ジャコメッティ展 at 新美 ー魂を凝縮し削ぎ落された彫像群

c0002171_18241440.jpg
c0002171_1824011.jpg
c0002171_18242535.jpg


国立新美術館のジャコメッティ展をみてきました。

スイスに生まれ、パリにて才能を開花させた20世紀最大の彫刻家、ジャコメッティ。

見ているものを見えるようにつくると小さくなってしまった彼の彫像は、せめて1mの長さにしようと細長いフォルムになっています。

骨格と、肉と髪が、極限まで削ぎ落とした細長い人物彫像。卒塔婆のような、その人物の魂や人生が凝縮された静謐なる迫力。

彫刻は入れ換えなしだけど素描や絵画作品は前期後期があり、今日までの前期展示では画家だった父のコレクションらしき北斎の模写なんていう作品もありました。

彫像は人物がほぼ全てで、例外的に恐竜化石の生体展示のような『犬』と骨身になった魚のような『猫』がありました。

ただ、その他、エッチングや油絵なんかも展示してあって。その題材は人々のデッサンもありましたが、『真向かいの家』や『アレジア通り』などパリ街中や家の中、故郷スタンパの風景なんかも。ジャコメッティの流儀で街を造ったら、どうなるのだろう?

そのhintとして、群像シリーズがありました。思い思いに逍遥する『3人の歩く男のグループI』、異界の知的生命体のような『森、広場、7人の人物とひとつの頭部』、ヒトが金属植物のように伸びていく『林間の空地、広場、9人の人物』と。ジャコメッティの彫像は、空間を描くことは関係を描くことなのだなと。

ジャコメッティの初期はキュビズムやシュルレアリズムに傾倒していました。

オーソドックスな彫像ともいえる初期(1917年)の『シモン・ベラールの頭部』、キュビズムを立体でつくった『キュビズム的コンポジションー男』と『コンポジション』、『キューブ』

シンプルなフォルムの『見つめる頭部』『横たわる女』、アフリカに影響を受けたようなピカソ的な『カップル』、西アフリカから影響を受けた『女=スプーン』、ニューギニアに影響を受けた『鼻』は展覧会全体の中でも白眉でした。

そこから『小像(男)』、白い『裸婦小立像』といった小像の部へ。

さらに展覧会は女性立像の部へ進みます。髪が光輪のようで、まるで一本の剣のような『大きな像(女:レオーニ)』、髪や胸のコアが表現された『髪を高く束ねた女』、1952年頃の『女性立像』は青銅器時代のフォルムのよう。

そこから群像群を挟んで、モデルを前にした制作へ。『男の胸像』、弟を創った『ディエゴの胸像』『石碑I』の胸のゴリゴリした部分がまた魅力的で。

マーグ家との交流の部や『ヤナイハラの頭部』などの、阪大文学部の矢内原伊作との交流作のコーナーも素敵で。特に青のボールペンでフランス・オプセルヴァトゥール紙特別号に描いた『幾つかの頭部』、レ・レットル・フランセーズ紙に描いた『頭部、人物像など』、パリ=ジュール氏に描いた『4人の人物』などが非常に洒落ていて好きでした。

そしてとりわけ印象的だったのが9体の『ヴィネツィアの女』

キャプションに記憶に基づく制作とあったのですが、あまりにそれぞれ個性と人生が沸き上がる出色の彫像群で、近くのスタッフに聴いたところ、やはり特定のモデルを記憶に基づいて作ったとのこと。素晴らしかった。

そしてチェース・マンハッタン銀行に飾られるはずだったプロジェクト『女性立像』『頭部』『歩く男』は撮影可能で、それぞれ古代、近未来、現代を顕わしているような気がしました。

ジャコメッティの絵は同時代の詩人たちの挿絵になることも。
ジャック・デュパン『ハイタカ』など、詩のイメージを膨らますジャコメッティの絵の魅力があふれてました。

そして最後は『終わりなきパリ』。OKコンピューターのジャケットのような抽象的なパリの風景。やっぱりこの感覚を立体化する様な都市の彫像、みてみたかった。

吸い込まれるような、哲学性も感じるような展覧会。とても良かったです。
# by wavesll | 2017-07-17 19:03 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

岐阜妙景 モネの池、ツインアーチ138、養老天命反転地

岐阜へ行ってきました。
名駅からレンタカーで2h、モネの池(名もなき池)、山に抱かれて、近くの田んぼや叢からは虫の声、こじんまりしてたけどいい緑陰スポットでした。

c0002171_22391087.jpg
c0002171_22391938.jpg
c0002171_2239298.jpg
c0002171_23464341.jpg
c0002171_23473368.jpg
c0002171_2240896.jpg
c0002171_22401897.jpg
c0002171_8411630.jpg


かなりBusyだった道の駅の食堂で鮎にんめん。薬味が使いきれないくらいどっさり。なかなか美味しい。
c0002171_22413385.jpg


木曽川沿いでみつけたSF感のある展望台、ツインアーチ138というらしい。
c0002171_22425039.jpg


そして今回の旅の目玉2つ目、養老天命反転地へ!
c0002171_2247036.jpg
c0002171_22471013.jpg
c0002171_22472934.jpg
c0002171_22473886.jpg
c0002171_22485512.jpg
c0002171_2249389.jpg
c0002171_22491291.jpg
c0002171_2249216.jpg
c0002171_22511726.jpg
c0002171_22512689.jpg
c0002171_22513418.jpg
c0002171_22521969.jpg
c0002171_22535568.jpg
c0002171_2254492.jpg
c0002171_2254168.jpg
c0002171_22542638.jpg
c0002171_22551263.jpg
c0002171_2255213.jpg
c0002171_2255291.jpg
c0002171_22554058.jpg
c0002171_2257892.jpg
c0002171_22571775.jpg
c0002171_22572728.jpg
c0002171_22573612.jpg
c0002171_22585932.jpg
c0002171_2259722.jpg
c0002171_22591676.jpg
c0002171_22592547.jpg
c0002171_2304557.jpg
c0002171_2305465.jpg
c0002171_231383.jpg
c0002171_2311845.jpg
c0002171_2355087.jpg
c0002171_232435.jpg
c0002171_232521.jpg
c0002171_233267.jpg
c0002171_2331163.jpg
c0002171_2371445.jpg
c0002171_2372354.jpg
c0002171_2373371.jpg
c0002171_2374287.jpg
c0002171_2391183.jpg
c0002171_2392115.jpg
c0002171_2393145.jpg
c0002171_2394262.jpg
c0002171_231117.jpg
c0002171_23111117.jpg
c0002171_23112228.jpg
c0002171_2311328.jpg
c0002171_23125513.jpg
c0002171_2313685.jpg
c0002171_23131569.jpg
c0002171_23132511.jpg
c0002171_23144487.jpg
c0002171_23145341.jpg
c0002171_231536.jpg
c0002171_23151356.jpg
c0002171_23161713.jpg
c0002171_23163622.jpg
c0002171_23164689.jpg
c0002171_2317627.jpg
c0002171_23171599.jpg
c0002171_2317258.jpg
c0002171_23173592.jpg
c0002171_23185052.jpg
c0002171_2319130.jpg
c0002171_23191164.jpg
c0002171_23192438.jpg
c0002171_23202718.jpg
c0002171_23203647.jpg
c0002171_23204668.jpg
c0002171_23205611.jpg
c0002171_2322215.jpg
c0002171_23223227.jpg
c0002171_23224522.jpg
c0002171_23225660.jpg
c0002171_23234999.jpg
c0002171_2324026.jpg
c0002171_23241142.jpg
c0002171_23242140.jpg
c0002171_23293157.jpg
c0002171_23294660.jpg
c0002171_23295749.jpg
c0002171_23301265.jpg
c0002171_23302338.jpg
c0002171_23303381.jpg
c0002171_23314092.jpg
c0002171_23315155.jpg
c0002171_2332114.jpg
c0002171_23321387.jpg
c0002171_23322493.jpg
c0002171_23334072.jpg
c0002171_23335068.jpg
c0002171_2334181.jpg


世界的に有名なアーティスト、荒川修作氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏の30数年に及ぶ構想を実現した、身体で直接体験できるアート作品です。
この作品はメインパビリオン「極限で似るものの家」と「楕円形のフィールド」の2つの部分から構成されています。「楕円形のフィールド」には、「極限で似るものの家」を分割した9つのパビリオンが点在し、さらに、対をなす丘とくぼみ、148もの曲がりくねった回遊路、大小さまざまな日本列島などがつくられています。
ここでは、皆さまが身体を使い、バランスをとりながら、私たちの身体の持つ様々な可能性を見つけることができます。予想もつかない"不思議"と出会える空間をぜひお楽しみください!
というこのアスレチック建築群、養老天命反転地。ここに来たくて◎!スタンド攻撃を受けたように家具が奇妙な壁にめりこんだ公園。たっぷり1時間強楽しめました。

その後名駅に戻り、味仙で台湾ラーメンと小袋食べて帰り路へ。岐阜、写真は撮れなかったけれど、川遊びしている人たちも多数いて。観光価値が高い地域だなとの想いを濃くしました。

cf.
濃溝の滝

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅
# by wavesll | 2017-07-16 23:42 | | Trackback | Comments(0)

福島の生徒の言葉による、惜別の震災鎮魂合唱曲 「群青」

群青

福島第一原子力発電所から半径20km圏内に位置する福島県南相馬市小高(おだか)区は、東日本大震災による原発事故のため全住民が今なお避難生活を余儀なくされており、小高中学校も市内の別の学校に間借りをして授業を行っています。
「群青」は、その小高中学校の生徒たちが、離ればなれになってしまった仲間を思って、つぶやいたり、書き留めた言葉の数々を同校の小田美樹教諭が綴って曲をつけた作品です。
(パナムジカのHPより抜粋)
TBSの超大型音楽番組、「音楽の日」。様々な藝能の雄達が歌舞する中で、一段と素晴らしかったのは合唱団のパートでした。

全国の合唱団が声を合わせた「栄光の架橋」、素晴らしいハーモニーを聴かせた「あの鐘を鳴らすのはあなた」も良かったけれど、一際心を打ったのは福島の生徒が歌ったこの「群青」。

私は今日ようやくこの歌を聴いて。14:00から22:00までみていましたが、この楽曲にめぐりあえただけでも十二分にその価値を感じました。

日本は本当に自然災害の多い土地で、幾度となく悲劇に見舞われて。歌が継がれていくことで、逝ってしまった仲間をずっと覚えているために、そして悲しみを僅かでも浄化させるために、音楽が昇華していく力を感じる、魂が揺さぶられる合唱でした。
# by wavesll | 2017-07-15 22:05 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Eddie Palmieri Salsa Orchestra LIVE at Blue Note Tokyo

c0002171_615037.jpg


この5月、生誕80周年記念アルバム『Sabiduria』をリリースしたサルサ/ラテン・ジャズ/ファンクの生ける伝説、エディ・パルミエリのブルーノート東京2nd Setを昨夜みてきました。

円盤だと『Unfinished Masterpiece (1974)』が好きなのですが、生音の鮮やかさは素晴らしくて!音奔流の楽雅!情熱の極彩のサウンド・ヘヴン。ヤーばかったー!

「視やすい席が好い」と自由席予約で伝えるとカウンター沿いの堰を案内してもらえて、丁度前がそこそこスペースのある通路で。おかげで体を思う存分揺らせました。席の周囲はずっとサルサ・ダンスが起きていたし、最後は客席全体総立ちの大盛り上がり!こんなに汗かいたライヴ、久々!

ラテンのホーンの艶やかさは筆舌に尽くしがたい。そしてエディーの咆哮しながらのピアノソロ。そこに絡むベースも良かったし、最高のバンドサウンドで、個人的には生涯Bestクラスだったビルボードでみたジョージクリントンに近いくらいブチ騰がりました。ブルーノートとビルボードは大人の歓びですね。絶品。

ライヴの始まりからホーンで騰がって、そこから打楽器のリズムの奔流がぐわっときて(ドラムの腹の金属部分を叩くのが印象的)、エディの情熱的なSaudadeを感じるピアノ、燻し銀なベース、背中弾きも披露したギター、コンガ、パーカスも素晴らしかったし、ヴォーカルの熱情、クライマックスにつぐクライマックス!

アンコールはなかったけれど、ほぼほぼ90分のFULL LIVE!!「See You Next Year!」、是非またみたい!最高に楽しい音楽の魅力がはじけたライヴでした◎

Member

Eddie Palmieri(p)

Herman Olivera(vo)

Nelson Gonzalez(tres,vo)

Joseph Gonzalez(maracas,vo)

Luques Curtis(b)

Vincent "Little Johnny" Rivero(conga)

Nicky Marrero(bongo,timbales)

Camilo Ernesto Molina(timbales)

Jimmy Bosch(tb)

Joe Fiedler(tb)

Jonathan Powell(tp)

Manuel "Maneco" Ruiz(tp)

# by wavesll | 2017-07-14 06:24 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

アダム・スミス著 村井章子+北川知子訳『道徳感情論』ー"もしアダ"が書きたくなる稀代の"いいね論"

c0002171_11153066.jpg
アダム・スミス 著, 山岡 洋一 訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』を読んでから、"次は『道徳感情論』だな"と考えていて。訳の読み易さから日経BP アダム・スミス (著), 村井 章子 , 北川 知子(翻訳) 『道徳感情論』を手に取りました。

「人間というものをどれほど利己的とみなすとしても、なおその生まれ持った性質の中には他の人のことを心に懸けずにはいられない何らかの働きがあり、他人の幸福を目にする快さ以外に何も得るものがなくとも、その人たちの幸福を自分にとってなくてはならないと感じさせる」

"人間は自己利益を追究する生物だ"という『国富論』に対して、"ヒトは共感によって行動する"という『道徳感情論』、実際に読んでみると現代においては極めて優れた"いいね論"であり、『もしもいいねが欲しくてたまらないSNSユーザーがアダム・スミスの『道徳感情論』を読んだら』という二匹目のどじょうを狙いたくなるネタ満載のクラシックでした。

アダム・スミス教授は、確かに"ヒトは共感するもの"と書いているのですが、"何を良しとするか"について極めてシビアな共感の条件を挙げています。

例えば"怒りや悲しみ、憎しみに人は共感するどころか怒っている人に不快感を覚える"だとか、"喜びには比較的共感しやすいがそれは嫉妬心がない場合に限り、大きく儲かったとかよりも些細な喜びが共感を集めやすい"だとか。

中でも心に残ったパンチラインは”隣人が愛せる以上に自分を愛してはならない”。「汝のごとく汝の隣人を愛せよ」から更に進んだ、客観性の極致がこの思想にはありました。

"いいね"をもらうだけでなく、"自分が他者にいいねする"事についてもスミス教授は示唆を与えています。"いいね"を大盤振る舞いしても有難がられず、根拠がきっちり相手も理解できる時に恩賞を与えるのが効果的だと。

ここら辺は私自身は異論もあって。常にポジ出してくれる人は嬉しいし、幸せの閾値を下げると当人もよりHAPPYになるのではと実感から想いました。

アダム・スミスはかなりエスタブリッシュメント寄りな論客で。権力と財力がある人をヒトビトは尊敬するし、そうした貴族が素晴らしい流行を生み出したりする、寧ろ革新勢力は世の中の秩序を乱すことも往々にしてあるし、という論を述べています。

貧乏人が資産家・権力者を目指すのは犠牲にするものが大きすぎる、なんて話は現代社会では馴染まない考えにも感じました。ちょっとスミス教授は保守的にすぎる感もありました。

そして『道徳感情論』の思想の大きな特徴は"『自然』を受け容れる"ということ。
共感の心の行き届く範囲も、遠い地の大災害よりも自分の些細な傷の方が大きく感じるのは自然だと。

陰鬱な哲学者は"全世界で悲惨な暮らしをしている人がいるのに幸福を享受するのは罪だ"というけれど、それは"自然"から求められるところではない、というアダム・スミスの論。

スミスは本書で"自然"を神だとか本能と言った意味で使っていると感じました。神の見えざる手ならぬ"自然の見えざる手"が人間心理を情操していくと。アダムスミスの保守思想は、"神が創ったこの"自然"世界を肯定する"という宗教心から生まれているように想います。

"自然"からすれば、何かの"いいね"を言うことは善だけれども義務ではなく、されなくても文句は言えない。
胸中の第三者の視線に応えることが素晴らしい姿勢で、そこに応えている限り、自分自身を誇れるというスミスの思想は強靭な人間工学だと感じました。

人間工学という意味では、スミスは"美の感性"についても語っています。
人の感性はみなれた慣習や流行に影響を受けるし、一番美を感じるのは、平均値・中庸の美だと。

確かに石原さとみなんか見ていると色んな女性の表情が宿っているというか、イデア的なものに美を感じる仕組みが心にはあるのかも、なんて思いました。

アダム・スミスが"いいね"という人間は思慮深い人間、適切さのある人間、他者には寛容で慈悲深く心動かされ、自分のことには微塵も動揺しない人。

また、自尊心や虚栄心は不快さを他者に感じさせることもあるけれど、多くの人はその人の自己評価以上に敬意は払わないから、卑屈な態度よりかは自尊心や虚栄心のある方が好ましいと述べています。

徳への愛、真の栄誉を得ることは偉大なる目標だとスミスは言います。

最大に"いいね"がされる生き方は称賛や褒められることを欲するのでなく、称賛、褒め、"いいね"に値する人間になることを欲するべきだと。これもまた真理ですね。

この読書では数奇なセレンディピティも感じて。訳者後書きを読むとこの本は『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』を訳した山岡 洋一さんの葬儀時に村井さんが名乗り出で、その遺志を継いで行われたプロジェクトだったとのこと。

日経BPの『国富論』もそうだったのですが、本書も非常に読み易く、こうした志のある翻訳書は日本の宝だなと想いました。

経済学とは価値観の学問だという想いをより強くする、社会哲学の書、堪能しました。
# by wavesll | 2017-07-13 19:01 | 書評 | Trackback | Comments(0)

アイヌの子守歌

60のゆりかご アイヌ音声 日本語字幕


ユーカラが響いたら、ぐっすり御休み。
# by wavesll | 2017-07-13 01:57 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

野村萬齋x真鍋大度(ライゾマティクス) FORM -伝統×最先端が挑む日本最古の舞・「三番叟」

野村萬齋x真鍋大度 FORM


NHKBSPで流れていた舞台「FORM」、スカイツリーでみた能VJ LIVEもそうですが、伝統も最新型へメタモルフォーゼしていくのだなと。TOKYO2020開会式への期待も高まります。

音楽的にはアシンメトリーな妖声に日本の藝能を感じました。
# by wavesll | 2017-07-12 21:56 | 舞台 | Trackback | Comments(0)

青い座禅、縁は流転する ZAZEN BOYS - MATSURI SESSION 2・26 2004 TOKYO

ZAZEN BOYS - MATSURI SESSION 2・26 2004 TOKYO [Album] [2004]


"おお!コレYoutubeにあんのか!"と想ったのがザゼンボーイズのライヴ盤、MATSURI SESSION。
特にこの青盤は『KIMOCHI』といいエモさ全開で、当時は「ZAZENはスタジオ盤よりライヴ盤の方が断然いいな」と想っていました。

私は高校時代はナンバガを背伸びして聴いてた人間で。それこそ『サッポロ OMOIDE IN MY HEAD 状態』を今は無き横浜モアーズのタワレコで聴いて鳥肌立った辺りから本意気で惚れこんでいって。

そこからするとZAZENのスタジオ盤はナンバガが持っていたエモさが減った気がしたというか。ようやくナンバガを追っかけていた当時の私にはまた精神年齢が高くモードチェンジしていたのだと想います。

それでもLIVEでみると座禅は最高で。そしてこのライヴ盤も、今聴き返すと「向井、青いなー!!!!」と想います。バリアオハルじゃねえかと。

Miles Davis - Kind of Blueに一杯の水 第100回酒と小皿と音楽婚礼Fela Kuti - Zombie X Firestone Union Jack IPA 朱夏は此の道 第101回酒と小皿と音楽婚礼にもしたためたことなのですが、ここ2,3年で自分の中で心身のModeが変わりつつある気がして。

どうにも30を越えた辺りから関係性の中の立ち位置が少しばかり変わりつつあるというか、それまでは<評価される/可愛がられる>立場だったのが<評価する/可愛がる>立場になることもしばしば起きてきたというか。

人の上に立てる器の人間ではないこんな自分に、信頼を寄せ頼って呉れる人ができて。そして自分自身としても、ある程度己を信じられるようにもなって。人間関係が精神年齢を進めると実感しています。

相変わらず浮わついた渡世をしているのはいなめないのですが、旅してる時しか生きてる気がしなかった頃より、詩画音楽というレイヤーで心身を満たせるようになってきている己は、案外好きです。

そして完全に意外だったのは必至でボケを考えてた頃よりある程度シリアス気味にネタをやるようにした方がウケがいいということw

みんながツッコミ目指すと揚げ足取りの地獄みたいな世の中になって、実際に今メディア上の語り口がプロもアマチュアもどんどん性格悪くなって自意識過敏な世になってる気もします。

私個人は人生をネタにかけ道化を演じる若人は俄然応援したいところではあるし、連中は楽してるぜ、同時にあいつらも大変ではあるとも伝えたい。

承認欲求を求めてもいいし、みなに好かれなくてもいいし、全てに肯定的でなくていいというエントリにも書きましたが、Webコミュニケーションを追いかけるだけで可処分時間は足りない現状。

その上、古典の名著、グッドミュージック・アーカイヴ、日々のTV/Radio etcetc、幾らでも楽しませてくれる人たちがいる。

今はそんな気脈が通じるままに、来るもの拒まず去る者追わずと明きらめるのも縁かと想えたのも自分の中では大きな気持ちの変化でした。評価されるのを欲すというより評価する側にもなる変化の一つで。

バンドのMagicは確かに存在するけれども、向井秀徳はとてもいい気脈で縁を引き寄せてきたと想います。このライヴ盤のメンバーからアヒトイナザワもひなっちも抜けていくけれど、座禅は強靭に続いていく。

"ずっとこのBANDが続く"ことは叶わない先に、新しい景色が。

縁は流転するのを悟るのも大人の階段かなんて想う文月の23:49、繰り返される諸行は無常、蘇る性的衝動…。
# by wavesll | 2017-07-11 23:49 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Omar Rodríguez-López - Cell Phone Bikini

Omar Rodríguez-López - Cell Phone Bikini [Full Album]


釜茹でされるような暑さでいかれちまった日は、Chillが底流にありながら楽団の静かな狂気を湛えた音が炎節を醒ましていくようなこんな音楽をかけてウォーターベットに倒れ込みたい。
# by wavesll | 2017-07-11 20:07 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Fela Kuti - Zombie X Firestone Union Jack IPA 朱夏は此の道 第101回酒と小皿と音楽婚礼

Fela Kuti - Zombie [Full Album]

c0002171_1749573.jpg
今年の初泳ぎは元町プールでした。

週末のわいわい賑わう元町プール。木立の中で落ち着いたプールもいいけれど、こういう騒やかなのも良いですね。入墨の侠っさん達がかなりいたけれど、今年からはTバックが禁止だそうで。元町プールと言えば刺青とオッサンTバックだったのですが、時代は移るもの哉。

午前中泳いで、さっぱりしてUnionで弁当買って家で昼。最高な流れ◎

こううだる中に涼を与えて呉れる音楽もいいけれど、気持ちよく熱に酔うのも一興。

Fela Kutiはその感覚にうってつけ。
Miles Davis - Kind of Blueの時も画きましたが、この名盤も最近良さが直撃するようになった盤で。新たなロールモデルは此のマッシヴさだなと。

青春の靑を越えていくにはこの肉体性が道標になってくれる気がします。今年は體を鍛えたい。出来るだけ泳ごうと想う處。

それに合わせるはFIRESTONE UNION JACK IPA, 匂いたつアロマ、良い珈琲の基準が酸味に感じるように、最近はいい麦酒のクライテリアが香りに想うようになりました。

このアロマが加わることで『Zombie』の音が新たなディメンションに廣がる感覚があります。MassiveでAromafulな朱夏を重ねていきたい、そんな思いをアフロ・ビートの熱情に湧かして。
# by wavesll | 2017-07-10 19:54 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)