タグ:旅 ( 122 ) タグの人気記事

Rolling 2 the 福岡/山口旅行記 2日目 元乃隅稲成神社+Alpha

I'm@元乃隅稲成神社
c0002171_232153.jpg

元乃隅稲成神社は昭和30年に地域の網元であった岡村斉(おかむらひとし)さんの枕元に白狐が現れ、「これまで漁をしてこられたのは誰のおかげか。」と過去からの関わりを詳細に述べた後、「吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことにより、島根県津和野町太皷谷稲成神社から分霊された神社

商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神

「稲荷」神社は全国で四万社ほどあるが、「稲成」神社は二社のみ

昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ景色は圧巻

神社敷地内にある高さ約6mの大鳥居の上部には賽銭箱が設置されており、見事、賽銭を投げ入れることができたら願い事が叶うと言われる。(ながと観光ナビ)


c0002171_235172.jpg
c0002171_2352883.jpg

一日目は宗像大社や太宰府天満宮をめぐった今回の旅。明けて2日目は台風一過のベストコンディションの空の下を博多からクルマで2h30mかけやって来たは元乃隅稲成神社!この旅の目玉、ここに来たかった!

CNN「日本の最も美しい場所31選」に選ばれたこの神社、結構な人出で駐車場はクルマの列ができていた。

元々は地元の人は「龍宮の潮吹」という波濤スポットを推していたみたいで。近所には「潮吹荘」なる色々とツッコミたい名の民宿もw

鳥居を抜けたところからみえる龍宮の潮吹も美しかった。というか、日本海の靑が本当に綺麗だった◎
c0002171_2312213.jpg
c0002171_23122153.jpg


元乃隅稲成神社の鳥居の内部から横から出たとこからの写真たち。たぷりと堪能。
鳥居は平成26・27・28年製が多かった印象。フレッシュな美。山口まで来た甲斐があった。考えてみれば人生初山口。
c0002171_23143028.jpg
c0002171_23144197.jpg
c0002171_23145723.jpg
c0002171_23162848.jpg
c0002171_2316425.jpg
c0002171_2317987.jpg
c0002171_23172610.jpg
c0002171_23202493.jpg

c0002171_2320469.jpg


c0002171_232311100.jpg


その後角島大橋も視に行った。波が3方から打ち寄せるさまが魅力的。エメラルドグリーンの海にちょっと宮古島を想い出した。
c0002171_23315625.jpg
c0002171_23321638.jpg


博多へReturn. 走行中にChを回すとNHK FMからかかってきたのがミック・ジャガーの新譜。なんてこった!最新の黒い感覚を咀嚼したROCK!!なんたる74才。ストーンズのようなジジイがいると希望が持てる。

Mick Jagger - Gotta Get A Grip


天神・パサージュ通りへ。天神は好い街だ。
c0002171_23383967.jpg
c0002171_23385233.jpg


福岡銀行。現代アートのような建物。
c0002171_2339223.jpg


やっぱり天神の地下街は洒落てる。
c0002171_23394927.jpg


博多駅のお土産街で辛子蓮根。んまかった。辛子明太蓮根は結構辛かった。
c0002171_23405719.jpg


博多らーめんShinShin。鮮烈な驚きってほどじゃないけど650円でこれならコスパ良し。デイトス店限定の赤らーめんはトンコツ担々麺って感じだった。
c0002171_23422712.jpg


福岡のSuica.
c0002171_2344418.jpg


c0002171_23453179.jpg

帰路。やっぱり青天の元乃隅稲成神社をみれた&撮れたのが嬉しかった。何より昨日博多へ飛ばしたJALがよくやってくれた(笑)宗像大社の神宝も、そして大宰府も凄く良かった。今度来るときは水炊き食べたい。

そしてクルマからみた福岡と山口の田園風景が素敵で。伝統家屋と水路、田んぼが本当に快い風景だった。ストーンズの良さに開眼も出来たし、充実した一泊二日だった。
by wavesll | 2017-09-20 00:00 | | Trackback | Comments(0)

Rolling 2 the 福岡/山口旅行記 初日 大地のうどん,宗像大社の神宝,大宰府天満宮,もつ鍋 おおやま+Alpha

この連休に福岡・山口へ行ってきました!旅行記をShare.
c0002171_655568.jpg

機上にてフランスにある五ツ星を越えたホテル「パラス」の記事を読む。

スペインのパラドールという世界遺産に泊まれるホテルもそうだけど、良質なホテルの創造はラグジュアリーな旅を求める層には訴えるのだろう。

自分は寝るだけだからホテルには拘らないけれど、そういう旅の愉しみもいつかしてみたい。
c0002171_6463481.jpg


台風の真っ只中人生初博多。
c0002171_6491911.jpg


博多駅内のインテリアがなんか洒落ている。心地の良いアジアと洋風の混じり具合というか。
c0002171_6502621.jpg


博多地下街にて大地のうどん。博多のうどんはむっちりしてて美味い。インスタ映えなゴボ天が味もんまい!これで500円とは行列も得心。
c0002171_6512173.jpg


さて、台風の影響でJR在来線が止まってたのには焦ったけれど、上手い具合にレンタカーできて、宗像大社へ。

神宝館を観た。沖ノ島で発見された国宝目白押し。
c0002171_7422914.jpg
c0002171_6542289.jpg

金製指輪
碧玉製管玉
真珠玉、瑪瑙玉
金銅製心葉形杏葉
金銅製棘葉形杏葉
金銅製歩揺付雲珠
滑石製子持勾玉
金銅製高機

金銅製龍頭 一対
など凄かった。馬具があんなにも美的に素晴らしい宝となるとは。特に金製指輪はエトルリアの粒金超絶技法の如き細やかさだった。

宗像大社に祈った。
c0002171_733651.jpg
c0002171_655259.jpg
c0002171_6554778.jpg
c0002171_656528.jpg
c0002171_6563260.jpg
c0002171_6565862.jpg
c0002171_6572831.jpg
c0002171_6574832.jpg
c0002171_658597.jpg


神湊港から玄海灘を望む。
海人族(宗像族)がこの海に挑んだから大和王朝は半島や大陸と繋がれたと神宝館のビデオで視た。その厳しい航海を成功させてくれたことへの感謝から沖ノ島に財宝を捧げたとのことだった。
c0002171_704555.jpg


大宰府着。随分かっこいい喫茶店があった。
c0002171_715370.jpg


大宰府は梅推し。梅ヶ枝餅うまかった。
c0002171_725483.jpg
c0002171_73539.jpg
c0002171_732143.jpg
c0002171_733279.jpg


麒麟
c0002171_735339.jpg


太宰府天満宮、美事。しっとりとして神秘的で円やかな雰囲気がとても好かった。
c0002171_6405037.jpg


c0002171_751939.jpg


このスタバ、大宰府店だったんだ。
c0002171_765482.jpg


大宰府、梅の季節にまた来たい。
c0002171_772588.jpg


一旦ホテルへ。TVはホークス優勝で持ち切り。
c0002171_78248.jpg


旅先での楽しみの一つがその土地のメディアを視聴きすること。クルマでは前から聴きたかったCROSS FMを流してた。

その中でローリング・ストーンズの特集があって、はじめてストーンズの良さが分かった気がした。『悪魔を憐れむ歌』『黒く塗れ!』の黒い處が琴線に響く。最近Jimi Hendrix『Valleys of Neptune』Cream『Wheels of Fire』を聴き込んでいたところもあるのかも。ブルーズの入ったロックの愉しみが響く耳になってきた。

再び外へ。駅で知覧の緑茶。九州ならではの商品が嬉しい。狭山茶にちょい味が似てる感じ。
c0002171_7144266.jpg


フォロワーの方から教えて頂いたRe-actions 志水児玉・堀尾寛太 at 天神、三菱地所アルティアムへ。
《mebius》という作品が面白かった。ガラスでゆがんだレーザーがまるで膜を産むように空間を揺蕩わせていた。
c0002171_7153342.jpg
c0002171_7154940.jpg


二人展の会場となったIMSというビル自体もエレベーターも宇宙船的で良かった。天神はなにやら面白い建物が多い印象。
c0002171_716407.jpg
c0002171_7165884.jpg


天神から中州を抜けて呉服町へ。バックパッカー風の白人の女の子が雨に降られていたので持ってたビニ傘あげた。あなたのでしょ言われたが折り畳み持ってるからと。なぁにコンビニで590円のビニ傘だw「Good Luck」と別れた。日本の旅のいい想い出になればいいな。

もつ鍋 おおやま本店、んますぎた。味噌がモツの味を吸って極上のトンコツと化していた。牛タンの唐揚げも美味だった。馬刺しも。極楽と化していた。
c0002171_7202432.jpg
c0002171_7205253.jpg
c0002171_7213488.jpg
c0002171_7215333.jpg


中洲はアンパンマンの土地でもあった。
c0002171_7234597.jpg
c0002171_7235614.jpg
c0002171_724662.jpg
c0002171_7241848.jpg


本場の一蘭をみかけた
c0002171_7245552.jpg


中洲の屋台は残念ながら発見出来ず。日曜は出てないことが多いのに加え、最近はとみに減ってしまったらしい。
c0002171_7254865.jpg


天神駅からホテルへ帰った。地下街が大正ロマンって感じで良い感じに洋風で好かった。
c0002171_72719.jpg
c0002171_7271169.jpg

さて、愈々明日はこの旅最大の目的、元乃隅稲成神社へ。台風一過が楽しみだ◎

Rolling 2 the 福岡/山口旅行記 2日目 元乃隅稲成神社+Alpha
by wavesll | 2017-09-19 07:28 | | Trackback | Comments(0)

夏輝津軽 参・奥入瀬渓流、三内丸山遺跡、青森県立美術館

夏輝津軽 壱・岩木山、鶴の舞橋
夏輝津軽 弐・五所川原立佞武多
c0002171_2243722.jpg


青森旅行記、2日目の朝は奥入瀬渓流、阿修羅の流れへ。
c0002171_2271622.jpg
c0002171_2273872.jpg
c0002171_2275373.jpg
c0002171_228117.jpg

3年前に訪ねた時のような美麗な木洩れ日はそこからクルマで離れた時に木立で現れたのですが、湧水が美しく、清廉な空気がありました。

市内へ戻り、三内丸山遺跡へ。ボランティアガイドさんに1hほど遺跡内を案内してもらって。三内丸山遺跡、この規模の施設で入場無料なのも凄い。

そして、此の地で古のものが出土するのは江戸時代からわかっていたそうですが、本格的な調査は平成に野球スタジアム建設計画の際からだと知って吃驚。広大な敷地をこんな形で維持管理する行政、イケてるなー。

c0002171_22163340.jpg
c0002171_22165412.jpg
c0002171_2217680.jpg
c0002171_22172976.jpg
c0002171_22181791.jpg
c0002171_22182763.jpg
c0002171_22184668.jpg
c0002171_2220487.jpg
c0002171_22202774.jpg
c0002171_222039100.jpg
c0002171_22245594.jpg
c0002171_22251172.jpg


三内丸山遺跡といえばこの木造建築。再現された櫓の傍にはオリジナルの六穴が保存されていました。この櫓、どんな用途だったのかは未だに解明されてはいないそうですが、東西になる向きに立てられているそうで、太陽の運行と関係あるのかもしれないとみられているとのことでした。
c0002171_22233654.jpg
c0002171_22235326.jpg
c0002171_222477.jpg
c0002171_2224241.jpg


高床式住居や竪穴式住居も中まで覗けました。縄文人は栗の木を維持管理して使っていたようで、虫よけに火が通った栗の木の住居の内部はスモーキーな薫りがしました。
c0002171_22262726.jpg
c0002171_2226529.jpg
c0002171_2227799.jpg
c0002171_22273861.jpg
c0002171_2228498.jpg
c0002171_2228182.jpg
c0002171_22283687.jpg
c0002171_22285372.jpg
c0002171_22294341.jpg
c0002171_223031100.jpg
c0002171_2230491.jpg
c0002171_2231118.jpg


缶珈琲で小休憩。この北東北限定のジョージア、豆の風味がして美味しかった。
c0002171_22322095.jpg


ミュージアムへ。巨大木造建築の六つ穴の中にあった巨木の柱の残存した部分などが展示してありました。
c0002171_22344288.jpg
c0002171_22345982.jpg
c0002171_2235174.jpg
c0002171_22353338.jpg


出土品の中には勾玉からヘアピンなんかも。縄文人、洒落てる。
c0002171_22365764.jpg
c0002171_2237840.jpg
c0002171_22372192.jpg
c0002171_2237368.jpg
c0002171_22374873.jpg
c0002171_22381182.jpg
c0002171_22382754.jpg
c0002171_22384047.jpg
c0002171_2240524.jpg


縄文版ムンクの『叫び』みたいな土偶も。
c0002171_2239467.jpg


クリスタルの矢尻なんて、FFな世界だ。
c0002171_22404195.jpg
c0002171_22405616.jpg
c0002171_22411071.jpg


出土した骨から、縄文人は多くの魚や動物を食べたりしていたことがうかがわれます。
c0002171_22421836.jpg
c0002171_22422726.jpg
c0002171_22423955.jpg
c0002171_22425828.jpg


A lot of 土偶
c0002171_22434072.jpg
c0002171_22435816.jpg
c0002171_22441750.jpg


土器ドキDOKI
c0002171_22461118.jpg
c0002171_22462642.jpg
c0002171_22464362.jpg


三内丸山遺跡からは日本各地の産物が出土していて。縄文の太古から物流ネットワークがあって交易していたのですね。
c0002171_22453336.jpg


レストランで食べた"ソフト栗夢"。モンブラン風。
c0002171_22472291.jpg


三内丸山遺跡のすぐそばに青森県立美術館もあって。

ウルトラマンをデザインした成田亨の作品が目当てだったのですが、まさかあんなに棟方志功があるとは!サモトラケのニケに着想を得た『賜顔の柵』の凄さ!そして入り口のシャガールはミュシャの『スラブ叙事詩』も驚愕のラージサイズ!成田さんの角っとしたバルタン星人や水彩画のメトロン星人、トゲトゲしたピグモン、ユーモラスなダダ、スクエアなゴルゴスやヤマトン、ガマクジラ、ザラブ星人も良かった◎
c0002171_22513929.jpg
c0002171_22515560.jpg


『あおもり犬』は裏からも撮りました◎うっすら青い顎鬚が描かれてました。
c0002171_22522973.jpg
c0002171_2253972.jpg
c0002171_22532250.jpg
c0002171_22534234.jpg


奈良美智さんのもう一つの屋外展示、『森の子』。アンコール・トムの仏顔のよう。
c0002171_2255253.jpg


ARTを観終え、行きと同じく帰りも秋田空港へ。空港のレストランで飲んだ雪の茅舎 大吟醸という地酒が非常に美味しかった。なぜか釣りキチ三平のレリーフが。十和田湖とゆかりがあるのかな?
c0002171_22572453.jpg
c0002171_22574056.jpg


2014年のMichinoku Michiyuki、そして2015年の津軽の色彩に次ぐ3度目の青森。来るたびに大いなる自然に包まれる気持ちになります。広大な空間に満ちる夏の輝きを堪能した1泊2日でした。今度訪れるとしたら櫻の季節に弘前かな。また再訪するのが楽しみです◎
by wavesll | 2017-08-09 00:01 | | Trackback | Comments(0)

夏輝津軽 弐・五所川原立佞武多

夏輝津軽 壱・岩木山、鶴の舞橋からの、愈々旅の本目、立佞武多(たちねぷた)!

c0002171_23215470.jpg


c0002171_23251856.jpg

c0002171_2325285.jpg

c0002171_23253785.jpg

c0002171_23261451.jpg

c0002171_23262571.jpg

c0002171_23263727.jpg

c0002171_23264780.jpg

c0002171_23274357.jpg

c0002171_23275458.jpg

c0002171_2328360.jpg

c0002171_23282231.jpg

c0002171_23285124.jpg

c0002171_2329149.jpg

c0002171_23291372.jpg

c0002171_23292924.jpg

c0002171_23304532.jpg

c0002171_23305531.jpg

c0002171_23311017.jpg

c0002171_23311939.jpg

c0002171_0134741.jpg

c0002171_23314862.jpg

c0002171_2331589.jpg

c0002171_2332965.jpg

c0002171_23322733.jpg

c0002171_23323860.jpg

c0002171_23324728.jpg

c0002171_2333469.jpg

c0002171_23332663.jpg

c0002171_23333572.jpg

c0002171_23334553.jpg

c0002171_2334470.jpg

c0002171_2339596.jpg
c0002171_23401267.jpg
c0002171_23403989.jpg
c0002171_23404992.jpg
c0002171_23423645.jpg
c0002171_23424620.jpg
c0002171_23432433.jpg
c0002171_23433866.jpg
c0002171_23445810.jpg
c0002171_23452879.jpg
c0002171_23453945.jpg
c0002171_23454910.jpg
c0002171_23471777.jpg
c0002171_23474451.jpg
c0002171_2348912.jpg
c0002171_23484123.jpg
c0002171_23491026.jpg
c0002171_23494013.jpg
c0002171_2350479.jpg
c0002171_23503164.jpg
c0002171_23505333.jpg


テレビもねぇ、ラジオもねぇ…!とラップした吉幾三の地元、五所川原着。クルマもそこそこ走ってるしセブンもありました。立佞武多の熱気あふるる五所川原にかかっているのはやはり吉幾三の『立佞武多』!

一番搾り「青森に乾杯」を飲んで町を歩くと、「席あるよー」の声。青森市のねぶたを観た時より、より町祭りというか、開始1時間前に着けば席をみつけられるくらいの規模感が心地よい。

そして立佞武多…!リアル・ボス・エッグモンスターとでもいうか、真面半端ないデカさに圧倒されました。また普通のサイズのねぷたもあり、そこではラブライブや花の慶次、スプラトゥーンのイカなども◎

「やってまーれやってまーれ!」のうなる轟音に昂奮しっぱなしだったのですが、終盤に"あの巨大なねぷたを人が綱で引いてるんだよなー"と感動して。超絶凄い、驚異の町祭り。佞武多達の去り際の背中も格好良かった!

五所川原の町をゆく立佞武多、物質と光の間のこの世とあの世のあいだのようなあやかしの時空間。愉しみ切れました。

夏輝津軽 参・奥入瀬渓流、三内丸山遺跡、青森県立美術館
by wavesll | 2017-08-08 00:02 | | Trackback | Comments(0)

夏輝津軽 壱・岩木山、鶴の舞橋

この週末、青森へ行ってきました。
ハイ・シーズンで青森空港が取れず、秋田空港からレンタカーを走らせること3時間、みえてくるは、日本百名山、岩木山。2年前の津軽旅行の際にみてから、一度登ってみたかったのです。
c0002171_4174781.jpg


九十九折の山道を登って、リフトで登ると、九合目。ここからは結構な登山。
c0002171_420549.jpg
c0002171_4215747.jpg


残雪。
c0002171_4224929.jpg


40分弱の登山で、Summit!
c0002171_4235111.jpg

c0002171_42425.jpg
c0002171_4241034.jpg
c0002171_4242150.jpg


山頂の神社で祈る。台湾からの登山客も。岩木山に登るとはコアだなー◎
c0002171_42677.jpg


下山。それにしても格好いいフォルムの、Greatな山でした。Mt. Iwaki。
c0002171_427224.jpg
c0002171_4271079.jpg
c0002171_4272238.jpg


水分&糖分Charge
c0002171_428146.jpg
c0002171_4281171.jpg


もう14:00過ぎ。道の駅にて味噌カレー豆乳ラーメン食べました。要素盛りだくさんの割りにまとまってた味でした。スチューベンという葡萄のアイスも。
c0002171_430932.jpg
c0002171_4302087.jpg


道の駅にて知った鶴の舞橋というポイントへ。日本一の木造三連太鼓橋とのことでした。
c0002171_4322766.jpg
c0002171_4323581.jpg
c0002171_4324582.jpg
c0002171_4325646.jpg
c0002171_4331259.jpg


さて、此れからいよいよ旅のクライマックス、五所川原立佞武多へ。

夏輝津軽 弐・五所川原立佞武多
夏輝津軽 参・奥入瀬渓流、三内丸山遺跡、青森県立美術館
by wavesll | 2017-08-07 04:34 | | Trackback | Comments(0)

Toshiyuki Tsuchitori, Ryuichi Sakamoto / Disappointmemt-Hateruma 2014年の波照間 第33回音の貝合わせ

c0002171_0594142.jpg


Toshiyuki Tsuchitori and Ryuichi Sakamoto ‎- Musique Differencielle 1


土取利行&坂本龍一/ディスアポイントメントハテルマ(綾)


c0002171_102891.jpg
c0002171_10424.jpg
c0002171_10523.jpg
c0002171_11743.jpg


数年前、波照間島へいった。石垣から船で行くのだが、この海域は波が荒く、欠航することもしばしば。実際帰りは海が荒れ、GWで人が多かったため無理して出港したがぐわんぐわんに揺れた。

石垣島はマックスバリュが3軒あるくらい発展していて波照間を歩くと「あぁ、島に来た」と強く想ったのを覚えている。自転車でめぐれる大きさで、サトウキビ畑をどこまでも走った。

実際の波照間島は神聖なる田舎だけれど、この盤は極めて現代的な音。このジャケにはニシ浜を想起した。ディスアポイントメントとはオーストラリアの湖で、解説では沖縄音楽とガムランのペロッグ旋律との関連も触れられていて、フリーミュージックを志向したとか。

この若かりし日の坂本教授の関わった音盤、制作の主導は音楽評論家が行ったそうだ。フィクショナルな想像の波照間に鳴る、神聖なる古代都市の音として楽しめた。

◆Myahk's O Vol.1 池間島、砂山ビーチ、宮古レコードセンター、蛸丼・宮古島飯
◆Myahk's O Vol.2 前浜ビーチ、海亀シュノーケリング、パンプキンホール鍾乳洞、山羊刺し・宮古島飯
◆Myahk's O Vol.3 伊良部島、下地島、ヤシガニ、宮古島の浜辺、シークァーサーヴァイツェン・宮古島飯
by wavesll | 2017-07-21 01:04 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

岐阜妙景 モネの池、ツインアーチ138、養老天命反転地

岐阜へ行ってきました。
名駅からレンタカーで2h、モネの池(名もなき池)、山に抱かれて、近くの田んぼや叢からは虫の声、こじんまりしてたけどいい緑陰スポットでした。

c0002171_22391087.jpg
c0002171_22391938.jpg
c0002171_2239298.jpg
c0002171_23464341.jpg
c0002171_23473368.jpg
c0002171_2240896.jpg
c0002171_22401897.jpg
c0002171_8411630.jpg


かなりBusyだった道の駅の食堂で鮎にんめん。薬味が使いきれないくらいどっさり。なかなか美味しい。
c0002171_22413385.jpg


木曽川沿いでみつけたSF感のある展望台、ツインアーチ138というらしい。
c0002171_22425039.jpg


そして今回の旅の目玉2つ目、養老天命反転地へ!
c0002171_2247036.jpg
c0002171_22471013.jpg
c0002171_22472934.jpg
c0002171_22473886.jpg
c0002171_22485512.jpg
c0002171_2249389.jpg
c0002171_22491291.jpg
c0002171_2249216.jpg
c0002171_22511726.jpg
c0002171_22512689.jpg
c0002171_22513418.jpg
c0002171_22521969.jpg
c0002171_22535568.jpg
c0002171_2254492.jpg
c0002171_2254168.jpg
c0002171_22542638.jpg
c0002171_22551263.jpg
c0002171_2255213.jpg
c0002171_2255291.jpg
c0002171_22554058.jpg
c0002171_2257892.jpg
c0002171_22571775.jpg
c0002171_22572728.jpg
c0002171_22573612.jpg
c0002171_22585932.jpg
c0002171_2259722.jpg
c0002171_22591676.jpg
c0002171_22592547.jpg
c0002171_2304557.jpg
c0002171_2305465.jpg
c0002171_231383.jpg
c0002171_2311845.jpg
c0002171_2355087.jpg
c0002171_232435.jpg
c0002171_232521.jpg
c0002171_233267.jpg
c0002171_2331163.jpg
c0002171_2371445.jpg
c0002171_2372354.jpg
c0002171_2373371.jpg
c0002171_2374287.jpg
c0002171_2391183.jpg
c0002171_2392115.jpg
c0002171_2393145.jpg
c0002171_2394262.jpg
c0002171_231117.jpg
c0002171_23111117.jpg
c0002171_23112228.jpg
c0002171_2311328.jpg
c0002171_23125513.jpg
c0002171_2313685.jpg
c0002171_23131569.jpg
c0002171_23132511.jpg
c0002171_23144487.jpg
c0002171_23145341.jpg
c0002171_231536.jpg
c0002171_23151356.jpg
c0002171_23161713.jpg
c0002171_23163622.jpg
c0002171_23164689.jpg
c0002171_2317627.jpg
c0002171_23171599.jpg
c0002171_2317258.jpg
c0002171_23173592.jpg
c0002171_23185052.jpg
c0002171_2319130.jpg
c0002171_23191164.jpg
c0002171_23192438.jpg
c0002171_23202718.jpg
c0002171_23203647.jpg
c0002171_23204668.jpg
c0002171_23205611.jpg
c0002171_2322215.jpg
c0002171_23223227.jpg
c0002171_23224522.jpg
c0002171_23225660.jpg
c0002171_23234999.jpg
c0002171_2324026.jpg
c0002171_23241142.jpg
c0002171_23242140.jpg
c0002171_23293157.jpg
c0002171_23294660.jpg
c0002171_23295749.jpg
c0002171_23301265.jpg
c0002171_23302338.jpg
c0002171_23303381.jpg
c0002171_23314092.jpg
c0002171_23315155.jpg
c0002171_2332114.jpg
c0002171_23321387.jpg
c0002171_23322493.jpg
c0002171_23334072.jpg
c0002171_23335068.jpg
c0002171_2334181.jpg


世界的に有名なアーティスト、荒川修作氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏の30数年に及ぶ構想を実現した、身体で直接体験できるアート作品です。
この作品はメインパビリオン「極限で似るものの家」と「楕円形のフィールド」の2つの部分から構成されています。「楕円形のフィールド」には、「極限で似るものの家」を分割した9つのパビリオンが点在し、さらに、対をなす丘とくぼみ、148もの曲がりくねった回遊路、大小さまざまな日本列島などがつくられています。
ここでは、皆さまが身体を使い、バランスをとりながら、私たちの身体の持つ様々な可能性を見つけることができます。予想もつかない"不思議"と出会える空間をぜひお楽しみください!
というこのアスレチック建築群、養老天命反転地。ここに来たくて◎!スタンド攻撃を受けたように家具が奇妙な壁にめりこんだ公園。たっぷり1時間強楽しめました。

その後名駅に戻り、味仙で台湾ラーメンと小袋食べて帰り路へ。岐阜、写真は撮れなかったけれど、川遊びしている人たちも多数いて。観光価値が高い地域だなとの想いを濃くしました。

cf.
濃溝の滝

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅
by wavesll | 2017-07-16 23:42 | | Trackback | Comments(0)

Liam Gallagher - Don´t Look Back In Anger - Glastonbury 2017

Liam Gallagher - Don´t Look Back In Anger - Glastonbury 2017

Slip inside the eye of your mind
心の瞳に滑り込むと
Don't you know you might find
何をみつけるか知らなかったのか
A better place to play
もっといい遊び場を
You said that you'd once never been
お前は一度だってないと言っていた
But all the things that you've seen
けれどお前がみてきたすべては
Will slowly fade away
ゆっくりと消えゆくんだ

So I'll start the revolution from my bed
だから俺は寝床から革命を始めるんだ
Cos you said the brains I had went to my head
お前が俺は自惚れてるっていったから
Step outside, summertime's in bloom
夏真っ盛りの外へ出る
Stand up beside the fireplace
暖炉の横から立ち上がって
Take that look from off your face
そんなお前の顔はやめてくれ
You ain't ever gonna burn my heart out
お前は俺の心を燃やし尽くせないのだから

And so, Sally can wait
そしてそう、サリーは待てる
She knows it's too late as we're walking on by
彼女は俺たちが共に歩くには遅すぎるって知ってるから
Her soul slides away
彼女の心は離れていく
But don't look back in anger
けれど怒りに任せて振り返らないでくれ
I heard you say
そうお前が言うのを聴いたんだ

Take me to the place where you go
お前が行くところに連れてってくれ
Where nobody knows if it's night or day
誰も知らないところへ 昼夜問わず
But please don't put your life in the hands
けれどお前の手の中の人生を委ねないでくれ
Of a Rock 'n' Roll band
ロックンロールバンドの連中には
Who'll throw it all away
放り出しちまう連中には
I'm gonna start a revolution from my bed
俺は寝床から革命を始めるよ
Cause you…
だってお前が…

グラストンベリー・フェスティヴァル、旗がはためき発煙筒が焚かれ、正直現場にいる連中は舞台なんか見えないと想います。それでも"Rock"としか表現できない精神があふれていて。この大合唱なんか最高。いつかこの中に身を投じてみたい、そう思わせる旅してみたい夢の目的地の一つです。

昔、敬愛する先輩が「旅したいという感覚が分からない、結局逃げだろう?」とどこかに書いていて。けれど別の場では「NYには行ってみたい」と書いていて。

一方で私は旅が好きなのですが、NYにはあまり行きたいとは思わなくて。

それは例えばあの先輩は舞台が好きだったり、一方で私は自然の景観や歴史的・精神的な建築が好きだったりと言った表面的な違いもあるのですが、やはり「旅が好きかどうか」が大きい気もします。

NYは”現代の都市のアーキテクチャ”だとして、そこに在るものは質が高いかもしれないけれどそれも地球上に敷衍しているものに想えるのです。都市は何処へ行っても都市というか、生活したり、仕事したりするには魅力的だけれども、観光という面ではNYにわざわざ身銭を切っていくほどでもない。

実際NYの番組をみるのは私は好きで。ついこの間も”地球タクシー”でNYにハシド派のユダヤ人が現代大衆文明と隔絶した暮らしをしながらNYに棲んでいると聴き、興味を惹かれたりもしました。けれども、どこかでNYは自分から遊びに行くというよりも、必要に応ずることで行く街に感じて。

そういった意味で先輩が言っていた「旅に魅力を感じない」と「NYには行きたい」は整合するなと想うのです。

まぁ、自分は基本暑いくらいのところが好きで。南米とか。イタリアとか。そこでいうと欧米は寒くwドイツなんかは無機質なイメージがあったのですが、ベルクハインという世界最高峰に入るハードルが高いクラブがあると聴いて興味を持てました。グラストンベリーもそうですがやっぱり音楽があると興味を持てるのかもしれませんwただNYだけはなんか違うんだよなー。少なくとも現在は。

旅は自分にとって青い春の象徴なのですが、今こうして"Don't Look Back in Anger"を聴いて。最近"青春"に決着がついていく感覚を想っていて。

自分は中高一貫に行ったからか人間関係が舞台が変わるたびにリセットされていく感覚があるのですが、距離感を誤り衝突し、怒りに任せて切り捨ててしまったことが過去にあります。

もうこんな齢になると今更プライヴェートで無理するのはこちらにも向こうにも無しだろうと想って働きかけないのも礼かと考えているのですが、少なくとも自分の中では怒りは遠のかせるようにしたいと。

道は違えたけれど、俺は俺でこの星の上で暮らしを営み、そして、共に生きる人を大事にしようと。人生の不安定さは寧ろ増していくのだけれど、悪を心の底に認識しながら、魂の解放を音楽に託して。
by wavesll | 2017-06-26 05:47 | 私信 | Trackback | Comments(0)

快慶展@奈良博&法隆寺大宝蔵院で観仏記 + Extra Tracks

日帰りで奈良国立博物館、特別展 快慶 日本を魅了した仏のかたちへ行ってきました!!!!!
c0002171_2212756.jpg

無理を効かして来て良かった。布の優美な柔らかさの表現が天界レベルでミケランジェロかと思いました。衣文線という布の紋様が何とも優美でうっすら残る截金も美しい。筋骨隆々に凛々しい仏達はモンゴロイドの男の理想フォルム。常設の仏像・青銅器博物館もかなりの見ものでした。来た価値があった。開館とほぼ同時に入り、ほぼほぼ2h30mみました。

以下それぞれの作品への感想を書いていくと、入り口すぐの 京都 金剛院『金剛力士像』からしてもうやられる!バスタードのD.S.みたいな腹筋の割れ方!何というか、マンガ的想像力の筋肉がめちゃくちゃカッコいい化け物クラスの金剛力士像で。足の血管が浮き出る様まで凄味がありました。

そこからすぐに本展覧会のハイライトの一つ、快慶作 京都 醍醐寺『弥勒菩薩座像』が。これがもう本当に醇とした顔つきで飾り立てるアクセサリーも美しく、こんな貴美なオッサンになれたら最上だなと想いました。

余談ですが黄色人種って実際には黄色じゃないじゃないですか?あれってもしかしたら仏像のイメージが加味されているのではと想ったりします。ちなみにこの弥勒菩薩座像、台座に獅子が居るのでそれもお見逃しなきように◎

そして日本美術展では結構文書が展示されることが多いのですが、中々意味を捉えるのは難しく、ヴィジュアルをクローズアップして鑑賞することが私は多いです。そんな自分からみても相当高位になるくらいの美しい字だったのが国宝・京都 真正極楽寺『法華経(運慶願経)巻第二・第三』。なんと素晴らしいことか。

そしてこの展覧会で気付かされたことのもう一つが木による布の表現のたおやかさ。中でも康知による京都 長講堂『後白河法皇坐像』の脚の部分の柔らかな表現は図抜けたものがありました。

快慶作 京都 金剛院『執金剛神立像』は白地が出てハヌマーンのよう。こちらも快慶作 京都 金剛院の『深沙大将立像』は脚が象になっていてとてもカッコよかった!獅子のような顔でした。

この展覧会で気付かされた仏像の魅力、先ほど布の表現の優美さを挙げましたが、もう一つが截金。仏像の表面に布の文様が描かれていて。それは時と共に無くなっていったりするのですが未だ残る切金の美しさ。素晴らしく素敵でした。例えば快慶作 京都 悲田院の『阿弥陀如来坐像』なんかも銅に截金が浮かんでいました。

この他、京都 勝龍寺『菩薩立像』も髪飾りが美しかったし、髑髏等のアクセを持った京都 清水寺『千手観音坐像』はこの展覧会のハイライトの一つでした。

日本の伝統絵画は西洋と比べてリアル性に欠ける、なんて言われますが、立体である兵庫 浄土寺『重源上人坐像』なんか"あぁ!こんな人いる!"とリアルで、しかもただのリアルというより性格まで読み取れそうなちょっと2.5D的な真実味を感じました。こちらは二次元の奈良 阿弥陀寺『観経十六観変相図』はウーロン茶の広告にでも使えそうな現代に通ずるデザイン性を感じました。

和歌山 金剛峯寺の『四天王立像のうち広目天(快慶作)・多聞天『執金剛神立像』そして『深沙大将立像』(共に快慶作)の漆黒のカッコよさ!執金剛神なんかほんと"シャドウビースト"って感じ。深沙大将もスカルのネックレスして腹からなんか顔でてるしルークみたいな死神的カッコよさがありました。それぞれ巖と波濤の台座の上に立っていて、その出来も素晴らしかった。

快慶作 奈良 東大寺『阿弥陀如来立像』の珊瑚のような台座、同じく東大寺の快慶作『地蔵菩薩立像』をみると白いので雲か波か。この地蔵菩薩立像、痺れるような魅力があったなぁ。国宝・『僧形八幡神坐像』。これも服の色味と言い質感と言い布そのものでした!

”おっ!なんかいい”と想ったらこちらも国宝だった京都 清凉寺『霊山変相図(釈迦如来立像像内納入品)』は白地に黒でシンプルに描かれた絵で、質感としてはウルジャンで連載してそうな感じでした◎またこちらも国宝(この展覧会ほとんどが重文・国宝の弩級の展示でした)である奈良 安倍文殊院『文殊菩薩騎獅像 像内納入品 仏頂尊勝陀羅尼・文殊真言等』は文殊菩薩を顕わす梵字が連打されているという逸品。こんなの初めて見たなぁ。

奈良 東大寺『西大門勅額附属八天王像』もそれぞれが本当に感性にジャストに触れるフォルムで。日本人だからうってつけのカタチなのかなぁ。帝釈天なんか麗しかったです。四天王はモンゴロイドの理想形。年を経るごとに東洋美術が好きになるのはそこにアジア人としての格好良さの有様をみるからかもしれません。

快慶作 栃木 真教寺『阿弥陀如来立像』の縦の木目の美しさ。快慶作 静岡 伊豆山浜生協会『菩薩坐像』の修業中な感じのかわいらしさ。静岡 鉄舟寺『菩薩坐像』は腕がないけれどそれがまた趣がありました。静岡 新光明寺の『阿弥陀如来立像』、美しかった。

快慶作 大阪 八葉蓮華寺『阿弥陀如来立像』の光輪の美しさ。裏から見ると花になっていました。京都 浄土宗『阿弥陀如来立像像内納入品 造像願文 順阿弥陀仏等交名』は黄色になった地に超高密度で文字が描かれて見応えがありました。

快慶作 京都 醍醐寺『不動明王坐像』のドヤ顔wこういうキメ表情する芸人いるはw京都 青蓮院『兜跋毘沙門天立像』の編み込まれた鎧の描写。快慶作 京都 隨心院『金剛薩埵像』。お釈迦様の髷はきっとリンガなのだろうなぁ。快慶作 米国メトロポリタン美術館『地蔵菩薩立像』の衣に残る截金がヴィトンのモノグラムのように美麗でした。

長快作 三重 パラミタミュージアム『十一面観音立像』に"これ自体が一つの遺跡だ…!"と心揺らされて。快慶作 京都 正壽院『不動明王坐像』の射るような顔。奈良 東大寺『聖観音立像』の持てる花の曲がりの美。快慶作 米国 キンベル美術館『釈迦如来立像』も優美でした。

そう、この"優美"が快慶が彫り続けて辿り着いた到達点だったのかもしれません。衣文線のたおやかさ、柔和で晴れた空のような表情の『阿弥陀如来像』達。奈良 西方寺、奈良 安養寺、大阪、大圓寺、奈良 西方院、どれもなんたる柔らかい魅力を放っているか。素晴らしかった。

そして最後に展示されていたのが京都 極楽寺『阿弥陀如来立像像内納入品 阿弥陀如来印仏』。ハンコで連打された仏画。最後にこんな逸品を入れてくるのがニクい。本当に満ち溢るる展示でした。

そして予定の面から駆け足で観たのですがなら仏像館と青銅器館もなかなかのいい品がいっぱいあって。中でも仏像館はかなりマストかと。

その後法隆寺へ行きまして。近鉄奈良駅からJR奈良駅まで結構あったけど、JR奈良駅の駅舎がモダン寺院って感じでなかなか良かったです。
c0002171_0161980.jpg


法隆寺着。もう随分前、初めて訪れた時はもう暗く、法隆寺は閉まってしまっていて何故か山門前で『人間発電所』を吟じた記憶がw修学旅行生が沢山。引率の若い先生の方が生徒より年近くなったなーwもうバスガイドのお姉さんの年は超えてるwとあの頃からの時の経過を感じました。
c0002171_9531299.jpg


法隆寺の宝物殿では鎌倉時代の快慶の仏像とは異なる、奈良・飛鳥の真一文字の目の仏たちをみれて嬉しかった。中でもスラリと伸びた観音菩薩像をみれたのはとびきりでした。他にも教科書で有名な聖徳太子の絵があったり舞楽の太鼓も。夢殿もみれ、塔に配置されている仏像たちも枯れた厳しい顔でまた良かった。法隆寺は聖徳宗の総本山なのですね。
c0002171_082578.jpg
c0002171_1046876.jpg


おまけ1, 台北and宮古島に続いてぶらり旅先マンホールハント。鹿と吉野の桜かな?
c0002171_9371239.jpg


おまけ2, 近鉄奈良駅などで押されていた奈良のキャラクターを。せんとくん…w
c0002171_084351.jpg
c0002171_085123.jpg


Extra Track
c0002171_1030574.jpg
c0002171_10301959.jpg
c0002171_10304945.jpg
c0002171_1031216.jpg
c0002171_10311435.jpg
c0002171_10312631.jpg
c0002171_10313833.jpg
c0002171_10315027.jpg

奈良から京都へ向かい、神宮丸太町駅で降りてMeditationsへ探訪しにいきました。このお店のサイトはよくみていて、是非一度店舗に訪れてみたくて。陽光射す店内にはお香が販売されていたりいい雰囲気。フィールドレコーディングなんかがこんなにあるのはいいなぁ◎せっかく実店舗きたしこんな機会でないと買わなそうなものをと考え、Highly Recommendされていたガムランのカセットテープを買いました。

Extra Track2
電車の中吊りでみかけた志摩スペイン村のスチームパンクなジェットコースターが面白そうでした。


Extra Track3
RHYMESTER-人間発電所(cover)


cf.
Nara古代路 I. 正倉院展 at 奈良国立博物館

Nara古代路 II. 東大寺、正倉院
Nara古代路 III. 橿原神宮、大阪、帰路

吉野の山桜 晩春爛漫
by wavesll | 2017-05-15 00:09 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Myahk's O Vol.3 伊良部島、下地島、ヤシガニ、宮古島の浜辺、シークァーサーヴァイツェン・宮古島飯

Myahk's O Vol.1 池間島、砂山ビーチ、宮古レコードセンター、蛸丼・宮古島飯
Myahk's O Vol.2 前浜ビーチ、海亀シュノーケリング、パンプキンホール鍾乳洞、山羊刺し・宮古島飯
ついに宮古島旅行も最終日。クルマで島内をフリーに流しました。

c0002171_1611523.jpg


また来てしまった前浜ビーチ。陽の関係で午前中の方がキレイだ。
c0002171_1613149.jpg


橋を渡って伊良部島へ。
c0002171_16134868.jpg


渡口の浜の売店ではヤシガニが飼われてました。ブルーシールアイスクリームをぱくり。
c0002171_16165499.jpg
c0002171_1617241.jpg
c0002171_16171146.jpg
c0002171_16171891.jpg
c0002171_16175358.jpg
c0002171_1618269.jpg
c0002171_16181320.jpg


下地島、中の島海岸。
c0002171_1620585.jpg
c0002171_1620133.jpg
c0002171_16202131.jpg
c0002171_16202991.jpg


樹洩れ陽を抜けて通り池。水中で2つの池が繋がってるとか。奥に見えるは海と空港レーダー。
c0002171_84451.jpg
c0002171_16222975.jpg
c0002171_16223621.jpg


ミャークの海はいくらだってみてられるな。
c0002171_1624274.jpg
c0002171_1624913.jpg
c0002171_16242082.jpg


果てまで抜ける
c0002171_16244530.jpg


魚垣(カツ)
c0002171_16255089.jpg


佐和田の浜 like グルスキー
c0002171_16265315.jpg


サシバな展望台
c0002171_16275613.jpg
c0002171_1628549.jpg


伊良部島漁港、いちわの桶盛丼。伊良部島鰹醤油で一口、漁師だれで一口、なまり旨辛漬で一口、最後にあら汁ぶっかけ。刺身のひつまぶし。なまり旨辛漬が美味かった。
c0002171_16304360.jpg



c0002171_1631966.jpg
c0002171_16311922.jpg


伊良部島、こんなにめっけものだったとは。何と青の洞窟もあるとか。
c0002171_1633232.jpg
c0002171_16345192.jpg
c0002171_1635040.jpg
c0002171_1635819.jpg
c0002171_16351666.jpg
c0002171_16352558.jpg
c0002171_16353235.jpg


島の駅で買ったかんぽうちゃ。ほのかに生姜の風味がする。
c0002171_16364739.jpg


海が見えるカフェで黒糖かき氷&マンゴーかき氷。タコスなんかもあった。
c0002171_16375077.jpg
c0002171_16375898.jpg
c0002171_16381427.jpg


インギャーマリンガーデン
c0002171_16391364.jpg
c0002171_16392189.jpg
c0002171_16392938.jpg
c0002171_16393785.jpg
c0002171_16395120.jpg
c0002171_1640099.jpg
c0002171_1640622.jpg
c0002171_16401517.jpg


吉野海岸。干潮でかなり露出してた。海に入らなくても魚がたくさんみれた。東平安名崎を通っていったのだが、宮古島にメガソーラーがあるとは知らなかった。
c0002171_1643487.jpg
c0002171_16431259.jpg
c0002171_16432143.jpg


帰りがけ、おじさんに声を掛けられて。このシー・スクーターというのでリーフの外の珊瑚や大きなウミガメをみるアクティビティがあるとか。中々に上級者向けそうだけれども、シュノーケリングスキルが上がったら挑戦してみたい。
c0002171_16455694.jpg


新城(あらぐすく)海岸。海の先に大神島が。船でしか行けない島、ここも次に宮古に来た時には。
c0002171_16471658.jpg
c0002171_16472586.jpg
c0002171_16474921.jpg
c0002171_1648138.jpg
c0002171_16481418.jpg


レンタカーを返したときにみかけた宮古島の方言集。光で隠れている"いらっしゃいませ"は”んみゃーち”。
c0002171_16515032.jpg


宮古空港着。見ようによってはオペラハウスみたいで格好良い。そういえば宮古島の対台風のコンクリートな住宅もソリッドで格好良かった。
c0002171_16523584.jpg
c0002171_16524451.jpg


空港内のA&W。沖縄に来たらやっぱ食べたい。席にはコンセントも完備で便利。
c0002171_16533766.jpg
c0002171_1654189.jpg


ミャークラストはシークァーサーヴァイツェン、甘ったるくなく爽やか。
c0002171_16545899.jpg


羽田着。今までで最も美しい東京の夜景だったかも。沖縄本島も夜空を照らしていた。メガロポリスの輝きはシナプスの化学反応を想起させる。首都圏に帰ってきたんだなぁ。日本トランスオーシャン航空の機内音楽には沖縄音楽のチャンネルが2つあって良かった。
c0002171_1656467.jpg
c0002171_1656542.jpg
c0002171_1657255.jpg
c0002171_16571089.jpg
c0002171_16571870.jpg


c0002171_16591120.jpg

家にて初日に買った国吉源次さんの宮古民謡を聴。少年のような瑞々しい声にミャークのオー(青)を想い出した。
by wavesll | 2017-05-03 17:05 | | Trackback | Comments(0)