タグ:ART ( 150 ) タグの人気記事

鈴木其一 江戸琳派の旗手展 ―まことに美しく不気味でもある自然画に潜む琳派の伝統と革新

c0002171_17191782.jpg

俵屋宗達、尾形光琳、そして酒井抱一と継承された琳派。その抱一の弟子、鈴木其一の展覧会へ行ってきました。

素晴らしい展示でした。中でも『朝顔図屏風』『燕子花図屏風』を踏まえながら、新たな図案を創る。これは光琳が宗達の『風神雷神図屏風』から『紅白梅図屏風』を産むにも匹敵。更に朝顔の蔓は抱一の風神雷神の叢雲に通ずる。イノベーティヴな屏風絵画。

『朝顔図屏風』を実際に生でみると朝顔の花が浮遊しその生々しさが蓮コラの様な、パンナコッタ・フーゴのパープルヘイズの様な無気味さも揺蕩わせていました。自然の生命力が持つホラーさというか、一種の色気がありました。そしてもう一つの目玉、『夏秋渓流図屏風』の青い水の流れと緑のベタ塗りの迫力。こちらも点苔が不気味にまぶされていて強力な美がありました。この2画はサイズも大きくて生で見れたのは僥倖でした。

朝顔図屏風と夏秋渓流図屏風以外で一番良かったのは『藤花図』、麗しい青い藤に銀が鏤められて。銀はもう黒くなっていましたがこれを見逃す手はない綺麗な絵。その他『源三位頼政図』の着物の緑橙白や、『松島図小襖』の海波の表現、『蔬菜群虫図』の茄子や胡瓜、蛇苺の可愛らしさも好かった。

能画『猩々舞図』ワキの着物の鮮やかさ、『小督局・源仲国図摺物』の美、『十二ヶ月花鳥図扇面』のさりげなさにある現代的な感性、『笠子に河豚図扇面』のカサゴ、『迦陵頻図絵馬』のガルーダというモチーフの面白さ、『鶏に菊図』のカーヴの構図の妙、『雪中双狗図』の萌え。ハオ。

面白いと思ったのは描表装という本絵の周囲にも書き込んで絵にする手法、『業平東下り図』が好かった。他にも『四季歌意図巻』等ミニチュア図巻の試みや、図太い線でインドな風合いの『達磨図凧』なんてのもありました。

あと『羅陵王舞楽面図』や『鐘馗・神功皇后・武内宿禰図』、『大江山酒呑童子図』が良い絵でした。また其一派の重要な題材だった『雪中檜図』も雪が垂れ落ちるデザインが素晴らしかった。

鈴木其一関連作も良かった。息子の鈴木守一も黄が美しい『石橋・牡丹図』薄紅の撫子が射す『蛇籠に流水図扇』、『秋草に鶉水月図』の幾つも押された印章が印象的でした。酒井道一『蓬莱・桜・瓢箪図』の淡く滲んだ色、酒井抱一の弟子、鈴木蠣潭『大黒天図』はサンタみたい。其一の門下、酒井抱一『屠龍之枝』も良かった。其一、蠣潭、さらには抱一等々画家達が勢ぞろいして集まって描いた『文政三年諸家寄合描図』なんてのもありました。

さらに其一の人柄を伺わせる彼がパトロンへ書いた書状も展示されていました。琳派の伝統と革新を其一を通して点だけでなく線や面で捉えられる佳い展覧会、鈴木其一 江戸琳派の旗手展は一般1300円で10月30日(日)迄です。

c0002171_18133485.jpg


cf.
風神雷神肆景

ウッド・バッファロー国立公園の赤紫&高田みどり『鏡の向こう側』 第20回音の貝合わせ
琳派400年記念 プロジェクションマッピング 21世紀の風神・雷神 伝説
by wavesll | 2016-10-15 18:13 | 展覧会 | Comments(0)

第63回日本伝統工芸展(平成28年)

c0002171_4135946.jpg
c0002171_4141483.jpg
c0002171_4142594.jpg
c0002171_4143563.jpg
c0002171_4144494.jpg
c0002171_4145827.jpg
c0002171_4151689.jpg
c0002171_4152774.jpg
c0002171_4153835.jpg
c0002171_4154887.jpg
c0002171_416517.jpg
c0002171_4162084.jpg
c0002171_4163279.jpg
c0002171_417320.jpg
c0002171_4171797.jpg
c0002171_4175125.jpg
c0002171_418289.jpg
c0002171_4181116.jpg
c0002171_4182218.jpg
c0002171_4184786.jpg


cf.
日曜美術館 第62回日本伝統工芸展回

by wavesll | 2016-10-08 04:21 | 展覧会 | Comments(0)

クエイ兄弟―ファントム・ミュージアム―:神奈川県立近代美術館<葉山館>

逗子からバスに乗って神奈川県立近代美術館<葉山館>にクエイ兄弟―ファントム・ミュージアムを観に行きました。

c0002171_22212566.jpg


c0002171_22214794.jpg


クエイ兄弟はスティーブン・クエイとティモシー・クエイ(Stephen and Timothy Quay, 1947年6月17日-)の一卵性双生児の兄弟で、アメリカ・ペンシルベニア州・ノリスタウン生まれのストップモーションアニメの映像作家。

Brothers Quay 1984 The Cabinet of Jan Svankmajer


Street of Crocodiles excerpt


Olga Neuwirth: The Calligrapher


上のような映像展示と、写真での展示の他、ドルミトリウムと呼ばれるインスタレーション作品や彼らが影響を受けた作品の展示もありました。クエイ兄弟の作品にはどこか東欧の馨りがするなと思っていたのですが、ポーランドポスターに影響をうけたそうです。

c0002171_22344447.jpg


中でも素晴らしかったのがデコールと呼ばれるストップモーションアニメ撮影に使われたセットと人形の展示。2次元を超え3次元で彼らのアニメの空気を感じられ素晴らしかったです。これは生で見れて良かった。

美術館の裏手に行くと一色海岸が。濤音爆ぜる葉山哉。
c0002171_22391715.jpg


そしてふらっと葉山を散策しているときに見つけたのが葉山一色郵便局。洒落てました。
c0002171_2240949.jpg
c0002171_22402768.jpg


クエイ兄弟展は10月10日まで。シュヴァンクマイエル好きにもお薦めな展覧会でした。デコールは生で見る価値あり。
by wavesll | 2016-10-05 22:44 | 私信 | Comments(0)

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第十篇 明治村後編

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ
第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!
第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編
第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編
第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編
第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし
第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド
第八篇 明治村前編
第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関

さて、明治村後編、様々な種類の建物を心行くまで(或る意味疲れ果てるまで)堪能しました◎


隅田川新大橋
c0002171_2104639.jpg


内閣文庫
中には本棚が並んでいました。
c0002171_20531611.jpg
c0002171_20533166.jpg
c0002171_2053552.jpg
c0002171_20541241.jpg
c0002171_20543131.jpg


皇居正門石橋飾電燈
c0002171_2115082.jpg


川崎銀行本店
一部移転の為まるでギリシャ遺跡のような風合い
c0002171_2122531.jpg
c0002171_2125117.jpg


大明寺聖パウロ教会堂
この外観で中が教会というのは意外で面白かったです。
c0002171_2132797.jpg
c0002171_213552.jpg


宮津裁判所法廷
c0002171_2142432.jpg
c0002171_2144495.jpg


金沢監獄中央看守所・監房
この建物、オクタゴンで監房とは思えないほど外観が好きだったなー。
c0002171_2151414.jpg
c0002171_215347.jpg
c0002171_2154983.jpg
c0002171_216270.jpg
c0002171_2162783.jpg
c0002171_2164447.jpg
c0002171_217961.jpg


聖ザビエル天主堂
ザビエルを記念してつくられたカトリック教会らし。入鹿池を望む光景が画になる。
c0002171_2174392.jpg
c0002171_2181082.jpg
c0002171_2182685.jpg
c0002171_218571.jpg
c0002171_2203062.jpg
c0002171_2204663.jpg
c0002171_221327.jpg
c0002171_221211.jpg


菊の世酒造
なんで酒造りの古木は豊かな漆黒に満ちるんだろうか。まことに美しい。
c0002171_222058.jpg
c0002171_2223076.jpg
c0002171_2225485.jpg
c0002171_2232379.jpg
c0002171_2234495.jpg
c0002171_22457.jpg


半田東湯
男湯・女湯に分かれてました。
c0002171_2244171.jpg
c0002171_225729.jpg
c0002171_225199.jpg
c0002171_2253227.jpg


呉服座
劇場まである。ほんと色んな種類の建物集めたなー◎
c0002171_2255950.jpg
c0002171_2263390.jpg


小泉八雲避暑の家
駄菓子屋として営業してたw八雲って身長が158cmとは知らなんだ。
c0002171_227798.jpg
c0002171_2272594.jpg


本郷喜之床
石川啄木所縁の家だそうです。
c0002171_2275161.jpg
c0002171_2281822.jpg


宇治山田郵便局舎
こんなハイソな郵便局があるとは…!明治デザイン、いいですね★
c0002171_2294155.jpg
c0002171_230645.jpg
c0002171_2301634.jpg
c0002171_2303291.jpg


工部省品川硝子製造所
現在はデンキブラン汐留バーとして営業。
c0002171_23108.jpg


鉄道寮新橋工場・機械館
c0002171_231338.jpg
c0002171_2315563.jpg
c0002171_2321246.jpg
c0002171_2322825.jpg
c0002171_2324710.jpg
c0002171_2331479.jpg
c0002171_2334121.jpg


歩兵第六聨隊兵舎
c0002171_234102.jpg
c0002171_2343254.jpg
c0002171_2345059.jpg
c0002171_2351661.jpg


名古屋衛戍病院
c0002171_2354556.jpg
c0002171_236865.jpg
c0002171_2362243.jpg
c0002171_2363973.jpg


ハワイ移民集会所
c0002171_237856.jpg
c0002171_2373540.jpg
c0002171_2381782.jpg


シアトル日系福音教会
c0002171_2384717.jpg
c0002171_2391811.jpg
c0002171_2394848.jpg
c0002171_2401431.jpg
c0002171_240566.jpg
c0002171_2412416.jpg
c0002171_241474.jpg


日本赤十字社中央病院病棟
c0002171_2421492.jpg
c0002171_2424134.jpg
c0002171_243733.jpg


第四高等学校武術道場「無声堂」
c0002171_2435148.jpg
c0002171_2441893.jpg
c0002171_2444758.jpg
c0002171_2451017.jpg


北里研究所本館・医学館
これ、建物も中の展示も素晴らしかったのだけど、私も友も疲れてるし名建築の刺激にも麻痺してて(苦笑)そういう意味でも帝国ホテル先に見といて良かったw
近代細菌学の開祖、ドイツの医師コッホの肖像画も。名前は知っていましたが業績をきちんとみたのは初めてでした。炭疽菌、結核菌、コレラ菌の発見者。常識を知れてためになりました。
北里大学って芝公園の辺りに施設あるなぁと調べたらどうやら北里柴三郎先生が日本初の私立伝染病研究所を芝公園の辺りに創設したようです。
c0002171_2465368.jpg
c0002171_2495563.jpg
c0002171_248173.jpg
c0002171_2502715.jpg
c0002171_2504661.jpg
c0002171_251460.jpg
c0002171_251201.jpg
c0002171_251377.jpg
c0002171_2515142.jpg


芝川又右衛門邸
流石建築家の自宅、洒落てる。那須とかにありそう。
c0002171_2521559.jpg


古墳があるのか…!流石に古墳は移築ではないだろうw
c0002171_253521.jpg


幸田露伴住宅「蝸牛庵」
ここで明治村にジョジョクラスタも来る理由ができたやも。
c0002171_2535991.jpg
c0002171_2542093.jpg


西園寺公望別邸「坐漁荘」
本物の金持ちの家だなこりゃといった感。
c0002171_25534.jpg
c0002171_2553362.jpg
c0002171_2571219.jpg
c0002171_2572872.jpg
c0002171_2574550.jpg
c0002171_258041.jpg


茶室 亦楽庵
西園寺公望別邸の庭にあるけど全く別の所有者の元は別のとこにあった建物。まさに明治村インスタレーションのワンダーランドマジックw
c0002171_2584491.jpg
c0002171_259423.jpg


菅島燈台附属官舎
c0002171_2594243.jpg


京都市電
c0002171_30382.jpg


品川燈台
現存する日本最古の洋式灯台だそう。今でも光ってました。
c0002171_31071.jpg


神戸山手西洋人住居
c0002171_315147.jpg


東山梨郡役所
c0002171_322077.jpg


清水医院
c0002171_325469.jpg


第四高等学校物理化学教室
ピンクが印象的。あぁ、ようやく明治村で撮った建築写真紹介しきれた^^
c0002171_332666.jpg


おつかれーしょん。明治村浪漫麦酒でカンパイ!
c0002171_334760.jpg


15時半のバスで名駅へ向かう途中に見たガソリンスタンド。屋根がドームで面白い。この旅、昨日はサツキとメイの家みたし、今朝はスパイラルタワーズみたし裏テーマが建築だったなぁ。写真には収められなかったけれどバスで小牧山の横を通ったとき、山頂に城がみえて。小牧山城といって織田信長の城だったそうです。愛知の建築、面白い。
c0002171_343559.jpg


さて、次の篇で愛知旅記もラストです。最後はエピローグ。

第十一篇 帰路の靜
by wavesll | 2016-10-04 02:48 | 街角 | Comments(0)

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ
第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!
第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編
第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編
第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編
第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし
第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド
第八篇 明治村前編

いよいよ本丸、帝国ホテル!
たっぷりとご堪能ください☆☆☆☆☆
c0002171_18245126.jpg


c0002171_18251848.jpg
c0002171_18254290.jpg


c0002171_1826739.jpg


このオリエンタルな遺跡感!古代エジプトやアンコール遺跡群のような精神を感じます。
c0002171_18275024.jpg
c0002171_18282171.jpg
c0002171_1828359.jpg
c0002171_18285293.jpg
c0002171_1829784.jpg


左右の柱でデザインが異なる、なんという拘り! 寄木細工のような趣もありますね。
c0002171_1831850.jpg
c0002171_18302534.jpg
c0002171_18303386.jpg
c0002171_18301254.jpg


帝国ホテル全体像。なんかこの囲みもアンコール・ワットみたいな香りが。出来得るならば完全移築してほしかった。
c0002171_18322039.jpg


ロビー
c0002171_18332184.jpg
c0002171_18333920.jpg
c0002171_18345078.jpg
c0002171_18361581.jpg


家具のデザインもライトだそう。
座り心地もかなり良かったです^^
c0002171_18371078.jpg
c0002171_1838094.jpg
c0002171_18374419.jpg
c0002171_18372286.jpg
c0002171_1842772.jpg


幾つかの食器のデザインもライトによるものだそうです。
c0002171_18401063.jpg
c0002171_18404626.jpg
c0002171_18402735.jpg
c0002171_18412659.jpg
c0002171_18413739.jpg


その他デザイン案
c0002171_18531548.jpg
c0002171_18532961.jpg
c0002171_18535032.jpg
c0002171_1854280.jpg


二階から
c0002171_18552752.jpg
c0002171_18554031.jpg
c0002171_1856380.jpg
c0002171_18562584.jpg


二階にあったライトの写真
c0002171_18581868.jpg


カフェ
c0002171_18584080.jpg
c0002171_1859281.jpg


なんとポーツマス条約締結時に使われたテーブルが!
c0002171_1901369.jpg
c0002171_1902922.jpg
c0002171_1904654.jpg
c0002171_191016.jpg


その他中央玄関内
c0002171_1924420.jpg
c0002171_193212.jpg
c0002171_1931091.jpg
c0002171_1932412.jpg
c0002171_1935060.jpg
c0002171_194717.jpg
c0002171_1942870.jpg


外観
c0002171_1961592.jpg
c0002171_1962413.jpg
c0002171_1963837.jpg
c0002171_1965075.jpg
c0002171_197145.jpg
c0002171_1975721.jpg
c0002171_199179.jpg


裏側も
c0002171_1983552.jpg


移築時に使った素材?
c0002171_1993670.jpg


少し離れたところで陽が射しました。そして気づいたのが帝国ホテルの屋根が緑青なこと。神社と同じ。ライトはこんなところにも日本の心を込めてくれたんですね◎素晴らしかった!
c0002171_19102246.jpg


そして明治村散策は後編へ

第十篇 明治村後編


第十一篇 帰路の靜
by wavesll | 2016-10-03 19:12 | 街角 | Comments(0)

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第八篇 明治村前編

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ
第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!
第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編
第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編
第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編
第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし
第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド

名駅から80分。博物館明治村に着きました。天気もどうやら持ちそう◎

ここは
明治時代は、我が国が門戸を世界に開いて欧米の文物と制度を取り入れ、それを同化して近代日本の基盤を築いた時代で、飛鳥・奈良と並んで、我が国の文化史上極めて重要な位置を占めている。明治建築も従って江戸時代から継承した優れた木造建築の伝統と蓄積の上に、新たに欧米の様式・技術・材料を取り入れ、石造・煉瓦造の洋風建築を導入し、産業革命の進行に伴って鉄・セメント・ガラスを用いる近代建築の素地を築いた。これらの建築のうち、芸術上、歴史上価値あるものも、震災・戦災などで多く失われ、ことに戦後の産業の高度成長によって生じた、大小の公私開発事業により、少なからず姿を消していった。取り壊されてゆくこれらの文化財を惜しんで、その保存を計るため、今は二人とも故人となられたが旧制第四高等学校同窓生であった谷口吉郎博士(博物館明治村初代館長)と土川元夫氏(元名古屋鉄道株式会社会長)とが共に語り合い、二人の協力のもとに明治村が創設されたのである。
という実物大の建築物を野外展示するミュージアムです。たっぷりと写真を撮ったのでご覧ください^^

c0002171_17112695.jpg


大井牛肉店
c0002171_17115371.jpg


三重県尋常師範学校・蔵持小学校
c0002171_17122317.jpg
c0002171_17125177.jpg
c0002171_1713826.jpg
c0002171_17133396.jpg


近衛局本部付属舎
c0002171_17135815.jpg


赤坂離宮正門哨舎
c0002171_17142850.jpg


聖ヨハネ教会堂
c0002171_1715258.jpg
c0002171_17152856.jpg
c0002171_17154556.jpg
c0002171_1716018.jpg


学習院長官舎
c0002171_17163027.jpg
c0002171_1717016.jpg
c0002171_17171856.jpg


東京盲学校車寄
c0002171_17174291.jpg


西郷従道邸。これは格別に美しく感じました。ガイドの時間に行けば2Fもみれたよう。
c0002171_17181767.jpg
c0002171_17185195.jpg
c0002171_17192517.jpg
c0002171_17194034.jpg


森鴎外・夏目漱石住宅。こんなのあるとは予想外で、漱石所縁の場所に行けて嬉しかったなぁ。
c0002171_17203149.jpg
c0002171_17211841.jpg
c0002171_17213760.jpg
c0002171_17215127.jpg


三重県庁舎。西洋建築に瓦、天井の壁紙が美しい。人は住むところの広さで自尊心が変わるというけれど、これだけ広ければさぞ誇り高いでしょう。中では明治時代のモノの展示がありました。
c0002171_17222471.jpg
c0002171_17225287.jpg
c0002171_17233285.jpg
c0002171_1724193.jpg
c0002171_17242653.jpg
c0002171_17244577.jpg
c0002171_1725550.jpg
c0002171_17252887.jpg
c0002171_17254829.jpg
c0002171_172632.jpg
c0002171_17261699.jpg
c0002171_17263159.jpg


二重橋電燈
c0002171_1727178.jpg


毬栗が落ちてました。
c0002171_17273697.jpg
c0002171_17275026.jpg


鉄道局新橋工場
c0002171_17283170.jpg


明治天皇・昭憲皇太后御料車
c0002171_17285843.jpg
c0002171_17293379.jpg


明治神社
c0002171_17314760.jpg


違う年代・地域の建物でつくられた町並みはインスタレーションの如し。
c0002171_1734546.jpg
c0002171_17342299.jpg
c0002171_17343595.jpg


東松家住宅
c0002171_1735370.jpg
c0002171_17353749.jpg


千早赤坂小学校講堂
c0002171_1736869.jpg


札幌電話交換局
c0002171_1736416.jpg


c0002171_17383483.jpg
c0002171_17381070.jpg


名電1号形
c0002171_1737276.jpg


京都七条巡査派出所
c0002171_17411514.jpg


c0002171_17414941.jpg


京都市電
明治村にはかなりの生徒がいました。愛知のオリエンテーリング先なのでしょう。
c0002171_17434057.jpg
c0002171_17435764.jpg
c0002171_17441755.jpg


さて、ここまでで2時間ほど散策していて、"この調子だと最後までみきれないぞ"と。
と、いうわけで途中を飛ばして一気に最奥まで行ったのでした。
c0002171_17461194.jpg


尾西鉄道蒸気機関車1号
c0002171_1750711.jpg


明治村の中には結構飲食店も多くて。コロッケ屋台や立ち食いきしめん、牛鍋屋なんかもありましたが、我々は五丁目にあった明治の洋食屋 オムライス&グリル 浪漫亭にて食べました。
これは私が食べたクリームオムライス。クリームシチューがかかっていて美味しかったです◎
c0002171_17492966.jpg


そして愈々次は本日の目玉、帝国ホテルの登場です。

第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関


第十篇 明治村後編
第十一篇 帰路の靜
by wavesll | 2016-10-03 17:51 | 街角 | Comments(0)

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ
第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!
第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編
第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編

トヨタ博物館シリーズラスト、いよいよ外車編!

c0002171_1550118.jpg
c0002171_15503036.jpg
c0002171_16393738.jpg
c0002171_16391681.jpg
c0002171_1551774.jpg
c0002171_1551262.jpg
c0002171_15523335.jpg
c0002171_15525169.jpg
c0002171_1553320.jpg
c0002171_1553214.jpg
c0002171_15551873.jpg
c0002171_1555329.jpg
c0002171_15555539.jpg
c0002171_15561910.jpg
c0002171_15585075.jpg
c0002171_1559547.jpg
c0002171_1559217.jpg
c0002171_15593586.jpg
c0002171_161329.jpg
c0002171_16127100.jpg
c0002171_1614298.jpg
c0002171_162436.jpg
c0002171_1623238.jpg
c0002171_1624737.jpg
c0002171_163596.jpg
c0002171_1633626.jpg
c0002171_1655920.jpg
c0002171_1662228.jpg
c0002171_1672370.jpg
c0002171_1673654.jpg
c0002171_1610362.jpg
c0002171_16103114.jpg
c0002171_16111324.jpg
c0002171_16112982.jpg
c0002171_16122084.jpg
c0002171_16123349.jpg
c0002171_1612501.jpg
c0002171_16142652.jpg
c0002171_1614405.jpg
c0002171_1615889.jpg
c0002171_16153279.jpg
c0002171_16155316.jpg
c0002171_16164755.jpg
c0002171_16173715.jpg
c0002171_16184268.jpg
c0002171_1619524.jpg
c0002171_16195437.jpg
c0002171_1620859.jpg
c0002171_16215816.jpg
c0002171_16221750.jpg
c0002171_16235529.jpg
c0002171_16241064.jpg
c0002171_16243512.jpg
c0002171_1624517.jpg
c0002171_162511100.jpg
c0002171_1625247.jpg
c0002171_16254753.jpg
c0002171_1626733.jpg
c0002171_1627824.jpg
c0002171_16272233.jpg
c0002171_16273853.jpg
c0002171_16275294.jpg
c0002171_1628786.jpg
c0002171_16282823.jpg
c0002171_162959.jpg
c0002171_1629256.jpg
c0002171_16304880.jpg
c0002171_1631334.jpg
c0002171_16311897.jpg
c0002171_16313445.jpg
c0002171_16384922.jpg
c0002171_1640040.jpg
c0002171_16422446.jpg
c0002171_16423736.jpg
c0002171_16425325.jpg
c0002171_1643333.jpg
c0002171_16435660.jpg
c0002171_16441090.jpg
c0002171_16442357.jpg
c0002171_16443639.jpg
c0002171_1646622.jpg
c0002171_16462141.jpg
c0002171_1646347.jpg
c0002171_16464569.jpg
c0002171_164759.jpg
c0002171_16471820.jpg


いやー、素晴らしいコレクションでした。クラシックカーの曲線美を堪能しました。
TOYOTAが当初TOYODAを名乗っていたことも初めて知りました。トヨタ美術館のモニュメントの"T"が"ト"を横にしたみたいだなと想って、レクサスのロゴが"L"でなく"レ"ではないかという話を思い出しました。そういう遊び心、本当にあるかもしれませんね。

さて、朝から歩き回ってくたくたw矢場へ晩飯へ向かいます。

第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし


第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド
第八篇 明治村前編
第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関
第十篇 明治村後編
第十一篇 帰路の靜
by wavesll | 2016-10-02 16:50 | 展覧会 | Comments(0)

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ
第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!
第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編

トヨタ博物館本館の外車フロアと日本車フロアの間の2Fに、ルネ・ラリック カー・マスコット展示室がありました。ラリックがクルマのマスコットをつくっていたとは。ガラス細工が可愛らしかったです。

c0002171_15122174.jpg
c0002171_1512043.jpg
c0002171_15121091.jpg
c0002171_15123198.jpg
c0002171_15133082.jpg
c0002171_15135470.jpg
c0002171_1514373.jpg
c0002171_15141398.jpg
c0002171_15143321.jpg
c0002171_15144553.jpg
c0002171_15145866.jpg
c0002171_15151165.jpg
c0002171_15153657.jpg
c0002171_1516029.jpg
c0002171_15161522.jpg
c0002171_15162862.jpg
c0002171_15164040.jpg
c0002171_15165132.jpg
c0002171_1517351.jpg
c0002171_15171879.jpg
c0002171_15173058.jpg


第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編


第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし
第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド
第八篇 明治村前編
第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関
第十篇 明治村後編
第十一篇 帰路の靜
by wavesll | 2016-10-02 15:17 | 展覧会 | Comments(0)

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ
第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!

愛・地球博記念公園駅からリニモで数駅の芸大通駅で降り、トヨタ博物館に行ってきました。

トヨタに限らず国内外の歴史的名車がずらりと並んだこのミュージアム、すっげー楽しめました。
夥しい写真を撮ったので、ご覧ください。まずは日本車編。

(車種の名前をメモするのを忘れていたので、是非是非博物館に行ってお確かめください!)

c0002171_14205065.jpg
c0002171_14205964.jpg
c0002171_1421102.jpg
c0002171_14233763.jpg
c0002171_1423559.jpg
c0002171_1424644.jpg
c0002171_14241567.jpg
c0002171_14242535.jpg
c0002171_14251224.jpg
c0002171_14252466.jpg
c0002171_14253659.jpg
c0002171_1425489.jpg
c0002171_14273044.jpg
c0002171_14275857.jpg
c0002171_14281174.jpg
c0002171_14282375.jpg
c0002171_14285520.jpg
c0002171_14291367.jpg
c0002171_14293446.jpg
c0002171_14294773.jpg
c0002171_1430443.jpg
c0002171_14303094.jpg
c0002171_14304638.jpg
c0002171_1431144.jpg
c0002171_14312765.jpg
c0002171_143159100.jpg
c0002171_14321483.jpg
c0002171_14324140.jpg
c0002171_143341.jpg
c0002171_14331950.jpg
c0002171_14333491.jpg
c0002171_14335422.jpg
c0002171_14342370.jpg
c0002171_14345093.jpg
c0002171_1435818.jpg
c0002171_14352377.jpg
c0002171_14353749.jpg
c0002171_14355298.jpg
c0002171_14361571.jpg
c0002171_14364781.jpg
c0002171_1437779.jpg
c0002171_14372594.jpg
c0002171_14374991.jpg
c0002171_1438731.jpg
c0002171_14384062.jpg
c0002171_14385685.jpg
c0002171_14394138.jpg
c0002171_14395484.jpg
c0002171_14404569.jpg
c0002171_14405966.jpg
c0002171_14411358.jpg
c0002171_14415551.jpg
c0002171_14485649.jpg
c0002171_14491549.jpg
c0002171_14493621.jpg
c0002171_14495727.jpg
c0002171_14514555.jpg
c0002171_14515799.jpg
c0002171_14524435.jpg
c0002171_14531547.jpg
c0002171_14533634.jpg
c0002171_14534797.jpg
c0002171_1454062.jpg
c0002171_1454138.jpg
c0002171_14543376.jpg
c0002171_14544432.jpg
c0002171_14554023.jpg
c0002171_14555293.jpg


第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編


第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編
第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし
第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド
第八篇 明治村前編
第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関
第十篇 明治村後編
第十一篇 帰路の靜
by wavesll | 2016-10-02 14:55 | 展覧会 | Comments(0)

秋梅の愛知 名古屋一泊二日旅 第二篇 サツキとメイの家に行ってきた!

第一篇 Chris Watson in あいちトリエンナーレ

c0002171_6332240.jpg


やーやってきましたサツキとメイの家!
栄から地下鉄で終点藤が丘まで行き、リニモで愛・地球博記念公園へ。
リニモ、リニアモーターカーに載ったのは初めてだったのですが、独特のキーンという音が結構気になりました。分からないけれど、モスキート音的な感じの奴だったなぁ。

愛知というと尾張・三河と武将の地でもあり、侍推しな駅構内・車内ポスターでしたw

c0002171_6391252.jpg
c0002171_6393592.jpg


駅に着くとなんと豪雨!この日は当初から雨が予想され、これまでもぱらついたりぱらつかなかったり蒸し暑い梅雨のような天気でしたが、もはやドラマ雨な豪雨に立往生。駅からサツキとメイの家は大体20分ほど歩かなくてはならない位置関係だったので…。そしてローソンで事前に入場券を買ってしまっていて、この後の予定もあるのでズラせずといったところ。とりあえず公園事務局に電話して「雨で遅れそうだけれど大丈夫ですか」と確認を取り、小雨になるのを待ちました。

c0002171_6431512.jpg


少し小降りになったところで駅を出発、しかしまた本降りに!雨宿りしながらだんだん楽しくなってくるw
とまぁその内に少し光もさしてきて。チケットカウンターまで辿り着けました。当日券もあったそう。流石に雨の平日ですものね。

サツキとメイの家は観覧時間が30分で、今日は人が少ないので内と外は出入り自由。ただ、家の中で人が滞るといけないので、撮影は外からのみOKとのことでした。

そしていよいよ草壁家へ!
c0002171_6462734.jpg

c0002171_6472792.jpg
c0002171_6471154.jpg
c0002171_6474059.jpg
c0002171_6515649.jpg
c0002171_6521474.jpg

とっても良かったです。少し小振りなつくりだけれど家の再現度が物凄く高くて。

屋内では撮影NGなのが本当に惜しいけれど、箪笥や押し入れを開けられ、中の食器とか着物とか、サツキとメイの長靴やブラウスとか、お父さんの書斎とか調度品が凄い作りこまれてました!何でも本物の昭和のアンティークを揃えたそう!竈も開けられたしあの風呂場に台所から水を流す竹筒まで完備!井戸は本物でじゃぶじゃぶ出来ました!

あの柱もさわれました!固定されててぎいぎいは出来なかったけどw。この草壁家の設定は映画から一年後。お母さんも退院しているとのこと。こういう感じ、廃校の黒板に描かれたSLAMDUNKのその後みたいな感覚でファンには嬉しいですね◎今は夏verだけれども、秋冬verになると調度品が取り換えられるそうです。

何気に公園内の森に落ちている木の実に一番トトロの世界観を感じたりw
これでサツキとメイの家の入場料が500円なのはいいですね!公園は入場無料でした!
c0002171_656984.jpg

さて、この後再びリニモに乗り、次の目的地へ向かいます。

第三篇 トヨタ博物館 日本の名車編


第四篇 トヨタ博物館 ルネ・ラリック カーマスコット編
第五篇 トヨタ博物館 海外のクラシックカー編
第六篇 あつた蓬莱軒で人生最高のひつまぶし
第七篇 栄から名駅へ散策、コンパルで小倉トーストとコーチンタマゴサンド
第八篇 明治村前編
第九篇 明治村 フランク・ロイド・ライトの帝国ホテル中央玄関
第十篇 明治村後編
第十一篇 帰路の靜
by wavesll | 2016-10-02 07:03 | 展覧会 | Comments(0)