タグ:コミュニケーション ( 81 ) タグの人気記事

「面白いことを書く遊び」について

先日クローズアップ現代+にTwitter社のジャック・ドーシーCEOが出て、「TwitterはSNSだとは思っていません。SNSは友達・家族・クラスメート・同僚を探すツールですが、Twitterは全く違います。Twitterでは「関心」によって、誰かとつながるのです」と言っていました。

これには私もかなり膝を打つところがあって。私自身のTwitterの使い方も、RTが多いのもそうだし、自分のTweetも自分自身が主役というよりも「体験した何かがどう楽しいか」と何かの作品やイベントそしてニュースを具としたコミュニケーションが主だなと。

私みたいに「この飲み会の金で音楽や映画、展覧会行けるな」とか思っちゃう人でなしにはぴったり嵌るというか(苦笑) 勿論Twitterの使い方は一つだけではありませんが、「人」を押し出すよりも「作品/イベント/ニュースへの関心」が主だからこその繋がりってあるなぁと想いました。

ただ、こういう発話を「それは他人の褌でお前の手柄ではない」と想う人が結構な割合でいるのも理解できます。それにTwitterでも何かの感想よりオリジナルの写真や絵、動画や140文字で紡がれる独自の文章ネタの方が”いいね”で評価されてます。

先日ねほりんぱほりんでネトゲ廃人が取り上げられていて「ネトゲ廃人には 課金型と時間投下型がある」というのをほえーと見ながら”考えてみるとTwitterなんかもネトゲの一種かもしれない”と想って。

自然に生まれる”面白いこと”ってそうポンポンあるものでもないし、”俺、もしかして課金型とか時間投下型のプレイヤーになってないか?”と少し怖くなって。

勿論、好きな音楽や展覧会に行き観想した事ですし、Twitterの反応含めてそれが加速するのは時にいい循環でもあるのだけれども、遊びは遊び。それに振り回されてしまっては本末転倒だなと。

だから承認欲求や地位財としての消費からなるだけ身を離し自然に内発する心のままであることが大事だと感じます。

愉しい営みとしてのWebへの鍵盤打筆というか、「自分が読みたいものを自分で書いてみる」という基本に立ち返る重要性。そのヴォランタリーなコントロールが出来れば、SNSやBlogは「面白い、書きたい」への感性を増大させてくれ生活を豊かにしてくれますから。

私自身昔は周りの人たちに「最近面白いことあった?」とか雑に聴こうとしたり逆に”こっちはこれだけ書いてるのに何の反応もせずにフリーライドか”とか変に気張って失敗してきました。

今はいい意味で明きらめたというか、「しゃべりたいことがない人から無理に聞き出さなくても自発的に情報を発してくれる人の声で十分じゃないか」と想って。また「面白いことを何の見返りもなく書いてほしい」と強いるのはブラック企業的な価値観でもあるなと。プライベートは鬼門ですし荒らしたくもない。

その上でいつもTweetで愉しませてくれるフォロイーさんたちや、LINEで面白い噺を送ってくれる友。またBlogerの人やメディア上で好い番組や作品をだしてくれる人たちへは自然と親しい有難さを感じています。辺境探検家 高野秀行氏講演会 'N' 早稲田大学探検部カムチャツカ遠征報告会のように、公開してくれるものだけでも相当コアな噺聴けますしね。

「面白いこと探し」はあくまで遊び。けれどだからこそ本気になれるし、私ももっと純度の高い心が入った文章を画けたら嬉しい限りです。個人的には一週間くらい37℃台の熱を出したのが快復し対面したときに「最近面白いことあった?」と聴いたら「風邪が扇風機で飛ばされた」と応えた祖母の感性を目指したいですw

無論Face 2 Faceの場においては傾聴が主張よりも大切な場面は多いし、お互いの情報交易が平衡することが大事だと思います。或いはTwitterとかの半ば公道では余りに呟きすぎると嫌がられることも。そういった意味で、Blogのような自サイトで思う存分文章を認めて非同期の時間軸での発信をするって善いなと。

ゲームにおいて一番いいプレイは時間投資量で勝負するのでも課金チートで勝つのでもなく機知と技量の水準を上げていくことだと想います。此のサイトの記事でも単なる紹介レポートではなく黒田清輝展@東博 もう一つの坂の上の雲年を重ね今解る椎名林檎『平成風俗 大吟醸』の良さのように「論」があると良いもの書けたなと想います。 そうした本質的なLv上げならガンガンやっていきたいなと←意識だけ高い派にならないようにしないといかんですねw

by wavesll | 2017-11-30 05:01 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

挑発する藝術の秘 アイ・ウェイウェイ《安全な通行》《Reframe》@横浜トリエンナーレ

c0002171_922882.jpg

横浜トリエンナーレでのアイ・ウェイウェイ(艾未未)《安全な通行》《Reframe》は救命ボートと難民によって実際に使われた救命胴衣による美術館正面の外壁全面を用いたインスタレーション作品で、トリエンナーレの象徴ともいえる作品。

強力なヴィジュアル・イメージを放つ本作品に対して、Twitterでみた一つの意見に膝を打ちました。
それは「これはケバブなのではないか」という視点。

成程と。なぜ救命胴衣を縦に重ね連ねたかの一つの解としてケバブのメタファとして中東世界からの様を顕わそうとしたというのはあるかもしれないと想ったのでした。

勿論これはアイ・ウェイウェイが提示したこのヴィジュアルに対する一つの見解であり、確定した正解とは言い切れません。寧ろこの謎の意味を考える行為そのものがこのArtの価値なのだと想います。

昨夜「断言には一歩引き、断言で否定されたらその根拠を訊き反論するといい」と書きました。

確かに呪いの様な言論にはその正体を明らかにすることは健全な行為ですが、自分を否定してくる言説に触れたときの方が居心地のいい環境にいるより化学反応というか、論考が深まることはあります。

挑発してくる敵はいまいましいけれども、しかしそういう人間を完全に排除すると色々と鈍ります。

そしてその時に安易に正解を聴かずに”何故か?”を考え続ける営為が思考の深度を増幅させることもあるかもしれません。

ただ前述したように”謎”が人間関係などに関わる場合は寧ろさくっと聴いた方が解決スピードが上がり実利があることも多く、そして悩みすぎて潰れてしまっては元も子もありません。

そうした時にArtが”この意味が分かるか”と挑発することはとても大きな意義を持つと想うのです。

挑発するArtは現代美術に限らず、例えばジブリ・アニメもそうです。宮崎駿監督の『耳をすませば』の企画書が凄すぎるという記事が先日話題になりましたが、その企画書を具現化する能力に舌を巻くと共に企画としての深い眼差しに驚嘆しました。

それは「もののけ姫」企画書に於いても「風立ちぬ」企画書に於いても、名匠による作品は時代へ突き刺さる洞察から、いかに生きるべきかという本源的な秘に挑む目論見なのだなと。

それはアイ・ウェイウェイのインスタレーションにも通じるものがあると感じました。圧倒的なヴィジュアルの強さで具現化された”Concept”の見事さ。
無論全てのArtがそういうものでもないと理解していますが、生の秘、その深い謎を提起する藝術を私はみてみたいなぁと透徹な朝の空気に想いました。
by wavesll | 2017-10-26 09:43 | 私信 | Trackback | Comments(0)

断言との付き合い方

断言を多用したり簡単にこっちの意見を否定する人間の自信に脅かされることってないですか?

けれど、よくよく話を聞いてみると知識の無さを感じることが多く、単に阿呆故の浅慮ではないかと最近思うのです。

と同時に阿呆な決断が現実に迫力を持って効力を発揮するのも事実で。複雑で中間色の話はウケが悪い所があります。

私は相手の意見を否定することは基本しないで、相手からの否定の言葉には”確かにそうかもしれない、自分のこの考えにはOXという弱点があって、そこをこの人は重要視し否定をしているのかも”と自分の中で補完してしまいがちです。

しかし否定意見を投げかけられたときに必要なのはまずは反論であり、或いは「何故そう思うのか」の根拠を求める態度だと想います。

言い放されているのを放置すると精神健康上具合が悪いですから、防御技術は必要だなと。単なる浅薄な否定に付き合ってはしょうもない。あまりに不愉快が続くならば、板橋の縁切榎でも行って交わりを絶つのもありかと。

物事には必ずいい点と悪い点があり、意見の精確さを誠実に述べようとすると白黒は付けにくいものです。だから、本当はコミュニケーションに於いては「自分の見識だけが正解でないかもしれない」と自らを疑う知見を持つことが必要だと想います。

話をしていて自らの意見から全く譲らず主張するだけの人間には「あぁこいつは聴く耳持たないのだな」と不愉快な気分になるものです。

本当はコミュニケーションは丁寧に言葉を尽くすことが必要で、一旦相手の意見を飲み込んだ上で「確かにそういう気持ちは成り立つけれど、OXという根拠を加味すると私はこう思うがどうだろう」とするのが理想で。

自分の意見に疑問を持たずガチガチな強硬姿勢を通したいならば懇切丁寧な説明をしないといけないなと。

否定の言葉を投げられてもちゃんと根拠が示されれば、単なる呪いの言葉ではなく改善すべき課題の提示となります。

断言をすることは現実的なパワーを持ち、その自信ありげな雰囲気が状況を打破することはありますが、断言をするだけでその後にその説明をきちんとしない人間とはある程度の距離をおいた方が良いという噺でした。

cf.
◆『嫌われる勇気』は読まずに、関連文書を読む ~自己欺瞞を超えて <アドラー心理学に触れて>

◆安倍は何故勝ったのか。「リベラル」「保守」とはそもそも何か。 -総選挙の分析を調べ、政治を考える
by wavesll | 2017-10-25 20:41 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

安倍は何故勝ったのか。「リベラル」「保守」とはそもそも何か。 -総選挙の分析を調べ、政治を考える

衆議院議員選挙は自民党の大勝に終わりました。

希望の党が失速し、立憲民主党が躍進はしたけれども、野党が割れ自公の与党連合に負けた結果となりました。

今回の選挙に限らず、「リベラル」「保守」といった言葉が政治記事では飛び交います。中には「日本のリベラルはリベラルな経済政策を行っていなく、寧ろ保守の自民党がリベラルなリフレ政策を行っている」なんてごちゃごちゃした話も。

そんなぐちゃぐちゃに対して「リベラル」の逆は「保守」ではなく…歴史に耐えるものさしで、中島岳志さんと現代日本を読み解く政治学(Yahooニュース)という記事は羅針盤を示してくれました。

そもそもの「リベラル」「保守」の起源から、現代においてどのような定義でこれらのタームが用いられているか、そして本質的な政治視座をどう設定できるか。

私自身、「リベラル」という横文字をふわっとしたニュアンスで使っていたので、丁寧な説明は大変勉強になる良記事でした。

さて、今回の選挙、森友・加計問題は私はそこまで大きな話でもないと考えていたのですが、安保法制、秘密保護法案、共謀罪にはかなり違和感を持っていたのに加え、遂には消費増税を唱え、「安倍はアベノミクスだけは上手くやったけれど、8%に上げたことは完全なる失策だったな」と考えていた最後の壁も崩されたことで、私は反自民に投じました。

しかし結果としては自民の大勝。しかしTVは「排除発言」がどうだとか浅い話しかしないし、今回の選挙の結果についてどう考えればよいのだろう?何故安倍は勝ったのかと「?」を想っていた時、投票行動などに詳しい政治学者で慶応大学教授の小林良彰さんと憲法学者で九州大学教授の南野森さんがSession22にて行った今回の投票を分析が非常に役に立ちました。

ラジオ番組ですが、上のリンクから一定期間は聴け、Radikoのタイムフリー期間なら10/23(月)22:00-24:00のTBSラジオで聴けるのですが、有意義な情報だと感じたので、以下に選り抜き文字起こしします。

(選り抜き開始)
<選挙結果は「議席」と「得票率」という”結果”がある。>
今回、比例代表は自民党37.5%、小選挙区だと75%の議席を取った。

一方で自民党が取った得票率は43%。

本当の”民意”は「得票率」だけれども、選挙後に話題になるのは「議席」の方。

得票率と議席がズレるのは与野党問わず起こり、それは小選挙区制度の問題。

<では自民党は今回どこから票を持ってきたか、>

先ず今回、自民党支持者の85.2%が自民党に投票している。身内を固めきれたのが大きい。安倍さんは支持率は上下しているように見えるが、自民党の支持者からはしっかり支持されている。

一方無党派層で一番多かったのは立憲民主で28.3%。それから希望の党と自民党が22%で同じくらい。結局”反自民票”が割れてしまった。

”自民党は支持するけれども安倍は独断的だから支持しない”という人には小池の排除発言は独断的に見え悪印象だった。野党の票を割ったオウンゴールがあった。また民進から希望に移る際に安保に関する政策を転向した候補者が信頼を失ったこともあったかもしれない。そして小池自身は選挙に出なかったため、盛下がっていった。

一方立憲民主は準備が足りず、小選挙区でも候補者が足りなくて、比例代表では東海6区で候補者が足りなくて自民に一人分譲る結果になってしまった。

結果立民への票と希望への票は拮抗。そうなると自民党は43%の得票率で自民以外の得票率が57%でも70%以上の議席を取れてしまうという結果が起きた。

2009年の民主党が政権交代をした際も得票率は50%いっていない。小選挙区と言う制度は民意の反映において問題点がある。

<世界の民主主義には2つある。 >

一つはウエストミンスター民主主義。英米加豪などの旧イギリス領での政治制度では”多様な意見を入り口で多数決で決める”為、小選挙区制をとる。

もう一つがコンセンサスデモクラシー。欧州大陸では比例代表で国民の民意をそのまま国会に持っていく。国会で議論をして決めていく。

日本の制度だと、50%行っていない得票率の候補が選出された上で、国会で多数決をし定数不均衡の2:1があるため地方に住む12%の民意がモノを言うので、7%位の民意で決まる。

比例代表は選挙では多数決をせず国会の審議で多数決をするため多数決は一回だが、小選挙区は選挙と国会で多数決を2回する。

選挙結果で民意を反映できるのか。
イギリスは二大政党じゃなくなっている。スコットランド独立党、英国独立党があり、保守党と労働党だけでは済まない。ドイツもそう。米国で共和党と民主党で上手く行っているのは、米国には地方交付税がなく、地域によってかなり明確な色をもって金持ちと貧しい人で住民が住み分けているため死票が少なく民意が反映しやすいからとのこと。

日本では小選挙区は合わないと小林教授。

<比例代表の問題点>
一方で南野教授は「比例代表一本だとワイマール共和国のように、選挙の前に選挙後どのような連立が起きるか投票者が分からない状況が起きる」と述べる。

連立が前提となると、ワンイシューで連立が崩壊するリスクもある。日本でも例えば辺野古の時社民党が抜けたりしたが、ワイマールだと平均内閣維持期間が8か月から1年だった。コロコロコロコロ政権が変わると、国民側から”強い執行権を持ったリーダー”への希求が生まれ、それがヒトラーに繋がったという指摘もある。

上のように比例代表にもメリット・デメリットがある。またフランスは下院で二回投票制を行っており、大統領選挙も決選投票を行っている。(この場合、選挙コストは増大する)。

小選挙区も比例代表もあり、模索を続けるほかない。

<年齢層別の投票先の差異>
さて、今回の総選挙では10代20代が自民党に入れた。30.4%が自民党に比例代表で入れている。立憲民主が3.5%、希望が6.5%。

立憲民主に入れたのは60代。学生運動世代が社会党時代から上にシフトしている。自民党に入れたのは15.7%。

(筆者注:朝日新聞の調査では18~29歳では41%が自民と答え、希望13%、立憲6%を上回った。一方、60代では自民27%、立憲20%、希望10。)

若者の自民党支持は13歳から14歳の頃に民主党政権を体験し、「民主党は駄目だ」という原体験をキープしている。逆に60代はロッキード事件を体験し、それをキープしている。

実際、今回公明党が「#2009年何してた」というキャンペーンを行い、若い世代に民主党時代のトーンを訴えようとしていた。実際自民党は若い人ほど票を投じている。これは今の就職率が高いことも大きい。

<男女の投票先の差異、社会争点と生活争点、対立争点と合意争点>
女性はどちらかというと希望の党が多く、男性は立憲民主の方がかなり多かった。
これは党首が女性だったことに加え、立憲民主は生活争点(年金、社会福祉)より社会争点(憲法、集団的自衛権)を訴えたこともあると考えられる。

安倍は社会争点(教育基本法、憲法改正)で下野し、2012年以来生活争点を前面に出している。アベノミクスを訴え、男女共同参画を訴え、今回は「保育園落ちた日本死ね」に対し消費税増税分を保育園幼稚園無償化に使うと訴える。

”百点のリベラル政策をやれ”と野党がいう所を”51点のリベラル政策をやります”とするところで、自民党支持層の支持を失わずにその他の層へも訴える。これは上手い。

この安倍首相の戦略、立憲と希望で野党が割れたこと、そして小選挙区制度が今回の「議席率」という結果に繋がった。

争点の出し方が「消費税を8%のままにした方がいいですか?それとも10%に上げた方がいいですか?」ならば結果は違ったかもしれない。しかし「幼児教育に使った方がいいですか?」という生活争点を出しながら「国難突破」という社会争点を安倍は出した。

そして「幼児教育無償化」と「北朝鮮強硬姿勢」は誰も反対しない合意争点であり、対立に成らず現状維持になりやすく、実に巧みだった。憲法などの対立争点はあまり主張しなかった。

このように選挙対策を練った上で、野党がバタバタしている時に解散できるのが解散権が伝家の宝刀といえる理由。与党にかなり有利な制度といえる。

世論調査をすると今回の選挙の政策イメージは≪立憲民主と共産≫と≪それ以外≫の二極構造と捉えられていた。共産は立憲に食われて、希望は自民や維新とは十分に違いを示せなかった。

安保法制なども有権者は「決まったものは仕方ない」という現状肯定な所があり、賛否は半々くらい。この反対票が野党で割れ、賛成は大半へ自民へ流れた。

<憲法改正問題>
憲法9条も三項を加えることは賛成が62.3%、反対が32.7%。ここでも安倍の巧い方策が目立つ。ただ、この改憲が将来どういった変化が生まれるかというとかなり大きな影響が生まれるかもしれず、そこを学者や政治家はきちんと解き明かし論議をしないと禍根を残す。

憲法改正の発議への手続きは、国会で2/3以上の賛成で可決し、可決されてから60日から180日かけて国民投票が行われる。公職選挙法と勝手が違い、現状だとCM等もバンバン行うことが出来るなどの規制が緩い。
(選り抜き終了)

さて、文字起こしの最後で触れられていた憲法改正の国民投票。安倍首相はまだ先のことだと言っていましたが、それを視野に入れているのは間違いありません。

その際、50日以上にも及ぶ政治運動期間が設けられるとのこと。そうなった際は例えばTwitterや、デモ、或いは電話運動など、政治活動が行われることだと想います。

ただ、近年の政治言論をWebでみていると自分と異なる政治思想を持つ人に対して、非常に攻撃的で、ともすると軽蔑したり馬鹿にしたり、下にみる発言が、右にしろ左にしろ散見されます。

今回の投票率は台風がぶつかったこともあり、戦後2番目の低さの53.68%でした。
政治思想が固まっている人を動かすのは難しいものがありますから、憲法改正したい勢力も、改正させたくない勢力も、残りの46%の層の掘り起こしが大きいと想います。

そういう時に上にあるような態度を露見させていると、「こいつとは根本から話が合わない」と思われ、対話には何の説得力も発揮できないと想います。

内輪でのびのびやるのは私も好きだけれど、そもそもの「当たり前」が異なる相手と話すときに対話を拒絶し相手の話を聴かず自分の主張を押し付けるだけでは、意識が高いのではなく、ただ偉そうな鼻つまみ者になってしまいます。

あるTV番組で選挙コンサルの女性が「一寸の虫にも五分の魂があることを忘れた候補者は落ちます」と言っていて。

どんなに無知に見えても、どんなに愚かに見えても、そもそも政治意識が低くても、みなプライドがあり、それを害されたら途端にそっぽを向く”浮動の一票”なのだと胆に据えねば選挙の戦は勝てないのだと感じ入りました。

「こうあるべき」の「こうあるべき」が共有できない人とコミュニケーションしなければならないのは、端的に言って苦痛で。私自身も苦手中の苦手です。けれど「選挙に勝つ」という結果を出すために「他者を動かしたい」なら、それは必要となるだろうと想うのです。

とはいえ論評者は常に2番手以下、行動を起こした人が1番手。言うは易し、行うは難し。これは不変。実装するものが道を切り開きます。

その上で、中々Webでの「情報発信」では工夫をしなければなりませんが、政治運動においてはPUSHよりもPULL、傾聴の姿勢が実効力を持ちうると想います。

ただでさえ”正義”を背負うと、人は強硬姿勢になりがちで、それはその人にとっての「当たり前の価値観」に基づいた結果です。

けれどより自分が望む結果にハンドリングしたいならば、そしてその未来が独りよがりでなく広く受け入れられるものならば、傾聴し出てきた問題意識への解として、自らの主張を丁寧な言葉で提案出来たら一番いいし、その問題を掬い解決する事こそが政治なのだと想った選挙戦でした。

Arcadia - "Election Day (7" Version)" (Official Music Video)

by wavesll | 2017-10-24 20:18 | 私信 | Trackback | Comments(0)

人間の会話の本質とは? 人間ってナンだ?~超AI入門~第一回から

ETV 人間ってナンだ?~超AI入門~を観ました。松尾豊(東京大学大学院工学系研究科・准教授)とチュートリアルの徳井がレギュラーの最新の人工知能の仕組みを解き明かし人間とは何か?考える教養エンタメ。第一回のテーマは「会話」でゲストは『コンビニ人間』で芥川賞を獲た作家の村田紗耶香さん。

現在は会話するロボットが増えましたが、最新の会話ロボットは心理学者ロバート・プルチックによる人間の8つの基本感情
「喜び」「悲しみ」「信頼」「嫌悪」「心配」「驚き」「怒り」「期待」
これらの分類を数値化して人工知能での会話に活かしてるとのこと。

けれど基本的にロボットの会話は「〇〇と入力されたらXXと返信する」というプログラム。

古くは半世紀前に開発されたイライザという対話システムでは基本的にオウム返しでの対応なのに、チャットをしている側は寧ろセラピーを受けるように真情を吐露したそうです。

実際セラピーの人がやっていることも、相手の話を反響させるとおりだとのこと。

現在はどういう発話の時にどういう発話があるかのデータベースが拡充しています。しかし、AIは言葉の”意味”が分かっているわけではなくてパターンを学習し、対話を打ち返しているだけとのこと。

そもそも”本心”がないのも勿論、コトバ一つ一つを”処理”しているだけで、”会話が成立しているように見えるだけ”とのこと。何も理解していなくてもやりとりが成立している、と。

ただ、例えば「疲れた」という言葉を言うと、何故人間は「疲れた」という言葉の意味が分かるのでしょうか。

それは人間は自分自身が「疲れた」状態を体験しているのと、その状態を「疲れた」という言葉で表すと結び付けているから。

しかし、例えば小説家は、自分自身で体験していなくても、詳細な観察と想像力をめぐらして「体験抜き」で物語を書くことがあります。この身体抜きで言葉を紡ぐ作用はAI的であるとも言えます。

今までAIは”表層の概念”は処理できても、”概念が指し示すもの”は理解できませんでした。しかし画像認識が出来る様になって、シンボル・グラウンディング問題(記号接地問題)はいずれ解決されるかもしれないそうです。

しかし、「林檎」や「馬」、「縞」といった画像で認知することができる概念なら簡単ですが、「自由」「勇気」「民主主義」といった抽象概念をどうAIに理解させるか。

例えば「自由」という言葉の定義を「禁止されていないこと」として、インプットされた「一般社会で禁止されていること」でない事とする等、環境とインタラクション(相互作用)することで概念を設定することが現在考えられているそうです。

番組では世界でトップ3に入る人工知能研究者であるフェイスブック人工知能研究所所長ヤン・ルカン氏にインタビューを行いました。

そこで語られた現在進行形のAIの学習方策が「敵対的学習」とか「敵対的ネットワーク」というアイディア。

これは2つのディープラーニング・システムを用意し一つ目の機械が予想したことに対して二つ目の機械が評価を下すというもの。

具体的に話すと、Generator(生成器)のディープ・ラーニング・システムとDiscriminator(識別機)というディープ・ラーニング・システムを用意し、例えばGに「山の画像」を生成させ、Dに「山の写真」と「Gが作った山の画像」のどちらが本物か判別させます。

そして次にD(識別機)が本物だと誤認する様なニセ画像をつくれるG(生成器)をつくる。そしてそれを見分けられるDをつくり、それを騙すGをつくり、これを繰り返しレベルを上げていく。

これは例えば日銀とニセ札犯がお札の偽造のイタチごっこを繰り返し精度を上げていくようなもの。これもそうなのかはちょっとわかりませんが、Alpha Goなんかも、Alpha Go同士で何万回も対戦して人知が及ばない領域へ切磋琢磨したという話を聴いたことがあります。

それによって「自然な会話」が達成された場合、例えばAIは「笑い」を生成できるか。これについては「自然な会話」が達成できた時、「会話のスムーズ度」を100ポイントから20ポイントに変えることで「意外性」を出すことは出来そうだという話です。

しかし「スムーズでない会話」が果たして面白いか。「笑い」を定量的に定義する必要がありそうです。

人間もデータから学習し、周りから影響を受けます。しかし「学習」の一方で「進化由来の本能・感情」がある。普通の人は本能・感情が出てくる一方で、学習した事しか大きく打ち出せない人もいる。

心とはなんでしょう?例えば「男ロボットに女ロボットを好きになる」というプログラムをすることはできる。でもそれは恋愛と言えるでしょうか?自発性がない命じられた恋。

自発性とは言うけれども、恋愛は種を残すために進化の過程で会得した本能ともいえます。色んな感情は進化由来で、食べ物を食べて美味しいのは生存に有効な成分が入っているからで、腐ったものが不味いのは生命に危険だから。

「感情や本能を持っているように見せかけること」は出来るけれども、神のプログラムのような「感情・本能」を人の手でプログラミングするのは相当難しいと。

ここまで聴いて想ったのはモテない男向けに『これで女を落せるデート指南書』みたいなものが出ていたり、もっと一般的に『心理学に基づいた相手を動かす仕草読本』なんかがあったりしますが、これはヒトの本能や”空気”を自然に理解できない人に、後天的に、そしてAI的に人の感情を学習させるメソッドなのかなと。

多くの場合イライラは睡眠不足や栄養不足の結果であったり、男女の間で好きになるかどうかは身体的接触であったり匂いに含まれる化学物質であったり、或いはキスはバクテリアの交換なんて話を聴くと、人間の心は化学反応と身体感覚の結果と言う面も大きいかもしれないと。

ノンバーバルなコミュニケーションが無意識的に作用する一方で、コトバの果たす役割は物凄く大きくて。同じ要望をするにしても言い方によって相手の反応が大きく変わったり。

AIの研究って「人間の理」の解析なのかもしれないと想わされた番組でした。そしてヒトがつくるヒトの写し身である人工知能と、人はコミュニケーションをどう取っていくのか。今まさに発展している分野、興味は尽きません。

この『人間ってナンだ?~超AI入門~』は全12回。第2回は明日の22時から。次回のテーマは「感じる」。

物をつかむ、動かす、目の前の物に反応する…。そんな何気ない行為にこそ人間のスゴイ力が隠れている?「フレーム問題」ってナンだ?考える前に反応する人間の本質って?人間の可能性と限界について感じ、考える要素満載の新感覚AI入門。ゲストは元陸上選手の為末大。

とのこと。もしよければ◎
by wavesll | 2017-10-12 22:29 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

フィクションと現実の『真情と芝居』.

よくアメリカのドラマや映画に出ている役者がインタヴューで「これはフィクションなのだ」とか「現実じゃない」と話すことがあって。クリエーションへの客観的な目線はとても成熟していると感じます。

一方で日本のクリエイターの一部は自分の人生よりも自分の作品を大切にしている印象があります。

日本は"労働"が"労道"になって、犠牲を払うことが尊い、なんて不健全な意識がありますが、承認欲求や自己実現欲はあくまでそれ以前の三大欲求などが満たされた後に欲するもので、自分の人生を大切にして、自分の尊厳をダンピングしてほしくはないと感じます。

オタク的近視眼がクオリティの突き詰めに作用していることは否定しませんし、勝負する範囲の選択と集中を行うことで納得できる戦いを行える点はありますが、人生の在り方は広くて。クリエーションが寧ろ人生を押し潰すと感じたら、今いる狭い界隈だけが世界全てでないと認知することは救いになると思うのです。

私も藝術作品には黙示録的な未来視の意味を感じたり、現実の比喩としてその原型探しをしたり、クリエーションに”真実”を見出そうとしたりすることがあります。

のめり込ませる熱は貴いと想うし、例えば"ROCK"なんかは”真情の叫び”が表現の硬度になっていると感じるのですが、Ametsubの件でもそうですが、クリエーションとしての感性の評価と、アーティストの人としての社会的な評価は独立したものだと近年は感じます。双方大事なベクトルで。

メディアに顕れる世界は、あくまで『Performance』であると共に、実社会の職務での役割なんかも一種の『芝居』でもある。そして、外部からは表現された『芝居/Performance』がその人の社会の中での在り様にみえるし、そして核となる『真情』がないと薄っぺらく見透かされてしまう。

そういった意味でクリエーションに対して客観的な視点を持つと共に、『私としての真情』と『公としてのPerformance』の鬩ぎ合いの中で本音2.0が今求められていると想います。
by wavesll | 2017-09-26 02:36 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

Blogの対価

Webに文章を書くことを表現活動というのはかなり烏滸がましいですが、一種のアウトプット・サーヴィスを行っているものとすれば、ではその”対価”は何だろう?とも思います。

実は私の中でそれは答えが出ていて、”藝仲間”がいること”共に情報を送ってくれること”が対価かなと。

アナクロなWebの住民としてはROM(Read Only Member)には何処か釈然としない思いもあって。鴎庵は特に縛りはないですが、Twitterのフォローは呟きもリアクションもない方は外したりしてます。趣味のアウトプットだからこそ拘れるものだと思うので。

面白い藝を提供してくれる人たちと繋がれるのは嬉しくて。昔は情報発信しない人にけしかけたりとかアレな行為をしていましたが、今は反響営業が主で楽しくやれています。

ただ、こうして好きなことをWebで発信できていると、飲みとか年賀状かの付き合いごとに対する意欲が落ちるところはありますねw

相手からすると「Webで遊ぶのはともかくちゃんと行事には付き合えよ」とか「ネットでなく現実を生きろよ」いう感じかもしれませんが、コミュ欲が情報通信で満たされていると「Webで非同期でコミュニケーションできればプレゼン的に後にも残るし一番よくないか?」とか。「飲みの誘いの前に面白い噺があるかWebで試聴させろよ」とかw不遜だw社会性が無いw

まぁ、忘年会でだけ会うのもナンセンスというか、今の時代コミュニケーションしたいことがあったらWebですぐやりとりできますし、そういった非同期の対話が呼び水となって会った方が形骸化してないかなと。実際、やりとりすると必ず発見がある友には感謝がたえません。

恋人や家族がいて、仕事もあって。中々コミュニケーションにリソースを割けない。それなら年一で一気にやりたいというのも、わからんではないです。だからWebのアウトプットは強いれるものではないと思います。

ただ自分は、未だに何となく普段から場を共有する関係が好きで、ある程度密度のあるコミュニケーションをしたい。

とはいえ余りに濃いコミュニケーションは少数相手では負荷になりますから。直接話すパートナーと言える人達がいれば、したい話をしてもどっかで受け止めてくれる人がいる位の大海にボトルメールが投げられている今の環境はありがたく、”みなに好かれなくてもいい”自由を愉しんでいます。目下の処Twitter社が倒産しなければいいなというのが願いです(苦笑

今思ったのは私が飲み会よりSNSを好むのは、酒や飯を肴にするより、音楽や画、映画や文章など文化的肴をアテに話がしたいというのがより精確な処かもしれません。普段の暮らしの面白話もWebに書いちゃう人間なのでwそういった意味でPCやオーディオでネタを引き出せる家飲みなんかは好きですね。

人のプライヴェートへの関心が薄い、人との折衝を避けるという意味で、"本当の人生を生きてない文化中毒者”という指摘は考慮すべきだとは想います。

これは今に始まったことではなく学生の頃も「このサークル飲みの金でCDや映画を払える…」とかアレなこと想ってた人間でしたから、中々に筋金入りで…。それでも月一で普段合わない人や新しい人との飲みは入れ、新しい血を入れるよう努めている感じです。

cf.
◆人付き合いとWeb同期 文字コミュニケーションの時間的レンジの広さの価値

◆何でも公開したいとみなが思っているとは限らないという当たり前の事実について
by wavesll | 2017-09-25 21:13 | 私信 | Trackback | Comments(0)

藝と支え Ametsub / Mbira Lights 1 EPに寄せて

Ametsub - Mbr / Flurries (Easy)


ametsub - mbr/mbirambient


Ametsub - Ajisai


Ametsubが音楽レーベルflauに空き巣に入ったことで逮捕された件を知り、何ともいえない気持ちになって丑三時までLogを読んでいました。

音楽は魔法を産むけれど、それを支える会社は人間が営む組織で、魔法ではなく労働と資金で動きます。その経営を危うくする程の損害を与えたのは犯罪です。

それでも、Ametsubくらい名の知れた人が窃盗をしなければならないほど貧すれば鈍す、というシビアな事象があったのではないかと想わざるを得ません。

私自身でいえばAmetsubは一度生でライヴをみたことがあり、またレコ屋やWebサイトで当然良く名前を観ていました。

今までは音楽はそこまでは嵌っていなかったのですが、今回の騒動から検索して知った今夏リリースの『Mbira Lights 1 EP』が特筆すべき音楽で、尚更茫然としました。

霊性を帯びて深く響く金属製の楽器の音。そこに珠のように転がるンビラ?の音。山霧の様な通底音と、心地よく刻まれ放たれるビート。素晴らしい。こんな音を創れる人がよりにもよって窃盗とは…。

この事件は、金だけの問題ではないだろうけれども、やはり他者と他者との軋轢は金で解決できる部分は大きいだろうし、YoutubeやSpotifyでフリーライドしている"客"ともいえない者としては「残念だ」とか、とてもじゃないけど言えないというか。それを引き起こしたのは金を払わなかったお前にも一因があるだろうと自問してしまいます。

金を出すのは藝への一番のサポートで。特に今の時代、音源や活字の様な情報に金を出すのはその人の活動への投資といった色合いも大きく感じます。

ただ”アーティストを支える”というのは、大してあるわけではない可処分所得の中で音楽やアート、旅をやっている自分には重荷な所もあって。やはり藝そのものへの対価として藝を認めた人に出来る限り何か貢献したいし、”楽しんでおいて評価するだけ”でフリーライドしてるのは非情な行為だとは自認しておきたい。

中々システム作りが難しいのかもしれないけれど、数百円単位で軽く投げ銭できる仕組みができると一番いいなぁと。Bandcampなんかは結構理想に近い感覚はあります。国内市場で成り立たないならば全球的に広く浅くが理想だなと。いいYoutube動画やサンクラ音源には個々に100円以上は払いたいです。

鋭利な音楽を好む人間には演奏側にも聴取側にも一定の割合で人格破綻者がいて。灰域の美から排除されず、Ametsub氏がカムバックすることを外野として望むばかりです。

cf.
フィクションと現実の『真情と芝居』.

by wavesll | 2017-09-25 07:57 | 私信 | Trackback | Comments(0)

正論を吐いてるつもりがフォースの暗黒面(憎しみ・批難・不満)に堕さないようにする心的スタンス

「しかし、お前の、女道楽もこのへんでよすんだね。これ以上は、世間が、ゆるさないからな」

 世間とは、いったい、何の事でしょう。人間の複数でしょうか。どこに、その世間というものの実体があるのでしょう。けれども、何しろ、強く、きびしく、こわいもの、とばかり思ってこれまで生きて来たのですが、しかし、堀木にそう言われて、ふと、
「世間というのは、君じゃないか」
 という言葉が、舌の先まで出かかって、堀木を怒らせるのがイヤで、ひっこめました。

(それは世間が、ゆるさない)
(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?)
(そんな事をすると、世間からひどいめに逢うぞ)
(世間じゃない。あなたでしょう?)
(いまに世間から葬られる)
(世間じゃない。葬むるのは、あなたでしょう?)

 汝《なんじ》は、汝個人のおそろしさ、怪奇、悪辣《あくらつ》、古狸《ふるだぬき》性、妖婆《ようば》性を知れ! などと、さまざまの言葉が胸中に去来したのですが、自分は、ただ顔の汗をハンケチで拭いて、
「冷汗《ひやあせ》、冷汗」
 と言って笑っただけでした。

 けれども、その時以来、自分は、(世間とは個人じゃないか)という、思想めいたものを持つようになったのです。

 そうして、世間というものは、個人ではなかろうかと思いはじめてから、自分は、いままでよりは多少、自分の意志で動く事が出来るようになりました。

ー太宰治『人間失格』

土用の丑の日は、もうダサイことにしようぜ…
人でなしになりきれないニンゲンの意見

と鰻への想いを連呼しているのですが、こんなに土用の丑の日DISをしている人間がいても身近な人間にも鰻を食べた者達が散見されて、嫌な気持ちに苛まれます。

とは言え、俯瞰すればグリーンピースなんかには自分も醒めた視線を向けているし、こうした時に相手を動かしたい側が声高に叫ぶのは合理的な策ではないと想います。

いっくら口酸っぱく言った所で肉親すら動かせないんじゃ…と想いますが、宮崎駿ですら作品の想いが伝わらないと悩み、対象年齢をポニョまで下げていったという逸話を引き合いに、「ロリならぬ次世代にしか未来はないのかもしれぬ」と嗤った方がいいかもなんて想ったり。

まぁ、この状況下で鰻を食べることを煽るメディアや食べちゃう人間は愚鈍というか、無知蒙昧というか、世間や「普通」ならば問題ないという自らの頭で考える知能のない人間だなとは思いますが、と同時に「僕の思い通りにならないなんて嫌だい嫌だい」なんて愚図るのも無様で、「他人は他人、己は己」と峻別するアドラー心理学的な割りきりが必要なのだと想います。他人は所詮他人なんだから。

「社会正義」を成そうとして、寧ろ毒にまみれて嫌われる人を散見します。

「毒を吐く」ヒトは、外部から嫌な気持ちにさせられて体内で生成された「毒」を吐いていて、当人としては致し方のない防御反応なのかもしれません。

しかし毒塗れの人は嫌われてしまう。この非共感メカニズムはアダムスミスも『道徳感情論』に描いています。

黒いヘドロ、フォースの暗黒面に囚われないためには、あくまで"自分は自分が欲することをしている"という観点に立脚するといいと想います。

不愉快なことを「俺はそれは不愉快だ」というのはよくても、そこに「正義」の御旗を掲げると途端に心は不安定になります。「当たり前・普通」が為されないと、黒いヘドロが生成されてしまう。

あくまで「己の欲望」と捉えた方が発散的で、心的バランスを崩さないように想います。それは優しい幻想のない酷な話だけれど、酷(Cool)で実際的なスタンスだと、私は思います。(と書くことで発散する方策w 鰻の資源消費をサステイナブルにしようとする者たちにフォースのご加護のあらんことを。

John Williams Conducts The Main Theme From Star Wars

by wavesll | 2017-07-26 08:05 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

人でなしになりきれないニンゲンの意見

Linkin Park - The Messenger


土用の丑の日DISがまるで社会正義を嘯くいい子ちゃんみたいになっていますが、逆で。

鰻大好きだから持続可能に食いたく、ワシントン条約に引っかかるようになって食えなくなって欲しくないから価格メカニズムや法規制でウナギを守りたい。根底に欲望のない主張は信頼ならないと私は想います。

例えば私は旅行が好きで。特に海外旅行には胸が躍ります。しかし地球温暖化という意味では大陸間を航空機で飛ぶことは排出ガスから大変に悪い行為で。

だからエコロジストを自認する人間が世界を飛び回ってる、なんてのはとんでもない自己矛盾だと想うのですが、私自身も自分の欲望を優先し旅してしまいます。

また、鰻を買わないという行動が消費者として最も大きな意思表示だ、なんて思ったりするのですが、ブラック企業、例えばユニクロではなるだけ買わないようにしていても、大手コンビニなんかは気にせずに利用してしまったり。Amazonもマケプレなんかは利用してしまっています。レインズ系飲食店やアリさんマークの引越社は絶対使わないけど。

陰鬱な哲学者は"全世界で悲惨な暮らしをしている人がいるのに幸福を享受するのは罪だ"というけれど、それは"自然"から求められるところではない、なんてアダム・スミスの論がありますが、他人の気持ちを踏みにじった時、悪く思う気もしながら、どこか権力の快楽を感じたりもするゴミ具合。自身の行為を全部振り返って、自分のことを善人だ、とか、真っ当な人間だなんてとてもじゃないけれど言えません。

キリスト教には原罪なんて言葉がありますが、罪を犯していない人間はいません。

「自分は真っ当な人間だ」なんて言いながら土用の丑の日に嬉々として鰻を食っていたり、意識高い系を自認するのに飛行機を使いまくってる人間には「お前クソ野郎じゃねえか、勘違いするな」と言いたくなります。

かといって自分は悪くないって思ってるヒトの方が悪なのか、自分は悪いよと開き直ってるヒトの方が悪なのか。まぁ両方悪です。

個人的には自分は悪くないと思ってるやつの方が気分悪いけれど、「自分は悪だから、悪の道を突き詰めたっていいんだ、俺は糞野郎なんだから」とやられたらたまらない。

そう考えると、日本人よりも海外の方が犯罪が多いのは、海外は「自分はクズだ(から犯罪して当然だ)」という人間が多くて、日本人の方が(それも勘違いなのだけれど)「自分は真っ当な人間だ」とプライドを持っている人間が多いからかも、なんて思ったりします。

さて、色々とこじらせているアスペ気味の自分は、自分のことを無批判に"真っ当だ"なんて思えません。それどころか、突き詰めて言えば、この世の人間は全員あるく糞袋みたいなものだとすら思ったりします。

それでも。自分は汚点があると認識したうえで、出来る範囲は善き人間であろうとしたい。100%の善人になれなければ100%の悪人になる、なんて0-100の思考ではなくて、勇気ある灰色の姿勢をゆければ、なんて思います。

さて、鰻。

欲望を抑えるのではなく、サステイナブルに消費できる資源を拡大していくことこそがベストな道で。20世紀を乗り越えていくというのは、そういうことなんじゃないかなと想います。

このままではワシントン条約で規制され一気に鰻が食べれなくなるハードランディングになる未来がみえていますし、水産庁が動かないのも大きな要因ですが、お上に任せる豚になるだけでなく、消費者としても自律的に不買行動で示すのが必要だと私は思います。

今はWebを探索すれば代替食品はかなり見つかるのですが、正直代替では状況を変えるのは難しい気がします。"鰻系"で"鰻を越える"のが生まれるのがゲームが決定的に変わる時だと。

さらなる快楽による解決策を模索したくて。たとえば酒は私も大好きで最近金麦が案外行けるじゃないかと思う安舌人間なのですが、ビールを止めるには禁欲ではなくて別の快楽を用意するのが手っ取り早いと想います。

例えば数日飲まないで本を読んだりオーディオで音楽を聴いたときの脳内麻薬を味わったとき「飲まないのも悪くねえな」と想ったことがあります。

蛇の道は蛇。欲望を絶つことで寧ろ快楽が増えるような有機体の神秘を、どっか活かせないかなぁなんて、悟っても善人でもないけれど人でなしにもなり切れない、でも『何も考えずいい塩梅』になれないくらいは色々こじらせてるニンゲンとしては想うのです。まずは土用の丑の日の旬でない鰻は完全スルーから。
by wavesll | 2017-07-25 22:20 | 小噺 | Trackback | Comments(0)