<   2016年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

採音に於けるコンセプトとサウンド―Terje IsungsetとMatmos

Terje Isungset at the icefestival in the glacier of val senales/South Tyrol/italy, the 28.02.2010

先日、代官山の晴れたら空に豆まいてで行われたテリエ・イースングセットのイヴェントに行ってきました。
彼は氷で楽器を創り演奏するというミュージシャンで、このイヴェント自体がノーザンライツフェスティヴァルというノルウェー映画祭の関連のものだったので、ライヴ前に氷の楽器作りについての映画が流れました。

そしていよいよライヴ。さぁ生で氷の楽器が聴けるぞ!と想ったら、氷の楽器はなく彼が作成したパーカッションなどのライヴ・インプロヴィゼーションでした。石の深い響きや口琴はこの目に見える自然物こそが宇宙なのだという感じで良かったのですが、やはり氷の楽器が聴きたかった。まぁ、室温高すぎでしたしね。水曜に北海道で氷の楽器の野外ライヴをしたそうです。

どちらかというと、映画とライヴの間のQ&Aセッションが面白かったです。曰く、世界中の色々な都市で人工の氷を創ってみたが、天然の氷の方が全然音が良い、響きの深みが違う、とか。だから東京では氷のライヴは無理で、北海道なら出来たのですね。

あと、最新アルバムでは南極や北極の氷を使ったり、流氷を使ったり、一万年前の氷を使ったりしたが、それぞれ音が異なるんだ、とか、以前インドで氷で喇叭を創ったのだけど、いざ吹こうとしたら「口をつけてはいけない(水道水は危険)」と言われて、口をつけられなかったとかw

インプロがイマイチ乗りきれなかったことがあり、CDは買わなかったのですが、サインもしてくれたそうだし買っても良かったな。今度来日した時はぜひアイス・コンサートへいかなければと想いました。

さて、そんな渋い財布の私ですが、今夜は渋谷タワレコで2枚もCDを買いましたよwしかもそのうち一枚は売り場で見てあぁもう出てたんだと試聴して買ってしまいました。

それがこのMatmos - Ultimate Care II Excerpt Eight

これが非常にいいアルバムでした。本編が38分11秒と言う尺なのも小気味好いし、洗濯機の発する音で造られたというサウンド、もろにそれっぽい音から、かなり加工された普通っぽい音まであり、決して聴きにくい実験作でなく、面白くも音楽的に聴けました。

以前2chのベビメタスレで独り語りをしていたオジサンが、70年代の音楽だけを聴く時代から、80sの映像と共に音を聴く時代、そして今はコンセプトを聴くようになったと言っていたことがありました。実際、フィールドレコーディングなんか私も多分にコンセプトや情報を聴いているところもあると想います。

ただ、フィールドレコーディングや一部のビートミュージックが面白いのは、サウンドとして新しく聞けるところがあるからが個人的には大きいです。新しい楽器のようなもの。新しい楽器で奏でられるから、採音は毎回新しく感じる、それがフィールドレコーディングが好きな理由だと想います。

新たなサウンド、新たなビート、それを求めて、ワールドミュージックやフィールドレコーディングを聴く。ともすれば"情報を食べている"と言われがちな分野ですが、勿論コンセプトはインストに於ける歌詩のような存在として重要ですが、あくまで音の楽しみ、というところは外したくはないな、と想いました。

またTerjeの即興ライヴは、まさに私が好きそうなコンセプトのライヴなのに楽しめたのは一部だったという点でも、私が好む音楽的旨味の貌が一つ浮かび上がったのは、個人的には興味深い体験でした。
by wavesll | 2016-02-18 22:02 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

suge- live de yavee kitai shite suge-ikioi de yavee moriagaru

Kendrick Lamar Grammy Awards Performance 2016
c0002171_2046361.jpgヤバかったですねグラミーでのラマー。恥ずかしながら、昨年のベストアルバム総ざらいの時でも、タワレコでちょっと試聴しても良さが良く分からなかったのですが、そんな不感症人間でもこのパフォーマンスには熱くならざるを得ませんでした。

この楽曲、未発表のものだそうですが、集合知によって歌詞が解析されてました。

いやー、このパフォーマンスは2014年のDaft Punkに匹敵するのではと言うくらい。グラミーはその年の最高のショウを創り上げるという点で、抜きんでたTV番組ですね。ジャズXヒップホップというと、日本人アーティストがずっとやっていたイメージがありますが、大人でスムースなジャジーヒップホップとは違う、今にも咆哮するかのような荒々しい熱に満ちたラマーのライヴ、物凄いものをみせられました。

菊地成孔はジャズの息子はファンク、そして孫がヒップホップであるといい、クールなジャズからホットなファンクが生まれ、そしてヒップホップになりまたクールになったと言っていましたが、ここでもう一つ、ジャズの子孫たちの饗宴ともいえる、ラップメタルXファンクのライヴパフォーマンスを紹介したいと想います。


Red Hot Chilli Peppers & George Clinton - Give It Away (Grammy Awards)

こんなん、またやってくれないかなぁ苗場で。何しろ去年観たライヴでトップでしたから、ジョージクリントン。今年のフジロック、かなりいいですよね!カマシはいいのと被ったら(ブルーノートで見たし)裏視るかもしれないけれど、グラスパーはまだ生で見たことないからみてみたいなー!そしてシガーロスをグリーンで聴いたら最高だろうな!と思っていたのですが、この動画を観てこれみたら仰天するだろうなと想いました。

レッチリがブルーノマーズとコラボしたスーパーボールのハーフタイムショウも良かったですよね。今年は既に発表されてるだけでもフジもサマソニも良くて、夏フェスシーズンが楽しみでなりません。契約が行われたころはかなりの円安だったろうに、凄いなぁクリエイティヴマンとスマッシュ。ま、流石にレッチリXジョージクリントンとかブルーノマーズとか、或いはケンドリックラマーのリベンジ凱旋とかは期待しすぎかもしれませんが、初夏のサン・ラとロドリゴイガブリエラも含め、素晴らしい夏に気分が盛り上がる如月を過ごせて幸せです。
by wavesll | 2016-02-17 21:14 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

一部界隈で話題の中目黒のカセットテープ店、waltzに行ってきた

中目黒駅改札を右に進み、目黒警察署辺りで右折、住宅地をグーグルマップ片手に歩いて、最近話題のカセットテープ店 waltzに行ってきました。

c0002171_1515929.jpg


中にはカセットテープの他、レコードやVHSも。カセットテープ、モノとして面白い。買いたくなりました。プレイヤー買ったらまたこよう。

c0002171_154159.jpg
c0002171_1543620.jpg
c0002171_1545179.jpg
c0002171_155257.jpg


で、一旦出た後戻って」やっぱ買ってしまいましたwトートバッグ貰った◎森は生きているの『煙夜の夢』のカセットもあるから、買おうかな、ポータブルプレイヤー。中学の頃使ってたAIWAはぶっ壊れてもうないしw店内にはBOSEのラジカセとかあって質感在りました。

c0002171_1565472.jpg


ブツはこれ。サントラコーナーもあって好い感じでしたよ!

c0002171_1574835.jpg

by wavesll | 2016-02-14 01:58 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

第1回音の貝合わせ 光林保育園平成26年度卒園児一同 ≪ベゼクリク石窟誓願図≫X EYヨ / Cosmic Surfin'

ぶら美の冬の京都SP、東寺の立体曼荼羅とか、素晴らしい芸術美の坩堝だったのですが、中でもときめかされたのがこれ。

光林保育園平成26年度卒園児一同 ≪ベゼクリク石窟誓願図≫
c0002171_23275724.jpg

龍谷ミュージアムにあるベゼクリク石窟誓願図を一時間観察した園児たちが卒業制作したこの絵、まさにKids are Allrightというか、最高。天才的に良かったです◎

で、前から思ってた画X音の企画の第一弾にこれをしたいなーと想ってたら、その後DOMMUNEでやってたEYヨのDJにまた感動。そこでこのsoundcloud音源を貝合わせしたいなと想います。

Cosmic Surfin' (EYヨ from Boredoms )

極彩曼荼羅、いかがでしょうか?

最近、よく考えるのが、今は評論で超絶料理を提供する時代と言うよりも究極の素材をさらっと提示する時代なのではないか、講評の楽しみはお客さんにフリーで預ける流れのなのではという事です。

分析・感想・視座の旨い提示の仕方やバランス、blogで音楽やアートを紹介する際に、どんなゲーム性を創れるか、なんてこと、ちょいちょい考えながら、この≪音の貝合わせ≫、企画として育てていければいいなぁと想います。
by wavesll | 2016-02-12 23:36 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

第8回 恵比寿映像祭にふらっと行ってきた

昨夜、ホキ美術館から帰宅した後、恵比寿ガーデンシネマでやっているクストリッツァ特集の、ソフト化されてないという『ジプシーのとき』をみようかと向かったのですが、なんと完売><、仕方なくと言ってはなんですが恵比寿映像祭へ立ち寄ったのでした。

c0002171_20202624.jpg
c0002171_20204699.jpg
これは中谷芙二子さんの《霧の庭“ルイジアナのために”》という作品。霧をアートに。霧散していくわずかな間のみのフローが、物体として提示される感じで面白いですね。
c0002171_20224686.jpg


そしてガーデンホール。
c0002171_20232968.jpg
そこそこ面白かったのですが、やっぱりビデオアートは最後までみられないなぁ。ウォー・ピクルス・プロジェクトや植物の電磁波を音にする奴は面白かったです。全体的に空間の雰囲気は良くて、これでロハなんだから全然来てよかったけど。自由に出入りできるビデオアートより、ある程度集中を強いられる映画館の方が自分には向いてるのかもしれません。

19日の18時から20時にガーデンルームでやるイヴェントには入江陽もでるらしいです。植物の電磁波音の人とのコラボ。これ、面白そうだなー、18時か~><
by wavesll | 2016-02-12 20:29 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

ホキ美術館 3つの個性―表現の可能性を探る― に行ってきた

土気にあるホキ美術館へ行ってきました。
c0002171_15232049.jpg

ド頭の五味文彦『樹影が刻まれる時』に度肝を抜かれました。また『飛行計画-南風の囁き』の唇の描写も瑞々しかったです。
超写実画は静物で光る。『パンと檸檬』『レモンのある静物』の檸檬の描写が本当に素晴らしい。『プルーンがある風景』も良かったです。また『あかいはな』『ホワイト・スクエアー・コンポジション』は透明キューブをモチーフに使った新たな静物表現で良かったです。そして『UTSUSEMI』の剥製の描写、本当に生きている動物の写真すら越えているというか、立体的に感じるようなマチエールでした。

超写実に描かれた美人達も、勿論良かった(笑)島村信之『西窓』『紗』『浴』『日差し』森本草介『背のポーズ』『モノクロームの肖像』『光の方へ』『部屋』『まどろむ』『若いヌード』と柔肌拝みましたが、一番妖艶だったのは島村さんの『寝室の朝』。おっさんに混じって私もガン見しましたw
島村信之さんはロブスターに嵌まってるらしいです。確かに女性の柔肌に透ける血管の青と、ロブスターの甲羅や爪の青黒さ。似てるかも。いや、似てないかwまた『オオコノハムシ-擬態-』や『ニジイロクワガタ-メタリック-』等虫にジャンルを広げられてました。

3つの個性。五味文彦、島村信之、そしてもう一人は大畑稔浩。風景画。『気配-秋』『霞ヶ浦風景-陸に上がった舟』『早春(白い影)』『有明海』 等筆捌きがみえて良かった。氏は風景を描く際、現地の石や砂、木を砕いて絵の具にいれるそう。平面のデータでなくモノとしての魅力も入れる試みですね。

今回一番惹かれたのは野田弘志『摩周湖・夏天』。写実過ぎず筆致の具合、そして色の対比が素晴らしかった。他に『皿と果物I』。『聖なるもの THE-IV』も良かった。他に石黒賢一郎『ガスマスクを被らなければならない』原雅幸『マナーハウス』『ドイル家のメールボックス』『モンテブワルチアーノ』もハオでした。その他、羽田裕『早朝の白鳥城』には備前松山城にいくときみた白鳥城かと嬉しくなったし、大矢英雄『夏至を待つ日』の青い壁紙が印象的だったし、森本草介『アロエー川の流れ』のセピアでパーフェクトな風景などいいのいっぱいありました。

また陶磁器も。深見陶冶『飾 香炉爐〈展〉』『遥カノ景〈望〉』『心象〈澄〉』がよかったです。

超写実画は写真やフォトショとの関係を思わざるを得ないジャンルですが、思った以上に面白かったです。目を間近に近づけると絵具の筆捌きがみえるのに、ちょっと離れるとまるで写真のようにリアルに見えるのはマジックのようでした。また写真を越える生々しい作品や現地の素材を使った絵など、色々と面白かった。絵画、という概念、更には"みる仕組み"を考えるきっかけになったと言ったらビッグマウスですが、中々に興味をそそられる、良い展示でした。

また建物自体も魅力的。1800円でしたが、作品数も結構あったし、ドライヴも兼ねてならいいかも。横浜から高速使って90分ほどで行けます。盛況でしたが、ゆったりみられるくらいの入りで、ガイドツアーなんかもやってましたよ^^
c0002171_15413232.jpg
c0002171_15414471.jpg

by wavesll | 2016-02-11 15:46 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

天野喜孝展 進化するファンタジー@有楽町マリオン朝日ギャラリー Fotolog

c0002171_21315967.jpg
c0002171_21321547.jpg
c0002171_21322841.jpg
c0002171_2133095.jpg
c0002171_21331211.jpg
c0002171_21333047.jpg
c0002171_21351245.jpg
c0002171_21353124.jpg
c0002171_21362611.jpg
c0002171_21364062.jpg
c0002171_21365428.jpg
c0002171_21372579.jpg
c0002171_21375232.jpg
c0002171_21382782.jpg
c0002171_21385954.jpg
c0002171_21392654.jpg
c0002171_21393932.jpg
c0002171_2140158.jpg
c0002171_21402814.jpg
c0002171_21405490.jpg
c0002171_21412016.jpg
c0002171_2141403.jpg
c0002171_21415479.jpg
c0002171_2142819.jpg
c0002171_21423692.jpg
c0002171_21453433.jpg
c0002171_21455446.jpg
c0002171_2146561.jpg
c0002171_21462419.jpg
c0002171_21464131.jpg
c0002171_21465362.jpg
c0002171_2147846.jpg
c0002171_21481492.jpg
c0002171_21482971.jpg
c0002171_2150216.jpg
c0002171_2150355.jpg
c0002171_21504672.jpg
c0002171_2151037.jpg
c0002171_21511295.jpg
c0002171_2153495.jpg
c0002171_21541561.jpg
c0002171_21543343.jpg
c0002171_21545321.jpg
c0002171_21551045.jpg
c0002171_21552338.jpg
c0002171_21553747.jpg
c0002171_21555191.jpg
c0002171_215661.jpg
c0002171_2156255.jpg
c0002171_21563732.jpg
c0002171_21564835.jpg
c0002171_215721.jpg


有楽町マリオンで行われている天野喜孝展 進化するファンタジーに行ってきました。

タツノコプロ時代の作品、キャシャーン、ヤッターマン、ガッチャマン等は世代ではないですが、このアートスタイルでみると格好いい!またハッチは、ゼロ年代のN.Y. SALADやCandy Girlの可愛いキャラの萌芽をみました。

そして何よりファイナルファンタジー!VとVIIはやったなー!自分は"ファイファン"と呼んでましたw
最近のFFでもイメージイラストを描いてらしゃったの、初めて知りました。天野さんverのライトニング、初めて見たかも。また深い青が印象的な『水夢』は本日一番好きな絵でした。このビジュアルがインタラクティヴに動くファイナルファンタジー、造って欲しいなぁ。ゲーム版『天使のたまご』。DQは鳥山画がアニメで動く感じになったけれど、ドット絵の方が魅力的かも、、と想うけれど、FFが天野画で動いたらヤバイでしょ。アート作品としてナンバリング以外でもいいから出してほしいなー。


そして展覧会の最後を飾ったのはデヴィット・ボウイ。米国の雑誌の依頼で描かれたものが今回、急遽展示が決まったそうです。天野Xボウイ、素晴らしい掛け合わせでした。

なんか、久しぶりにFFやりたくなりましたw今度VIIのリメイクが出るそうだけれども、VIをやったことがないので、VIのリメイクとか、やりたいなー。

前から、おそらくは写真に取って代わられたのだとは想うのですが、役者絵というジャンルを大分見かけなくなったなと思っていて。ゲームのキャラクターの絵は、物語を背負った人物の絵画として今機能しているなと感じ面白かったです。マンガ・ゲーム・サブカルチャーの中に現代の役者絵が生きているのかもしれませんね。そういった意味でも天野氏によるボウイの画が観れたのは僥倖でした。
by wavesll | 2016-02-10 22:10 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

東京藝大音環 卒展・修了展 2016に行ってきた

東京藝術大学千住キャンパスにて行われた 音環卒展・修了展 2016へ行ってきました。
c0002171_19395539.jpg

修士大本圭祐さんによるジミヘンの『Are You Experienced』をドローン化したインスタレーション『Are You Experienced II』や、学部江崎文武さんによる『Water Teremin』なるものを体験したり、映像作品をみたりしました。

中でも良かったのが修士 林そよかさんによる『Deep Sea』というチェロの多重録音作品。サラウンドで響くチェロアンサンブルが、アンビエント且つダイナミズムのある深海の揺蕩いを創り出していました。

そして目玉が蓮尾美沙希さんによる22.2ch録音作品『My Kingdom』。『宝島』や『ジキル博士とハイド氏』で知られる童話作家ロバート・ルイス・スティーブンソンの英詩を元にした音響作品。真ん中で聴けました。3+10+9+0.2の音響は体験からして異なるというか、3D映画のような次元の違うアトラクション体験。2018年からNHKが標準に放送しようとしているらしいです。録音作品作りにおいても、これからは"Dimention"が変わっていく予感を想起させられました。

他にも、iPhoneとヘッドフォンを繋げてジャイロを聴かせ、ヘッドフォン音響に広がりを持たせた卒業生 野田麻奈美ヘッドフォンオーディオ作品《1杯のコーヒーに》もかなり気になったのですが、予約満杯で体験できず、また今回は論文発表は聴かなかったのですが、
的場昴樹 《ポケモンがふしぎないきものでなくなるとき ―架空感と実在感の混在から生じる魅力―》

中村久仁子 《ジャニーズオタクによるアイドルへの自己投影について》

鈴木七海 《ステージの拡張 ーバックステージ映像からみたアイドルー》

下西あす夏 《照明の色の違いが音楽の印象に与える影響について》

橋本彩香 《テオ・アンゲロプロス論》

浅野裕貴 《クラブという空間を巡って ―アニソンクラブイベントの現在》

金知瑩 《アーティストたちの「共同」におけるハビトゥスの実態について ―拝借景を事例としてー》
など魅力的なのが沢山、論文集買っておくべきだったかなー><まぁ何しろかなり楽しめる展示でした。北千住が上野にこんなに近いことも初めて知りました。あと場末感もなかなかでしたw
by wavesll | 2016-02-07 20:27 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

エミール・クストリッツァ / アンダーグラウンド - ユーゴスラビア民族叙事詩

恵比寿ガーデンプレイスにて特集上映されているエミール・クストリッツァの『アンダーグラウンド』をみてきました。破格の映画でした。

なるだけネタバレはなくしたいと想うのですが、前知識ゼロで観たい方はこのエントリは飛ばされちゃってください。どうしてもネタバレが入ってしまうと想うので…

c0002171_8295173.jpg


ユーゴスラビアでレジスタンスを率いるマルコと仲間になったクロ。この二人を中心に物語は進んでいきます。時は第二次世界大戦の時代。ナチの爆撃で平和な生活は崩れ、反ナチ闘争を繰り広げたり、ナチの将校と女優のナタリアをクロが奪い合う、そしてその三角関係にマルコも関わって行って…

という第一部、これが魔法の様な青春時代のきらめきにあふれて、物語の始まりのジプシーブラスの突進から一気に惹きこまれました。オヤジ二人の話なんですけどね。『坂の上の雲』の戦争前の辺りのきらめきを想いだしました。

そして、第二部。この映画のタイトルにも連関する特徴的な章なのですが、ここが初見だとどこまでが現実でどこからが幻想なのか、場面は?そしてそもそもマルコの行った行動の理由が、そこまで腑に落ちなくて、ちょっと靄々はてなマーク浮かべながら見ていました。

しかし、第三部へ行って物語がシリアスへ突入し、再び戦火の時代へ。
3時間の上映時間中で登場人物が親戚位の身近さに感じ、戦争の非道に彼らが巻き込まれたときの衝撃は、『アドルフに告ぐ』というか、『あまちゃん』で東日本大震災が起きたときに近いものがありました。『あまちゃん』とは音楽の共通性を言う声もあるそうですね。

地上は平和になっているのに、地下では戦争が続いている意識だった二部から、三部ではアンダーグラウンドの人々は外の世界をみれたのに(何しろ地下で育ったヨーヴァンは太陽と月を間違える描写もありました)、その時ユーゴは泥沼の内戦に突入していた。この逆転構造に、心揺り動かされました。

そして、ラストシーン。映画中ずっとエネルギッシュに、今のことしか考えられずに生き抜いてきたキャラの面々が、全てが終わり過去になって、ようやく得られた穏やかな幸せの時間。ここら辺は、もう続くことがなくなったブランキー・ジェット・シティが、最後に突き抜けた楽しさのラストダンスを鳴らした時を想起するような、とびきり美しく感動する終幕でした。

自分は、このエナジーみなぎる映画を個人史と歴史が連関する物語の勢いにただただ感銘を受けたのですが、一緒に行った子に、「幾らでも深刻に描ける題材をあくまで“明るく”描いたのがとても胸に響く」と言われたのはなるほど!そうだよな…。と想いました。歓びも辛さも痛みも、全てひっくるめて懸命に生きた人々がいたユーゴスラビアの地、ユーゴスラビア人だということへの誇りを、描き方からもひしひしと感じました。

レトリックに頼らない台詞と画造りで、ファクトを積み上げることで辿り着く境地。その事実が組みあがる骨太なドラマ。まさにこれはユーゴスラビアの民族叙事詩なのだなぁ。登場人物のいい意味で自重しない、下品な場面でもからっとした感じも、『百年の孤独』にも似た人間味あふれる魅力を感じました。

しかし、国がなくなると言うのは、途方もない出来事なのでしょうね、映画見ても想像もつかないです。祖国がなくなるというのは。日本にはチトーの様な巨大な政治権力者もいなければ、国が消滅する自体を想像することは現状難しいですが、ユーゴと言う国があった、そこに懸命に生きる人々がいた、その民族と個人の歴史が、物語として結実した素晴らしい映画にいたく感動しました。クストリッツァの他作品もみたくなりました。

クストリッツァ特集上映は金曜まで。『アンダーグラウンド』、Youtubeでもみれるけれど、是非劇場で浸っていただきたいです◎

Underground. Subtitulada en castellano. Emir Kusturica 1995.

by wavesll | 2016-02-07 09:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)

リゾートホテルの美と権威

先日放送された『柴咲コウ バケットリスト』 in スリランカ 人生を豊かにする旅路

スリランカの高僧に生まれた時刻で占ってもらったり、スリランカにある世界最古の接ぎ木、インドからやって来た菩提樹で、2000年前に共にやって来た菩提樹の守り手の一族、カプワを訪ねたり、茶葉を訪ねて工房で、採れた地域の高度によって、高ければ高いほど茶の色味が薄くなることを知ったり、その中でも最上のシルバーチップの畑に行ったり、Dr.CTスキャンと呼ばれるアーユルヴェーダ施術師、Dr.ディネシュ・エディリシンゲにアーユルヴェーダを受けたり、盛り沢山な内容で非常に面白い番組でした。

中でも目を引いたのが、スリランカ出身のリゾート建築の大家、ジェフリー・バワの作品を訪ねるパート。
c0002171_54415100.jpg
この人が、インフィニティ・プール(海原と一続きになって見えるようにデザインされたプール)を創った人な事を初めて知りました。スリランカの人なのですね。

彼がデザインをしていた事務所は今カフェになっていて、そこを訪ねたり、
c0002171_55480.jpg
彼の最高傑作といわれるシーギリア・ロックを望むホテルを訪ねた時は、その自然の活かし方に、軍艦島みたいな建築と植物の渾然を想起しました。
c0002171_575018.jpg
c0002171_58290.jpg
c0002171_581445.jpg
軍艦島に行ったときはマチュピチュみたいだなと思った。ラピュタのイメージと言うか、アンコール遺跡群もそうですが、あのくらいのバランスが一番心地好いのでしょう。最近だとシンガポールが植物園と都市緑化をキーに街を発展させていますよね。人間はコンクリートの白だけでなく、天然の緑の環境を本能的に必要としているのかもしれません。

非常に面白く番組を観て、バワが影響を与えたアマン・リゾートの画像なんかも眺めていたのですが、どうにも軽さを感じてしまい、あぁ自分の頭は固いのかもしれない。と想ったのでした。

展覧会に結構行ったりしていたり、海外に行くと建築や遺跡を視ることは好きなのですが、自分がいいなぁと想うものはかなり権威づけされたものなのかもしれないなぁ、と想ったのです。歴史やビッグ・ネームに権威づけされた建築群。アマン・リゾートのようなリゾート建築、ただただ心地よい現代のリゾート建築に、「綺麗だな」とは思っても特別の価値を見出すわけではなかったなぁと想います。

先日訪ねた鎌倉近代美術館を初め、ここ1・2年で(耐震の問題もあり)日本のモダン建築が解体されることが立て続けに起きましたが、これもモダン建築と同時代に生きた人からすると、大してオリジナリティがある建物には思えないから"普通の建物"と軽視され、保存がされないのかもなぁ、とも思いました。昔からある権威づけされたクラシックな建物を愛でるよりも、同時代の未だ権威づけされていない建物の良し悪しを見極める方が、より難度が高いのかもしれませんね。

世界さまぁリゾートで紹介されるようなホテル群も、100年後にはクラシックになっているものもあるかもしれません。"HOTEL"の美を見出すのは、面白いかもしれませんね。機能美と優雅さで言えば、リゾートホテルは富裕層にとっての民芸的な意匠、といえるかもしれませんね。興伸国に行くと良いホテルの開発が外貨獲得の好手になっているのを感じますが、植物を如何に使うか、都市を如何にその国の風土に合った緑を彩るかが、インバウンドにも関わってきそうだなと想いました。
by wavesll | 2016-02-04 05:33 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)