タグ:六本木 ( 27 ) タグの人気記事

安藤忠雄建築の地水火風. 安藤忠雄展@国立新美術館の≪光の教会≫に『風の建築』をみる

c0002171_18412677.jpg
c0002171_18413937.jpg
c0002171_18415130.jpg
c0002171_18420418.jpg
c0002171_18421650.jpg
c0002171_18422890.jpg
国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展―挑戦―に行ってきました。

出掛けにコンビニでチケットを発券し、9:30頃に現地についてまだ開いてないチケット売り場をスルーして展覧会に並ぼうとしたらもう大分人が並んでいて。

≪光の教会≫のまっさらな写真が撮りたかった私はやきもきしたのですが、入場してみると先に入った人達は直島ブースに人だかりをつくっていました。

今日は安藤さん自らによるギャラリートークの最終日だったのです。

順路の途中に野外に出る形で建てられている≪光の教会≫にも既に人はいましたが、お互い察していただけたお陰で満足のいく写真が撮れました。

その後、安藤忠雄さんと藤本壮介さんのギャラリートークを拝見。

「アジアには活気がある」「日本のように消費をしない国には未来がない」「仕事や資金をいかに社会に還元するか」「二度とやりたくないと想う位一度は働いてみるといい」「最近の人は本を読まなくなった。子供向け図書館のプロジェクトをしている」「大学生で可能性があるのは2年まで、3年からは自由がない」「自分で考えろ」などを楽しい語り口で語られていました。

安藤さん自身も「自分のつくった家は住みずらい、けどそこは自分で何とかしてほしい」とw

安藤さんの設計した渋谷駅は全くもって使いづらいし、表参道ヒルズなんかもイマイチなユーザビリティだと感じるのですが、Artとしての建築づくりには強烈なエゴが必要となるのかもしれない、そしてそれは"人生に於けるディレクション"でもそうなのかもしれないと想わされました。

その後最初に戻って展示を観ようとして、個人の邸宅の模型や写真が並んでいたのですが、まぁ混みあっていて。なかなかスムーズにみれなくて。

そして大きな模型展示なんかもあってヴェニスの≪プンタ・デラ・ドガーナ≫やパリの≪ブルス・ドゥ・コメルス(進行中)≫なんかの展示には”おぉ!こんなストレートに近い引き出しもあるのか”とも想ったのですが、建築系の展示はオスカー・ニーマイヤー展以来だったのもあり、通常の展覧会とはいささか鑑賞の勝手が違うなという感じ。

そんな中でも1/1サイズの≪光の教会≫は大きなインスタレーション体験となりました。混みあってきてからも、前に人が入る時もあれば、みなで写真を撮るために人が引いたりしたりもしていました。

2回目の今度は1人でのギャラリートークを聴きながら眺めていたのが≪真駒内滝野霊園 頭大仏≫という大仏を丘で覆ってしまった作品。”この作品や≪地中美術館≫なんて、古墳みたいだよなぁ”と想ったときに、私の中で”地水火風”という想念が湧きました。

≪頭大仏≫≪地中美術館≫等が『地』、北海道勇払部の≪水の教会≫やその他多くの水を湛えた建築作品が『水』、そして≪光の教会≫が『火(日)』、四大元素の建築を彼は造っている。では安藤忠雄は『風の建築』もつくっているのではないか?この視点を引っ掛かりに展覧会を見ることが出来るかもしれない。

しかし中々『風の建築』をみつけることは能わなくて。確かに≪ロックフィールド静岡ファクトリー≫なんか風車もあったり、或いは映像展示≪もうひとつのANDO作品ー継続する力≫でのビルや街区の緑化事業は植物が風に揺れる様がありましたが、自分の中でパキっとこなくて。

”そろそろ帰るか。。最後にもう一度≪光の教会≫をみるか”と、内部に入り、ベンチに座り、十字の光隙を眺めていた時にすっと”その先の空間、空気”がダイレクトに感ぜられて。それは風や冷気が直に入ってくることもあって、”そういえば茨木の≪光の教会≫の十字はガラスで埋ってるらしく、今回安藤さんたっての願いで孔として明けたんだよな”と想ったときに”これは風(空気)の建築と呼べるかもしれない”と想って。

広大な外の空間を予期させるイコンとしての光の十字に、この展覧会のヴァージョンで安藤忠雄は地水火風の風も成したのだと想ったのでした。

ちなみに新美の敷地に建てられた≪光の教会≫は西向きなので朝日が入らず、14~16時ほどが一番輝くそうですが、茨木春日丘教会のように十字の光が床に照らすことはないそうです。ただ妄想ながらいいEurekaを得ることが出来ました。

by wavesll | 2017-12-06 19:24 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

BiSH ゲリラライヴ@六本木ヒルズにて「My Landscape」「FOR HiM」「オーケストラ」等を聴。

c0002171_21213192.jpg

BiSH / My landscape

BiSHのゲリラライヴに行ってきました!

個人的に「My landscape」がアイドルの楽曲の中で「時空を越え 宇宙を越え」以来にびびっと来て。今日昼Twitterでゲリラライヴを知り馳せ参じたのでした。

何と1曲目が「My landscape」!

ただYoutubeでの歌の方が良くて。”LIVEではそんなに魅せられないのかな”と想ったのですが、2曲目からは目に見えて良くなって。アッパーな曲の方が映えるグループなのだなと。

またオーディエンスのコール?にも当初ぎょっと驚いたのですが、高く跳ねたりサークルでガンガン走るのをみると、”あぁこれは血気盛んなエネルギーを発散させているのだ”と想って。ダイヴやモッシュに通じるのだなと。

BiSHの音楽は最新型のロックグループなのかなと想っていたのですが、生で観るとかなり舌ったらずな可愛らしさがロックサウンドと相まっていて。

サマソニでみたSu-Metalの眼の凄味みたいなものはなかったのですが、戦闘巫女とでもいうか、こうした暴力衝動と美少女さの融合が神輿というか、野郎のファンにとって衝動を開放できる霊媒性を感じました。

新曲「FOR HiM」が良くて。あとは「オーケストラ」なんかも良いパフォーマンスだなと感じて。

以前Idol Musiqueを聴かない理由があるとすればという記事でアイドル楽曲に対する個人的まとめをしたのですが、あれから1年半、いまだに弱まることのないアイドルの現場、今日の周囲を見ると世代交代してるし活気があるなと。

そういうYouth Cultureの現場としても勿論楽しかったですが、個人的にはバーンと盛り上がる楽曲より「時空を超え 宇宙を越え」や「My landscape」みたいな憂いを秘めた楽曲が聴けたら嬉しいところ。BiSHの今後にも色々着目していきたいなと想いました。

c0002171_21214031.jpg

by wavesll | 2017-11-29 22:07 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Brodka Live @ポーランド祭 東欧の風を感じるStrangeな真中音楽

c0002171_2261374.jpg


Brodka - Granda


Brodka - Up In The Hill (Official Video)


Monika Brodka 'Granda' Full Album


Brodka - męskie granie Żywiec 2017 (1080p)


六本木ヒルズで行われたポーランド祭2017へ行ってきました。
目当てはBrodka.

本名モニカ・ブロトゥカ。1987年2月7日生まれ。ポーランド南部の山沿いにあるジヴィェツ 出身。6歳からバイオリンを始め、音楽に興味を持つ。2003年にポーランド版のオーディション番組「アイドル」第3シーズンに出場し、優勝を勝ち取る。同年にアルバム『Album』 でデビュー。2004年に2ndアルバム『Moje Piosenki』、2010年に3rdアルバム『Granda』を リリース。ポーランドのグラミー賞に当たるフレデリック賞では、これまでに17部門ノミネート4部門受賞という輝かしい経歴を持つ。『Granda』では、ポップとポーランド山岳民族音楽をミックスさせるという斬新なアイデアで、ポーランド国内の既存のポップ・イメージを革新し、称賛を浴びた。2012年に、ロサンゼルスでレコーディングした全編英詞のEP『LAX』を発表後、アーティスト活動から遠ざかっていたが、2015年に新作のレコーディングをスタート。Play It Again Sam Recordsと契約し、2016年5月リリースの ニュー・アルバム『Clashes』をもって、満を持して世界デビューを果たした。

最初、坊主頭でブルージーだったりシンフォニックな音像が続き、ハードな人なのかなとも思ったのですがMCではキュートさが零れ落ちる方でした。

東欧の音楽の、日本や英米ともまた違った風様がありながらすっくと成立しているその真芯を撃ち抜きつつもストレンジな感じ、戸川純なんか好きな人に刺さったりするかもとも思って。

POPからROCK、そしてNEW WAVEへ自在に飛び移るパフォーマンス、愉しませて頂けました。

明日もヒルズでのポーランド祭にて14:00からと18:00からライヴがあるそう。ポーランド祭ではポーランドのお酒と料理が楽しめるほか、雑貨の販売などもあり、中々に良かったですよ。会場がアリーナでないのでこじんまりとしていて近くで観れていい。ポーランド人っぽい方々も沢山いました◎

c0002171_2263590.jpg
c0002171_21352973.jpg

by wavesll | 2017-10-14 22:02 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

LUCERNE FESTIVAL ARK NOVA 移動式コンサートホールにて『カルメン』楽曲を聴く

c0002171_4763.jpg
c0002171_474190.jpg
c0002171_48419.jpg
c0002171_482990.jpg


ミッドタウンで膨らまされた移動式音楽ホール、アーク・ノヴァにてルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ2017 in 東京ミッドタウン スペシャル・コンサートを聴いて来ました。

ラインホルト・フリードリッヒ(tp), 竹沢絵里子(p), アンドレア・レッチェル(fl)による主に『カルメン』からの演奏。

ピアノのボディを弾いたのが印象的でフルートが心地いいシチェドリン「アルベニス風に」、波状的なメロディのピアノソロだったモシュコフスキ「ビゼーのオペラ『カルメン』から ジプシーの歌」が良くて。ビゼー(プロト編)「カルメン幻想曲」もトランペットが心に残りました。以前飛行機で『カルメン』を聴いて一度直に聴いてみたかったので良かった◎

磯崎新とアニッシュ・カプーアによって創られたこのアート建築プロジェクト。その発端は311の際にルツェルン・フェスティバル総裁ミヒャエル・ヘフリガーが安否を気遣う電話をかけて下さったことから。今まで松島、仙台そして福島にてコンサートが開かれてきたそうです。

空調音が気になったり、客席に傾斜がないため見づらさは感じましたが、全体的にとてもアットホームな心づかいを感じて、この特別な空間でのコンサートを楽しむことができました。

このアーク・ノヴァ、最初は外国の人が創ったのではないかと言う位日本人離れしたデザインに感じていたので日本人建築家設計というのに驚いて。ただ改めてみると速水御舟『翠苔緑芝』『名樹散椿』にも通じる自然の抽象デザインをみてとれる気も。興味深いトポスでした。

アーク・ノヴァの一般公開はもう終わっているのですが、10/4まで東京ミッドタウンに設置され、コンサートが開かれます。当日券はそれぞれの公演の1h前から売り出されるとのことでした。
by wavesll | 2017-10-03 04:31 | 街角 | Trackback | Comments(0)

歌麿≪品川の月≫・≪吉原の花≫・≪深川の雪≫@岡田美術館, RockCorps, 異色肌ギャル#TOKYO道中

c0002171_1235147.jpg
c0002171_15265.jpg
c0002171_217925.jpg


強羅に。銀豆腐にてしゃくり豆腐。美味しい。
c0002171_171068.jpg


箱根の朝。猫、緑茶。
この”箱根の森から”、甘くて美味くて。
c0002171_18490.jpg
c0002171_181242.jpg


緑と白銀が入り交じった今の時季の仙石原も美しい。
c0002171_126424.jpg


ここら辺のコンビニは焦茶で統一されていて。ローソンには第三新東京市コーナーもありました。
c0002171_1275531.jpg
c0002171_128132.jpg


そんなわけで朝一で箱根へ来た目的は岡田美術館で歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」―138年ぶりの夢の再会―をみるためでした。
c0002171_1311535.jpg
c0002171_131245.jpg

喜多川歌麿の肉筆浮世絵の「雪月花」三部作、すなわち≪深川の雪≫、≪品川の月≫、≪吉原の花≫は日本から散逸していたのですが、≪深川の雪≫が発見されたことで、米国の美術館とコラボレーションし、3幅を同時に視る機会がこうして設けられたのです。

この内≪品川の月≫は門外不出とのことで高精細の複製画でしたが、≪吉原の花≫と≪深川の雪≫は本物。超大作の肉筆浮世絵に目を見張りました。

異なる時期に描かれたこの≪品川の月≫、≪吉原の花≫、≪深川の雪≫の遊女達。歌麿自身の画法の成熟も相まってそれぞれ若芽のような “走り”、咲誇る全盛の“旬”、円熟の“名残り”の女性の美を放っているように感じて。

そして実は岡田美術館、特筆すべきなのはこの特別展だけでない通常展示の素晴らしさで!
岡田さんが自分で”欲しい”と想ったのではないかと想わされる、”惹き”を持った作品たち!

特に1Fの中国・朝鮮の焼き物のコーナーのスウィートスポットを突いてくる感じがSTAR WARSのようなビッグバジェットで真正面から突き抜けた感があって。今回初めて意識して金の王朝時の焼き物を観ましたが、カラフルでいいですね。

日本美術も素晴らしくて。尾形乾山≪色絵竜田川文透彫反鉢≫や、横山大観、菱田春草、伊藤若冲、鏑木清隆、川合玉堂、速水御舟etc…もう錚々たるビッグネームの連なり。

ベストアルバム的な食い応えの重さがあった焼き物コレクションに対して企画展には打角の広がりも感じて。5Fの涅槃図に至るまで美の饗宴が其処に。

美術館の外には足湯が。そこから大壁画、福井江太郎≪風・刻≫がみられました。この超弩級の私設美術館、ART趣味の極み、2800円の入場料だったけど、期待に十二分に応えてくれる展覧会でした。これは箱根まで来る価値ありました。

c0002171_148846.jpg


田むら銀かつ亭にて豆腐かつ煮。豆腐カツがこんなに美味いとは!豆腐と肉そぼろがカツレツされていて。豆腐は朝の銀豆腐を使ってるとのこと。強羅店は行列だそうですが小田原駅ビル店はさっと入れました。
c0002171_1495669.jpg


帰宅するとBS-TBSにてRockCorpsというフェスが流れていました。4時間のボランティアをすることで参画するフェス。アーティストもボランティアに参加するのがいいなと想いました。

福島や東京でのボランティアをみて、社会参画のいい入り口として素晴らしい取り組みだと想ったのですが、"ROCK"とつくなら"いい子ちゃん"よりちょっとワルい魅力があってもいいかもなとも想って。

そこにFifth Harmonyというヴォーカル・グループが出てきて。物凄くセクシーで。このフィフスハーモニーもボランティアに参加して。いい、こういう格好いい色気があるSTARがボランティアに参加するのは素晴らしい。

そしてそこから六本木アートナイトへ。目当ては異色肌ギャル
c0002171_225455.jpg
c0002171_8163090.jpg

蜷川実花プロデュースの"TOKYO道中"で、暗闇に綺羅綺羅と光る異色肌ギャル達が『攻殻機動隊』のダークな現代民謡な響きの中で妖艶にそしてPOPに魅力をかぐわせ現代の花魁と化していました。異色肌ギャルをモチーフとした浮世絵をみてみたい、miyakoさん等は笹紅色ボディともいえるし。

Twitterでみてみると義足の花魁の方や、小人症の花魁の方もいらしたみたいで、もっとちゃんとみれる位置だったらなぁ。各々の個性が原色・蛍光色が輝きを放つステージとなっていたのですね。闇に明滅する彩りは生命の燈。

女性の美のPOWERを滝のように浴びた一日となりました。
by wavesll | 2017-10-01 02:08 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

ジャコメッティ展 at 新美 ー魂を凝縮し削ぎ落された彫像群

c0002171_18241440.jpg
c0002171_1824011.jpg
c0002171_18242535.jpg


国立新美術館のジャコメッティ展をみてきました。

スイスに生まれ、パリにて才能を開花させた20世紀最大の彫刻家、ジャコメッティ。

見ているものを見えるようにつくると小さくなってしまった彼の彫像は、せめて1mの長さにしようと細長いフォルムになっています。

骨格と、肉と髪が、極限まで削ぎ落とした細長い人物彫像。卒塔婆のような、その人物の魂や人生が凝縮された静謐なる迫力。

彫刻は入れ換えなしだけど素描や絵画作品は前期後期があり、今日までの前期展示では画家だった父のコレクションらしき北斎の模写なんていう作品もありました。

彫像は人物がほぼ全てで、例外的に恐竜化石の生体展示のような『犬』と骨身になった魚のような『猫』がありました。

ただ、その他、エッチングや油絵なんかも展示してあって。その題材は人々のデッサンもありましたが、『真向かいの家』や『アレジア通り』などパリ街中や家の中、故郷スタンパの風景なんかも。ジャコメッティの流儀で街を造ったら、どうなるのだろう?

そのhintとして、群像シリーズがありました。思い思いに逍遥する『3人の歩く男のグループI』、異界の知的生命体のような『森、広場、7人の人物とひとつの頭部』、ヒトが金属植物のように伸びていく『林間の空地、広場、9人の人物』と。ジャコメッティの彫像は、空間を描くことは関係を描くことなのだなと。

ジャコメッティの初期はキュビズムやシュルレアリズムに傾倒していました。

オーソドックスな彫像ともいえる初期(1917年)の『シモン・ベラールの頭部』、キュビズムを立体でつくった『キュビズム的コンポジションー男』と『コンポジション』、『キューブ』

シンプルなフォルムの『見つめる頭部』『横たわる女』、アフリカに影響を受けたようなピカソ的な『カップル』、西アフリカから影響を受けた『女=スプーン』、ニューギニアに影響を受けた『鼻』は展覧会全体の中でも白眉でした。

そこから『小像(男)』、白い『裸婦小立像』といった小像の部へ。

さらに展覧会は女性立像の部へ進みます。髪が光輪のようで、まるで一本の剣のような『大きな像(女:レオーニ)』、髪や胸のコアが表現された『髪を高く束ねた女』、1952年頃の『女性立像』は青銅器時代のフォルムのよう。

そこから群像群を挟んで、モデルを前にした制作へ。『男の胸像』、弟を創った『ディエゴの胸像』『石碑I』の胸のゴリゴリした部分がまた魅力的で。

マーグ家との交流の部や『ヤナイハラの頭部』などの、阪大文学部の矢内原伊作との交流作のコーナーも素敵で。特に青のボールペンでフランス・オプセルヴァトゥール紙特別号に描いた『幾つかの頭部』、レ・レットル・フランセーズ紙に描いた『頭部、人物像など』、パリ=ジュール氏に描いた『4人の人物』などが非常に洒落ていて好きでした。

そしてとりわけ印象的だったのが9体の『ヴィネツィアの女』

キャプションに記憶に基づく制作とあったのですが、あまりにそれぞれ個性と人生が沸き上がる出色の彫像群で、近くのスタッフに聴いたところ、やはり特定のモデルを記憶に基づいて作ったとのこと。素晴らしかった。

そしてチェース・マンハッタン銀行に飾られるはずだったプロジェクト『女性立像』『頭部』『歩く男』は撮影可能で、それぞれ古代、近未来、現代を顕わしているような気がしました。

ジャコメッティの絵は同時代の詩人たちの挿絵になることも。
ジャック・デュパン『ハイタカ』など、詩のイメージを膨らますジャコメッティの絵の魅力があふれてました。

そして最後は『終わりなきパリ』。OKコンピューターのジャケットのような抽象的なパリの風景。やっぱりこの感覚を立体化する様な都市の彫像、みてみたかった。

吸い込まれるような、哲学性も感じるような展覧会。とても良かったです。
by wavesll | 2017-07-17 19:03 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

エレクトロニコス・ファンタスティコス体験会にてブラウン管ガムラン、扇風機ギターetcをPLAYした!

c0002171_6222794.jpg
c0002171_6224844.jpg
c0002171_623977.jpg


"Ei WADA" performance show in the Ibaraki-ken north area Part1 ブラウン管ガムラン


"Ei WADA" performance show in the Ibaraki-ken north area Part2 ボーダーシャツァイザー


"Ei WADA" performance show in the Ibaraki-ken north area Part3 扇風琴


エレクトロニコス・ファンタスティコス! ~日立通電編~


六本木アーク森タワー、Tech Shopにて開かれたニコス体験会へ行ってきました!

このエレクトロニコス・ファンタスティコスOPEN REEL ENSEMBLEとしても活躍する和田永さんを中心とするメンバーが役割を終えた古い家電を楽器化(妖怪化)させることを目的としたプロジェクト。

KENPOKU芸術祭で知ってTwitterをフォローしていてニコス体験会を知ったのでした。

実際に会場にあったブラウン管ガムランやボーダーシャツァイアイザー、そして扇風琴。その仕組みも説明してもらえて。

ブラウン管ガムランは静電気を身体を通して流す(ホットタッチの原理)ことで音を出す仕組み。ブラウン管の縞模様の本数で音の高さが変わるとのこと。最初は足でピックアップを踏んでいたそうですが、最終的にコイルを巻いたピックアップを身体に触れさせることで音を鳴らす形に。

映像ではコイルが巻かれた撥でブラウン管TVを大太鼓として演奏するパフォーマンスもみれました。

実際に今回集まった数十人で手をつないでガムランの「通電の儀」を行ったのですが、面白いのが皆が片足を上げると音が大きくなること!足から地面へ流れてしまう分の電気が割り増しされるから。電気に身体性をもたらしたみたいでコンピューターの中のエレクトロミュージックで収まりきらないところがすっごく魅力的でした。

この「走査線の縞の本数で音の高低が変わる」ことから作られたのがボーダーシャツをビデオカメラで読み取って音を出すボーダーシャツァイザー。これ、実際にボーダーシャツ着て私も"演奏"したのですが、カメラに近づく離れることで音の高低が変わり、ボーダーを揺らすとヴィブラートが効いて面白かったです!

そして「ジミヘンが扇風機を弾いたらどうなるのだろう?」という発想からクリエイトされた扇風琴。

扇風機の羽に穴をあけて、裏から電球で照らし、外から光学センサーのピックをかざして、羽根で遮られたり穴を通ったりする光量の変化で音を出す仕組み。

何でも最初は4音だったのが、こうしたプレゼン会で知り合ったオジサンが仕事ほっぽり出す位に嵌って参加してくれて8音出せるようになったとか。やーばいw

和田さんがすっごいいいキャラしていて、さらにニコスの活動を通して集まって来る楽器製作者・演奏者の面子も濃ゆくて濃ゆくてw今回もハンドスピナーやコーヒーメイカーの楽器を持ってきている兵の方々がいらっしゃいました。またいい音なるんだこれがw

この扇風琴、実際に弾いてみると本当に「来るゥうううWRYYYYYYYYYYY!!!!!」といった感じにディストーションヴィブラートがバリガン効いて!すっげー弾いてて楽しかった!自分は音楽好きな癖に楽器全然出来ないのですが楽しくて仕方ない!"これ嵌るかも!"と想ってしまいました。

会ではニコスの卵として参加者からアイディアを聴く時間もあって。ブラウン管ガムラン、手で叩くしミャンマーのサインワインみたいに円形に配置しても面白いかも。あと黒電話のダイヤルを楽器化出来たら楽しそうだなぁ!

和田さんの現在の目標は<古電楽器の祭ばやしで踊る!『電磁盆踊り大会』を開催したい!>というもの!Nicos Orhest-Labとして楽器製作者、楽器演奏者、そしてクラウドファンディングも募集しているとのことでした。

<旧くなった家電を楽器にして妖怪化させる>ってコンセプト、トリニダード・トバゴでドラム缶から作られたスティールパンみたいでいいなぁと想って。

そんな”役割を終えた最大の家電”である東京タワーで開かれるという電磁盆踊り、めっさ興味出ました。エレクトロニコス・ファンタスティコス、今後も追いかけていきたいナイス・プロジェクトでした。

cf.
スライムシンセサイザーはゲルVersionのテルミンなポテンシャルを秘めるか

東京音大附属民族音楽研究所 2016年度ガムラン講座 発表会に行ってきた!
芸能山城組ケチャ祭り2015レポ
大浦天主堂と伸びていく日に捧ぐ、常在夏場な楽曲群
by wavesll | 2017-07-03 06:25 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

N.S.ハルシャ展 チャーミングな旅

c0002171_613116.jpg


「ここに演説をしに来て」
c0002171_6131952.jpg
c0002171_6132741.jpg
c0002171_6133599.jpg
c0002171_6154925.jpg
c0002171_6155614.jpg
c0002171_616527.jpg
c0002171_6161466.jpg
c0002171_6164591.jpg
c0002171_6165346.jpg
c0002171_617028.jpg
c0002171_617823.jpg
c0002171_6171570.jpg
c0002171_6172389.jpg
c0002171_6173263.jpg
c0002171_617391.jpg
c0002171_6194385.jpg
c0002171_6195656.jpg
c0002171_620934.jpg
c0002171_6202116.jpg
c0002171_6203440.jpg
c0002171_6271942.jpg
c0002171_6273269.jpg
c0002171_6274325.jpg
c0002171_6275684.jpg
c0002171_6281684.jpg
c0002171_6282696.jpg
c0002171_628361.jpg
c0002171_6284698.jpg
c0002171_629970.jpg
c0002171_6291913.jpg
c0002171_6293046.jpg
c0002171_6294169.jpg
c0002171_631391.jpg
c0002171_6315296.jpg


「1,000の手と空」
c0002171_6365126.jpg


「時間の蜜のまわりを走って」
c0002171_63892.jpg


「私たちは来て、私たちは食べ、私たちは眠る」
c0002171_6403246.jpg
c0002171_6404311.jpg
c0002171_6405991.jpg
c0002171_6432989.jpg
c0002171_6434819.jpg


「ヴィシュヴァルーパーアーディ・ナーラーヤナ」
c0002171_646750.jpg


「ネイションズ(国家)」
c0002171_6473452.jpg
c0002171_6474810.jpg


「消費の連鎖の中で」
c0002171_71317.jpg


「さかりがついて」
c0002171_6485272.jpg


「人間的な未来」
c0002171_6493679.jpg


「無題」
c0002171_652273.jpg


「罪なき市民を探せ」
c0002171_6593745.jpg


「不条理な花ばな」
c0002171_7293.jpg


「神がみの創造」
c0002171_731215.jpg


「ここでは皆がむさぼり食う」
c0002171_735870.jpg
c0002171_751220.jpg
c0002171_752359.jpg


「未来」
c0002171_775757.jpg
c0002171_782867.jpg


N・S・ハルシャ、ジョーン・グラウンズ『夢見るバングル』
c0002171_7102436.jpg
c0002171_7103170.jpg
c0002171_710411.jpg


「宇宙の小枝の向こうに消えた料理人」
c0002171_7115643.jpg


「ふたたび生まれ、ふたたび死ぬ」
c0002171_7125235.jpg
c0002171_71305.jpg
c0002171_713713.jpg
c0002171_7131528.jpg
c0002171_7132224.jpg
c0002171_713429.jpg
c0002171_7135232.jpg
c0002171_717789.jpg
c0002171_7152437.jpg
c0002171_7153637.jpg
c0002171_7154737.jpg
c0002171_7155652.jpg
c0002171_717155.jpg
c0002171_7175046.jpg
c0002171_718247.jpg
c0002171_7182588.jpg
c0002171_7183389.jpg


c0002171_7381423.jpg
c0002171_7394100.jpg


「宇宙情報処理センターでの名優」
c0002171_7461110.jpg


「探し求める者たちの楽園」
c0002171_7462124.jpg


「乳搾りの道が唯一の道だ」
c0002171_747085.jpg


「宇宙のマサラを探して」
c0002171_7473165.jpg


「ピーチクパーチク」
c0002171_7513046.jpg

c0002171_7481075.jpg


「この世でモー」
c0002171_748439.jpg


「未知を示してくれる人たちはいた、いまもいる、この先もいるだろう」
c0002171_751480.jpg


「タマシャ」
c0002171_725186.jpg
c0002171_7522257.jpg
c0002171_7524527.jpg


返される眼差し
c0002171_1828948.jpg
c0002171_182833100.jpg
c0002171_1829299.jpg
c0002171_18291442.jpg


森美術館で開かれたN.S.ハルシャ展 チャーミングな旅へ行ってきました。

現代人を描いた曼陀羅万葉といった趣。無料のオーディオガイドは細野晴臣さん。解説によると曼陀羅というよりインドの彫刻の反復からインスピレーションを受けたとのことでした。

森美術館は22時まで開いているのがいいですね(火曜は17:00まで)。
一人プレフラきめることができました◎このあっさりしつつもおいしい南インドの絵画たちは生でみるとまた一味違ったものがありました。森美術館で明日まで。このチケットで展望台&マーベル展もみれる。夜景お薦めです。
by wavesll | 2017-06-10 06:33 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Mucha展@新美 ヒトが形創る歴史、その中での美しさ、存在感

国立新美術館にミュシャ展を観に行きました。
c0002171_1913240.jpg
c0002171_19131350.jpg


故郷チェコ語での発音はムハ。
パリで名声を得、チェコへ戻った彼が晩年の16年を掛けて描いた大作『スラヴ叙事詩』、そのヴォリューム、壮大さはキャパを越えました。スラヴ民族の神話、戦争、信仰、文化、迫害、理想が描かれていましたが、それら全て『人が形創る歴史』なのだと。人々の存在が胸に、目に響きました。優美な筆致で描かれる荘厳な民族史、恐れ入りました。

『原故郷のスラヴ民族 トゥーラニア族の鞭とゴート族の剣の間に』の点描の星空、会場に入ってまず目に広がりその大きさに「おおお…!」と声が洩れてしまった『ルヤーナ島でのスヴァントヴィート祭 神々が戦いにあるとき、救済は諸芸術の中にある』、そしてスラヴ民族の象徴としての少年が印象的な『スラヴ式典礼の導入 汝の母国語で主をたたえよ』、碧の光が麗しい『聖アトス山 正教会のヴァティカン』、そして『スラヴ民族の参加 スラヴ民族は人類のために』が好きでした。

ミュシャというとアールヌーヴォーの時代がPOPな魅力が著名で、この『スラヴ叙事詩』の筆致は発表の1920年代、キュビズムなどモダニズムの時代には「古い絵」と捉えられてしまった向きもあったようです。

事前に特集番組の映像を通してみた時はこちらを見据える厳しい目線にスラヴ民族の苦難をみましたが、生で見るとその柔らかな筆致が非常に美しかったのが印象的でした。

まるで草間彌生展 わが永遠の魂@新美での『連作「わが永遠の魂」』の巨大空間とザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900@三菱一号館美術館の優美な筆遣いが融合したかのような絵画鑑賞体験となり、今の私には新しい刺激として『スラヴ叙事詩』は感じました。

そして従来のアールヌーヴォーな作品もその後に展示してあって。ミュシャの代名詞『ジスモンダ』、『四つの花「カーネーション」「ユリ」「バラ」「アイリス」』、『四芸術「詩」「ダンス」「絵画」「音楽」』という擬人化作品の可愛らしさ、自由の女神のような頭飾りの『メディア』とその女性が身に着けていたものを立体化した『蛇のブレスレットと指輪』の水色も鮮やかでした。

複製作品でミュシャはデザインに関わっただけですが『1900年パリ万国博覧会「人類館」のデザイン案』の曲線的なパヴィリオンのヴィジュアルは魅力的で。そして『1900年万国博覧会「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館」壁画の下絵』は『スラヴ叙事詩』のきっかけになった作品とのこと。

チェコへ戻ってもアールヌーヴォー的な女性のポスターをムハは描いていて。『ヒヤシンス姫』などもそう。ただ、フランスの女性のたおやかさより、意志の強さを感じさせる表情や丸顔な所がスラヴの女性を感じました。

ムハが手掛けたチェコの切手やコルナ紙幣のデザインなども展示してありました。

最後には習作も展示してあって、『スラヴ民族衣装を着た少女』が可愛かったです。

クライマックスはやはり冒頭の『スラヴ叙事詩』。この絵画にでてくる人物たちは実際に近所に住む人たちにポーズを取ってもらったということ。だからこそ『ヒトが造る歴史、その中での美しさや存在感』が響いていたと得心…!

神話、戦争、文明、宗教という大きな物語が意識されがちな『歴史』という事象ですが、それらは一人一人の人間が創るものである、そのムハのまなざしに深い叡智と情熱を感じる、胸からあふれる絵画体験でした。

c0002171_20271884.jpg

by wavesll | 2017-05-24 20:07 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)

菅原小春の舞踏 at TOKYO M.A.P.S

Quickstyle x Sinostage Opening Ceremony - Koharu Sugawara (Live performance)


GWの六本木ヒルズといえば毎年J-WAVEが開いているFREE LIVEイヴェント、TOKYO M.A.P.S。

今年の個人的な目玉はStevie Wonderとの共演CMからこちら八面六臂に魅了される菅原小春さん。彼女のダンスパフォーマンスがみたくて欅坂広場へ向かいました。

かなり良かった!3部構成で、第1部は表情も豊かにダンスの表現でベッドルームで目覚める様が。冒頭に映像を載せたコレオグラフィーの赤い衣装でヴァイオリンで女性3人で踊る第2部がとてつもなくカッコ良くて、男女2人ドラムで踊る第3部に“シンクロ、コンビネーション”の素晴らしさを。

漫画『昴』以来、ダンスの持つ意識の魔術的拡大を求め、シルヴィ・ギエムのボレロ 於 東京バレエ団創立50周年 祝祭ガラCompagnie Marie Chouinard 『春の祭典』そしてヤン・リーピンのシャングリラなど観てきたのですが、菅原小春さんのダンスはそれこそアートに持つ幼い頃の原初体験からぐんぐん大人へ進化していく様をみるような、プリミティヴで真っ直ぐな舞踏表現に昂りました。

ヒューマンビートボックスに振付を付けるのもカッコよかったし、あのドラムのコレオグラフィーをみるとMark GuilianaのDrum Soloを身体表現で魅せて欲しい、どっかの企業がCM企画出してくれんかなーとか妄想が拡がりましたw Nonverbalな體と音の炸裂は宇宙人にともコミュニケートできるような伝達表現。やー、いいものみれたなぁ。
by wavesll | 2017-05-07 04:14 | 舞台 | Trackback | Comments(0)