タグ:音楽 ( 526 ) タグの人気記事

ロリケン(ROLLY + 大槻ケンヂ)LIVE@ニクオン

c0002171_20451216.jpg

錦糸公園で開催されたニクオンへ行ってきました!
肉が焼ける匂いが充満する中、お目当てのロリケン(ROLLYと大槻ケンヂ)を拝んで来ました。

ロリケン、オーケンソロの『日本印度化計画』からはじまりローリーが出てきて『香菜、頭を良くしてあげよう』、ローリーソロの『You Belong To Me(日本語バージョン)』、二人での『あしたのジョー』『ルパン三世』『燃えろいい女』『オンリーユー』と楽しかった。オーケンの「泪橋ってこの辺りだよね」観客「違う」「それは南千住」オーケン「中野の俺から見たら全部右側で同じなんだよ!」とかMC笑えましたw

一番良かったのはローリーがソロ2曲目に“今日お肉になった全ての動物に捧げ”た『月まで飛んで』。英国サイケデリックロック感最高!と思ったら70年代の「安全バンド」のカヴァーとのこと。ギターシンセサイザーって初めて生で見たなぁ、ありゃスゴい。

ROLLY - 月まで飛んで (安全バンドcover)


バンドverもありました。こちらもいいなぁ。ローリー、生でもめちゃくちゃ格好良かったです◎

ROLLY 月まで飛んで


c0002171_20312114.jpg

by wavesll | 2017-06-04 20:43 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

shotahirama + Masashi Okamoto live at 渋谷タワーレコード

c0002171_22134841.jpg
c0002171_22142477.jpg


Maybe Baby (Short Preview)/ shotahirama (soundcloud)

shotahiramaのインストアライヴ@渋谷タワレコに行ってきました!なんとドラムのMasashi Okamotoと共に演るSPセット!カリブな雰囲気から始まって構築された世界が崩壊するようなジャズ、そしてレゲエまでグリッチノイズが遷移する好ライヴでした!

音あんなでかくていいの!?というレベルで。グリッチノイズのライヴってだけでなく多ジャンルのエッセンスで身体が香りづいていてとても聴きやすく、さらには生ドラムがほんとうに効いていて想像以上に楽しかった!体感だと以前8Fでやったときより音が大きくて、さらに楽しかった!

Encoreには新譜『Maybe Baby』が鳴らされて。この人のクリュクチュしたノイズほんと好きなんだよなー。最高のデザートとなりました。

LIVE後に話をさせていただいたのですが、今回のギグで使った音源は新譜に使おうかと思っていた素材とのこと。ちなみに『Maybe Baby』、タワレコで買うと『post punk』の本人によるSelf Remixが聴けますよ。よりロックになってる感じで愉しめました。
by wavesll | 2017-06-01 22:28 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

坂本龍一 設置音楽展 ryuichi sakamoto async @ワタリウム美術館

坂本龍一 設置音楽展 ryuichi sakamoto async - ワタリウム美術館へ行ってきました。

c0002171_427348.jpg


坂本教授自身が「あまりに好きすぎて、 誰にも聴かせたくない」という8年ぶりとなるニューアルバム『async』。本展の目玉はこれを5.1ch サラウンドで坂本龍一が最も信頼するムジークエレクトロニクガイサイン製スピーカーにて再生するインスタレーション空間。

『async』5.1chはムジークの音の良さもあり魅力全開。特に弦の打音が凄い「async」とトライアングルが天空的な音を響かせる「tri」が素晴らしく、自然採音モノでは木立を踏みしめる曲と雨音に三味線の曲も良くて、音響空間に浸れました。

実は『async』はSpotifyで聴いたとき1曲目のピアノがイマイチに感じて聴き込んでなかったのですが、信頼のおける耳の人が複数薦めていたし、今日が最終日と知ってこのアルバムの真価を味わっておきたくて。この音響で聴くと幽玄な迫力に一曲目にも魅了されました。

「andata」も例えば内部奏法にしたりチェンバロを使っていたらもっと惹きのある面白味があったのかもしれませんがそこをシンプルにしたことでスルメと成るディレクションなのでしょう。

そして音響/音質も真に音楽にとって本質的なものなのだと改めて感じ入りました。

今回は5.1chでしたが、あいちトリエンナーレでのChris Watsonの20chフィールドレコーディング作品東京藝大音環 卒展・修了展 2016での蓮尾美沙希さんによる22.2ch録音作品『My Kingdom』を聴いた際もサラウンド音響は録音作品にコト消費としての魅力をもたらすなと想って。

ビートルズの時代のイノベーションが再び起きたかのように、ライヴを越えた録音でしかあり得ない音響体験を創れるサラウンド音響作品は映画館でいう3D、4DXのような付加価値に近いものがあって。

その内ジャズ喫茶や名曲喫茶ライオン特殊音楽バーSciviasのような感じでサラウンド・バーが開かれたり、美術館の展示スペースに常設のサラウンド音響空間が出来るかも。その生業、自分も一枚噛みたいw

こうした試みに未来の萌芽を感じて。とても良い気分で神宮前の空の下帰路に着きました。
by wavesll | 2017-05-29 05:01 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

松崎ナオ live@宇宙平和音楽祭

c0002171_23223962.jpg
c0002171_23225071.jpg


松崎ナオ - 川べりの家


松崎ナオ トリオ 客無しライブ incl. 「川べりの家」「フォークソング」「大人は知ってる」ほか全6曲


松崎ナオ - hello, goodbye


ラオフェスの帰りにNHK前で松崎ナオのライヴをみました。ドキュメント72時間のテーマ曲「川べりの家」もやってくれて。そして『大人は知ってる』という反原発歌がとても良かったです。最後にやった「Hello Goodbye」も心の襞に触れる歌唱でした。

唄やMCの感じにCoccoとかUA的なものも。凄く人間味が通じて。好きなパフォーマンスでした。
by wavesll | 2017-05-27 23:31 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

ラオスフェスティバルで聴いたケーンでAcoustic Big Room Houseを妄想 & 爆風スランプ『RUNNER』ラオスver

ラオフェスビアラオ飲んで来ましたw
c0002171_1924756.jpg
c0002171_193149.jpg
c0002171_1931016.jpg


Lompat phai by master Daeng toy


代々木公園のフェスは現地の結構なスターが出るので楽しいのですが、今回特に気に入ったのは国立芸術院所属のケーン・キーボード奏者のPHAVY CHANHSILENGさん。特に笙の元となったというラオス/タイの伝統楽器ケーンの響きがバグパイプみたいで、これでアコースティックビッグルームハウスとかやれんもんかなとか妄想が広がりましたwガムランもそうだけれど、Asiaの楽器ってどこかエレクトロニックな響きを感じます。

ラオスフェスティバルは明日も開催。ラオスのアーティストのNAMFONという子は歌謡曲なのにいきなりEDMのブレイクダウンが起きたりして面白かったりwこの他ラオスに所縁のある日本人アーティスト等も出ていて、今日は栗コーダーカルテットがピタゴラスイッチの曲とかやってくれましたw

明日はサンプラザ中野くんとパッパラー川合が出るそう。あの曲やるかもしれませんね(あるよねあるよね!by S.池崎)

日曜追記
行ってきました!やってくれました!『ランナー』!しかもサビをラオス語で歌う『ランヌー』verで◎!

フィナーレはラオスオールスターズで★!ラオフェス、楽しかったー!

c0002171_21574237.jpg
c0002171_21575922.jpg
c0002171_21581028.jpg
c0002171_21582182.jpg

by wavesll | 2017-05-27 19:15 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Luigi Tozzi@Paral.lel Festival 02:09:2016 X 露・オルダ水中洞窟のギドロコスモス 第32回音の貝合わせ

Luigi Tozzi@Paral.lel Festival 02:09:2016 (soundcloud)
c0002171_1924511.jpg
“世界一の美しさ” ロシア・オルダ水中洞窟のギドロコスモス(水の宇宙)
by wavesll | 2017-05-26 02:21 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Soundgarden - Superunknown

Soundgarden - Superunknown (1994) [Full Album]


単純にこんなにも突き抜けたヘヴィさとハイトーンヴォイスの音楽に脳天撃ち抜かれ。もう遅い。オーディオスレイヴで知った時は「ザックじゃないのかよ」と想ったり、その後もサウンドガーデンに触れることはなかったけれど。

形骸的にRIPとに書くのをWeb世間にみせるのに、或いはニュース的に消費するのに胃酸が上がり、今回すぐには聴けなかった。願わくばこんな悲しいニュースでなく来日公演等の果報が切っ掛けで聴きたかった。

Rock Musicはサーカス/ドラッグなのか、それを"正義/己の意志"で受け容れないのは幼稚なのか。0or100でなく中腰のグレーが実際なのだろうけれど、そんな靄がかかる苛立ちを瀑布でかなぐり洗い捨てるようなGrungeの響滝に、今は祈りを。
by wavesll | 2017-05-23 00:54 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

能×VJ LIVE at 天空樹にて妖気に触れる

c0002171_7225050.jpg


Tokyo Skytree’s new lighting pattern and ‘Noh x VJ Live’ performance


能×VJ LIVE~演出(1/2)~(東京スカイツリータウン5周年)(2017)(1/4)


能×VJ LIVE~演出(2/2)~(東京スカイツリータウン5周年)(2017)(2/4)


スカイツリーへ能×VJ LIVEを堪能してきました。

いやー、えがったー!能×VJ!

LED屏風の前で演舞するというステージ。小狐丸という伝説の劔が造られる物語でした。

18:30からの最終回の為ライティングにも映えた刀鍛冶の端正な、しかし狂気に迫るような演技の迫力、そして相槌の狐神の異様な圧倒さ。

そして楽器隊のサイケデリックな音!音波が映像化されるといったVJとの同期も相まって相当な感無量。“日本の妖気”に魅了されました。

90分前から前方真ん中三列目に座って待っていただけあって演者の目の演技まで楽しめて。

最初は舞台撮る気満々だったのですが、上に載せたようにYouTubeに動画(別の回)を全編上げてる人がいて、これはみるのに集中できるなと。

で、写真撮る気の写の字も起きないほど圧倒的な時間。能にSEが重なることで取っ掛かりが出来ると共に能の舞台そのものの凄味が逆に浮かび上がるという。

これが気に入った方に"伝統音楽Xエレクトロニクス"という点でお薦めなのがモロッコの呪術音楽ジャジューカをローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズがディストーションかけたアルバム。因みに本場のジャジューカ・マスター達による来日ライヴも今秋あります。

あやかしが息づく年月の九十九。その幽光・妖音の幻に一時の夢を視た宵となりました。
by wavesll | 2017-05-22 07:47 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Clap!Clap! live at 代官山UNIT (Band set)

c0002171_7103780.jpg


Clap!Clap!のおっちゃんメチャメチャ上ゲ上ゲでした!!

2ドラムのバンドセットは緩急無しの爆上ゲ展開で架空の秘境の音楽というコンセプト・アルバム『Tayi Bebba』を聴いて期待してた感じより異世界にハイヴォルテージな明るさだったのですが、爆音の彼方に鳥の声とかも入って、あの空気感は日本のものではない夏の高揚感がありました!アンコールはプリミティヴなDJプレイで。

Clap!Clap!のおっちゃんがブチ上ゲに動き回るし最高にハイなパフォーマンスでした。カラダ動かすと音が全身で揺らめく振動感覚で最高★夏来たる!

久々のクラブだったのもあってその前の食品まつりさんの重低音がきつくて離れたところで聴いていたけれども、エクスペリメンタルという点ではくっきり濃くて良かった!そしてClap!Clap!御一行がLiveの後でPLAYしたJUN KADOMAさんと1-DRINKさんのDJで普通にフロアで踊ってるのもベーネでした!

c0002171_10342166.jpg

by wavesll | 2017-05-21 10:34 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Jlin / Black Origami 遍く越えていくGqom / Footwork

First Listen: Jlin, 'Black Origami' (npr)
c0002171_8324993.jpg


Bandampで先行配信されてた曲を聴いて楽しみに待っていたJlinの『Black Origami』、日付が変わるなりSpotifyで聴いて朝起きてNPRで試聴してます。SpotifyよりNPRの方が音が太い感じ。陽光の下でも機能するクラブミュージックって又良い。

トライバルなGqom / Footworkに、ついこの間聴いたばかりのZIMBA / BALEKAの音をちょい想起。Popin'なカットアップセンスはThe Booksからの列なりも感じました。

締まったくっきりした音。それでいて猥雑な世界を鳴らしてる。こういうの聴くと嬉しくなるというか、みんなこういうの聴けばいいんじゃないかって想ったりw次代を切り拓く作品というより、いい意味で遍く心に響く安定性のある音楽だと思います。それをFootworkでやるんだから凄い。みんなこういうの聴けばい(ry

Pitchfolkの評やらガーディアンのJlinへのインタヴューとかさらさら読みながら、更に聴き込んでいきたい。最近ほんとにElectronic Musicが己の中でキャズムを超えた気がします。


◆Klein / ONLY -Cocktailの様に新しい知覚を呉れるVapor Rhythm & Blues
◆GAIKA 『SPAGHETTO』X ウユニ塩湖のチョコレートで漆黒のエクスペリメンタルを 第89回酒と小皿と音楽婚礼
◆行間が夜を深くする Cornelius『あなたがいるなら』& 鯖棒鮨 第91回酒と小皿と音楽婚礼
◆食品まつり a.k.a Foodman / "IKEIKE"に山芋の糠漬け 第70回酒と小皿と音楽婚礼
◆食品まつり a.k.a foodman Boiler Room NY X 山椒エール 第87回酒と小皿と音楽婚礼
by wavesll | 2017-05-19 08:48 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)