<   2016年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

Buddha Brand Live @柏まつりに行ってきた!

柏まつりへブッダブランドをみてきました!
c0002171_21341061.jpg


常磐線で日暮里から27分。つけめん富田の松戸の隣。"取手も常磐線なんだー。取手づくりのみてー!"と想うような暑さでした。
c0002171_21364248.jpg


柏につくと、凄い人出!小学生くらいの女の子たちがチアダンス?してたり、男の子がサッカーボール片手にステージに出てたり、町の人が主役な地元の祭りなんだけれど、規模がでかい!神輿もばんばん何台もでてるし、道が人であふれてて、"えぇ!柏まつりって全然知らなかったけれど、こんなに凄いのか!?"と驚きました。横浜でもこんな規模の祭りはないんじゃないかな。祭りは街の潜在能力を全開放しますね。
c0002171_2139216.jpg
c0002171_21393130.jpg
c0002171_21394528.jpg
c0002171_21395467.jpg


ディスクユニオン柏店。このお店のtweetのお蔭でブッダのことが知れ、この祭りにやってこれました。いい感じの総合ジャンル店舗でしたよ☆
c0002171_21422149.jpg


西班牙の麦酒やスパークリングワイン片手に地元のHIPHOPアーティストのステージを眺めてそしていよいよBuddha Brand!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
c0002171_2143160.jpg
c0002171_21442996.jpg
c0002171_21433995.jpg
c0002171_21434957.jpg
c0002171_214463.jpg
c0002171_2144586.jpg

最初にDJ MASTERKEYが出てきてプレイし、その後二人が出てきて!アンセムを連打して、そしてまたMASTERKEYが一人でプレイするライヴ!

もうね、熱が…熱狂が凄い!自分もほぼ叫んで手を掲げてました。この熱さは大学時代に行った銀杏BOYZ以来くらいのものかも!だから精確じゃないのですが、『DON'T TEST DA MASTER』『大怪我』、そして『人間発電所』!!!!二人がはけた後にチルアウトに『ブッダの休日』のDJプレイ。DEV LARGEのバースをDJ MASTERKEYがラップするのも熱かった。挙げた以外にも何曲もやってくれて、最高としかいいようがなかったです。

柏まつりには“今、ここ”がありました。マスメディアに乗らない、しかし本当の熱狂が。地元に根付いた、"外部にみられること"を意識しない土地の人達が心から楽しむ熱がありました。祭りってこういうことだよなという感慨。それは今まさに私にとっての関心の主題でもありました。


観光客誘致とかを意識することで地域が活性化することと、その土地の人が快く生きることは必ずしも一致しないのではないか。媒体を介さず、地域が内需で回ることの幸福。そうしたドメスティックな素顔の地域をもっと知っていきたいと感じました。

『シン・ゴジラ』が知的エリート、或いはマスメディアによるメタデータの集積そのものである首都とゴジラのぶつかりを描写したのに対し、地の良さ、肉体的な良さ、誰かに価値づけされたわけでないメディアの化学調味料が降掛かってない実力のみの地元のクリエイティヴパワーが柏まつりには感ぜられました。

東京は日本人口の10%に過ぎません、『シン・ゴジラ』は"現実(日本)対虚構(ゴジラ)"というのをコピーとしていましたが、あの政治的・軍事的闘いが背負っていたのは、日本の町々に暮らす市井の人々の暮らしと命だったのだなと想うと、フィクションとノンフィクション、官と民、東京と地方の双方から、この国の底力と尊さを感じた七月最終週末でした。

cf.
『ゴジラ』、『GODZILLA』そして『シン・ゴジラ』


神宮前 素顔の渋谷区、GRAFFITTI

瑞穂埠頭 - みなとみらい


BUDDHA BRAND 「大怪我」〜「人間発電所」〜「Don't Test Da Master」 @ SOUND MUSEUM VISION (2015.06.25)

by wavesll | 2016-07-31 21:59 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

サンシャインの天井を踏み抜くゴジラの足

c0002171_21234551.jpg
c0002171_21235914.jpg
c0002171_21241371.jpg
c0002171_21242364.jpg


cf.
ゴジラがPARCOのRを毟り取る

by wavesll | 2016-07-31 21:24 | 街角 | Trackback | Comments(0)

『ゴジラ』、『GODZILLA』そして『シン・ゴジラ』

バルト9でシン・ゴジラ。半端ない怪作!是非事前情報をなるだけ入れずに見てほしい!劇場でみる価値あり!飯も食わずに胸一杯で新宿を彷徨ってしまいました。

感想をネタバレなしで書くのは難しいので、是非『シン・ゴジラ』をご覧になってからMoreをクリックして下さい◎
c0002171_239378.jpg


More
by wavesll | 2016-07-31 00:25 | 映画 | Trackback | Comments(2)

土用の丑の日は、もうダサイことにしようぜ…

鰻の旬は秋冬だから、痩せ細った夏の鰻を有り難がることもないし、資源枯渇は言わずもがな…昔みたいに鰻丼が高いのはあたりまえになればいい。鰻丼のCMに出てる設楽の好感度も下がるなぁ…。土用の丑の日はダサいことにしよう。珍走団やDQNみたいな蔑称で土用の丑の日にネガティヴキャンペーン張るのもありかもしれない…

Simon_Sinさんのtweetによると
ニホンウナギはジャイアントパンダとかトキと同じ絶滅危惧種なんやで。そんなものをスーパーやコンビニで大量に売って喰ってるってことがそもそもおかしいだろ
とのこと。

c0002171_11455433.jpg


【音声配信】ライター鈴木智彦さんの取材報告「土用の丑の日直前!今こそ知るべき、ウナギ業界の闇」▼7月29日(土)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)によると、鰻の配給ルートには暴力団が深く入り込んでいて、中国台湾香港の闇マーケットから日本が鰻を無法に調達するのを行政も野放しだとか。

あと、土用の丑の日のピークに供給するために鰻が大量に買い付けられ、結果余り、牛丼屋やスーパー、コンビニでの格安販売に流れてしまう、なんて話もありました。

個人的にびっくりしたのは後半の、"本物の鰻をつかっている鰻屋さん"が、「今の鰻は不味い、昔の鰻はちゃんと鰻の味がした」と言っていて、"鰻の美味さの大半はタレの旨味だよなー"と想ってた自分には衝撃でした。鰻の蒲焼の技術や文化が廃れてしまうのは困る鰻大好き人間なので、きちんと法規制と実行力のある罰則で闇社会を介在させないようにし、高級料理としてうな重は生き残っていってほしいなぁと想います。

十月になったら鰻料理専門店「田舎庵」で種子島の鰻、食べてみたいです。きちんと価格メカニズムが、将来にわたる稀少性に働いて持続可能な鰻の消費ができるようになってほしいものです。
by wavesll | 2016-07-30 11:53 | 私信 | Trackback | Comments(0)

Pokemon Goからみる身体のゲーミフィケーション企画考

Pokemon - Red Blue Yellow - Complete Soundtrack


先週日本でもリリースされたポケモンGO、Fujirockでもポケストップがあったようでw
自分も出た日にDLしようとアプリストアを検索したらダミーソフトばっかり引っかかってしまって。

と、いう話を美容師の子にしたら、「カタカナでなくてアルファベットでPokemon Goと打ち込むんですよ」と教えてもらい、お互い赤/緑世代だったこともあり盛り上がりました。で、帰りにDLしようと想ったら自分の数年物のエクスペリアだと「この端末では使用できません」とな><!

というわけでポケGOは自分ではやらないのに情報だけは集める状態になったのですが、自分は結構"やらないゲームの話を聞く"のが好きな方で、例えば自分はパチンコ、ほぼやらないのですが、『アドリブ店長』とか『パチスロひとり旅』とか読むの好きで、島なんかに旅すると"島パチ"を探してしまったり(やらないのですがw)

というわけで「大人は株券のゲームの方が楽しいよなー」とか「スプラトゥーンのラストフェスまで日本リリース待てば良かったのに」とか「イングレスのガチ勢のお蔭でナイアンティックに蓄積されたメタ地理データがポケスGOに活かされてるのか。メタ地理データって自動運転車でも差を付けられたかも…」とか色々思わされながら情報収集を続けております。

どうやらポケGOの人気はピークアウトしたようですが、最も興味深かったニュースはこれです。

「ポケモンGO」がうつ病や不安神経症を改善する 精神医学の専門家「前例ない効果」

心療内科にかかるような精神状態の人たちが、ポケGOによって、外へ出て、歩き、日を浴びて、コミュニケーションをとる。この他肥満対策にもなったという声があったり、外へ出て歩くインセンティヴにゲームがなったというのは社会現象に近い盛り上がりも含めて興味深い事柄でした。

ゲーミフィケーションという言葉があります。
遊びや競争など、人を楽しませて熱中させるゲームの要素や考え方を、ゲーム以外の分野でユーザーとのコミュニケーションに応用していこうという取り組みで、ゲーム独特の発想・仕組みによりユーザーを引きつけて、その行動を活発化させたり、適切な使い方を気づかせたりするための手法。
という意味です。

Billy's Boot camp 基本プログラム


エクササイズとクラブの融合!暗闇バイクフェスが新しい!


ゲーミフィケーションは主に教育分野などが考えられてきましたが、ポケGOは「外に出て歩く」という行為を見事にゲーム化した例だと想います。エクササイズをアミューズメント化した例ではビリーズブートキャンプや、最近だとFEELCYCLEなんてのもありましたが、これらは最初からエクササイズに少なからずモチベーションを持ってる人達。家に引き篭もりがちな、スポーツとは縁遠いゲーマーにウォーキングさせるに至ったというのがポケGOの凄さですね。

ポケモンGOの最大の課題は「中期ゴールの欠如」で、これが原因で1〜2週間すると一気に離脱率が高まると思われ。短期ゴールとして「目の前のポケモン捕獲」、長期ゴールとして「ポケモンコンプ」があるが、数日〜数週間サイクルの中期ゴール要素がないので、一般人はレベル10ぐらいからダレる。なんて話もありますが、ゲーム化の最大の特長は、難易度を適切にプログラムできる点だと想います。

例えば一日二日腕立て伏せをやったところで腕筋が太くなるはずもなく、やりがいを感じずに三日坊主で挫折してしまう人も、ドラクエでスライムやドラキーを倒してレベル上げするのは苦でないパターンもあります。これは毎回バトルに勝って経験値を積むという成功体験の味わいもありつつ、しかも敵キャラも多彩で中ボスを倒して先へ進むと難易度の高いモンスターが現れるなど飽きさせない工夫があるからです。

その点でポケGOはライトからガチへ一気に変わってしまうので、ハードルの設定のさせ方が上手くいってないようですね。ただ、ポケGOをゲートウェイドラックとして、身体を動かすことを広められたら、もっと言えばポケモンに興味ない人たちも巻き込んで運動量が全世代で増えたら、生活習慣病の予防にもなって世のため人の為になるなと想うのです。

全力坂


先ほど腕立て伏せネタを出したので腕立て伏せをゲーム化するとすると、毎日朝か夜に10分番組で、水着美女もしくはイケメンが現れて、ちょっと色っぽい角度で撮られながら腕立て伏せを一緒にやってくれる。で、毎回めざましじゃんけんみたいな感じでラジオ体操ライクに最後にスタンプを押してもらい、たまると懸賞に応募できる。とかw

いっしょにとれーにんぐというヲタ向けのアニメで似たコンセプトのDVDが出ましたが、毎回同じ映像だと飽きるだろうし、習慣づけにはレギュラー帯番組が最適だと想うので、AbemaTV辺りで日替わり美女で筋トレ番組やってくれないかなーなんて思ったり。FOXだと毎朝ヨガの30分番組やってましたし、朝には体操のコンテンツ、案外合うのでは。お茶の間でも気まずくない程度、個人的には24時から30分番組でテレビ体操と全力坂の間位の演出で筋トレとストレッチの番組なんかどうでしょう。エクササイズをアミューズメント化した視聴者参加型双方向コンテンツにはまだまだ可能性がある、とかいうとそれっぽく聞こえませんかw?

もっとポケGOに寄せれば手っ取り早いところだとラジオ体操の際にお香を焚くとかが良さそう。体操が義務ゲー化、作業ゲー化しないように段階的にクリアしていけるように難易度を設定するには太極拳というのもありかもしれません。ヨガもそうですが、太極拳ってまず動きを覚えるのが難しくて、何度もやってく内に上達する面白味があります。そうそう、六本木ヒルズでは今年も朝の太極拳やるみたいですね!

連日猛暑の中... 六本木で"朝の太極拳"


太極拳を放送的にやるなら、Youtubeとかで多チャンネルで様々なレベルでの動画をあげて流すと尚よいですね。ポケGOのジムもレベル分けするといいかも←無理やりこじつけてみた
今はYoutubeもみようと想えばリビングのTVでみれるし、インドアにしてエクササイズを促進できるアイディアって結構あると想います。

そして個人的には女神伝説GOがやりたかったり。都市コラボを徹底することに割り切っても面白い、というかそれはリアル脱出ゲームの街版というか、フェスティバル・トーキョー案件かもしれませんね。

何だか最近は"CGより実物の方が高精細だしリアルだしチートじゃないし自由度高いし…ポケモンGOより虫捕りや闘鶏の方がリッチコンテンツじゃんw?"なんて訳わからないことを考えだすような私ですが、運動体感がゲーム内の抽象的な運動によって育てられた部分があるなぁなんても想うんです。

NiGHTS - Did You Know Gaming? Feat. DiGi Valentine


昔よく飛ぶ夢を見ていたのですが、最初トンネルを高速で走っているうちに身体が浮かんできて、トンネルの天井に身体を押し付けながら前へ進む感覚は、スーパーマリオワールドのマントで飛ぶ感覚に近いというか。きっとゲームギアでソニックやってた人にはソニックの運動感覚があるし、モンハンにはモンハンの、今スプラトゥーンやってる人にはイカす運動感覚があるのでしょう。オーバーウォッチやストリートファイターもそうでしょう。実際、「グランツーリスモ」を使ったレーサー養成プロジェクトで巣立ったレーサーなんかもいたりしますし、電車でGo!やってた鉄ちゃんで運転手になった人なんかもいそうですね◎

ゲーム内での感覚が現実に作用し、現実の事象がゲーム内にリアルタイムで反映される…アートとして考えても、スポーツとして考えても、そして何よりゲームとして考えても凄まじいフロンティアが拡がっている気がします。しかも短距離で達成できる位置にゴールがありそう。ポケモンGOフィーバーは過渡期というか、色々事故とか起きたり問題もありますが、せっかくの芽をつぶさないで経済的のみならず健康面でもよいゲームというのをどんどん提案していってもらいたいです。

P.S.
RiffTrax - Matrix Kung Fu


そしてその上で爆発的ヒットになるには"私でもできそう"と想えるような敷居の低さと、徐々に上げながら繋げていく難易度調整だと想います。そうして心身を使って心地よくクリアできるゲーミフィケーションがスポーツのみならず教育の分野でもいけたら、その内職業訓練のチュートリアルもゲームになっていくのでは。マトリックスみたいに脳に直接DLできずともゲームで夢中になって遊んでいるうちに職能を体得出来たらかーなり最高な世の中になりますねwこれからの知恵の伝授やオペレーションの組み方、社会システム作りは、如何に"ゲーム性"を提案するかにかかってる、みながゲームづくりができるようになれれば"ルールが更新されていく社会"になる。そんな気がします。

スチャダラパー ゲームボーイズ PV

by wavesll | 2016-07-30 03:48 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

THE OTOGIBANASHI'S "Pool" & CALPIS SODA 第72回酒と小皿と音楽婚礼

THE OTOGIBANASHI'S "Pool"


c0002171_23452914.png日本列島全土が梅雨明けしたそうで。これからいよいよ夏本番ですね!
リゾートホテルのプールサイドでチルアウトするにはぴったりなのがこのThe Otogibanashi'sの"Pool".

夏のテーマ曲というと日本にはヒップホップでいいのが結構あって、SDP (Scha Dara Parr) - Summer Jam 95かせきさいだぁ≡ じゃっ夏なんで。近年だと'11のtofubeats - 水星 feat,オノマトペ大臣(PV)なんかも夏の雰囲気ですよね。

2012年の初夏にドロップされた"Pool"、その生意気でちょっと金持ってそうな悪ガキ感がズットズレテルズにも通じるフリーキーさを感じられて好きなんです。中でもこのヴェイパーウェイヴ調の"Pool"は彼らの楽曲の中でも飛び抜けた名曲だと想います。(PVで楽曲は2分過ぎから始まります)

さて、この曲に合わせたいのは、というかCMに使えるっしょってくらい合ってると想うのはカルピスソーダ!"これは合うでしょ"と想ってたのですが、実際聴きながら飲むと甘酸っぱい思春期な感じがうってつけでした★まぁCMの調子としてはキューピーマヨネーズ的ではあるけれどw

先日のさんピンCAMPでも良いステージングをしていたThe Otogibanashi's. スノッブな悪ガキの趣味性を保ちながら、さらに一つ線を超えるような跳躍を期待したいなぁ。これからの活動も楽しみです◎

cf.
THE OTOGIBANASHI'Sインタビュー(2013/06/12)

by wavesll | 2016-07-30 00:01 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

「春の小川」歌碑 & はるのおがわプレーパーク@代々木八幡―参宮橋

春の小川


先日スッキリで奥渋谷の特集をしているときに唱歌「春の小川」の石碑があるという話をみて、いってきました。
歌碑は代々木オリンピックセンターの辺り。小田急線沿いにありました。奥渋谷というより代々木八幡とか参宮橋エリアかな。現在は暗渠となっている河骨川が歌に歌われた川だそうです。

歌碑の裏には"はるのおがわプレーパーク"が。この公園、以前から知っていて「トムソーヤというかボーイスカウト的というか、自由な遊びを考える公園が代々木公園裏にあるんだなー」と傍を歩いていたとき想っていたのですが名前が春の小川だったとは。認識が拡がりました◎

c0002171_1553317.jpg
c0002171_1554549.jpg
c0002171_1555736.jpg
c0002171_156949.jpg
c0002171_1561913.jpg

by wavesll | 2016-07-29 15:07 | 街角 | Trackback | Comments(0)

センター街の七夕くまモン飾り

c0002171_14502190.jpg

梅雨も明け、時候は文月から葉月へ。
文月の"文"は一説によると七夕の短冊を指すと言われています。
センター街の七夕飾りは旧暦の七夕辺りまで付けられるそうです。
by wavesll | 2016-07-29 14:53 | 街角 | Trackback | Comments(0)

小さな旅のテーマ曲が存外に格好いい

小さな旅~光と風の四季


何気なく番組をみていてパーカスがいかしてると想って、調べてみるとルパン三世シリーズの音楽を手掛けた大野 雄二さんによる作曲だそうで。どうりでこのクオリティなわけだ。中盤のギターも沁み入る良さ。意外なところで名曲に出逢えました。
by wavesll | 2016-07-28 18:16 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

メイプル超合金のドドパドドパドドパな曲

Eliete Negreiros - Outros Sons (Arrigo Barnabé e Carlos Rennó)


【腹筋崩壊!】メイプル超合金まとめ 「ガキの頃見た街の変わり者に自分がなるとはな」


Eliete Negreiros - Outros Sons (1982 - Full Album)


サンパウロ・アヴァンギャルド・シーンにおいてもとりわけぶっ飛んだセンスとバランス感覚で作り上げられたスペーシー・アヴァン・トイポップの名作。TVだと親しみにくさの面でそぐわないかも知れないけれど、LIVE DVDとかのEDロールに使うと合いそう。
by wavesll | 2016-07-28 12:19 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)