タグ:松涛 ( 1 ) タグの人気記事

アニマルハウス 謎の館@松涛美術館で三沢厚彦さんや舟越桂さん達の彫刻空間に心動かされる

c0002171_17523835.jpg
三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館に行ってきました。
松涛美術館を舞台にメインとなる三沢さんの動物の彫刻に、舟越桂さん、小林正人さんと杉戸洋さんそして写真家の浅田政志―の作品が展示されるという構成。

白井晟一氏設計による松涛美術館の建物自体も内部に円柱状の空間があって噴水に橋が渡してあるという特別なあつらえで、そこにキャプションなしに展示が並ぶさまは正に”謎の館”。

2Fの展示室にはソファがあって、そこでどっかり寛ぎながら低い目線でこのアニマルハウスを楽しむことが出来ました。

三沢さんの動物彫刻がアフリカというかエジプトというか、ヨーグルトの酸味のような不思議さがあって外国の絵本のようなアニマを感じました。

さらに良かったのが舟越さんの彫刻、そして絵で。

絵は女性のヌードなのですけれども”生成り”とでもいうか、素材をそのまま受け止めて描き顕わしているようでとても善い眼差しを感じました。

そして彫刻!これが本当に素晴らしくて。今回はじめて直に舟越さんの作品を観たのですが、メディア越しに見ていると少し冷酷というかとっつきづらいイメージがあったのに対し、直に見るとそれこそアニマや生成りさを感じるというか、人の温かみが伝わってきて。その上で聖なる領域へ通じている感覚とでも言うか。

今回の展覧会の全作品の中でも舟越さんのおなかがどっかり膨れていて両手が翼のように背中から生えた女性像が知性と神秘性、そして動物性を湛えていて一番好きでした。SCLLの感覚にも似てるかも。

舟越さんの普段の生活の中でメモられた言葉たちの紙片も展示してあって、「太陽が銀河系を回るのにかかる時間は2億年」とか、科学的な知見のメモに目が留まりました。

またアーティスト同士のコラボ制作もしているようで、オカピの像なんかは頭は舟越さん、胴体は三沢さんがやっているそう。またこれがいい感じにケミストリーと纏まりが両立していて好かった。

この展示、なんと500円。このヴォリュームならかなりのお値打ちでは。建物を味わうだけでも愉しい展覧会となりました。今週末まで。お薦めです。

by wavesll | 2017-11-23 18:14 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)