タグ:池袋 ( 4 ) タグの人気記事

東京音大附属民族音楽研究所 2016年度ガムラン講座 発表会に行ってきた!

c0002171_2043513.jpg
c0002171_2044464.jpg

雑司ヶ谷で降りて東京音楽大学へ。
民族音楽研究所のガムラン講座の発表会があったのです。

歓迎の曲(開演前に演奏)「コド・ゴレ」(儀式曲)
第一部
合奏「バイト・カンダス」(器楽曲)
舞踊「ゴレ・マニス」(美しい仕草を描く女性舞踊)
合奏「ラハ・ボロ」(器楽曲)
合奏「フスボキワン」(古典曲)
合奏「スウェ・オラ・ジャム」(歌のある小曲)
舞踊「レトノ・ティナンディン」(凛々しい戦いの舞踊)
第二部
合奏「ゴンドマストゥティ」(古典曲)
合奏「スカルブランギ」(新作)
合奏「チャラン・ガントゥン〜コンジン・ミリン」(古典曲)
舞踊「ガンビラノム」(女性への愛を描く舞踊)


という2h30m越えの大ヴォリューム。
ジャワガムランの麗しい音色に脳波が滾々し、うとうとしながら気持ちええ~と聴き入りました。

舞踊も帯を使うのとか初めて知ったり、弓矢や剣の踊りや男装の女性の武将の踊りがあることを知れ、とっても良かったです。生で聴くと楽団の様々な地点から鳴っているのだと分かって愉しめますね。

何気に一番の収穫はガムランの演奏or舞踊を週1で1年間10万円で習えると知れたことかも。
ガムランの社会人講座、いつかやってみたい!

またガムランの楽曲は数字で出来ているとの説明の後、ワークショップで数字を挙げてつくられたオリジナル楽曲なんかも演奏され、非常に愉しい一日となりました◎

c0002171_20511893.jpg

by wavesll | 2017-02-25 20:51 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

大田楽 いけぶくろ絵巻へいってきた!

南池袋公園へ大田楽 いけぶくろ絵巻に行ってきました!
c0002171_533950.jpg
c0002171_54165.jpg
c0002171_54314.jpg
c0002171_545368.jpg

平安時代から室町時代にかけて日本中で大流行し、忽然と消えた芸能”田楽”をもとに、狂言師野村耕介(五世野村万之丞、1959-2004)が舞踊家、音楽家、俳優、学者らと協働作業で創り上げた「大田楽」。
この秋、九世野村万蔵が演出し、池袋の街を舞台に繰り広げる。色とりどりの花を飾った笠や五色の装束を身につけた田楽法師たちが、いにしえの旋律と軽やかなリズムで舞い躍る野外パフォーマンス。
池袋の街と人が生み出す、新たな大田楽が幕を開ける。
というモノ。

第21回 山代大田楽


やるせなすの石井ちゃんがMCで"石井ちゃん久々にみたなーw"と想っていたら極彩の絵巻が繰り広げられました。途中では川劇のような変面ショーも!
最後は観客も赤絨毯の上へあがって踊り手を奏でました。上の動画よりもがんがんにドラムが効きながら、笛が吹き荒んで。ジャズフルート好きにも堪らない舞台でした。

そしてパレードは豊島区役所へ練り歩き〆。
フェスティバルトーキョーを内包する東京芸術祭2016の企画とのことでした。エキゾチックな平安のいにしえを味わうひと時を味わえました。
by wavesll | 2016-11-06 05:27 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

8月15日、東京. 曇り時々雨、更に時々晴れ

友人Yと方々を歩き回ってきました。

10:00に市ヶ谷に集合して10分ほど歩く。歩けば歩くほど機動隊、警官隊、街宣車が増えていく。こんなに物々しい光景をみるのは初めて。そして靖国神社に辿り着きました。

個人的なことを述べれば、靖国にはほとんど何も感情は持っていません。僕が生まれたときにはもう終戦から40年経とうとしていたし、先の戦争に対する思い入れを理屈とは別に持つことは、沖縄に行ってもできませんでした。
今靖国に自分が思うことは、外交問題という実利的な面のみ。英霊という言葉は正直なところエキゾチックですらあります。
それでも、この国の多くの人々が切実な祈りをささげていた場所に一度は行ってみたいと思っていたから、もちろん、野次馬根性も混じってるのは間違いありませんが、この終戦記念日に行ってみました。

境内に入るなり「産経新聞社の者ですがお話をききたいと・・・」はいスルー。
予想通りTV朝日やTBSの中継車の姿が散見。
そのほかにも、私服警官と見られる人や、何かの機関のバッヂをつけた人間や、旧日本軍の格好をした人たち、右翼の人たち、そして普通の参拝者の人たちでごった返す中、本殿の前まで進めたので二拝二拍一拝して祈ってきました。
他国の国民感情は別にして、こうして積み上げられた平和への思いがこの場所にはあるんだなと肌で感じました。

さて、今日Yとあったのは靖国に行くためだけではなくて、むしろ上野で開催されている「若冲と江戸絵画展」を見るためでした。
アメ横をぶらつきながら売り子の口上をあらかた楽しんだ後、築地直送だという海鮮丼の店で、中落ち丼とカツオ丼を食べました。
それにしてもアメ横の安さはすごい。あと松茸がもう出回ってるのに驚きました。1000円から1500円でした。

10分待ちで東京国立博物館平成館に入場。
全体の1/4くらいが若冲の作で、ほかは同時代の作家群なのだけれども、若冲のセンスは突然変異だと思いました。
鮮やかに艶めく筆捌きに思わず眼鏡をかけて見入ってしまいました。
ブログでも展覧品は見ることができるのだけれども、線の一本一本まで見れるし、画が放つモノが違うから、直にみるのは楽しいです。
展覧会の最後に光の調子を時間とともに変えている部屋があり、その演出は好きだした。日本画は金箔を多用するから、光の角度が変わるだけでほんとに印象がばっと変わります。
若冲の描く動物たちを眺めていたら、このまま上野動物園にいってしまいたいと思いましたw特に鳥が好きなんですよ、若冲。
なにしろ鶏を描くために庭で1年以上飼って観察してから描いたらしいですからねw入れ込み具合が掛け軸から浮かび上がってきていました。
若冲以外だと屏風とかにでっかく描かれた風景画が良かった。ばーーーっと書き込まれたやつも良かったし、余白がどーーーっとあるのも良かった。
是非、お暇な方は見に行かれることを強くお勧めします。

鶯谷まで歩いて、最終目的地である池袋に向かう。
そうだよ、あそこです。乙女ロードを踏破するためですw
さすがに疲れていたのでスタバで小一時間話した後、サンシャインシティの前のアニメイトに突入。今日の修行は「アニメイトを1Fから9Fまで歩き倒す!!!!」

結論から言うと完敗です。完敗だ。完敗。
自分は結構オタク系いけるクチだと思っていたのですが、毒気にやられてへこんでしまいました。
だって空気が悪すぎるんだもんよ。階段が狭すぎるんだもんよ。そこで人とすれ違うと悪臭がするんだもんよ。店内に置いてあるBL系のドラマCD(『Hもレッスンだよ』という題名)試聴しちゃったんだもんよ。A君とSとMがひぐらしのロケ地に観光にいったってYから聞かされるんだもんよ。夏コミ売れ残りの委託販売コーナーができてるんだもんよ。「俺、なにやってんだろう」って思っちゃったんだもんよorz

完全に意気消沈するも、午後の紅茶茶葉二倍ミルクティーを飲んでなんとか気力を盛り返し、振り絞って西口公園に行ったら、『平和の像』というものがあって、あぁ、ここが俺たちの旅の終着点なんだなと思い、二人で「今日はいったいなんだったんだろうなぁ」と話しながら帰りました。
by wavesll | 2006-08-15 23:17 | 私信 | Trackback | Comments(0)

磁場

クリックで救える命がある
今日はサンシャインシティで開かれたインターンシップキャリアサミット2006に行ってきました。

企業ブースの他、仕事体験コーナーというのもあり、GD体験をしてきました。就職活動というものが微かに現実味を帯びてきたなといった感じです。そうはいってもインターンの申し込みはもう今月中なんですけどね。

帰りに東口の繁華街を徘徊すると、路上に人だかりができていたので、首をつっこんでみました。すると、そこにはこの間紹介したスプレーおじさんが実演会を開いてるではありませんか!ものの3分ぐらいでそれはもう見事な絵を書き上げる姿に観客からは感嘆の声と拍手があがっていました。1枚3000円、2枚で5000円でした。

東口は、今日のアド街でもやっていましたが、乙女ロードという腐女子のパラディソがあるだけあって、濃ゆーい空気が流れてました。それも含めて池袋という町全体が欲を肯定する強烈な磁場を持った土地だなーと感じながら歩いてました。

その後kingとジャズろうかとIWGPへ向かおうとしたのですが、雨が降りそうだったので帰路に着きました。

就活をする上で必要なのは「自分を知り、会社を知ること」らしいです。自分がどのような人生を送りたいのか。どの会社がどの様に社会と関わっているのか。これらを完全にわかれば、答えはおのずと出るそうです。

僕自身はどのような人間なのでしょうか。
例えば、僕もweb上に自分の弱さを書きますが、これはやはり打算に基づいた行動なのかもしれません。また僕はとかく幸福感を生活の中に探し、自分が幸福であるかのように振舞おうとしていますが、これは危険なことかもしれません。なんにせよ、二元論でものを考える癖は修正せねばならないかと思います。その上で、行動する際にはきっぱりと0か1かをつける決断力が僕には今必要なんだなと思います。

僕自身は、面白くない現実の中から、なにかしら面白い事象をみつけて、フィクションを超えるようなリアルを削りだしていきたいなと考えています。自分がこれからたった半年あまりでどうなるのかは甚だ疑問ではありますが、そうはいってももう競争は始まっていたんですから、自分のペースで走っていきたいなと思います。

最後に、今自分の手の中にある「可能性」という人生の不思議を歌った唄を一曲。

七尾旅人 IT'S ONLY FANTASIA(LIVE at STUDIO GROWN)
by wavesll | 2006-06-10 23:46 | 私信 | Trackback | Comments(0)