タグ:音楽 ( 637 ) タグの人気記事

The Beatles - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 50周年記念盤 X 煎茶 第112回酒と小皿と音楽婚礼

c0002171_20201558.jpg
c0002171_20503783.jpg

本日、33歳の誕生日を迎えることになりました。
それで、誕生日プレゼントに貰った『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念リマスターを聴いています。

ビートルズは中高の頃、赤盤・青盤から入って、近所にあったアコムがやってたレンタルCD屋かTSUTAYAで借りて。当時は洋楽のキラキラした伝説を味わうというか、ロック名盤でありながら人懐っこいポップさに魅了されました。

それから真心ブラザーズじゃなけれども、ビートルズを離れてもっとハードな音や心に刺さる邦楽ROCKの世界へ行って。「ビートルズなんてポップだよな」なんて言って。

大学を過ぎた頃、社会に出て、”ロックさ”では立ち行かない壁に当たった頃、ビートルズのモノラル盤リリースがあって、その時赤盤青盤ダブル盤のリリースがあって、そしてその発売日が10月18日で。なんかロックの神様が誕生日プレゼントしてくれたような気になったものでした。

そして今、大切な人から贈られた『Sgt. Pepper's』を聴いています。

時代はどんどんと戦争と貧困の悲劇へ侵食され、どんどん息苦しさと享楽の二極化したリアリズムに突き動かされています。そんな中で、ロック音楽は”ダッド・ロック”なんて言われて、不良の音楽と言うよりもいい子の音楽になったと言われ、尖った魅力を捉えられない存在、死んだというよりも老衰したと言われるような昨今。

しかしそんな中で純音楽としてBeatlesの音がとてつもない力を持っていると、今年4月に東京ドームで観たPaulのライヴで想って。圧倒的な魅力が音楽から放たれていると。

そしてその時知った『サージェント・ペパーズ50周年リマスター』。タワレコで試聴した時、”おいおいこれテイムインパラ級のサイケロックの新星のアルバムといってもいいようなイマの音になってるぞ”と衝撃を受けて。

家のオーディオで聴いてみると、寧ろDISC2の『SGT. PEPPER SESSIONS』に最初惹かれました。

Led Zeppelin Physical Graffiti Outtakesでも想ったのですが、ラフに中断され、レコーディング時の会話も差し込まれる感じがHIPHOP的なカットアップ感とストリーミング時代のラフな感覚にフィットしていて。

こういう音源がボーナストラックとしてオリジナル音源の後に入れられると体験を損ねると感じるのですが、ボーナス・ディスクとしてそれ自体で流れをもって円盤をつくられると非常に好ましく感じました。

そうしてSESSION音源を聴き込んだ後で『Sgt. Pepper's』本編を聴くと凝縮された音楽の楽しさ、センチメンタルさ、真情と愉快さが鳴り続けるROCK MUSICの至宝を真新しく感ぜられて。インド音楽の取り込み方も”俺は此れが好きなんだ!”って感じのあっけらかんさが好きでしたw

この一年は個人的に60's 70'sのロックを聴き過ごすことが多くて。それはリアリズムの中でもげた翼を芸術によって解き放つと共に、粗悪な暴言から一歩進み人の間において本音2.0とでもいうべき、コミュニケーションの中で真情を達成すべくための主張と傾聴、矛と盾の心の在り様を自分自身のルーツを辿ることで血肉化しようとしたのかもしれません。

ロックはもうわざわざ"ロック"と言わずとも、生活のすべてに遍在しているように想います。

煎茶のようにライフの中に当たり前となり、結果として”空気”になったROCK.

それを凝縮させると”ムチャクチャやってもどうにかなる陽気さと生硬さ”がそのコアにあるように想います。そして『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』はそれを50年鳴らし続けてきたのだなぁと。

HR、HM、グランジとどんどんシリアスに突き詰めていったロック、しかしこのROCKの至宝には、未分化な自由さがあふれて、その肥沃さにこそ未来の種子があり、今また音楽の豊饒さが開化していくのだなぁと。

無限の未知の中でこの円盤を羅針盤代わりに携え、この先の大海を渡っていきたい。そんな冒険心がくすぐられる聴験をすることが出来ました。
by wavesll | 2017-10-18 21:18 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Led Zeppelin III Reversed. 現代のElectronic Musicとして蘇るHard Rock名盤

Led Zeppelin III (Full Album) Reversed.


原盤からしてROCKを越えてPOPといってもいい跳躍的なAlbumだったけれども、逆再生すると気狂い度が上がるのとビート・ミュージックのように聴こえて中々に乙。ラストが移民の歌なのも胸が熱くなる。

ビートってドラムの逆再生とかで創ってるのかもと。My Bloody Valentine (Backwards) - LovelessStrawberry Fields Forever - The Beatles [800% Slower]も併せ、意識の拡大を齎すビートメイク技術の一端に触れられた愉しみがありました。

c0002171_20362757.jpg

by wavesll | 2017-10-16 20:53 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

AINOTAMENISHIS (愛のために死す) / I LOVE YOU, BABY

AINOTAMENISHIS (愛のために死す) / I LOVE YOU, BABY
c0002171_548073.jpg

黎明に切実で、暴発的で、即実的で速射のR'N'Rを。そのままだろうが何だろうが魂を揺らす火があればロックは真実在する。一人きりの真情が突き抜け心の襞に刺し込む、その火が。
by wavesll | 2017-10-16 05:49 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

セサミストリートが洋楽好きにはたまらない感じ

c0002171_2218452.jpg

Sesame Street: Norah Jones Sings Don't Know Y


Sesame Street: Bruno Mars: Don't Give Up


Sesame Street: Feist sings 1,2,3,4


Sesame Street: Pentatonix Counts (& Sings) to Five


Sesame Street: The Alphabet With Elmo and India Arie


Sesame Street: Sheryl Crow: Soak Up the Sun


Alicia Keys with Elmo on Sesame Street - Dancin' (Fallin')


Sesame Street: S is for Songs with Sia


Sesame Street: B is for Book (with Pharrell Williams)


Sesame Street: Ed Sheeran- Two Different Worlds


Sesame Street: One Direction What Makes U Useful


Sesame Street: Billy Joel And Marlee Matlin Sing Just The Way You Are


Elmo DVD - REM sings Shiny Happy Monsters on Sesame Street HD quality


Sesame Street - Ray Charles "Believe In Yourself"


Sesame Street - Little Richard sings "Rubber duckie"


Sesame Street: Paul Simon Sings Me & Julio


Sesame Street: B. B. King: The Letter B


Stevie Wonder - Superstition live on Sesame Street


セサミストリート: CBCC (Cookie-Butter-Choco-Cookie) クッキー・バター・チョコ・クッキー フルバージョン/ピコ太郎、エルモとクッキーモンスター


by wavesll | 2017-10-15 22:18 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

DADARAY, PAELLAS, CHAI; SONAR MUSICで気に入った邦楽若手3選

c0002171_13351748.jpg

10月はテレビ・ラジオの改変期。
ほぼほぼ1年前に家事をしながらRadiko Time Freeで聴きたい音楽番組 +Alphaという記事を書いたのですが、オーディナリーミュージックが月曜未明のみになったり、空いた日曜未明に粋な夜電波が入ったり、結構枠移動があって。勿論TOKYO MOONのようにいつ聞いてもいい音楽を良い時間に聴かせ営んでくれる番組も。

そんな中でこの秋に躍進したのがSONAR MUSIC、なんと今秋からは21:00-24:00の3h放送にw!凄い、2倍じゃないか◎

私もSONAR MUSICは邦楽のNew Bloodを入れるのに重宝してます。今回はそんな中から3組のバンドをシェア。

DADARAY 「美しい仕打ち」


DADARAY
ゲスの極み乙女。メンバーである休日課長、ボーカリストのREIS、katyusha名義でも活動し、ゲスの極み乙女。、indigo la Endではサポートも務めるボーカリストのえつこからなる3人組バンド。
そして川谷絵音が楽曲担当を。ゲスの極みが活動休止してた頃に「既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とするDADAISMのDADA、光を意味するRAYを組み合わせた造語」であり、「既成の秩序や常識を破壊する光」という意味合いが込められつくられたバンド。

ゲスの極みよりヴォーカルより聴き易くて。川谷絵音のメンタルがキている歌は女性が歌った方が嵌る気がしました。ゲスより好きかもw一度観てみたい!

PAELLAS "Shooting Star" (Official Music Video)


PAELLAS(パエリアズ)
東京を拠点に活動する5人組。あらゆるジャンルの要素を独自のセンスで解釈し生み出すサウンドは、セクシュアルかつロマンチック。
都会に漂うメランコリックな情景やその儚さを想起させるライブパフォーマンスも支持され、あらゆるシーンや時代を超えた存在になる可能性を秘めている。
とのバイオグラフィ。

今年はAOR的な潮が来ている感触があって、元々ここ数年Vapor WaveやFuture Funk的な流れが来ていたところThundercat - DrunkがDropされたことで一気にその波が来たなと。

ネオAORとでもいったような流れの中でもこのPAELLASの音は瑞々しい邦楽新世代な感触があって、上半期ベストに選んだTempalayと共に今後ともチェックしていきたいバンドです。

CHAI『N.E.O.』Official Music Video


2017.7.28 CHAI (FUJIROCK2017 ROOKIE A GO-GO)


この記事イチオシのバンドがCHAI
ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』

やー、これはいいっすよ。このすっごくカッコいいのに素っ頓狂な素朴さも感じられるところとか、トリプルファイヤーが好きな人なんかにも響くかも!SXSWに出たおとぼけび~ば~と並んで、NEXT 少年ナイフ、NEXT あふりらんぽ的な存在になるやも(勿論唯一無二という意味で)。期待しかない!


いかがでしたでしょうか?私は火曜をよくCheckしていてDAOKOの選曲も楽しみなのですが、SONAR MUSIC自体は月ー木の帯番組で。月木3時間は制作が凄そう。ずっと聴いてたい好番組なので、微力ながら援護射撃的な記事を書いてみました。

180分の巨大番組ですが90分ごとに2部に分けられているのでRadikoでさらっと聴けるので、もし良ければ◎

Radiko Time Free自体もブラッシュアップされてて、NHKが聴けるようになったり、1番組がこれまでは聴き始めてから3hまでしか聴けなかったのですが、”聴き始めてから24h以内に3hいつでも聴ける”ように仕様変更され、より快いRadio Lifeが送れるようになりました。

最近は新しい音楽はTwitter経由で知るのが半数以上になりましたが、やっぱりRadioっていいなと。今後もAir Checkが楽しみです。
by wavesll | 2017-10-15 14:33 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Brodka Live @ポーランド祭 東欧の風を感じるStrangeな真中音楽

c0002171_2261374.jpg


Brodka - Granda


Brodka - Up In The Hill (Official Video)


Monika Brodka 'Granda' Full Album


Brodka - męskie granie Żywiec 2017 (1080p)


六本木ヒルズで行われたポーランド祭2017へ行ってきました。
目当てはBrodka.

本名モニカ・ブロトゥカ。1987年2月7日生まれ。ポーランド南部の山沿いにあるジヴィェツ 出身。6歳からバイオリンを始め、音楽に興味を持つ。2003年にポーランド版のオーディション番組「アイドル」第3シーズンに出場し、優勝を勝ち取る。同年にアルバム『Album』 でデビュー。2004年に2ndアルバム『Moje Piosenki』、2010年に3rdアルバム『Granda』を リリース。ポーランドのグラミー賞に当たるフレデリック賞では、これまでに17部門ノミネート4部門受賞という輝かしい経歴を持つ。『Granda』では、ポップとポーランド山岳民族音楽をミックスさせるという斬新なアイデアで、ポーランド国内の既存のポップ・イメージを革新し、称賛を浴びた。2012年に、ロサンゼルスでレコーディングした全編英詞のEP『LAX』を発表後、アーティスト活動から遠ざかっていたが、2015年に新作のレコーディングをスタート。Play It Again Sam Recordsと契約し、2016年5月リリースの ニュー・アルバム『Clashes』をもって、満を持して世界デビューを果たした。

最初、坊主頭でブルージーだったりシンフォニックな音像が続き、ハードな人なのかなとも思ったのですがMCではキュートさが零れ落ちる方でした。

東欧の音楽の、日本や英米ともまた違った風様がありながらすっくと成立しているその真芯を撃ち抜きつつもストレンジな感じ、戸川純なんか好きな人に刺さったりするかもとも思って。

POPからROCK、そしてNEW WAVEへ自在に飛び移るパフォーマンス、愉しませて頂けました。

明日もヒルズでのポーランド祭にて14:00からと18:00からライヴがあるそう。ポーランド祭ではポーランドのお酒と料理が楽しめるほか、雑貨の販売などもあり、中々に良かったですよ。会場がアリーナでないのでこじんまりとしていて近くで観れていい。ポーランド人っぽい方々も沢山いました◎

c0002171_2263590.jpg
c0002171_21352973.jpg

by wavesll | 2017-10-14 22:02 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

FKA Twigs X 銀魚 第38回音の貝合わせ

FKA Twigs - LP1 (full album)(Deluxe Ed)


c0002171_6592621.jpg
近年のVisual Imageで一番クールに感じたのが彼女。
この質を狙い澄まして達成する処に英国の凄味を感じる。

生体工芸とでも言えるようなプロジェクトにも感じて。
先日緑の金魚の繁殖成功との報せがあったが、FKA Twigsの音には船堀の銀魚が似つかわしい。

幽美な生の煌。淡々とした綺麗さにどこかこの世の物ならぬ様をみるような、そんなヒトの翳も感じる業を、寒気深まる朝に。
by wavesll | 2017-10-14 07:01 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Led Zeppelin Physical Graffiti Outtakes X 新・一番搾り 研ぎ澄まされ抜感 第111回酒と小皿と音楽婚礼

Led Zeppelin Physical Graffiti outtakes - Companion disc II 2015


c0002171_0175450.jpg

所謂英米音楽をきちんと聴き始めたのが20代半ば以降だったので、レッド・ツェッペリンをしっかり聴いたのは私は最新のリマスター・リリース時でした。

そしてリマスター盤のボーナス・ディスクが当時のライヴなどが収録されていて聴きものだったのですが、最近『Physical Graffiti』のボーナスディスクをYoutubeでみつけて聴き入っています。

演奏が途中で終わったり、造り込みは粗すぎるのだけれども、そのラフな感じがとても気持ち良くて。今年の夏はサニーデイ・サービスが『Popcorn Ballads』というラフ感にあふれたアルバム?をストリーミング・リリースしましたが、時代の趨勢がそういった風に成っているのかもしれません。

私自身のリスニングの選好を話すと、最初に音楽に嵌った中高生時代は疾走感が好きで、正規アルバム音源よりもライヴ盤やブートレグなんかが好きでした。走ってるくらいが好きで。当時はmp3の音質の悪さにも気にならなかったし、寧ろ演奏も荒い方がリアルな気すらして。

そこから時を経て、20代後半の頃は良いオーディオを持ったというのもあるのか、ライヴとかの音質の軽さが気になったり、逆にCD音源の音質の厚みと言うか完成度の高さを気に入るようになって。そして今、また嗜好が少し変わりつつあるのかもしれません。

ちょっと分野違いですが、例えばこのBlogに載せる用に良くスマフォで写真を撮るのですが、勿論美しい画面構成とか光の調整とかを目指したりするのですが、個人的には最近”キレイめの写真”よりも”素人な雑なショット”の方が面白いのでは?なんて気もしていて。

でもやっぱり綺麗な写真の方が現時点では強度を感じるのですが、いわゆるポストカード的なキメキメの美ではなくて、ちょっと焦点がボケたような、或いは構図がズレてるようなものに何かしらの付加価値を生み出せないかなと、裏で色々画策しています。

ヘタウマというか抜感のある格好良さは、真面目なハイクオリティにちょっと息苦しさを感じるからかもしれません。そういった意味でこのツェッペリンのアウトテイク集のチョイスの仕方はまるで未編集のような放り方が好みでした。

さて、それに合わせたいのはKIRINの新・一番搾り。

この秋にリニューアルし、”日本人の味覚に合う、「澄んだ上品なうまさ」”を目指したとのこと。そうなんですよね、濃くなったわけではなく、寧ろ薄味になった気もするのですが、その味の研磨の仕方が絶妙で良い味をしていて。

最近はクラフトビールが流行りで私もクラフトビールには味のインパクトというかIPAなどのパンチの効いた麦酒を求めるのですが、普段飲みの麦酒にはこんな澄んだ味が軽やかですきっとして好きだなと。

重くなく抜感が良いんだけれども、スウィートスポットに打ち込んでいる。なんかちょっと自分がやりたい感覚をKIRINにやられた感じ。そんなわけで今回は感性繋がりでLed Zeppelin Physical Graffiti outtakesとKIRIN 新・一番搾りを選んでみました。

明日くらいまでは暑いようで。気持ちの良い秋晴れにZEPPと一番搾り、お薦めです。

cf.
Jimi Hendrix入門としての『Valleys of Neptune』

Cream - Wheels of Fire X Samuel Adams 第108回酒と小皿と音楽婚礼
Rolling 2 the 福岡/山口旅行記 2日目 元乃隅稲成神社+Alpha
by wavesll | 2017-10-11 00:42 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Mount Kimbie, yahyel and Albino Sound live at WWW X

c0002171_69579.jpg

Mount Kimbie、メッサメサ良かった!新曲の後にやった琴のよなスペシャリテな音!あれには鳥肌が立ちました。あれだけで来た甲斐あった!

流動的に楽器が変わるから4人以上に感じるこのバンドならではの音の感性!抜けがいい!バンド・アンサンブルの衝動も非常に良くて素晴らしかった!

Nonameが1hなかったから油断したら3h立ちっぱw足が棒wけれどMount Kimbieの音で三井のように何度でも甦りました。

最初に出たAlbino Soundはちょっと音の解像度が悪い気もしたけどフロアを一気にクラブの深夜2時位へ連れてってくれました。

そしてyahyelは予想外に強度のあるメロディーで良かった。これ、サカナクション超えるくらいのPOPとしての強さがあるのでは。日本語詞でないから国内ではリスニング層が限られるかもとも想ったけれど、今は英語で歌うバンドも日本語バンドも壁はないか。

今までYoutubeやTVでみていたのですが、生だと俄然良くなる解像度の高い音響性が素晴らしかった。只とみ田のようにどろどろに特濃で。その密閉間のキメな濃さに対してMount Kimbieは柚子香るAFURIのような風通しの良さや遊びがあった気がしました。最初のギターノイズからして突き抜けてて。

Albino Soundの最後の曲の時「このサウンドにECDみたいなラップ入ったら超良さげ」とか思ってたらMount Kimbieのアンコールラスト曲"Made 2 Stray"でそんな音像が実現し円循環を個人的に感じて。

何しろあの"Break Well"のアシンメトリーな音、あれは堪らなかった。ありきたりな音でなく未知の領域を魅せてくれて、Arto Lindsayの雷鳴の様なギターに迫る感銘がありました。やっぱりバンドは生でこそ本領を魅せてくれる、LIVEに来て良かった。欲を言えばMount Kimbieに2hくらいやって欲しかった!

Mount Kimbie - Break Well


Mount Kimbie - Made To Stray


Mount Kimbie Set list @ WWW X 2017. 10. 9.

(Poison)

4Years

Audition

Marilyn

You Look Certain

Bimo

Break Well

So Many Times

Field -> YTYT

Delta

Blue Train Lines

EN1 Tamed

EN2 Made 2 Stray
by wavesll | 2017-10-10 06:44 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

JAZZ CONCERT IN 妙蓮寺 2017

c0002171_9162985.jpg

妙蓮寺の境内でのジャズ・コンサート。もう8年目ということで、今までも気になっていたのですが、WWW XでのNONAMEのライヴからの帰路でふらりと聴いてきました。

見始めたのはもう終盤だったのですが、今年のテーマが『CM JAZZ!』ということで、"My Favorite Things"とか、"What A Wonderful World" とか、”ルパン三世のテーマ”とか耳に馴染んだ名曲たちが宅間義之(vib), 牧原正洋(tp), 川本悠自(b), 大地智子(vo), 椎名求(g)によって鳴らされていました。

ENは”上を向いて歩こう”と”見上げてごらん夜の星を”。秋の夜のJAZZ CONCERT in 妙蓮寺、また来たい。妙蓮寺の商店街もなかなか粋だ◎
by wavesll | 2017-10-08 09:25 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)