ヴァレンタイン 男は黙ってChocolate Synthesizer

Boredoms-Chocolate Synthesizer (1994)
c0002171_085048.jpg

◆1月1日に漱ぐ 清冽なイランのサントゥール
◆うつらうつらと雅楽 武満 徹:秋庭歌一具 & ヴェトナム雅楽:Nhã nhạc cung đình Huế
◆正月三が日の最後は江陵端午祭巫楽(ムーダン)の炸裂音を
◆節分には鬼打ち豆とDizzy Gillespie / Vote Dizzy 第87回酒と小皿と音楽婚礼
# by wavesll | 2017-02-14 00:12 | 小ネタ | Comments(0)

渋谷東急屋上のカーリングバーに行ってきた!

c0002171_18422793.jpg

週末に渋谷東急百貨店屋上のICE WONDER ROOFで遊んできました。

カーリング・エンターテイメントということで、ブラシのシャカシャカはない簡易版カーリングなのですが、チェス X ボーリングといった感覚。

スタッフの人から遊び方を教えてもらえて、回転をかけて壁にバウンドさせたり、ストーンを配置することで邪魔したりとか戦略性があって中々面白かったです。

1レーン15分3000円か30分4000円と値段はちょっと高いかな。最大4人だそうなので、4人なら30分1人1000円ですね。

結構投げる加減が難しく、二人で行って30分やったのですが、それくらいで丁度楽しめる位のボリュームでした。

私たちはずっと投げっぱなしで30分間何ゲームも遊んだのでドリンクは飲まなかったのですが、ホットウィスキーとか魅力的なホットドリンクがあるそう。3/12(日)まで。

c0002171_19144948.jpg

# by wavesll | 2017-02-13 19:15 | 小ネタ | Comments(0)

MOGA THE ¥5 - コウモリ ―永遠に生きるかのように学び、明日死ぬかのように生きる焔を心躯に燈せ

MOGA THE ¥5 20曲メドレー(コウモリ 11:22~)
c0002171_18281396.jpg
Learn as if you will Live Forever, Live as if you will Die Tomorrow.
(永遠に生きるかのように学べ。明日死ぬかのように生きろ。) マハトマ・ガンディー


昨晩は高円寺ROOTSに前々から親交のあるBlue Staraightを観に行って。ブルーストレートの前にやってた大江戸三人衆げんこつのヘヴィな音も良かったし、この日でラストライヴだったアメリカに帰るイアンのドラムの太音に感動して。

タイトなライヴハウスで轟くロックはいい。この音一発で快い、アンプからの生々しい音が鳴らす速度は心臓と呼応する、そう感じて。

若い人の焦燥感は単純に細胞が溌溂としているからか、”生が短い"からかは分からないけれど、有り余る力を燃焼させたいと迸っているのは"死が近い感覚"があるからかもしれません。

生き永らえると、段々横断歩道も信号がチカチカしても走らずに"次まで待てばいいか"とゆったり余裕かましたり。そんな俺でもまた1から挑戦するような火の心をまだ持っているだろうか。

下手に他の分野で上手くなってしまうと恥をかくのを恐れ新しいことに挑むのは厭だと想ってしまうことも私はありました。

"何だって10000時間はやらないとモノにならない"なんて言葉がありますが、1日8時間使っても1250日、つまり4年はみっちりやらないと半端者なのは当然の事。

時代のせいにしたところで、或いは悲観脳のせいにしたって、何も変わらない。今の自分は鍛錬が全然足りてない。ただ着々と試行錯誤を積み重ねることで、マハトマ・ガンディーの言葉のように生きることでしか根本は変わらない。

ロック轟音に当てられて荒野を旅する二度寝の夢をみた朝、青天をみながら"火のような心はまだ俺にあるだろうか"と想っていました。

焦燥感、"何もない兵の心"を一番感じる音楽が自分の中では冒頭にあげたMOGA THE ¥5の『コウモリ』で。

この楽曲は『極東最前線』というコンピに入っていた曲で。向井秀徳がTOKYO FREEZEで初めて念仏的なラップを披露したり、サムライブルーで怒髪天が年を重ねた上での味が沁み込んだロックを素晴らしく鳴らしていたりするのですが、"火のような心"というと『コウモリ』を想起します。

歌詞を読んでも具体的なことは語られていないけれど、ただ衝動だけが刻まれていて。

MOGA THE ¥5は2011年に解散してしまいました。ただその衝動の最高速度は今でも何度でも再生される。

年を重ねて起こす火こそが真に凄い焔だと想いたい。
燃す生態系の事も慮りながら、心に火を絶やさないようにしたい。先ず一日に焔を。そして続けられる心と躰、関係性を。

Learn as if you will Live Forever,
 Live as if you will Die Tomorrow.


悟ったようなことを言いたくなる、心にドライヴがかかるサウンドで炎柱を浴びました。
# by wavesll | 2017-02-11 22:44 | 私信 | Comments(0)

渋谷ストリート複点観測#4 ハンドパン奏者久保田亮平

ハンドパン演奏2久保田亮平


久保田亮平 LIVE 頭バー


昨年末に渋谷で見掛けたクボタリョウヘイさん。
"これはいいぞ"と名刺を貰ったのですが、失くしてしまってその時は紹介できず…ずっと気になっていて何度か部屋を大掃除して探していたのですが、此の度名刺がみつかってYoutube映像などをみることが叶いました。

渋谷/原宿でストリートライヴを行う久保田さん。何しろこのハンドパンという楽器がそそられます。

ハンドパンは何でもトリニダードトバゴのスティールパンから派生した2001年にスイスで開発された新楽器だそうです。

メロディもイケル金属打楽器という意味ではガムランサインワインを想起しますが、直に指で弾くというのがエモーショナルでいいですね、ハンドパン、かなり大好物な音です。

渋谷エリアはストリートミュージュシャンの宝庫、クボタリョウヘイさん、是非また観たい◎

c0002171_1102315.jpg
c0002171_1103438.jpg

# by wavesll | 2017-02-10 19:21 | 渋谷ストリート複点観測 | Comments(0)

霧中行 American Beauty Original Soundtrack by Thomas Newman

American Beauty Complete Soundtrack OST by Thomas Newman


昨晩の『沈黙ーサイレンスーO.S.T.』エントリに続く映画サントラ。
名匠ポール・ニューマンの腕が冴える。M1はTVのミステリアスなシーンで良く使われる奴。この映画の楽曲だったのか。

僅かにエキゾというか、ジャワガムラン的な音像も散見したり、一枚のアルバムとして高品質な作品だと感じました。

『アメリカン・ビューティー』はみて面白かった記憶はあるのだけれど内容を全然覚えてないなと想ったら1999年、前世紀の映画なのか。ほぼほぼ20年経ってまた見返したら色々と心に入ってきそう。

人生を進める上で全てをクリアにしようとすると回転が悪くて、ある程度霧の中を進まねば虎児を得られないのかもしれません。

しかし纏わりつく煙が泥となっていつのまにか澱の檻の中にいることもある。
叢雲を切り裂き青天をみないと拘泥する。代償として痛みも伴うけれど時に冒険や吐露の苦みを味わうことが生きることに深みを与えてくれる。

だから霧中に身を浸そう。秘密を冒す勇気は香辛料になるかもしれない。でもどっち道良いことばかりじゃないぜ、ただ悪いことばかりでもないんだ。

そう語りかけられているようなサウンドトラックでした。

映画の内容覚えてないのにまさに五里霧中の中感想めいたことを書いてしまったw
『内容わからない映画をWikipediaくらいしか読まないでサントラだけで勝手に語るシリーズ』とか立ち上げてみようかなんて想いましたw
# by wavesll | 2017-02-09 23:55 | Sound Gem | Comments(0)

長谷川等伯『松林図屏風』X Silence (Original Motion Picture Soundtrack) 第27回音の貝合わせ

c0002171_2103854.jpg

スコセッシ監督の『沈黙ーサイレンスー』、まだ映画はみていないのですが、Spotifyで『Silence (Original Motion Picture Soundtrack)』を聴き、”この音は彼岸に繋がっている”と感じたのでした。

鳥や虫のフィールドレコーディングが器楽と共に奏でられるアンビエント・ノイズな楽曲群。その冷たい湿度はコスタリカの熱帯雨林で録られた Rodolphe Alexis / Sempervirentにも通ずるものがあると感じました。

白緑の幽玄。それは日本人の靈が形作る"空気"なのかもしれない…そう考えたときに頭に浮かんだのが長谷川等伯の『松林図屏風』でした。

東博の常設展の国宝の間で一年の始まりに必ず飾られる日本水墨画の最高傑作として名高いこの画。

『ギャラリーフェイク』で主人公の藤田は本作に
高温多湿の風土に住む日本人にとって適度の湿度は生きるのに、欠くべからざる条件なんだ。
だからこそ、あの絵はずっと日本人の心を引きつけてきたのさ。
と述べていました。
それを読んで以来、私には日本の"こころ"というのは霞のように液体と気体の中間にある存在なのではないかという念があるのです。

遠藤周作が描いた日本人の鵺の様に寛容でしかし実際的には頑なに同化を求める異教への態度、それは山本七平の言うところの『日本教』ともいえる、ロゴスでなくパトスで意識下で浸っている"人間とはこういうもの"というドグマからの結実なのだと想います。

空気の中でしか、湿度の中でしか生き永らえない日の本の民。それを絵画に描けば『松林図屏風』になるし、音楽として響かせれば『Silence (Original Motion Picture Soundtrack)』となるのでしょう。

スクリーンでみるかはまだ決めていませんが、少なくともBlu-rayが出たらすぐにみたいと想わせるサントラでした。

作曲者はクラシック畑の方々の様ですね。クラシックに多ジャンルが絡むのは本当に効果を生みますね。

Trailerの音楽はサントラには含まれていないようですが、こちらも弦が美しく律動していて素晴らしい。今は円盤は出ていないようですが、是非円盤でも聴いてみたいなぁ。

Trailer Music Silence (Theme Song Movie 2017) - Soundtrack Silence


cf. hr-Sinfonieorchester X Francesco Tristano X Moritz von Oswald による『Bolero』&『Strings of Life』
# by wavesll | 2017-02-08 21:40 | La Musique Mariage | Comments(0)

Photographs of Musashino Art University Graduation Works 2016@Spiral

大山マリカ / 問い続けること
c0002171_2137466.jpg


稲葉麻衣 / わたし/だれか
c0002171_21382480.jpg


今藤静香 / 青の庭
c0002171_2139145.jpg


森田史奈 / 祈りのかたち
c0002171_21403769.jpg


酒井亜香里 / loop
c0002171_21414238.jpg


横手瑠夏 / 脳内の旅
c0002171_21422962.jpg


秋田優希 / サナギ
c0002171_2144597.jpg


門馬さくら / 服は武器だ
c0002171_2145186.jpg


竹林尚美 / GOMIYASHIKI
c0002171_21461723.jpg


KIM AHJIN / à souhait
c0002171_21535368.jpg


PARK JAE EUN / Shift of Paradigm
c0002171_21555647.jpg


CHANG HSIAO SHIEN / 思い出収納箱
c0002171_2159255.jpg


角埜汐里 / はなぐもり
c0002171_220470.jpg


三好敦子 / 食の箱
c0002171_2205691.jpg


佐野珠子 / 海箱
c0002171_222725.jpg


原澤周子 / poga
c0002171_2233319.jpg


柴田有紀 / still
c0002171_2253153.jpg


中島美由紀 / ハアク.
失望
c0002171_803635.jpg


愛情
c0002171_2265422.jpg


山口ひかり / Draw
c0002171_229697.jpg


濱田綾音 / 草むら
c0002171_22104731.jpg


HU CHENCHEN / invisible
c0002171_22122869.jpg


宣文彬 / 繋がり
c0002171_2213734.jpg


佐藤佑 / Dolce
c0002171_22144961.jpg


上原あゆみ / 山月記
c0002171_22162995.jpg



武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 クラフト専攻 卒業制作展@青山スパイラル。テキスタイル専攻も木工 金工 陶磁 ガラス専攻も逸品揃いでした。
# by wavesll | 2017-02-07 22:55 | 展覧会 | Comments(0)

ジャーナリズムの公共意義 ―お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日をみて

お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日(dailymotion)
c0002171_7454449.jpg


NNNドキュメント「お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日」、大変興味深く観ました。

福島第一原発事故から6年弱、東京電力が行ってきた記者会見の最多出席者はなんと、お笑い芸人「おしどり」のマコ・ケン夫婦だ。芸人が場違いだ、とのバッシングを猛勉強で乗り切り、鋭くしつこく追求し、世に出て来なかった幾つもの事実に光を当てた。東電の会見者らが何度も沈黙したりタジタジになる事も。医学部中退のマコちゃんは子ども達や原発作業員の健康問題を掘り下げ、得意の突っ込みでにっこり笑って原発事故を斬る。

みて驚いたのは東電の隠蔽体質の凄まじさ。
原発が爆発したときの煙に放射性物質がどれだけ含まれているかも正されないと公表されなかったり、福島県北部では汚染が見られても宮城県南部で調査をしていなかったり。"そんな事もやってないのか"と驚愕しました。

そしてこの番組で最も驚いたのは国際シンポジウムへ行ったときにマコさんがオフレコで聴いた(しかしICで録っていた)言葉。

「今まで原発は"事故を起こさない"とセールスしてきたが今はそうは言えない。しかしこれからアジア・アフリカに50基つくる計画がある。だから"事故を起こしても大丈夫"と売り込む。原発事故が起きても住民が除染し住み続けるモデルケースをつくることが大切だ」

実際に事故が起きることを想定に入れればとてもじゃないけれど低コストなどとは言えない原発産業の権益で世界が回されてしまうのは恐ろしい話だなと想いました。

NNNドキュメント「お笑い芸人VS.原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日」を支持できない理由というtogetterまとめもありました。福島に今も住んでおられる方々にとって、マコさんの存在は風評被害を招くような疎ましい存在なのかもしれません。また東電や役人としてはマコさんの指摘に答えることで全体の解決スピードが落ちてしまうという認識もあるかもしれません。

ただ、こういう人がきちんと勉強した上で訊くべきことを追及をすることで、例えば一消費者である私は"あぁ不正は許されていないのだな"と食品への"科学的知見"に対する一定の信頼を持つことが出来ます。

そういった意味では線量計を裸で地面に直置きするシーン等はマコさんや番組制作者側の知識への不安も覚えると共にマコさんを叩く菊池誠さんも誤りがあって、単純に1つのソースを妄信するだけでなく複数の視点をもって事実を検証するのが大事ですね。

東電の人も役人の人も限られたマンパワーで身を粉にして働いてくれていると思います。だからこそ、ジャーナリストを疎ましく想うのではなく、外部調査機関として意義があるのだと想いました。

公の役人、企業とジャーナリスト、そして私の様な一般人は、お互いに緊張感を持ちながらリスペクトをしあうことが大切なのでしょう。公や企業の人も人間で。しかし特権をもって振るったりする。それに対する批判的な視点はかかせない。

今マスコミはカスゴミとして厄介者の特権階級だと叩かれていますが、、必要な指摘を行うジャーナリズムが有用な場面はとても多いとこの番組を見て感じました。

本当の意味ではジャーナリストは問題提起だけでなく課題解決まで提案し実働できたらいいのかもしれません。市民運動はソーシャルエントレプレナーやクラウドファンディングと組み合わさることで実行力を持つのかも。


中々に見ごたえの合ったこの番組、2月12日(日)11:00からBS日テレで再放送されるそうです。一見の価値はあると想います。

cf. 「 福島産を全部避けるのが一番安全」は本当か!?(cakes 開沼博 / 俗流フクシマ論批判)
# by wavesll | 2017-02-07 07:15 | 小噺 | Comments(0)

第40回日本古武道演武大会に出場した流派の映像集めてみた

c0002171_2022119.jpg

日本武道館に日本古武道演武大会へ行ってきました。

写真も何枚も撮ったのですが、映像で観ていただきたいと想い、このエントリでは各流派でぐぐって映像を貼っていきます。

小笠原流弓馬術


北辰一刀流剣術

坂本龍馬や山南敬助も学んだ剣術。こんな籠手つけてたんですね。

関口新心流柔術


示現流兵法剣術

るろ剣で御馴染み示現流。「チェストォォオオ」は聴けませんでしたが裂帛の声が聴けたのは嬉しかったなぁ。

肥後古流長刀


伯耆流居合術


澁川一流 柔術

木刀や棒術の使い手でもあるのですね。

當田流剣術

c0002171_20494483.jpg



起倒流柔術


関口流抜刀術


琉球古武術

c0002171_20554731.jpg

十手と言うかトンファーと言うか、凄かった。(釵というそう)

心形刀流剣術


本體楊心流柔術


竹生島流棒術


楊心流薙刀術

c0002171_2161399.jpg
「エイ!エエーイ!」という打声と木な連続打音。オレカTXを想起。

兵法二天一流 剣術

宮本武蔵を開祖とする二刀流

大東流合気柔術

c0002171_21192291.jpg

刀も素手で相手するのが驚き!

初實剣理方一流甲冑抜刀術

c0002171_21243486.jpg



天真正伝香取神道流剣術


荒木流拳法


無雙直傳英信流居合術


竹内流柔術腰廻小具足


佐分利流槍術


琉球王家秘伝本部御殿手


溝口派一刀流剣術


無比無敵流杖術

c0002171_213836100.jpg



水鷗流居合剣法・正木流鎖鎌術

生で見る鎖鎌は凄かった。首にシュルシュルシュルと行くのがリアルバガボンドでした。

諸賞流 和

技を応酬する間合いがラーメンズのコントにも通じる空気感。

天然理心流剣術

近藤勇の奴!?徒手空拳の技もあるとは!

根岸流手裏剣術

結構古武道って外国の人が習ってて、手裏剣も投げてました。最後の師範代が「手裏剣~!!!」と叫んでてこんなんあるのか!と嬉驚。

鞍馬流剣術


天神真楊流柔術

c0002171_21552382.jpg
師範、渋川剛気みたいな動きしてました。

田宮流居合術


柳生心眼流甲冑兵法

兜を盾にして更にそれで殴ったり。そんなんアリかw!という感じでした。

陽流砲術

c0002171_2215045.jpg
c0002171_2221242.jpg

これは動画も撮ったのですが生で聴くと爆裂音が凄音で。『この世界の片隅に』の防空壕のシーンでも空襲の雷撃音に吃驚しましたが、生での重火器の音は恐ろしいものがありました。

人生初武道館がライヴではなかったとは自分でも意外でw

けれど、古武道の演武で鳴る音が神楽や能のようなアシンメトリーな響きで、エクスペリメンタル・ジャズのような趣がありました。裂帛に叫ぶ音波が妖と繋がるような、日本の霊魂を感じた一日でした。

これだけみれて何と五百円は破格。

三点倒立もできない俺が生で体験してハマった、スポーツ興味ない人にこそ薦めたい体操観戦の魅力10ポイントを代々木第一で体操天皇杯をみて書いたときも想ったのですが、身体運動の大会を生で見るって物凄く面白いですね。武は舞に通ずるというか、格闘漫画や格ゲー好きの人なんかもかっなり楽しめるのではと。

誘って呉れた友に感謝を。いい武道館デビューになりました◎
# by wavesll | 2017-02-05 22:16 | 小ネタ | Comments(0)

批判の速度、身体の速度 リトアニアの徴兵制復活から見る"実際的"な速度

Kryžių kalnas / Góra Krzyży / Hill of Crosses HD

c0002171_16195387.jpg

NHKBS1 「激動の世界をゆく▽バルト三国ロシアとヨーロッパのはざま/小国アイデンティティー」にてリトアニアで徴兵制が復活したことが報じられていました。

バルト三国の市内にはナチスやソビエトによる抑圧時代の遺構も数多く、市民は再びクリミアで暴威を振るったプーチンを警戒。リトアニアの国旗の赤は、祖国を護るために流した血の色。

「自分達で守ろうとしない国を他の国が守ってくれるはずがないでしょう」。リトアニアの若者の切実な言葉を聴きました。
学校では緊急事態の際の訓練が行われ、コンピューターが無作為に選ぶ形で行われている徴兵は今は志願兵で足りているそうです。

日本だと、軍事の話をしようとするだけでも「軍靴の足音だ」と批判の声が上がったり、沖縄の米軍基地は憎まれる存在。

戦争は悲劇。平和を愛すること、暴力を忌避することを肯定したい。と同時に己の身を守るために武力を持たず、米国に軍事をアウトソーシングしまるで児童のように依存しているが故、属国的な振る舞いに甘んじる母国。

悲嘆は対症療法で。根本治療は祈りでなく、現実を考える細部の積み重ねの智慧と行動から発露するもの。理想を体現するのは個別具体的な仕事で、それについて検討することすら忌避しては何も解決しないのではとも想います。

ただ勿論、軍の無法図な肥大や軍産複合体の形成ははっきりと悪で。割れ窓理論を認識しながらも"必要な質と量"に関する議論がなされるべきで、敵愾心を煽り恐怖で支配しない"武の道"を修めることが必要なのかもしれません。

ちょっと想うのが、政治って何が何でも批判され目の敵にされているというか、"政治を褒めるメディア"はないかということ。

マスコミをみていたら日本の政治家や官僚が無能にしか見えません。単に褒めるというより数字と事実で内外と比較して是々非々で評価すべきで。

政治は交渉と妥協だから切り捨てられた声をメディアが取り上げる意義はわかるけれども、「このメディアは批判しかしない」という色眼鏡をかけられたら批判への信頼も落ちるのではと想います。

イデオロギーに堕するから反知性主義がバックラッシュとして起きてしまう。"己が正義の側にいる時"こそ自問自答すべきで。

批判のための批判になり"完璧"を目指そうとすると無理が来る。無理が来てはリベラルの好きな"道理"も引っ込んでしまうのではないでしょうか。

言葉はヴァーチャルな存在でもあり、情報はめくるめくほどにつくりだせ消費されるものですが、現実を動かすのは人間の身体です。

言論人とかメディア、企業経営層が精神論を魔法のように、根性を無限の資源のように、無放図なサーヴィス負荷を是とし、身体性・メカニズムを考えないプログラムが苦難を生む癌なのでは。

身体を変えることは時間がかかります。すぐに結果が出ない、或いはドラスティックに変えようとするとRIZAPが脳卒中を引き起こすように惨い破壊が起きてしまう。これはトランプとも相似です。

身体を動かさない、現場に密着しない言説は今そっぽを向かれつつあると想います。Webで素人が幾らでも流せますから。プロの言説はドキュメンタリー的でないと価値を失うのではないか、そう思います。

その意味で心と脳の白熱教室でオックスフォードのエレーヌ・フォックス教授が言っていた悲観脳を楽観脳に変える方法は身体的な行動に落とし込まれていて、精神論に嵌らずに良かった。"心"すら個別具体的な行動の積み重ねであると。

じっくり、徐々に。日々微かにしか変化していないかも知れないけれども、日が伸びていくのを感じる視座の様に、中長期的な視野を持てれば上向くこともある、そんな気がする立春の夕です。

そしてそれは、政治家や言論人が"あの時何を語っていたか"を覚えておき、喉元過ぎればと言いっ放しを許さないプレッシャーを与える事だと想います。身体的な言論、これが社会の礎になるのではないか、そう想うのです。

吉井和哉 - トブヨウニ(YOSHII BUDOKAN 2007)


cf. マスメディアのハレとケ。/TVのバラエティを叩くより報道検証企画を求めたい。
# by wavesll | 2017-02-04 17:17 | 小噺 | Comments(0)