タグ:音楽 ( 605 ) タグの人気記事

Telefon Tel Aviv & toe live at daikanyama UNIT

Telefon Tel Aviv - The Birds


Telefon Tel Aviv - Fahrenheit Fair Enough [Full Album]


代官山UNITへTelefon Tel Avivを観に行ってきました。

先ずTTAの前に演ったtoeがとても良くて。

生で初めて見たのですが、序盤の星降る森林のようなアコギが印象的で。そこからビルドアップしていきクエーサーを喚ぶようなダイナミズム。そして再び夜空の草原へ。

「TTAとは同じ町内な気がする」とのMCにTTAがIDMに留まらずエレクトロニカ、ポストロックといった広い領域に影響を及ぼしたことが想われました。

そしていよいよTelefon Tel Aviv!
私は1stの『Fahrenheit Fair Enough』が大好きな人間なので、"前日のDOMMUNEのようなバッキバキより揺蕩う感覚を味わいたい"と想っていたのですが、全くの杞憂で。

冒頭、ウユニの塩を踏み締めるような雪氷が砕ける如き音に引き込まれました。もうこの曲だけでも感銘が沁みて。

そこから山嶺へ、空宙へ、深海へ、林立するコンクリートへ。そして最早風、ワイエスの画に吹く荒風のような音、最終的には意味を越えた音の波濤へ。

白黒のLighting演出の色を失った世界はまるでピーク・エクスペリエンス/ゾーンで色彩が消えたかのような感覚をもたらしていました。結構歌モノもやってくれ、旋律の流れに少しアラブも感じました。生でバキバキを浴びると快かったけど、しいて言えばさらにアンビエントでも良かったかな。

ドローン、ノイズ。フォークトロニカ、或いはイスラム音楽までの音の廣さ、そして貫く硬質さが格好良かったです。ヨシュア・ユーステスは愛らしい人で最後のちょちょ切れもご愛敬。日本語を勉強しているそうで、客電がついてもアンコールの拍手を止めない観客たちに舞台に出てきて「モウ曲ガアリマセーン」と言う姿が可愛らしかったw

音響詩とでもいえばいいのか、画が起ち上がるような光闇が鳴った一夜でした。
by wavesll | 2017-09-21 00:21 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Rolling 2 the 福岡/山口旅行記 2日目 元乃隅稲成神社+Alpha

I'm@元乃隅稲成神社
c0002171_232153.jpg

元乃隅稲成神社は昭和30年に地域の網元であった岡村斉(おかむらひとし)さんの枕元に白狐が現れ、「これまで漁をしてこられたのは誰のおかげか。」と過去からの関わりを詳細に述べた後、「吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことにより、島根県津和野町太皷谷稲成神社から分霊された神社

商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神

「稲荷」神社は全国で四万社ほどあるが、「稲成」神社は二社のみ

昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ景色は圧巻

神社敷地内にある高さ約6mの大鳥居の上部には賽銭箱が設置されており、見事、賽銭を投げ入れることができたら願い事が叶うと言われる。(ながと観光ナビ)


c0002171_235172.jpg
c0002171_2352883.jpg

一日目は宗像大社や太宰府天満宮をめぐった今回の旅。明けて2日目は台風一過のベストコンディションの空の下を博多からクルマで2h30mかけやって来たは元乃隅稲成神社!この旅の目玉、ここに来たかった!

CNN「日本の最も美しい場所31選」に選ばれたこの神社、結構な人出で駐車場はクルマの列ができていた。

元々は地元の人は「龍宮の潮吹」という波濤スポットを推していたみたいで。近所には「潮吹荘」なる色々とツッコミたい名の民宿もw

鳥居を抜けたところからみえる龍宮の潮吹も美しかった。というか、日本海の靑が本当に綺麗だった◎
c0002171_2312213.jpg
c0002171_23122153.jpg


元乃隅稲成神社の鳥居の内部から横から出たとこからの写真たち。たぷりと堪能。
鳥居は平成26・27・28年製が多かった印象。フレッシュな美。山口まで来た甲斐があった。考えてみれば人生初山口。
c0002171_23143028.jpg
c0002171_23144197.jpg
c0002171_23145723.jpg
c0002171_23162848.jpg
c0002171_2316425.jpg
c0002171_2317987.jpg
c0002171_23172610.jpg
c0002171_23202493.jpg

c0002171_2320469.jpg


c0002171_232311100.jpg


その後角島大橋も視に行った。波が3方から打ち寄せるさまが魅力的。エメラルドグリーンの海にちょっと宮古島を想い出した。
c0002171_23315625.jpg
c0002171_23321638.jpg


博多へReturn. 走行中にChを回すとNHK FMからかかってきたのがミック・ジャガーの新譜。なんてこった!最新の黒い感覚を咀嚼したROCK!!なんたる74才。ストーンズのようなジジイがいると希望が持てる。

Mick Jagger - Gotta Get A Grip


天神・パサージュ通りへ。天神は好い街だ。
c0002171_23383967.jpg
c0002171_23385233.jpg


福岡銀行。現代アートのような建物。
c0002171_2339223.jpg


やっぱり天神の地下街は洒落てる。
c0002171_23394927.jpg


博多駅のお土産街で辛子蓮根。んまかった。辛子明太蓮根は結構辛かった。
c0002171_23405719.jpg


博多らーめんShinShin。鮮烈な驚きってほどじゃないけど650円でこれならコスパ良し。デイトス店限定の赤らーめんはトンコツ担々麺って感じだった。
c0002171_23422712.jpg


福岡のSuica.
c0002171_2344418.jpg


c0002171_23453179.jpg

帰路。やっぱり青天の元乃隅稲成神社をみれた&撮れたのが嬉しかった。何より昨日博多へ飛ばしたJALがよくやってくれた(笑)宗像大社の神宝も、そして大宰府も凄く良かった。今度来るときは水炊き食べたい。

そしてクルマからみた福岡と山口の田園風景が素敵で。伝統家屋と水路、田んぼが本当に快い風景だった。ストーンズの良さに開眼も出来たし、充実した一泊二日だった。
by wavesll | 2017-09-20 00:00 | | Trackback | Comments(0)

あほ空 / 二村定一 天野喜久代 & Vintage 20s Jazz Music

あほ空 二村定一 天野喜久代



20s & 20s Music: Roaring 20s Music and Songs Playlist (Vintage 20s Jazz Music)


戦前ジャズの凛としてるんだけどとぼけたサウンド、心地よい。モノクロの穏やかな刺激で朝の一服を。
by wavesll | 2017-09-17 07:06 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Ivan Cattaneo / Uoaei X ヒエロニムス・ボス / 快楽の園 第35回音の貝合わせ

Uoaei ( album completo) - Ivan Cattaneo, 1975


c0002171_15254723.jpg


伊アーティスト、Ivan Cattaneoの処女作。
各曲の題名を翻訳すると
1. 処女&ヘビ 2. 断片 3. ダーリン 4.スピッツ&スペース 5.おとぎ話を超えて 6.ビッグバン 7.ゴムの道に 8.ココナッツの束または蝶の叫び 9.ダーリン2 10.火星からのトマト 11.味 12.昆虫ゲーム 13.子供は邪悪です 
と奇想が並び、そのサウンドはラテン・サウダージを香らせながら、土から生まれいずるファンタジーな響きとなっています。

これに重ねるはフランドルの奇想の画家、Hieronymus Boschの代表作、『快楽の園』

エイリアンによって創造されたかのような地球の姿。人間の営みが異想まで達する、未来視の様な奇妙なファンタジーを、Ivan Cattaneoのこの母音を冠したALが補助線となって、創造という営みが持つ幻惑性を顕わすように私は感じました。

快い楽しさと、一抹の不安、その非平衡世界の中でバランシングしながら、人間存在が土から宙へ延びていく、そんな様が、この二つの作品から感ぜられました。
by wavesll | 2017-09-16 15:43 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

秋晴れにExplosions In The Sky - All Of A Sudden I Miss Everyone 第34回音の貝合わせ

c0002171_19482921.jpg


Explosions In The Sky - All Of A Sudden I Miss Everyone ( Full Album )


夏季の最後の名残の九月晴れ、天高く、蒼穹に映える轟きが澄明な空を輝かす。宇宙の黒が透けるような藍空に、白光が爆ぜる。
by wavesll | 2017-09-14 19:55 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Cream - Wheels of Fire X Samuel Adams 第108回酒と小皿と音楽婚礼

Cream Wheels Of Fire Full Album 1968


c0002171_20215353.jpg「2017年なのに『クリームの素晴らしき世界』!?おいおいクラプトンが”多分、ギターは終わったんだろう”って言う時平線なんだぜ!?」って言われちまいそうですが、気に入ったんだから仕方ないw

Jimi Hendrix入門としての『Valleys of Neptune』の流れから1960年代末のHRのマイブームが来ていて。自分は結構時流に流される洋楽の聴き方を普段してるので、こうして何も流行りと関係ないリスニングってなんか嬉しくなったり。

メディアやレーベル、ショップが生み出す流行に乗るのも楽しいけれど、どっかそこに異分子というか、BombっとこういうRockを落すのも一興というか、Freedomで好ましい。なぁに、好きな理由付けは何とでも後付すればいいのですw

「全カタログへアクセスがフラットに行えるストリーミング時代ならではの事象」だのなんだの、いくらでも言いようがあります。でもそれよりも大事なのは”なんか良くね?”っていうこの心の動きでしょう◎

まぁ我ながらジミヘンやツェッペリンは今来てもわかるけどクリームは『何故今』感あったのですが、ロックの痛快なイナたい感じが心に馴染み、ギターが溜めがあってビブラート効かせる緩やかさが今のBPM感で響くというのはこじつけでしょうかw

さて、酒を。このAlbumに合わせたいのは燻し銀な果実味が好い全米最大のクラフトビール、サミュエルアダムス・ボストンラガー。この渋みがヴィンテージ・ロックによくマリアージュします。

柔らかいんだけどザラザラしていて、透か透かなんだけどドカドカ鳴っている。白黒映画の世界へ飛び込むような、明らかに過去なんだけど個人の体験としては新しい領域が、真新しい名画の投射のようにそこにありました。
by wavesll | 2017-09-13 20:38 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

アヴァンな自作特殊楽器奏者すずえり(鈴木英倫子)のLive映像集

すずえり 2015/11.23 @Ampcafe


ブルーシートズ (すずえり+変なドレス) 2013/7.15@AMPcafe


すずえり LIVE2012/8.13@galleryAMP


20161227 ftarri Live


2017-3-18 at ftarri


Kanta horio + suzueri @ ftarri ,2013.11.9 scene 03


suzueri solo at Islington Mill, Manchester 6th Feb 2017


DOMUNEで素晴らしいライヴをしたすずえりさんの映像を蒐めてみました。

自作のピタゴラ装置のような特殊楽器を奏でるアヴァンな演奏。武蔵野美術大学造形学部卒業というアートとのマージナルさを超え、メロディとノイズが織り重ねられる音像は草木も眠る真夜中の静寂に良く響きます。

水道橋のFtarriや高円寺のAMPcafeなどでライヴをされているようで、良い機会があったら馳せ参じたいです。触発されるLiveでした。
by wavesll | 2017-09-13 04:03 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

デトロイト交響楽団 / Candide X トマト丸かじり 居酒屋鴎のすぐ出るUMAMI 第107回酒と小皿と音楽婚礼

Detroit Symphony Orchestra / BERNSTEIN Overture to Candide


c0002171_18421999.jpg


帰ってきて、腹も空いてるし口寂しいし、焼酎とか麦酒とかいきながら夕食の準備したいけど下っ腹も気になるし…といったときにやるのが生トマト丸かじりでw

はしたないけれどもうシンクの上でがぶりとwこれが美味い!UMAMIが口に広がって、小腹が満たされるし、野菜ジュースとかよりもさらに健康的だしで結構ウチではやってしまいます(笑)

さて、そんなうま味を倍増させるコンボにチョイスしたのが先日のクラシック音楽館でも流れたデトロイト交響楽団の「キャンディード」。

指揮のスラットキン氏が日本公演でこの曲を選んだのは、”アメリカの楽曲をアメリカのオーケストラが演奏すること”の意義深さから。クラシックの名曲がある国って、サッカーのグローバルな人気のあるクラブチームがあるのと同じくらい価値があるなぁと。

「ラブロディー・イン・ブルー」や「コープランド: 交響曲第3番」も素晴らしかったけれど、特にこのバーンスタインの描いた「キャンディード序曲」が気に入りました。ミュージカルの楽曲だけあってポピュラーとクラシックのダブルのような楽しいさが好きです。

さて、幸福な音楽と幸せなVegetableで心と体をチャージして、晩飯に行こうかと想います◎
by wavesll | 2017-09-12 18:56 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Shai Maestro X 和梨 長月の宵を甘やかに楽しむ 第106回酒と小皿と音楽婚礼

Shai Maestro Trio - Treelogy (live @Bimhuis Amsterdam)


Shai Maestro Trio - Maya's Song (live @Bimhuis Amsterdam)


Shai Maestro Trio - Improvisatie (Live @Bimhuis Amsterdam)


c0002171_2092183.jpg

JTNC系の発信などから気になっていたイスラエル・ジャズ新世代の代表であるピアニストのシャイ・マエストロ。先日の東京JAZZへの出演を機に聴いてみたのですが、これはいいですね。

サウンドにも中東の響きがあると聞いたのですが、明瞭には聴き取れず。これは私が正統派ジャズをそんな聴かずに普段濃ゆいワールドミュージックばかり聞いてるからと想うと共に、そんな自分が面白く聴けている時点で既に音にエキゾチカが入っているのかもしれません。

さて、それに何をあわせようと想ったとき、冷蔵庫に幸水があったのを想いだしました。

秋の甘やかな潤いが口に広がって、Shai Maestroの音と共に透き通って柔らかい響きがとても美味しい、好いマリアージュとなりました。

さて、Shai Maestro。J-WAVE金曜深夜26:00~26:30のサラーム海上 ORIENTAL MUSIC SHOWに出演しライヴも披露するとのこと。RadikoはTime Free機能で1週間ならばいつでもCheckできるので、気になる方は是非10月6日回を御Checkを◎
by wavesll | 2017-09-08 20:18 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Jimi Hendrix入門としての『Valleys of Neptune』

c0002171_21563744.jpg

Jimi Hendrixといえば伝説のロックギタリスト。しかし何故か名盤とされるアルバムが私にはピンと来なくて。シンプルなROCKというよりどこかこっさりと感ぜられて。

しかし以前に機内で『Valleys of Neptune』を聴いて。これは遺された音源が纏められてリリースされたモノなのですが”アレ?此れとても耳に馴染んで聴こえる”と感銘を受けて。

そして今"Spotifyで聴けるかも"とサーチすると音源があって、改めて"この盤は好い"と思ったのでした。

一曲目の「Stone Free」から少し渋みを帯びたGuitarの音色に撃ち抜かれて。ビート感も物凄くSolidでROCK。二曲目の表題曲「Valleys of Neptune」がまたいい。ブルーズがRockと混じり合いなんとも滋味豊かでそして格好いい音像で。

三曲目の「Bleeding Heart」はRockとFunkの融け合った感覚。この中域からの音の抜け感が最高に気持ちいい。色濃いブルーズからのエクスプロージョンな「Hear My Train A Comin'」にR'N'Rな「Mr. Bad Luck」など黒さとソリッドさが双立するクールな楽曲が続いて。

「Sunshine of Your Love」のカッティング回廊とかホント至高。「Lover Man」の荒野に抜ける風のようなギターの鳴り。「Ships Passing Through The Night」の広大な空間を征くような莫大なサイズ感。そこからのリフとギターソロが炸裂する「Fire」、「Red House」の間と溜めに聴き惚れそして天の川銀河を越えていくような「Lullaby For The Summer」へ。

長尺のアルバムで終盤はちょっと刺激に慣れてゆく気がするのですが、最後の「Crying Blue Rain」のJAMがまたスパイスとなっていて大変気に入りました。

ジミヘン存命中のALにはちょっとモサっとした感覚があったのですが、この盤の演奏はテンションが高くて聴き惚れます。ほとんどの楽曲は1969年の演奏とのこと。2010年のセンスで選りすぐられたテイクだからか、今の感覚で聴いても真情に響くサウンドとなっていました。

そこから死後リリースされた「4枚目」と呼ばれる『First Rays of the New Rising Sun』を聴くと綺羅めく音が楽しく、どんどんJimi Hendrixサウンドの受容体が出来てきて。『Valleys of Neptune』と同時期の『Electric Ladyland』のSoulな處や宇宙感も心地よく感ぜられて。

うるさ型のジミヘン・マニアに言わせるとまずはスタジオ正規盤の3枚からジミヘン・リスニングは入るべきとのことですが、私は寧ろこの『Valleys of Neptune』から聴き始めるとすらっと聴道へ入っていけると自分の体験から薦める次第でした。
by wavesll | 2017-09-06 21:31 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)