タグ:ART ( 228 ) タグの人気記事

Ivan Cattaneo / Uoaei X ヒエロニムス・ボス / 快楽の園 第35回音の貝合わせ

Uoaei ( album completo) - Ivan Cattaneo, 1975


c0002171_15254723.jpg


伊アーティスト、Ivan Cattaneoの処女作。
各曲の題名を翻訳すると
1. 処女&ヘビ 2. 断片 3. ダーリン 4.スピッツ&スペース 5.おとぎ話を超えて 6.ビッグバン 7.ゴムの道に 8.ココナッツの束または蝶の叫び 9.ダーリン2 10.火星からのトマト 11.味 12.昆虫ゲーム 13.子供は邪悪です 
と奇想が並び、そのサウンドはラテン・サウダージを香らせながら、土から生まれいずるファンタジーな響きとなっています。

これに重ねるはフランドルの奇想の画家、Hieronymus Boschの代表作、『快楽の園』

エイリアンによって創造されたかのような地球の姿。人間の営みが異想まで達する、未来視の様な奇妙なファンタジーを、Ivan Cattaneoのこの母音を冠したALが補助線となって、創造という営みが持つ幻惑性を顕わすように私は感じました。

快い楽しさと、一抹の不安、その非平衡世界の中でバランシングしながら、人間存在が土から宙へ延びていく、そんな様が、この二つの作品から感ぜられました。
by wavesll | 2017-09-16 15:43 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

ベルギー奇想の系譜 @Bunkamura 15世紀から21世紀まで連綿と続くコラージュの幻視

c0002171_18545149.jpg

ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまでをBunkamura ザ・ミュージアムで観てきました。

"ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝ーボスを超えてー@都美をみているからあまり衝撃はないかな"と想っていたのですが、ボス、ブリューゲルだけでなく21世紀までのベルギーの美術が展開する、新領域を深堀する展覧会でした。

まず最初に展示されるヤン・ファーブル≪フランダースの戦士(絶望の戦士)≫からして1996年の作品。玉虫厨子の在りし日の姿のように昆虫の虹色に覆われた作品のフレッシュさにインパクトを食らいました。

そこからヒエロニムス・ボスに影響を受けた作品たちへ。白い怪物がぞわっとくるヒエロニムス・ボス派の≪聖クリストフォロス≫、同じ題材のヤン・マンデイン≪聖クリストフォロス≫は近代的コンクリート感のある作品。またヤン・マンデイン≪パノラマ風景の中の聖アントニウスの誘惑≫はペストの仮面が、ヘリ・メット・ド・ブレス≪ソドムの火災、ロトとその娘たち≫はボス風の卵型の建物が印象的でした。

そして愈々本展覧会の目玉、ヒエロニムス・ボス工房≪トゥヌグダルスの幻視≫

ボスに影響を受けた画家の絵画は、確かに奇妙なもので溢れかえって複雑怪奇にみえるのだけれども、この≪トゥヌグダルスの幻視≫は"七つの大罪"の要素を配置しながら全体としてはすっきりとした構図がシンプルに明瞭で。その頭抜けたコラージュ・センスに感銘が起きました。

さて、そこからのパートはヒエロニムス・ボスの模倣者の作品やピーテル・ブリューゲル(父)による「七つの大罪」シリーズと「七つの徳目」シリーズが続き、バベルの塔展と被るところがありましたが、「七つの~」シリーズはバベル展より拡充した点目でした。

そして、15世紀16世紀で終わらないところがこの展覧会のもう一つの山で。

ペーテル・パウル・ルーベンス(原画)リュカス・フォルステルマン(父)(彫版・刷)≪悪魔たちから貶められ、妻から苛まれるヨブ≫の鬼面、同≪反逆天使と戦う大天使聖ミカエル≫の『BASTARD!!』感。

またペーテル・パウル・ルーベンス(原画)スヘルテ・アダムスゾーン・ボルスウェールト(彫版)≪ライオン狩り≫レオナルド・ダ・ヴィンチ『アンギアーリの戦い』をも超える戦闘画!

ペーテル・パウル・ルーベンス(原画)ピーテル・クラースゾーン・サウトマン(彫版・発行)≪カバとワニ狩り≫のトロピカル・エキゾ感も素晴らしく、ルーベンスの絵画群はこの展覧会のハイライトの一つでした。

そしてフェリシアン・ロップス(原画)アルベール・ベルトラン(彫版)≪娼婦政治家≫もハイライトの一つ。欲望を顕わす娼婦と豚が学術・芸術を踏みつけるデザイン。ピンクでなくスカイブルーなのが凡作でない点だと感じました。フェリシアン・クロップスは着物の様な衣で踊る骸骨の≪舞踏会の死神≫も印象的でした。

19世紀の作品だと消え入るような美が描かれたフェルナン・クノップフ≪もう、けっして≫も素晴らしかったし、彩色写真作品であるフェルナン・クノップフ≪蒼い翼≫と≪アラム百合≫もコラージュな感性を感じて。

ジャン・デルヴィル≪レテ河の水を飲むダンテ≫に描かれる忘却の輝かしさと、同≪ステュムパーリデスの鳥≫の土埃と黒の対比も印象的でした。

ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク≪運河≫の、赤錆び窓が割れている工場?の前を流れる川と等間隔に立つ木々の侘しい風景が沁み、ヴァレリウス・ド・サードレール≪フランドルの雪≫ブリューゲル(父)≪雪中の狩人≫に比肩する上質で落ち着いた静謐な質感の絵画でした。

また面白い画家だったのがジェームズ・アンソール。彼の絵画は暗い情念が込められてるのにユーモラスで明るい色彩なのが面白い。燃えるような、でもどこか滑稽さのある≪愛の園≫。ユーモラスな醜さのある≪ソフィー・ヨテコと話すルソー夫妻≫。明るい色彩とテーマの意外さが印象的な≪キリストの誘惑≫。あふれ出る自意識が爆発している≪オルガンに向かうアンソール≫。そしてエッチングの≪天使と大天使を鞭打つ悪魔たち≫はユーモラスな百鬼夜行といった趣でした。

そして遂に奇想の系譜は20世紀へ。
ポール・デルヴォー≪スケッチブック「赤い帽子の裸婦」≫のきれいさ。デルヴォーの女性画では骸骨と同じポーズをする≪女性と骸骨≫もコンクリートな歪みのある近代絵画で印象的でした。

そしてルネ・マグリット。≪大家族≫の荒天に青空が鳥形に抜かれるこのマグリットの代表作は20世紀ならではのファンタジックな絵画に感じました。≪マグリットの孤児たち≫よりIX、≪マグリットの孤児たち≫よりXIのコラージュ感。≪9月16日≫≪オールメイヤーの阿房宮≫の幻想。

この奇想の系譜を一つ貫くのはコラージュの感覚だと思います。コラージュというのは異なるものが組み合わされる、違和感と調和のせめぎ合いのアートスタイル。”奇想”の怪物的でファンタジックな芸術を行うには、現実と非現実を融合するコラージュの感覚が顕れるのだと感じます。

そしてマルセル・マリエン≪神秘の国ベルギー≫はまさしくコラージュ作品。森の中に魚が浮かび、青林檎に突き刺さる。マルセル・マリエンの単眼のメガネ作品≪見つからないもの≫も面白かった。

そしてリュック・タイマンス≪磔刑図≫の白輝にはちょっと吉岡徳仁 / スペクトル at 資生堂ギャラリーを想起しました。

この展覧会もフィナーレ、21世紀のベルギーが辿り着いた奇想は立体物が多くありました。
レオ・コーベルス≪ティンパニー≫は筆を咥えた画家?の骸骨がティンパニーに落下して音を鳴らす作品。死後も作品があり続けることの隠喩かもしれません。

ウィム・デルヴォワ≪プレッツェル≫は磔刑になったキリストがよじられ繋げられメビウスの輪のようになっている作品。キリストが永続的に苦悩を負い続けてくれることのメタファーでしょうか。

パナ・マレンコ≪スコッチ・ギャンビット原型≫は謎の水空両用船。頭が強大化しすぎて首からぐがんと曲がったトマス・ルルイ≪生き残るには脳が足らない≫も面白いし、金にひずむ髑髏に黒犬のトマス・ルルイ≪無限≫も魅力的でした。

ミヒャエル・ボレマンス≪The Trees≫は何の演技もない表情の絵画。奇想の中にあると、寧ろその閑けさが引き立ちます。そしてよく見ると手に持つ本が本でなく白い板物体だという。

冒頭にも作品があったヤン・ファーブルの≪第14章≫と≪第16章≫の金ぴかのイケイケ親爺の像に消費社会の栄華と虚栄を感じて、展示室を抜けました。

この展覧会、ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝ーボスを超えてーをみていても価値あるし、さらに面白く感じれると想いました。また展覧会のヴォリュームが”もうちょいみたい”ってくらいの丁度良さで、仕事帰りなんかにサクっとみてもいいと思います。来週日曜9.24まで。


cf.
奇想天外なベルギー美術500年の旅へと誘う、『ベルギー奇想の系譜』展速報レポ!(Vogue)

by wavesll | 2017-09-15 21:25 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

H・R・ギーガー展 at タワーレコード渋谷

c0002171_4583580.jpg

渋谷タワーレコード8階に『エイリアン』のデザインで知られるH・R・ギーガーのポスター&アート展を観に行きました。

彼の描くバイオメカニクスというスタイルは、AIというより、ミケランジェロの大理石の彫刻や初期巨大コンピューターのような物理的な存在感があって。電子化される前の”システム”を太古からの人の視覚認識で描いた、その姿に想えました。

その環境的というか、建築的な構築として顕わされながらもタナトスとエロスあふれる表現は、ミューズであるリーさんの存在を核としながら、元々家具デザインに関わっていたギーガーならではの意識が色濃く表れていると想いました。

バイオメカニクスのアートスタイルは電子化し幽体として置き換わる以前の”機械”としての”生命”であったり”環境”に於いて萩原一至や冨樫の描く異界のインスピレーションにも通じる魅力があって。

機械生命のハードな世界観の核に一人の女性のたおやかさと凶暴さがあるのが印象的であると共に、物理的機構描写は電子化され不可視化された環境の真実の姿を白日に曝した感覚もありました。

この展示のヴォリュームだと800円はちょっと割高、いいとこ550円ではないかという印象もありましたが先着限定のポストカードも貰えたし満足。なんとH・R・ギーガー直筆のサインが入った作品やポスターの18点は販売されてます。かなり高額ですが(笑)

展覧会にはスイスにあるギーガー・ミュージアムの写真たちも。この空間、禍々しくて凄かった。一度馳せ参じたいと思わされました。

展覧会は10月1日迄。最終入場は20:30とのことでした。

c0002171_458511.jpg

by wavesll | 2017-09-12 05:14 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

アルチンボルド展@国立西洋美術館 "寄せ絵"のアイディアだけでない、極上の画の技量

c0002171_6444154.jpg

アルチンボルド展に行ってきました!素晴らしかった◎

ジュゼッペ・アルチンボルド。ミラノ出身で神聖ローマ皇帝のハプスブルグ家3代に仕えた宮廷画家である彼の"寄せ絵"のヴィジュアルはあまりにも有名で、私はアイディアの人かと思っていたのですが、直にみる絵からびんびんとアウラを感じて。デッサン力、そして質感の描写の卓越さに驚きました。

先ず展示室に入るとすぐにある≪四季≫が素晴らしくて。木のこげ茶の土台に、赤い林檎、黄緑のマスカット、緑の葉、黄色い麦…鮮やかな色彩がインテグレートされ、美しいフォルムとなっていて。魅了されました。

≪自画像≫の端正な壮年の表情、そして≪紙の自画像(紙の男)≫というユーモラスな表現も楽しくて。ベルナルディーノ・ルイーニ ≪ビアージョ・アルチンボルド≫の親父さんとジュゼッペは似てました。

アルチンボルドはレオナルド・ダ・ヴィンチとほぼ同時代、入れ替わりくらいの時代の人で。アルチンボルドもかなり人体の構造やデッサンの技術を鍛えたそうです。展覧会ではダ・ヴィンチの≪植物の習作(表:ミクリ 裏:ホソバヒメガマ)≫や≪鼻のつぶれた禿頭の太った男の横顔≫なんかも展示してありました。

アルチンボルドが仕えたマクシミリアン2世などのハプスブルグ家の人々の肖像画の後にはオッターヴィオ・ミゼローニ、ディオニシオ・ミゼローニ ≪玉髄製の蓋付きの鉢≫やオッターヴィオ・ミゼローニ、HCのマイスター ≪大きな貝形の鉢≫・≪ネプトゥヌスをともなう巻貝形の鉢≫・≪碧玉製の貝形の鉢≫、そして作り手不肖の≪水晶製の平皿≫が展示されていて宮廷の栄華を想わせました。ちょっとインペリアル・エッグを想ったり。

また宮廷でのアルチンボルドのアート・ディレクションも展示してありました。ルドルフ2世に献じられた馬上試合の装飾デザイン集は、まるでRPGの設定本を眺めるような面白味がありました。

さて、そして次の空間がこの展覧会のクライマックス、≪春≫≪夏≫≪秋≫≪冬≫≪大気≫≪火≫≪大地≫≪水≫の部屋。この絵画達のクオリティが凄まじく群を抜いていて!

アイディア、デザインが優れているのは勿論、質感描写が本当に卓越していて!≪水≫の水生生物のぬめるような質感、≪春≫の花弁の質感、≪大地≫の動物の毛並みの質感、≪冬≫の木の幹の質感、≪夏≫の野菜の溌溂さ…マグニフィコ!!!!!

また面白いのが制作年が春夏秋冬の通りでなく、≪春≫と≪冬≫が1563年、≪夏≫と≪秋≫が1572年に描かれたこと。そして≪大地≫と≪水≫は1566年の作品で、その制作の流れも興味深かったです。

この展示室の後に大きく拡大複写された8枚が並んで展示されていたのですが、もう全然質感が違って。この絵画たちは生でみた価値を大変に感じました。この技量に裏打ちされて寄せ絵という発想が飛翔したのだなと。

他の画家の寄せ絵のコーナーもあったのですが、それをみることで如何にアルチンボルドの筆が見事か、質感描写・デッサン力が凄いかが照らし出されていました。

この時期は博物学的な画が流行りだったそうです。作者不詳 ≪アンコウ≫の化け物感やヤーコボ・リゴッツィ ≪タイ科の魚≫の色味、作者不詳 ≪椰子の実形のゴブレット≫、参考作品のヴェンセスラウス・ホラー ≪蝶々とさまざまな昆虫≫の連作なんかいいなと想いました。

さて、博物学的美意識と、人権を考えさせられたのが多毛症で見世物にされた一族が描かれた絵画のコーナー。アゴスティーノ・カラッチ ≪多毛のアッリーゴ、狂ったピエトロと小さなアモン≫南ドイツの画家 ≪エンリコ・ゴンザレス、多毛のペドロ・ゴンザレスの息子≫には胸の痛みも感じた一方で、サヴァイヴしたことに強さも感じました。

またこの時期は職業絵とカリカチュアの誕生があり、単に端正な人物画でなく、その人間の本質を描き出すムーヴメントが起きました。人物の本質を寧ろ寄せ絵の比喩で顕わしたという点でジュゼッペ・アルチンボルドの≪ソムリエ(ウェイター)≫≪司書≫≪法律家≫は興味深かった。

またアルチンボルドの寄せ絵は人物画と静物画のフュージョンとも捉えられます。上下さかさまに見ると捉えられる意味が変わる≪庭師/野菜≫≪コック/肉≫は展示の最後に彩を与えていました。

そしてこの展覧会のお楽しみが展示室に入る前にあるフォトコーナー。顔認識で、ヴィジョンの前に立った人を野菜の寄せ絵で顔をつくってくれるというシステムw私もやってみましたw
c0002171_6453629.jpg

さて、私的にお薦めの観方は一周観た後に半券で再入場し、野菜顔フォトをとって、最後に展示の初っ端の≪四季≫をみること。実は≪四季≫は1590頃という最晩年の作品。アルチンボルドが辿り着いた瑞々しさに心打たれて、展覧会を後にしました。
by wavesll | 2017-09-11 06:51 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

藝祭2017Photographs

藝祭2017へ行ってきました。超ヴォリュームの展示から抜き出した写真たちをお楽しみください◎

髙橋瑞稀 ≪夢の残滓≫
c0002171_22454311.jpg


只野彩佳 ≪グレープシャーベット盆地の夏≫
c0002171_21395120.jpg


齋藤巧美 ≪神話の救済≫
c0002171_21403441.jpg


山内望起子 ≪Life And Death≫
c0002171_21412470.jpg


井元紗奈恵 ≪感情移入≫
c0002171_2142588.jpg


大小田万侑子 ≪天香具山紋様≫
c0002171_2151584.jpg


大小田万侑子 ≪天鈿女と春の宴会文様≫
c0002171_21524483.jpg


倉科尚明 ≪止まる男≫
c0002171_21532043.jpg


香取輝 ≪狙う≫
c0002171_21535752.jpg


溝口さつき ≪床をたつ≫
c0002171_220334.jpg


白井雪音 ≪空喜び≫
c0002171_2203330.jpg


金森七海 ≪星に願う(布)≫ 青木夏海 ≪星と祈りの服≫
c0002171_2211895.jpg


木村和史 ≪旋≫
c0002171_2214891.jpg


李菲菲 ≪瓦の記憶≫
c0002171_22111788.jpg


那須佐和子 ≪僕の歌を罵声に変えたい≫
c0002171_22114377.jpg


真島柊 ≪アボカド1/2(新鮮即ち死死んで間もない)≫
c0002171_22122143.jpg


宮腰衛 ≪黄色い樹木≫ ≪升鬼≫
c0002171_22133374.jpg


大橋いくみ ≪MAKE #6≫
c0002171_22192948.jpg


矢野佑貴 ≪潮騒≫
c0002171_22201874.jpg


齋藤詩織 ≪暴走族感謝祭≫
c0002171_2221348.jpg


武藤紗緒里 ≪かげ≫
c0002171_22214160.jpg


岡路貴理 ≪雪解け≫
c0002171_22275334.jpg


北野沙羅 ≪窓辺≫
c0002171_2228245.jpg


冨永明義 ≪歩き疲れた≫
c0002171_22285134.jpg


山崎優姫 ≪無題≫
c0002171_22291410.jpg


澤田燈 ≪遠く慮る≫
c0002171_2235079.jpg


砂長正宗 ≪灯台と小さな光≫
c0002171_22353199.jpg


水島篤 ≪盲亀の気まぐれ≫
c0002171_22355974.jpg


恵羅由紀 ≪木≫
c0002171_22365047.jpg


君塚みふゆ ≪広がる≫
c0002171_22465226.jpg


中條亜耶 ≪Lurk≫
c0002171_22472511.jpg


木南玲 ≪しぼうのかたまり≫
c0002171_2248755.jpg


柴谷真理絵 ≪dear≫
c0002171_22492883.jpg


齋藤愛未 ≪色なき風≫
c0002171_225404.jpg


細渕すみれ ≪沈む≫
c0002171_22543438.jpg


佐久間仁 ≪あのひ≫
c0002171_2255062.jpg


村田茜 ≪窓辺の像≫
c0002171_22552317.jpg


古川倫太郎 ≪榎に花≫
c0002171_2301372.jpg


山崎結以 ≪プランテーション≫
c0002171_2305632.jpg


曽根美咲 ≪ゲレザ≫
c0002171_2312055.jpg


星野明日香 ≪untitled≫
c0002171_232117.jpg


横山由起 ≪♀♀♀≫
c0002171_2374732.jpg


大澤志乃 ≪アカイハナ-cactus-≫
c0002171_239795.jpg


中村光美 ≪come beside≫
c0002171_2393397.jpg


堀江瑠奈 ≪石の花≫
c0002171_23102100.jpg


原口久典
c0002171_23155031.jpg


山縣瑠衣 ≪Symbol≫
c0002171_23162017.jpg


吉田樹保 ≪盗み聴き ~春 コンソレーション第3番 フランツ・リスト≫
c0002171_2317076.jpg


山田和樹 ≪「罪」≫
c0002171_23172841.jpg


奥山鼓太郎 ≪めもりー1≫
c0002171_23222416.jpg


大友秀眞 ≪顔力≫
c0002171_2323571.jpg


野澤梓
c0002171_23233337.jpg


大澤晴美 ≪神様のいうとおりー天使が見てるー≫ ≪神様のいうとおりーカップルー≫
c0002171_23241179.jpg


原田楓居 ≪sculpture works≫
c0002171_23313318.jpg


岩崎拓也 ≪寅、二匹≫
c0002171_2332360.jpg


島田萌 ≪AFTER HOURS≫
c0002171_23322839.jpg


石井陽菜 ≪Scene I≫
c0002171_2332591.jpg


石井陽菜 ≪Scene II≫
c0002171_23332651.jpg


石井陽菜 ≪Scene III≫
c0002171_23334947.jpg


吉澤有香 ≪天蓋のドローイングI・II・III≫
c0002171_23371582.jpg


羽藤ゆうゆ ≪mantis≫
c0002171_23373556.jpg


Kei Idetsuki ≪sparking≫
c0002171_2338034.jpg
c0002171_23381415.jpg


内村覚 ≪犬≫
c0002171_23415153.jpg


髙木彩佳 ≪保身≫
c0002171_23421985.jpg


竹山美紀 ≪そのとき、≫
c0002171_2342512.jpg


中風森滋 ≪光合成の事≫
c0002171_2344396.jpg


本多桃佳 ≪宙≫
c0002171_23492755.jpg
c0002171_1284882.jpg


都築拓摩 ≪手作りの運動会~組体操と積乱雲~≫
c0002171_23505965.jpg


多田恋一朗 ≪赤い夜のBEAT≫
c0002171_2352739.jpg


川田龍 ≪真折鬘≫
c0002171_2356153.jpg


坂本周 ≪まるまる≫
c0002171_23564384.jpg


森泉春乃 ≪となりの人≫
c0002171_23571667.jpg
c0002171_23573025.jpg


ジョニー ≪マナガーム≫
c0002171_014486.jpg


阪田里都子 ≪もっと一緒に≫
c0002171_021068.jpg


阪田里都子 ≪ひとつずつ≫
c0002171_023525.jpg


阪田里都子 ≪よくみて≫
c0002171_025744.jpg


ユウキユキ ≪三貴子ーユキテラス大御神ー≫
c0002171_09029.jpg


新井毬子 ≪あら、立派になったのね≫
c0002171_092644.jpg


野田怜眞 ≪円≫
c0002171_095118.jpg


仲鉢聖波 ≪hot dog≫
c0002171_0101928.jpg


岡田守弘 ≪鳳凰≫
c0002171_0145687.jpg


上野泰武 ≪無題≫
c0002171_0152133.jpg


小林茉莉 ≪シルバーカップ≫
c0002171_0154459.jpg


宇都宮龍
c0002171_0161081.jpg


岡崎龍之祐 ≪Favor Fiber Dress≫
c0002171_0211133.jpg


木下裕司 ≪わがままPET≫
c0002171_0214350.jpg


門脇康平
c0002171_0221736.jpg


Yuma Matsumoto
c0002171_023267.jpg


井東ひかり ≪花器≫
c0002171_027646.jpg


隆アリア ≪GeoCharm≫
c0002171_0273694.jpg


高田潤 ≪eagle≫
c0002171_028273.jpg


石川真悠 ≪旅≫
c0002171_0282997.jpg


佐藤果林 ≪Blue shade≫
c0002171_0331965.jpg


實滿瑛梨伽 ≪アンカー≫
c0002171_0334722.jpg


金原由美 ≪布の固定A・B≫
c0002171_0341638.jpg


c0002171_0343531.jpg


河野鉱幸 ≪色欲≫
c0002171_042312.jpg


島方晧平 ≪かれはとてもめだつ≫
c0002171_0423782.jpg


呉聆雪 ≪銀河≫
c0002171_0433184.jpg


スクリプカリウ落合安奈 ≪One≫
c0002171_0462715.jpg


岡ともみさんには公衆電話と電話ボックスの制作話やZEN-NOKANのWebサイトの話を聴かせていただけました。光の反射の話が興味深かった◎
c0002171_044727.jpg


最後にもう一度、イチケン展でも素晴らしかった髙橋さんの≪夢の残滓≫がみたくて絵画棟の4F405へ再度行きました。

そうすると高橋さんが在廊されていて。作品について色々と会話出来ました。
この絵画、墨の黒と精霊のような青が印象的ですが、当初は墨の下にある台湾の寺が薄紫に描かれていたそうです。

そこから紆余曲折と極限までの追い込みを経て、一旦完成した絵に墨とエポキシ樹脂を乗せてブレイクスルーを果たして。

中央のカバラの生命の樹のような青いアウラは、台湾の寺のデザインをフォトショップで加工して絵画に描いたとのこと。その他に右下の墨の下から香港の夜景が滲んだりとか見どころを教えていただいて。

闇の奥に虹色が透けて輝くのが何とも魅力的で、とても好きな画でした。藝祭は来るたびに刺激を与えて呉れ、さらに大好きなトポスとなりました。

c0002171_1214521.jpg
c0002171_122067.jpg
c0002171_1221339.jpg
c0002171_122388.jpg
c0002171_1225125.jpg
c0002171_123753.jpg
c0002171_12408.jpg
c0002171_1241374.jpg
c0002171_1252092.jpg
c0002171_1242843.jpg
c0002171_1244418.jpg
c0002171_124562.jpg

by wavesll | 2017-09-10 00:49 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

池田学 ≪誕生≫ at ミズマアートギャラリー

c0002171_19512097.jpg
c0002171_19514485.jpg
c0002171_1952179.jpg
c0002171_19523384.jpg
c0002171_19532510.jpg
c0002171_19534342.jpg
c0002171_19545822.jpg
c0002171_19552026.jpg
c0002171_19554819.jpg
c0002171_19561484.jpg
c0002171_1957622.jpg
c0002171_19563951.jpg

ミズマアートギャラリーに池田学の展示を観に行きました。

屋久杉のように逞しく成長する花樹。根元には波濤が押し寄せ、街の残骸がその木肌に絡まっています。破壊された街の欠片には48という看板や、アンコール・トムのような大仏頭なども。

登山のように巨木を歩む人々の姿も確認でき、咲き誇る華花に鳥たちは飛翔し、枝にかかるオーロラ?には魚が泳いで。しかし動物は全て白で描かれ、無機物と植物のみ色を持つ。

その可憐であると共に巨魁なうつくしさは、幽体が大樹の世界で遊ぶように見えて。解説を読むと、やはり311がきっかけとなって画かれた絵画だそうです。

カタストロフィの後でも地球はあり続ける。そして、それはあまりに美しい。そんな光の景色が顕れていました。

市ヶ谷・ミズマアートギャラリーでの展示は9日まで。そして9/27~10/9まで日本橋高島屋での展示は佐賀や金沢と同じく100点超の展覧会となるそうです。

cf.
池田学が明かす、桁外れな緻密さと圧倒的スケールで描く制作の裏側(CINRA.NET)

by wavesll | 2017-09-07 20:11 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

生誕140年 吉田博展@東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 前期に続き後期も行ってきた!

c0002171_2222592.jpg


吉田博展@東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 日本人にしか描けない洋画、その探究からほぼ一ヶ月、最終日前日に行って参りました後期展示。入場列が出来てましたが会場内はそこまで混雑してなくて幸いでした◎

≪画材と鉢≫の確かな質感描写、≪東大谷の横道≫の色褪せた旧い写真のような質感、≪鶏のいる風景≫には写真をアプリで線画したようなデッサン力、≪中神≫の鉛筆での濃淡表現に舌を巻きました。

≪武州飯能町、入間川辺≫の水車の木の描写、≪御岳、奥の院≫には仙境へ入る心持を感じました。また≪招魂社附近≫の儚さ、≪養沢、西の橋≫の風景に人が溶け込んでいる様も見事で。そして≪日光≫はこの後期展示のハイライトにもなるような、人物配置の構図の美事さに感銘を受けました。

人物像でいうと和装の人物画が良くて。≪少女≫≪鳩と少女≫の、ぷっくりとしてリアルな日本少女の姿や≪汐干狩り≫の銚子の浜の人々がまた味わい深くて。

≪雨の中の子守≫の雨になずむ姿、鯉のぼりがアクセントとして効いた≪富士山麓の村≫、≪吉野≫の夕薄桃、幻想的な≪土手の桜≫、≪日暮里≫なんかには”100年前はこんな光景なのか”と。

≪雨上がりの少年のいる風景≫と≪昨夜の雨≫には侘しさ、寂しさのなかの立ち姿の美をみました。

≪雪かき≫の雪・つららの質感表現、≪朝≫のBon Iverのような聖なる綺麗さ。

一方で80sのような明るさの≪フロリダの熱帯植物園≫や≪ロイヤル・ポインシアナ・ホテル≫の端正なホテルというような引き出しの多様さ。≪ステンドグラスの窓≫はルオーのような筆致だし、流石すぎる。

≪檜原下川のつなさんの馬≫の古い写真を彩色したような描写、≪血の池(別府)≫のようなモチーフの作品も。

≪富士登山図≫の神域へ昇る感じや、版画の素となる水墨画としての≪帆船≫、≪登山口(宿場の馬)≫の掛け軸3幅も良かった。

さて、後期展示では66点が入れ替わっていて、新たな息吹が吹き込まれていたのですが、前期と共通する作品たちも新たな魅力を感じて。特に朝・夕・夜など光の移り変わりによって同じ版木で刷られた作品群の、特に”夜”の鈍靑色の魅力に気付いた二度目の鑑賞となりました。

≪帆船 朝日 渡邊版≫≪帆船 日中 渡邊版≫≪帆船 夕日 渡邊版≫という三景は後に≪帆船 朝 瀬戸内海集≫≪帆船 午前 瀬戸内海集≫≪帆船 午後 瀬戸内海集≫≪帆船 霧 瀬戸内海集≫≪帆船 夕 瀬戸内海集≫≪帆船 夜 瀬戸内海集≫と拡充されました。

また≪マタホルン山 欧州シリーズ≫≪マタホルン山 夜 欧州シリーズ≫≪アゼンスの古跡 欧州シリーズ≫≪アゼンスの古跡 夜 欧州シリーズ≫そして≪スフィンクス 欧州シリーズ≫≪スフィンクス 夜 欧州シリーズ≫の昼夜の光闇の対比が綺麗でした。

また≪ヨセミテ公園≫≪モレーン湖≫そして≪ルガノ町 欧州シリーズ≫もやっぱり素晴らしかった。

囲炉裏の描写がいい≪猟師の話 渡邊版≫や≪露営 北岳間の岳 日本南アルプス≫のようなアートスタイルも良かったです。

そして後期新規の個人的目玉だった≪ナイアガラ瀑布 米国シリーズ≫も清流の瀑布と言った感じで良かったし、≪ユングフラウ山 欧州シリーズ≫の豪壮さ、≪ウェテホルン 欧州シリーズ≫の勇壮で剛健な山姿に惚れ惚れしました。

≪大天井岳より 日本アルプス十二題≫の美しく凸っとした山並み。≪五色原 日本アルプス十二題≫の浮世絵を通ったような日本人ならではのファンタジックな光景画。≪立山別山 日本アルプス十二題≫の具象と抽象の上手さ。≪鎗ヶ岳 日本アルプス十二題≫は正に魔の山だし、≪雷鳥とこま草 日本アルプス十二題≫は大変可愛らしかった◎

また≪隅田川 東京拾二題≫・≪隅田川 夕 東京拾二題≫・≪隅田川 霧 東京拾二題≫も光の遷移がきれいで。

≪堀切の志ようぶ 東京拾二題≫のデザイン性や≪中里之雪 東京拾二題≫の水墨画を版画化したような彫り。≪神樂坂通 雨後の夜 東京拾二題≫の夜景浮世絵も良かった。

そして≪駒ヶ岳山頂より 日本南アルプス集≫の龍神のように美しい雲、≪雨後の八ヶ岳(駒ヶ岳石室より)日本南アルプス集≫の取材に基づいたであろうリアルな雲、≪雲表 日本南アルプス集≫の淡い雲の美しさ。そして≪間の岳農鳥岳 日本南アルプス≫の赤紫の山麗。

≪アジヤンタ 印度と東南アジア≫≪マデュラの神殿 印度と東南アジア≫をみると、吉田氏がペトラ遺跡を描いたらどんなに素晴らしかっただろうとか思ってしまいました。

≪川越之櫻 櫻八題≫≪鐘樓 櫻八題≫≪花盛り 櫻八題≫には日本の綺麗を、≪昌慶宮 北朝鮮・韓国・旧満州シリーズ≫には朝鮮の美を、≪奉天大南門 北朝鮮・韓国・旧満州シリーズ≫には中国の美を感じました。

日本人にしか描けない洋画を追い求めた吉田博。100年前の日本の洋画、黒田清輝は歴史の風格というか、ちょっと古色も感じるのに対し、吉田博の瑞々しさは凄い。新領域を拓き、独立したオリジナリティと普遍性を持った表現はいつまでもGreenで時代を越えます。吉田博の新版画は100年以上はフロントラインにいる地力があったという感覚がありました。

彼の優れた絵画は今なお先進性を持っていると改めて感じました。と、同時に初見と比べると衝撃が落ちるのは観客の我儘の為す處。しかしそれでも≪渓流≫のその迫力と流麗さには何度見ても心奪われて。この美術館には本展ではじめて来たのですが、素晴らしい展覧会を企画してくれたことに感謝。
by wavesll | 2017-08-26 22:00 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

川端龍子展 at 山種美術館

c0002171_2121334.jpg
c0002171_21215048.jpg

Twitterで本日迄だと知り、前から行きたかった【特別展】没後50年記念 川端龍子 ―超ド級の日本画― - 山種美術館へ赴きました。

まずいの一番に目に飛び込んでくる「鶴鼎図」がいい。川端龍子は洋画の技法も習熟している日本画家で、ちょっと普通の日本画とは異なるテクスチャーとフォルムな感覚が面白かったです。

そして小千谷で開催されている祭りを描いた「角突之巻(越後二十村行事)」も迫力ある筆致。龍子は20代で新聞や雑誌の挿絵画家だったこともあり、絵画のモチーフにジャーナリスティックさというか取材力を感じます。

また「華曲」に描かれた灰緑の鬣の獅子の可愛らしいこと。『少女の友』第10巻1号付録の「花鳥双六」も大変Kawaii出来で好きでした。

さて、展示はここからダイナミックな作品へ。
当時、繊細巧緻な画風が主流であった院展において、大胆な発想と筆致で構成された大画面の龍子の作品は「会場芸術」と批判されたことや院展内の軋轢もあり、脱退にいたります。そして、1929(昭和4)年、自ら主宰する「青龍社」を創立、戦時中も展覧会を開催するなど精力的な活動のなか、一貫して大衆のための作品を発表し続けた龍子、上に載せた「鳴門」等の海の迫力が描かれた作品が見事で。特にトビウオが描かれた「黒潮」が好きでした。

また平安時代の装飾経、紺紙金泥経に着想を得た「草の実」や飛行する胴体が透明な戦闘機が描かれた「香炉峰」も独自の作風で。戦争関連だと庭に落ちた爆風で吹き飛ばされてる野菜を描いた「爆弾散華」なんていう作品も。

象がやってきたことに喜ぶ子供たちが可愛い「百子図」や南洋・ヤップ島の娘を描いた「羽衣」なんてCuteな作品もあったり、桜の下で黄桜宜しくカッパが酒を呑む「花下独酌」や鯉に月が重なる「月鱗」なんて作品もあったり。

そう想えば棺に眠るミイラとそこから飛び立つ蛾達が描かれた「夢」なんて作品もあったり、黄金の草叢が描かれた「土」も美しかったし、PCで画かれたデジタル描線のような「月光」なんて作品もあったり色々な引き出しがありました。

大きな作品だとちょっと大味さも感じられる龍子ですが、小品は密度がぎゅっとしていて良くて。カッコいい「千里虎」や干支が描かれた「年賀状(十二支)」、また数々の俳句が描かれた短冊達もみごとでした。最後の部屋にあった「松竹梅のうち「竹(物語)」」も良かった。ダイナミックなラージ絵画も凝縮サイズだと更に魅力を増す気がしましたが、巨大作品の持つ抜け感は逆に2017年モードな日本画な気もしました。
by wavesll | 2017-08-20 22:03 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

山村浩二 『右目と左目でみる夢』@渋谷ユーロスペース

c0002171_17364593.jpg


山村浩二 右目と左目でみる夢 “怪物学抄” 予告編


山村浩二 右目と左目でみる夢 “サティの「パラード」"予告編


数々の映画賞を総なめにした『頭山』で著名な山村浩二さんのアートアニメ短編集、『右目と左目でみる夢』を渋谷ユーロスペースでみてきました。

終映後真っ先な感想は”あー楽しかった!”

アートスタイルが埋没的でないから多様なヴァリエーションでも一貫性があって、それでいてきっちり“楽しい”のがいい。高尚だけど退屈なのとは違ってエンタメとしての分かり易さの匙加減がハオでした。

予告編が公開されている『怪物学抄』や『サティの「パラード」』もそうですが、音楽にも感性を感じるのが好い。ジブリなんかもそうですが、名作には名曲がありますから。

そして勿論映像が素晴らしい。アニメって実写と違って描いたものしか写らなくて。だから抽象表現でも面白味の意図が出やすくて、そこで如何に偶然的なファンタジーを達成するかが腕の見せ所なのでしょう。

石川九楊氏が『書は筆遣いの軌跡、書する姿が立ち上がる』と映像的な楽しみを話してくださっていたけれど、山村さんのアニメはまさに筆のアニマというか、描書の姿が立ち昇る感覚で。

線と線の"間"が絶妙。短編には古事記や俵屋宗達などを題材としたものも。温故知新というか、本当にユニバーサルな価値は時の流れに淘汰され残ったものに在るのかもしれません。

盆の時期、私には認知症の祖母がいるのですが、祖母の妹であるおばさんが昨年亡くなってしまって。眠る祖母を訪ねると、目を開けて「今妹と話しているから」。心霊といいますが、霊魂というのは心の現象として実在しているのではないかと想ったり。私も昔の知己が夢見に出ることがあります。

imaginationが, REMの事象としてでなく、目が覚めている状態でめくるめく映像体験。真っ暗な劇場は現と夢の間にある空間なのかもしれません。

すっくと立ったARTとしてのフィルムを大変愉しく拝見しました。
by wavesll | 2017-08-14 17:33 | 映画 | Trackback | Comments(0)

夏輝津軽 参・奥入瀬渓流、三内丸山遺跡、青森県立美術館

夏輝津軽 壱・岩木山、鶴の舞橋
夏輝津軽 弐・五所川原立佞武多
c0002171_2243722.jpg


青森旅行記、2日目の朝は奥入瀬渓流、阿修羅の流れへ。
c0002171_2271622.jpg
c0002171_2273872.jpg
c0002171_2275373.jpg
c0002171_228117.jpg

3年前に訪ねた時のような美麗な木洩れ日はそこからクルマで離れた時に木立で現れたのですが、湧水が美しく、清廉な空気がありました。

市内へ戻り、三内丸山遺跡へ。ボランティアガイドさんに1hほど遺跡内を案内してもらって。三内丸山遺跡、この規模の施設で入場無料なのも凄い。

そして、此の地で古のものが出土するのは江戸時代からわかっていたそうですが、本格的な調査は平成に野球スタジアム建設計画の際からだと知って吃驚。広大な敷地をこんな形で維持管理する行政、イケてるなー。

c0002171_22163340.jpg
c0002171_22165412.jpg
c0002171_2217680.jpg
c0002171_22172976.jpg
c0002171_22181791.jpg
c0002171_22182763.jpg
c0002171_22184668.jpg
c0002171_2220487.jpg
c0002171_22202774.jpg
c0002171_222039100.jpg
c0002171_22245594.jpg
c0002171_22251172.jpg


三内丸山遺跡といえばこの木造建築。再現された櫓の傍にはオリジナルの六穴が保存されていました。この櫓、どんな用途だったのかは未だに解明されてはいないそうですが、東西になる向きに立てられているそうで、太陽の運行と関係あるのかもしれないとみられているとのことでした。
c0002171_22233654.jpg
c0002171_22235326.jpg
c0002171_222477.jpg
c0002171_2224241.jpg


高床式住居や竪穴式住居も中まで覗けました。縄文人は栗の木を維持管理して使っていたようで、虫よけに火が通った栗の木の住居の内部はスモーキーな薫りがしました。
c0002171_22262726.jpg
c0002171_2226529.jpg
c0002171_2227799.jpg
c0002171_22273861.jpg
c0002171_2228498.jpg
c0002171_2228182.jpg
c0002171_22283687.jpg
c0002171_22285372.jpg
c0002171_22294341.jpg
c0002171_223031100.jpg
c0002171_2230491.jpg
c0002171_2231118.jpg


缶珈琲で小休憩。この北東北限定のジョージア、豆の風味がして美味しかった。
c0002171_22322095.jpg


ミュージアムへ。巨大木造建築の六つ穴の中にあった巨木の柱の残存した部分などが展示してありました。
c0002171_22344288.jpg
c0002171_22345982.jpg
c0002171_2235174.jpg
c0002171_22353338.jpg


出土品の中には勾玉からヘアピンなんかも。縄文人、洒落てる。
c0002171_22365764.jpg
c0002171_2237840.jpg
c0002171_22372192.jpg
c0002171_2237368.jpg
c0002171_22374873.jpg
c0002171_22381182.jpg
c0002171_22382754.jpg
c0002171_22384047.jpg
c0002171_2240524.jpg


縄文版ムンクの『叫び』みたいな土偶も。
c0002171_2239467.jpg


クリスタルの矢尻なんて、FFな世界だ。
c0002171_22404195.jpg
c0002171_22405616.jpg
c0002171_22411071.jpg


出土した骨から、縄文人は多くの魚や動物を食べたりしていたことがうかがわれます。
c0002171_22421836.jpg
c0002171_22422726.jpg
c0002171_22423955.jpg
c0002171_22425828.jpg


A lot of 土偶
c0002171_22434072.jpg
c0002171_22435816.jpg
c0002171_22441750.jpg


土器ドキDOKI
c0002171_22461118.jpg
c0002171_22462642.jpg
c0002171_22464362.jpg


三内丸山遺跡からは日本各地の産物が出土していて。縄文の太古から物流ネットワークがあって交易していたのですね。
c0002171_22453336.jpg


レストランで食べた"ソフト栗夢"。モンブラン風。
c0002171_22472291.jpg


三内丸山遺跡のすぐそばに青森県立美術館もあって。

ウルトラマンをデザインした成田亨の作品が目当てだったのですが、まさかあんなに棟方志功があるとは!サモトラケのニケに着想を得た『賜顔の柵』の凄さ!そして入り口のシャガールはミュシャの『スラブ叙事詩』も驚愕のラージサイズ!成田さんの角っとしたバルタン星人や水彩画のメトロン星人、トゲトゲしたピグモン、ユーモラスなダダ、スクエアなゴルゴスやヤマトン、ガマクジラ、ザラブ星人も良かった◎
c0002171_22513929.jpg
c0002171_22515560.jpg


『あおもり犬』は裏からも撮りました◎うっすら青い顎鬚が描かれてました。
c0002171_22522973.jpg
c0002171_2253972.jpg
c0002171_22532250.jpg
c0002171_22534234.jpg


奈良美智さんのもう一つの屋外展示、『森の子』。アンコール・トムの仏顔のよう。
c0002171_2255253.jpg


ARTを観終え、行きと同じく帰りも秋田空港へ。空港のレストランで飲んだ雪の茅舎 大吟醸という地酒が非常に美味しかった。なぜか釣りキチ三平のレリーフが。十和田湖とゆかりがあるのかな?
c0002171_22572453.jpg
c0002171_22574056.jpg


2014年のMichinoku Michiyuki、そして2015年の津軽の色彩に次ぐ3度目の青森。来るたびに大いなる自然に包まれる気持ちになります。広大な空間に満ちる夏の輝きを堪能した1泊2日でした。今度訪れるとしたら櫻の季節に弘前かな。また再訪するのが楽しみです◎
by wavesll | 2017-08-09 00:01 | | Trackback | Comments(0)