タグ:代々木公園 ( 22 ) タグの人気記事

太田記念美術館にて葛飾北斎≪冨嶽三十六景≫全46枚をみた

c0002171_19583941.jpg

表参道の太田記念美術館にて葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ展をみてきました。

冨嶽三十六景は実は36枚ではないことを御存じでしょうか?私は初めて知ったのですが、人気がありすぎて10枚追加し全46枚あるのです。そしてこの展覧会はその全作が展示されるというもの。

生で観る冨嶽三十六景は、浮世絵の実物に加え保存のため照明の光量も抑えているため、色味のヴィヴィッドさはそこまででもないのですが、実物大の浮世絵に顔を近づけてみると、その筆致というか摺致から線一本一本の迫力が伝わってきました。

本記事では、各景に一言コメントをつけていこうと想います。冨嶽三十六景はWikipedia Commonsで公開されていて各画にはそこからLinkを張りました。

46枚の順番はつくられた順ではなく、今回の展示の順番でコメしていきます。タイトルの”冨嶽三十六景”は省略しました。

≪凱風快晴≫:富士の赤が美しい。鰯雲のような雲の姿も雄壮さを湛えている。

≪相州梅澤左≫:ベロ藍(プルシアンブルー)の富士もさることながら、鶴が一羽一羽個性が伝わるような描写が素晴らしい。

≪常州牛堀≫:展示してあったものは藍と白の鮮やかなもので、船の勇美さが良かった。

≪山下白雨≫:北斎は富士山の特に山肌に非常に拘りをもって微細を描いているように感じた。右下の黄色の文様は雷だそう。そのデフォルメ具合も凄い。

≪甲州犬目峠≫:歩く人の大きさから景色の雄大さが伝わってくる。

≪五百らかん寺さゞゐどう≫:冨嶽三十六景には富士を眺める人々が良く描かれていて、これもその一つ。背中だけでも性格が顕れるような描写力が見事。

≪東海道吉田≫:このGIFでも有名な絵。茶屋に集まる人々の江戸時代らしいちゃきちゃきした感じが好き。

≪礫川雪ノ且≫:三十六景唯一の雪景色。しんとした雪景と、人物たちの華やいだ空気の対比が印象的。

≪東海道程ヶ谷≫:左端の人物の立ち姿、好きだ。

≪御厩川岸より両國橋夕陽見≫:水のもにょもにょした感覚が見事。

≪隅田川関屋の里≫:地を這う霧の造詣がスピード感を増す効果が。

≪ 神奈川沖浪裏≫:やはり凄い。白波はつづらのようにも見え、”そうかこれは富士の氷雪に呼応しているのか”と。

≪駿州江㞍≫:紙が吹き飛ばされることで目に見えない風が実体として描かれた逸品。

≪武陽佃嶌≫:様々な形の舟達が快く配置されている。

≪ 甲州伊沢暁≫:薄桃の射す朝景。みじたくしている人々の姿がまたいい。

≪甲州三坂水面≫:冨嶽三十六景はもちろん実在の場所を主題としているのだけれども、北斎はそこにモキュメンタリー的な手法と言うか、画としての面白さを求めて脚色を施したものも数多く在り、影が点対称に映るこの絵もそんな一枚。

≪遠江山中≫:本来あり得ない上と下から同時に鋸が挽かれる様を描いた作品。

≪東海道品川御殿山ノ不二≫:本来この方向から眺めると富士山はみえないが、そこは巧いフィクションとして描いている。

≪甲州三嶌越≫:真ん中の碧の巨木が大変に魅力的で、この巨木は他の処にあった矢立の杉を山深さを顕わすためにここに挿入したらしい。

≪青山圎??枩≫:無論東京からではこんなに大きく富士山はみえないが、ここではダイナミックに誇張されている。

≪隠田の水車≫:今の渋谷川の水車。水は本当は上には回らないが、ここでは絵の面白さのためにこうした演出が為されている。

≪ 尾州不二見原≫:円のリズムが非常に快い。

≪深川万年橋下≫:「冨嶽」なのに富士山がこんなにも小っちゃく、富士をみつける楽しみがあるともいえる。傘を深くかぶった釣人が格好いい。

≪登戶浦≫:鳥居が連なって海から立つ感じ、江川海岸の海中電柱っぽさある。

≪上總ノ海路≫:生で観るとグラデーションの美しさに吉田博に繋がるものを感じた。

≪本所立川≫:材木馬の縦の線の景観が美しい。

≪身延川裏不二≫:46枚目に描かれた一枚。富士は山嶺群の中に。

≪江戶日本橋≫:記念すべき冨嶽三十六景の一枚目。日本橋の雑踏ではなく、江戸城の遠景が描かれているのが興味深い。

≪江都駿河町三井見世略圖≫:三十六景の2枚目。これも三越の賑わいでなく屋根の人物たちや凧にフォーカスされているのが面白い。

≪東都浅艸本願寺≫:屋根がでかい。そしてまた凧。北斎、凧好きかも。

≪東都駿䑓≫:丘の緑の彩色、松から富士山に抜ける空円が美しい。

≪従千住花街眺望ノ不二≫:吉原の風景も北斎の目線だとこう切り取られる。

≪相州七里濵≫:湘南・七里ガ浜を江の島抜きで画くとは北斎もなかなかに狙うなぁw

≪下目黒≫:北斎は冨嶽三十六景で、有名な場所だけでなく通常取り上げられないような場所も描いている。これもそんな一枚。

≪武州千住≫:堰枠がアクセントになっていい感じ。また人体描写が素晴らしい。

≪相州仲原≫:なんでもないスナップショットのようで、きちりといい演技が人物に施されているのが見事。

≪駿州片倉茶園ノ不二≫:茶畑が描かれた逸品。また冨嶽三十六景に出てくる馬は愛らしさがある感じがいいなぁ。△とOのリズムが気持ちいい。

≪駿州大野新田≫:牛たちが逞しくも可愛らしい。

≪武州玉川≫:川の水面の線描の美しさと青と白のグラデーションが素晴らしい。

≪相州江の嶌≫:定番の観光ポストカードのようなデザイン。

≪相州箱根湖水≫:シンプルにデザインされた芦ノ湖の風景に山岩の斑点が面白い効果を生んでいる。

≪ 東海道江尻田子の浦略啚≫:36枚目の冨嶽三十六景。海の図像画線が真に綺麗。

≪東海道金谷ノ不二≫:そしてこれが37枚目。これは本当に凄い画!海波のデザイン性、そして波のリズムは丘にも伝わって。この絵をしれて良かった!

≪甲州石班澤≫:これもまた凄い。とてつもないスケール感があるのは漁師の”孤”が描かれているからかもしれない。

≪信州諏訪湖≫:描かれた時代にはもう失われていた幻の水城の風景を文書記録から蘇られた逸品。

≪諸人登山≫:実は冨嶽三十六景でこうした富士山の近景はこの一枚だけ。富士に登る人たちの勢いと風情が偲ばれる。

そしてこの展覧会では北斎以外にも、娘の葛飾応為の柔らかい夜の光が美しい≪吉原格子先之図≫や雅な≪源氏物語図≫、女性の身の施し方のマニュアル本に応為が挿絵を入れた≪女重宝図≫や歌川広重などが三十六景と同じ場所を描いている作品群、そして北斎が三十六景を描くときに参考にしたという河村岷雪≪百富士≫等も展示してありました。
c0002171_22205990.jpg

三十六景以外で特に身を見張ったのが北斎が三十六景を描き上げた後に描いた≪富嶽百景≫。白黒で画かれた富嶽百景の冊子が見開かれていたのですが、≪海上の富士≫という作品など、波濤から鳥達が生成され飛んでいく美事な奇想が描かれていて、”Great Wave”の先にまた進化した浪がありました。

北斎の絵の上手さ、取り分け人物の人格が顕れるようなカラダの描き方が抜群で。引き締まってきびきびした職人たち。ホクホクして楽しそうな町人。旅慣れた渡世人など、本当に上手い。

そして富士山。静岡の方に行くと、富士山が本当に良く見え、山に抱かれているような畏敬を富士に想います。江戸の都も富士山に抱かれていたのだなぁと。

そして最後に拙写真を。太田記念美術館から帰る夕闇の代々木公園からみえた富士山の影です。現代も富士の山は東京を抱いているのだと沁みました。

c0002171_22285375.jpg
c0002171_22291279.jpg

by wavesll | 2017-10-27 22:29 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Afro Begue live at 東京JAZZ2017でセネガルの音塊を浴びてきた!

c0002171_18264363.jpg


Afro begue 1st アルバム "BEGUE"  リリースパーティー5/23@渋谷


東京国際フォーラムから渋谷エリアに移った東京JAZZ、代々木公園欅並木にAfro Begueをみにいきました!

ちょっと前から気になっていたこのバンド。Begue(ベゲ)とはセネガル語で"楽しむ"とのこと。セネガルのダイナミズムあふるるビートが最ッ高で★最ッ高のセネガル・サウンド!ジェンべのオマールが最早核弾頭クラスの爆発力!最ッ高でした!!!

東京JAZZは昨日・本日・明日と開催。欅並木の”Street”ステージ等フリーのステージも多数、朝にはJAZZ YOGAなんかも。またライヴはNHK FMが中継してます。あと例年通りだとBSで放送もされるはず。今宵はらじるらじるで楽しもうと想います◎

cf.
AFRICA HIBIYA FESTIVALに行ってきた!

by wavesll | 2017-09-02 19:14 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

RHYMESTERのKING OF STAGEなPerformance, Buddha Brand, CAKE-Kに沸く@B-BOY PARK+Alpha

c0002171_352763.jpg


RHYMESTER 『ONCE AGAIN』


中目で降りて川端龍子展 at 山種美術館を経由して代々木公園のB-BOY PARKに行ってきました。

毎年ダンスバトルをやってるのを観たりしてたのですが20回目となる今回がファイナルとのこと。数多なパフォーマンスが演っていました。

ただ”ちょっと音小さすぎない?”って感じで。テントでゆるゆる聴いていると「大怪我!」の声が!おわ!!!!Buddhaじゃねぇか!一気にステージに駆け寄りました。

柏まつり以来のブッダ、Don't Test Da Masterも嬉しかったし、何より『人間発電所』のシンガロング!まさにアンセムでした。

そして次に出てきたCAKE-Kさんもラップのスピリッツ、HIPHOPへの愛が感じられるアクトで良かったです。

そして愈々RHYMESTER! 一発目は『ONCE AGAIN』!!!!ライムスターのライヴを直にみたのは実はこれが初めてだったのですが、ラップは勿論のことボディ・パフォーマンスで魅せる魅せる!「正直出音小っちゃいとか関係なく人力の力で盛り上がろうぜ」!流石w一気に引き込まれてプチャヘンザして人差し指掲げました。宇多丸はラップの仕方をCAKE-Kさんから学んだとのMCも。

その後新譜の曲とかやって、「ラストにこの代々木公園で撮ったあの曲やるから」と。これはフィナーレも観なければ!

K DUB SHINEがECDコールアンドレスポンスをしたり、代々木公園で同時開催してたアフリカフェスティバルでのジャンベのヤバみを感じたのち、フィナーレへ。

B-BOY'sアンセム『B-Boyイズム』が歌いあげられ、宇田丸グラサン外した!そこからアクロバティックなブレイクダンスへ!最高潮!

アンコールはB-BOY PARKへのアンコール!また会おう!という声、高揚感の中サミュエルアダムス飲みながら帰路に着きました。

RHYMESTER - B-BOYイズム


c0002171_4205646.jpg

by wavesll | 2017-08-21 04:17 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

トルン(ヴェトナム竹琴)奏者・小栗久美子Live @Vietnam Festival

c0002171_16453064.jpg

トルン奏者 小栗久美子『風』 Kaze by KumikoOguri (BambooXylophone/Vietnam)


ベトナムフェスティバル2009 ◆ 小栗久美子トルントリオ [ 1/5 ]コンドルは飛んでゆく


ベトナムフェスティバル2009 ◆ 小栗久美子トルントリオ [ 2/5 ]狩に行く(ヴェトナム曲)


ベトナムフェスティバル2009 ◆ 小栗久美子トルントリオ [ 3/5 ]タイグェン地方に帰る(ヴェトナム曲)


ベトナムフェスティバル2009 ◆ 小栗久美子トルントリオ [ 4/5 ]?イン・ラー・ホイ?(ヴェトナム曲)


ベトナムフェスティバル2009 ◆ 小栗久美子トルントリオ [ 5/5 ]上を向いて歩こう


横浜人図鑑 第221回 小栗久美子さん(2016年12月19日(月)放送)



代々木公園でのヴェトナムフェスティバルにてめっけものだったのが小栗久美子さんによるトルンでした。

トルン(Trung)はベトナム中部高原地帯(タイグエン)で生まれた竹の打楽器。縦のシロフォンというのが見た目としても面白いし、竹の響きがポコピコ楽しくて一聴して好きになりました。

ライヴは「荒城の月」で始まり、ヴェトナムの楽曲を演奏して、小栗さんの教え子だという神田外語大の女学生奏者も参加した『ヌップ』という英雄の楽曲と、「剣の舞」で〆。素敵な時間でした◎
c0002171_1703394.jpg


その後ヴェトナムビール飲みながらかの地のスター達の歌唱を楽しんで。かなり上手い女性やCoccoみたいな情念系シンガーもいて。ヴェトナムの人達の盛り上がりが凄かった★楽しい時間を過ごせました。
c0002171_1754221.jpg
c0002171_1711574.jpg
c0002171_1712673.jpg
c0002171_17122668.jpg

by wavesll | 2017-06-11 21:06 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

松崎ナオ live@宇宙平和音楽祭

c0002171_23223962.jpg
c0002171_23225071.jpg


松崎ナオ - 川べりの家


松崎ナオ トリオ 客無しライブ incl. 「川べりの家」「フォークソング」「大人は知ってる」ほか全6曲


松崎ナオ - hello, goodbye


ラオフェスの帰りにNHK前で松崎ナオのライヴをみました。ドキュメント72時間のテーマ曲「川べりの家」もやってくれて。そして『大人は知ってる』という反原発歌がとても良かったです。最後にやった「Hello Goodbye」も心の襞に触れる歌唱でした。

唄やMCの感じにCoccoとかUA的なものも。凄く人間味が通じて。好きなパフォーマンスでした。
by wavesll | 2017-05-27 23:31 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

ラオスフェスティバルで聴いたケーンでAcoustic Big Room Houseを妄想 & 爆風スランプ『RUNNER』ラオスver

ラオフェスビアラオ飲んで来ましたw
c0002171_1924756.jpg
c0002171_193149.jpg
c0002171_1931016.jpg


Lompat phai by master Daeng toy


代々木公園のフェスは現地の結構なスターが出るので楽しいのですが、今回特に気に入ったのは国立芸術院所属のケーン・キーボード奏者のPHAVY CHANHSILENGさん。特に笙の元となったというラオス/タイの伝統楽器ケーンの響きがバグパイプみたいで、これでアコースティックビッグルームハウスとかやれんもんかなとか妄想が広がりましたwガムランもそうだけれど、Asiaの楽器ってどこかエレクトロニックな響きを感じます。

ラオスフェスティバルは明日も開催。ラオスのアーティストのNAMFONという子は歌謡曲なのにいきなりEDMのブレイクダウンが起きたりして面白かったりwこの他ラオスに所縁のある日本人アーティスト等も出ていて、今日は栗コーダーカルテットがピタゴラスイッチの曲とかやってくれましたw

明日はサンプラザ中野くんとパッパラー川合が出るそう。あの曲やるかもしれませんね(あるよねあるよね!by S.池崎)

日曜追記
行ってきました!やってくれました!『ランナー』!しかもサビをラオス語で歌う『ランヌー』verで◎!

フィナーレはラオスオールスターズで★!ラオフェス、楽しかったー!

c0002171_21574237.jpg
c0002171_21575922.jpg
c0002171_21581028.jpg
c0002171_21582182.jpg

by wavesll | 2017-05-27 19:15 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

カンボジアフェスティバルにてPreap SovathとSbaek​ Thomをみた

c0002171_2274323.jpg
プノンペンビール片手に代々木公園で開かれたカンボジアフェスティバルみてきました。

カンボジアの影絵劇スバエク・トム。影絵劇だけど牛の皮でつくられたパネル本体がでてくるのが面白い。
c0002171_2285177.jpg
c0002171_229470.jpg


カリブ・中南米フェスティバルも開かれていて、カポエィラやってました。本物は生演奏なんですね。
c0002171_2311098.jpg


ファッションショーに出てたCambodian Beauty. 歌手の方でした。
c0002171_233336.jpg


フェスに来てたカンボジア人のクラウドが一番沸いたのはカンボジアの大スター、プリアップ・ソバットのライヴ!揺滾曲から、PSYの江南スタイルみたいな感じ迄多彩に大盛り上がりさせてくれました。こりゃダラー(スター)だ。楽しかった!
c0002171_2354835.jpg


Preap Sovath Live Concert 2017 - Rom Anh Jeak - រាំអញ្ចេក


猫ひろし登場w!カンボジア語も少し話せてましたw
c0002171_2394873.jpg


影絵劇・夜の部。始まる前の神にささげる祈りの詠唱がなかなか良くて。でもやっぱり本体が出てくるのが面白い。
c0002171_2424414.jpg
c0002171_2425491.jpg


チャルメラ的な音がミャンマーっぽくて良い良い◎と想ったら人間が演技しだしてついにスクリーンも関係なくなってしまったw
c0002171_2444089.jpg
c0002171_2445091.jpg
c0002171_245691.jpg


ガルーダやハヌマーンが出てくるから、ラーマーヤナ的な世界観なのかも。
c0002171_2454759.jpg


キャラとキャラがぶつかると両方のキャラが入ったパネルが現れるのか。
c0002171_2463841.jpg


面白かった!オークン(ありがとう)!!!!!
c0002171_2472196.jpg


スバエク・トムの映像がYOUTUBEにありました◎縦断的な演出が楽しい◎◎◎

ល្ខោនស្រមោលស្បែកធំ (Sbaek​ Thom shadow puppet shows)

by wavesll | 2017-05-05 02:49 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

I will be with you / LOVE PSYCHEDELICO & 紅葉の代々木公園 第23回音の貝合わせ

I will be with you / LOVE PSYCHEDELICO (dailyotion link)
c0002171_20224720.jpg
by wavesll | 2016-11-20 20:23 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Part Time Musicians Live at Earth Garden 秋 -Thaiから来た同時代Asiaの風

タイでこの十年で最大のヒットを飛ばした"タイのベルセバ"ことPart Time Musiciansをみに代々木公園アースガーデン秋へ行ってきました。
c0002171_0521892.jpg

日本語も交えたMCをしてくれるサーヴィス精神もさることながら、とてもいい楽曲感性で!!!

私自身は彼らをタワーレコード横浜の試聴で知って“これは良いネオアコ!”と想ってライヴみにきたのですが、やっぱりとっても良かった。特にNO WAY NOなんか最高。タイのバンドというより同時代の良い若手。透き通るようなヴォーカルの女の子と、ギター、そしてヴァイオリンの気持ちいい音。帰ってからみたMVのセンスもとてもよかったです。

Part Time Musicians - Vacation Time [Official Video]


Part Time Musicians - NO WAY NO [Official Video]


Part Time Musicians Feat. Chladni Chandi - Would You Mind ? [Official Video]


同時代のAsiaに、同時代の感覚を持つバンドがどんどん出てきているのはとても嬉しく想います。ワールドミュージック好きとしては英語だけでなくタイ語の歌なんかもないかDigってみたいところですが。

台湾のナンバガ、透明雑誌、ザゼンと対バンもした韓国のチャン・ギハと顔たち。韓国だと渋谷系的音楽も盛んで、この間のDOMMUNEのヒップホップコリアも面白かったし今年のサマソニに出てたHyukohも良かった。そしてインドネシアからも同時代の感性あふれるバンドがどんどん出てきていると聴きます。Asiaの音楽環境が勃興するのはとても嬉しいし、逆に日本もベビメタやピコ太郎みたいにもう日本に留まらない、芸能の発信規模が世界へすぐに到達する時代になってきているのはわくわくする状況だと想います。

そんなAsiaの感性をあらわしてくれるバンド、Part Time Musicians、本日10/23(日)にも11:00から出演します。気持ちの良いネオアコサウンド、お薦めです。ちなみに出店のやみつきトーフバーガーも美味いんで是非◎

cf.
ベルセバを彷彿!アダム・グリーンも認めた!?Part Time Musicians日本デビュー!(Qetic)

MAXWELL@StudioCoast、Andres Beeuwsaert@根津教会→HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER & Summer Sonic2016
by wavesll | 2016-10-23 01:17 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

錫杖花at代々木公園

c0002171_19474825.jpg

by wavesll | 2016-05-31 19:47 | 街角 | Trackback | Comments(0)