JAZZ CONCERT IN 妙蓮寺 2017

c0002171_9162985.jpg

妙蓮寺の境内でのジャズ・コンサート。もう8年目ということで、今までも気になっていたのですが、WWW XでのNONAMEのライヴからの帰路でふらりと聴いてきました。

見始めたのはもう終盤だったのですが、今年のテーマが『CM JAZZ!』ということで、"My Favorite Things"とか、"What A Wonderful World" とか、”ルパン三世のテーマ”とか耳に馴染んだ名曲たちが宅間義之(vib), 牧原正洋(tp), 川本悠自(b), 大地智子(vo), 椎名求(g)によって鳴らされていました。

ENは”上を向いて歩こう”と”見上げてごらん夜の星を”。秋の夜のJAZZ CONCERT in 妙蓮寺、また来たい。妙蓮寺の商店街もなかなか粋だ◎
# by wavesll | 2017-10-08 09:25 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Noname Live @WWW X

c0002171_2271018.jpg

Noname: Tiny Desk Concert


Noname LIVE @ Le Chiffre, London [UK Debut Performance]


Noname Gypsy Live in Chicago 11/21/15


Noname - Sunny Duet (Live in Phoenix)


Shadow Man x Noname 4/7/17 live


Comfortable x Noname Live


Yesterday Noname 4/7/2017


Noname - Telefone (Full Album)


NonameのライヴをWWW Xにてみてきました。

ずっとみたかったNoname、最高の一夜!たまんないパフォーマンスでした。生音だとこんなにもダイナミクスがあるとは!

最乃高のVery Good Music!Noname、とてもチャーミングで。盛り上げ上手で雰囲気めっちゃ良かった!語るようにRapへ入っていく感じがめっちゃ心地好くて◎"Noname Noname"コールアンドレスポンスも楽しかった◎!

WWWXの音の良さもすっげー良くて、本編最後から2曲目のビート音とか本当に極上で。ギター、ドラム、キーボードのバンドサウンドも最高に快かった。生バンドでHIPHOP、最乃高!楽しすぎてこの感想記事で「最乃高」としか書いてないw飴のように溶けていったあっという間の1h.

同じ夜に東京という都市でNonameとエリカ・バドゥがライヴしたのが個人的にはスバルとプリシラのボレロ対決みたいに感じて。シカゴの新星の夢の一時をしかと楽しみました。

c0002171_22534455.jpg
c0002171_2274537.jpg

# by wavesll | 2017-10-07 22:28 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Brainticket - Cottonwood Hill X なだ万監修 日本茶で真昼から宇宙 第110回酒と小皿と音楽婚礼

Brainticket - 1971 - Cottonwood Hill [Full Album]

c0002171_104489.jpg
ブレインチケットはベルギー人キーボーティストのヨエル・ヴァンドルーゲンブロイクが中心となって68年にドイツで結成されたグループとのこと。

繰り返されるギターの輪廻に女性の煽情的な聲、そしてループするドローンな音像が交じり合って独特の宇宙的な幻覚音楽が展開されて、素晴らしい。

このガス星雲を通り抜けてダークマターが可視化されるようなプログレッシヴ・ノイズに合わせるならなだ万監修 日本茶はいかがでしょう。

ペットボトルのほうじ茶も見事だったなだ万。この日本茶でも美味い濁りのある緑茶を味あわせてくれます。キンキンより常温に近い方が美味しい感じ。

今年は特別展 茶の湯@東博そして茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術など茶器の素晴らしい展示がありましたが、茶の世界は宇宙へ通じるような高みがあると感じます。

鼓膜への音波と味蕾への化学反応で昼間からシラフで宇宙へ精神感応、お薦めの愉しみです。
# by wavesll | 2017-10-07 11:07 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

『The Fool』X Innovative Brewer THAT'S HOP絶妙のMosaic&Citraで時を融かす 第109回酒と小皿と音楽婚礼

c0002171_2002018.jpg

The Fool - The Fool (1969)

c0002171_2004532.jpg

TLでみかけたこのアルバム。ドリーミーで痴気のある60sサイケデリックな一枚。60sPsychedelic Folkってなんでこんなに愛おしいのでしょう。

調べてみるとビートルズのアップル・ブティックをデザインしたアート集団、シーモン&マーレイケが結成したサイケ・フォーク・バンド "FOOL" の1969年に発売されたデビュー・アルバム。(diskunion)とのこと。

この極彩色の音像に合わせたいのが最近ファミマでみかけたサッポロのInnovative Brewer THAT'S HOP「絶妙のMosaic&Citra」

近年盛り上がっているクラフトビールの試みで、ワシントン州にある世界有数のミントの産地ヤキマ渓谷で生まれたモザイクホップアメリカワシントン州にある世界有数のミントの産地ヤキマ渓谷で生まれたシトラホップを使った麦酒。

グレープフルーツのような爽やかな風味がThe Foolの甘酸っぱい、夢幻を想わせる音に寄り添い、作品世界を拡げてくれます。秋の夜長をクラフトビールとサイケ・フォークで融かすのもまた一興◎
# by wavesll | 2017-10-06 19:58 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

レアンドロ・エルリッヒ≪窓と梯子ー歴史への傾斜≫ in 窓学展ー窓から見える世界

c0002171_0311858.jpg
c0002171_0313719.jpg
c0002171_0315598.jpg
c0002171_0321255.jpg
c0002171_0323495.jpg
c0002171_033511.jpg
c0002171_0325029.jpg


Spiralにて。レアンドロ・エルリッヒは金沢21世紀美術館の≪スイミング・プール≫を創った人。
# by wavesll | 2017-10-06 00:37 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

渡辺信一郎監督『BLADE RUNNER BLACK OUT 2022』&『ANIMATRIX』そして来るべき平成終期のSF

渡辺信一郎監督による前奏アニメ解禁!】「ブレードランナー ブラックアウト 2022」


animatrix - Animazione Film Completo in Italiano


友から教えてもらった『ブレードランナー ブラックアウト 2022』の衝撃が相当に大きくて。
実写かと思うような炎の描写で始まったかと思えばデッサンのような筆致の戦場のシーン、そして戦闘アクションの小気味好さ!全体的な作画が緻密でそのハイクオリティ振りに”ヤーバイなハリウッド資本は”と。なんと音楽がFly-loだし!

近年『BLAME!』がNETFLIXでつくられたりしてアニメ産業への金の流れがまた変わりつつありますが、自分の中でハリウッド資本で創られた日本アニメというと『アニマトリックス』が思い浮かんで。で、調べると『アニマトリックス』内の短編2本が渡辺監督によるものだと。早速TSUTAYAで借りてみてみました。

9つの短編からなる『アニマトリックス』、その内の『Kid's Story』と『A Detective Story』が渡辺監督作だったのですが、それぞれラフ画の勢いを活かした、『かぐや姫の物語』『ピンポン』を先取りしたようなアートスタイルの『Kid's Story』と、銀幕の白黒映画のような輝きを放つ『A Detective Story』と、アニメ表現自体の素晴らしさ、工夫に心躍らされました。

『アニマトリックス』はこの他、『獣兵衛忍風帖』の川尻善昭監督や『REDLINE』をこの後に撮る小池健監督作であったり、日常とファンタジーが浮遊し融合した世界観が素晴らしかった森本晃司監督の作品であったり、日本のアニメーションの綺羅星が集う短編集でした。

こういうのをみるとついつい”やっぱりビッグバジェットがあったりカッコよさを追究する日本の90s的な海外の感性でつくられるアニメはいいな”とか思ってしまいます。

しかしそもそも私は国産アニメに知見が広くないし、寧ろ海外から日本のアニメファンの好みがまるで日本人が全米のHIPHOPの流行りをみるような目でみられてるとすれば、『けものフレンズ』『おそ松さん』の覇権がそうであったように、日常系や萌え、ヘタウマなど新領域を切り開き続ける”本場”はやっぱり敬意を持ちたいなと。

実際、『この世界の片隅に』『君の名は』はエポックメイキングでしたし、山村浩二 『右目と左目でみる夢』も素晴らしかったと感じました。

さて、日本人監督たちによる自由なMATRIXの世界観での遊びもある中で、3DCG映画版『Final Fantasy: The Spirits Within』の監督であるアンディー・ジョーンズによる『Final Flight of the Osiris』はかなり映画本編のサイドストーリーの感が強くて。

観ながら”あぁ『マトリックス』ってカンフー映画でもあったよな、Revolutionsなんかドラゴンボール化してたし”とか”この頃はRealとWebが完全に分かれた世界だったし第一作の頃は固定電話からしか向こうの世界に繋がれなかったくらいの時代だったけれど、今はWebに実社会や実企業、公権力が侵食したな”とか想ったりしました。

そして今の時代に『ブレードランナー』、取り分け”レプリカント”に関する物語をするに当たっては、勿論AIとロボットによる労働者の切り捨てやシンギュラリティという問題意識もあるのでしょうが、欧州における中東難民、米国における中南米移民といった、言葉は悪いですが”二級市民”と、”本国人”との間の軋轢への何らかの示唆が行われているのではないかと期待してしまいます。

その国で元々暮らしている人々からすれば、多文化共生社会の理想を実現するのはいいけれど、雇用のバッティングは兎も角、犯罪率があがったり、文化的に同化しない”バルバロイ”に対して、表には出せないはずの黒い意識が極右政党への支持としてあの英仏独ですら巻き起こっている。

日本においてもこの先発生しうるかもしれない北朝鮮難民への問題意識や外国人研修生問題、そして在日朝鮮・韓国人へのヘイト問題として、大枠での”移民問題”は他人ごとではありません。

構造的には、後進国が生産能力をキャッチアップしてきたために先進国が搾取できず、相対的に停滞に陥っていること、そしてグローバル化・トランスナショナル化によるヒト・モノ・カネの自由な移動によって、中間層以下が痩せ細ってきていることが、Webというメディアの因子から憎悪へ向かわせている、ということでしょう。

311、フクシマを経た後で、新たなる『宇宙戦艦ヤマト』的作品が待たれるように、移民・難民への憎悪と、逆に文化が破壊される恐怖に関して、何か叡智の営みとしてのフィクションからの解答が待たれると想ったりもします。個人的には日本人がディアスポラ化した世界を描く『日本沈没 第二部』のエッセンスのある作品なんかいいかなと想ったり。日本人が"イレヴン"という地位で神聖ブリタニア帝国において蔑まれるという世界を描いた『コードギアス 反逆のルルーシュ』などは中々面白かった。視点を変える"if"をフィクションでは起こせますからね。

何もフィクションの物語が必ずや黙示録的であらねばならないなんてことはありませんが、その時代時代の問題意識に応える、社会性を帯びたエンターテイメントの流れが日本のサブカルチャーにはある気がし、特にSFではそれは価値になると。そしてヴィジュアルのイマジネーションがアニマを持たせる。

平成が終わりを告げる現代に、先見的で脳に訴えかける作品が生まれたらいいなぁとメガロシティの片隅で想う神無月の夜長です。
# by wavesll | 2017-10-05 00:58 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

LUCERNE FESTIVAL ARK NOVA 移動式コンサートホールにて『カルメン』楽曲を聴く

c0002171_4763.jpg
c0002171_474190.jpg
c0002171_48419.jpg
c0002171_482990.jpg


ミッドタウンで膨らまされた移動式音楽ホール、アーク・ノヴァにてルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ2017 in 東京ミッドタウン スペシャル・コンサートを聴いて来ました。

ラインホルト・フリードリッヒ(tp), 竹沢絵里子(p), アンドレア・レッチェル(fl)による主に『カルメン』からの演奏。

ピアノのボディを弾いたのが印象的でフルートが心地いいシチェドリン「アルベニス風に」、波状的なメロディのピアノソロだったモシュコフスキ「ビゼーのオペラ『カルメン』から ジプシーの歌」が良くて。ビゼー(プロト編)「カルメン幻想曲」もトランペットが心に残りました。以前飛行機で『カルメン』を聴いて一度直に聴いてみたかったので良かった◎

磯崎新とアニッシュ・カプーアによって創られたこのアート建築プロジェクト。その発端は311の際にルツェルン・フェスティバル総裁ミヒャエル・ヘフリガーが安否を気遣う電話をかけて下さったことから。今まで松島、仙台そして福島にてコンサートが開かれてきたそうです。

空調音が気になったり、客席に傾斜がないため見づらさは感じましたが、全体的にとてもアットホームな心づかいを感じて、この特別な空間でのコンサートを楽しむことができました。

このアーク・ノヴァ、最初は外国の人が創ったのではないかと言う位日本人離れしたデザインに感じていたので日本人建築家設計というのに驚いて。ただ改めてみると速水御舟『翠苔緑芝』『名樹散椿』にも通じる自然の抽象デザインをみてとれる気も。興味深いトポスでした。

アーク・ノヴァの一般公開はもう終わっているのですが、10/4まで東京ミッドタウンに設置され、コンサートが開かれます。当日券はそれぞれの公演の1h前から売り出されるとのことでした。
# by wavesll | 2017-10-03 04:31 | 街角 | Trackback | Comments(0)

鶴見線ぶらぶら 海芝浦駅・国道駅・總持寺・鶴見街区

鶴見線をぶらりしてきました。
c0002171_12543589.jpg


鶴見駅で鶴見線の改札を通って乗車。
c0002171_5591373.jpg


海直の駅、海芝浦へ。
c0002171_12534352.jpg
c0002171_615539.jpg


最近はこういうところの人気も上がっているのか結構人が降りて。流石関東の駅百選に選ばれてるだけある。
c0002171_631770.jpg


この駅は東芝の社員の為の駅で私有地の為、外には出られません。ただ公園が整備され、そこで過ごせます。トイレ・自販機もありました。
c0002171_773389.jpg
c0002171_639937.jpg
c0002171_665279.jpg
c0002171_67761.jpg
c0002171_67216.jpg


鶴見から海芝浦への電車は2時間に一本位で、かなり時間を潰さなければいけないかと想っていたのですが、海芝浦で20分弱くらい電車が停車してくれていて。タイムロスせずに鶴見駅へ戻ることが出来ました。
c0002171_6104015.jpg
c0002171_6111014.jpg
c0002171_6112979.jpg


海芝浦の隣の新芝浦も海辺の駅で。その隣の浅野駅で海芝浦で一緒だった観光の人達が降りてました。
c0002171_616316.jpg
c0002171_6164251.jpg


ちょっと鶴見の町を歩こうと花月園前方向へぶらり。
c0002171_6185141.jpg
c0002171_619485.jpg
c0002171_6191989.jpg
c0002171_6193393.jpg


鶴見線・国道駅へ。ここも来たかった處。
c0002171_6212218.jpg
c0002171_6213551.jpg
c0002171_6214977.jpg
c0002171_622210.jpg
c0002171_6235782.jpg
c0002171_6241061.jpg
c0002171_6243078.jpg
c0002171_6244514.jpg
c0002171_6253260.jpg


再び鶴見駅へ。写真は鶴見川。鶴見には南米人街があって、結構南米系の方々が歩いていて。そして知らなかったのですが沖縄人街でもあるとのこと。鶴見90周年のお祭りでエイサーの格好をした人たちなんかも。多文化共生してるんだなぁ。
c0002171_6255149.jpg


鶴見駅から国道駅へ歩く途中で見掛けた曹洞宗の大本山、總持寺へ。
曹洞宗というとタモリがマチャミに「俺んとこ曹洞宗だから」と言った挿話が想いだされます。大本山だけあって大きい!曹洞宗は鶴見大学を経営してるのですね。
c0002171_6311626.jpg
c0002171_6312919.jpg
c0002171_6314498.jpg
c0002171_632067.jpg
c0002171_6332234.jpg
c0002171_6333680.jpg
c0002171_633567.jpg
c0002171_634990.jpg


c0002171_6345670.jpg

薄暮の鶴見。滋味深くて良い街でした。鶴見線遠征や南米料理店探索にまた来訪したい。
# by wavesll | 2017-10-02 06:36 | 街角 | Trackback | Comments(0)

歌麿≪品川の月≫・≪吉原の花≫・≪深川の雪≫@岡田美術館, RockCorps, 異色肌ギャル#TOKYO道中

c0002171_1235147.jpg
c0002171_15265.jpg
c0002171_217925.jpg


強羅に。銀豆腐にてしゃくり豆腐。美味しい。
c0002171_171068.jpg


箱根の朝。猫、緑茶。
この”箱根の森から”、甘くて美味くて。
c0002171_18490.jpg
c0002171_181242.jpg


緑と白銀が入り交じった今の時季の仙石原も美しい。
c0002171_126424.jpg


ここら辺のコンビニは焦茶で統一されていて。ローソンには第三新東京市コーナーもありました。
c0002171_1275531.jpg
c0002171_128132.jpg


そんなわけで朝一で箱根へ来た目的は岡田美術館で歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」―138年ぶりの夢の再会―をみるためでした。
c0002171_1311535.jpg
c0002171_131245.jpg

喜多川歌麿の肉筆浮世絵の「雪月花」三部作、すなわち≪深川の雪≫、≪品川の月≫、≪吉原の花≫は日本から散逸していたのですが、≪深川の雪≫が発見されたことで、米国の美術館とコラボレーションし、3幅を同時に視る機会がこうして設けられたのです。

この内≪品川の月≫は門外不出とのことで高精細の複製画でしたが、≪吉原の花≫と≪深川の雪≫は本物。超大作の肉筆浮世絵に目を見張りました。

異なる時期に描かれたこの≪品川の月≫、≪吉原の花≫、≪深川の雪≫の遊女達。歌麿自身の画法の成熟も相まってそれぞれ若芽のような “走り”、咲誇る全盛の“旬”、円熟の“名残り”の女性の美を放っているように感じて。

そして実は岡田美術館、特筆すべきなのはこの特別展だけでない通常展示の素晴らしさで!
岡田さんが自分で”欲しい”と想ったのではないかと想わされる、”惹き”を持った作品たち!

特に1Fの中国・朝鮮の焼き物のコーナーのスウィートスポットを突いてくる感じがSTAR WARSのようなビッグバジェットで真正面から突き抜けた感があって。今回初めて意識して金の王朝時の焼き物を観ましたが、カラフルでいいですね。

日本美術も素晴らしくて。尾形乾山≪色絵竜田川文透彫反鉢≫や、横山大観、菱田春草、伊藤若冲、鏑木清隆、川合玉堂、速水御舟etc…もう錚々たるビッグネームの連なり。

ベストアルバム的な食い応えの重さがあった焼き物コレクションに対して企画展には打角の広がりも感じて。5Fの涅槃図に至るまで美の饗宴が其処に。

美術館の外には足湯が。そこから大壁画、福井江太郎≪風・刻≫がみられました。この超弩級の私設美術館、ART趣味の極み、2800円の入場料だったけど、期待に十二分に応えてくれる展覧会でした。これは箱根まで来る価値ありました。

c0002171_148846.jpg


田むら銀かつ亭にて豆腐かつ煮。豆腐カツがこんなに美味いとは!豆腐と肉そぼろがカツレツされていて。豆腐は朝の銀豆腐を使ってるとのこと。強羅店は行列だそうですが小田原駅ビル店はさっと入れました。
c0002171_1495669.jpg


帰宅するとBS-TBSにてRockCorpsというフェスが流れていました。4時間のボランティアをすることで参画するフェス。アーティストもボランティアに参加するのがいいなと想いました。

福島や東京でのボランティアをみて、社会参画のいい入り口として素晴らしい取り組みだと想ったのですが、"ROCK"とつくなら"いい子ちゃん"よりちょっとワルい魅力があってもいいかもなとも想って。

そこにFifth Harmonyというヴォーカル・グループが出てきて。物凄くセクシーで。このフィフスハーモニーもボランティアに参加して。いい、こういう格好いい色気があるSTARがボランティアに参加するのは素晴らしい。

そしてそこから六本木アートナイトへ。目当ては異色肌ギャル
c0002171_225455.jpg
c0002171_8163090.jpg

蜷川実花プロデュースの"TOKYO道中"で、暗闇に綺羅綺羅と光る異色肌ギャル達が『攻殻機動隊』のダークな現代民謡な響きの中で妖艶にそしてPOPに魅力をかぐわせ現代の花魁と化していました。異色肌ギャルをモチーフとした浮世絵をみてみたい、miyakoさん等は笹紅色ボディともいえるし。

Twitterでみてみると義足の花魁の方や、小人症の花魁の方もいらしたみたいで、もっとちゃんとみれる位置だったらなぁ。各々の個性が原色・蛍光色が輝きを放つステージとなっていたのですね。闇に明滅する彩りは生命の燈。

女性の美のPOWERを滝のように浴びた一日となりました。
# by wavesll | 2017-10-01 02:08 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

ドキュメント72時間 福生カニ坂ロックフェスティバル回に出てた中原宙バンドがかっこ良かった

中原 宙@獏原人《満月祭 2015》福島県双葉郡川内村 2015-08-02


ドキュメント72時間「基地の町 大人のロックフェス」で取り上げられていた福生カニ坂ロックフェスティバル

正直高齢世代がロックに興じる様には”嗚呼、ロックは鄙びてきたんだな”とちょっと微妙な思いもあって。会場にはロックの魂は燻り燃え続けているけれど、Magicが画面からは感じられないのは残念。というか、自分自身が若者でも老人でもないどうにもどっち付かずな地点にいる者だと。

ただ、そんな中で最後に出てきた「宙バンド」がカッコよくて!

福生では知らぬ者がいないという中原宙さん。
このインタヴューでもそうですが、米軍の街で70年代を過ごした鐵が入ったROCKと、そしてレゲエ?的なワールドミュージック・グルーヴが快く、日本で血肉化され新鮮に鳴らされるマージナルなROCK MUSICになっていて。

Youtubeで映像を漁ってみるとまた最高。歳がどうだとか、貧乏くさいからとか金がかかってるかとかじゃなくて、良い音楽はやはり良いしすべてを解き放つのだということを改めて認識させられたのでした。こんなジジイになりたいもんだ。

福生カニ坂ロックフェスは今年で34回目。日本に息づくロックの地平の廣さを感じました。Good Musicに乾杯。
# by wavesll | 2017-09-30 05:04 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)