タグ:青山 ( 4 ) タグの人気記事

Photographs of Musashino Art University Graduation Works 2016@Spiral

大山マリカ / 問い続けること
c0002171_2137466.jpg


稲葉麻衣 / わたし/だれか
c0002171_21382480.jpg


今藤静香 / 青の庭
c0002171_2139145.jpg


森田史奈 / 祈りのかたち
c0002171_21403769.jpg


酒井亜香里 / loop
c0002171_21414238.jpg


横手瑠夏 / 脳内の旅
c0002171_21422962.jpg


秋田優希 / サナギ
c0002171_2144597.jpg


門馬さくら / 服は武器だ
c0002171_2145186.jpg


竹林尚美 / GOMIYASHIKI
c0002171_21461723.jpg


KIM AHJIN / à souhait
c0002171_21535368.jpg


PARK JAE EUN / Shift of Paradigm
c0002171_21555647.jpg


CHANG HSIAO SHIEN / 思い出収納箱
c0002171_2159255.jpg


角埜汐里 / はなぐもり
c0002171_220470.jpg


三好敦子 / 食の箱
c0002171_2205691.jpg


佐野珠子 / 海箱
c0002171_222725.jpg


原澤周子 / poga
c0002171_2233319.jpg


柴田有紀 / still
c0002171_2253153.jpg


中島美由紀 / ハアク.
失望
c0002171_803635.jpg


愛情
c0002171_2265422.jpg


山口ひかり / Draw
c0002171_229697.jpg


濱田綾音 / 草むら
c0002171_22104731.jpg


HU CHENCHEN / invisible
c0002171_22122869.jpg


宣文彬 / 繋がり
c0002171_2213734.jpg


佐藤佑 / Dolce
c0002171_22144961.jpg


上原あゆみ / 山月記
c0002171_22162995.jpg



武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 クラフト専攻 卒業制作展@青山スパイラル。テキスタイル専攻も木工 金工 陶磁 ガラス専攻も逸品揃いでした。
by wavesll | 2017-02-07 22:55 | 展覧会 | Comments(0)

表参道~青山一丁目のイレギュラー銀座線を撮り鉄ったw

c0002171_2254387.jpg
c0002171_226471.jpg
c0002171_2245793.jpg
c0002171_2251937.jpg

by wavesll | 2016-11-05 22:06 | 街角 | Comments(0)

Paper Garden / atelier oï and SPREAD@スパイラル

c0002171_1334466.jpg

by wavesll | 2016-09-03 20:40 | 街角 | Comments(0)

Kamasi Washington live at BlueNote Tokyo 11/1 2nd set

c0002171_6275743.jpg
日曜の夜、表参道A5出口を抜けて、根津美術館を右折し、ブルーノート東京へ行ってきました。初ブルーノート、お目当ては今年大名盤『The Epic』をリリースしたカマシ・ワシントン。流麗な会場での美事なステージに熱く酔わされました。

OPからの1曲目がChange Of The Guard。この日のバンドメンバーは

Kamasi Washington(sax) カマシ・ワシントン(サックス)
Patrice Quinn(vo) パトリス・クイン(ヴォーカル)
Ryan Porter(tb) ライアン・ポーター(トロンボーン)
Brandon Coleman(key) ブランドン・コールマン(キーボード)
Miles Mosley(b) マイルス・モズレー(ベース)
Tony Austin(ds) トニー・オースティン(ドラムス)
Ronald Bruner Jr.(ds) ロナルド・ブルーナーJr.(ドラムス)

だったのですが、この曲でのkeyのブランドンのソロの熱さと言ったら!初っ端から大昂奮させられました!そしてカマシのブロウの熱く掠れるクライマックスの熱量はもはやP-FUNKにも届くかのような焔。今年はファラオ・サンダースみれなかったけれども、こんだけいいスピリチュアルを感じさせるサックスのライヴがみれたら、もはや満足です。

1曲目がkeyの見せ場があったように、各曲でそれぞれのソロの見せ場がありました。2曲目はマイルスのウッドベースのぼわぼわと揺蕩わせるところから、粒立つソロ、最後には弓でウッドベースを弾くプレイまで。あんなベース初めて見たなぁ。

3曲目は確かパトリスのvoがフィーチャーされた楽曲。彼女の甘く芯のあるvoも良かったし、バンドメンバーが全体的に親密な感じで良かったです。そして4曲目ではなんとスペシャルゲストとしてカマシの親父さん、Rickey Washington リッキー・ワシントンがフルート/ソプラノ・サックスで参加!ジャズフルート、一度見てみたかったのでとても嬉しい驚きでした。一曲一曲にスペシャルな事を仕掛があって、お客を愉しませる術が満載のライヴ、ギネスをベースにしたアーティスト・カクテル"平和大使"が進みました。

スペシャルは続きます。次の曲ではなんとダブル・ドラムがドラムバトル!物凄い早くて円運動の残像が見えるロナルドのドラムと、それに顔をゆがませながら食らいつくトニーのドラム。思わず『The Whiplash (セッション)』を想いだしてしまいましたwでもあれより遥かに豊饒でポジティヴなドラム・バトルだったなぁ。

Enではまた物凄い音の盛り上がりで、特にパトリスが爆発的なシャウトをした時がクライマックス!極上のライヴでした。なんか、小学校の音楽の時間にジャズシンガーがやってきて、「英語の発音だとトマトじゃなくてトメイトゥっていうんだよ」とか言いながらジャズに触れさせてくれたときを想いだしたっていうか、ジャズの愉しさが目一杯詰まった素晴らしいライヴでした。今年は物凄いクオリティなライヴに恵まれた年だったけど、ジョージ・ワシントン、ディアンジェロに次ぐ素晴らしいライヴだったなぁ。大満足でした。

"カマシは日本が大好きです"と書いてくれてるのが愛らしいwいい夜に成りました。
c0002171_651287.jpg

by wavesll | 2015-11-03 06:53 | Sound Gem | Comments(0)