タグ:音楽 ( 467 ) タグの人気記事

黒夜に光

c0002171_1373435.jpgもうすっかり空気がしっかりしてきて、街の灯かりが一番きれいに見える時分になりましたね。
そろそろ色んなことしっかり俺もしなきゃなーと、今を大事にしねーとなーと思うわけです。とりあえず季節を感じようかと帰り道にマックに寄ってグラコロ食べてみました。



c0002171_116261.jpg未明に観た『ナイロビの蜂』は傑作でした。日本での予告編は真実のラブストーリーという面が強調されていましたが、アメリカのトレーラーのように、この作品は第一級のサスペンスでもあります。

妻の死の真相を探る外交官が見る闇は、ケニアだけでなく国際的な広がりを見せ、底が見えない深さを持っていた。ちょっとわくわくしてきませんか?

ケニアを始めとする鮮やかなアフリカの風景に冒険心をくすぐられるもよし、テッサの魅力に浸るもよし、巨悪に立ち向かう男の物語としては『MONSTER』を超える面白さといっても過言ではないです。お勧めです。

c0002171_1365387.jpgTVの上に置いてあった『新編 銀河鉄道の夜』を読んでみました。
宮沢賢治の童話には、いじめられる存在が良く登場します。ジョバンニもそうだし、よだかや、窯猫もそう、ゴーシュもそう。子供を描こうとすると、いじめはさけられないんだなと思いました。
そして賢治の作品は、単なるハッピーエンドではなく、悲しさを残して終わります。それは賢治自身が、人生に対して至極当たり前に、すべて上手くいくはずはないと思っているからなのかな。と思いました。
昨今は気を病む子供が多いといわれますが、気休めを言われるより、『よだかの星』を読み聞かせたほうが何倍も意味があるのではないかな。と思いました。
しかし何でこんなに賢治の文章は奇麗なんでしょうね。どこか洋楽を聴いてる感覚というかエーテルを飲み込んでるような気持ちになりました。

c0002171_117051.jpg
で、今夜は渋谷O-WESTで開かれたHIFANAがオーガナイズするイベント、『ZAMURAI 5』に行ってきました。お目当てはTuckerHIFANAで、それぞれ超絶演奏をやらかしてくれたんですがそのほかの面子もキてました!

ボイパで会場を鷲づかみにしたAFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND。去り際の車のパフォーマンスも最高でした。

そして客の脳天まで貫通するビートをかき鳴らしたDJ KENTAROは「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS」という毎年行われるDJの世界大会の2002年度覇者です。

こっからTuckerの流れが一番熱かった。ってかTucker凄すぎ!一人でバンド演奏するわエレクトーンの上で倒立するはしまいにゃKAT-TUN流すはセットに飛び込んで壊すわパワーウェイブみたいなエレクトーンの打ち方するわその変態プレイに会場が沸くわ沸くわ!激熱でした。

そのほかにも、MITSU THE BEATSが出てきたり、いかにも悪そうなラッパーが出てきたり、最後のHIFANAなんてセッションしまくりーのコラボまくりーの、シタールまででちゃう始末で最高にフレッシュな夜でした。合間のお笑いマジシャン二人組みもかなり面白かったwっつーかコレだけの面子、ほんとに東京のシーンの上澄みを掬っててよく俺コレ観ることができたな超ラッキーじゃん!って感じでした。
by wavesll | 2006-11-18 01:03 | 私信 | Comments(0)

神無月のmixi

c0002171_2535765.jpg今月はあんまり鴎庵を更新できなかったなぁ。
終電で帰ることや朝帰りが多かったり、酒飲んだりしてて、PCに向えませんでした。

webも見ていたのは携帯からみてたmixiと2ch速報ヘッドラインくらい。ちょっとした空き時間にニュースサイトさんをちょちょっと眺めるくらいのもので、鴎庵も小休止状態になっていたというわけです。

そんなわけで今回はmixiでの日記にコメントつけながら神無月を振り返ってみようかと思います。
2006年10月03日
04:52 完全に都会モードになったなー
島から帰って2・3日は島モードというか、のーんびりした感じだったんだけれども、都会にいるとやっぱりいろんなことが起きるし、空気も水も違うしでこころが煤けてきた。

自然の中で優しい人たちに囲まれて愉快に過ごしてると心が洗われるなーってのは屋久島に行って感じたことのひとつ。
だってこの俺がミスチル口ずさんじゃうんだぜ!?都会で聞いても偽善感しか感じないミスチルを素直に感じてしまって、「うわ!いつもミスチル好きだっていってるひとって普段からこんなにこころが健全なの!?」ってびっくりしちゃったよ。
毎朝早起きだし3食食べるし、島暮らしはからだに嬉しいことばかりだなぁ。

屋久島にもADSL通ってるし、将来的には住むことも考えてもいいなー。

といいながら写真整理を(まだ)してます。


というわけで写真upしました。
http://kamomelog.exblog.jp/4665232/
ダイビングしたときは写真取れなかったんで、upしてあるのはグーグルで魚名検索したとき出てきた画像です。
今回はあまり重くないと思うんで気軽に見てね!(重かったらコメントください。)
というわけで10月の初っ端はまだ屋久島話ですねー。

写真が重いとかどうとかは、9月に行った妻有のトリエンナーレがあまりに重くて不評過ぎたって事もあります。その節はご迷惑をおかけしました<(_ _)>
2006年10月06日
09:41 飲んだなー
昨日は肉の会でドイツビールフェスタ&屋久島芋焼酎会をやった。
まー幹事みたいなものだったんで、無事終わってなにより。
「え!?あれで無事!?」と思ったヒト、俺は肉の会のバルカン半島ですよ。あれで十分及第点ですよ、合格点。

まーぽつぽつ面白い話も聞けたから良かった。
ザワークラウトをはじめて食って、しかもうまかったのが良かった。
あとさばの燻製が三岳にあってたのは良かった。

つーかほんとに結構飲んだんだなー。まだ少しふらっとするよw
あぁー、行きましたね、赤レンガでやってた横浜オクトーバーフェスト2006。
ドイツの癖のあるいかにも山岡が好きそうなビールが飲めるイベントです。でも一杯1500円くらいして高かったんだよなコレ。でもその価値ある味でしたよ。
そんでもってザワークラウトはまじに美味かった。僕の中でザワークラウトというと『アドルフに告ぐ』の中の奥さんが営むドイツ料理店の看板メニューで、一度は食べたかったのですが、期待を裏切らず、ほんとにおいしかったです。

その後は高校の中まで作ってる肉の会の面子で屋久島の鯖節やスモーク鯖を肴に屋久島芋焼酎・三岳の会を開きました。水のようにさらっと飲めるお酒なんですよ。

で、TVだったり音楽映画ナドのアレやコレやがありました。

c0002171_3192259.jpg特にクラブジャズに関してはSunaga t experienceの3枚が素晴らしかった。
3枚の流れが、吉澤はじめやファイヴコーナーズクインテットといった同時代のアーティストと呼応するような気がして、この界隈の「流れ」を読み取れる気がしました。

そしてついに
2006年10月12日
00:18 屋久島旅日記
http://kamomelog.exblog.jp/4713626/
ここ2週間にわたって取り組んでた旅日記、ここに完成です。ディレクターズカット(ほぼ)ノーカット完全版。
書くも書いたり30394字w!

長げーよw誰が読むんだよそんな3万字とかロキノンのインタビューとか論文とかじゃねーと見ねー数字だよw

と、いうわけでリンク先の後書きと写真のエントリ見ればとりあえずはわかるようにしてます。

でも取材費15万のすべてをつっこんだだけあるヴォリュームで、これ読めば屋久島について10分ちょっとはマシンガントークできるくらいにはなれると思いますw
まだやってたのかよ!?って感じですよねー。やりすぎwっていうかこれ完成した時点でもはや鴎庵へかける1ヶ月分のエネルギーを燃やし尽くしてしまった感がありますw
ちなみにこの2日前の新聞休刊日は
2006年10月10日
13:26 新聞休刊日だってのに
大きなニュースが多いね。

どっか談合の空気読まずに新聞出せばいいのに。
と、北の核実験やGoogleのYouTube買収等、色々なニュースが起こって、新聞の意義が問われる日にもなっていました。
2006年10月16日
12:27 こんにちは@東京メトロ
昨日のカレーの日は喜んでもらえたようで何より。ひっさびさに玉葱切った甲斐があったな。

いやー暇だし金無い死でどうしたものか。
まぁバイトと勉強やれって話だけどね。
節約のために水筒持ち歩こうかな。
朝の買出しから夜の振る舞いまで1日中カレー作ってました。その数80人前!
実は今後輩が劇作ってて、それへの差し入れって感じだったんです。ちなみにこの後数日指がニンニク臭かったです。
2006年10月17日
14:19 GESSパーティ
昨日はとある会員制クラブのパーティが開かれていました。
やー、どんな球打っても誰かがキャッチしてくれる環境はいいね。

とりあえずジョジョネタを全員が理解できていたのがディモールト(凄く)素晴らしい。
洋楽、邦楽、空耳、漫画、映画、ラジオ、Webネタ、その他下衆サブカルの広範囲を誰かがカバーできてて面白かった。ゲスだった。
サークルの掲示板を荒らさなかったのは最後の良心だった。

結局明け方まで飲んでしまいました。
俺が寝てるときに参上したらしいちもつさんは次の計画を立てておいて下さい。
この日は大学の仲間と馬鹿話飲み会を開いてました。またしても三岳持参wこれで飲みきりました。このメンバーでmixiのコミュニティを作っているのですが、僕が作ったコミュニティの中で一番成功してるのがここですね。
そこで蛭子さんのライヴ映像に引っ掛けて蛭子伝説w披露したらがん引きされたのは秘密ですw
2006年10月18日
00:07 酔っぱらい@東横線
とんかつ食った後差し入れ行ってスパークリングワイン一本開けて今帰りの電車内。
最近毎日この家にいる気がするが気のせいだろう。

差し入れというのは例の劇のことです。で、今日訪れていたのもさっき上に書いた友達のとこです。というか実はこの日の会場にもなった友達の家には僕は月の2/3は訪れていて、今月は10日近くそこに泊まってしまいました。いつも感謝してるよ、いやホント。

で、この日はもう一つ日記があって
2006年10月18日
19:12 一日半歩
バガボンドの好きな場面で、小次郎が戦いの最中に技を改良する場面がある。体の声を聞いて更にうまい身のこなしに到達する。

あぁいうのを、自分の生活でもできないかな。

頭でっかちだから、この1年を振り返って教訓を探してみた。

で、でてきた言葉が一日半歩。自分のできることをして、その上でそれまでの自分から半歩踏み出す。半歩産み出す。

今日は半歩稼ごうかと事務所で二万の仕事の説明を受けたんだが、土壇場でおじゃんに。二千受け取って帰ってきた。半歩進むのですら大変だw
この日、実は誕生日だったんです。でもmixiでわざわざ「今日は誕生日!」見たいな事書くの嫌だ、っつーか負け?と思って誕生日には触れずにすませましたw
そんなへそ曲がりだったにもかかわらず周りの人に祝ってもらって安安までおごってもらえて、楽しい誕生日になりました。しっかし煙草も博打も知らないうちに22か。いやいやそれでOK!弟からもらった『恋と退屈』でも読んでみますw
2006年10月20日
03:22 時間は夢を裏切らない。

時間は夢を裏切らない。 夢も時間を裏切ってはならない。
らしいですね。今日は日テレのエントリーに夢と時間をかけた人も多かったのではないでしょうか?

前置きはさておき、松本零士さんとDaft Punkが組んで作ったインターステラ5555を先週全くニュースと関係ないところで借りていたんでみていた。

面白かった。基本的に『ディスカバリー』に合わせてストーリーが紡がれていくんだけど、松本絵の美男美女はまじかっこいい&キレーだし、ストーリーも基本わかりやすいし、あと俺ディスカバリー好きなんだわ。そんなわけで楽しく観れた。

ちなみにニュースについてだけど、正直あんまり独創的な台詞じゃない気がするのも確か。まぁ落ち着くところに落ち着きそうな気がする。
いやー、面白かったですよインターステラ5555。ダフトパンクのハウステクノの傑作ディスカバリーの楽曲もさることながら一番の魅力は松本の描く美人のきれーさ!ステラにどきどきさせられました。
2006年10月20日
17:52 Wonderland
築地行ってきた。
築地市場駅のプラットホームに降りたときから独特の匂いが。

ていうかでてすぐなんだね、場内市場。商売人って感じの締まった面構えの人がハンドルが面白い軽三輪トラックでがんがん移動しててある種未来な感じがした。

外人も多くて面白そうに眺めていた。

これからもちょくちょく行こうと思った。
築地に初めていってきました。8:00に築地市場駅改札に大学の連中と待ち合わせして、場外と場内をひとしきり見た後、看板の写真が美味そうな店に入って食べました。
店はというと、うーん、店員が無愛想なのがなってなかったなぁ。あとやっぱりウニは北海道で食うのが一番ですね。でもトロはかなりのレベルの美味さでした。
2006年10月21日
19:25 会社訪問X3
会社訪問会に行ってきた。

早めに着きすぎて誰もオフィスにいなくてびっくり。

人が集まったと思ったら、初対面のはずなのに和気藹々としてる!
つーかこいつら何でこんなにフレンドリーに語り合ってんだ?これも社会のマナー(by中川翔子)なのか?

社長の話はやはり面白い。

自己分析は未来のVisionを描くため

自分の選択が正しいと証明できるように頑張れる会社を選べ

取引企業でなく取引相手を見ろ

スイッチを切り替えて馬車馬のように動けば夢は叶う

今回はすべてベンチャーで、「仕事にはまってる」人たちばかりだった。俺はどちらかといえば稼げればそれでいいかなという考えだったのだが、仕事にもっとこだわりを持つのは大事だなと思った。

あと、やっぱり大手のほうがいいかなとも思った。まぁこれは個々人で違って全然いいと思う。

今はメアド交換するときにmixiも教えるんだな。マイミクがまた増えるかもしれない。
微妙に就活もやってたりします。いろんな会社さんをみてみたいですね。ていうか、でかいビルをみたり、新宿の夜景をみたりするとワクワクしてくる自分に驚いたりしました。
2006年10月23日
10:33 その後
下北沢をスーツで迷い歩く

ハイラインレコードを見つける。既にメディアから知っているところを確かめることが多いな。じゃあ逆にフロンティアってどこにあるんだろ?

面白Tシャツ屋を二軒発見。なかなかいいのもあった。

電気屋の大型ブラビアで菊花賞を観戦。街頭テレビに群がるのも楽しい。

初めて入ったヘンプの店が閉店日で五割値引きしていた。今後はwebで売るそうだが、実店舗のような空間プロデュースはできるのだろうか?

結局たいしたものは食べず、種子島のスイートポテトをスタバに持ち込み食べた。
この日は午前中バイトでスーツだったんですが、なぜか下北沢に降りることに。街から浮くわ浮くわw
ハイラインレコードはバンプオブチキンにいち早く目をつけたことで有名な店で、全国からおいてもらうためにデモテープが送られてくる一種の聖地です。初めて入ったのですが、中にはこの店に訪れたアーティストのサインつき写真がいっぱい貼られていました。

で、視聴していると、なんとまたひとりのミュージシャンが訪れたらしく、まわりの客が「握手してください」とか「写真とらせていただいていいですか」とか「ライヴいきました」とか言ってて、店員が「よ、人気者!」とか言ってる中彼を知らない俺一人wスーツだし、知らないしで苦笑いでしたw
押してるアーティストからフィッシュマンズの空気を感じてちょいセンチな気分になりました。

その後は古着屋を巡ったりして3時間歩き倒し、その後また劇の準備の様子を見に行きました。
2006年10月24日
10:44 ソフトバンクショックに水をさす
孫が派手なパフォーマンスをしている。
iPodつきキャンペーンなり通話定額なり。ナンバーポータビリティーもあるし、ソフトバンクにしようかと思った人も多いのではないだろうか?

結論からいうと「止めた方がいい。」

前提として、ボーダフォンとyahooBBは今まで奇抜なプランを立ち上げては、集客後に改悪してきた実態がある。その資産と体質を受け継いだソフトバンクが、たった数ヶ月の設備投資と社員教育で何をどれだけ変えられるというのか。

また、件の定額に関してだが、2800なのは最初だけで、数ヶ月後には4000円になるらしい。基本料金が四千で、その上でDoCoMoとauへの通話分がかかるとなると、むしろ高くなるのではないだろうか。

来年から会社に勤める人は今買わなくても業務連絡用に会社が支給してくれる可能性がある。

第一、通話定額サービスでソフトバンクがシェアを伸ばしたら、他社も追随せざるをえない。
従来、携帯のアンテナ網では定額は不可能なはずだが、そうもいってられないだろう。値引き合戦も始まるはずだ。
その時に、「孫の価格破壊の恩恵」を受けるのが1番賢いと思われる。

個人的には通話定額したい人はウィルコムに来て欲しい。最近外資の大株主が上場圧力を高めて社長を交代させてしまったけど、料金プランもシンプルだし、検討する価値はあると思う。番号変わるけどね。

2006年10月25日
04:24 ソフトバンクの件の訂正と追記
昨日ソフトバンクをディスった時に参考にしたITmediaの記事に訂正が入っていたので、誤った情報を広めてしまったことを謝ると共に訂正します。

間違っていたのは通話定額が2880円より高くなるという部分。

これは「ゴールドプラン(定額プラン)」に入ると強制でついてくる他のプランが、五ヶ月を越えると無料期間が終わり、結局五千円前後かかるというものだった。

が、記事が訂正され、付加プランは後で解約できるそうだ。この場合、通話定額を2880円で使うことができる。

ということですみませんでした。ただ、あの日記の肝はソフトバンクは信頼できないという部分と、他社も対抗処置を取るという部分だから、俺自身の意見は変わりません。予想外割もインチキ臭いし。

ただ、携帯を選ぶ時はかなり見た目が重要だと思うので、appleデザインのiPodフォンなんかがソフトバンクからでたら、少し考えるかもしれない(笑)
まーこの件に関しては、特に言うことはないです。しいて言えばこれで値下げ合戦が起こってくれたらいいなということ。でも俺はケータイヲタなので、潤沢な開発資金の元面白いサービスや機種が出るほうがうれしいです。
2006年10月24日
21:47 ロックンロール
スウェーデンから来日したMANDO DIAOを川崎クラブチッタに観にいった。

入った時はガラガラでどうしたものかと思ったが相変わらず鬼の様にカッコ良かった。

モッシュ野郎共の間に飛込んで汗もかまわず叫んでた(笑)
周りのやつらも歌ってた。これぞロックンロールスターですよ。みんなグスタフやビヨルンになりたいんだ。

で、なんとライブ後握手とサインしてもらえた!ステージから降りるとフツーの気の良さそうな兄ちゃんなんだな。

家帰ったら音源聴こう。
いやー、sweet rideをはじめ1枚目の曲を多めに演ってくれてうれしかったです(^^)
しいていえばもっと長くして欲しかったかな。アンコール含め70分くらいで終わってしまいました。
2006年10月26日
12:33 戦争へ征く猫
不忍池で戦争へ征く猫を見掛けた。

彼はでっぷりと太っていたが、眼はギラギラしていた。
俺は彼が好むという煙草の銘柄から彼をマルボロと名付けた。

蓮の葉を眺めながら、死ぬのは怖くないのか?と言ったら、
「軍人としての職責を全うするのが自分の誇りだ」と彼は微笑った。

煙草は好きだが酒は飲めないらしいので、自販機でマックスコーヒーを買って二人で飲み、別れた。

この後彼は上大岡の方へ行くと言っていた。誰か彼を見掛けたら教えて下さい。
これは実はバトンなんです。送ってきたのは良く泊まらせてもらってる大学の友達から。このバトンの原型も大学の先輩が考えたものなんですよ。猫がこの後どこを旅して行くかが楽しみです。

で、実際にこの日に僕は上野の不忍池のベンチでマックスコーヒーを飲んでます。千葉以外でも売ってたんですね。甘かったです(^^)
2006年10月27日
17:17 もう1年だよ(この台詞今年いうの何度目だろう)
近所のカメラ屋に今年も年賀状キャンペーンの堀北真希等身大パネルが立っていた。
堀北真希、去年は長瀬と樹木希林のおまけみたいな感じでちょこんと画面の隅っこに置かれていただけだったのに、いまじゃ当代のトップアイドル集団の一角を占めるくらいに成長してんだよなぁ。
こういうのみると1年間ってほんと使いようだと思うよな。
伝七郎と武蔵の実力もあまりに離れてしまったし、堀北真希と比べて俺ときた日にゃあ。。。

「時間は誰にも平等だ」というけれども、それの活かし方でいくらでも結果は変わってしまうんだよな。時間が過ぎるのってほんと早い。

こないだ会社見学したとこの社長が、自己成長ってのはより多くの事を他人にしてあげられるようになることだって言ってた。俺が周りにしてあげられることはなんだろう?出来ることってなんだろ?うまくいかないことばっかりだしな。そもそも目指すゴールは?

よーわからんから、この問題はもうちょっと考えながら、平行してやれそうなことをやっていこうと思った。なんにせよ、時間は限られてて、やるしかないしな。

と、いう感じの一月が終わろうとしてるんですねー。というか自分、バガボンド好きですねw
いや、ほんとあの作品は凄いと思います。絵も話も。

多分明日も更新します。ではおやすみなさい!
by wavesll | 2006-10-28 04:08 | 私信 | Comments(5)

最近気になる音楽のアレコレ

日曜日に、2時過ぎに恵比寿で友人と待ち合わせてガーデンプレイスでやってるsonarsoundtokyoに行ってきました。sonarはバルセロナで毎年開かれているフェスでこれはその日本版。国内外のエレクトロニックアーティストが数多く参加してます。
その分チケットも高いのですが、今回はタダでみれるsonar extraというイベントに行きました。

お目当てはJeffMillsの音楽レクチャーだったのですが定員があり整理券をgetできず(>_<)
それでも二組のパフォーマンスを間近でみることができました。
まずGuillaminoはゆるいメロディの歌にダンスビートを組みあげる曲が多かったです。処理にはMacを使っていました。
次のAndreas Tilliander and FolieはもろDJスタイルで、途中トラブルもあったようですが普通に面白かったです。

友人に機材のこととか教えてもらえたのも良かった。今は安価でプロと同じものが手にはいるというのは素晴らしいことですね。

帰りに渋谷タワレコに寄ると、Napstarの一大キャンペーンがやられていました。そこでsonarでも上映されたらしいJeffMillsのデトロイトテクノをフランス国立Montpellier Philharmonic Orchestraが演奏したライブアルバムを買いました。

c0002171_18275843.jpgネット配信といえば、知り合いの子からメールで「実は音楽のお仕事してるんで聞いてみてください」って言われて淑野裕香子っていうアーティスト名をiTMS検索したらほんとに出しててびっくりしました。

若いのにたいしたものです。みなさんももしよかったら視聴してみてください。

前出のJeff Millsはデトロイトテクノの最重要人物の一人です。

デトロイトテクノというのは、自動車産業が日本車によって衰え、街が荒廃していた80年代にデトロイトの若者(黒人。というかデトロイトの人口の80%以上がアフリカン・アメリカン。)が自分たちとこの街の未来をよりよくするために始めた電子音楽のことです。そしてJeffはデトロイトテクノの中心人物の一人です。

デトロイトテクノのプレイヤーは非常に思索に富んでいて、自分の思想をテクノロジーで表現する手段としてテクノを使っています。俺自身、デトロイトテクノに関してはURを中心とした4・5枚しか聞いていないので大きなことは言えないのですが、彼らの人生観や政治に対する姿勢には共感するところが大いにあります。

そして、Jeffは2000年に出したアルバム『LIFELIKE』において、自身の人生訓に似たような概念としてLIFELIKEを提唱したわけです。
アルバムのサウンド自体も人生を表している気がします。
夜も深くなってきたときに聞くといい感じです。個人的にはM6の『Babylon』が一番好きです。

以下、ほとんど直訳。

Lifelike is:
ライフライクとは

Above average of native intelligence.
国の平均値より高い知能

Well developed analytical abilities.
高度な分析能力

Average memory functions.
平均的な記憶力

Strong verbal skills Articulate.
理路整然たる強力な言語能力

Developed vocabulary.
達者な語彙

Learns new matters rapidly.
新しいものを早く学ぶ

Feelings of the moment can lead to premature overviews.
瞬間の感覚は未熟な概観を導く

Understands itself.
そのものを理解できる

Understands its motives.
その目的を理解できる

Extremely imaginative.
大変創造的

Values innnovative others.
他の創造的な人物を評価できる

Non-defensive.
守りに入らない

Open to sensitive and thourhtfulness criticism.
繊細で思いやりのある批評に心を開ける

Enthusiastic.
情熱的

Optimistic.
楽観的

Fails to single out significance of lessor importance.
重要でないものも見逃せない

Spends large amounts of time on greater importance.
非常に重要なものに多くの時間をかける

Impulsive.
衝動的

Intellectual curiosity.
知的好奇心

Sound.


Stable.
安定

Mood swings within normal limits.
感情は一般的な範囲で揺れる

Self-starter.
自発的

Sense of enterprise.
冒険心

Sense of humor.
ユーモアのセンス

Response to humor.
ユーモアへの反応

Shares credit.
名声を分かち合う

Charges ahead without noticing listeners are not following.
リスナーがついてきてないことに気づかず突っ走る

Acknowledges then, waits for lisners.
それに気づいてリスナーを待つ

Compassionate.
哀れみ深い

Frequently views "Gray Area," the space between.
”グレイエリア”(間の空間)をよく観る

Industrious.
勤勉

Unridgid.
しなやか

Uses options and stands its ground.
選択肢を活用しそれに基づける


このアルバムを作成するに当たってJeffは心理学者との対話によって、自分自身を明らかにしようとしました。
ここにその対話の和訳が載ってる(あんまりいい訳だとは思わなかったけど)ので、もし興味があればみてみてはいかがでしょうか?

で、彼とオーケストラが組んだBlue potentialですが、ま、なかなか面白いネタができたなって感じです。特にAmazonはよかったです。

最近mixiのクラブジャズコミュのトピックを眺めていて知ったDJ2人がめちゃくちゃいいです。

一人はロンドン在住のGille Peterson。彼のラジオさえ聞いていればレコード買う必要がないのではないでしょうか。

もう一人は、渋谷の、いや日本の、世界のレコード番長、須永辰緒氏。彼の2ndアルバム聞いてたらなんか泣きそうな感覚がこみ上げてきました。凄い密度。凄いしかいいようがないです。

ブックレットの中に自分でライナー作ってるあたりも面白かったです。

あと、友人から色々Youtube動画を紹介されたのですが、

HIFANAがめちゃくちゃよかった!!!

あと、The Rootsも相当よかったです。

あと弟が見てたJUSTICEの"Waters of Nazareth"もキてて、聴きたいものが多すぎて困っちゃうなーって感じの今日この頃です。
by wavesll | 2006-10-13 18:53 | 私信 | Comments(0)

天国宇宙楽園 WORLD BEAT 2006

c0002171_023243.jpg

日比谷野外音楽堂で開かれたWORLD BEAT 2006に行ってきた。
先に言っておくと、こいつは言葉じゃ伝えきれない。
それでも言うと
一番熱かったのが渋さ知らズオーケトラ。
一番凄かったのがROVO。
一番楽しかったのがKonono No1だった。

渋さ知らズオーケストラ - ナーダム @ 頂2014


ROVO / NA-X (LIVE at 日比谷野音 2003)


Konono N°1 - Lufuala Ndonga


日比谷公園に着いたらリハーサルやってて、渋さ知らズがライヴそのまんまのサウンドチェックをしてた!!!!!!
つーか野音って席があるんだな。というかこれって黒澤の『素晴らしき日曜日』のあの野外音楽堂だよな!
プロレスのアナの前説が終わり、本編開始!
初めてみたんだけど、こいつらの漢っぷり、熱さ!雲吹っ飛ばすぜ!!!!!!!!ビールがうまい!

正直まだ最初のバンドだし体力温存しようかななんて考えは炎上して気がついたら最初から死力を尽くして燃えたw

だって三井もいってんじゃん、「この音が俺をよみがえらせる・・・ 何度でもよ」ってな!!!音楽流れりゃ死んでも復活するだろ!!!!

地鳴りのようにうねり倒してくる音圧にぶっ飛ばされては食らいついて、最後は大合唱ですよ旦那。
荒地の果てからーらーらーらーらららーらーらーらーらーらーらーらーらららららららららーなんだよ姉御!

燃えに燃えてROVO!!!!!

渋さ知らズがアッパーなら、ROVOは完全ダウナーだ。
みんな自分の世界で高まって陶酔して、首振って体ゆすって。。。。たと思ったらいつのまにか爆発だよ爆発!
気がついたら悟りの境地のカイパーベルト付近まで切り裂く勝井さんのヴァイオリンがもうどうにかなるだろこいつはヤバイ!宇宙ヤバイ!空見上げてブラックホールだかホワイトホールだか有頂天だかコキュートスだか全部突き抜けちまった。最初は低調なのに気がついたらトんでるこの感覚!非合法だろこれは!!!

そしてトリのKononoNo1!!!

もうなんもいうことない。踊って踊って踊って踊った!
日比谷野外音楽堂が完全にダンスフロアだ、アフリカン・ダンス・フロアに鳴り響くパーカッションとドラムと親指ピアノ!!!!

思い思いに踊る観客!俺もだっせぇ(けど踊ってる分にはめちゃくちゃ気持ちいい)踊りを踊ったよ。こんな踊ったライヴは初めてだ。たーのーしーいーーーーーーーー!!!!

本編終了!喝采!アンコール!アンコール!

「ひ… ひと思いにKononoNo1で…やってくれ」
  NO! NO! NO! NO! NO!
「ロ…ROVO?」
  NO! NO! NO! NO! NO!
「り…りょうほーですかあああ~」
  YES! YES! YES! YES! Y E S !
「もしかして極悪非道、反則影技、完全無敵の3Drums&Percussionですかーッ!?」
  YES! YES! YES! "OH MY GOD"

最後には渋さ知らズもROVOもKononoも全員ステージに上がって凄まじい快楽音楽を咆哮!!!
全員天国に逝っちまった!!!!!
昇天これにてお開き!

ところで、会場内にずっとあま~い匂いがしてたのは内緒だw


Konono N゜1
音楽大国として知られる、アフリカ・コンゴ民主共和国のリケンベ(親指ピアノ)グループ。
1969年頃にマワング・ミンギエディ(33年生)によって結成される。88年に仏のレーベル"オコラ"から出たオムニバス盤に今とほとんど変わらない演奏が収録されているが、戦争によってオリジナルメンバーのほとんどが行方不明に。その後、ミンギエディが自分の息子や孫を参加させてバンドを再生した。先祖伝来の音楽を、手作りの金属製親指ピアノにエレキギターのようにアンプにつなぎ、音を増幅しているのが特徴。この電気親指ピアノをはじめ、自動車部品の磁石を使ったマイク、車のホイールを改造したメタル・パーカッション、50年代のラジオ放送で使われていたスピーカー、アンプを動かすバッテリーなど全てジャンク品からの手作り。騒音の多い首都キンサシャから音を天国の祖先に届けるため音をラウドに増幅していった結果、コンゴとアンゴラの国境地域に住むバゾンバ族の伝統音楽が、誰もを踊らせる爆音トランスとなって生まれ変わった。
77年にラジオでコノノの音楽を偶然聴いてその音に惚れ込んだのが、ベルギーの先鋭レーベル"クラムド・ディスク"のヴィンセント・ケニス。2002年、4度目のコンゴ共和国訪問でついにメンバーと出会い、録音を行った。このアルバム「コンゴトロニクス」が瞬く間に世界中で熱狂的な支持を受ける。
ROVO
勝井祐二、山本精一らが中心になって「宇宙っぽいことをやろう」ということで結成された。芳垣安洋、岡部洋一らの出す圧倒的な高速ダブルドラミングから「人力トランス」とも言われ、Storobo、Soft、Natsumenなどの後続のグループを生み出すことになった。
1995年の結成当初は「太陽の塔」という名前で、トランスというよりはスペースロックバンドとして認知される。
恵比寿みるく、渋谷オンエアーでコンスタントにライブを重ね、評判を高めていく。特に新宿リキッドルームでは「Man Drive Trans」というパーティーをROVO名義でオーガナイズするようになり、競演するバンドの豪華さもあって、話題を呼ぶ。
2000年よりフジロックフェスティバルに出演、この頃から、一般にも認知度が高まり、メタモルフォーゼなどの野外フェスティバルに多く出演するようになる。
2003年からは毎年ゴールデンウィークに日比谷野外音楽堂にて「Man Drive Trance Special」を開催。チケットが売切れるなどの人気イベントとなる。
音楽的にはジャーマン・ロックの影響を受け、トランシーな、10分超の長時間に渡る長い演奏が主体。ツインドラムの繰り出す爆発的なリズムと勝井のエレクトリック・バイオリンの掛け合いは常に聴く人を驚かせる。キーボードなども多用し、アルバムによりプログラミング主体の音楽だったり生々しい演奏が強かったりするが、複雑な楽曲のどれもを全て人力で演奏している。
これが可能なのは、メンバーのそれぞれが各方面で活躍するタフな名演奏家であることが条件となる。CDの音源ですら圧倒されるのに、それを真っ当に再現するライブの迫力は、他の追随を許さない。
渋さ知らズオーケストラ
渋さ知らズ(しぶさしらズ)は、不破大輔を中心とする日本の超巨大バンド。略称「渋さ」。
1989年結成。当初から大型バンドを指向し、同年にダンサーチームも表れ、多様な表現を確立。代々木を中心にライブ活動に明け暮れ、多くのジャズミュージシャン等が出入りする。1993年初音源を発表、同年には公演の場を西日本まで拡大する。アンダーグラウンド・シーンで注目を浴び、海外公演も行いながら、2001年のフジ・ロック・フェスティバルへの参加とライブアルバム「渋旗」の発表で知名度が一気に向上。2006年にはベストアルバム「渋全」にてエイベックスよりメジャーデビューを果たし、現在も活動中。
渋さは、中心人物の不破大輔がジャズベーシストとしても活動していることから判断される通り、ジャズバンドにカテゴライズされることが多い。数十名に及ぶ管楽器隊を中心にサウンドを構成していることからもその傾向は伺えるが、管楽器の中にもジャズに留まらない前衛音楽的アプローチやちんどん演奏があり、ギターやキーボード等にロックへのアプローチも見られ、十名近いダンサーがステージに上がりリズミカルな旋律を奏でることからダンスミュージックであるとも言える。さらにそのダンスにおいてもキャバレーダンサー、暗黒舞踏家、サンバダンサー等幾種類ものダンスが表現されている。果ては巨大な龍を始めとするオブジェをステージに上げたり、炎を燃え上がらせたりといった舞台装置も用いられる。多種多様なアプローチが渾然一体となって表現され、最早「音楽」としての定義を遥かに凌駕したところに存在するといえる、他に類似を見出しにくい極めてユニークなバンドである。
KONONOはリンク先より、ROVO、渋さ知らズはwikipediaより抜粋。
by wavesll | 2006-08-28 00:32 | 私信 | Comments(0)

やばいSteelpanやばい

クリックで救える命がある
c0002171_2221635.jpgみなとみらい駅で開催されてるYokohama Steel Pan Festaに行ってきました!

やーやーやー、カリブに浮かぶトリニダード・トバゴで生まれたこの楽器、すげーイイ!!!

なんつーかお祭りっていうかトロピカルっていうか、音の奔流が心地良すぎ(^^)
20名を超えるバンドから生み出される波動がばばばばばっと空気を揺らしてました。

ふたバンド見たのですが、2つともほんとに楽しそーに演ってて、思わずトリニダードトバゴに行きたくなっちゃいました。
やっぱり音が奏でられる現場に行くっていいですね!

その後横浜まで歩いて、あそこ行ってきました。ベイクォーター。
結構うまそうな飯屋があるんですね。王様のブランチで姫が行ってたインテリアの店の1000万するシステムキッチン見てきましたw

Steel Pan Festaは明日も15:00からやっています。観覧無料なので、お暇な方は是非体感しにいかれてはいかがでしょうか?

こころの発現象(kwfs)
これはいい文章だと思いました。

邪気眼 from成城トランスカレッジ!
若い頃についフィクションに憧れてやってしまった逸話集。黒歴史持ちにとっては他人事とは思えません。

冥王星のガイドライン(Mr.I HD)
ここまでネタにしてもらえれば本望だろ!

アニメで見るとさらに凄かった「一人ダブルス」 (カフェオレ・ライター) from痕跡症候群
人知を超越しております。

リコール王・トヨタ 欠陥車率3年連続100%超も、回収率さえ非公表(ykatoの日記) fromRinRin王国
こんなにひどいとは知りませんでした。

トルコの銀行 AK BANK CM(pya!) fromゴルゴ31
マスゲームをやってます。鳥がはばたくとこなんかうまいっすねー。

25日発売の「IKKI」は竹熊先生のスク水姿と相原先生のメイド姿が表紙(たけくまメモ)fromゴルゴ31
こいつはマストだ!!!!!

Sakigake!! Cromartie High School 01
Sakigake!! Cromartie High School 02
Sakigake!! Cromartie High School 03
Sakigake!! Cromartie High School 04
Sakigake!! Cromartie High School 05
Sakigake!! Cromartie High School 06
Sakigake!! Cromartie High School 07
Sakigake!! Cromartie High School 08
Sakigake!! Cromartie High School 09
Sakigake!! Cromartie High School 10
Sakigake!! Cromartie High School 11
Sakigake!! Cromartie High School 12
Sakigake!! Cromartie High School 13
Sakigake!! Cromartie High School 14
Sakigake!! Cromartie High School 15
Sakigake!! Cromartie High School 18
はっはhっはっはhっはははははwwwww外人がつけてるコメントを見るとこの笑いは世界に通じてるなぁw
by wavesll | 2006-08-26 22:05 | 小ネタ | Comments(2)

フランス-映像-音楽

ずっとゴダール監督の『アワーミュージック』がみたいなぁと思っているのですが、まだ借りてない状況です。なんかリズムがあわなくて。

あと、『INTERSTELLA5555』がみたくてYoutubeとかを回ったのですが、全部揃ってないんですよねー><なんとかDVD買わずに観れないものか。今度TSUTAYAに問い合わせてみようかな。

その途中でDaft PunkのCoachellaでのライヴ映像を発見。27分ジャストから『One More Time』が始まってました。
by wavesll | 2006-08-17 01:27 | 私信 | Comments(0)

東京事変と向き合う

クリックで救える命がある

HATENA-TUBEYUKIのふがいないやを見て、この巻き舌な感じ、林檎に似てるなーと思ってたら東京事変のライヴでの月に負け犬もあって、そろそろ東京事変を聞かなければならないなと思って、今日TSUTAYAで二枚借りてきました。

高校の頃、一番はまったアーティストは椎名林檎でした。ブート音源とかデモ音源とかもさんざんかき集めて、心酔していました。結局ライヴには今まで一度もいっていないのですが、椎名林檎が好きだと言っていたのでくるりやブランキーにも興味を持ったと思うし、今の音楽の嗜好のかなりの部分で影響を受けてると思います。
あの頃は中二病真っ只中で、勝訴のあたりでの大ブレイク振りにちょっと満足できなくなっていたり、真夜中は純潔とかにみられる「プロとしてのパフォーマンス」が自分の中での「生まれついてのカリスマ像」と一致しなくて、徐々に心が離れていった感じでした。今振り返ればデビューシングル『幸福論』の頃から椎名林檎は自覚的にポップだったのですが、やはり自分は青かった。また彼女が10代のときに作った楽曲の世界もまた痛々しいほどに青かったのだと思います。

と、いうわけで、今まで東京事変に関しては試聴機でしか聞いてなかったのですが、今改めて聴いてみると、彼女が言っていた「日本のシーンの中で平温なポップミュージックであること」が実践されてるなぁと思います。
特に『教育』はポップロックな音が鳴り響いていてすんなり聴ける感じでした。しかし逆に言えばなんか後に残らない感じで、「やっぱり俺の心が離れたんだなぁ」と思いました。

それに比べると『大人』のほうは『喧嘩上等』や『スーパースター』といったシングルカット曲の印象が良かったので、より楽しめました。またこのアルバムが出る頃には東京事変に対してというか林檎に対して「切実な希求感」を求めてなくて、純粋に良くて面白い音楽だなと楽しめるように僕自身が変わっていたのも一因かもしれません。

もうあの焦がされるような気持ちになることはないかもしれませんが、林檎の声を聴いていると、今でもぐらり心が揺るぐので、未だ林檎病の患者だと自認することにした今日でした。

「椎名林檎」時代だとやはりこの頃が一番好きです。
このカバーもいいと思います。
東京原爆~8メガトンの核爆弾が東京に落とされるとどうなるか(ザイーガ) from 情報屋さん。
明日は終戦記念日ですね。

『鉄コン筋クリート』プロモビデオ(ソドシラソBLOG) from everything is gone
スタジオ4℃か!!!!それは期待大っすね!

ついにミクシィが9月14日に東証マザーズ上場(CNET) fromまなめはうす
これ買いたいけど買えないだろうなぁー。

日本一高いカレー『久留味』(カレー大好き) from出来事。light
これは本当に日本最高ですね。

切り絵超人(idea * idea)
切り絵(pya!) from出来事。light
うーん、凄いとしかいいようがない。

キルトの宇宙(sasapong!!)
これは美しい。

WIRED誌にDir en greyの記事が掲載される(YAMDAS現更新履歴)
僕も聞かず嫌いなのですが、今度聞いてみましょうかね。

ジョージ・ルーカスも公認、カナダ発「スター・ウォーズ」一人芝居。(Narinari.com) from溢ニュース
こーいうマニア魂炸裂な芸って楽しいなぁ。

「やらないか」のヤマジュンが名前を変えて再始動(ω・)†THE NIGHTMARE OF OMEGA†) from teiou
majiか!?っていうか去年の記事かよ!

Ejaculation&Bukkake Feature from俺的ニュースの盛りw
最っ低のネタだなw最ッッッッッ低wwww
by wavesll | 2006-08-14 22:22 | 私信 | Comments(3)

射す光

渋谷タワーレコードにてSubmerge: Live In JapanJAZZ INTEGRALSPECTATORを購入。

早速家に帰った16時過ぎから誰もいない閉め切ったリビングで、TVの音量を50にしてSubmergeのDVDをかける。跳ねる。踊る。叫ぶ。
次々に帰ってくる家族の「こいつ狂ったんじゃないか」という視線をうっちゃって、パンツいっちょうで3時間以上にわたるこの伝説のライヴに参戦。もう最後には足の裏に出来たみずぶくれが破けて、トランクスもぐっちょぐちょになって、精も根も尽き果てる中ジャンプして腕と脚と腰をまわしていた。終わってシャワー浴びて時計見たらもう20時近くだった。
LOS HERMANOSが加熱させたステージをMr DEが多彩な曲でまわし、そしてGARAXY 2 GARAXYが昇らせる。CDも買ったから知ってたけど、最高のライヴだ。完全版DVD買ってよかった。

「俺たちの顔は無意味だ。重要なのはスピーカーから流れるサウンドだ」というURの哲学をあらわすように、光度は控えめだったが、純粋に音楽が伝わった。

また、『Inspiration』でMAD MIKEが語ったことは胸を打った。俺の奇行はアタマ悪かった。
there would come a time in your life when you will ask your self a series of questions
お前の人生にある瞬間がやってくるだろう
それは自問自答するときだ

am i happy with who i am ? am i happy with the people around me ? am i happy with what im doin ?
am i happy with the way my life is goin ?
俺は幸せなのか?
この人たちといて、幸せなのか?
俺が今やっていることで幸せを感じているのか?
俺の生き方は幸せなのか?

do i have a life ? or am i just livin ?
俺自身に人生と呼べるものはあるのか?
それともただ生きているだけなのか?

do not let these questions restrain or trouble you
just point yourself in a direction of ur dreams
find your strenth in the sound
疑問に惑わされること無くただ自分の夢に真っすぐ向かい
サウンドから得られる強靭な精神力を身につけ

and make your transition / MAKE YOUR TRANSITION
そして行動するんだ 変わるんだ

do i spent too much time thinkin and not enough doing ?
俺は考えすぎて何もやってないんじゃないか?

can i try my hardest to get any of my dreams ?
can i purposely let others discourage me when i knew i could ?
will i die never knowing what i could have been or could have done?
自分の夢をかなえるため努力したことはあったか?
やれたこともやらないで人をがっかりさせてこなかったか?
行動も起こさずに、後悔の念を抱き死んでいくことにならないか?

do not let these these doubts restrain or trouble you
just poin yourself in a direction of ur dreams
find your strenth in the sound
疑問に惑わされること無くただ自分の夢に真っすぐ向かい
サウンドから得られる強靭な精神力を身につけ

and make your transition / MAKE YOUR TRANSITION
そして行動するんだ 変わるんだ

there would come a time in your life when you will ask your self a series of questions
お前の人生にある瞬間がやってくるだろう
それは自問自答するときだ

am i happy with who i am ? am i happy with the people around me ? am i happy with what im doin ?
am i happy with the way my life is goin ?
俺は幸せなのか?
この人たちといて、幸せなのか?
俺が今やっていることで幸せを感じているのか?
俺の生き方は幸せなのか?

do i have a life ? or am i just livin ?
俺自身に人生と呼べるものはあるのか?
それともただ生きているだけなのか?

do not let these questions restrain or trouble you
just point yourself in a direction of ur dreams
find your strenth in the sound
疑問に惑わされること無くただ自分の夢に真っすぐ向かい
サウンドから得られる強靭な精神力を身につけ

and make your transition / MAKE YOUR TRANSITION
そして行動するんだ 変わるんだ

MAKE YOUR TRANSITION
変わるんだ

で、今CD聴きながらこれ書いてるんだが、これも相当いいなw
by wavesll | 2006-07-24 20:56 | 私信 | Comments(0)

刺す光

黙ってるのは簡単にかっこがつくけれども、止めよう。
なーんてのは後付で、しゃべりたくなっただけだwシンプルに。

Thee Michelle Gun Elephant - Drop

Rosso - Sharon Live at Rising Sun Rock Festival 2002

Raven - Chevy

Rosso - 星のメロディー

Thee Mchelle Gun Elephant - Electlic Circus Live at TakuTaku
チバのこういった曲も好きなのだけれども、birthdayではどうなるんだろう?

イスラエルとレバノンの紛争写真 fromYellowTearDrops
痛ましいと感じるけれども、特に何にも行動しないし、逆になんだろうな、興味を充足させているだけなのかもしれないと嫌悪感を感じたり。それでも、ニュースの向こう側にある現実を見て、黙りこまずに何かを発言することには意味があると信じたい。

演説 三島由紀夫 from finalventの日記
武士という生き方だけが日本人の美しい生き方ではないと思う。

POPJAMDELUXE LIVE IN SHIBUYAを観た。向井秀徳、菊池成孔、小西康陽のapple store shibuyaでのライヴとインタビューの番組だった。
POPJAMが週間での放送が終わり、どうなるのかなと思っていたが、なかなか見ごたえのある放送だった。
「渋谷」を3人が語るのだが、それぞれの視点が「上京して住む若者」「新宿の対極にある若者の渋谷を憂う大人」「世界の中の特異点として若者のセンスを肯定する大人」というもので、「歴史を降り積もり、それと対峙する」「カルチャーから外れて、アキバ化(=サブカルチャー化、恥を失くす)しつつあることへの危機感」「その集中、センスの質は世界の中でもずば抜けている」と3者3様に語られていて面白かった。欲を言えば、90年代、80年代の渋谷についても語ってほしかった(特に小西さんには)。
演奏された曲目では、『YOUNG GIRL 17 SEXUALLY KNOWING 』『WATER FRONT』『You don't know what is love』『東京は夜の7時』が良かった。
by wavesll | 2006-07-22 05:28 | 私信 | Comments(2)

No lo se

クリックで救える命がある

WILKINSON GINGER ALEの缶がキオスクで売っていたので買っちゃいました。この、いかにも生姜な感じがいいですよね。

ギターをタップして演奏するカナダのアーティスト(小太郎ぶろぐ)
朝目覚めて、ホテルのモーニングバイキングでオレンジジュースをコップに注いでいるときにかかってそうな音楽ですね。

HAKASE TAROU live IMAGE(小太郎ぶろぐ)
情熱大陸のライヴ。コメント欄に書いてあったんですけど、ほんとに7分があっというまに経っちゃいます。

web漫画版 痴漢男 from朝目新聞
実ははじめて読んだのですが、面白いですねーこれ。痴漢が友達以内わりに良くそんなポンポンとメールの文章思いつくな!って感じです。まだ途中ですが、映画化もされたクオリティなので、読んだことない方は是非この機会にどうぞ。

日本の鉄道駅一覧from朝目新聞
さすが天下のwikipedia先生!僕の駅もありました。

タモリ密室芸in徹子の部屋
毎年恒例のお楽しみ。今回は各国語で納豆を食べたときのリアクションが観れます。

8人の女たち
とんでもない話です、これ。

衛星映画劇場で『8人の女たち』を観ました。フランスの新進気鋭からベテランまでの実力派女優8人が出演しているということだけ知っていたので、きれーな女優さんを観ようと思ってみたのですが、いや、とんでもない話、これ。

正直最初は予想通りでした。スゾンちゃんがめちゃくちゃかわいいし、まぁいきなり歌いだしてミュージカルになったのは面食らったけれども、美輪明宏似のお母さんとか、高村薫似のおばさんとか、個性的な面子の中でオンナノコーな感じでセットもかわいいし、波風なく物語が進むのかなーと思ってたら、
降りしきる雪に閉ざされた屋敷で殺人事件ですよ、みなさん。
次々に暴かれる新事実。化けの皮がはがされ、むき出しになる女たちの感情と本性。えええええええ!まじーーーーー!!???って何度いったか!
最後はどんでんがえしが周りに回って終劇。 これは観たほうがいいです。

田中アクターズシアター ドラマ「IWGP」最終回
田中アクターズシアター 「北斗の拳」ラオウの最期
『落下女』というTV番組の1コーナー。この番組見たことなかったんですけど、面白いっすねー。

世紀末千葉繁伝説(NO SMOKING) fromぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS
アニメ北斗の拳の次回予告集です。どんどんヒートアップしていく千葉さんに乾杯。

キーボードクラッシャー少年、マリオをプレイする(SWFBLOG) from出来事。light
もう鉄板ですねw

松村邦洋 「モノマネ・プロジェクトX」
津川さんの下りに笑いましたw


新撰組の羽織は大丸、隊旗は高島屋で作られた。(Orbium)
へぇーーーーーX20

BLOWN UP CHILDREN - YOSHII KAZUYA
この曲ってアルバムに入ってましたっけ?いい曲ですね。

松本人志 アメリカ挑戦企画 ショートムービー「佐助」(動画人2) from溢ニュース
ザッサーみてぇなぁ。

ものすごく幻想的な、雷と虹が同じ空にある写真(GIGAZINE)from溢ニュース
光のコラボレーション。

What's Going On ? (スミルノフ教授公式ウェッブサイト ) from bohemian rhapsody in blue
教授はいいこというなぁ。僕も今度挨拶にwhat's going on?って使ってみます。

ニートへ朗報!20日間ゴロゴロ寝て,30万円ゲットしよう! from明日は明日の風が吹く
これはこれでつらいですよね。

意味がわからん言葉で意思の疎通を計りたい
blogって、記事の整理が凄いしやすいじゃないですか。日付別にわけたり、カテゴリ別にわけたり。
あえてblogで、そーいうのを曖昧にしたいんですよね。
同じ記事を何日にもわたって書いたり、日記とニュースを同じ記事に書いたり、ニュースで日記を書いたり、日記でニュースを書いたり。
一般的な日本人ならわかる言葉で、わけのわからない突発的な感情を書いたり、一般的な日本人にはわからない言葉で、至極当たり前な事柄を書いたり。
わかりにくいblogってのをやってみたいです。

「劇団ひとり」動画集(kourick.net)
劇団ひとりはほんっとおっもっしれぇなぁww
by wavesll | 2006-07-15 19:38 | 小ネタ | Comments(2)