タグ:サイト論 ( 18 ) タグの人気記事

承認欲求を求めてもいいし、みなに好かれなくてもいいし、全てに肯定的でなくていい

pokka pokka / Fishmans


NUMBER GIRL - I don't know (ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2002) LIVE


私は面と向かって相手の気分を害することを言うことが苦手で。その癖Webなんかだと駄々洩れさせたりとかして口ならぬキーボードから災いを招いたりしてしまって。空リプの誤配もあったり、結局陰口ですしね。

また、「分からないこと」が我慢ならなくて。人から何かを薦められたときなんかも、その時魅力が分からなくても”この人が薦めるものなのだから、きっといいものなのだろう”と期待値を込めて肯定的な返答をしたりしてしまいます。

その後魅力が分かった時に「最初は分かってなかったのだけれども魅力が分かった!」と興奮気味に伝えて、「何で最初分からなかったときにそう言わないのか」と言われたことがあって。

"そうか、期待値込みでポジティヴを装うのも、それが期待値で今は分かってないと伝えないと裏切りになるのか"と気づかされました。

そう想って振り返ると、世の人は"わからないこと"には寛容なのだなと。

相手の魅力が分からない内は最強というか、どんなに無礼な発言をしても罪悪感は感じないというか。”そもそも価値がないことを分かっているんだ”というスタンスかもしれません。

寧ろ”価値があるんだ”と力説することの方がみっともないことと想われている節があります。いわゆる「承認欲求叩き」なんかも相手が今ある評価に満足せずに承認をさらに求めることに対するいらだちというか。

ただ、そもそも承認欲求それ自体はマズローの欲求5段階説の中のタームで。ネガティヴな色はありません。

食欲・性欲・睡眠欲の生理的欲求、風雨や危険をしのげる安心な暮らしがしたい安全欲求、集団に属したり仲間を得て孤独から逃れる社会的欲求(帰属欲求)が満たされた人間が、次に求めるのが、他者から認められたい、尊敬されたいという尊厳欲求(承認欲求)です。

私も昔はコミュニケーション欲とでもいうか、分解すれば社会的欲求と承認欲求が欲しくて欲しくてクレクレ乞食な無様なこともやってしまって。Blogやmixiにコメントが付かないのに悩んだ時期もありました。

ただそれは狭い村社会に属していたから起きた問題で。Webの公海に出て、Twitterなんかで800人弱の人をフォローして、十数人の方々と良くやり取りをして、そこそこの頻度でいいねなんかが来て、たまに返信コメントが付いたりするとそれで結構満足する自分を発見します。

逆にこのTweetなんか830RTされて1500いいねとかされているんですが、正直言うと通知がひっきりなしに来る感覚で。数字だけだと自分の器では体感を越えているし、寧ろ体感するくらいのリアクションが来たら対応できないと。普通のTweetで3, 4いいねがつくくらいが一番いいというか。

ひとりの人間が親しくつながっていられる最大数は50人から150人程度だという説もありますが、現在のリアルとオンラインのコミュニケーション量で、社会欲求も承認欲求も飽和に近いなと。

そういった意味で、今は"他人にウケることを目的にしているではなく自分が読みたいことを書くためにWebをやってる"、なんてマズローでいえば自己実現欲めいたことを言えるのですが、これも4段階まで満たされたから言えることで。他者からの評価を得るために頑張るって至極真っ当な動機だと想います。

だいぶ話がそれました。元に戻すと、"わからない人間"を相手にするときは相当骨が折れるのが常だと覚悟するか、そもそものターゲットを絞るのが、生業にし数字を求めないなら有効な方策ということ。

”分かっている人相手”でも相当な人数が存在するし、可処分時間でコミュニケーションに割ける分なんかそれで埋まるのが、私は実際の処です。

また、"わからないコトはわからない/わかってはいない”と言うのが誠実だと。

昔の私は傲慢で、身近な人のいうことは何でも理解できて適切に面白さをこちらは判断できるのに周りはこちらの感性を理解しえないことが多いと驕っていました。

しかし、Webの大海に出て、自分自身が大切にしている分野でも先達はいくらでもいて、前は理解できなかったものでも時を経ると良さがわかることを知って。一方で自分自身の理解にも限界があることも知って。

面白く感じていないモノを、わざわざ声高に貶す必要はないけれど、おべんちゃらを無理に言うのも不誠実なのだと今は感じています。無知の知を知った上で、誠実に発言することの大事さを知りました。

こういうサイトを結構な頻度で更新したいと思うとついネタに妥協というか、本心でない褒めをやってしまいそうになります。

でも、金を得ているわけでもないインディーメディアなのだから、本当に書きたいものだけを書くことこそがレゾンデートルだよなと。昔の仲間には"どうせ分からないからぬるいことを言っておけばいい"と考えていましたが、自分で推すものは、誠の心をもって今は発言したいです。

それで読まれなかった時でも"これ読まないなんてもったいないことしてるなぁ"と想える水準を出すのが理想だと。

社会的欲求と承認欲求が満たされたから、自己実現を目指せる。案外私の欲求の器は無尽蔵でもありませんでした。

もしかしたらその先に、マズローが晩年、5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階があると唱えた「自己超越」という段階へ行ける時もあるのかもしれません。

”「目的の遂行・達成『だけ』を純粋に求める」という領域で、見返りも求めずエゴもなく、自我を忘れてただ目的のみに没頭し、何かの課題や使命、職業や大切な仕事に貢献している状態”。なんだか読み切りの『ZETMAN』みたいな話ですね。

スピッツ / チェリー

by wavesll | 2017-07-06 23:19 | 私信 | Trackback | Comments(0)

人付き合いとWeb同期 文字コミュニケーションの時間的レンジの広さの価値

Yosi Horikawa - Letter


不在着信だけ残すのといきなり電話してくるのは相手の時間と行動を拘束する行為だからやめてくれ(はてな匿名ダイアリー)

これがTwitterでバズっていたのですが気安く電話を掛ける"電話野郎"だった身としては耳が痛い話で。
電話って相手の顔色が窺えないから逆にずけずけと相手の時間と行動を拘束してしまうなと。

一方でテキストのコミュニケーションは時間拘束から自由で便利というのはその通り。

私も旧友の人達がBlogでもやってくれてると近況を知れ、実際にトークライヴしなくても試聴みたいなことが出来て有り難いと想うのですが、今はそういうのはFacebookなのでしょう。FBよりBlogの方が内向き感がないしPUSHされないから好みなのですが、それは我儘というものか。

SNSがシェアハウスとすればBlogはワンルームに訪ねてくというか。生活は共にしてないけれど時に近況をやり取りする距離感。

リアルの友人関係は書くもので繋がったわけではないですから文章をTLで同期するより自分で読みたいときに訪れるのが一種の理想ではあるのですが、公開の場に色々と書くのは差しさわりが生じることがあるというのはわかります。

”直接会わずともSkypeで家飲みでいいじゃないか"とか思ってしまうWebに浸った人間なのですが、結婚とかしてたら"外で会う"ことの自由さも想像できます。

実際の処、Webを通じて1:Nの同期を行いたい、なんてのは普遍的な欲望ではないかもなとは想います。

仕事から帰って飯食ってニュースみて風呂入って、なんてしたら午前様になることもあるだろうし、パートナーや子供とやりとりして趣味をちょっとしたらそれを記録する時間なんてとても取れないし。私も色々書いてますが、毎日更新って無理な話で。まぁ毎日更新されたら追うの大変だからしなくていいのだけれど。

"今更昔みたいに友達付き合いに時間もかけられないし、年一の飲みと年賀状で効率的に交流を凝縮でいいじゃないか"って感じかなと。まぁ、友達付き合いに時間かけるのは暇人のすることと言われたらぐうの音も出ないw

年一飲みは盆暮れしか帰郷できない事情もわかるのですが、年賀状とかはちょっと形骸的に感じてしまって。義務的に年賀状だけでやりとりするよりも上で書いたみたいに心がふいに向いたときにやりとりできたら、なんて思ったりします。まぁ年賀状自体は古来から続くソーシャルネットワークサーヴィスなのだとも理解してます。

人間、何かの行為を共通に持たないとコミュニケーションが嚙み合わないのかもとこの頃想います。それは例えば行事だったり、趣味であったり、子育てかもしれないし、仕事への熱中度かもしれないし。そうした事を越えて旧友とコミュニケーションを取るには"空間"を共にする事が結構大事な意味を持つのかもとここまで書いて想いました。

ただ個人的にはSNSで繋がっていなくとも、ふと"あの人どうしてるかな"とWebサイトを訪ねて”あぁ、元気にやってるんだ”とか"こんなこと最近想ってるんだ"と知れるのは嬉しく感じて。何もPushされずにふとPullでみる、そんな親交。そういう場を読みたい、自分も用意したいとBlogを綴ってるのもあるかもしれません。

また今の時代、コミュニケーションにおいて即時性が兎角求められる気がしますが、それは文字のコミュニケーションの良さを殺してしまっているのかも。LINEやEメールの返信の速さはそんな期待せずに2、3日見た方が気分が安まる気がします。返信の気分は人それぞれですから。

さらに思うに、人に何かを薦めたり働きかけた時、即座に反応されることを私などはついつい期待してしまいますが、それも過大な期待だと。

私自身もある同級生の子から"水カンやぼくりり、グレーテルのかまどとか面白いよ"って言われてもその魅力に自分がリーチするまで時間がかかったりしました。特に音楽なんてのは"いかに自分がその地点に到達するか"が大事で。

だからこそ他者のアクションにタイムラグなく反応する人が時代を波乗る気もしますが、情報発信する側として、即反応がなくても無駄でなく、種子が芽吹くまでに時間がかかることもあることも知っているといい、そう思います。

上で「Facebookは書くものでは繋がってはいない人とTLで同期するから居心地が悪い」と書きましたが、他人と100%の同期や共感・評価を求めること自体が土台無理な話でもあります。

BlogやTwitterをやっていても全然反応が普段なくともこちらで何かミスがあるとクレームをつける"読み手"はざらにいて。昔はそういう読者にムカついたりもしたものですが、今は"私はこの人に文章をサービスとして提供出来ているんだなぁ"と考える様になりました。

"これは面白い"と私は"いいね"を積極的にするのですが、読んで反応するコトって案外ハードル高いコトと考えるヒトって多い印象。

その点Twitterは反応も結構あったり、何しろ相手も"書き手"なのでフリーライド感がないのはいいと想います。自分の身の回りの狭い範囲に"何か書いてくれること"を求め地獄を起こしたことがあるので。

ネットの広大さ、PUSHよりもPULLの文字コミュニケーションの精神的な自由さに感謝を述べたい。文字コミュニケーションの時間的レンジの広さの価値を今、再発見しているところです。


Erik Mongrain - AirTap!

by wavesll | 2017-04-12 02:32 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

何でも公開したいとみなが思っているとは限らないという当たり前の事実について

Thundercat - Drunk (FULL ALBUM)


南米旅行から帰ってきたはいいのですがまだラグが治っていなくてこんな時間に起きてつらつらWebを流しています。

私はかなりルーズにTwitterやBlogなんかを綴っているので、思考がだだ漏れていて。
これ、悪意を持って批判的に読み込まれたら危ないとは思いつつもサトラレ状態。

一応Blogの方は比較的かっちり書いているつもりですが、Tweetは楽屋落ちというか緩すぎで「ンなことはチラシの裏に書いとけ」なノイズに塗れ、身を美しくしたいと想いつつも気を抜くと…。

まぁ、己の事は自己責任なので我が身に返って来るだけなのですが、扱いが難しいのは他人様の情報。飲みとか、電話とかで出たトークをWebに書いて幾度も失敗したことがありまして。

個人のスキャンダル的なことは「それは武士の情けで見逃してやれよ」と私も想うし、それは芸能人へのパパラッチなんかも不毛な商売してんなと想うのですが笑い話的なことでも関係者の気分を害したり。

世の中、無垢な人ばかりではないですからね。言質を取って引きずり降ろそうとしたりマウンティング仕掛けてくる人間の事を考えればそういう話も面白可笑しく書くものではないと得心します。どこで不発弾が爆発するか、分かりませんし。

また特にスキャンダルでも笑い話でもなく、盛り上がった議論から特に私が面白いと思ったことを書いた場合も問題になったことがあります。「精確に理解しないで書くんじゃない」とか「俺から聴いたと書くな」や「ちゃんと聞いた話だと書いて欲しい」と言われたことも(別々の人たちから)。

これもまぁ「あいつに何か話すと拡散されるから厭だ」というネガティヴな感情は分かります。

とは言えスキャンダルに関して『天網恢恢疎にして漏らさず』と想うのと同様に、外部に何かを発信した時点でどう解釈されるかは相手の自由で、理解の方向をコントロールしたかったらそれだけ自明な物言い、伝導率を高くすべきではとは想ったり。

しかし相手に不利益をもたらしてしまっているので、基本的には私が悪い話だと思います。秘密が維持できるから廻るものが廻っているのだと今なら理解できます。

そんな訳で、いわゆる"素の一般人"の人たちの事柄は扱うことは非常に難しいものです。権利意識がプロより寧ろ強い。ちょっとズレますがコスプレ写真のULみたいなもので、細やかに許可を取りながらでないと後々に禍根を残してしまいます。

「面白いからシェアしたい」というのはこちらの欲望で。何でも公開したいとみなが思っているとは限らないというのは当たり前の事実。

そうなると公開情報だけ扱うのが基本的には一番適当なのではないかとも想います。SNS時代、世に公開されている情報だけでも無数にあって"言論村"も拡がっているし、プロの方は色んな解釈や言葉が投げかけられることに対して覚悟が決まっているし。一億総タブロイド記者みたいになっては監視社会みたいなものですからね。どうせ暴くなら巨悪をでしょう。

このBlogでは様々な創作物のスクラップブックのような事もやっていますが、著作権の問題も含めて、色々と舵取りをしていきたく思っています。中々ないネタを仕入れる事には筋を通して、そして筆力に関しては寧ろありふれたネタの調理法こそ問われるところだなと想います。思索のシャベルを深くDigりたい。

P.S.
この記事は夜明け前に最も似合う2017年式AOR、Thundercat - Drunkを聴きながら書きました。

こういうサイト論を書くと本当に筆が良く進む癖に音楽的なことはベイグな事しか書けないのは、私は物語的・言語的にしか音楽を理解できていないのだなと想います。

このアルバムについても当初のとっかかりは「今AORって良いな」という潮流を読み取るコンセプチュアルな面でしたし、音楽をトレンドで聴くのは賛否両論あるけれども敢えて言えばThundercat - Drunk は非常にトレンディーだと想います。今丁度欲しい味を上手く提示できたアルバムだと。

しかしこの盤は決してコンセプトの仕掛けだけでなくて、音としても魅惑を感じれる一枚だと思います。ベースの弾力感もそうですが、ビートとの絡みがきびきびと良くて。そしてジャケからは想像できないファンタジーで愛に満ちた音色が入るのも素敵で。私にとって音楽は理解するものでなく、感じるものなのかもしれません。兎にも角にも『DRUNK』、お薦めの一枚です。

cf.
本音2.0

by wavesll | 2017-04-05 03:57 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

電通巨悪観(広告=悪)から一歩進んで

要旨:
・好いか悪いかのスタートラインに立つ為の宣伝は意義がある
・寧ろマスの媒体が"枠"に載せるか否かの目利きが低質だから澱みが生まれている
・"これは広告です"と"作為"を隠さず、その上で拡散したくなるものが今の"刺さるアド"ではないか


TVをみていて「最近いやに同じ事物が取り上げられてるな」とか想うことないですか?

「おぉ!コレが今熱いのか!!」というのが期待されている反応なのかもしれませんが自分は穿った人間なので「あぁ電通に金払って番組内広告してるのだな、アドか、アドw」と想ったりします。

私はマスコミのゴリ押しとかが大嫌いだし"宣伝で魅力を水増しするなんてナンセンス、良質なものが必要とされる処に届くシステムをWebが達成するのが一番いい"と想っているのですが、実は最近"宣伝の意義"を感じたりしていて。

それは実はこのBlogに立脚した話でして。天へ挑む究道者 ETV特集「曜変~陶工・魔性の輝きに挑む~」 をみてとかが、ETVで再放送されたり鑑定団で曜変天目が取り上げられてアクセス数がドカっと来たりしてることがあって。

また過去記事ってそんなにアクセス数を集めるものはないのですが、Twitterで例えば「そういやYASHIBU Vol.3でブレイク前のSuchmosみたなー」とか呟くとlink踏まれたりして。

記事があることが分かった上で"興味ない"とされるならまだしも"存在を知ってたら読んだけど、存在すら知らないから読むきっかけもない"こともあると、宣伝=悪ではないのかもしれない、と。

今でも"宣伝で商品の魅力を水増し"したり"良質なものが低品質なものに宣伝量で負ける"とかには嫌悪感がありますが、"スタートラインに立つ為の為のアド"は必要だし、そこでの擽り方を考えるのは正当な活動なのだと想いました。

広告代理店はクライアントの商品を売り込むために必死に働き、営業・宣伝は"努力"なのだと想います。では何故"広告は悪"だと想ったか。それは営業・宣伝されるプロダクトが、質の面で広告で推されてなく売れてないモノより質が低く感じるからでしょう。

実際、私も90年代にTVの音楽情報がTKプロデュースで埋め尽くされたときは"小室ウゼー"と想ってましたし、AKBなんかは最悪で、初期の頃、可愛くもないメンバーが週刊誌のグラビアを埋めたり、或いは音楽番組の"枠"を埋めたり、握手券チートでCDランキングを詰まらない曲でハッキングしたりするのは、明確に邪悪だと感じてました。

宣伝担当や営業担当が全精力でハイプを仕掛けてくるのは必要悪として、そこでメディアの人間が"質"を見抜いて自分の媒体の"枠"に載せるかどうかが最も重要で。

それは逆の意味でも大事というか、小室楽曲はいいのも多かったし、最近だと『君の名は。』をキネ旬が無視せずに年間ベストに組み入れた方が価値観の流布としても効果的だったと感じます。また私はもう坊主憎けりゃ袈裟まで憎いレベルになってますけれどもAKB系でもいい曲は良い曲なのでしょうし、N.E.5.5. / The Choice Is Yours × サイレントマジョリティなんかは面白いですしね。

すべて是々非々に"正当に質を評価する目利き"こそメディアが信頼されるポイントだとすれば、コンテンツと広告がごっちゃになるのは悪で。
そうしないと製作費が捻出できない現実の事情はありながらも、"枠が買われる"自体になると指標が指標として機能しない悪循環が起きます。

冒頭で"あーこれアドだと、アド(嗤"としたのは、広告なのに広告じゃないように装っているから。
今の時代は"自然を装った作為"を嫌いますから、寧ろ広告は<広告です!>と"作為"を主張した方が信頼されるのではとも想うのです。

私自身の中では広告の見え方は変わりましたが、広告屋が「最近の客はノリが悪い」というのは阿呆な発言だなと想うし、今の時代に"躍らせる広告"の革新が社会企業的な方向も絡んで起きたらいいなぁと想います。

今はWebで拡散が起きる時代ですから、「マス&個人メディアが取り上げたくなるプレゼンテーション」が現代の広告技術の指標になるのだろうなと想う次第です。

cf.
KIRIN「一番搾り 熊本づくり」を全国発売 売り上げ1本につき10円を熊本地震の被災地の復興支援策に活用

【イタリア地震】サイゼリヤが一部のパスタ「399円のうち100円」も寄付する赤字覚悟の復興支援を発表
by wavesll | 2017-01-12 01:57 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

他者から見た面白さは、いらない? / メディア(BlogやTwitter)をやる意味って何?

"成熟"みたいなことをやれこれ考えてみるにという文章を先日書きました。

そこで”成熟というのは野郎同士の稚気な狂い競争から、真っ当で実直な人間になっていくこと”みたいなことを書いたのですが、ちょっと想起したのは"面白い人間であることは必要か"というテーマがあるなということで。

このBlogを始めた19才の頃は、阿呆まっしぐらな大学生で、人生をネタに生きていた気がします。まぁ今から考えたら全然低レベルなのですが、Xmasに野郎二人でお台場の観覧車に並んだり、ねずみ講の勧誘にノコノコついていってレポしたり、実録!渋谷でスカウトされたよ顛末記なんてのを書いたり。

上がり下がりありましたがこうして今もBlogを書いているのは書き始めたころから"内輪受けにはならないようにしたい"と想って書き続けていたからかもしれません。

内輪の楽屋落ちみたいな内容というよりも、他者がみて少しは見甲斐があったと想えるような、面白味がある内容を書きたい。そう思って、最初は個人ニュースサイトとして始めて『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』に載ったりして、ガンガンに更新してました。毎日数時間費やしてw

ただ、大学を卒業する頃に、"やっぱりニュースだと『自分の記事』という感じがしないなぁ"と想ったのと色々あったりしてばっさりそれらを削除し、それまで書いていた日常に想起したことや、最近書いているような音楽だとかアート、旅の記事をメインとしたサイトになってきました。

それでも、こういうサイトをやっていると『自分で作品を創らないの?』とか言われます。悪友からは『クリエイティヴィティがゼロ』ともwそういうのは"キュレーションメディア"に私自身も感じる手抜き感というか、「あいつ楽しやがって」というやっかみなのだとか、単純に価値が感じられないのだなぁと想って、"なんだあの野郎、もっといい記事書いて認めさせてやる"と発奮したりします。

その上で"自分自身が人から『面白い』と想われることは自分自身にとっては価値があるのか"みたいなことも考えたりもするのです。<表現を世に出す労力を払うよりも、"面白さ"なんていう必須でない事に精を出すよりも、自分は仕事で金を稼いで表現を金なり時間なり払って楽しむ方が楽しい>と想う人もいるだろうし、実際、文化が生きるのには金が必要なのは事実。金を払わない人は客ですらないです。また私自身が楽器を習得するなり絵を描くなり、或いは物語を書いたりしないでこうして個人メディアをやっているのも、言ってみれば"メディア"という消費と創造の狭間をやりたい、まぁ言ってみればいいとこどりをしたいみたいなところも正直あるのかもしれません。実際、数字上は羅列型ニュースサイトをやっていた頃の方がいい数字が出ていたし、質は兎も角生産量を考えると集客アヴェレージとしては創造<媒体だと想います。

このサイトも、元々がニュースサイトというのを(自分内での)隠れ蓑に、仕入れた素材をばっと出すだけ、みたいな記事もあるし、この記事のように新聞でいうところの社説というか、論考が入った文章もあります。Webにモノを書くことは生活の一部でこれがないとリズムが狂う位の、或いは記したエントリや呟きは半ば我が子の様な愛情が我ながらあります。まぁ過去の自分が焼き付いていて時に"これはないw"と苦笑せざるを得ないときもありますが。

あと、それこそ学生の頃書いた円と棒でみる日記・blog・個人ニュース・新聞で当時思索したように羅列型総合ニュースを止め少しばかり手を入れた記事を書こうとすると、どうしても内輪受けというか"クラスタ内部ウケ"になってしまうなぁとも思います。

Twitterでは趣味・モノコトで繋がる気がしますが、Facebookなんかで自分の守備範囲外の趣味のこと書かれると"ほーん"という返ししかできなかったするみたいに、学友やリアルな繋がりだと趣味のコアな話は敬遠されるというか、どう面白がればいいかがわからない、逆に言えばそういう一般層向けではなく、好事家しか楽しめない、みたいな感触が今の鴎庵には多少あるかなと想うのです。

かといって、まるで氾濫するラヴ・ソングみたいな最大公約数のことばかり書いても面白くないですしね。趣味で繋がれない友人と会話に困ると女話や共通の悪友の悪口に流れるのですが、どうにもこれが嫌で。何らかの光る刺激が受けられる話ができればいいのになーと想ったりするし、だからこそBlogでは私が想う"何らかの光る刺激"を書こうとはしています。

その上で、最近思うのが"他人から見て面白いことに価値はあるのか?"みたいなところなのです。
例えば自分でスポーツをすれば、プロフェッショナルなレベルでなくとも面白い。或いはそれこそ恋愛なんて、他人からみてどうだとかは全くの無意味な話で、寧ろ恋愛の話を他者への見世物にするみたいなのは大切な何かを穿き違えた話だなと想えたり(ちなみに芸能人の恋愛スキャンダルを報道するのも不愉快だなと想います)。

"お客様"として外部で鑑賞するのではなくて自分自身がプレイするようになれば、少し出来ただけでもかなり楽しい、寧ろ他人から見た評価なんかおまけ、みたいな感覚になれるのかもしれないとも想うのです。労力がそのまま価値となるマルクス的な世界がそこにある気がします。DIYで"自分がやる眼"でみれば、他者や環境に対して本当に大きな畏敬の念が持てるし、引いては"神様ぶったお客様"から脱して日本のブラックな環境をどうにかできるかもしれません。

"みられる自分"を意識することはエデンの蛇が食わせた林檎のようなものかもしれないなとも想います。承認欲求の肥大がグロテスクな様相を示しているのは現代日本の一つの景観で。

そんな中でメディア/ブロガー/記者とは?みたいな事を考えることは意味があることだと想います。Internetによって創作者と観客が直で繋がれるなら尚更。今、羅列型ニュースサイトなんかはクロールがほぼ自動運営されていますが、AIが記事を書き始めているというし、メディアこそ"何故ヒトがやるのか"を考えないと泡と消えるのだろうなとも想います。

一つ想うのは、やっぱり最終的には”その人そのもの”が重要なのだろうなと。例えばニュースアンカーの人格というか。ストレートニュースに"感想"は要りませんが、滲み出る人としての匂いがシステムに対する人間の矛なのだろうと想うのです。人工知能「東ロボくん」が“東大入学を諦め”たのは、英語や現代文の文脈を読む力が分からなかったからだそうです。少なくとも現状では「物語・文藝・文脈・調査報道」のようなものはAIに喝破されていないのだと想いました。

と、同時に、メディアなり、これはアートでもジャーナリズムでもいいのですが、一番の動機は「自分のみたい/読みたいモノを創りたい」からだと想います。単純にやっていて楽しい。その楽しさがBlogを続けてこれた理由だし、内輪受けは厭だといいながら鴎庵の最大の読者は自分自身だと想います。この"私"という装置、選別と推敲の感性や、創ることで楽しさが出てくる生物の資質がヒトがAIに侵されないサンクチュアリなのかもしれないな、なんて最近思っています。

趣味に"意味"を求め始めたら結構ヤバくて、趣味の最大の意味は楽しさに尽きる。"みられる"のは"みたい"から創始している。そう想うのです。BlogやTwitterは競技でもないですが技術を自分の中で更新して内輪受けでない記事を書いていきたい、なんつー意識高いこと言っとる間に筆を動し取材しろっすね。 しかしサイト論て究極の内輪ウケだな(苦笑
by wavesll | 2016-11-27 10:27 | 私信 | Trackback | Comments(0)

読書感想: 新田祥子 / もうだいじょうぶ! 心臓がドキドキせず あがらずに話せるようになる本

c0002171_18521595.jpg新田祥子著 『もうだいじょうぶ! 心臓がドキドキせず あがらずに話せるようになる本』を読みました。

私は緊張しいの人間で。特に仕事とかで"これは失敗してはいけない"という思いが強い時や"きちんとしなければ"と言う思いが強い時は物凄くあがってしまいます。文章を書く際なんかも、Webにはこれだけ饒舌に書けるのにも関わらずビジネス上の文だったり、"読み手が批判的な目で粗探ししてきそうだ"というプレッシャーの中で文章を書きあげるのがどうにもこうにも不得手で。

今までプレゼン白熱教室なんかをみて、<準備と想定演習を反復することを重ねて、ターゲットの好みを徹底的にリサーチして反映させる>とか"成る程"と想ったのですが、実際問題それだけの準備の時間的余裕が与えられないことも多いし、"正攻法に人事を尽くして天命を待つ事が出来ればいいけれど、そのスピード感に体力・精神力的についていけん…"と想っていたことも事実。そんなわけでこの本を手に取ったのです。

そこで書かれていたのは<『あがる』とは精神現象でなく生理現象>だということ。<あがる人は恥をかいた記憶が反芻されて、脳が自尊心を守ろうとして過剰防衛反応を示している>とのことでした。

あがる人は鬱なんかにもなりやすい性質らしく、完璧を求めて反省を繰り返すそうです。その為自分の駄目だったところばかりが記憶に残り、<あがった、失敗した>という記憶が強化され、ますます苦手意識が高まるそう。

原因は幼少期に勉強をしすぎたり、TVゲーム等で対人コミュニケーションの経験に乏しくなってしまったり、最近だとSNSに没頭してフェイス2フェイスのコミュニケーションに触れる時間が少ない場合もあるとか。しかし大人になってからでも訓練であがり症は直すことができるそうです。

まず減点嗜好を脱却し出来たところを見ること。"ま、いっか"と安心で心を満たせばあがらないとのこと。
更に声の震えなんかは、骨伝導で聴く自分自身の認識程他人にはつたわっていないので、"最低限これだけは伝えるポイント"さえクリアすればOK、くらいなラインを設定するのも有用かと。過剰な反省でますます苦手意識が強化されるのを避けるのを優先したいところ。

そして面白いと想ったのは口や舌、表情筋の筋トレをするといいというくだり。また猫背や服装をしゃんとするという"見た目の与える印象の改善"というアドバイスも。

不安というのは漠然としているからこそ大きくなるもので、やるべきことを具体化すると不安は半分は解消されるというのもその通りだと想いました。"あがり"というのを脳に原因を求めるというより身体全体の問題と定義するのが好感が持てました。

きちんとした訓練を積んで”ドキドキしないスピーチ”の記憶を定着させればあがることはなくなるそうです。ここら辺は著者の人がやってるセミナーの宣伝だなと想いましたがw

そして人に対する苦手意識の段では”この人苦手だな”と記憶するより”この人はこういう特徴がある”と記憶すると漠然とした苦手意識で記憶が埋まることなく、寧ろフラットな”事柄”として記憶されるとのこと。

そして<対人コミュニケーションを上手くいく為に>の段ではまず<コミュニケーションが上手くいかないのはあなたが自分の話ばかりしているから。相手の話を聞くのが大事>とのこと。”それは知ってるんだよ”とwしかしここからが面白かったのです。

<質問をするときは『事柄』でなく『相手の感情』にフォーカスを>とのことでした。『情報』を得ようとすると相手は”なんでそんな根掘り葉掘り聞かれなきゃならないんだ”と想い、反応が悪くなる。そこを<その時相手は何を想ったのか>を聴くと会話が弾むと。なるほど!といった感じでした。自分がLINEなんかで友人と話が弾まないのは相手に情報を聴いていたからかと。なるほどなーといった感じ。

また何かを断る場面では"状況/事情"の説明が大事だとのことでした。これは実際の場面では話したくない事情なんかもあったりするだろうし、上手い事いい抜ける狡さもいるかなと。

大前提としてあがり易い人は相手の反応を自分で推測してどんどんネガ思考に陥ってしまうという点があり、そんなコトは相手が考えればいいことだと切り離すのが大事だとのことでした。

ここら辺は"うっわ耳が痛いなー"というか。昔mixiで足跡がついたのに"いいね"が押されないことに対して「俺の書くものは1クリックもする価値がないほどつまらないと想われてるのか」と逆切れした黒歴史があるのです>< 自発的に書いていることなんだから、アドラー心理学を持ち出すまでもなく相手の反応は相手の課題ですからね(苦笑

特に私のような極私的な関心ごとを書く場合は、mixiのような閉鎖的な人間関係の所に書くよりも、寧ろWebの大海に書いた方が性に合っている気がします。このBlogの一日のhit数が大体PCからが100、スマホからが100なので、日本国民の1/500,000の確率でも関心が共有出来たなら僥倖で。その代わりに書きたいことを画くインディー・スピリットでやっていきたいなぁと想います。

とはいえ、この本を読んで一番びっくりしたのは文字が大きくて1ページ辺りの文字数がとても少ない事!
まとめサイトで良くあるみたいなリーダビリティーを追究したつくりに”1500円の本でも、いやだからこそここまで読みやすさを追求しないと手に取ってもらえないのか”という其のサービス精神に驚きました。

私は利便性とか機能性を疎かにしたのはインディー・スピリットの追求というより怠けかもなぁと想いました。とはいえ、この”怠け”というぼんやりした言葉では漠然とした不安が広がるばかりですから、”テーマ検索のしやすさ”とか"英語でもサマリーを書く"とか、具体的な案件に明瞭化してこうと思った次第です◎
by wavesll | 2016-11-02 18:58 | 書評 | Trackback | Comments(0)

Krzysztof Kieślowski 『Amator』 ― 1情報発信者として想う覚悟無きメディア行為の暴力性

クシシュトフ・キェシロフスキ監督の『アマチュア』をみました。
c0002171_1736973.jpg


Bunkamuraの特集上映サイトによると
家族、安定した生活、そして友人にも恵まれ、フィリップは平凡ながらも幸せに暮らしていた。彼は娘の成長を撮ろうと旧式の8ミリカメラを買う。しかし家族を撮るつもりが、彼はどんどんとファインダー越しの世界に引き込まれてしまう。自らの働く工場の式典を撮影した映像がアマチュア映画のコンクールに入賞。映画製作も始める。しかし夫婦仲は悪化し…。社会状況への愛すべき皮肉や映画の魅力、そして人生における欲望との葛藤を描き、「映像文化にとって真のコペルニクス的革命」と評され、世界にキェシロフスキの名を知られるきっかけとなった一作。
とのこと。彼女が特集上映でみて激賞していて。私は渋谷TSUTAYAでレンタルしました。

メディア行為を行う主人公にWebに色々書いている自分を少なからず重ねてみたのですが、平穏でつつましい幸せな生活を望む心と、メディア活動をすることで自分の世界が広がり、少なからず評価されたり、自己表現できることにのめり込む欲望の対立は少なからず身につまされました。

単純に仕事の面白味(その仕事でモテるようになったり自分を認める人間関係が拡がる快楽)にかまけて家庭をおざなりにし破綻を招くという話にも読めますが、ここに"メディア活動"という要素があることが、物語に現代性を与えていると感じました。

何よりも見ていて心がずきずきしたのは"秘密を公開し暴く行為がもたらす被害に対して思慮が足りない中途半端な正義の結末"が描かれていること。

自分はこうして未だにブログをやっていることでもそうですが、人に自分が面白いと想うことを伝えるのが好きで、大学時代は"噂拡声器"みたいな感じに半ば疎ましがられながら、友人のずっこけ話を拡散したりしていたのです。ぺらぺら話す自分自身はモテなかったこともあり怖いものがなかったので自分の醜聞もべらべら笑い話にしていたのですが、ある友人からは"お前は面白い話ができていいよな、恋人とかがいたらそういう話だって大っぴらにできないもんだぜ"とか言われたり、もっと強く"べらべら喋っちゃいけないこともある、消せ"と言われたこともありました。

当時は謝りながらも心のどこかで"言われちゃ嫌なことはやらなければいいのに"と想っていました。ただ、社会に出たり、パートナーができたりして失敗を重ねながら今思うのは"真実を隠すことで世の中が回っていることもある。必ずしも皆清廉潔白でだけではいられないとしたら、馬鹿正直にべらべらと自分のことを話したり、他者の秘密を明らかにすることでそのバランスを崩すことは、果たして正義といいきれるのだろうか"ということです。

劇中の主人公フィリップも社会悪を暴く、というか事実を提示することをアマチュア映画で行います。それ自体は純粋な気持ちから起きたことでもありますが、結果として親しい人に余波がきてしまう。何かを暴くとバランスが崩れ、今までと同じではいられなくなってしまう。それはもちろん良い結果も起こしますが、今までのつっかえ棒が壊れて混乱だって起こしてしまう。その被害を起こしたという事実に責任をとれるのか、あるいは暴くことで自らが他人を傷つけることへの覚悟が持てるのか。"AMATOR"という概念が示す覚悟のなさが胸を突きました。

インターネットは公共の往来になりました。誰でも読めることを意識せずにバカッター行為をしてしまう若者が問題になりましたし、2chに「殺す」と書いたら逮捕されてしまいます。今日も熊本地震の際のデマTweetで1人逮捕されました。何も『悪魔の詩』に対するイスラム過激派を持ち出さずとも公に出す言論はお遊びで済まず、言論の自由は反発や糾弾を覚悟した上でのものでなくてはならないのが現実です。

そう考えると世の中のアングラであったり、密やかな悦びの豊饒さはもうネットには置けないのだと思います。秘密倶楽部は現実に帰ったというか、ごく限られた内輪の間でそういった愉しみは保全されるべきで、メディア人の個人的な名誉欲のために暴かれるのは、思慮がない。信頼関係に基づく許しがない、或いは傷つける覚悟がない限り行ってはいけない。そういう風に、今は想うのです。

劇中でも"本気になったことが一度もない"という台詞がありましたが、アマチュアを言い訳に無責任に報じることの危うさを想います。決定的なカタストロフィの前に知れたのは良かった、と共に、『真実すべてを伝えることも混乱を巻き起こし、"行為を伴わない言説"もヴァーチャルではなく現実なのか…』とも想ったりもします。そうなると言論の自由、思想の自由はあっても、言葉にしたら戦争なんだな…と。私なんかは物理的な行動か金銭的コストそして時間コストがないとどうも"現実の痛み"とは思えないのですが、世の中では仮想/冗談として笑って済ませない範囲は広大なんだなぁと。まだ考えが纏まりきってないかもしれません。言葉の暴力というのは厳然としてありますし、時間コストを奪ってしまいますしね。ただ自由を失った結果社会に闇が拡がることや社会に余裕が失われることにも功罪はあると思いますし…。

情報発信やジャーナリズムに求められる責任に、"事実を報じる"以外に"結果に責任を持つ"ことが含まれるのか。それはアマチュアという立場ではどうなるのか…1情報発信者として、大きな問題提示をこの映画からは突きつけられられました。その答えは、今後の私自身の態度と言葉で示したいと思います…。ただ、少なくとも言論は凶器にもなるということは、意識していきたいと想います…。

追記
だからこそ、フィクションという形で現実を浮かび上がらせる行為に価値があるのだなと想いました。また、隠し事がある人間の方が詩の技巧は向上するかもしれませんね。

フィクション故に真実が現れる 演技と本心-カズオ・イシグロ 文学白熱教室から
by wavesll | 2016-07-20 19:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)

秘する場を照らすは世界を浅くするか ライヴレポ・展覧会レポ省察 追記:異形の引き算

昨晩、そして一昨日のRichard Devine, Eat Static @Super Deluxe → Arca + Jesse Kanda @Womb、素晴らしい2夜でした。連日クラブイヴェントへ通ったのですが、鱈腹食べたというか、かなり満足しきってしまいました。もう食べられないくらい。

鱈腹で言えば、今夜地元のリストランテで食べた穴子のリゾットがとても爽やかで夏らしく絶品でした。

それぞれの生の瞬間はかけがえのない魅惑に満ちていたのですが、その魅力のすべてはwebには載っておりません。Arcaも音源だけを聴いていたらまるで印象の違う音楽家だし、穴子のリゾットの旨味も私の表現力では十分に伝えられない。生の感覚はWebにはULされない。仮に極上のブートレグをDLしたとしても現場での体験は五感ですから、現実は捨象された上で情報網に乗ります。

ただ捨象された表現は、逆に言えば抽出された表現とも言えます。
先日観た『ローマの休日』の白黒の陰影に得も言われぬ優雅さを感じたのもそうですが、捨象された美ってありますよね。私はフィールドレコーディング音楽が好きでして。勿論、そこには風圧も、温感も、匂いも記録されてはいない音とジャケット写真だけの作品なのですが、音楽から情景が脳裏に立ち昇るのです。

想像力を掻き立てられ、その場にいないのにより純粋にその音で描かれた世界を味わうことがフィールドレコーディング作品体験です。ミロのヴィーナスのような、欠けているからこそ輝くうつくしさ。

将来的にライヴヴィデオはVRゴーグルでその会場を360°寫した体験型のパッケージになっていくことは想像に難くありません。一方その恩恵に預かれるライヴは限られるでしょう。現状でも感想レポすら書かれないライヴは多いですし、珠玉のライヴが日の目を見ないのは、もどかしくもあるような、でも自分だけの大切な思い出として秘匿したいような背反する想いにかられます。

只、そもそもライヴレポ記事ってあまり読まれない、というか読み返されはしないんですよね。このblogでもライヴレポや美術展のレポなんかも結構書いているのですが、中々アクセス的な成果は難しかったり。

Mighty Crown 25周年 第一章 ~ CHRONIXX JAPAN TOUR ~@川崎クラブチッタとかMIYAKE ISSEY展 Fotos @新美とか。もうちょい読んでもらえる方法はないかなぁと思うのですが、難しい。個人的にはロックにディジュリドゥを絡ませDubsteppin' R'N'Rを打ち出したLOSALIOS 2013 LIVE "NO FUTURE "@恵比寿LIQUIDROOMなんかはその後の達也のPsychedelic Foundation等の活動につながるし、もっとうまく書けていればなぁと想いました。

他方、黒田清輝展@東博 もう一つの坂の上の雲江ノ展にメカ撮り行ってきた!なんかはTwitterで紹介して頂いてアクセスを集めたり、生誕300年 若冲展@東京都美術館 High Vision & High Standardは世間的にも若冲展が注目されていたからかさらっと書いた割にはアクセスを集めていました。10年以上前に書いた円と棒でみる日記・blog・個人ニュース・新聞でまとめた通り、集客にはニュース性が重要。私も自分が行ったライヴとか、行きたかったライヴくらいしか検索してまでみないので、気持ちはわかります。その上で、ニュース性が切れても読まれる需要を創るというのは憧れです。

その為にどうすればいいか。質を上げるという意味では、勿論修辞も文章の質だと思いますが事象と考察がどれだけ詰まっているかが"文章の内容"だと想います。変に表現をこねくり回すより、思考で叩上げたことを自然と連ねた方が美味い文章が書けた実感がある。

思索が触発されるという点だとGodspeed You! Black Emperor's live at Shibuya DUO MUSIC EXCHANGEなんかは上手く書けたかもなぁなんて思ったり。(ちなみに今回は過去記事linkを結構張っているのですが、記事の掘り返しが過去記事の蘇生の一つの手段なのでは?という考えでlink貼ってみています)

ただ、何でもかんでもwebに載せるのは豊饒な秘密の宝珠を雨曝しにするような、世界を浅くし色気を台無しにしてしまう恐れもあるのではという危惧があるのです。

昔のWeb世界は少しアングラな秘密倶楽部のような雰囲気がありましたが、現在のWebは完全に実社会化されたというか資本主義的なモラルの場になり、秘密倶楽部の集積だったものが、公のルールに曝されてしまいます。、政府に個人情報がビッグデータ的に管理される時代になってしまっているし、却ってWebに載らない現実の方が今はよっぽどアンダーグラウンドな気が最近しています。

さらにそもそも論を言えば単純にblog書くためにライヴ見るというのは自分にとっては本末転倒で。Arcaでモッシュピットでもみくちゃに盛り上がったのは私にとっては久しぶりで新鮮な歓びだったけれどレポ書くなら後ろでじっくり聞いた方がいいでしょう。でもそういうのは写真ばっかり撮って肉眼を蔑ろにするのに似た残念さがあって。分析的に聴くと酔いがさめるというか。あくまでファンの目線で熱狂を記したい。

そんなことも含め、捨象表現・抽出表現によって、限定や制限を活かすことで想像の余白の深さを保てるような方法がないものか、blogに関しては模索を続けていきたいです。基本的には自分が読みたい質を出せるように。その上で現場に行った人たちにとっての密やかな歓びも傷つけたくない。理想のレポ記事への道を進んでいきたいものです。

追記:
今夜放送されたプロフェッショナル仕事の流儀 異端の書体を創る書体デザイナー 藤田重信さん. 福沢諭吉の書道の本からフォントを創るなど、Diggerというか、DJ的なセンスを持ったアーティストだなと思ったのですが、番組後半で正統派書体デザイナーの鳥海修さんに新しい明朝体への意見を聞く場面があって、その時鳥海さんが「自分は削って削って造るけれど、藤田さんは意見も含めて加えて加えて造る」と言っていたのが心に留まりました。

引き算は本当に美しいのだけれども、私自身の文章は絶対足し算だし、異形の魅力を目指した方がいいのかもしれない、と。更に言えば、異形の引き算というか、ミロのヴィーナスも、フィールドレコーディングも大きな欠落そのものが異形というか。一旦行くところまで突っ走った後で、ゴロッと事故的に欠けさせる、なんて方法論で文章を造れないものか、削ることで増幅するというと禅問答のようですが、やってみたいです。
by wavesll | 2016-06-13 00:34 | 私信 | Trackback | Comments(0)

『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』 前衛的なレストランへの取材のプレゼンテーション

映画『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』予告編


AbemaTVで映画『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』をみました。
分子料理とも呼ばれる前衛的なレストランは、半年営業し半年は新メニューの開発へ費やされます。

R&D中の厨房は、アートが造られる実験場の様。オーナーシェフはまるでルネサンス期の親方のよう。AbemaTVでみた『二郎は鮨の夢を見る』の一子相伝的な厨房とはまた違う、創新の現場でした。それでも彼らはイノベーションは日々の積み重ねといいます。真に新しいものを開発するのは毎日をちょっとづつでも改善していく絶え間ぬ努力がいるのだなと想いました。

また、このドキュメンタリー映画は、ナレーションが無し。日本のドキュメント番組なんかはナレーションで"解説や読み解き方、場面の意味"が語られてしまいますが、この映画はあくまで素材となる取材対象の映像で視聴者に"答"を考えさせるのは上質だなぁと。地上波テレビなんか見るとワイプ芸やワイプ喋りなんかが氾濫し"感想くらい視聴者に任せられないのか"と想うことも多かったので、このプレゼンテーションの仕方はblog記事の更新にも活かせられないかなぁ等と想いながら、"でも感想を感想無しで書くのはどうすればいいのだろう?いろいろ試してみたい"等と考えながらみていました。

3時間で35品。現場は鉄火場の中で、相当高いんだろうし、一生に一度のつもりのお客さんばかりだったと思います。"今日は調子が悪くて"などとは絶対に言えない勝負の場に立ち続けるなんて料理人は物凄いアーティストだなと想いました。

一度食べてみたかったけれど、エル・ブリは2011年に閉店し、料理研究機関になっているそう。食べれるアート、その夢想が目で耳で脳で味わえる、驚きの料理店のドキュメンタリーでした。

P.S. 東京にも来ていた現在世界No1料理店 ノーマはどうなったかなと想ったら、『ノーマ、世界を変える料理』:美食界に革命を起こした天才シェフ、レネ・レゼピ!壮絶な道のりを追う4年間のドキュメンタリーが今公開されているそうですね。

映画『ノーマ、世界を変える料理』予告編



『二郎は鮨の夢を見る』、全編Youtubeにありました。
Jiro Dreams of Sushi 2011 720p BluRay

by wavesll | 2016-05-14 12:57 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

"音楽の要約"は可能?「音楽紹介ブログのYoutube動画、全部見ることめったにない問題」について。

自分は恐らくは音楽好きといって間違いでない人間だと想います。このブログでも良くYoutubeとかsoundcloudとかで音楽を紹介することが多いのですが、友達なんかからは「Youtubeはみないなぁ。ブログは読んでるけれど」なんていわれること、結構あるんですよね。

紹介する音楽よりも、私自身の文章を目当てにアクセスしてくれるというのは喜ばしいことかもしれませんが、文章よりも愛する音楽こそ聴いてほしい、みたいに思ったり。「聴きたくなる文を書け」ということかもしれません(苦笑)

ただ、その気持ちも分かるというか、音楽って本当に人それぞれ好みが違うのもありますが、音楽は"時間の藝術"であることが大きいのだなと想うのです。

自分は結構、展覧会なんかにも行くことが多いのですが、ビデオアートって苦手なんですよね。時間かかるじゃないですか、みるのに。その点、画や彫刻はぱっと把握できるのが、魅力を増していると想います。また自分は最近は読む頻度が減ったのですが漫画好きで、アニメより断然漫画だったのですが、それは漫画は読むスピードを自分でコントロールできるから。"時間が規定されていない藝術”の方がとっつきやすくあると想います。

実際、タブで同時に開いていれば好い話なのですが、私自身も他の方の音楽紹介記事で多数の音楽リンクが紹介されている時に、全部みるのはしないですし、一つを聴き終わる前に止めて他のものを開いたり、別のページに飛んでしまったりします。そういった意味で、鴎庵の文章は読むけど音楽は聴かない、というのは私自身もまぁわかるかもしれない…とも想ったりします。

"時間をリスナーが支配できる音楽"、或いは"要約可能で短い時間で美味しい処を味わえるように編集する音楽"ってあるのかなぁとも想ったのですが、うーん。。。短い曲ということならば「1分の音楽」ルールのコンピなんかはありますが、、、試聴ファイルつくりと言う意味でも、音楽の要約って、案外重要な観点な気もしますね。

或いは音楽紹介の記事は、「楽曲の時間」と「文章を読むのに要する時間」が等しいのが理想なのではないかと想います。音楽を主にして文章がバックグラウンドで流れる感じと言うか。流し聴きと言うのは聴覚表現の大きな利点ですから、これを活かすというのは音楽ブログにはいい方法かもしれませんね。"時間が決められている"というのは逆に"その時間で楽しみきれる"ということですし、私も最近はマンガ読むよりも映画観てる方が楽だななんて感じになってます。このサイト上で上手く文章と音楽、或いは画像を連携させられたらいいな、なんて最近は考えています。
by wavesll | 2016-04-25 18:26 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)