タグ:旅 ( 98 ) タグの人気記事

ウユニ旅記 5日目 ラパス 海を探すとき

1日目・2日目 南米の空 成田→LA→リマ→フリアカ→ラパス
3日目 UYUNIの町景、鏡雲、夕輝、宙星
4日目 パステルな暁・ウユニ塩原探索・塩のホテル
c0002171_3593594.jpg

昨朝に続き頭痛が惨い。ホテルにあったコカの葉を噛み、コカキャンデーも舐めたが焼け石に水で再びバファリン。1日2X2錠なので10錠入りだが既に残りが心もとない。

旅の間持ってくれないとヤバイと想いながら朝食は食えずに西瓜ジュースだけを飲んでテーブルを離れ身支度をし、ぐでえとなりながら空港へ。

Adios Uyuni. そしてi Hola La Paz !
c0002171_3574930.jpg
c0002171_358421.jpg
c0002171_3582557.jpg
c0002171_3585179.jpg


ラパスは坂の街。一番高い空港がある辺りは4000mでウユニ(3800m)より高く、下の3300mの辺りは高級住宅街になっている。

そこで市民の足として重宝されるのは今の大統領が造ったロープウェイ。
先住民族出身の初めての大統領は、多民族国家ボリビアを掲げている。少数民族の稼ぎを増やすために麻薬が増えたりもしているが、このロープウェイ事業は利用料金もそんな高くなく使えるし人々の役に立っていると感じた。
c0002171_434894.jpg
c0002171_443887.jpg
c0002171_445394.jpg

リフトみたいに次から次へとやってくる
c0002171_452247.jpg


ロープウェイ乗り場からみたラパスの景色。赤煉瓦の建物がひしめき合っている。何でもここら辺は地盤が安定していて全然地震がないとか。
c0002171_47757.jpg
c0002171_47167.jpg
c0002171_472769.jpg
c0002171_474079.jpg


ロープウェイに乗り込む。壮観。
c0002171_4112998.jpg
c0002171_4113947.jpg
c0002171_4115159.jpg
c0002171_412532.jpg
c0002171_4141433.jpg
c0002171_4142582.jpg


街中には墓地も。こちらは火葬ではないそう。
c0002171_415191.jpg
c0002171_4151257.jpg


駅にて下車
c0002171_4165835.jpg
c0002171_417715.jpg
c0002171_4171736.jpg
c0002171_4172988.jpg


ウユニでもそうだったがラパスでも野犬がのっそりと街中を歩いている。デカい。何でも小さい時はペットで買うが大きくなると放してしまうそうだ。増えすぎて問題になっているとか。しかし吠えたりもしないし噛んできたりもせず、のっそりと歩いている。まさにLa Paz (平和)。
c0002171_4214351.jpg


ラパスはウォールペイントやグラフィティがそこら中にあって、さらにそのレヴェルが高い気がした。
c0002171_423694.jpg
c0002171_4232157.jpg
c0002171_4233347.jpg


バスにて移動し洒落た小径で降りた。
c0002171_4251056.jpg
c0002171_4252114.jpg
c0002171_4253523.jpg
c0002171_4254795.jpg


途中、こちらの画家のギャラリーに寄る。なんでもこの人、今年大阪で個展を開くとか。
c0002171_427407.jpg
c0002171_4275097.jpg


こちらの人の帽子が本当に格好いい。
c0002171_4282819.jpg
c0002171_4284152.jpg


チャランゴ・コレクティヴ。このギターの小さい奴みたいな民族楽器、良い音するんだよなー。
c0002171_4315569.jpg


c0002171_434543.jpg
c0002171_43531.jpg


再びバスで移動。政治の中心、ムリーリョ広場へ。
c0002171_4354037.jpg
c0002171_436578.jpg
c0002171_437930.jpg
c0002171_4372281.jpg
c0002171_437339.jpg
c0002171_4384254.jpg
c0002171_4385753.jpg
c0002171_439913.jpg
c0002171_4392265.jpg


これがボリビアの"10時のおやつ"、サルテーニャ。これが旨い!中はグレービーな感じでi Muy Rico !
c0002171_442229.jpg
c0002171_4421258.jpg
c0002171_4422427.jpg


バスにて移動。途中でさっきの画家さんによるウォールペイントがあった。
c0002171_444950.jpg
c0002171_4441878.jpg


土産物屋街にてフリータイム。ここで体調のヤバさが結構限度に達してどうするかと想ったらガイドさんにミュージックショップに連れてってもらってそこで音楽聴きながら座れる運びに。
c0002171_450328.jpg
c0002171_450188.jpg
c0002171_4503435.jpg


おっちゃんと仲良くなってぱしゃり。お孫の娘さんとも。「Me Gusta Musica Boliviana」と言ったら幾つか見繕ってくれて、2枚をそれぞれ10ドルにて購入。
c0002171_451153.jpg


やっぱりこの街、グラフィティのレヴェル高いは。
c0002171_4515538.jpg
c0002171_4531714.jpg
c0002171_4532872.jpg


土産物ストリートで謎にマイクとアンプを身に着けロックを歌いながら闊歩するじいさんがいた。写真はなんか金取られそうだったから撮らなかったw
c0002171_4544840.jpg


ランチはラパスのレストランにて。チキンヌードルスープが美味かった。メインに選んだ鱒のソテー・キヌアソースも美味しかったし、ティティカカ湖産だとか。やっぱりどの国でも美味い店は美味いんだなー。

ただメインをチキンにした人の届きが遅いなと想ったらオーダーが忘れられていたり届いても半生だったりで南米クオリティwおかげでドリンクがロハになったw食後はコカ茶◎
c0002171_4581849.jpg
c0002171_4593666.jpg
c0002171_459471.jpg
c0002171_50746.jpg


バスが停まっているところまで街中を歩いた。
c0002171_505719.jpg
c0002171_57811.jpg
c0002171_572572.jpg


途中でデモに遭遇。火薬なんかも撃っている。汚職か何かの弾圧かと想ったらなんと"海を返せ"というデモらしい。海なし国のボリビアは戦争で海を奪われたことから、この日の2日後を「海の日」としているらしい。"海を返せデモ"とは切実な話ではあるが、ポエジーを感じた。
c0002171_5113194.jpg


ラパス市内には結構フジカラーがあったw
c0002171_5124384.jpg


バスにて2日目の夜にも泊まったホテルへ移動。
c0002171_5151764.jpg
c0002171_5153286.jpg


買ったCD. "Famosa(有名)"だというチャランゴ・プレイヤーのはWikipediaの日本語ページがあった。"Tradicional"の方もCDR直販サイトが日本語ページであった。日本のワールド音楽事情、恐るべし。
個人的にはBOLIVIA TRADICION Y LEYENDA / WINNER CANDIA, オススメ★★★
c0002171_519219.jpg


近所のスーパーに出かけたときに見掛けたタイヤに植えられた街路樹
c0002171_5234948.jpg


この日のディナーはホテルで。手違いでまたしてもメインが鱒だったが、『西瓜糖の日々』を読んだばかりだったので寧ろ嬉しかった。そしてまたドリンクが無料になったw焼き加減、俺のは最高だったけど一緒のツアー客の中には昼に続いて生だった人が。ラパスは鱒が半生が好きなのかw
c0002171_5272594.jpg
c0002171_5273881.jpg
c0002171_5275584.jpg


さて、明日リマへ移動し最後の観光をし、LA、成田へ。コカ関係は荷物に持ち込まないようにしとかないと。

BLANKEY JET CITY/海を探す

by wavesll | 2017-03-28 05:56 | 私信 | Comments(0)

ウユニ旅記 4日目 パステルな暁・ウユニ塩原探索・塩のホテル

1日目・2日目 南米の空 成田→LA→リマ→フリアカ→ラパス
3日目 UYUNIの町景、鏡雲、夕輝、宙星

塩のホテルで目覚めると頭痛が酷い。これは高山病だ…。

今までコカキャンディーでだましだましやっていたけれど、余りにつらいので持ってきたバファリンを投入。さらに頭が痛くなったが1時間もすると頭痛がなくなった。

ウユニの標高は3800m。富士山の頂と同じ高さ。富士登山の時も頭痛くなったものなぁ。

それでも朝食バイキングを済ませて再び塩湖へ。昨日と同じくらいのポイントから朝日を眺める。

c0002171_4294090.jpg


漆黒に浮かぶ赤と青。ケリンダ。
c0002171_4334954.jpg
c0002171_4341650.jpg
c0002171_4343249.jpg
c0002171_4351669.jpg


空には半月
c0002171_4355692.jpg


c0002171_436528.jpg


現地ガイドのおっちゃんが様々なトリックフォト術アイディアを授けてくれ、こんな写真も撮った。
c0002171_438778.jpg
c0002171_4381885.jpg


やうやう白く明けていく空
c0002171_4401664.jpg
c0002171_4402740.jpg
c0002171_4403991.jpg
c0002171_4405140.jpg
c0002171_4412268.jpg
c0002171_44139100.jpg
c0002171_4424085.jpg
c0002171_442521.jpg


日の出
c0002171_4443576.jpg
c0002171_4444610.jpg
c0002171_4445832.jpg
c0002171_4451337.jpg
c0002171_446348.jpg
c0002171_4461566.jpg
c0002171_4462762.jpg


明度を抑えてふたつの太陽を掌に
c0002171_6112913.jpg


c0002171_4474583.jpg
c0002171_4494138.jpg
c0002171_4501384.jpg
c0002171_450594.jpg


一旦休憩ののち別のポイントへ。ここは鉄分やマグネシウムが溶け出した水が湧いているところ。
c0002171_4525677.jpg


この景色でちゃぷちゃぷやると楽園感が凄い◎!
c0002171_4543597.jpg
c0002171_4544616.jpg


ウユニ塩湖の地面の塩が六角形に結晶化していた。この六角形からおそらくウユニの町の道路がデザインされているのだろう。
c0002171_50183.jpg


きらきらとした塩の結晶が。ちなみに水をちょろっと舐めてみたが物凄くしょっぱかった。
c0002171_5199.jpg


この日は水量が多くインカワシ島への上陸は難しいという事で塩原をドライヴしたりテーブルと椅子を拡げて塩湖でピクニックランチをしたり。
c0002171_532160.jpg
c0002171_533645.jpg
c0002171_535450.jpg
c0002171_541235.jpg
c0002171_562639.jpg
c0002171_582375.jpg
c0002171_583819.jpg


塩湖に建っている大きな休憩所へ立ち寄った。中にはフードコートとトイレが。
c0002171_595793.jpg
c0002171_5105125.jpg


建物から何やら大きな石製のモニュメントがみえ、そこへ歩いてみた。
c0002171_512814.jpg
c0002171_5122539.jpg
c0002171_5133568.jpg


c0002171_5135459.jpg
c0002171_514726.jpg


後にペルーでのガイドさんが言うにはアメリカ人は水鏡のようになっている景色より雪原がだああっと広がる景色を求めてウユニに来るらしい。
c0002171_5144542.jpg
c0002171_5153023.jpg


ウユニでみつけた音。水が浸ってるとこで雲の上でちゃぷちゃぷするのも最高だったけど、干上がった氷をしゃりぱきやるの、かなりいい。スマホで録ってみた。ウユニ塩湖のフィールドレコーディングとかあったら欲しい。
c0002171_5172716.jpg
c0002171_517386.jpg
c0002171_5181562.jpg
c0002171_5193397.jpg


ドライバーのココさんと。寡黙だがいい人だった。
c0002171_5201959.jpg


トラベラーズ・ハイでこんな写真も撮ってみたw
c0002171_5205550.jpg


塩のホテルはベッドも塩ブロックで出来ている。TVが部屋になかったけど景色が抜群なのと高山病もありすぐ寝たので気にならなかった。
c0002171_5215463.jpg
c0002171_522786.jpg


明日はウユニを発ち、ラパスへ。ウユニも名残惜しいが最高の景色も観れたし、旅も折り返し地点。

5日目 ラパス 海を探すとき
by wavesll | 2017-03-27 06:11 | 私信 | Comments(0)

ウユニ旅記 3日目 UYUNIの町景、鏡雲、夕輝、宙星

1日目・2日目 南米の空 成田→LA→リマ→フリアカ→ラパス
c0002171_8103866.jpg

ボリビア旅行記、いよいよ今日は本丸、ウユニ塩湖入りです◎

世界で一番高い標高にあるラパスの空港を出発、ウユニを目指す。
c0002171_5584042.jpg
c0002171_559421.jpg
c0002171_5592656.jpg
c0002171_604147.jpg
c0002171_61358.jpg


ウユニ着。町ぶら。
c0002171_65953.jpg
c0002171_673547.jpg
c0002171_675466.jpg
c0002171_681415.jpg


公園のバカデカい滑り台で遊んだりした。
c0002171_612013.jpg
c0002171_6121891.jpg


町の中心、時計塔
c0002171_613660.jpg
c0002171_6132491.jpg
c0002171_615685.jpg
c0002171_6152666.jpg


市場へ。市場の中は撮影NG, ボリビアの人たちは写真を撮られるのを快く思ってないらしい。山の人々らしいなと想った。
c0002171_6171131.jpg
c0002171_6173011.jpg


c0002171_619752.jpg
c0002171_6192498.jpg


鉄道の駅。ラパス方面にオルーロというカーニバルで有名な街まで続いている。
c0002171_6235134.jpg
c0002171_6241029.jpg
c0002171_6242919.jpg


列車の墓場へ。打ち捨てられた車両の上に観光客達がよじ登ったり。ちょっとMADMAXっぽい光景w
c0002171_6261364.jpg
c0002171_629327.jpg
c0002171_6301164.jpg
c0002171_6303090.jpg
c0002171_6304160.jpg
c0002171_6321655.jpg
c0002171_6323221.jpg


指が写り込んでしまったw
c0002171_6332353.jpg
c0002171_6333446.jpg


ビクーニャがいた。この動物からはとてもいい毛織物がつくれるそう。
c0002171_6345728.jpg
c0002171_6351573.jpg


塩工場へ。"工場"というからどんなものだろうと想ったらかなりの手工業だった。
食品としての塩も勿論作るし、ブロックの塩は建築に使ったりするそう。塩250g10袋を3ドルで購入。
c0002171_639255.jpg
c0002171_6391460.jpg
c0002171_6393087.jpg
c0002171_6395131.jpg


塩工場の処には売店通りも
c0002171_6414396.jpg


塩のホテル着。塩で柱や天井がつくられている。全部塩かと想ったらウッドなんかも使っていた。洒落たつくり。
c0002171_643675.jpg
c0002171_643223.jpg


昼はバイキング。ボリビアはメシマズ情報があったがそこそこ食える。特にキヌアが意外と美味かった。
c0002171_644297.jpg


塩のホテルの屋根
c0002171_6452759.jpg
c0002171_645443.jpg


さぁ、長靴を履いて愈々塩原へ!
c0002171_6464438.jpg
c0002171_647165.jpg


いきなりじゃぶっと入水!"こんな深いのか!?"と想ったら少し走ると水が干上がり、一面雪原のような白、白!
c0002171_6484313.jpg
c0002171_6485847.jpg
c0002171_6491723.jpg
c0002171_6493419.jpg
c0002171_6502856.jpg
c0002171_6504065.jpg
c0002171_650529.jpg
c0002171_651678.jpg


塩湖に空が映ってる。数日前に雨が降って、その上で晴れたからこそ見れる風景
c0002171_6524715.jpg
c0002171_653217.jpg
c0002171_6531772.jpg
c0002171_6534012.jpg
c0002171_655495.jpg
c0002171_6551558.jpg
c0002171_6552851.jpg


来てしまった…ウユニ!
c0002171_6561113.jpg
c0002171_6573776.jpg
c0002171_6574880.jpg
c0002171_658275.jpg


塩の地面はこんな感じ
c0002171_658281.jpg


c0002171_6591429.jpg
c0002171_6592829.jpg
c0002171_6594793.jpg


やー、こんな写真も参加してしまったw
c0002171_702561.jpg


夥しく撮っちまいましたw
c0002171_715123.jpg
c0002171_72484.jpg
c0002171_721617.jpg
c0002171_801655.jpg
c0002171_723095.jpg
c0002171_73434.jpg
c0002171_731549.jpg
c0002171_732657.jpg
c0002171_73393.jpg
c0002171_741741.jpg
c0002171_743377.jpg
c0002171_745747.jpg
c0002171_751070.jpg
c0002171_795617.jpg


カメラの加減でファビュラスな太陽が撮れた。
c0002171_7103269.jpg


c0002171_710466.jpg
c0002171_7105646.jpg


塩のホテルへ帰路。
c0002171_7121715.jpg
c0002171_7122638.jpg
c0002171_7123833.jpg
c0002171_7125318.jpg
c0002171_723610.jpg
c0002171_7231882.jpg


塩のホテルにて夕焼け鑑賞までしばし休憩。写真は部屋の天井。屋根が塩。
c0002171_7241629.jpg


ペルーとボリビアで時差が1時間あるのにスマホも電波時計も対応してなくて寝過ごしかける。がなんとか夕陽にヴューポイントに着くのに間に合う。良かったー><
c0002171_726083.jpg


輝きを増しながら暮れ行くウユニ
c0002171_727756.jpg
c0002171_7272897.jpg
c0002171_7274381.jpg
c0002171_7275310.jpg
c0002171_7282550.jpg
c0002171_7283722.jpg
c0002171_7285269.jpg
c0002171_729144.jpg
c0002171_731041.jpg
c0002171_7313991.jpg
c0002171_7312144.jpg
c0002171_732945.jpg
c0002171_733875.jpg
c0002171_7332595.jpg


Twilight
c0002171_7335757.jpg
c0002171_7352417.jpg
c0002171_7361723.jpg
c0002171_7362914.jpg
c0002171_7364079.jpg
c0002171_7365492.jpg
c0002171_738165.jpg
c0002171_738276.jpg
c0002171_738433.jpg


現地ガイドとドライバーのおっちゃん達が赤ワインを用意してくれた。これは嬉しいなー。こんな贅沢はウルルでシャンパン飲んで以来。
c0002171_7412398.jpg


昼のウユニも凄かったけど、夕暮れのウユニは桃源郷を越えて、何か超自然的な生き物が身を輝かせているようにも感じて。今までみた景色で一番美しい瞬間の一つだった。
c0002171_7443930.jpg
c0002171_744541.jpg
c0002171_745663.jpg
c0002171_7452465.jpg
c0002171_7482427.jpg
c0002171_7483930.jpg
c0002171_749520.jpg


ウユニに陽が沈んでく時、七尾旅人 / サーカスナイトの“魔法が解けていく”って詞がふわっと出て。解けていく瞬間が一番めくるめくのかもしれないと想った。
c0002171_751668.jpg
c0002171_7515492.jpg
c0002171_752681.jpg
c0002171_752202.jpg
c0002171_7523579.jpg
c0002171_7532565.jpg
c0002171_7533646.jpg
c0002171_11321673.jpg
c0002171_7534920.jpg
c0002171_75401.jpg
c0002171_7542295.jpg


夜の帳がおりてゆく
c0002171_756158.jpg
c0002171_7561341.jpg
c0002171_756274.jpg
c0002171_7563914.jpg
c0002171_757577.jpg
c0002171_7581251.jpg
c0002171_7582862.jpg
c0002171_7584476.jpg

そして夜、満天の星空。
本当にミルクを流したような天の川。360°に広がる星空に、古代の人たちが宇宙を天球にみたのを得心。
さらに水面に宇宙が映り、球形の星界が広がっていた。
c0002171_09162470.jpg
c0002171_09170406.jpg

夢のような景色に感動だった。今夜は塩のホテルに泊まり、明日もウユニ散策。

4日目 パステルな暁・ウユニ塩原探索・塩のホテル
5日目 ラパス 海を探すとき
by wavesll | 2017-03-26 09:20 | 私信 | Comments(0)

ウユニ旅記 1日目・2日目 南米の空 成田→LA→リマ→フリアカ→ラパス

c0002171_10321810.jpg

ボリビア/ペルー旅行に行って参りました!

これからちょこちょこ旅記を綴りたいと存じます。上の写真はペルーのフリアカという街の空港から陸路でボリビアへ向かう際にみた青空。”これが南米の空か”と心動かされました。

La La Land (2016 Movie) Official Trailer – 'Dreamers'


『LA LA LAND』をみながら到着したLAのイミグレーションが時間かかりすぎて危うく乗れないところだった。手荷物検査の黒人係員が俺のフィッシュマンズTに書いてある“I'm Fish”をみて“こいつクレイジーだぜ”と一言。海外でバンドTは気をつけねば。

その『LA LA LAND』。スクリーン向きの映画かも。飛行機の画面ではそこまで感動はせず。LA、スクリーンの向こう側の街の内幕の泥臭いとこ描いてたのはよかった。

渋谷や新橋だとTVの取材クルーがいて、ある意味スクリーンの向こう側を歩くことになるのだけれど、そのダイヤモンド効果の向こう側は案外"日常"で。

何度もオーディションに挑戦したり、弾きたくない曲を金のために弾いたり。"夢の舞台"の裏の色褪せ方に共鳴して。

菊地さんが気に入らないのは、まぁわかる感じ。でもそのダサさがこの物語の肝だろうと。

逆にその後で観た『逃げ恥』は、メディアが熱狂を巻き起こして二人が国民的カップルになっていく感じがLA LA LANDよりララランドしてた気がした。

LAのイミグレーション待ちの列で前の台湾の学生と話す。日本の統治の話も出て。こういう時自分が“日本人”としてみられるんだなーと想。横須賀にて軍艦をみてきたそう。台北、北投温泉の図書館はクールだと話をした。トランジットで焦ってて、スタッフに呼ばれガッと会話を打ち切ってしまったのが心残り。旅の縁っぽくはあった。

c0002171_10503453.jpg
c0002171_10533398.jpg
c0002171_10534864.jpg


LAで乗ったLANTAM航空の機内では中南米の音楽も充実していて。Spinetta / Obras Cumbres、名盤だった。またCamila SilvaのALも素晴らしかった。ペルーのビール飲みながら楽しんだ。

ほぼ24時間近くかけて深夜にリマ着。この日は空港から徒歩で数分のホテルで就寝。

数時間の睡眠で起床。モーニングはバイキング。ペルーは飯が美味いイメージあったけれど機内食の辺りから自分で塩とか調整する感じだった。びっくりしたのが"シュガーフリージュース"。なんと全然味がしないwこれはなかなかにコアな食品だったw
c0002171_18392979.jpg


朝一番にリマから国内線に乗りフリアカという街へ。ここからバスでボリビアへ向かう。
c0002171_10585898.jpg


この空、アンドレス・ベエウサエルトのジャケのよう。南米に来たんだなぁ、俺。(バスの窓のおかげでちょっと青黒く空が写っています。)
c0002171_111051.jpg
c0002171_1112141.jpg
c0002171_1114050.jpg


落書きしてある建物や壁が多い。このKEIKOというのは恐らくフジモリ大統領の娘で大統領選に出たケイコさんを指すのだろう。かなりそこら中に在った。
c0002171_113396.jpg


フリアカからの道では三輪トラックを大量に見かけた。愛すべきフォルム且つカッコイイ感じ。
c0002171_1172231.jpg
c0002171_1173154.jpg
c0002171_1174451.jpg
c0002171_1175779.jpg


町を抜けていく。
c0002171_11141520.jpg
c0002171_11142532.jpg
c0002171_11143783.jpg
c0002171_11144991.jpg
c0002171_11164672.jpg
c0002171_1117112.jpg
c0002171_11172980.jpg
c0002171_11175352.jpg
c0002171_11191685.jpg
c0002171_11193178.jpg
c0002171_11194411.jpg


真っ青に抜ける空をたっぷりと。
c0002171_11212421.jpg
c0002171_11213647.jpg
c0002171_11214940.jpg
c0002171_11223100.jpg
c0002171_1123566.jpg
c0002171_11235180.jpg
c0002171_11241332.jpg
c0002171_112425100.jpg
c0002171_11251135.jpg
c0002171_11253610.jpg
c0002171_11254968.jpg
c0002171_1126297.jpg
c0002171_11264826.jpg
c0002171_1126591.jpg
c0002171_11271172.jpg
c0002171_11272289.jpg


郊外へ行くとレンガ造りの建物たちが。どこか馴染みがあると想ったら四川旅行でもこういう感じあったなと。やはり政治系グラフィティが多い。PKKというのはきゃりーぱみゅぱみゅっぽいけれどケイコ・フジモリの対抗馬で現在の大統領の略称とのこと。
c0002171_1128264.jpg
c0002171_11284341.jpg
c0002171_11285771.jpg
c0002171_11292655.jpg
c0002171_11382616.jpg


ティティカカ湖がみえてきた。ティティはピューマ、カカは岩の意味。琵琶湖の十倍の湖が3800m越えにあるとは。軽い高山病をコカキャンディーで緩めて、ツアーにライドオンだが旅っぽくなってきた。
c0002171_11363898.jpg
c0002171_11365224.jpg
c0002171_11371197.jpg
c0002171_11372529.jpg
c0002171_11385556.jpg
c0002171_1139425.jpg
c0002171_11393852.jpg
c0002171_11395433.jpg
c0002171_11405150.jpg
c0002171_11412735.jpg
c0002171_11414589.jpg


畑仕事をしていたり休憩しているペルーの人たちが美しかった。走行する車内からは中々撮れなかったけれど、特に女性たちの原色の服装が素晴らしい。帽子もお洒落だった。
c0002171_11415972.jpg
c0002171_11462787.jpg
c0002171_11453729.jpg
c0002171_114734.jpg
c0002171_11471437.jpg
c0002171_11475645.jpg
c0002171_11481447.jpg
c0002171_1149054.jpg
c0002171_11491375.jpg
c0002171_11501397.jpg
c0002171_11502686.jpg
c0002171_11503674.jpg
c0002171_11512348.jpg
c0002171_11523884.jpg
c0002171_11525364.jpg


現地ガイドのおじさんに"Muy Bien (Very Good)"、"Que Linda (What a Beautiful)"というと"Amigo"といってくれた◎
c0002171_11531155.jpg


羊がよく放牧されていて。全然動かなくて、石か何かのオブジェの様な質感だった。
c0002171_1155720.jpg


スピネッタや、ジスモンチとかのあの複雑でロックしてるのに爽やかな風が根底にあるのは、南米の大地が為せる技なのかもしれない。
c0002171_1155253.jpg
c0002171_11554127.jpg
c0002171_11555359.jpg
c0002171_120888.jpg
c0002171_120196.jpg
c0002171_1204095.jpg
c0002171_1205176.jpg
c0002171_1212247.jpg
c0002171_1213391.jpg


ペルー・ボリビア国境の町へ。ペルーからボリビアに移ると一気に人々の服装の色が落ち着く感じ。この日は出店市場が開かれていた。
c0002171_1252075.jpg
c0002171_1252980.jpg
c0002171_1254197.jpg
c0002171_12551100.jpg
c0002171_1263290.jpg


途中の丘で天体観測。満天の星空!あんな夜空人生で初めてだった!南十字星も天の川もはっきりと!スマホじゃ写せなかったけど掛け替えのない体験だった。
c0002171_1210516.jpg


ラパス着。4000mでのトイレ休憩はなかなかにきつく、臭いもMalo Baño (Bad Toilet)だった。ここボリビアではトイレを利用するのに料金がかかるのが多い。大体1ボリビアーノ。
c0002171_12114710.jpg
c0002171_12115498.jpg


ラパスは坂の街。上の方は4000m越えだけれども、本日泊まるのは下の方の高級住宅街にあるホテル。ウェルカムドリンクを飲み、早々に就寝。明日のモーニングコールは4:15。飛行機でいよいよウユニへ。愉しみだ!
c0002171_12142444.jpg


3日目 UYUNIの町、鏡雲、夕陽、宙星
4日目 パステルな暁・ウユニ塩原探索・塩のホテル
5日目 ラパス 海を探すとき
by wavesll | 2017-03-25 18:40 | 私信 | Comments(0)

本日から8日間ボリビアへ行ってきます。

LOS KJARKAS : MIX EXCLUSIVO DJ. CRIS 2013 ...!! (AUDIO)


前回南米へ足を踏み入れた時は日本に帰ってきてすぐに311が。そして今回の南米旅行は3月11日の直後。
何かが掴みとれたらいいなという気持ちと、気楽にワクワクドキドキして楽しめたらという気持ちその両方を携えてボリビアへ行ってきます。

映像はボリビアで人気のフォルクローレバンド。チャランゴが効いてます◎

帰りは23日の予定です。それでは一時 i Hasta la vista !

cf.
ボリビア・スクレの聖女 X Tyondai Braxton / Central Market 第21回音の貝合わせ

by wavesll | 2017-03-16 00:01 | 私信 | Comments(0)

ラルンガル・ゴンパ 天空の“宗教都市”~チベット仏教・紅の信仰の世界~をみて

NHKBSプレミアムでセルタン・ラルン五明仏学院(ラルンガル・ゴンパ)への取材がされていました。
c0002171_18345731.jpg

世界最大の仏教僧院。斜面にひしめいているのは1万を超える修行僧の小屋。
仏の教えに生涯をささげる修業が行われているチベット仏教都市。

中心にある大経堂で僧に話を聴くと"チベット仏教の話はしたい、しかしそれ以外の話は何もしたくない"、と。
c0002171_1836498.jpg

止語(私語禁止)の、お堂の中で唱えられるお経は、JVCのワールドミュージックシリーズとは異なり、寧ろ南太平洋の島国の歌のような柔らかなハーモニーがありました。
c0002171_18384816.jpg
c0002171_18401750.jpg

ケンポ・ジグメ・プンツォ師が何もなかった土地に粗末な小屋を建てて修業をはじめたラルンガル・ゴンパ。"他者を害することなく自己を律しろ"という遺言は固く守られているそう。
c0002171_18411735.jpg

お堂の前では"問答"の修業が行われていました。
c0002171_18433996.jpg
c0002171_18435367.jpg
c0002171_1844469.jpg
c0002171_18441335.jpg
『例えば花瓶の存在を考える 花瓶が"生滅変化する形成物"でない「苦」であるならそれは"生滅変化する形成仏"ではないのか?』
『同意する』
『ではその同意の意味は何ぞや?』
『同意したでしょう』

チベット仏教ではあらゆるものが如何に存在するか厳密な論理があり、それを理解するために問答の修業が重視されているそうです。
c0002171_1846228.jpg
c0002171_18461383.jpg
女性もジョモ(尼僧)という修行者がいて、結婚することなく仏の教えに生涯をささげています。

修行者も建物も統一されている紅の赤は、世俗を離れ仏門の世界に入った神聖な色。
c0002171_18473567.jpg

山の上のギトゥル・ラカン(幻化堂)にはチベット人だけでなく漢族も各地からやってきてマニ車を回していました。
c0002171_1850224.jpg
c0002171_1850321.jpg
c0002171_18504348.jpg

手足を投げ出し仏に祈る"五体投地"という礼拝もされていました。
c0002171_1852725.jpg

"善い来世のため"に北京から祈りに来る女性もいました。
"輪廻転生"から解脱し極楽浄土の世界へ行くための地。

番組ではツェテン・トゥンドゥプさんという31歳の僧侶に取材します。
c0002171_18535269.jpg
肉は一切食べず、毎朝真言を7000回唱える。

もう17年も世俗の社会から離れ、悟りの境地、解脱に達して将来この世のすべての命、衆生を救うために修業を重ねています。
c0002171_1856899.jpg
c0002171_18561824.jpg
「世俗の行いに時間を費やすべきではありません」と語るツェテンさん。31才、私と同世代の彼の言葉に衝撃が沁みてきました。

彼らの生活は家族からの送金や一般信者からのお布施で賄われています。
c0002171_19211058.jpg

この地では宗教で悟りを目指すことが価値ある姿だと認められ、社会の中で尊ばれている。

先ほどの問答もそうですが、世俗にいる私の眼から見ると、言葉は言葉であり、身体的な行為の実装を伴わなければ実行力がないと。

アダム・スミスが『国富論』で語ったように、宗教の社会的な価値は余った財で貧困な人々を食わせる事だと考えていたのでした。

そこに『人生は幻』、命は今のこの世だけでなく輪廻転生する、この世で功徳を積み、来世へ繋ぐことを信じる彼らの人生観は、"人はパンのみにして生きるにあらず"を超えて、世俗的価値観、より富を高めていくこととは違う精神世界がこの星で成り立っているのだと。

先ほどの問答もそうですが、仏教を一つの学問を究める道だとすれば、"チベット仏教の話はしたい、しかしそれ以外の話は何もしたくない"、と言う言葉も分かります。

学問の道を究めることは一つ世俗とは離れる處がある、そう思います。

それでも、現金収入を得るために中国企業で働くチベット人が増加し、子供への教育も中国語で行われ、中国化がここチベットでも進んでいます。

利便性・物質的な豊かさの誘惑と、伝統的な文化の独立性・精神的な豊かさの対立が、ここでも起きているのか…と想っていると、ある僧侶の部屋にはリンカーンとオバマのポスターが張られていました。

曰く、「(平等な)社会を作るための貢献をし、彼らの言葉は仏教の言葉に似ている、社会の問題を解決したから貼っている」と。
c0002171_19215522.jpg
現代社会の矛盾を大きく孕む合衆国に、古来の伝統を大切に守るチベット僧が共感を得ているというのは本質的な自由さとは何かを考える上では面白いと想うと共に、それでも多く食える人が増えることは幸せなことだし、"何が価値なのか"をみていて逡巡しました。

競争や争いが人間の本能に組み込まれたものだとしたら。殺生を禁じる宗教は貴いけれども、現実の権力闘争は精神的な行いでは止められていない。

自分を守るための矛がなければ、他者を害することなく自己を律すことすら無理なのではないか?
欲望を利用し"理想"を試みるバーリトゥードな相手と対峙しなければならないのだから…。

そう感じながら番組をみていると、中国共産党がラルンガル・ゴンパに仕掛けてきました。
c0002171_19233995.jpg
山の中腹に掲げられた<プンツォ様 私たちをお守りください>というチベット文字の横に中国語で<共産党と心をひとつにし"中国の夢"を築こう>というスローガンが掲げられている。

ラルンガル・ゴンパから人が消え、皆が小屋の中でひっそりとしました。

"他者を害することなく自己を律しろ"という教えは、信仰は本来個人的に高みへ達する事であり、他者に強いるものではないことを示しています。

本来は思想や主義もそう、完全に自由な中で意思決定がなされるのが理想。

しかしこの世の中には"他者を意のままに巻き込みたい"とする勢力がいて。

そして様々な組織、個人が人の上に立とうと争い続けている中、"自分だけが世界とは関係なく解脱を目指す"ことが不可能に近くあると共に、自慰的な行為なのではないか?人を治める世俗的な指導者がいないと、理想は空転してしまうのではないか?そう想いながらみていました。

その上で、世俗的・物質的に"人々が生命活動を行うことができる"上で、"どう生きるべきか"という精神的な問いが必要になってくると想ったのです。

ラルンガル・ゴンパでは十年間の仏教理論の学習が求められます。
毎年”問い方”と"答え方"の試験が行われます。
難解な知識の理解が15分の問答試験で行われ、その後3時間の筆記試験が。
c0002171_1924208.jpg

この"問い方"を求められることがいいなと。

大学教育における卒業論文もそうであるように本来学びの道にいる者には"良い答える"だけでなく"良い問いを生み出すこと"が求められるし、それは聖俗関係なく必要な能力だと想ったからです。

"情報"の価値がインターネットによって完全に破壊されてしまった現代、単純に情報量があるだけでは、もう価値がない今、"情報の身体性"はつまるところ"良い問いを生み出すこと"と"良い解を出すこと"。

古来からの学問のシンプルなセオリーですが、何かをインプットするときは、"問いと解"を意識しなければならない。単なる情報の羅列では価値は生まれない、そして知識・知恵に溺れることなく、"善い人間であろうとする心"を持たないと、全ては虚ろなものになってしまう、そう改めて思いました。

番組終盤、チベット仏教で行われる"鳥葬"が取り上げられました。
c0002171_19245295.jpg

人が死を迎えたとき、魂はその肉体から分離し、この世で漂い始める。ジョモ(尼僧)の真言は魂を慈悲深く供養すると信じられている。その後49日をかけ魂から人間的な感覚が失われ、次の再生の世界へ向かう。

亡骸が鳥葬場に運ばれ、閻魔の衣装を纏った鳥葬師によって、ハゲタカに捧げられる。
ハゲタカは魂を天界に運ぶ女神、"空行母"と信じられていて、ハゲタカに食べられることで、ハゲタカは腹いっぱいになれば他の動物を襲わず、別の命が救われる。

善き生まれ変わりになるための最後の功徳が鳥葬。

鳥葬師に輪廻転生の話を聴かせてほしいと頼むと、彼は「そのような質問に答えたこともないし、答える言葉も持ち合わせていない」と断った。

その代わり、お経を唱え始めたのです。

"この世に我も他者も存在しない 神も悪魔も存在しない
全ては無であり 悪も善もない 苦も楽もない 世俗も解脱もない
私の躰は供物として 鳥である空行母い献じます"
c0002171_19265778.jpg
c0002171_1927731.jpg
c0002171_19271884.jpg
c0002171_19273650.jpg

まるでジョン・レノンの『イマジン』にような歌詞じゃないか。
"ポワ(魂の移転)"のお経だそうです。ポワってオウム真理教によって穢されてしまったけれど、本来はこんなにもロックな、身も蓋もない真実を言い放つ詩だったのか。

ボブ・ディランがノーベル文学賞を獲ったのも記憶に新しいですが、ロックミュージックの真価は真実を歌うことで社会に風穴を開けることで、だからこそ宗教指導者のような凄味を持っていたのだなと、ラルンガルの光景からそんなことを想起しました。

最後にツェテンさんのチベット語の読み書きを教える学校での活動と、2017年1月にツェテンさんの妹のユシィちゃんを訪ねた映像が。

"自分の故郷をどう思う?"という問いに応えたユシィちゃんの笑顔が眩しかったです。
c0002171_19293192.jpg


cf.
コーカサスに想う敬虔な質実さと都会の華美さのあいだ

by wavesll | 2017-03-13 21:01 | 私信 | Comments(0)

MOA美術館 熱海にて紅白梅図屏風をみる

c0002171_2222131.jpg


MOA美術館リニューアル記念名品展+杉本博司「海景-ATAMI」をみに熱海へ行ってきました。

東海道線車窓からのロスコな海写真
c0002171_20101329.jpg


杉本博司さんのディレクションでリニューアルされた館内。MOA美術館には初めて来たのですが、胎内くぐりの様なエスカレーターを抜けると万華鏡が映された天井が。
c0002171_20122534.jpg
c0002171_20123314.jpg
c0002171_20144815.jpg


ヘンリー・ムア / 王と王妃
c0002171_20154110.jpg


秀吉の黄金の茶室(復元)
紗でつくられた障子の赤と黄金は極楽浄土を顕わしている。掛け軸は秀頼によるもの。
c0002171_20173912.jpg


この石畳が敷かれる床と木戸の自動ドア、やるなー。
c0002171_20194923.jpg


柳橋図屏風
c0002171_20211469.jpg
c0002171_20551582.jpg
c0002171_20553131.jpg


平兼盛像 佐竹本三十六歌仙切
c0002171_20234619.jpg


吉山明兆 / 白衣観音像
c0002171_2025944.jpg


山水人物蒔絵箱
金色の山水画。
c0002171_20264268.jpg


染付草花文瓶 伊万里
このカタチにときめいた。
c0002171_2029470.jpg


色絵五艘船大平鉢 伊万里
c0002171_20305761.jpg


色絵花鳥文蓋物 伊万里
蓋の上にある獅子が可愛い。
c0002171_20321251.jpg


色絵牡丹文大皿 伊万里
c0002171_20335411.jpg


色絵桃花文皿 鍋島
c0002171_20343957.jpg


色絵橘文皿 鍋島
c0002171_20352486.jpg


手鑑 翰墨城
c0002171_20371786.jpg


継色紙
c0002171_20385077.jpg


藤原定信 / 石山切
c0002171_2149847.jpg


尾形光琳 / 紅白梅図屏風
c0002171_2064332.jpg

c0002171_20414289.jpg
c0002171_20415535.jpg
c0002171_2042775.jpg
c0002171_20422854.jpg
c0002171_20423782.jpg
c0002171_20424511.jpg
c0002171_20425438.jpg
c0002171_21514191.jpg

これは本当に凄かった。2017年のベストが早くも出たかも。
宗達が創った風神雷神からさらに創新を行ったという話を聴いて一度みてみたかった絵画だったのですが、琳派の特性である構図の妙だけでなく、色がいい!梅樹の茶と緑が混じる様や、ぽつぽつと咲く花たちも愛らしくアクセントを加えていて。さらに中央を流れる川紋が本当に存在感があって!生は凄い!こーれは弩偉いの見たなぁ!

野々村仁清 / 色絵藤花文茶壺
c0002171_21502056.jpg


本阿弥光悦 俵屋宗達下絵 / 鹿下新古今和歌巻断簡
c0002171_2051377.jpg


洋人奏楽図屏風
c0002171_2057435.jpg


長次郎 / 黒楽茶碗 銘 あやめ
この全てを吸い込むようなマットなブラックが良かった。
c0002171_20581863.jpg


吉州窯 / 玳玻天目鳳凰文茶碗
この橙と青の色味はスマホじゃ写せない。素晴らしかった。
c0002171_20594083.jpg


郊壇官窯 / 青磁大壺
このライトブルーとフォルムの妙。
c0002171_2111245.jpg


伝 本阿弥光悦 / 樵夫蒔絵硯箱
これも写真には写せない煌めきのある作品でした。
c0002171_212569.jpg


尾形乾山 / 銹絵染付梅花散文蓋物
Crown of Fuzzy Grooveみたいな焼き物。
c0002171_214082.jpg


伝 俵屋宗達 / 伊勢物語図 西の対図
c0002171_2153531.jpg


尾形光琳 / 紫式部図
c0002171_2161486.jpg


湯女図
c0002171_2165770.jpg


勝川春章 / 雪月花図
c0002171_218698.jpg


喜多川歌麿 / 桟橋二美人図
c0002171_2192326.jpg


葛飾北斎 / 二美人図
c0002171_21103087.jpg


階段の縁の金の黒の入り方なんかも良かった。
c0002171_21132136.jpg


阿弥陀如来及両脇侍坐像
c0002171_2114427.jpg
c0002171_21145020.jpg
c0002171_21145844.jpg
c0002171_21151076.jpg


金光明最勝王経註釈断簡 飯室切
c0002171_2154010.jpg


妙法蓮華経 授記品
c0002171_21161753.jpg


星曼荼羅残欠
c0002171_2116549.jpg


諸尊図像
c0002171_2119397.jpg
c0002171_21175661.jpg


仁王経法図像
c0002171_21194723.jpg


北方天眷属像
c0002171_2325113.jpg


十一面観音立像
c0002171_23252934.jpg


釈迦八相図
c0002171_21562227.jpg


観音菩薩立像
金が青緑に錆びているのが美しい。
c0002171_2121421.jpg


菩薩半跏像
c0002171_21215131.jpg


阿弥陀三尊像
c0002171_21545610.jpg


康円 / 聖徳太子立像
c0002171_21225860.jpg


阿弥陀如来立像
c0002171_21235288.jpg


杉本博司 / 加速する仏
徐々にスピード上げながら切り替わっていく三十三間堂の千手菩薩の写真。宇宙と芸術展のチームラボを想起。此処までくると次は床面と天井もやって欲しくなる。
c0002171_21245382.jpg


杉本博司 / 海景 熱海
c0002171_21275382.jpg
c0002171_21292224.jpg
c0002171_2129092.jpg


杉本博司 / 月下紅白梅図
これもみたかった一品。紅白図屏風を銀塩に撮影したもの。オリジナルが金で膨張色で、こちらが黒色で締まっているからか、月下紅白梅図の方が小さく感じました。
c0002171_2131257.jpg


創設者である岡田茂吉氏の部屋に書や日本伝統工芸展でみたような品々が置いてありました。
岡田氏、世界救世教・教祖だとは。ただ
「優れた美術品には、人々の魂を浄化し、心に安らぎを与え、幸福に誘(いざな)う力がある」「美術品は決して独占すべきものではなく、一人でも多くの人に見せ、娯しませ、人間の品性を向上させる事こそ、文化の発展に大いに寄与する」(Wikipedia)
という志は良いですね。

真善美
c0002171_21375186.jpg


春光
c0002171_21384797.jpg


三代目徳田八十吉 / 耀彩壺「恒河」
c0002171_2140060.jpg


今泉今右衛門 / 色絵薄墨墨はじき時計草文鉢
c0002171_21404176.jpg


須田賢司 / タモ拭漆嵌荘箱「銀漢」
c0002171_21412428.jpg


大角幸枝 / 南鐐花器「海風」
c0002171_21421492.jpg


増村紀一郎 / 乾漆菊華鉢
c0002171_21425991.jpg


庭には移築された門や再現された光琳屋敷があったりしました。
c0002171_21442869.jpg
c0002171_21444573.jpg


館内には能楽堂も。
c0002171_21475670.jpg


Exit MusicはIno Hidefumi - Love Theme From Spartacus.
c0002171_2224071.jpg
c0002171_2225597.jpg
c0002171_2231048.jpg
c0002171_2232634.jpg


バスで熱海駅へ戻って美術館がある山をぱしゃり。8番乗り場から20分に一本出ています。
c0002171_2241434.jpg


素晴らしい展覧会でした。国宝・重文・重要美術品が非常に多く見ごたえがあったし、何気に一番感動したのが反射を抑えた新ガラス。すべての美術館はこれを採用して頂きたい。いい財産の遣い方だなぁ。熱海、先日も坂本慎太郎がライヴしたり、最近熱い。横浜から1300円だしちょこちょこ来たいです。

サンビーチから熱海城を眺めたり、寛一お宮の像をみたり、熱海の街をふらついた後、帰路につきました。
c0002171_22131420.jpg
c0002171_22132244.jpg
c0002171_2213297.jpg

by wavesll | 2017-02-28 22:13 | 展覧会 | Comments(0)

台湾年の瀬

25日夕に羽田を発ち27日夕まで台湾へ行っていました。
台湾は数年前に行ったのが初めてで、今回は二度目。前回は台北→花蓮→高尾→台北と回ったのですが、今回は台北に二泊三日で行ってきました。
c0002171_172887.jpg

今年は一月の香港を初め、三月の秩父小旅行、四月の吉野山桜、八月の四川・九塞溝/黄龍、九月の愛知旅、十月の熊野古道奈良・正倉院展と、私の人生でもこんなに旅尽くしだった年は中々ないという位の年で。身の丈を越える運だなと想いながらもこの年の瀬にひょんなことから台湾へ赴いたのでした。



機内でみた『君の名は。』、少年少女過ぎて序盤はノリ切れなかったけれども最後は涙ぐんでしまった。新海さんらしいうじうじも思ってたより入ってた。ただ新海さんの作品の女の人は、ほんとに男からみた女の人。俺は男だからめっちゃ分かるけど。思春期の頃みてた女の人の感覚がフィルムに焼き付いてる。

松山機場からみた光景。遠くに101がみえる。
c0002171_1192059.jpg


MRT(電車)の駅には公共の図書館スペースも。洒落てる。
c0002171_121938.jpg
c0002171_1212994.jpg


大戸屋、はま寿司、MUJIにユニクロ、セブンにファミマにフォルクス吉野家はてまたスクールIEまであるw台北アリーナはでかかった。こちらは夏の様な陽気なのに台北の人達は冬の装いだから、ロシアから東京に来た人みたいな気分だw
c0002171_1223972.jpg
c0002171_1224741.jpg
c0002171_1225539.jpg


ホテルに荷物を置いて夜道を歩く。まだ知らぬ街区を歩くのはいとをかし。
c0002171_1243656.jpg
c0002171_1245777.jpg
c0002171_125546.jpg
c0002171_1251793.jpg
c0002171_1281051.jpg


マンホール探訪@台北
c0002171_127542.jpg


カレーおでんのポスター。何でもマカオなんかでも人気だと聴いた。
c0002171_12985.jpg


ホテルの近くの夜市。前回は大きな夜市しか行かなかったけどこういう夜市は地元サイズって感じで好い◎
c0002171_1312371.jpg
c0002171_1313134.jpg
c0002171_1314774.jpg
c0002171_1315784.jpg
c0002171_132511.jpg


台北では赤モス
c0002171_1325170.jpg


一日目はもうこれくらいでベッドへ。台湾行きを決めるまでは旅に出る意義自体にも靄々もあったのだけれども、海外に来ると本当に気持ちが軽くなる。日本を覆う重苦しさから解き放たれるというか。恐らくは日常の営みの負荷が大きな割合なのだろうけど、高齢化と放射能と経済問題と地震、結構ヘヴィだもんなぁ。日本は。

翌朝。昨日の夜市の通りの屋台で担仔麺。優しい味。
c0002171_1385941.jpg
c0002171_139614.jpg
c0002171_139135.jpg
c0002171_139193.jpg


MRTを乗り継いで北へ。
c0002171_140281.jpg


!?
c0002171_1404381.jpg

MRT車内のヴィジョンにもアイツがw
c0002171_1411959.jpg


一時間程MRTに乗って島の最北部にある町、淡水へ。
景勝地なのだけれども、思った以上に煙っていて。中国から来たPM2.5だろうか???正直ちょっときついものあった。街自体は綺麗な場所だけに><
c0002171_1454612.jpg
c0002171_1455455.jpg
c0002171_146211.jpg
c0002171_1461085.jpg
c0002171_1461742.jpg
c0002171_1462452.jpg
c0002171_1473355.jpg


マンホール探訪@淡水
c0002171_147156.jpg


こういう公共物にペインティングされてるの、いいなー!
c0002171_148978.jpg


街のちょいカオスな感じがAsiaの畝りを感じて好きだ。GIANTの店舗を結構見掛けるなと想ったら台湾の会社だったんだね、GIANT。
c0002171_1502816.jpg
c0002171_1503495.jpg
c0002171_1504217.jpg


エレベーターは電梯、プラットホームは月台。
c0002171_1515615.jpg


MRTですぐの北投温泉へ。水着を買って露天風呂にも入りました。日差しも強くてちょい日焼けしたかも。気持ちえがったwお爺さんが湯船に浸かりながらしてた鼻歌も風流だった◎
c0002171_1534658.jpg
c0002171_154238.jpg
c0002171_1544259.jpg


物凄いお洒落な建造物があって、どんな高級ホテルかと想って覗いたら何と図書館!この台北市立図書館北投分館は世界で一番美しい図書館ともいわれているらしい。
c0002171_1555656.jpg


昼は牛肉麺。ほんとにやさっしい味。

c0002171_1582065.jpg


北投駅のモニュメント。北投温泉の地区では北投石という宝石も採れて、放射線か何かで健康にもいいとか。
c0002171_21276.jpg


台湾でも人気なのだな。そういえばこの日はスマスマの最終回の日だった。
c0002171_21589.jpg


南京復興駅の辺りで見かけためちゃかっこいいポルシェ。
c0002171_232083.jpg


この旅の最大の目的地、九份へ向かおうと忠孝復興駅のそごうの辺りのバス停へ行くと、タクシーの運ちゃんに「200元でどうだ」と言われ、バスで行っても100元だからタクシーで200元はリーズナブルだと乗り込む。他のお客さんと共に九份へ爆走、というか、超爆走w1.4倍速みたいな感じでどんどん高速でクルマをすり抜けるw対向車線も走るwスリルがあったが、海外ではこんな感じもアリかなw

九份着。前回の台湾旅行でも来たけれど、今回の目当ては夜景。夜になるのを待つ。
物凄い人出で。日本人ぎっしりだったw
c0002171_210192.jpg
c0002171_2102859.jpg
c0002171_210383.jpg
c0002171_2104772.jpg


商売の神様のお寺。ここ空いてたけど、中々に見ものな寺だった。台湾の寺ってオーラ迸ってて好きだ。
c0002171_2134135.jpg


これがうまかった。紅豆や緑豆、餅や果物が温かく、かき氷の上に乗っている。かき氷でなく温かいスープのヴァージョンもあった。
c0002171_2142683.jpg

この店。行列できてた。
c0002171_215994.jpg


そして九份の夕べ。
c0002171_2165255.jpg
c0002171_2165955.jpg
c0002171_217694.jpg
c0002171_217207.jpg
c0002171_2174235.jpg
c0002171_2182297.jpg
c0002171_2183027.jpg
c0002171_2183752.jpg
c0002171_2184576.jpg
c0002171_2192260.jpg
c0002171_2193048.jpg
c0002171_2194012.jpg
c0002171_2195037.jpg
c0002171_221232.jpg
c0002171_2214411.jpg
c0002171_2215550.jpg
c0002171_222477.jpg
c0002171_2231025.jpg
c0002171_2231859.jpg


アーケードの中では臭豆腐の店も。何度嗅いでもこの匂いは激烈で。これは正直きついなー、それでもそれを越えてくる魅力が台湾にはあるけれど。メルカドの賑わいはほんと凄かった。試飲した阿里山のお茶が美味かった◎
c0002171_2252781.jpg
c0002171_225361.jpg
c0002171_2264414.jpg
c0002171_2283935.jpg


帰りはバスで。凄い行列だけれどもどんどん捌けていくからそこまで待たなかった。
バスの窓から檳榔のネオンサインや中規模な夜市、OKというコンビニを眺めました。行きの爆走Taxiは1時間もかからなかったけれどバスでは100分くらいはかかったかな。
c0002171_2381341.jpg
c0002171_2382422.jpg
c0002171_2384033.jpg


MRTで士林駅へ。やっぱ行くでしょ、士林夜市は^^
c0002171_242776.jpg
c0002171_2421575.jpg
c0002171_2422421.jpg
c0002171_2423151.jpg
c0002171_2425298.jpg
c0002171_2425991.jpg
c0002171_243780.jpg
c0002171_2431538.jpg
c0002171_2442295.jpg


台湾の人は美味い店に並ぶと聴いて行列が出来てる店に並んだら九份のスイーツ屋で隣で食べてた子が並んでたwみな同じコースを行くのかとウケたwこの肉のソーセージを米のソーセージで巻いた奴、めっさ美味かった◎なんでも映画かなんかに取り上げられた店だとか。
c0002171_250493.jpg
c0002171_251452.jpg


ザリガニ釣りかな?
c0002171_2521254.jpg
c0002171_254335.jpg


地下の屋台街へ。がっつり喰ったw蛤炒めがめさめさ美味かった!
c0002171_254781.jpg
c0002171_255746.jpg
c0002171_2551699.jpg
c0002171_2552945.jpg
c0002171_2554272.jpg
c0002171_2555178.jpg


士林夜市には"日本で人気"という食べ物屋台も多かった。ゲーム屋台には路上2人麻雀も。市場を抜けると士林駅の隣駅に着いた。というかこの剣潭駅の方が士林市場に近い感じ。
c0002171_2573073.jpg
c0002171_2574779.jpg
c0002171_2575591.jpg
c0002171_258568.jpg
c0002171_2581635.jpg


ホテルへ帰路。MRTのロゴって営団ぽい。
c0002171_344048.jpg


伊達の薄着は俺もしたことがあったけど"伊達の厚着"というものがあることを年の瀬の台湾で知った。明らかに暑いのにダウンやファーで着飾る台北の人々。ファッションとはげにをかしきもの。でも流石に昼にもなると暑すぎてみんな薄着になってたのがまたをかし◎

最終日の朝飯はホテル傍の饅頭屋で。肉の饅頭も野菜と春雨の饅頭もめっちゃ美味い!しかも15元くらい。安!この日はとても肌寒くて。あったかい饅頭が嬉しかった。
c0002171_37120.jpg
c0002171_371044.jpg
c0002171_372253.jpg
c0002171_373092.jpg


MRTのチケットはコインで。RFIDでスイカみたいに使える。しかも回収されるからエコ。これはとても良いと思った。
c0002171_384793.jpg


佐々木希がいた
c0002171_3185241.jpg


台北101へ。
c0002171_3192917.jpg
c0002171_319375.jpg
c0002171_3194718.jpg
c0002171_3195598.jpg
c0002171_320361.jpg
c0002171_320127.jpg


開店30分前から並んで鼎泰豐。普通の小籠包は横浜店と同じだけど海老焼売と蟹小籠包が超美味!
c0002171_3214847.jpg
c0002171_3215711.jpg
c0002171_322635.jpg
c0002171_3221388.jpg
c0002171_3222051.jpg
c0002171_3222777.jpg


空港へ向かう直前にフットマッサージ。これがマジで効いて。結構痛かったのだけれどもその分老廃物の詰まりとか筋の凝りがほぐされたのだと想。終わった後の脚の軽さに吃驚◎
c0002171_3245588.jpg


飛行機の窓からみたウユニ塩湖の様な空。
c0002171_3261654.jpg



帰りの機内で観た『スーサイドスクワット』は、“詰めが甘すぎだし悪の快楽も描けてない”という指摘は分かるけど、あのあまっちょろさが不良っぽい気もした。チンピラの弱さというか子供っぽさというか。本当に怖いのは大人ですな。が、あの酒場のシーンはダサかった。ハーレイクインはえろかった。

c0002171_3354685.jpg
c0002171_3355331.jpg

台北→羽田と来て新宿タワレコのDOTAMAインストアライヴみてきたw
正直今朝101へ行ってた時はその気力はないかなーと想ってたけど足裏マッサージでかなり快復したから出来た芸当w

フリースタイル良かったなー!ヒップホップはアドリブが重要なのがジャズと共通すると菊地成孔も行っていたが、生はいいっすね!ライヴ前に音源流れてたけど、生だと言葉の刺さる強度が増す増す!

WOWOWぷらすとで宇野さんが日本の芸人界はアメリカのヒップホップみたいな西と東のトライブ感があると言っていたけれど、PPAPといい、岡崎体育といい、HIPHOPやPOPミュージシャンと芸人のネタはとてもマージナルなものになってきていて面白いと想。

横浜への帰り。東京の電車は驚くほど静寂で。台北の列車は婆さんがゲームを爆音で鳴らしたり、レズビアンカップルがめっちゃイチャイチャしたり、携帯通話は当然OKだし、相当にカオスで。それは空いてるのもあるのだろうけど、どちらかというと東京の方が車内環境は怖い感じがする。

“別の形でも成り立つ社会がある”ことを端的に知れるのは海外旅行の美点ですね。まぁ、海外に被れて汚点を見ずに礼賛しちゃそりゃアレですが。例えば台湾ってXmas当日が終わってもXmas気分が残ってたり。すぐに正月へ切り替わる日本と違うのは旧正月がメインだからかもしれません。

日本の店が大量にあるから台北と香港は東名阪福札に並ぶ同一文化圏感がありました。チャイ語勉強したくなった。中国語が分かると日本語の理解も相当に深まりそう。Asiaという広いエリアで視座を持てると西洋への向き合い方やアイデンティティの面でもまた腰が据わるかもしれない、"Altarnative"ってそういうことからも編まれるのかも、なんてことを想った年の瀬でした。
by wavesll | 2016-12-29 03:46 | 街角 | Comments(0)

香港Photographs3 楚然の帰路日

香港Photographs1 琳琅の壱日目
香港Photographs2 宝璐の弐日目

2016年の初めにいった香港旅行、最終日は昼過ぎには空港へ向かったので、午前中の香港を。晴天が射して、これまでの二日間とはまた違った街が写されていました。

c0002171_18595464.jpg
c0002171_190335.jpg
c0002171_1901696.jpg
c0002171_1902817.jpg
c0002171_192018.jpg
c0002171_1923065.jpg
c0002171_1924461.jpg
c0002171_192523.jpg
c0002171_1944772.jpg
c0002171_195265.jpg
c0002171_195927.jpg
c0002171_1951889.jpg
c0002171_197348.jpg
c0002171_1972093.jpg
c0002171_1973075.jpg
c0002171_1973945.jpg
c0002171_1995835.jpg
c0002171_1910942.jpg
c0002171_19102092.jpg
c0002171_19103312.jpg
c0002171_19123895.jpg
c0002171_19124745.jpg
c0002171_19125985.jpg
c0002171_1913758.jpg
c0002171_19162593.jpg
c0002171_1917095.jpg
c0002171_19192954.jpg
c0002171_19193894.jpg
c0002171_1919468.jpg
c0002171_1919552.jpg
c0002171_19211420.jpg
c0002171_19212395.jpg
c0002171_19215356.jpg
c0002171_1922789.jpg
c0002171_19231137.jpg
c0002171_19231991.jpg
c0002171_19232812.jpg
c0002171_19233836.jpg
c0002171_19245516.jpg
c0002171_1925260.jpg
c0002171_1917960.jpg
c0002171_19172292.jpg
c0002171_19251030.jpg
c0002171_19251812.jpg
c0002171_19263513.jpg
c0002171_19264388.jpg
c0002171_19265050.jpg
c0002171_19265717.jpg
c0002171_1927523.jpg


最終日は1日目、2日目とエリアが重なるというか、結構ディープに研究しないと2泊3日だと香港は長いかもしれません。マカオに足を伸ばすのもありだと想います。朝粥を食べた店がとても美味しくて。香港では二日目の夜に激マズで接客も最低な店に当たってしまったので、レストランはかなり当たりはずれがある印象。次に香港に行くときは料理店はきっちりリサーチして行ってみたいです。

ちなみに朝粥の店で無料Wi-Fiがあり、何の気なしにTwitterに繋げたら繋がりました◎中国はTwitter等は遮断されていると想っていたので意外でした。四川旅行ではTwitterは勿論のこと日本のサイトも繋がらなかったので香港ならではの特例なのかも位知れません。

香港は東京のどの地区とも異なりながらも、どこか繋がっているというか、Asiaの国際都市として特にStreetの感覚が繋がっている気がしました。昔Nスペで沸騰都市という企画がありましたが、活力が沸き立つWorldwideな感覚を味わえたことは目が開いたというか、刺激を受けた旅行でした。
by wavesll | 2016-12-21 19:44 | 街角 | Comments(0)

香港Photographs2 宝璐の弐日目

香港Photographs1 琳琅の壱日目
に続き、今年の年始に行った香港写真記。2日目はフェリーで香港島へ渡ったりしました。
c0002171_1564075.jpg


c0002171_1575226.jpg
c0002171_15806.jpg
c0002171_15883.jpg
c0002171_1581565.jpg
c0002171_1510046.jpg
c0002171_15101670.jpg
c0002171_15102555.jpg
c0002171_15103210.jpg
c0002171_1512884.jpg
c0002171_1512166.jpg
c0002171_1512276.jpg
c0002171_15123617.jpg
c0002171_15145477.jpg
c0002171_15165165.jpg
c0002171_1517168.jpg
c0002171_1517838.jpg
c0002171_15183359.jpg
c0002171_15184854.jpg
c0002171_15185773.jpg
c0002171_1519776.jpg
c0002171_15202518.jpg
c0002171_15203382.jpg
c0002171_15204420.jpg
c0002171_15205347.jpg
c0002171_15312588.jpg
c0002171_15313567.jpg
c0002171_15314563.jpg
c0002171_15322140.jpg
c0002171_1534674.jpg
c0002171_15344676.jpg
c0002171_15351093.jpg
c0002171_15352824.jpg
c0002171_15373696.jpg
c0002171_1537437.jpg
c0002171_15375180.jpg
c0002171_1538029.jpg
c0002171_15395022.jpg
c0002171_15395882.jpg
c0002171_154064.jpg
c0002171_15401521.jpg
c0002171_15411858.jpg
c0002171_15412548.jpg
c0002171_15413351.jpg
c0002171_15414179.jpg
c0002171_15432379.jpg
c0002171_15433132.jpg
c0002171_15434847.jpg
c0002171_15435648.jpg
c0002171_15454784.jpg
c0002171_15455542.jpg
c0002171_1546340.jpg
c0002171_15461238.jpg
c0002171_1547815.jpg
c0002171_1547178.jpg
c0002171_15472471.jpg
c0002171_15473243.jpg
c0002171_154921.jpg
c0002171_1549115.jpg
c0002171_15492178.jpg
c0002171_15501852.jpg
c0002171_15515923.jpg
c0002171_1552723.jpg
c0002171_15521542.jpg
c0002171_15522281.jpg
c0002171_15531422.jpg
c0002171_15532178.jpg
c0002171_15533015.jpg
c0002171_15533874.jpg
c0002171_15545041.jpg
c0002171_15545882.jpg
c0002171_1555628.jpg
c0002171_15551472.jpg
c0002171_15562155.jpg
c0002171_15562942.jpg
c0002171_15563753.jpg
c0002171_15564530.jpg
c0002171_15581084.jpg
c0002171_1558188.jpg
c0002171_15582769.jpg
c0002171_15583570.jpg
c0002171_1611896.jpg
c0002171_1613123.jpg
c0002171_1614325.jpg
c0002171_1615166.jpg
c0002171_163121.jpg
c0002171_1631841.jpg
c0002171_1635611.jpg
c0002171_16453.jpg
c0002171_1651469.jpg
c0002171_1652133.jpg
c0002171_1652937.jpg
c0002171_1653765.jpg
c0002171_169669.jpg
c0002171_1691510.jpg
c0002171_1692591.jpg
c0002171_1695242.jpg
c0002171_16115744.jpg
c0002171_1612974.jpg
c0002171_16122065.jpg
c0002171_16123752.jpg
c0002171_16201197.jpg
c0002171_16202767.jpg
c0002171_16203393.jpg
c0002171_16204228.jpg
c0002171_16231989.jpg
c0002171_16233269.jpg
c0002171_16234020.jpg
c0002171_16235247.jpg
c0002171_1626886.jpg
c0002171_16262087.jpg
c0002171_16262985.jpg
c0002171_16264276.jpg
c0002171_1631357.jpg
c0002171_16311167.jpg
c0002171_16312035.jpg
c0002171_16312893.jpg
c0002171_16334687.jpg
c0002171_1633555.jpg
c0002171_1634294.jpg
c0002171_1634108.jpg
c0002171_1635377.jpg
c0002171_16351130.jpg
c0002171_16351970.jpg
c0002171_1635275.jpg
c0002171_16373877.jpg
c0002171_16374731.jpg
c0002171_16375648.jpg
c0002171_1638475.jpg
c0002171_16394031.jpg
c0002171_16394821.jpg
c0002171_16395646.jpg
c0002171_16401243.jpg
c0002171_16411745.jpg
c0002171_16412562.jpg
c0002171_16413276.jpg
c0002171_16414163.jpg
c0002171_16463158.jpg
c0002171_16464239.jpg
c0002171_1646571.jpg
c0002171_16471184.jpg
c0002171_1649511.jpg
c0002171_16491822.jpg
c0002171_16492816.jpg
c0002171_16493668.jpg
c0002171_16543316.jpg
c0002171_16544556.jpg
c0002171_1655026.jpg
c0002171_16552755.jpg
c0002171_16591736.jpg
c0002171_16592545.jpg
c0002171_16593399.jpg
c0002171_16594254.jpg
c0002171_171261.jpg
c0002171_1724373.jpg
c0002171_1725135.jpg
c0002171_173384.jpg
c0002171_1752162.jpg
c0002171_1754420.jpg
c0002171_1755923.jpg
c0002171_1761084.jpg
c0002171_177572.jpg
c0002171_1771413.jpg
c0002171_1772620.jpg
c0002171_1773531.jpg
c0002171_1784984.jpg
c0002171_179121.jpg
c0002171_1791038.jpg
c0002171_1791822.jpg
c0002171_1795330.jpg
c0002171_1710576.jpg
c0002171_17101692.jpg
c0002171_17103116.jpg
c0002171_17121620.jpg
c0002171_17122413.jpg
c0002171_171231100.jpg
c0002171_17123929.jpg
c0002171_17133134.jpg
c0002171_17134216.jpg
c0002171_17135276.jpg
c0002171_1714378.jpg
c0002171_17144772.jpg
c0002171_17145581.jpg
c0002171_171578.jpg
c0002171_17151813.jpg
c0002171_17155585.jpg
c0002171_1716375.jpg
c0002171_17161315.jpg
c0002171_17162120.jpg
c0002171_17163870.jpg
c0002171_17164648.jpg
c0002171_17165919.jpg
c0002171_17171257.jpg
c0002171_1718935.jpg
c0002171_17182174.jpg
c0002171_1718405.jpg
c0002171_17185312.jpg
c0002171_17212656.jpg
c0002171_17213811.jpg
c0002171_17215664.jpg
c0002171_1722742.jpg
c0002171_17221775.jpg
c0002171_17222939.jpg


香港2日目のハイライトは園圃街雀鳥花園(バードガーデン)でした。
鳥たちの声にチャイ語の柔らかな響きがあわさって、とてもピースフルな空気があって。今度香港へ行くときはぜひフィールドレコーディングしてみたい。

またこの日は休日だったからか、歩道橋でピクニックする人たちも。ちょっとびっくりしましたがw
スニーカー街やペットショップ街の他、路上を彩るグラフィティーにも目を奪われました。

明日は最終日の様子をULできたらと想います◎

香港Photographs3 楚然の帰路日
by wavesll | 2016-12-20 19:24 | 街角 | Comments(0)