タグ:ART ( 153 ) タグの人気記事

teebs展【Ante Vos】@KATA 4/18 & 4/19

c0002171_21313696.jpg

恵比寿リキッドルーム2FのTIMEOUTダイナーの横にあるスペースKATAでのteebs展に行ってきました。

c0002171_21434672.jpg大体7時前あたりについて、入口の物販の処でバッチ型音楽プレイヤーを受け取ります。中にはteebsがこの展覧会の為に用意した20分間の音源が入っています。うむ、いい感じ。

中は写真自由だったので結構撮っちゃいました。
c0002171_2144527.jpg

c0002171_21454286.jpg

c0002171_21475467.jpg

c0002171_21483740.jpg

c0002171_21492029.jpg

c0002171_21495127.jpgどれも印象的だったなぁ。

c0002171_2211551.jpg
物販コーナーも充実していて、さっき書いたバッチ型プレーヤー(音源入り)が2000円、日本未発売のMixCDが1500円、Tシャツが3500円、1stと2ndのヴァイナルなんかも売ってました。

ロビーへ出ると、なんとteebsが飲んでる!通訳らしき人と話してるのをちらちらみてて、意を決して話しかけてみました。「もしかして、teebs?」「貴方の音楽に感動しました」「とてもクールな音楽だった」とかつたない英語で話しかけ、向うもクールとかいってくれたけどようわからんかったのが悔しい!握手して、新譜『E S T A R A』を見せたら喜んでくれた!

一旦恵比寿駅まで戻ったのですが、20:00からレセプションがあるのでやっぱ行ってみるかと引き換えし、レセプのワインを飲みながらスピーチを聴きました。会場は人で一杯になってました。

この展覧会はLAでやったものを東京に持ってきたもので、『訴えかけるモノ』を基準に選んだレコードのジャケに描いた作品を展示しているとの事。2万円から作品自体も売っているそうです。

Teebsの写真まで取らせてもらって、「Brainfeeder4に行くよ」と声かけて、帰ってきました。やー、ロビーで握手できた時は感動したなぁ。5月の新木場が楽しみです。

この展覧会は明日までで、明日はteebsを交えたトークイベントもあるそうですよ。

c0002171_2225124.jpg


追記
c0002171_5432847.jpg

c0002171_544222.jpg

c0002171_22102367.jpg

やー、今日も来ちゃいました。会場で聴ける音源が気に入ってしまってまた聞きたくて(なら買えよ

c0002171_22141737.jpgグッズとしても魅力的だったんだけれども。でもこの音源はこの展覧会の空間で聴くのにとどめた方がスペシャルな感じが保たれていいのかなとも思って。

c0002171_22151785.jpg

c0002171_2215441.jpg

じっくり音源を堪能しながらアートをみてました。レコードジャケに上書きしたコラージュ作品、なかには松山千春のレコードもあったそう。俺気付けなかったけどw

c0002171_22172341.jpg

で、わざわざ2日連続して来たもう一つの大きな理由が、teebsのインタビューが行われたのです。渡辺克巳(BRUTUS)さんの呼び込みでteebsと竹村卓(ライター/編集者)さんが入場し、竹村さんが質問する形で進みました。その後観客からの質疑応答もあって、結構観客の皆さんからのteebsへの質問がツボをつくものだったりして面白かったです。

以下に思い出せるところをつらつらかきたいと思います。

幼少期はどんな感じでした?
カリビアンミュージック、ジミヘンドリクス、ジェイムスブラウン、ダンスミュージックなどが好きだった。
人に対し気配りする子供だったが、付き合っていたのが悪がきたちが多かったのでトラブルなんかも起こしたりしてた。

絵を描き始めた後に音楽を作り始めたのですよね?
最初はアクリルなんかの安価な素材で描いていた。今回の様なコラージュ作品を作るようになったのは、サンプリングで音楽を作っていることと関係しているかもしれない。素材を探して加工するという行為は関係あると思う。
今回の展示の絵は全部で400点あって、50づつアルバムのように纏めている。4というのは自分にとって大切な数字で、絵の中にある4つの矢印なんかも自分のしるし。
今回使ったレコードは、水でぬれてたり汚れたりして安く売っていたのをたくさん手に入れて加工したもの。
この展覧会はこの後オーストラリアとロンドン、サンフランシスコでも開かれる予定。

Ante Vosというタイトルの意味は何ですか?
作品が作品になる前という意味だったり、作品として完成する前のもとのレコードの意味だったり重層的な意味。

地元ロサンゼルスはどんなところですか?そこから作品に影響されたりすることはありますか?
LAは砂漠にあるオアシスみたいな巨大な街でいろんな人たちがいる。影響を受けていると思う。音楽とか、画家とか面白いけれど、LAの全てが好きなわけではなくて、ハリウッドなんかは整形されすぎで好きじゃない。

何か影響を受ける様な好きなアーティストはいますか?
レイ・バービーとクートマが好き。影響を受けていると思う。またスケボーからの影響を受けることもあると思う。またアーティストからは作品からというよりもパーソナリティから影響を受けることの方が大きい。アーティストは何でもやっていいわけではなく、自分の作品い責任を持つべきだと思う。

色々なアーティストとコラボすることがありますが?
基本的には一人で創っているけれど、絵でも音楽でもコラボすることはあるし、機会があれば今後もコラボしていきたい。

日本はいかがですか?
日本は好き。おにぎりは最高。今回の来日は仕事じゃなくプライベートで、昨日は2時まで飲んで朝築地に行ってその後お台場でガンダムみてきた。火曜には京都にいく予定。

今後の予定は?
5月のbrainfeeder4ではライヴペインティングをやる予定。今年中にミニアルバムをもう1枚出したい。またprefuse73とまた何かやりたい。

絵は、あらかじめ構想を決めて書くものですか?それとも感覚で?
特にあらかじめ決めて描いているわけではない。それで失敗することもあるけれど、それも味だなと思っている。逆に音楽は作りこみできる。でもやはり失敗も味だなと思う。

dablabのInto infinityは今後も続けますか?
続けたいと思っている。

絵の花とかのマークにはどんな意味があるのですか?
花のマークは、花は人をいい気分にさせるし、絵をかいた時にこのスペースに花があったらいいなと思ったところに描いている。その作品のイメージをまとめる感じで自然に書いている。内なる自然に従う感じ。

以上、記憶違いや抜けもあるかと思いますが、トークを思い返してみました。インストモノは歌詞がないのでこういう形で意図などをしれるのは興味深かったです。自分はteebsの音楽に桃源郷的な居心地の良さを感じて快楽性を見ていたのですが、彼自身はただ刺激を求めてそのためには何をやってもいいというよりももっと人間性を大切に考えていて印象的で感銘を受けました。絵と音楽の相乗効果で非常にいい刺激を受けることのできる展覧会を開いてくれたteebsとスタッフの皆さんに感謝。
by wavesll | 2014-04-18 22:03 | 展覧会 | Comments(0)

MEDIA AMBITION TOKYOと会田誠天才でごめんなさい展

今日は六本木でアートめぐりをしてきました。

六本木ヒルズの広場にあるトレーラーの中でみるPERFUMEの3Dインスタレーションは、どうやって映されているのかわからなくて面白かった。できれば後ろの人形が踊りだしたらもっと面白かった。

その後、森タワーの展望室で、チームラボの『花と屍』を見ました。現代のデジタル技術で作った大和絵という感じで、これもそこそこ面白かったです。屍というのは最後に現れるテクスチャーを剥がした骨組の事なのかな。

花と屍 -Flower and Corpse- 01

花と屍 -Flower and Corpse- 02

「会田誠展:天才でごめんなさい」トレイラー映像2


その後、展望室を観る券で森アートギャラリーでやってた会田誠 天才でごめんなさい展へ行きました。

この展示はぶらぶら美術博物館でみてて面白そうだなと思ってたので、展望室の料金でみれたのは僥倖でした。

会田誠の持っているガキのような感性は結構好き。というか先にやられた!って感じ。軽さと毒気のショーを一時間ぶっ続けでみた気がしました。

会田さんの絵は表面的なようでも、そのディテールの細かさは凄い。と同時に全てフリですよみたいな諧謔さもある。情報量がメタも込みで高い絵といった感じ。毒気にやられてなんか初めて秋葉原行った時を思い出したw一芸も突き詰めればアートになるんだなぁ。みて良かったです。新宿御苑改造計画が面白かった。芸が細かくて。

ただ、現代美術一般の性質なのか、会田さんの資質の問題なのか、解説などのコンテキスト抜きに見ると陳腐に見える感じもして、この軽さはサブカル的だなとも思いました。

ただ、河口湖曼荼羅の時に彼が体験した超体験には断固共感したいです。私の時もノードラッグ・ノンアルコールだったなぁ。会田誠の絵はふざけていて、真剣にネタを突き詰めている気がします。そしてその世界を斜めに見るアイディアこそが彼のアートの魅力だと思います。エンタテイメントのためにディテールを細かく積み重ねる。そんな中で、河口湖曼荼羅だけは、彼が斜めでなく真正面から現象を描いていて、素の姿が見えた気がしました。

あまりのボリュームにぐったりしてしまって、帰りにもう一度夜景見てから去りました。
by wavesll | 2013-02-17 01:49 | 展覧会 | Comments(0)

抜けるような青に沈んで逝って来た

日本大通りの横浜ユーラシア文化館で開かれているウズベキスタンの写真展にいってきました。
c0002171_18404726.jpg

イスラム世界の宝石と呼ばれる青の都、サマルカンドを初め、藍色に連続しそうなブルーに浸って灼熱の沙漠を感じました。

今日はこれらの写真を撮った人自身によるギャラリートークもあって、なかなか楽しく2時間くらい過ごしましたw

これで湿度さえあれば夢際なんだけどな。

SUPERCAR-TRIP SKY
by wavesll | 2007-09-01 18:41 | 展覧会 | Comments(0)

雨の東京散歩

c0002171_7492318.jpg昨日は学校がなかったのですが、昼を食べた後三田駅に降りてそっから品川まで歩きました。


それは北品川の原美術館で開かれているヘンリー・ダーガーの個展を観にいくため。

ダーガーは頭に障害がある人で、人とほとんどコミュニケーションをしませんでした。変わりに彼がしていたのは11年間かけて書いた15,000ページにも及ぶ物語『非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子供奴隷の反乱に起因するグランデコ-アンジェリニアン戦争の嵐の物語』の世界を絵で表すこと。

美術教育どころか普通の教育も受けていなかった彼は絵の技術がなかったため、雑誌や新聞の写真や絵をコラージュしたりトレースしたりする手法を編み出すとともに、自分でも模写から絵の技術を向上させようとしました。

で、肝心の『非現実の王国で』の内容なのですが、チンコがついた戦闘美少女が時に銃をぶっ放しながら首を絞められ内臓をぶちまけられ鱗のついた少女聖獣に守られ悪い大人の王國と対決する冒険を繰り広げるというイッテルビウムなものなんですwだから行ったんだよ俺キチガイ好きだからw

実際の絵を見てみると、透き通った禍々しさを感じました。イノセンスってのは狂気ですね。色使いがどことなくベンジーの絵に似ていました。

その後傘を差して散歩しました。
泉岳寺で赤穂浪士の墓参りをしたり、高輪の方へ歩く途中の墓場に寄ったりしました。ヘルシアウォーターマスカット味は飲みやすかったです。

高輪プリンスホテルの横を通り過ぎたりしながら結局明治学院大学まで歩きました。

食堂で7時まで本を読んでいました。明学の学食にはモスバーガーが入ってるんですね。試験前というのに騒がしいところでしたがきれいでいいキャンパスでした。

7時から二号館で開かれた『懐かしい未来とスピリチュアリティ 本当の学びと教育とは』という講演を聴きました。怪しそうだったから1,000円も払って聴いたんだぜw物販にあったマントラが書いてあるメイドインチベットの旗も500円だったから買ってしまったwww

インドとチベットの境目にあるラダックという地域にハマっているスウェーデン人のヘレナさんを招聘してのスピーチでした。

彼女が言うには、今の教育制度の下では全てが拡大し競争し、都市化が進み、人々は孤独になるだけであり、我々は共同体と自然に立ち戻らなければならないということでした。

まーそれもわかるんだがサ。俺は環境も好きなんだけど経済も好きな人間なんで言わせてもらうと、資本主義も偏ってるけど環境を唱える連中も偏ってるんですよね。

資本主義は量を追い求める(カネとか増やしたい!)。環境主義は質を追い求める(クオリティーオブライフを高めたい!)。

でも量も質も両方大事でしょ。重要性ってのは量×質でしょ。バランスが大事なんだよバランスが。

だから質問シートにイジワルなことを書いてしまいました。
「How much do you think about ideal number of population?」
彼女とかが言う方法だと地球上に65億人も人類は住めない。じゃあ俺らは死ねばいいのか?そうじゃないだろ。バランスを整える必要があるんだ俺たちは。

そしたら俺の質問だけ司会者に読まれませんでしたwしょうがないから講演後彼女に直接インタビューしてみたら、
「Population is not important problem. Changing monoculture is more important.」
といわれました。確かに多様性確保のためのローカライゼーションも重要だが、上手い事逃げられたなw

俺は今人類を見たら、全体としては量に偏りすぎていると思います。だけど環境の連中は質に偏りすぎていると思います。
環境の連中は大企業のプロバガンダを声高に批判するけれども、自分達も偏っていて、プロバガンダを叫んでいることを自覚すべきだと思いました。

その後目黒まで歩いて定期で帰りました。
by wavesll | 2007-07-11 07:54 | 私信 | Comments(2)

Utopia

c0002171_535125.jpg東京テレポートに13:30に友人と待ち合わせてグレゴリー・コルベールの『ashes and snow』を観ました。

コンテナを積み上げて美術館を作り世界をめぐる移動式美術館が日本人の設計だったのは驚き。
内容はCGや合成は一切無しのヒトと動物の写真と映像作品です。

感想は、映像がメインでしたね。写真は数が少なかった。1600円取るだけあって雰囲気は良かった。ただ、タイやネパールっぽい象や豹に興味があるくせにやはり西洋人というか、神が支配するユートピアっぽい写真でした。

映像を見ていると、多くの動物ってのはホモサピエンスにとっては種としての先輩だから大事にしなきゃなという気になりました。またヒトとサルの違いなんてのは国籍の違いくらいのもんな気がしました。このユートピアの中では。

ただ、メインの1時間の映像をみると、やはりコルベールさんは人間中心主義なのだなと思いました。その証拠か、最後の2人が水中でまぐわうシーンの美しさは圧巻でした。
by wavesll | 2007-06-18 05:06 | 展覧会 | Comments(0)

太陽光発電の男

c0002171_2135485.jpg池袋から三田まで歩きましたw

いや今日夏みたいな天気だったから。俺のテンションは太陽光で充電されるんでw

一限が終わった後弟の誕生日になんか買ってやろうと、池袋のパルコP’のタワレコでCD買って、外でたらこんな天気だったからw

しかも逆S字に。明治通りで新宿を目指し、三ノ輪線って言うかわいい路面電車と共に目白通りに曲がり、六本木にはいかずに飯田橋、水道橋、御茶ノ水、秋葉原、神田、日本橋、銀座、汐留、浜松町、田町と歩きました。

途中日本橋の三井記念美術館に入りました。
千利休ゆかりの極渋な一品や、王義之の書が見れて面白かった。『へうげもの』と『とめはね!』読んどいて良かったw特に書の方はまじ見る価値有ですね世界史やってた奴には特に。

あとその前にあったハッピーローソンという店舗が面白かったです。子供向けナチュラルローソンで、保育所が2階についてました。月末でクローズらしいですがコンビニ好きなら行ってみるといいかも。

銀座に九州の酒が売ってる店があったが屋久島の御岳は売ってなかった。また阿佐ヶ谷行くかな。
by wavesll | 2007-06-15 21:39 | 私信 | Comments(0)

モネをめぐる30km

c0002171_22592549.jpg
今日は六本木国立新美術館のモネ展に行ってきました。

11時半について30分待ちだったのですが中に入るとほんとのぎゅうぎゅう詰めではなくてそこそこみれました。

モネに関してはパステル!ってイメージがあったのですが、保存の状態かアレかわかりませんが結構くすんでる感じでした。

ただ、とにかくきれい。ぽわーっと感動しました。夕闇の桃色。遠めにぼんやりとした淡い美しい。

ピンクがほんとに良い効果を発揮していました。海の絵も良かった。積みわらの絵も良かった。そして後期のぶわっとした筆遣いの奴も良かった。ポラリスやフィッシュマンズが合いそうな絵でした。

ただ、この絵はあんまり近くで見てもなんか駄目。離れてみた方がきれいでした。
美人だと思ってた眼鏡屋の店員さんがメガネかけたら毛穴が汚くてちょっと損した気分になるのに似た感じでした。

僕は裸眼だと両目で0.5あるかないかくらいなのですが、それぐらいで少し離れるぐらいが丁度良かったです。

その後みなとみらいに行って横浜美術館で「水の情景―モネ、大観から現代まで展」をみました。

ここはほんとに良かった!ヒトがほんとにいなくてすきまくってるし静かだし、ほんとに快適に作品と静に対話できる感じでした。

水というテーマも港町らしくて意味がありました。モネも睡蓮が置いてあったし思うままに離れて観れました。最高。

インスタレーションで映像作品が結構あって、水槽に上映する奴で、裸の女のヒトが泳いでるのが水に映されてるのが非常に面白かった。

奇麗なヒトの乳首が見えると得した気分になるといったのはリリーフランキーだったか糸井重里だっけっか。良かったですw

美術館ってのはメディアですね。良い作品は何かという選択と背景の世界観、そして作品の見方を伝えてくれる。そう考えると世の中の企業はみんなメディア機能を持っているかもしれませんね。

就職活動で色々な企業を回っているとみんなコンサル機能を持っていると感じたけど、すべてはメディアでコンサルなのかもなぁ。
by wavesll | 2007-06-09 23:03 | 展覧会 | Comments(0)

ダリ展に行ってきた!

上野で開催されているダリ回顧展にいってきました。平日の午前中だというのに、上野の改札は人でいっぱいで、ダリ展も多くの人で賑わっていました。これが休日となったらどうなるのかと思うと寒気がしてしまいますね。

中では連れと別れて一人で絵を見歩きました。現実にはありえないとりあわせや構成が書き込まれたキャンバスは異様にポップで、特に色が乗るとおもわず食べてしまいたくなるような魅力があります。

愛を表現したというパンふた切れの絵を始め、タイトルにも遊び心があるし、ひとつの形に複数の意味を持たせるだまし絵的手法は、絵を見るときにある種謎解き的な楽しみを与えてくれます。

特に一番魅力に感じたのは、全然質感が異なる素材が同じキャンバスに描かれることで起こる化学変化?みたいな効果です。そのパワープレイっぷりが心地よかった。

あとその絵を囲む額縁も非常にセンスがあってとても気に入りました。

やっぱり一番感動した絵は299.7X254という超巨大な『世界教会会議』!その荘厳な雰囲気で自分の奥さんを絵の中に書いてしまって賞賛するというパッション振りも面白いなと思いました。

出てからダリがロゴをデザインしたというチュッパチャップスを舐めながら帰りました。
by wavesll | 2006-12-06 05:11 | 展覧会 | Comments(2)

光彩時空

c0002171_124245.jpg

東京国立博物館に『光彩時空』を観に行きました。

建物の壁面に、所蔵の芸術品を映し出したり、木々や建物をライトアップしたり、レーザーを駆使したり、雅楽の生演奏があったりして、楽しめました。月もきれいでした。

その券で特別展以外も見れたので、法隆寺の宝物展も観ました。表情が笑える伎楽のお面と、格好よい龍の水差しが印象的でした。

残念ながら光彩時空は今日までで終了なので、代わりといってはなんですが芸術の秋の夜にあうかもしれない選曲の3曲をお送りします。

Pat Metheny Live at Vitoria Jazz Festival 2003 from HATENA-TUBE

Kotaro Oshio - Hard Rain(Montreux Jazz Fes 2002) from HATENA-TUBE

"Short Shorts" - The Royal Teens from bohemian rhapsody in blue

更に観たい方はこちらをみられると楽しいかと思います。
by wavesll | 2006-11-06 01:11 | 私信 | Comments(0)

Echigo-Tsumari Art Triennial 2006

初日 二日目 (写真へのリンクだけれども非常に重いので注意)

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレに高校の友達二人と行ってきた!

6:30に俺んちの前でクルマに乗って、登戸で待ち合わせて関越のって一ヶ月ぶりに新潟入り。

なんでここにいったかというと友達の友達のグループが出展しているから。

十日町を中心とした760平方キロメートルの里山に330点ものアートが点在するというこの催し、まーじ面白い!

初日は松代の先を回ったんだけど、まずはトシ君のグループの作品が面白かった。

『脱皮する家』っていって古い民家を彫った作品なんだ。彫ったってどういう意味かというと、彫刻刀で床から壁から柱から天井まで全部彫り込みが入ってるんだ。
ゼミっていえばいいのか?大学のグループで2年にわたって彫られた家に入って、踏みしめて、触って、寝転んで、宇宙を感じちゃったな俺は。

今回のテーマのひとつに「空き家再生プロジェクト」というのがあって、過疎化が進んでひとがいなくなった家家をアートの力であらたな光を与えてるんだけど、空き家と新潟は相似だよね。この大地の芸術祭でひとは集まるし、フローとしてだけでなくストックとしてアートが存在していくっていいなぁ。

古い木造建築って踏みしめたときとても気持ちよくていいなぁ。

あと何より感動したのが稲穂の美しさ。太陽の下で輝く田園が一番美しかった。

そんなわけで17:30に展示が終わったんで、今日の宿の十日町の民宿に荷物を下ろしたあと、飯を食いに塩沢に向かって山道を走ること1時間くらい、気がついたら湯沢についてたw

こないだ新潟行ったときに食べた湯沢の通りの釜飯屋で食ったwあなご釜飯が旨かった。

で、そのあと大急ぎで十日町に戻って、温泉に入って、民宿に戻って、酒飲んで、いびきがうるさいなかもうひとりの友達としゃべって、寝たんだ。

翌朝、10時過ぎてるよて宿の人に起こされ、やっべーとか思いながら下条の方にいって、トシ君お勧めの展示を見に行った。

途中の『田園の中の異国』という展示の中でネパールカレーとチャイとドルドンマを食べた。うまかった。

今回は家が多くて、なかなか今まで建造物を楽しむことは少なかったんだけど、面白いな、家って。
住むところとか、暮らしとかの中に配置されてるっていうか、組み込まれてるっていうか、自然で。そう、自然、森とかもある種の構造体だよな。なんでも面白がる感じがいいよ、こういう催しに参加すると自分の興味の対象が増える気がする。感覚が広がるっつうか、いー感じになった。

その後ナカゴグリーンパークにいったら、今までの射すような日差しはどこへやら、とんでもない豪雨が降ってきて、『光の館』に避難した。
雨が収まってきたからクルマに向かうと目の前に虹が。二本の虹がかかって、きらめいてた。

そのあと松代のの雪国農耕文化センターでの展示を見て、時間的にぎりぎりだったけど、川西のいけばな美術館に飛び込んで、18:00ぐらいまでぶらついて、帰りに昨日行きたかった六日町のトン吉で食べた。どこで米食っても旨かったなー。

で、3時間くらいで帰ってきた。

いやー道中、話がはずむはずむ。名言ワードを吐きすぎててほんと m9(^Д^)プギャー!!だったなー。

3人が持ち寄った音楽がそれぞれぜんぜんかぶらなくて、面白かった。みんなそれぞれいいの聴いてんなー。

東京に帰ってくると、その密度の高さに圧倒される。街の光度も高度も高い。人が多い。モノが多い。情報量がめちゃくちゃ多い。都会にいては常に何かがインプットされ続けるな。

たまには田舎に行って、例えば移動中のなんにもない時間、だだっぴろくてどこまでも羽を伸ばせる時間を作ることは必要だし大切だなと思った。
by wavesll | 2006-09-12 11:49 | 私信 | Comments(2)