊性ブラジル音楽名盤。


とのことですが、いいですね。私はビリンバウの響き、リズムが大好物なので、ビリンバウが入った実験的音楽というだけで嬉しくなってしまいました。

Carmoから出ているだけあって、どこかジスモンチのブラジルEMI期の作品群を思い起こさせる音像でありながら、きちんとオリジナルというところがとても良かった。密林の自然音、赤ん坊の声、ピアノの調べ、パーカッション、そしてそれらを抱合するブラジルという感性。

ジスモンチ好きの人には、ぜひ勧めたいアルバムです。CDは出てないようですが、iTMSで買えるようです。
by wavesll | 2013-07-29 15:25 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

ふゅらふゅら雑誌探訪 第0回 スーパー写真塾2013年10月号

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by wavesll | 2013-07-25 02:09 | ふゅらふゅら雑誌探訪

今週の一曲 Garikayi Tirikoti インストアライヴ@渋谷タワレコ

c0002171_23305423.jpgGarikayi Tirikoti Japan tour first memorial performance!!
今日の昼過ぎ、渋谷タワーレコードでのガリカイ・ティリコティさんのインストアライヴへ行ってきました。

ジンバブウェの親指ピアノ、ンビラの革新者にして凄腕奏者のガリカイさんの調べは、まろやかな金属の未来的な音と古来から伝わる歌唱が相まって、タイムレスなスタンダードとして響いていました。

現地では儀式の時に奏でられ、何日もその儀式は続くとのことでしたが、確かに何時間でも聴いていられるような揺蕩いを感じました。大地の精霊もよってきそうな感じ。

3曲やったのですが、特に2曲目の偉大なるハンターの歌が良かったですね。

握手して、I'm very moved.と伝えたらThank youと返してくれました。

アフリカの年長者って、本当に年を重ねた深みが顔に現れていて、いいなぁと思います。こんな感じで歳を重ねられたらいいなぁと思いました。
by wavesll | 2013-07-21 23:48 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

今週の一曲 Egberto Gismonti - 7 aneis

c0002171_134694.jpg7 Anéis - Egberto Gismonti

先月の最終週、ついにエグベルトジスモンチの『光の束』がリリースされました。

ボンバレコードがブラジルEMI期の作品をリイシューしていたシリーズで、本来ならば去年他のとともに発売されていたはずの盤だったのですが、許可が下りなかったのか『光の束』だけ発売が延期されていたのでした。

Egberto GismontiはECMではジャズのイメージが強いですが、EMI期はクラシックとジャズ、プログレ、テクノ、現代音楽をも内包するような、ジャンルの垣根を超えたブラジル音楽の巨匠です。

今年の春の公演も素晴らしかったのですが、このアルバムも素晴らしい。組曲形式になっていて、この曲は冒頭を飾る『七つの指輪』です。

シンセの打ち込みと生演奏が重なり、デジピの響きが明るく、ジスモンチの作品の中では一番POPを感じる曲だと思います。80年代のこの感じ、一周回って今いいです。ディズニーランドで遊んでるかのような楽しさが楽曲から感じます。逆にPOP気が強すぎて演奏家としてのジスモンチを求めている人にはそこまで響かないのかな、とも思いました。ジスモンチを良く知らない人にこそ聴いてもらいたいです。

もし今度来日することがあったら、リズム隊を引き連れてのライヴを一度拝見したいなぁと改めて思いました。
by wavesll | 2013-07-05 13:23 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)