Wolfgang Amadeus Mozart / 歌劇『Don Giovanni』



此の女声の超高音で語り謡うのがヴァイオンリンと化学反応して美しく、近年の関心事項である<歌/語り(ラップ)>の文脈からも面白がって聴けました。

ここ数年、クラシックへの受容体が芽生えてきて、飛行機で移動するときも往路か復路どちらかはクラシックを聴いたり、あるいは東京オペラシティにSteve Reich 『Tehillim』を観に行ったりしていて。

題名のない音楽会を毎週みるようになったりNHKBSPで朝5時からやってるクラシック倶楽部なんかもちょくちょくチェックするようになり、「聴く音楽って広がるもんだな」と。そんな中、BSプレミアムで先日やっていた歌劇『ドン・ジョバンニ』がSonarに感応して。

声楽的な歌い方に馴染んできた影響も大きいと想いながらもまだ『歌劇』と『オペラ』の違いも分からなくてw単純に音として聴いていて綺麗で刺激的で。で、作曲者がモーツァルトだと知り、なんか”自分、モーツァルトまで到達したか”と妙に誇らしくなりましたw

上の動画はサウンドのみで訳詩付き、下の動画は演劇の映像付きです。音だけ聞くなら上の動画がお薦め。

これを足掛けにオペラなんかの樹林にも足を踏み入れていけたらななんて想いつつも、おっかなびっくりな足取りでクラシックへは身体が向きそうな感じです。

# by wavesll | 2017-11-13 07:15 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Tianzhuo Chenの舞台がパステル・ホドロフスキーでハオ!

c0002171_11171559.jpg
intoxicateにてフェスティバル/トーキョーのアジアシリーズ vol.4 中国特集 『忉利天(とうりてん)』の記事を読んで。チェン・ティエンジュオが構成・演出・美術を行ったこの<古代神 X クラブミュージック>のパフォーマンス・アート。先ずこのヴィジュアルに惹かれました。

実際に池袋あうるすぽっとに行くには能わなかったのですが、Tianzhuo Chenの公演動画を漁っていました。


”上海のArt感覚の現在はこれか”と。Tianzhuo Chen氏はインタビューで「きゃりーぱみゅぱみゅなんかも興味があった」と言っていましたが、これらの作品のAsian Millennial世代の感覚はパステルなホドロフスキーあるいはマシュー・バーニーな、ヴァーチャルリアリティーが現実レイヤーと織り重なり魔術的リアリズムな日常/非日常から生まれいずる感性だなと。

Vimeoにはフルレングスの舞台動画も上がっていて。上のポスターの笠神も出てきていて。大変に楽しめました。台湾や韓国のカフェなんかもそうですが、アジア人の表現する西欧の方が本物以上にオサレでポップな感覚ってあるなぁと。Asiaの今のセンスに今後も着目していきたいです。



cf.
# by wavesll | 2017-11-12 11:56 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

プリンスペペの“ドラクエの塔感”は異常。

c0002171_20344595.jpg

# by wavesll | 2017-11-11 20:35 | 街角 | Trackback | Comments(0)

入江陽インストアライヴ@タワーレコード池袋

c0002171_21375670.jpg





池袋P'パルコのタワレコに入江陽のインストアライヴを観に行きました。

先日リリースされた『FISH』からのインストアライヴ。『FISH』から「心のミカン」や「鉄のハート」が。≪ミツカン味ぽん、食べさせ合って≫とか、「ふたり」の≪猫背な人が 世界を変える 君のパワーが必要≫とか心の襞にヌヌっと響く歌詞、好きだなぁ。

そして『雪の華』『やけど』『おひっこし』『White Love』らが短く歌われて。最近はすぐに次へ行きたく短いヴァージョンが好みだそうです。「雪の華」から「やけど」へ行ったときは”おおお!”という感じでそこから「おひっこし」が来たときは”おおおお!!!”という感じ★

そこから「教えて」と「Baby」へと現在系を鳴らして。電子音と生弾きのビートリズムや≪ゾンビがあちこちに≫と『ウォーキングデッド』を経過した歌詞、そしてファルセットがまた刺さって。良いライヴでした。

『FISH』はSpotifyでも聴けます。どのアルバムもいいので、是非★ 個人的には”日本にはFrank Oceanはいないけど、入江陽がいるじゃないか”クラスに好きなミュージシャンで。ライヴ観れて嬉しかったなぁ。

そして今夜はもう一組、エンヤサンもLiveしてくれて。Smoothで好感持てました。


# by wavesll | 2017-11-10 21:59 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Terry Riley, Juana Molina, Logic System(松武秀樹) Live at WWW X

c0002171_05364458.jpg
c0002171_05365604.jpg
c0002171_05370340.jpg
c0002171_05374912.jpg
c0002171_05375918.jpg
c0002171_05381286.jpg
c0002171_05382232.jpg
c0002171_05385289.jpg
c0002171_05391130.jpg
WWW XにてTerry RileyJuana Molina, そして松武秀樹のライヴを観てきました。
Opening Actとして19:15分位に始まった松武さん。"第四のYMO"と言われるだけあってアンティークな味わいのある巨大なムーグで。上がりすぎないようにすかしながら徐々に高めていって最後は噴き上げる感じ。

そして次が本命!テリー・ライリー!
息子ギャンのギターとテリーのグランドピアノやピアニカで構成される演奏は『A Rainbow in Curved Air』とは異なる音像ながら、最後のギターの爪弾き展開とテリーが絡む曲なんかは良かった。
そして中盤の、ウイルタの口琴的聲明や雨蛙のようなシンセで指太鼓曲がモンゴル的な服装も含めてユーラシアを電子的にあらわしてとても気に入りました。あそこはこの日の音楽的刺激のピークだったかも。

そしてフアナが想像以上に良くて!アー写はオジーみたいだけど生だととてもコケティッシュ。音も“アルゼンチン音響派”に収まらない、寧ろスピネッタ等の太い幹の現在として感じられるハイブリッドな南米ポップ/ロック音楽。すっごく上げてくれ、まっこと良かった!

最後は5人で即興セッション。JuanaとTerryのフリースタイルな掛け合いもみれて。アンコールがホントにその場で創ってる即興感がちょいグダも含めてアンコールらしくて良かった◎終わってみれば23時。愉しい一夜となりました。

# by wavesll | 2017-11-09 06:02 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Galaxy Studio Tokyo@キャットストリートでVRアトラクションを遊ぶ

c0002171_5362011.jpg
c0002171_5365417.jpg

渋谷から表参道へ抜けるキャットストリートの原宿 BANK GALLERYでGalaxyのフリーイベントが催されていました。

Galaxy VR gearを使ったアトラクションが幾つかあり、私が体験したのはフィフス・エレメントみたいな超絶高僧ビルの狭間をエア・バイクで翔けるアトラクション。シートベルトし、バイクも動く4D仕様。(上は私の後にやった方のPLAY写真です)

没入感半端無かった!他にもレインボーロードスケルトンするみたいなゲームとか色々あったけど、VR酔いしてしまって泣く泣く離脱しました。アトラクションをするごとにスタンプが溜まって、5つ溜まると外のガラス張りの処でVR版スター・ツアーズみたいなのやれるらしいです。

”メガネでも楽しめるVR GEAR、やるなー”と想ってたらトランプ公式夕食会に元慰安婦を招待、独島エビの料理もなんてニュースが。このタイミングでやるか。金を落させる気を失せさせられ。料理だったらカンジャンケジャン、美術だったら≪百済金銅大香炉≫、音楽ならIUOOHYOイ・ランZion.TそしてHyukohとか好い文化はあるけれども、どうにも。残念。
# by wavesll | 2017-11-08 05:45 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

The Master Musicians of Joujouka Live @WWW X 亜空の祝祭呪術音楽を聴踊

c0002171_535018.jpg
c0002171_54525.jpg
c0002171_542447.jpg
c0002171_54409.jpg
c0002171_545782.jpg
c0002171_551279.jpg

モロッコの呪術音楽集団ジャジューカのライヴをみてきました!

亜空の祝祭呪術音楽!ダンスミュージックかつジャズ/ロックの根源と云うか音で時空が歪んでました!もう“ほげええ”と口開いて仙穴開かれて。朝までコースというか翌日昼まででもいつまででも逝ける感じの奴でした!

モロッコ、ジャジューカ村に伝わるこの音楽を教えてくれたのはローリングストーンズのブライアン・ジョーンズ。彼がBrian Jones presents The Pipes Of Pan At Joujouka (Full Album) 1968という作品を遺してくれたお陰で、大学生の頃だったかな、この神秘の音に触れることが出来ました。待望の一夜に胸膨らませ、着座。

まず初めにジャジューカ村での短い映像が流れ、愈々マスター達の登場。
1曲目はリラという笛とヤギ革の両面タイコティベル。”あぁ、これはクラブで明け方にプレイし始めて8時9時まで踊れる奴だ”という反復と変容。今回ジャジューカ・マスター達を招いてくれたFRUEの首謀者が「誰よりも自分が気持ちよく踊りたい」と<FESTIVAL de FRUE>で電子音楽などに交えてヘッドライナーに据えたのは本当に英断だったなと感じました。

とはいえパンチの面でもっとガツンといきたくなって、”確かにブライアンがディストーションかけたくなるのもわかるな”と想っていたら2曲目からリラがダブル・リードのチャルメラ楽器‘ガイタ(ライタ)に変わり、音の奔流が唸り響き!こりゃピークタイムがんがん行ける音だ!

ウィリアム・バロウズに「4000年前から伝わるロックンロール!」と言わしめたジャジューカ。この音楽体験はワールドミュージックの到達点という意味では16ビートを古代から成し遂げたインドネシアのガムランに匹敵する感動がありました。今年のLIVE体験という切り口でもPaul McCartney Live in Tokyo DomeShobaleader One Live at SONICMANIAと並ぶトップクラスの体験。

乱れた心を治癒する「バラカ」(超人的能力)を秘めた神聖な音楽として祝福されたジャジューカ。聴いていると毒出しされる異妙な感覚が。これ、FRUEではNon PAで午前三時まで4時間やったって逝ってしまうなw

そして舞台上に毛皮に身を包んだ半神半獣の男ブージュルード登場。ジャジューカは彼によって村人に教えられたという伝説があるのです。オリーヴの枝を振り回しフロアをあげる、あげる!

もうこっちはアルファ波で現から幻界に脚突っ込んじゃってwフロアはぐるんぐるんに異相の時空間が廣がって熱狂の内爆発と恍惚の外爆発に!!!!!!!!

22:00までがっつりやってくれました。アンコールが無かったのは会場の時間制限もあったからかな?出来ればホントに始発までやって踊り狂いたかった昂奮度。椅子席だったから途中まで“タコ踊りしてええ!”と思ってたら最後は皆総立ち、至高の時間を味わうことができました。شكرا

The Master Musicians of Jajouka 1/7, 1980


The Master Musicians of Jajouka 2/7, 1980


The Master Musicians of Jajouka 3/7, 1980


The Master Musicians of Jajouka 4/7, 1980


The Master Musicians of Jajouka 5/7, 1980


The Master Musicians of Jajouka 6/7, 1980


The Master Musicians of Jajouka 7/7, 1980

# by wavesll | 2017-11-07 05:45 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

肉の桃源郷、平間の北京に行ってきた!

c0002171_6404355.jpg
平間の北京に行ってきました!

大学時代に焼肉好きの友達から誘われていった北京。その美味さと値段以上のクオリティにぶっ飛ばされ、煙が黙々と上がる店構えがまるで肉の桃源郷だと想ったものでした。

武蔵小杉で南武線に乗り換えて2駅だけですが、ここ数年は足が遠のいていて。そんな時に寺門ジモンの取材拒否の店で「11月に閉店」だと聞きこれは食いに行かねばと行ってきたのです。

(※コメント欄での情報提供でまだ裏はとれていないのですが、閉店したのは「おばちゃん北京」で、この「おやじ北京」そして「第三北京」は閉店してはいないそうです)

この店は一人での来店が断られたり、注文は一度きりしか出来なかったり色々と決まりがあるのですが、それもまた楽し。今回は3人で行きました。

やっぱりここの上ロースと上ハラミは極上!名物のキャベツを皿で押しつぶしてタレをかけるのが脂をさっぱりさせてくれてこれもまたあう!最高、最高◎

もう最後だと想って十二分に注文して。上タン塩X2、上ハラミ塩X2、上ロース塩X2、上カルビタレX2、瓶ビール2本、キムチ、もやし、キャベツX3、ライスX3。これ3人で食べたから腹パンパン以上。タンは凍ってるのもあり1人前で好かったかな。カルビも1人前でいいかも。逆に上ロースと上ハラミはもっともっと喰いたい感じでした。

大満足で店を後に。十一月で閉店に加えTVでも取り上げられましたが、少なくとも11/5(日)は常識的な時間に行けば一巡目で入店することが出来ました。

今でも昨晩の肉の旨みを想いだして涎がじゅるりとなってしまう。あー!美味かったなー!本当に美味い肉を食べたい貴方に平間の北京での焼肉体験、お薦めです★★★★★★★

# by wavesll | 2017-11-06 06:38 | 小ネタ | Trackback | Comments(2)

代官山にてバスキア

JEAN-MICHEL BASQUIAT ≪Untitled≫ (1982)
c0002171_20382317.jpg


MARK GROTJAHN ≪Untitled (Blue Butterfly Dark to Light IV)≫
c0002171_2043199.jpg
CHRISTOPHER WOOL ≪Untitled≫ (1990)
c0002171_2056843.jpg


MARK GROTJAN ≪Untitled (Pink Cosco II Mask M40.c)≫
c0002171_2058141.jpg


ANDY WARHOL ≪Flowes≫
c0002171_2103329.jpg


c0002171_2112082.jpg


代官山ヒルサイドテラスにてZOZOTOWNの前澤さんが落札したバスキアをみてきました。

迸る熱力は離れてみると内爆発しさらなる外爆発を予期させ、近くで観ているとアステカなんかにも通じる精力の渦巻きに当てられのぼせる感覚。若き日のバスキアが今まさにみなぎるエナジーでレヴォリューションを起こそうとした勢の様が良かった。生で観ると瑞々しい鮮やかさがより響きました。

今回の展覧会は第4回 CAF賞 展のExtra Trackで、公益財団法人現代芸術振興財団主催学生向けアートアワード受賞作では

小山しおり ≪continued story≫
c0002171_21152122.jpg


が気に入りました。またヒルサイドテラス常設のこの壁画も好みでした。

c0002171_21161651.jpg

# by wavesll | 2017-11-05 21:16 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Montreux Jazz Festival JapanにてPharoah SandersやAxel Toscaをみる

c0002171_4373513.jpg

Pharoah Sanders - You've Got To Have Freedom


Montreux Jazz Festival Japanに行ってきました。

15:00に会場に着くと入場の列が。それに並び中に入ると椅子席で、前方真中らへんのいい席を確保することが出来ました。

最初に始まったのはJoey Alexander Trio。14歳とは思えない素晴らしいプレイに目を瞠りました。ドラムのUlysses Owens Jr.もかなり良くて。

そして今日一番良かったのが菊地成孔 with Axel Tosca Project.

キューバ音楽映画『Cu-Bop』の主役の一人であるAxel Tosca(key)と菊地成孔(sax), 類家心平(tp), 鈴木正人(b), 秋元修(dr)の、Magicの域までみなぎる音!

覚醒と酩酊を突き抜けていくSound Waveに幾度も幾度も心ときめかされ、エナジーが炸裂する瞬間がありました。

そしてPharoah Sanders Quartet…!!!!!! ゼロ年代にクラブジャズに嵌って、『You've Got To Have Freedom』はこの世でトップクラスに好きな楽曲、愈々伝説を拝める…!

リストバンドをみせれば出入り自由なので、ガーデンプレイスのファミマでエナジードリンクで給油して万難を排してライヴに臨みました。

ところが…昨年体調不良で東京JAZZをキャンセルの不安が顕在化していて。
足取りもスローモーで、一曲吹ききれず後ろに下がってしまいメインのいないピアノトリオ化。楽曲の最初と最後だけファラオが出てきて吹く感じ。

キレキレのクールで熱い『Elevation』『Izipho Zam』のスピリチュアルを湛えるファラオに心酔していただけに残念でした。御歳七十七だもんなぁ。。それでも、仙人のような風貌から吹き鳴らすサックスの掠れに、あるいはおどけの奥から出る魂篭ったヴォーカルに往年の片鱗を鱗一枚は感じることが出来ました。

しかし結局、『You've Got To Have Freedom』のあの咆哮のようなフレーズは聴くことが出来ず。

今はライヴの時代だといいますが、優れた録音芸術を仕上げることってとても、とても大事だなと。Recordとして刻まれた音は生命として時空間を越えていくから。人のさだめは伝説の人でも変わらぬと識って、そして此の曲が古典として弾き継がれて欲しいと想った夜でした。

Pharoah Sanders - Africa - You've Got to Have Freedom


Pharoah Sanders: You've got to have Freedom 2011

# by wavesll | 2017-11-05 05:11 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)