タグ:音楽 ( 549 ) タグの人気記事

Toshiyuki Tsuchitori, Ryuichi Sakamoto / Disappointmemt-Hateruma 2014年の波照間 第33回音の貝合わせ

c0002171_0594142.jpg


Toshiyuki Tsuchitori and Ryuichi Sakamoto ‎- Musique Differencielle 1


土取利行&坂本龍一/ディスアポイントメントハテルマ(綾)


c0002171_102891.jpg
c0002171_10424.jpg
c0002171_10523.jpg
c0002171_11743.jpg


数年前、波照間島へいった。石垣から船で行くのだが、この海域は波が荒く、欠航することもしばしば。実際帰りは海が荒れ、GWで人が多かったため無理して出港したがぐわんぐわんに揺れた。

石垣島はマックスバリュが3軒あるくらい発展していて波照間を歩くと「あぁ、島に来た」と強く想ったのを覚えている。自転車でめぐれる大きさで、サトウキビ畑をどこまでも走った。

実際の波照間島は神聖なる田舎だけれど、この盤は極めて現代的な音。このジャケにはニシ浜を想起した。ディスアポイントメントとはオーストラリアの湖で、解説では沖縄音楽とガムランのペロッグ旋律との関連も触れられていて、フリーミュージックを志向したとか。

この若かりし日の坂本教授の関わった音盤、制作の主導は音楽評論家が行ったそうだ。フィクショナルな想像の波照間に鳴る、神聖なる古代都市の音として楽しめた。

◆Myahk's O Vol.1 池間島、砂山ビーチ、宮古レコードセンター、蛸丼・宮古島飯
◆Myahk's O Vol.2 前浜ビーチ、海亀シュノーケリング、パンプキンホール鍾乳洞、山羊刺し・宮古島飯
◆Myahk's O Vol.3 伊良部島、下地島、ヤシガニ、宮古島の浜辺、シークァーサーヴァイツェン・宮古島飯
by wavesll | 2017-07-21 01:04 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

UEFA Champions League 賛歌 & Olympic賛歌

UEFA Champions League official theme song (Hymne) Stereo HD


The Olympic Hymn - vocal version


オリンピック賛歌/Olympic Anthem


Olympic Anthem Nagano 1998 Closing Ceremony


合唱歌の壮麗さ、偉大なるスポーツ選手達への賛歌。福島の生徒の言葉による、惜別の震災鎮魂合唱曲 「群青」もそうですが、合唱の美しい調和と憂い、その神麗さに惹かれるようになりました。

Sports Fieldrecording スポーツ音響楽曲群という記事を以前書きましたが、サンプリング素材としてのスポーツのサウンドだけでなく、O.S.T.の一種としてのチャント、アンセムもDigり甲斐がある新天地かもと、最近感じている處です。
by wavesll | 2017-07-19 07:12 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

音楽歳時記 海の日 Beach Boys / Smile (Purple Chic Version)

The Beach Boys - SMILE(1966~67ver)
ビーチボーイズ - シークレットスマイル2

c0002171_22371794.jpg

苛烈な蒸し暑さが続く梅雨明け前の海の日22:47、いかがお過ごしでしょうか?

夏の夜半はビーチボーイズの『スマイル』が聴きたくなります。それも正規版でなく、60年代に掻き集められたヴァージョンのもので。

このパープルチックverは、狂気が深いというか、正規リリースされた『SMILE SESSION』はどこか毒気が抜けた笑顔なのに対し皮肉で冷たい笑顔な感じがするのがサグくて好きです。

浅夜から深い夜へ太陽が裏側を廻る時に聴く『Surf's Up』の美しさ。暗闇に煌めく耀波の得も言われぬ美しさに、心行くまで笑みを浮かべ、緊張と緩和を味わう、そんな海の日の夜を。
by wavesll | 2017-07-17 22:47 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

福島の生徒の言葉による、惜別の震災鎮魂合唱曲 「群青」

群青

福島第一原子力発電所から半径20km圏内に位置する福島県南相馬市小高(おだか)区は、東日本大震災による原発事故のため全住民が今なお避難生活を余儀なくされており、小高中学校も市内の別の学校に間借りをして授業を行っています。
「群青」は、その小高中学校の生徒たちが、離ればなれになってしまった仲間を思って、つぶやいたり、書き留めた言葉の数々を同校の小田美樹教諭が綴って曲をつけた作品です。
(パナムジカのHPより抜粋)
TBSの超大型音楽番組、「音楽の日」。様々な藝能の雄達が歌舞する中で、一段と素晴らしかったのは合唱団のパートでした。

全国の合唱団が声を合わせた「栄光の架橋」、素晴らしいハーモニーを聴かせた「あの鐘を鳴らすのはあなた」も良かったけれど、一際心を打ったのは福島の生徒が歌ったこの「群青」。

私は今日ようやくこの歌を聴いて。14:00から22:00までみていましたが、この楽曲にめぐりあえただけでも十二分にその価値を感じました。

日本は本当に自然災害の多い土地で、幾度となく悲劇に見舞われて。歌が継がれていくことで、逝ってしまった仲間をずっと覚えているために、そして悲しみを僅かでも浄化させるために、音楽が昇華していく力を感じる、魂が揺さぶられる合唱でした。
by wavesll | 2017-07-15 22:05 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Eddie Palmieri Salsa Orchestra LIVE at Blue Note Tokyo

c0002171_615037.jpg


この5月、生誕80周年記念アルバム『Sabiduria』をリリースしたサルサ/ラテン・ジャズ/ファンクの生ける伝説、エディ・パルミエリのブルーノート東京2nd Setを昨夜みてきました。

円盤だと『Unfinished Masterpiece (1974)』が好きなのですが、生音の鮮やかさは素晴らしくて!音奔流の楽雅!情熱の極彩のサウンド・ヘヴン。ヤーばかったー!

「視やすい席が好い」と自由席予約で伝えるとカウンター沿いの堰を案内してもらえて、丁度前がそこそこスペースのある通路で。おかげで体を思う存分揺らせました。席の周囲はずっとサルサ・ダンスが起きていたし、最後は客席全体総立ちの大盛り上がり!こんなに汗かいたライヴ、久々!

ラテンのホーンの艶やかさは筆舌に尽くしがたい。そしてエディーの咆哮しながらのピアノソロ。そこに絡むベースも良かったし、最高のバンドサウンドで、個人的には生涯Bestクラスだったビルボードでみたジョージクリントンに近いくらいブチ騰がりました。ブルーノートとビルボードは大人の歓びですね。絶品。

ライヴの始まりからホーンで騰がって、そこから打楽器のリズムの奔流がぐわっときて(ドラムの腹の金属部分を叩くのが印象的)、エディの情熱的なSaudadeを感じるピアノ、燻し銀なベース、背中弾きも披露したギター、コンガ、パーカスも素晴らしかったし、ヴォーカルの熱情、クライマックスにつぐクライマックス!

アンコールはなかったけれど、ほぼほぼ90分のFULL LIVE!!「See You Next Year!」、是非またみたい!最高に楽しい音楽の魅力がはじけたライヴでした◎

Member

Eddie Palmieri(p)

Herman Olivera(vo)

Nelson Gonzalez(tres,vo)

Joseph Gonzalez(maracas,vo)

Luques Curtis(b)

Vincent "Little Johnny" Rivero(conga)

Nicky Marrero(bongo,timbales)

Camilo Ernesto Molina(timbales)

Jimmy Bosch(tb)

Joe Fiedler(tb)

Jonathan Powell(tp)

Manuel "Maneco" Ruiz(tp)

by wavesll | 2017-07-14 06:24 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

アイヌの子守歌

60のゆりかご アイヌ音声 日本語字幕


ユーカラが響いたら、ぐっすり御休み。
by wavesll | 2017-07-13 01:57 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

野村萬齋x真鍋大度(ライゾマティクス) FORM -伝統×最先端が挑む日本最古の舞・「三番叟」

野村萬齋x真鍋大度 FORM


NHKBSPで流れていた舞台「FORM」、スカイツリーでみた能VJ LIVEもそうですが、伝統も最新型へメタモルフォーゼしていくのだなと。TOKYO2020開会式への期待も高まります。

音楽的にはアシンメトリーな妖声に日本の藝能を感じました。
by wavesll | 2017-07-12 21:56 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

青い座禅、縁は流転する ZAZEN BOYS - MATSURI SESSION 2・26 2004 TOKYO

ZAZEN BOYS - MATSURI SESSION 2・26 2004 TOKYO [Album] [2004]


"おお!コレYoutubeにあんのか!"と想ったのがザゼンボーイズのライヴ盤、MATSURI SESSION。
特にこの青盤は『KIMOCHI』といいエモさ全開で、当時は「ZAZENはスタジオ盤よりライヴ盤の方が断然いいな」と想っていました。

私は高校時代はナンバガを背伸びして聴いてた人間で。それこそ『サッポロ OMOIDE IN MY HEAD 状態』を今は無き横浜モアーズのタワレコで聴いて鳥肌立った辺りから本意気で惚れこんでいって。

そこからするとZAZENのスタジオ盤はナンバガが持っていたエモさが減った気がしたというか。ようやくナンバガを追っかけていた当時の私にはまた精神年齢が高くモードチェンジしていたのだと想います。

それでもLIVEでみると座禅は最高で。そしてこのライヴ盤も、今聴き返すと「向井、青いなー!!!!」と想います。バリアオハルじゃねえかと。

Miles Davis - Kind of Blueに一杯の水 第100回酒と小皿と音楽婚礼Fela Kuti - Zombie X Firestone Union Jack IPA 朱夏は此の道 第101回酒と小皿と音楽婚礼にもしたためたことなのですが、ここ2,3年で自分の中で心身のModeが変わりつつある気がして。

どうにも30を越えた辺りから関係性の中の立ち位置が少しばかり変わりつつあるというか、それまでは<評価される/可愛がられる>立場だったのが<評価する/可愛がる>立場になることもしばしば起きてきたというか。

人の上に立てる器の人間ではないこんな自分に、信頼を寄せ頼って呉れる人ができて。そして自分自身としても、ある程度己を信じられるようにもなって。人間関係が精神年齢を進めると実感しています。

相変わらず浮わついた渡世をしているのはいなめないのですが、旅してる時しか生きてる気がしなかった頃より、詩画音楽というレイヤーで心身を満たせるようになってきている己は、案外好きです。

そして完全に意外だったのは必至でボケを考えてた頃よりある程度シリアス気味にネタをやるようにした方がウケがいいということw

みんながツッコミ目指すと揚げ足取りの地獄みたいな世の中になって、実際に今メディア上の語り口がプロもアマチュアもどんどん性格悪くなって自意識過敏な世になってる気もします。

私個人は人生をネタにかけ道化を演じる若人は俄然応援したいところではあるし、連中は楽してるぜ、同時にあいつらも大変ではあるとも伝えたい。

承認欲求を求めてもいいし、みなに好かれなくてもいいし、全てに肯定的でなくていいというエントリにも書きましたが、Webコミュニケーションを追いかけるだけで可処分時間は足りない現状。

その上、古典の名著、グッドミュージック・アーカイヴ、日々のTV/Radio etcetc、幾らでも楽しませてくれる人たちがいる。

今はそんな気脈が通じるままに、来るもの拒まず去る者追わずと明きらめるのも縁かと想えたのも自分の中では大きな気持ちの変化でした。評価されるのを欲すというより評価する側にもなる変化の一つで。

バンドのMagicは確かに存在するけれども、向井秀徳はとてもいい気脈で縁を引き寄せてきたと想います。このライヴ盤のメンバーからアヒトイナザワもひなっちも抜けていくけれど、座禅は強靭に続いていく。

"ずっとこのBANDが続く"ことは叶わない先に、新しい景色が。

縁は流転するのを悟るのも大人の階段かなんて想う文月の23:49、繰り返される諸行は無常、蘇る性的衝動…。
by wavesll | 2017-07-11 23:49 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Omar Rodríguez-López - Cell Phone Bikini

Omar Rodríguez-López - Cell Phone Bikini [Full Album]


釜茹でされるような暑さでいかれちまった日は、Chillが底流にありながら楽団の静かな狂気を湛えた音が炎節を醒ましていくようなこんな音楽をかけてウォーターベットに倒れ込みたい。
by wavesll | 2017-07-11 20:07 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Fela Kuti - Zombie X Firestone Union Jack IPA 朱夏は此の道 第101回酒と小皿と音楽婚礼

Fela Kuti - Zombie [Full Album]

c0002171_1749573.jpg
今年の初泳ぎは元町プールでした。

週末のわいわい賑わう元町プール。木立の中で落ち着いたプールもいいけれど、こういう騒やかなのも良いですね。入墨の侠っさん達がかなりいたけれど、今年からはTバックが禁止だそうで。元町プールと言えば刺青とオッサンTバックだったのですが、時代は移るもの哉。

午前中泳いで、さっぱりしてUnionで弁当買って家で昼。最高な流れ◎

こううだる中に涼を与えて呉れる音楽もいいけれど、気持ちよく熱に酔うのも一興。

Fela Kutiはその感覚にうってつけ。
Miles Davis - Kind of Blueの時も画きましたが、この名盤も最近良さが直撃するようになった盤で。新たなロールモデルは此のマッシヴさだなと。

青春の靑を越えていくにはこの肉体性が道標になってくれる気がします。今年は體を鍛えたい。出来るだけ泳ごうと想う處。

それに合わせるはFIRESTONE UNION JACK IPA, 匂いたつアロマ、良い珈琲の基準が酸味に感じるように、最近はいい麦酒のクライテリアが香りに想うようになりました。

このアロマが加わることで『Zombie』の音が新たなディメンションに廣がる感覚があります。MassiveでAromafulな朱夏を重ねていきたい、そんな思いをアフロ・ビートの熱情に湧かして。
by wavesll | 2017-07-10 19:54 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)