「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

コーカサスに想う敬虔な質実さと都会の華美さのあいだ

c0002171_1295863.jpg

戦場カメラマンの渡部さんがサカルトベロ(グルジア)とチェチェンの境、パンキシ渓谷へ20代ぶりに訪ねる番組をみました。

16年ぶりに訪れた首都のトビリシは、すっかり観光化され、古くからあるグルジアワインと、伝統的な美しい街並み、そして現代的な新建築物が点在し、すっかり戦の影は払拭されたように見えました。

そして山脈を抜け、渡部さんはパンキシ渓谷へ向かいます。
パンキシ渓谷はチェチェン紛争の際、チェチェンの武装派が逃げ込み、ロシアからも責められ、アメリカからも鬱陶しがられ、「世界で最も危険な民族がすむ地」と喧伝された場所です。危険視したジョージア政府が軍を送り込み安定化させ、今はゲストハウスが出来るまでに平和になりました。

16年前に渡部さんが泊まらせてもらった家族の所で1週間強を過ごす、そういう番組でした。

コーカサスの山脈は、まるでアンデスの山々の様な雄大さを魅せます。花々の美しさ。そこで暮らす人々は、例えば少年が馬と共に育ち裸馬に乗ってレースをしたり、結婚式では電気トラッドのような音楽で出会いのダンスが舞われたり、人間の剥き出しの生命の美しさがありました。

中でも印象的だったのは、平和の歌を創り歌う女性の歌唱グループ。
その中で少女がアッラーへ神に平和を願い、戦火の悲劇を嘆く歌を歌っている姿でした。

コーカサスの景色の中で、かつて世界から見放された人たち、世界に翻弄され蹂躙された人々が、自然の中で質実剛健に美しく、生きている。平和を愛して、民族が歌うべき歌を歌っている。人間としてこの上なく魅力的にみえました。

自然、田舎の中では人間は動物として強靭に育つというか、シンプルに生きていき、身体から生命力があふれ出ていくのだろうな。翻ってこの星一番のメガロポリスに暮らす自分は、あまりにも理性が不健全に楽しむ肥大が過ぎていて、精神がメタボリックになってしまっているのかもしれないと思ってしまいました。

また、自分は自分の言葉で話せているのかな?と想うこともあります。例えば今、いつかマツコデラックスが言った『田舎に住んでいると病んでいることが強制的に矯正されるが、東京では病んだままでいられてしまう』といっていたことを思い出しましたが、自分の発言や、感想すらも、すべて誰かの受け売り、あるいはその組み合わせなのではないかと空寒い気分になることもあります。自分で考えているのか、自分で生きているのか。

そもそも、自然の中にいると、そんな複雑なことを考えるよりも現実の問題に対処する忙しさと、自然のダイナミズムの中で、思考が非常にシンプルになっていくと感じます。屋久島なんかに行くとラウドな音、複雑な音楽よりもThe Bandなんか聴きたくなります。それは、都市に暮らしていても、真夜中を飲み明かす、踊り明かす、作業をして夜明けを迎える時にみる朝焼けを観た時などに、穏やかにチルアウトされることにも現れているかもしれません。

自然の中で生きることを選ぶこともできるけれども、この街で生きていく限りは、ある程度都市に合わせなければならない。そして都市は都市で気楽で楽しい面もあり、田舎は田舎で濃すぎてやり直しが効かない面もある。何しろ自分はFacebookすらうざったいと想ってしまうほどの面倒くさがり屋ですから。敬虔な暮らしに憧れながらも、横浜の夜景が好きな自分は、今一度この街で頑張ってみようと思います。ただ、湘南辺りで働くつてがあったらそっちで働いてみたいなwあるいは外房で暮らして波乗りしながら生きるのもいいかもしれないな等と最近は考えております。で、こんな自然の美しさの中で暮らしたいw鳥山明の漫画で育った自分は、どうしようもなく田舎志向なのかもしれません。

c0002171_19512741.jpg


渡部さんはこの地上から戦争がなくなったら、学校を巡るカメラマンになりたいそうです。
たとえ都会で暮らすことになったとしても、戦争がもたらす災禍を心に、自分の身を守れるだけの力は保持しながらも、悲しみを生み出さない社会を、平和を愛する民族の一人でいられる幸せのかけがえのなさを、失う前に気づいていけたらいいな。その敬虔さは都市で暮らしても持っていたいなと、あの少女の歌声から思ったことを最後に記して終わります。
[PR]
by wavesll | 2014-10-26 19:55 | 私信 | Comments(0)

『かっこいいというのはなんとかっこわるいのだろう』との距離

26年10月18日を持って、私も30になりました。
30になったからといって何が変わるわけではないのは拍子抜けでしたが、何事も変化は徐々に、そして確実に起きていくものなので、あと半年もすれば何かしらの変化を自覚することになるかもしれません。

まぁ、そりゃ生まれてから30年経っただけなんだからその一瞬で劇的に精神が変わる事なんかありませんよねw相変わらず自分は餓鬼で、音楽聴いていて、twitterして、飲んでetc何も変わりませんw

そんな誕生日に二つのイベントへ行ってきました。

一つが六角橋商店街の商店街プロレス。
c0002171_5231773.jpg
横浜三大商店街の一つ、六角橋商店街で行われているイベント、ヤミ市の100回目記念で商店街プロレスが無料で観れたんです。

プロレス自体見るのは初めてだったのですが、笑いを混ぜながら、技を受け、根性で返す。単なる格闘技というよりも鍛え上げた体を駆使した人間ドラマが展開しているんだなと、なかなか面白かったです。客が声かけて展開が変わったりとか、小奇麗でないのがまた味がありました。

そこから歌舞伎町へ向かい、訪れたのが桃岩荘東京大会。
c0002171_5302432.jpg
昨年泊まった"日本三大馬鹿ユースホステル"ともいわれる礼文島のYH、桃岩荘の打ち上げ。

こちらも、新宿という移民の街に日本各地から集った旅人たちが酒で盛り上がり、最初は「お!島で観た時はみな土っぽかったのにやっぱ都会で暮らしている時は洒落てんだな、結構可愛い子もいるし」と思っていたのですが、最後の合唱の時は、弩直球の昔の青春ドラマの様な土臭い純粋な熱があって、「あぁ、この場が今現在、東京で一番フォークな場かもしれない」と思いました。

そんな誕生日を過ごして、家帰ってきてソファーで寝て今に至るのですが、家でメディアに触れてると日本は随分垢抜けたというか、体臭がデオドラントされてきているんだなぁみたいに思っていたところに、こういうカッコ悪いんだけど人間としてのまっすぐな熱さのある、さっきの言葉を使えば体臭のあるイベントを三十路の初日に体験したのはなかなか感銘を受けました。

それらを経験して思ったのは、真面目に熱をもってまっすぐ進んでいくのは、それはそれで魅力的だとは思うし、そういった人間臭いことが出来ない奴はやっぱり駄目なんだろう、かっこわるいんだろうと思うんだけれども、今の自分の志向としては、その上でやっぱり、今現在の自分にとっての新しさや、動と静を切り替えられる
男としての格好よさみたいなものを積み重ねるための何かをしたいかな、なんて思いました。

でもそんな事は些事なのでしょう。
そんな些末なことも考えられない位、カッコつけるとかカッコ悪いとか、美意識も何もすべて飲みこむくらいのエネルギーを注力できる何かを見つけられれば、自然と立ち振る舞いも見事になっていくように励んでいけるのではないかな。そしてそれは自分にとっては音楽と旅なのだろう、なんて思います。

この年になって音楽の趣味で変わったのは、レゲエを聴けるようになったこと(というか聴けるレゲエが出てきたこと)です。

Chronixxっていうラスタシンガーなんですが、いいですよ。自分はこれまでレゲエ聞いてもあまりピンと来なかったのですが、これは大分現代的なクールなセンスの音で、聴けます。

Chronixx - Dread & Terrible(Full Album)


それで渋谷タワレコのレゲエ・ダブコーナー見ていた処、更にヤバいバンドを発見してしまいました。日本のバンド、それも盛岡のバンドです。

"momonjah meets Ras Dasher" 『Mann Got Dubber』

このモモンジャ・ミーツ・ラス・ダッシャーというバンド。深いダブの音像はスピリチュアル・ジャズにも通じるスペイシーさがあって、脳の芯に響く、今自分の中で一番ホットなバンドです。何しろ盛岡というのが嬉しい(笑)地方から出てくる怪物じみたバンドっていますよね。

このバンドの様な、人間の匂いと宇宙の深さ・高さを止揚したような風合いをもった大人になれるよう、少なくともいう事が萎まないような人間であり続けたいなぁ、これからのディケイドも。やっぱり自分には音楽が人生の指針になる様です(笑
[PR]
by wavesll | 2014-10-19 06:06 | 小ネタ | Comments(0)

金の話。「文句言うならお前がやれよ」の話。センス・オブ・ワンダーの話。

歳を重ねると、金銭をある程度自由に使えることもあり、舌やら目やらが肥えてきますよね。あるいは「いい大人なんだからいい店、良い酒を知らなきゃ駄目だよ」なんて言葉が投げかけられるのを、40以上の人がしている光景をみたりして、そういうものもあるかもな、なんて思う今日この頃です。

自分もコンビニでビール買ってしまうくらいの金銭感覚ですし、PCでYoutube音楽を聴くのは音質的に満足できないと感じCDを部屋の据え置きオーディオで聴くくらいには耳が肥えてしまった人間ですが、ビールやCDというのは大体は価格が一定ですから、本当に金のかかる趣味、グルメであったり、服であったり、音楽なら廃盤漁りや"原音再生"などに行っていない分、可愛いものかもしれません。

高いサービスに金を払えるようになる、自分がその価値の対価を払えるようになることの嬉しさや一種の誇りや、それから得る愉しみは、私にも分かります。と、同時にそれは自分がセンス・オブ・ワンダーを失ってしまったのではないかとも思い当り、寂しさというか、危機感を感じてしまいました。

私が子どもの頃楽しんだ漫画やアニメ、ゲームは、今の基準でいえばかなりの低クオリティ、画質も低いし、絵だって精緻でない。デッサンだっておかしかったり、2頭身のSDガンダムであったり、それを当時は『それはそれ、そういうスタイルの表現として楽しむ』でなく、きっとそこに想像力と子どもならではの超現実性を持って、そこから広がる想像の入り混じったワンダー現実を自分で生み出していたように、今振り返ると思います。

別の例を出すと、TVと撮影機材の進化があります。
小学生くらいの頃にTVを観ていて、当時別にTVの映像に不満はありませんでした。しかし今90年代初頭のVTRなんかをみると"なんと低画質なんだろう"と思ってしまいます。
これは、「いいものを知ったからだよ」ともいえるかもしれませんが、同時に昔の方が脳を使ってイメージ力で補完する力があったのではないか、などと考えてしまうのです。

歳をとるとより精緻で、現実的で、論理法則に基づいた、リアルでリッチな表現を求めるようになるのは、脳のイメージ力、あるいは刺激から脳内麻薬を出す力が衰えたからではないか。それは痩せ衰え、生命力が貧しくなっているという問題なのではないか?そんな感傷が、ここ数週間頭を捉えていました。

そこで一つ辿り着いた答えは、"青天井に高くなる要求は『分業』から生まれているのではないか"という別の問いかけでした。

自分自身が完全なるお客様となってしまい、サービスを生み出すための労力への想像がなくなると、『価値』という概念が限りなく『どれくらいの快楽を生み出すか』になってしまいます。さらに言えば刺激には飽きてきますから、どんどん消耗していく、バーストしていく、加速していく欲望のサイクルへ行くのだろうなぁと思います。

勿論それはイノベーションと快楽生産の量では悦ばしい状況なのですが、今の自分の気分としてはまぁそこで生き馬の目を抜く人たちはスゲー頑張ってもらって、俺はその螺旋からは少し身を離そうかなと思っています。

自分で創る、自分で工夫する、自分でプレイする、自分が自分の経験するアクティビティにどれだけ関わるか、DIYの比率次第で、日々の歓びが増すことは往々にしてあると思います。

勿論どんどん家事にしろクルマの運転にしろ自動化が進むことは私は歓迎しています。それは「やらなくてもいいけれど、やりたい時にできる」環境が整うという事ですから。

自分がやってみることで青天井の要求は要求として、相手の労力に対しての想像力を持てるようになる、完全なる分業時代の消費者ではなく、一人の市民としての想像力を手にすることが出来るのではないか。そう思います。

そして、『普通』の大変さが分かっていたら、『革命的な新しい体験』に今までより遥かに昂揚できるのではないか、生きる事から発生するワンダー・レセプターを活性化させることが出来るのではないか。そう思う今日この頃でした。


c0002171_2034357.jpg
余談で、最近お金使って嬉しくなった商品をw(アフィじゃないのでご安心くださいw)
三菱化学メディア Verbatim 音楽用CD-R 80分 1回録音用 「Phono-R」 24倍速 5mmケース 20枚パック レコードデザインレーベル 5色カラー MUR80PHS20V1
レコード風CD-R(笑 ちゃんと溝っぽく仕上げてあって触っても愉しい、良い商品です。コストダウンの為最近CDレンタルを再び利用したりし始めていたので、嬉しい発見でした。
[PR]
by wavesll | 2014-10-05 20:22 | 私信 | Comments(0)

雨が来る前に

ぐじむ肌に透徹す心音鍾
波の屈折-陽射の散歩 #57577



秋の銀河から数多の銀河たちを眺めたような3331のDOMMUNEのインスタレーションには、予期した心を揺らすノイズはなかった。

諦めを手にした私は、同時に強かさを身に付け、理想を掲げるだけでポキリと折れる生硬さからあるいは少し自由になったのかもしれない。

あるいは未だに強迫的な義務感から、破滅へ向かいかけていたのかもしれない。

スペイス、スペイスが必要なのだ。心の芥を解かすスペイスが。
それは柔らかな空間。日常+アルファ。

アーケイドを歩く温かみに、心臓の乳酸が分解されていく感覚

打ち寄せる波を素直に眺めるには、何よりもエクスペリエンスが要る。実験が要る。

ただ今はGideon Van Gelderの産み出す音に身を浸そう。直に雨風がやって来る。
[PR]
by wavesll | 2014-10-04 23:10 | 私信 | Comments(0)