タグ:東北 ( 3 ) タグの人気記事

三春の滝桜に行ってきた!

c0002171_176781.jpg
c0002171_1763634.jpg
c0002171_1764499.jpg
c0002171_1773327.jpg
c0002171_1774244.jpg
c0002171_178059.jpg
c0002171_178957.jpg
c0002171_1782147.jpg
c0002171_1783622.jpg
c0002171_1784544.jpg
c0002171_1785550.jpg
c0002171_179687.jpg
c0002171_1791680.jpg
c0002171_179276.jpg
c0002171_1793743.jpg
c0002171_1794987.jpg
c0002171_1795866.jpg
c0002171_17104970.jpg
c0002171_1710596.jpg
c0002171_17113276.jpg
c0002171_17114389.jpg
c0002171_17115269.jpg
c0002171_17121319.jpg
c0002171_17122286.jpg
c0002171_17123268.jpg
c0002171_17125383.jpg
c0002171_1713594.jpg
c0002171_17131583.jpg
c0002171_17132625.jpg
c0002171_17134752.jpg
c0002171_17135641.jpg
c0002171_1714574.jpg
c0002171_17141471.jpg
c0002171_17143374.jpg
c0002171_17144297.jpg
c0002171_1715435.jpg
c0002171_17151911.jpg
c0002171_17161882.jpg
c0002171_17154524.jpg
c0002171_17165747.jpg
c0002171_17171932.jpg
c0002171_17173098.jpg
c0002171_1723987.jpg
c0002171_17231810.jpg
c0002171_17232823.jpg
c0002171_17233738.jpg
c0002171_17235827.jpg
c0002171_1724833.jpg
c0002171_17241786.jpg
c0002171_17242818.jpg
c0002171_17244764.jpg
c0002171_17245695.jpg
c0002171_1725587.jpg
c0002171_17251433.jpg
c0002171_17253134.jpg
c0002171_17254165.jpg
c0002171_17255195.jpg
c0002171_1726192.jpg
c0002171_17264695.jpg
c0002171_17265657.jpg
c0002171_1727613.jpg
c0002171_17272422.jpg
c0002171_17275974.jpg
c0002171_1728974.jpg
c0002171_17284269.jpg
c0002171_17291458.jpg
c0002171_17292777.jpg
c0002171_17293836.jpg
c0002171_17294931.jpg
c0002171_17302630.jpg
c0002171_17303516.jpg
c0002171_17305753.jpg
c0002171_1731715.jpg
c0002171_17314397.jpg
c0002171_17315276.jpg
c0002171_173219.jpg
c0002171_17321155.jpg
c0002171_173243100.jpg
c0002171_17325363.jpg
c0002171_1733432.jpg
c0002171_17331468.jpg
c0002171_1734824.jpg
c0002171_17342154.jpg
c0002171_1734329.jpg
c0002171_17344177.jpg
c0002171_1735984.jpg
c0002171_1735197.jpg
c0002171_17353064.jpg
c0002171_17354114.jpg
c0002171_1736258.jpg
c0002171_17361156.jpg
c0002171_17362022.jpg
c0002171_17362813.jpg
c0002171_17365147.jpg
c0002171_17365918.jpg
c0002171_1737810.jpg
c0002171_17371620.jpg
c0002171_17373953.jpg
c0002171_1737487.jpg
c0002171_17375952.jpg
c0002171_1738767.jpg
c0002171_17381817.jpg
c0002171_17384275.jpg
c0002171_17382638.jpg
c0002171_17383366.jpg


三春の滝桜へみにいきました。
流石日本三大桜、去年観た六義園のしだれ桜も凄かったけれど、こちらの紅枝垂桜も球形に咲き誇る様が素晴らしかった。

草叢のつくしに福島の春を感じて。三春町の"三春"の由来は桜、梅、桃の花が同時に咲くことからとソフトクリーム屋のおばちゃんが言ってました。フードコートのグルメンチという三春産のピーマンが入ったメンチカツが美味しかった。

着いたのは13時頃だったのですが、14時くらいから曇りがちになって通り雨が降ったり。滝桜号という駅と滝桜を結ぶバスが16:20で終了で、ライトアップに間に合わない状況で、帰路に着くか迷ったのですが、せっかく満開の時期にこれたしと6時間粘りましたw18時から照明は灯るけれどまだ明るく、見頃は19時とのこと。

ライトアップされると背景の桜の木々から浮き上がったからか滝桜がより大きく感じました。美しい霊性。素晴らしかった。

タクシーの配車を頼もうとしたら「出払っていて今夜は無理」と言われ焦ったのですが、駐車場に来ていたタクシーの運転手さんに車両を呼んでもらえて、同じように駅へ向かう方と相乗りできたのは幸運でした。

そうして駅に着くと大勢の制服の集団が。旅行者っぽい方々の話を聴くと強風でもう1.5時間位待たされているとのこと。"今日中に還れないとヤバイな"と想ったのですが、何とか動いてくれて。

帰りは駅で知り合った方と桜話に花を咲かせました。福島には雪村の庵の桜なんかもあるとか。一目千本や花見山もあるし、福島は桜の郷ですね。

なんとか午前様にならずに帰宅。とはいえ渋谷から三春まで7000円弱だし、大宮から郡山は新幹線で1hで、"福島って思ったよりも近いんだ"というのも収穫。

瀧櫻に一日中いたから、眠るときに海に行った夜に波を感じる如く瞼の裏に桜が現れ。桜尽くしの一日、素晴らしかった。


桜風
『2001年宇宙の旅』at恵比寿ガーデンシネマ爆音映画祭と中目黒の桜
第5回音の貝合わせ 千鳥ヶ淵の花筏、上野の桜吹雪、なんだかそれは花見日和なんだ
吉野の山桜 晩春爛漫
山下公園と中目黒の桜 X Residents - Sokurha 第29回音の貝合わせ
Nuno Canavarro - Plux Quba X 花曇りの千鳥ヶ淵 第30回音の貝合わせ
by wavesll | 2017-04-20 19:25 | | Trackback | Comments(0)

津軽の色彩

先の三連休、青森へ行ってきました。
このエントリではそこで触れた津軽の色彩を映した写メと、つらり書いた文で、旅日記ならぬ絵葉書風に描きはじめてみます。

c0002171_20541575.jpg
東京駅から新幹線で3h強、新青森駅からバスに乗り、その車窓からみた岩木山。
岩木山はこの旅で得た大きなハイライトの一つ。その勇壮な山影に、惚れました。「登ってみたい」と想った山はほぼ初めてかもしれない。次に来るときは登山してみたい。

c0002171_20575464.jpg
青森はもう紅葉が始まっている秋でした。緑に白銀の芒が美しかった。空間的な旅は、時間の旅でもあるのだなぁと想。経度の東西で時間が左右され、緯度の南北で季節が上下する。この星で起きる"同じ時"とは、なんと多様なのか。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。

c0002171_2155320.jpg
道の駅で『津軽弁の日』なるCDを物色したりした後、ぶさカワ犬わさおがいるきくや商店のそばでみた津軽の海。ちょっとにびたエメラルドブルーにときめいた。初日、土曜日は天気も良く、綺麗な海の浪をただただ垣間見れたのは幸せな瞬間だった。海があり、山がある。津軽が好きになってきた。

c0002171_21112891.jpg
からくれないの岩木山。

c0002171_21142039.jpg
ミニ白神に行ってきました。ここは世界遺産地区とは違うのですが、白神山地の一部。植生の多様性では群を抜く森だそうです。屋久島で言う所のヤクスギランドのような場所なのかな?
c0002171_21143580.jpg
ガイドさんの解説を受けながらの散策。ちゃんとメモしておけばよかった。最後の辺りでは最初の辺の話忘れてましたw折るとフローラルな香りがする爪楊枝に使われる木や、ナナカマドは七回竈にくべても燃えないところから名がついたり等、植物の話を色々聴けました。
c0002171_21151578.jpg
c0002171_21153024.jpg
c0002171_21154237.jpg
c0002171_21165095.jpg
白神山地と言ったらブナ。ブナの表面の文様から迷彩服は作られたそう。あれは地衣類という生物が繁殖したもので、綺麗な空気の処でしか繁殖しないそう。
c0002171_2117126.jpg
ネズミの穴や熊の爪痕などから、動物の生態も聞いた。鬼胡桃の割り方とか、猿、リス、ネズミ、熊それぞれ違って面白い。
c0002171_21171015.jpg
中でも印象に残ったブナの話。ブナは生育が遅く、最初はナラ等に太陽をとられるが、40年を越えると生育スピードが加速し、森のてっぺんをとる。200年から300年と言われる比較的短いいきる時間のうちに沢山の実を産む。ブナの生き方、いい生き方だ。

c0002171_21271726.jpg
富士山がみえる処に住んでいる地区を訪れた時も思ったけれど、山がある生活って、心が安定しそうだ。何かあれば山をみられ、日々刻々と変化していく山の表情に強張りがほぐされる。岩木山は青森の御神体だなぁ、などと想。

c0002171_2133796.jpg
ホテルのTVでローカルニュースがやっていた。青森初の特A米、"青天の霹靂"が発売されたそう。ちなみにホテルは五所川原だったのだが、ここは吉幾三の地元。なんだTVもあるしクルマも結構走ってるぞw最近では立佞武多が復活して、活気が増しているそう。
風呂を浴びた後、ドナルド・キーンさんのNHKスペシャルをみる。キーンさんは日本人が持つ“日本人の特殊性を意識しすぎる”性質を新聞紙の連載で指摘。そのあとの企画は、“日記”を取りあげた。日本人にとって日記とは文学として成立するものだから。なるほど。Twitterが流行る理由もそこにあるのかもしれない。日記、私小説、随筆、それらの系譜に呟きも連なっているのかもなぁ、等と考えていたら、気が付けば寝てしまっていた。

c0002171_21394822.jpg
2日目の津軽海峡。あいにくの曇り空。グルスキー風に撮ってみたり、千畳敷海岸や、五能線を撮りながら、山へ向かう。

c0002171_21444225.jpg
十二湖着。ここも白神山地の一部。十二湖という名前だが、実際は33個池がある。疎らに紅葉していた。

c0002171_2147221.jpg
二日目のハイライトの一つ、青池。この青池ともう一つ、湧壺の池というのが青さの2トップだった。

c0002171_5572834.jpg
c0002171_557556.jpg
c0002171_5584349.jpg
c0002171_5585940.jpg
c0002171_21512851.jpg
夜になると光るツキヨダケや、等圧線の様な木肌をしているトチノキ真っ赤な身をつけるマムシグサ葉の裏の白い文様が鮮やかなアオモリヒバの説明を受けながら十二湖を散策、上の写真はトリカブト。こんな薄紫色の花をつけるのか。別の植物と間違えて食べて死んでしまう人もいるらしいが、その別の植物はそんな美味しいものでもないそう。

c0002171_2223251.jpg
森のボスのブナマタタビをみたり、雷雨に降られたりした後辿り着いた四五郎の池。この日は33の湖の内20強個ほどみたが、四五郎の池はとりわけ印象的な湖だった。雪解け水が溜まってできる四五郎の池は、秋になると水がなくなってしまう。しかしそのあとに萌える叢が、幻想的な空気をその地に纏わせていた。

c0002171_2275087.jpg
十二湖、いいところでした。もののけ姫のモデルとなった白神山地だけあって、非常に美しい緑があふれていた。この日は日本キャニオンまでは行けなかったが、いつかまた来よう

c0002171_22132380.jpg
この日一番の絶景は帰りの車窓から見た津軽の海だった。光射す海。単なる物理現象に神を感じる瞬間。古代の太陽信仰を想った。この度の間頭の中から離れなかったのは椎名林檎の『長く短い祭り』と『迷彩』だったのだが、この時ばかりは『本能』の冒頭を口ずさんだ。

神々しい光は、その後夕雲に流転していった。それを映し出す海の色の優しい色彩は、俺は一生忘れられないだろう。スマホの電源は落ちてしまっていたのだけれど、その分、あの桃色と水色とが混じる水面に、岩の黒が切り抜かれた、浮世絵のような光景、まなこに染み入りました。泣けてくるほど優しい色だった。

c0002171_22224725.jpg
夜ごはん。どれも美味しかったが、この時期の津軽のきのこはほんと外れが無い。旅行中に食べたきのこ料理は全て上質だった。

夜は部屋でキングオブコントをみた。巨匠は大好きだったが、ロッチが1stラウンド1位は納得。ロッチを芸人として初めて面白いと思った。ただ二本目は寒かったから、コロチキが優勝は妥当だろうなぁと想った。協商のライヴに行きたい。

c0002171_22261594.jpg
最終日の朝焼け。4:40分頃起きて、ラグビーの後半をみていた。ラグビー、面白い。多文化社会を血肉としている点も現代の日本に合っている。筋肉でがっしりしている選手たちは男の眼から見ても格好良かった。いかつくて。みるスポーツとしても面白い。ガチムチの選手の中で、俊敏な動きでかわす日本選手が、スラムダンクのリョータだなと想った。というかサンウルブスは湘北っぽい。この3試合は、山王戦の後の湘北と重ねてみていた。

c0002171_22302939.jpg
ホテルのロビーにIKZOの資料館のパンフが。昨日のガイドさんに聴いたらIKZOの地元は五所川原でももっと辺鄙な村らしいwちなみに太宰治記念館“斜陽館”なんてのもあるらしかった。昨日の帰りに寄った道の駅の2階には地元出身力士舞の海の相撲ミュージアムもあった。

c0002171_22331435.jpg
津軽に来て知ったのは林檎が桃色なこと。緑に桃色、吐息が出る風景だった。

c0002171_2240176.jpg

最終日は遂に世界遺産地域に入り、錦秋の白神山地を愉しんだ。紅葉に包み込まれた。緑の白神山地もいいなとは想ってはいたが、やっぱり黄葉は凄い。絵画の中に入り込んだようだった。天然の点描画。
c0002171_22401283.jpg
c0002171_22414897.jpg
c0002171_22402627.jpg
c0002171_22405287.jpg
c0002171_22411299.jpg
c0002171_2242942.jpg
c0002171_22423747.jpg
c0002171_22434136.jpg
c0002171_22442178.jpg
c0002171_22443387.jpg

猿の他、熊が傷つけた看板マタギが森神に感謝を示すためにナタでブナに名を彫った痕などもみた。ブナは酸性雨を一身に集め浄化するらしい。世界最大級のブナ林である白神山地は世界最大級の酸性雨浄化メカニズムがある地でもあるわけだ。暗門の滝は手前から3の滝、2の滝、1の滝とあるが、今回は通行止めで3の滝までしか歩けなかった。

ガイドの方は百名山なんかのTVにも出ているようだった。白神山地、3連休で紅葉も見事だったのに、全体的に人が混んでなかった。嬉しかったけれど、もったいない。穴場でおススメ。ガイドの人がドローンで空撮広報をしたいといっていたので、その内Youtubeに上がるかもしれない。

岩木山、津軽海峡、そして白神山地の紅葉と、津軽の彩りに魅了された3日間だった。

帰りの車窓から、紅葉する照葉樹林と黒々としている針葉樹林がくっきり分かれた山を眺めて、人間の手で杉が植えられてきた歴史を想った。建材に使うために植えられた杉は、今は花粉症の原因であり、白神山地のガイドさんも見向きもしない嫌われ者だ。しかし、杉は杉で一つの命、害はあったとしたって、人の手によって生まれた命じゃないか。憎しみを向けられる杉に、なんともいえない気持ちになった。生命に手を加えることの難しさは、遺伝子組み換え植物という更に難しい領域になってきている。

農業は科学である。そして本当の科学者は、こんな自然あふれる中で感性と知恵がインスパイアされていくのではないかと想った。

そして、横浜と東京の往復だと、カエルにも驚くくらい自然と自分は離れてしまっているのだなぁとも想った。自然の近くで生活したいとも。東京へ帰ると東海道の車内に漂う人間の匂いに噎せた。たった3日で随分都会の毒素が抜けた体になっていたのだなぁ、なるだけ自然、神奈川だと湘南だとか、後は房総だとか、あぁいう所に行くことを日々の中に入れていきたいな、と想わせるくらいの力がある土地でした。いい旅になりました。
by wavesll | 2015-10-13 23:03 | | Trackback | Comments(0)

Michinoku Michiyuki

8/2~8/4まで一泊三日の東北旅行へ行ってきました。
その時のtweetを元にみちのく旅行記をULしたいと思います。
c0002171_1225277.jpg

c0002171_12261114.jpg

c0002171_1230796.jpg


横浜天理ビル前はRIJF行きのバスと人が一杯。俺も(もっと)北へ向かいます。
6:56 - 2014年8月2日

c0002171_1234694.jpgスカイツリーってウルトラマンみたいだな
7:56 - 2014年8月2日

c0002171_12351141.jpg関東・栃木 レモン牛乳
11:46 - 2014年8月2日

c0002171_12373275.jpg
あの事故以来初めての福島。美しい景色だ。反対側には青い山脈。やっぱり実際来ると気持ちも少し変わるものだな。いくら煙草一本くらいの健康被害とはいえ、放射能への不安はある。しかしこの美しい景色に暮らす人々を想像すると、胸の痛みだけでなくなにかポジティヴな行動を起こしたくなる。さらに北へ。
12:00 - 2014年8月2日
c0002171_12405961.jpg宮城のSAには津波のポスターが
14:03 - 2014年8月2日

c0002171_12424926.jpgヴァロットンの絵のような入道雲だ。
14:30 - 2014年8月2日

c0002171_12441118.jpg雲の象でふらっと人生を決めてしまいそうになる。よく空がみえる處へ来たなぁ。唯今イートハーヴォ。さらに北へ。
14:55 - 2014年8月2日

c0002171_12451565.jpgトンネルを抜ければ、青森
16:18 - 2014年8月2日

c0002171_12465017.jpg青森、暑い。水が美味い。
16:36 - 2014年8月2日

c0002171_1249128.jpg樹木の構造の複雑な集積は将来の都市が目指す相貌を示唆しているかのようだ。葉が力強く耀いている。陸奥の午後。
16:48 - 2014年8月2日

c0002171_12501090.jpg林檎畑の夕
17:21 - 2014年8月2日


青森市内のロードサイド、正しくロードサイド過ぎてどこかわからない(笑)
みちのく銀行位が特色ある店舗で他は全国の国道沿いまんまだなぁ。
17:56 - 2014年8月2日

c0002171_12524051.jpgホテルで今年のミスねぶた祭りに遭遇。こっちの子は肌が白くて印象的だなー。
18:33 - 2014年8月2日


c0002171_12544819.jpgでっかい太鼓は祭りの華だね★!いよいよ盛り上がってきた!
18:58 - 2014年8月2日

c0002171_12564525.jpgミスねぶた大人気w
19:01 - 2014年8月2日
c0002171_12582015.jpg
c0002171_12583857.jpg
c0002171_1259312.jpg

ねぶたYAVEEE!!!!!!!!!
19:56 - 2014年8月2日
c0002171_1323941.jpg
c0002171_133334.jpg
c0002171_1332448.jpg

c0002171_1334427.jpg

c0002171_1353267.jpg

c0002171_1355310.jpg

c0002171_1364687.jpg

電池切れてました。現在寺山修司の故郷の宿です。雄壮なねぶたに圧倒されました。跳ね人から貰える幸運の鈴もゲットできて本当に楽しかった。『らっせーらーらっせーら!らっせーらっせーらっせーらー』で喉からしたwねぶた、来て良かった。
0:26 - 2014年8月3日

c0002171_1375235.jpg日が明けて、寺山修司記念館のポスター
8:37 - 2014年8月3日

c0002171_1385170.jpg三沢の町を歩く。ほっかほっか大将亭。ゆるいなーw
8:38 - 2014年8月3日

c0002171_13102714.jpg町中に三沢基地がある
8:42 - 2014年8月3日

c0002171_13122079.jpg奥入瀬渓流。翡翠のきらめき。最も綺麗な時に立ち会えたかもしれない。木漏れ陽のシャワーにときめいた。
11:53 - 2014年8月3日

c0002171_13125264.jpgc0002171_1313969.jpg

c0002171_13163516.jpg
秋田入り。十和田湖。
12:10 - 2014年8月3日

モーターボート@十和田湖 やー天気良くて最高★!
12:34 - 2014年8月3日
c0002171_1575113.jpg
c0002171_1581150.jpg

c0002171_1592167.jpg高村光太郎作の乙女の像 #十和田湖畔
12:42 - 2014年8月3日


c0002171_15101897.jpgあゝ美味い!奥入瀬ビール。ハーフ&ハーフはアジアの品評会で金賞獲ったらし。
12:57 - 2014年8月3日

c0002171_15123589.jpg
田圃を直にみると高精細だと想。4k8kTVのデモンストレーションに使ってもいいかも。稲穂の風景はAsiaにウケそう。Realの鮮やかさ、神レベル。
14:11 - 2014年8月3日


c0002171_15145729.jpg北秋田マルメロサイダー、ほのかにピクルスみたいな酸味を含んだ甘い果実味でイケる。
14:59 - 2014年8月3日

c0002171_15162024.jpg演歌っぽいポップスが流れてる。秋田の空は広い
18:39 - 2014年8月3日


c0002171_15181657.jpg竿燈祭り開始
19:11 - 2014年8月3日


c0002171_15203520.jpgすげー!
19:33 - 2014年8月3日

c0002171_15214081.jpg
c0002171_15221267.jpg
c0002171_15223315.jpg

c0002171_15232278.jpg顎やら腰やら、バランス絶技 #竿燈祭り
19:36 - 2014年8月3日

c0002171_15241481.jpg

c0002171_15251854.jpg秋田の男はこれができて一人前なんだろうな。ヒーローになれる日か
子ども竿燈もあった。
19:51 - 2014年8月3日

c0002171_15275198.jpg面白かった竿燈祭り!終わったあとのふれあいタイムで竿燈触らせてもらった★!
20:32 - 2014年8月3日
c0002171_15284725.jpgc0002171_1529283.jpgc0002171_15292658.jpg



こうして弾丸ツアーを終え、帰りのバスで携帯の電池が切れました。川口インターでみた朝焼け。そこから首都高へ向かい、光の巨人の様に聳え立つスカイツリーを右に、左にはまるで燃え熔けるような赤い朝日。忘れられません。ねぶたの巨大な迫力も竿燈まつりの竿を操る男たちと、太鼓と笛を鳴らす女たちの勇壮さも素晴らしかったです。そして、奥入瀬渓流のあの耀く碧が一番心に残った旅だったかもしれません。

人生で初めての青森・秋田でしたが、東北の夏は熱い!と感激出来た旅になりました。

銀杏BOYZ_銀河鉄道の夜

E    B   C#m  G#m A B  E
日々ひび割れ柿ノ実 夕焼けて夜は来た
  B   C#m G#m A  B  E
空水色オーロラ蜂蜜に濡れた月
    B   C#m G#m A   B   E
赤レンガ煙突の上 ガイコツが踊ってる
    B   C#m G#m   A  B   E
ハロー今君に素晴らしい世界が見えますか

 A       E     B     C#m
北風は吹雪くのを止め カシオピア輝いて
A      E    A   B    E
恋人達は寄り添って静かに歌うのでした…

声高円寺に消えやがて汽笛は響き
噛むカムチャッカのガム 蒼白く甘い夜
シベリア鉄道乗り換え東北を目指します
ハロー今君に素晴らしい世界が見えますか

北風は吹雪くのを止め カシオピア輝いて
恋人達は寄り添って静かに歌うのでした…

E  B  C#m G#m
銀河鉄道の 夜
A  E   A  B E    B  C#m G#m
僕はもう空の向こう飛び立ってしまいたい
 A   C D
あなたを…

E  B  C#m G#m
銀河鉄道の 夜
A  E   A  B E    B  C#m G#m
僕はもう空の向こう飛び立ってしまいたい
 A   C    E
あなたを想いながら

C    G C   Em7 C
星めぐりの口笛を吹いて
   G   C      Bsus4 B
裸のまま 一人ぼっち 涙も枯れた
E
ああああう!!

ハロー今君に素晴らしい世界が見えますか
ハロー今君に素晴らしい世界が見えますか

銀河鉄道の夜
僕はもう空の向こう飛び立ってしまいたい
あなたを…

銀河鉄道の夜
僕はもう空の向こう飛び立ってしまいたい
 A   C    C#m G#m
あなたを想いながら
 A   C    C#m G#m
あなたを想いながら
 A   C    E
あなたを想いながら

by wavesll | 2014-08-07 13:16 | | Trackback | Comments(0)