シャセリオー展at国立西洋美術館

c0002171_685236.jpg

シャセリオー展へ行ってきました。

夭折した早熟の天才、19世紀ロマン主義の流れをくむこの画家を、交流のあったギュスターヴ・モローの絵などと共に展示したこの美術展、その中でも二枚の美しい女性の肖像画には心惹かれました。

その内の一枚がメインビジュアルにも使われている『カバリュス嬢の肖像』。マリー=テレーズ・カバリュスの可憐な美しさ、プラド美術館で観たフェデリコ・デ・マドラーソ『ビルチェス伯爵夫人』クラスの美人画に惹かれてこの展覧会に来た期待に応えてくれる名画でした。

そしてもう一枚、『泉のほとりで眠るニンフ』。当時シャセリオーの恋人だった魔性の女性、アリス=オジーのヌード。腋毛が淫靡で、心ざわつかせられる絵画でした。

その他、ユダヤの女性の民族衣装が美しい『コンスタンティーヌのユダヤ人女性』『コンスタンティーヌのユダヤ人街の情景』、作品が想うように評価が得られなく、画家自身に破壊されてしまった『クレオパトラの侍女』等も良かった。

シャセリオーを語るとき、一つのキーワードとなるのが「エキゾチズム」。彼自身がカリブのイスパニョーラ島生まれであり、上で書いたユダヤ人を描いたアルジェリア旅行での絵の他、褐色の肌が美しい『岩に座るナポリの若い漁師』や、『サン・ロック聖堂の洗礼盤礼拝堂壁画≪エチオピアの女王の宦官に洗礼を施す聖フィリポ≫、≪インド人に洗礼を施す聖ザビエル≫、≪二人の天使≫の模型』も印象的でした。

この他、シェイクスピアの『オセロー』に着想を得た作品群や『マクベスと3人の魔女』、ポンペイの遺構に焦点を当てた『左手に階段のある壁』、または女流詩人を描いた『サッフォー』等、興味深い題材選びの眼が良かったです。

『カバリュス像の肖像』もそうですが肖像画の腕も確かで。トライセラの和田さんのような『アレクシ・ド・トクヴィル』やキャラが伝わって来るかのような『エミール・ドサージュの肖像』も良かった。

その他ギュスターヴ・モローのと並べられていた『アポロンとダフネ』、『ドナクロワの≪怒れるメデア≫に基づく模写』、『海から上がるウェヌス』とそれに影響を受けたピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ『海辺の娘たち』の乳白、それに『十字架を持つ若者と天使の習作』も良かったです。

他の画家の作品でいうとギュスターヴ・モローが死せるシャセリオーの思い出として描いた『若者と死』がピカイチに素晴らしく、他モローは『聖チェチリア』、『牢獄のサロメ』が良かった。この他赤い花枝が印象的なオディロン・ルドン『二人の踊女』、ウジェーヌ・ドラクロワ『連作ハムレット』・『ヴィヨ夫人』、ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル『ジェニー・ドラヴァレット(?)の肖像』、オーギュスト・ルノワール『ロバに乗ったアラブ人たち』が良かったです。

さらに何気に良かったのがシャセリオーの兄や、アリス・オジーが書いた手紙で、文字の美しさに心惹かれました。

展覧会を見回っている最中にソプラノ清水理恵さん、メゾソプラノ松浦麗さん、キーボード藤原藍子さんによるナイト・ミニコンサートが開かれ、バッハ=グノー「アヴェマリア」、マスネ「エレジー」、フォーレ「リディア」、ビゼー「オペラ『カルメン』より"ハバネラ"」、グノー「オペラ『ロメオとジュリエット』より"私は夢に生きたい"」、ドリーブ「オペラ『ラクメ』より"花の二重奏"」、そしてアンコールの「舟歌」まで楽しませてもらえました。

その際、「本日はプレミアムフライデーなので常設展は21時までやっています」と聴き、常設展も愉しみました。

中でもスエーケン:デンマークの芸術家村の特集が素晴らしく、北欧の漁師の絵や、ミカエル・アンカーの『海辺の散歩』なんかがかなり気に入りました。そのコーナーは写真NGだったのですが、また常設展で幾枚かぱりゃりと撮りました。

ピエール・オーギュスト・ルノワール『アルジェリア風のパリの女たち≪ハーレム≫』
c0002171_5573969.jpg


ピエール・ボナール『働く人々』
c0002171_5581919.jpg


パブロ・ピカソ『男と女』
c0002171_5585763.jpg


c0002171_453489.jpg

シャセリオー展、しゃらりとたおやかにみれる展示、28日迄。

cf.
シャセリオー Théodore Chassériau 絵画・美術においてロマン主義とは何か? 新古典主義との違い (dezire_photo & art)

# by wavesll | 2017-05-27 05:59 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Luigi Tozzi@Paral.lel Festival 02:09:2016 X 露・オルダ水中洞窟のギドロコスモス 第32回音の貝合わせ

Luigi Tozzi@Paral.lel Festival 02:09:2016 (soundcloud)
c0002171_1924511.jpg
“世界一の美しさ” ロシア・オルダ水中洞窟のギドロコスモス(水の宇宙)
# by wavesll | 2017-05-26 02:21 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Mucha展@新美 ヒトが形創る歴史、その中での美しさ、存在感

国立新美術館にミュシャ展を観に行きました。
c0002171_1913240.jpg
c0002171_19131350.jpg


故郷チェコ語での発音はムハ。
パリで名声を得、チェコへ戻った彼が晩年の16年を掛けて描いた大作『スラヴ叙事詩』、そのヴォリューム、壮大さはキャパを越えました。スラヴ民族の神話、戦争、信仰、文化、迫害、理想が描かれていましたが、それら全て『人が形創る歴史』なのだと。人々の存在が胸に、目に響きました。優美な筆致で描かれる荘厳な民族史、恐れ入りました。

『原故郷のスラヴ民族 トゥーラニア族の鞭とゴート族の剣の間に』の点描の星空、会場に入ってまず目に広がりその大きさに「おおお…!」と声が洩れてしまった『ルヤーナ島でのスヴァントヴィート祭 神々が戦いにあるとき、救済は諸芸術の中にある』、そしてスラヴ民族の象徴としての少年が印象的な『スラヴ式典礼の導入 汝の母国語で主をたたえよ』、碧の光が麗しい『聖アトス山 正教会のヴァティカン』、そして『スラヴ民族の参加 スラヴ民族は人類のために』が好きでした。

ミュシャというとアールヌーヴォーの時代がPOPな魅力が著名で、この『スラヴ叙事詩』の筆致は発表の1920年代、キュビズムなどモダニズムの時代には「古い絵」と捉えられてしまった向きもあったようです。

事前に特集番組の映像を通してみた時はこちらを見据える厳しい目線にスラヴ民族の苦難をみましたが、生で見るとその柔らかな筆致が非常に美しかったのが印象的でした。

まるで草間彌生展 わが永遠の魂@新美での『連作「わが永遠の魂」』の巨大空間とザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900@三菱一号館美術館の優美な筆遣いが融合したかのような絵画鑑賞体験となり、今の私には新しい刺激として『スラヴ叙事詩』は感じました。

そして従来のアールヌーヴォーな作品もその後に展示してあって。ミュシャの代名詞『ジスモンダ』、『四つの花「カーネーション」「ユリ」「バラ」「アイリス」』、『四芸術「詩」「ダンス」「絵画」「音楽」』という擬人化作品の可愛らしさ、自由の女神のような頭飾りの『メディア』とその女性が身に着けていたものを立体化した『蛇のブレスレットと指輪』の水色も鮮やかでした。

複製作品でミュシャはデザインに関わっただけですが『1900年パリ万国博覧会「人類館」のデザイン案』の曲線的なパヴィリオンのヴィジュアルは魅力的で。そして『1900年万国博覧会「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館」壁画の下絵』は『スラヴ叙事詩』のきっかけになった作品とのこと。

チェコへ戻ってもアールヌーヴォー的な女性のポスターをムハは描いていて。『ヒヤシンス姫』などもそう。ただ、フランスの女性のたおやかさより、意志の強さを感じさせる表情や丸顔な所がスラヴの女性を感じました。

ムハが手掛けたチェコの切手やコルナ紙幣のデザインなども展示してありました。

最後には習作も展示してあって、『スラヴ民族衣装を着た少女』が可愛かったです。

クライマックスはやはり冒頭の『スラヴ叙事詩』。この絵画にでてくる人物たちは実際に近所に住む人たちにポーズを取ってもらったということ。だからこそ『ヒトが造る歴史、その中での美しさや存在感』が響いていたと得心…!

神話、戦争、文明、宗教という大きな物語が意識されがちな『歴史』という事象ですが、それらは一人一人の人間が創るものである、そのムハのまなざしに深い叡智と情熱を感じる、胸からあふれる絵画体験でした。

c0002171_20271884.jpg

# by wavesll | 2017-05-24 20:07 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)

Soundgarden - Superunknown

Soundgarden - Superunknown (1994) [Full Album]


単純にこんなにも突き抜けたヘヴィさとハイトーンヴォイスの音楽に脳天撃ち抜かれ。もう遅い。オーディオスレイヴで知った時は「ザックじゃないのかよ」と想ったり、その後もサウンドガーデンに触れることはなかったけれど。

形骸的にRIPとに書くのをWeb世間にみせるのに、或いはニュース的に消費するのに胃酸が上がり、今回すぐには聴けなかった。願わくばこんな悲しいニュースでなく来日公演等の果報が切っ掛けで聴きたかった。

Rock Musicはサーカス/ドラッグなのか、それを"正義/己の意志"で受け容れないのは幼稚なのか。0or100でなく中腰のグレーが実際なのだろうけれど、そんな靄がかかる苛立ちを瀑布でかなぐり洗い捨てるようなGrungeの響滝に、今は祈りを。
# by wavesll | 2017-05-23 00:54 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

能×VJ LIVE at 天空樹にて妖気に触れる

c0002171_7225050.jpg


Tokyo Skytree’s new lighting pattern and ‘Noh x VJ Live’ performance


能×VJ LIVE~演出(1/2)~(東京スカイツリータウン5周年)(2017)(1/4)


能×VJ LIVE~演出(2/2)~(東京スカイツリータウン5周年)(2017)(2/4)


スカイツリーへ能×VJ LIVEを堪能してきました。

いやー、えがったー!能×VJ!

LED屏風の前で演舞するというステージ。小狐丸という伝説の劔が造られる物語でした。

18:30からの最終回の為ライティングにも映えた刀鍛冶の端正な、しかし狂気に迫るような演技の迫力、そして相槌の狐神の異様な圧倒さ。

そして楽器隊のサイケデリックな音!音波が映像化されるといったVJとの同期も相まって相当な感無量。“日本の妖気”に魅了されました。

90分前から前方真ん中三列目に座って待っていただけあって演者の目の演技まで楽しめて。

最初は舞台撮る気満々だったのですが、上に載せたようにYouTubeに動画(別の回)を全編上げてる人がいて、これはみるのに集中できるなと。

で、写真撮る気の写の字も起きないほど圧倒的な時間。能にSEが重なることで取っ掛かりが出来ると共に能の舞台そのものの凄味が逆に浮かび上がるという。

これが気に入った方に"伝統音楽Xエレクトロニクス"という点でお薦めなのがモロッコの呪術音楽ジャジューカをローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズがディストーションかけたアルバム。因みに本場のジャジューカ・マスター達による来日ライヴも今秋あります。

あやかしが息づく年月の九十九。その幽光・妖音の幻に一時の夢を視た宵となりました。
# by wavesll | 2017-05-22 07:47 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

超大型巨人at進撃の巨塔

c0002171_222266.jpg
c0002171_22222075.jpg

# by wavesll | 2017-05-21 22:22 | 街角 | Trackback | Comments(0)

Clap!Clap! live at 代官山UNIT (Band set)

c0002171_7103780.jpg


Clap!Clap!のおっちゃんメチャメチャ上ゲ上ゲでした!!

2ドラムのバンドセットは緩急無しの爆上ゲ展開で架空の秘境の音楽というコンセプト・アルバム『Tayi Bebba』を聴いて期待してた感じより異世界にハイヴォルテージな明るさだったのですが、爆音の彼方に鳥の声とかも入って、あの空気感は日本のものではない夏の高揚感がありました!アンコールはプリミティヴなDJプレイで。

Clap!Clap!のおっちゃんがブチ上ゲに動き回るし最高にハイなパフォーマンスでした。カラダ動かすと音が全身で揺らめく振動感覚で最高★夏来たる!

久々のクラブだったのもあってその前の食品まつりさんの重低音がきつくて離れたところで聴いていたけれども、エクスペリメンタルという点ではくっきり濃くて良かった!そしてClap!Clap!御一行がLiveの後でPLAYしたJUN KADOMAさんと1-DRINKさんのDJで普通にフロアで踊ってるのもベーネでした!

c0002171_10342166.jpg

# by wavesll | 2017-05-21 10:34 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

M. マクルーハン『メディア論』 内容でなく表現形態こそがメディアをメディア足らしめている

Yukihiro Takahashi & METAFIVE / split spirit (Vimeo)
c0002171_14502424.jpg
マーシャル・マクルーハン『メディア論 人間の拡張の諸相』を読みました。

彼は"メディア"を通り一遍な見方ではなく、"人間の拡張としての環境媒体"と捉えます。彼のメディア観はこのWeb時代に於いて益々先見の明を感じるというか、
「われわれはその中枢神経組織自体を地球規模で拡張してしまっていて、わが地球にかんするかぎり、空間も時間もなくなってしまった」
という端書きをはじめとして、士郎正宗『攻殻機動隊』1巻を読んだ時のような未来視のヴィジョンを感じました。

とは言え、文中で出てくる言葉の定義が不明瞭な所も。のっけから「外爆発」、「内爆発」って何?となったし、マクルーハンの提唱した「HOTなメディア」「COOLなメディア」というのも、「TVがCOOLで映画がHOTなのの違いは高精細かどうかだけ?」とか今の視点で見るとちょっとはてなとなったり。しかしこの粗いながらもフロンティアを滑走する感覚はまさにクールな面白味がありました。

中でも面白かったのは"メディアはメッセージである"というアイデア。
これはメディアをメディア足らしめている力の源泉は、その"内容"でなく"表現形態"であるという話。

テレビの内容は映画であり、映画の内容は小説であり、小説の内容は書き言葉であり、書き言葉の内容は話し言葉である、メディアをメディア足らしめているのは内容ではないと。

その中で、例えば本は一人によって書かれた個人対個人の告白という形態ですが、新聞は記事群のモザイク状の集合体で"公の集団意識への参加"を発生させる形態である。そして新聞を新聞足らしめている源はその"コンテンツ"ではなく、"モザイク状の表現形式"と"配送やキオスクでの販売によって毎日みんなが読んでいるという環境 / システム"にある。と。

私がこの考えに非常に得心が言ったのは、"WebのCGMサーヴィス"なんかは正にそうだと想ったからです。TwitterをTwitter足らしめている、InstagramをInstagram足らしめている、FacebookをFacebook足らしめているのは"そこに書かれている内容"ではなく、"そのプラットフォームがどんな形態を持っているか"であり"どれだけの人が参加しているか"だと。これを1964年に上梓したマクルーハンの先見の明に舌を巻いてしまいました。

メディアを"人間の拡張"と唱え、ヒトは"拡張した己自身に自惚れる"と唱えたマクルーハン。彼のメディア論が面白いのは"どんな五感が使われているかによっての分類"にもあると思います。

彼は"そもそも西洋文明が発達したのは表音文字であるアルファベットがあったからだ"と説きます。そこに於いて音(聴覚)と文字(視覚)と"言葉の意味"が峻別され、そのディバイドから文明が形づくられていったと。

先ほどの"メディアは形態である"に通じる話ですが、私も昔「マンガは視覚と意味のメディア、音楽は聴覚と時間のメディア、アニメは視覚・聴覚・時間・意味のメディア」とか文学部の文化論の講義に潜ったとき思ったものでした。確かに西洋文明は"何かを分割すること、その分業"によって形づくられてきた印象があります。

マクルーハンは文字文化は分化を推し進めてきた一方、オートメーション・電気は統合を推進すると述べています。光の速さで地球が狭くなり、Global Villageが生まれる、と。そこでは五感が統合された、参加が促されるCoolなメディア環境があるだろうと。

まさに今インターネットによって"国際的な世間"が生まれつつあります。そしてそれに伴う軋轢も生じ、Brexitやトランプ大統領誕生、欧州での極右政党の躍進が起きている。そんなグローバル化へのバックラッシュの中で"マクルーハンならばどんな未来を視るだろう"とも想うし、単純にスマホやVRゴーグルについての彼の見解を聴いてみたいです。

マクルーハンは我々の技術が環境になることによって心身自体も影響を多大に受ける、そして芸術家のみがその中で平衡感覚を失わず「パンチを逸らす」術を提示する、と説きました。そんなVisionが今世界のどこかで生まれているのかもしれません。我々がゆく未来は、今萌芽している。その蠢きに五感を澄ませたい、そう想いました。

目次

ペーパーパック版への序文

第一部
はしがき
1 メディアはメッセージである
2 熱いメディアと冷たいメディア
3 加熱されたメディアの逆転
4 メカ好き  感覚麻痺を起こしたナルキッソス
5 雑種のエネルギー  危険な関係
6 転換子としてのメディア
7 挑戦と崩壊  創造性の報復

第二部
8 話されることば  悪の華?
9 書かれたことば  耳には目を
10 報道と紙のルート
11 数   群衆のプロフィール
12 衣服  皮膚の拡張
13 住宅  新しい外観と新しい展望
14 貨幣  貧乏人のクレジット・カード
15 時計  時のかおり
16 印刷  それをどう捉えるか
17 漫画 『マッド』――テレビへの気違いじみた控えの間
18 印刷されたことば  ナショナリズムの設計主
19 車輪、自転車、飛行機
20 写真   壁のない売春宿
21 新聞   ニュース漏洩による政治
22 自動車  機械の花嫁
23 広告   お隣りに負けずに大騒ぎ
24 ゲーム  人間の拡張
25 電信   社会のホルモン
26 タイプライター 鉄のきまぐれの時代へ
27 電話   咆哮する金管か、チリンとなる象徴か
28 蓄音機  国民の肺を縮ませた玩具
29 映画   リールの世界
30 ラジオ  部族の太鼓
31 テレビ  臆病な巨人
32 兵器   図像の戦い
33 オートメーション 生き方の学習

訳者あとがき
メディア研究者のための参考文献

cf.
マクルーハンと「メディア論」をソーシャル時代に改めて考えてみる (新聞紙学的)

# by wavesll | 2017-05-19 19:47 | 書評 | Trackback | Comments(0)

Jlin / Black Origami 遍く越えていくGqom / Footwork

First Listen: Jlin, 'Black Origami' (npr)
c0002171_8324993.jpg


Bandampで先行配信されてた曲を聴いて楽しみに待っていたJlinの『Black Origami』、日付が変わるなりSpotifyで聴いて朝起きてNPRで試聴してます。SpotifyよりNPRの方が音が太い感じ。陽光の下でも機能するクラブミュージックって又良い。

トライバルなGqom / Footworkに、ついこの間聴いたばかりのZIMBA / BALEKAの音をちょい想起。Popin'なカットアップセンスはThe Booksからの列なりも感じました。

締まったくっきりした音。それでいて猥雑な世界を鳴らしてる。こういうの聴くと嬉しくなるというか、みんなこういうの聴けばいいんじゃないかって想ったりw次代を切り拓く作品というより、いい意味で遍く心に響く安定性のある音楽だと思います。それをFootworkでやるんだから凄い。みんなこういうの聴けばい(ry

Pitchfolkの評やらガーディアンのJlinへのインタヴューとかさらさら読みながら、更に聴き込んでいきたい。最近ほんとにElectronic Musicが己の中でキャズムを超えた気がします。


◆Klein / ONLY -Cocktailの様に新しい知覚を呉れるVapor Rhythm & Blues
◆GAIKA 『SPAGHETTO』X ウユニ塩湖のチョコレートで漆黒のエクスペリメンタルを 第89回酒と小皿と音楽婚礼
◆行間が夜を深くする Cornelius『あなたがいるなら』& 鯖棒鮨 第91回酒と小皿と音楽婚礼
◆食品まつり a.k.a Foodman / "IKEIKE"に山芋の糠漬け 第70回酒と小皿と音楽婚礼
◆食品まつり a.k.a foodman Boiler Room NY X 山椒エール 第87回酒と小皿と音楽婚礼
# by wavesll | 2017-05-19 08:48 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Guns N' Roses - Appetite For Destruction X Coca Cola 第93回酒と小皿と音楽婚礼

Guns N' Roses - Appetite For Destruction Remastered HQ


c0002171_2132426.jpg私はメタルを通ってこなかった、なんならHR/HMとかバカにしてた人間で。それがサマソニでメタリカ見た辺りから変わってきて、ベビメタの2ndなんかも嵌ったりして。そして昨日のモトリークルーの流れからガンズ手を出してみるかなと想ったらサイコー過ぎてトビましたw!

「兄貴の位牌~ヤクザ!」もこうして聴くと明らかにBehindって言ってるしwベビメタも2回連続でリピート再生してしまったけれども、これも何度も何度もリピートしたくなる、HR/HMの魔力に魅入られそうです。

これだけ弩直球にいいのだと、もう何のてらいもなくコカコーラ飲みたくなりました。で、飲むとやっぱり美味い!ひっさびさにコカコーラ飲んでガンズ聴いて気分はアメリカw!

コカコーラも最初の一口は美味いのですが、500mlは多すぎて。甘ったるくて最後らへん"もういらねー"となってしまう。其処のところ瓶だと190mlなのでサイコーの気分でゴクりとやれます。唇の感触も、手の重量もやっぱりコーラは瓶が最高!

アクセルも一度生で見てみたいのですが、最近のLIVEだとちょっと声が変わっちゃってるかなー><今のアクセルを他山の石にしてぶくらないようワークアウトしてコーラも時々のご褒美にしようwそれにしてもこのパウダースノーを蹴散らす剛速球な爽快感、やっぱヤヴァ最高だなー★★★!
# by wavesll | 2017-05-18 21:21 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)