タグ:TV ( 113 ) タグの人気記事

三木清『人生論ノート』@100分de名著 第4週 「死」を見つめて生きる

c0002171_13211266.jpg三木清『人生論ノート』@100分de名著 第1週 真の幸福とは何か
三木清『人生論ノート』@100分de名著 第2週 自分を苦しめるもの
三木清『人生論ノート』@100分de名著 第3週 ”孤独”や"虚無"と向き合う

ETV、100分de名著で取り上げられた三木清『人生論ノート』視聴記も、今回がラスト。

執筆直前に妻を亡くした三木、戦争直前、死が近い時代に三木は希望についても説きました。最終回は死と希望について三木が伝えたかったことを読み解きます。

死について

近頃私は死というものをそんなに恐ろしく思わなくなった。年齢のせいであろう。以前はあんなに死の恐怖について考えまた書いた私ではあるが。

この数年の間に私は一度ならず近親の死に会った。そして私はどんなに苦しんでいる病人にも死の瞬間には平和が来ることを目撃した。


昭和14年、三木はこの時41才。2年前に妻を亡くし親類や友人を立て続けに見送った頃。この一節には死から目を背けず死の恐怖に惑わされずに生きたいという三木の想いが込められていた。

死について考えることが無意味であるなどと私はいおうとしているのではない。死は観念である。

誰もが生きている間には自分の死を経験することができない。死を経験したときには死んでいるから人はいない。だから我々が死について考える時は"観念"として考える他はない。

ただ実際には難しく、死は人生に入り込み、生の直下に死はある。

死の恐怖が薄らいだのはなぜか?→確率の問題。生きていて死んだ人に会える確率はゼロだが、死ねば会えるかもしれないと考えたから。"そうあって欲しい"という要請からこの考え方に三木は到達。

同時に後に残す者たちに三木はこう言っている。

執着するものがあるから死にきれないということは、執着するものがあるから死ねるということである。

「執着するものがあるから死ねる」というのは"人間はそんなに立派に死ななくてもいい、執着するものがあって死んでもいい"。潔く死ぬのが美しいという時代に、悔いを残して死んでもいいという勇気のメッセージ。

私に真に愛するものがあるならそのことが私の永生を約束する。
想いを残した人がいるということは死後自分が還っていくべき所を持っている。

折に触れて思い出してもらえればその時自分は永生を約束されている→この根拠は自分自身が妻を忘れていないという愛からではないか。

妻の死の一年後、その一周忌に追悼文集を編集し、「幼きものの為に」という自身の文章も載せた。

やさしい言葉をかけたこともほとんどなかったが今彼女に先立たれてみると私はやはり彼女を愛していたのだということをしみじみと感じるのである。

彼女の存命中に彼女に対して誇り得るような仕事のできなかったことは遺憾である。

私が何か立派な著述をすることを願って多くのものをそのために犠牲にして顧みなかった彼女のために私は今後、私に残された生涯において能う限りの仕事をしたいものだ。

そしてそれを土産にして、待たせたね、と云って彼女の後を追うことにしたいと思う。


『人生論ノート』が刊行された翌年、三木は徴用されフィリピンで従軍する。そこでの戦争体験は彼の哲学を大いに変貌させるはずだった。しかし帰国した三木に言論発表の場はなく、娘と疎開する。

そして昭和20年3月、逃亡犯だった友人を匿ったという嫌疑で逮捕される。敗戦後も釈放されることなく、9月、獄死する。

もし私が彼等と再会することができるーこれは私の最大の希望であるーとすればそれは私の死に於いてのほか不可能であろう。

共産党員だった友人を匿えば身の危険が伴うのは分かり切っていたが、人間として三木は友達が助けをもとたときに救わないはずはなかった。

敗戦後も釈放されず毛布に付いた疥癬にやられ独房で一人死んだ三木。「三木は死ななくてもよい命を落とした」。

三木は戦争に往った数少ない哲学者。その経験を生かした書作を残せたはずだった。

三木は人間の生命と歴史における過去を重ね合わせ、その意味についてこう述べている。

過去は何よりもまず死せるものとして絶対的なものである。この絶対的なものはただ絶対的な死であるか、それとも絶対的な生命であるか。

死せるものは今生きているもののように生長することもなければ老衰することもない。そこで屍者の生命が信ぜられるならば、それは絶対的な生命でなければならぬ。

この絶対的な生命は真理にほかならない。


死=過去(歴史)と同等に考える歴史観を三木は持っていた。"死"が絶対的であるがゆえに"過去"もまた絶対的である。

過去を自分の都合のいいように利用し解釈する危険性を指摘している。"歴史修正主義"を三木は厳しく指摘している。

歴史を改ざんしようとすることは歴史を尊重していないこと。人間の"死"を尊重することは"歴史"を尊重することでもある。

雑誌「文学界」における最後の連載は「希望について」だった。

希望について

人生においては何事も偶然である。しかしまた人生においては何事も必然である。このような人生を我々は運命と称している。

偶然の物が必然の必然の物が偶然の意味をもっている故に人生は運命なのである。希望は運命の如きものである。人生は運命であるように人生は希望である。

運命的な存在である人間にとって生きていることは希望を持っていることである。


戦時下にあっても三木は最後まで絶望することなく人生論を書いた。

三木は個人、個性が失われつつあった時代に自分とは何か人間とは何かを問い続けた哲学者。そして最後まで人間の可能性を信じていた人だった。

もし一切が保証されていたら希望すらありえない。希望こそが生命の形成力である。

絶望することは簡単で、絶望しない人生を選んだのが三木の生き方。

「私は未来への良き希望を失うことができなかった」

国家全体が戦争へ向かって言論弾圧しても考えることを止めない、"言ってもしょうがない"にならない。精神のオートマティズムに巻き込まれると抜け出すのは至難の業。

三木がこれを書いた時代と現代は通じる感覚がある。しかしそういう時代に生きているからといって絶望する必要もないし生きている意味はないわけではない。

三木清は終生理想主義者だった。理想だけが現実を変える力があると三木は書作を通じて語りかけている。
by wavesll | 2017-04-27 15:30 | 書評 | Comments(0)

三木清『人生論ノート』@100分de名著 第3週 ”孤独”や"虚無"と向き合う

c0002171_11145499.jpg三木清『人生論ノート』@100分de名著 第1週 真の幸福とは何か
三木清『人生論ノート』@100分de名著 第2週 自分を苦しめるもの

に続き、100分de名著 三木清『人生論ノート』視聴記。解説は岸見一郎氏です。

哲学者三木清は『人生論ノート』の中で私たち人間は虚無の中に生きるのだと説いた。
海のような広大な世界で、人間は自らを形成して生きてゆくのだ。第三回は虚無や孤独と向き合うことで"人間とは何か"を考える。

虚無について
"虚無"は"ニヒリズム"ではなく、"人間の条件"。
虚無だからこそ我々は生きていく価値があると三木は考えた。

どんな方法でも良い、自己を集中しようとすればするほど私は自己が何かの上に浮いているように感じる。いったい何の上にであろうか。虚無の上にというのほかない。

自己は虚無の中の一つの点である。この点は限りなく縮小されることができる。
しかしそれはどんなに小さくなっても自己がその中に浮き上がっている虚無と一つのものではない。

生命は虚無でなく虚無はむしろ人間の条件である。

けれどもこの条件は恰も一つの波、一つの泡沫でさえもが海というものを離れて考えられないようにそれなしには人間が考えられぬものである。


虚無を大海に例えるなら私たち人間は一つの泡のようなものでしかない。しかし如何に小さな存在であっても海がなければ泡も存在しない。

つまり海は泡が存在するための条件であり、虚無は人間が存在するための条件なのだ。

さらにとてつもなく広大な世界で生きるために、人間には形成力が必要である。

生命とは虚無を掻き集める力である。それは虚無からの形成力である。

そもそも何もないことを押さえて、"無いからつくっていく”。これは前回の虚栄の話に通じる。

泡のような人間という存在、海があまりに広大過ぎて生きていくことに絶望するような徒労感・無意味感に襲われる。

しかし我々は"存在する"という事実から逃れられない。だったら何とかして虚無を掻き集めて自分自身で生きていく"意味"を作っていかないといけない。だから虚無からの形成力という話になる。

人生は形成である
"虚無"を”世界”や”宇宙”に置き換えてもいい。たとえ無意味に見える人生であっても誰かによって決められるわけじゃない。自分で形成して行くしかない。

しかし社会が変容したことによって現代人の自己形成は難しくなったと三木は述べる。

昔は生まれてから死ぬまでに出逢う人間は百人ほどで、限定された社会。しかし今は無限定な社会にヒトは住んでいる。顔も名前もわからない人たちとの関係。

ヒトは"私とあなたの間"に人間を作る。しかし現代は個性を形づくる関係が無数にある。

結果人間は無限定なアノニム(匿名)な存在になる。多くの人と繋がっているのに人は孤立していってしまう。

虚無との向き合い方を三木はこう説く。

今日の人間の最大の問題はかように形のない物から如何にして形を作るかということである。

三木は虚無から何かを形づくる力を構想力と名付けた。そして構想力の為には混合の弁証法が必要だと説いた。

弁証法とは本来、矛盾や対立を統一するやりかた。しかし三木は矛盾や対立を抱え込んだまま混合させるやり方を提示する。

その為には秩序が必要となる。様々な要素の配列や組み合わせを適切に位置付ける。それにより人間は虚無から脱出できる、と。

混合の弁証法:異質な考えを排除せず、すべて受け入れていこうという考え方。

秩序について
どのような外的秩序も心の秩序に合致しない限り真の秩序ではない。
(略)
秩序は生命あらしめる原理である。そこにはつねに温かさがなければならぬ。


秩序とは上から押し付けたり機械的に切り捨てるものではない。秩序には温かさが必要。

さらに三木は国歌の秩序もどうあるべきかも考察した。

第二次世界大戦が始まった頃、三木は近衛文麿を中心とした研究会のブレーンとなり政治の世界に足を踏み入れる。日中戦争をなんとか終結させられないか、時代を生きる哲学者として三木は積極的に国策研究に関わった。

しかし戦争は泥沼化。昭和15年「昭和研究会」は解散。敢えて体制に加担しファシズムや軍国主義に抗してきた三木にとっては大きな挫折だった。

その翌年に三木は『秩序について』を書き上げる。

外的秩序は強力によっても作ることができる。しかし心の秩序はそうではない。人格とは秩序である。自由というものも秩序である。

外的秩序という言葉で三木は国家の秩序を考察する。為政者は自分に都合の良い秩序を強制しようとするが、心の秩序に合わないものは真の秩序とは言えない。

三木は形成の思想から日中戦争を傍観することをせず政治に関わった。

三木は上からの押し付けでは真の秩序はできないと説いた。が、軍部の独走を止める事は出来なかった。

三木は色んな価値を認めるという意味の"価値多元主義"の危うさに気づく。現代の例でいうと「ヘイトスピーチも言論の自由である」と言われれば誰も止められない。

土台になるべき価値を認めなければならない。その「価値体系」の大切さ。

混合の弁証法の話も含め、"価値体系"と"価値多元"は別なのか?→すべての価値を受け容れるのは危険。

人間存在の尊厳を大切にすることを土台としていられれば、多様な価値を内包できる。しかしそれがないと人間は無秩序なアナーキー(虚無主義)に陥る。

何も価値観がないところに新しく強力な価値観を植え付けることは簡単。子供たちに特定の価値観を植え付けることは容易。批判能力がないから。

秩序の根源には「人間の尊厳」を認めるという価値体系が必要

虚無を認識しながら自分で価値観を形成していかないといけないと対で理解していないと容易く扇動されてしまう。「ニヒリズムは独裁主義の温床である」。

一方昭和15年に三木は『孤独について』を発表する。

孤独について

孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのではなく大勢の人間の「間」にあるのである。孤独は「間」にあるものとして空間の如きものである。

三木は"孤独には美的な誘惑があり、味わいがある"と書き、決して"孤独を乗り越えよ"とは言わなかった。寧ろ"たった一人であることを自覚し、孤独に耐えることは生きる上で大切なことだ"とした。

感情は主観的で知性は客観的であるという普通の見解には誤謬がある。むしろその逆が一層真理に近い。

感情は多くの場合客観的なもの社会化されたものであり、知性こそ主観的なもの人格的なものである。

真に主観的な感情は知性的である。孤独は感情でなく知性に属するのでなければならぬ。


三木は孤独を大切なものと説く。大勢との間に「孤独」という隙間を持てる人は迎合しないことでもある。

「孤独は感情でなく知性に属するのでなければならぬ」戦争へ向けてみんなで熱狂していた時代に孤独を説いた三木。孤独のうちにいられることが"強さ"。

知性に属する孤独。知性は煽ることが出来ない、でも感情は煽ることが出来る。

孤独だけが個人の人格、内面の独立を守ることが出来る。不屈の闘志が、この本にはある。

三木清『人生論ノート』@100分de名著 第4週 「死」を見つめて生きる
by wavesll | 2017-04-27 15:17 | 書評 | Comments(0)

三木清『人生論ノート』@100分de名著 第2週 自分を苦しめるもの

c0002171_10473978.jpg三木清『人生論ノート』@100分de名著 第1週 真の幸福とは何か

100分de名著、三木清が太平洋戦争前夜に書いた『人生論ノート』を岸見一郎さんのナビゲートでおくる第二週。今回は虚栄心、怒りと憎しみ、嫉妬についてです。

虚栄心とは

虚栄は人間の存在そのものである。人間は虚栄によって生きている。虚栄はあらゆる人間的なもののうち最も人間的なものである。

人間は生きる上で不安や怖れを抱えている。そこから少しでも目を背けるために自分以上の自分を造り出そうとしている。

全ての人間的といわれるパッションはヴァニティ(虚栄)から生れる。

いかにして虚栄をなくすることが出来るのか。創造的な生活のみが虚栄を知らない。創造というのはフィクションを作ることである。フィクションの実在性を証明する事である。


三木は「虚栄と付き合うには」と三つの方法を提示している。

1. 虚栄を徹底する
仮面をかぶり続けて虚像を演じきる。一生仮面をかぶり続ければそれが本性になる。

伊集院も"芸名である伊集院光としてこうありたい、こう思って欲しいとすることがある、それは嘘を吐くというわけでもない”と述べた。私もハンドルネームでの発言で逆に引っ張られたりします。

パーソン(人間)の語源はペルソナ(仮面)

2. 虚栄心を小出しにする
ささやかな贅沢をする。日常生活で虚栄心を少しづつ満足させる工夫をする。

小出しだと虚栄もボロが出ない。その程度の虚栄ならば徹底できる。

そこそこの虚栄は必要だ

3. 創造によって虚栄を駆逐する
「創造的な生活のみが虚栄を知らない。創造というのはフィクションを作ることである」

「人生とはフィクションを作ることだ」
人というのは孤独ではいられない。他の人の評価を絶えず気にする。でもそういう気持ちから作られる人生は虚栄。自分の意志で人生を創造していけば虚栄を駆逐できる。

虚栄と言っても全てが駄目ではなく、今ある自分よりもより上を目指す、そのために努力をする、向上心とも言える。

嫉妬について

どのような情念でも天真爛漫に現れる場合、つねに或る美しさをもっている。しかるに嫉妬には天真爛漫ということがない。
(略)
愛は純粋であり得るに反して嫉妬はつねに陰険である。嫉妬こそ(略)悪魔に最もふさわしい属性である。


愛と嫉妬は似ている。術策的で持続的な点において。そのため長続きして人間を苦しめる。愛があるからこそ嫉妬が生まれる。嫉妬がさらに想像力を働かして心を忙しくさせてしまう。

「想像力は魔術的なものである。ひとは自分の想像力で作り出したものに対して嫉妬する」

愛と嫉妬は厳密には区別できない。

嫉妬の対象
1. 自分より高い地位にある人

2. 自分よりも幸福な状態にある人

3. 特殊なものや個性的なものではなく、量的なもの、一般的なもの


つまり嫉妬は平均化を求める傾向がある。

相手を低めようとする。自分を高める建設的な努力をしないで相手を貶めようとするのが平均化。

今もSNS等をみるに日本の社会全体が平均化を求める傾向がある。誰かが幸せになることを許さない、みんな平均化を求めている。

それに対抗するには”個性を認める”こと。自信がないから嫉妬する、他の人のようになりたいと想う。"この自分を認めるということ"から始めるしかない。自分を認めることで他者を認める事が出来る。

自分を変えようとする努力を止めたときに変われている

怒りについて・憎しみについて

世界が人間的に、余りに人間的になったとき必要なのは怒であり、神の怒を知ることである。今日、愛については誰も語っている。誰が怒について真剣に語ろうとするのであるか。切に義人を思う。義人とは何かー怒ることを知れる者である。

今日、怒の倫理的意味ほど多く忘れられているものはない。怒はただ避くべきものであるかのように考えられている。しかしながらもし何者かがあらゆる場合に避くべきであるとすればそれは憎しみであって怒ではない。怒はより深いものである。


腹が立った時に内に篭って憎しみつづけるよりもカラっと怒った方がマシだ

社会の利害関係や不正に対して公憤を覚えるのは必要だ。←戦前の空気に対しての想い

怒り:突発的、純粋性・単純性・精神性、目の前にいる人に対して

憎しみ:習慣的で永続的、自然性(反知性的)、目の前にいない人(アノニム)に対して

怒りには目の前の人への怒りの理由がある感情。しかし憎しみには理由がない。元々の理由は分からず、憎しみを持続するために憎むようになる。憎しみは匿名の相手に向けるもの。ヘイトスピーチなど個人でないものへの反知性的なもの。憎しみから抜けるには知性的であれ。

偽善について

偽善者が恐ろしいのは彼が偽善的であるためであるというよりも彼が意識的な人間であるためである。

偽善者が意識しているのは絶えず他人であり社会。彼らは他者の評価や社会的な評判だけを意識して求められた役割だけを果たそうとする。つまり善悪の価値基準を他人に任せて自分で判断しない=精神のオートマティズム

道徳の社会性というが如きことが力説されるようになって以来いかに多くの偽善者が生じたであろうか。

これが発表されたのは昭和16年8月。数か月後の開戦を前に翼賛体制の重苦しい空気が言論界にも立ち込めていた。

今日どれだけの著作家が表現の恐ろしさをほんとに理解しているか。

偽善者は往々にして権力に阿り、他人をも破滅させる。三木のメッセージは言論人への警鐘だったのかもしれない。

"道徳の社会性"とは個人よりも社会が優先される考え方。個人の幸福を唱えてはいけないという時代背景の中でこの言葉が使われている。

もう一つは倫理が上から押し付けられる時勢を念頭に置いている。一人一人が納得し時に疑問、否定をしないといけないのに道徳の押し付けがされる時代は非常に危険。

異を唱えない人たち=”偽善者”
言わなきゃならないことを言わないことを反省し、自己保身でなく言わなければならないことを言う表現者としての責任を決して忘れてはいけない。

言論者・表現者の責任は”〇〇を言った責任”が意識されがちだが、"言わなかったことも「責任」"

三木が戦争前夜の空気の中でこの本を発表した事。表現の仕方を考え詰めて発表したことは貴い。三木は思想を理由に殺された。

思想や信条を理由に殺されることがつい数十年前に日本で起きたことを我々は忘れてはならない。これから同じことが繰り返されぬために言うべきことを言う勇気を持たなければならない。

三木清『人生論ノート』@100分de名著 第3週 ”孤独”や"虚無"と向き合う
三木清『人生論ノート』@100分de名著 第4週 「死」を見つめて生きる
by wavesll | 2017-04-27 15:02 | 書評 | Comments(0)

三木清『人生論ノート』@100分de名著 第1週 真の幸福とは何か

c0002171_10454236.jpg三木清『人生論ノート』(青空文庫)

好きでよく見ているETV「100分de名著」でアドラー研究者で著名な岸見一郎さんの解説により三木清の『人生論ノート』が取り上げられ、大変滋味深く番組を観ました。

三木清氏自体への説明は
哲学者・三木清が『人生論ノート』に至るまで(NHKテキストView)
三木清 人生論ノート(松岡正剛の千夜千冊)
あたりをご覧になっていただいて、ここでは『人生論ノート』は戦争の不穏な暗い時代に三木が「怒」「孤独」「嫉妬」「成功」など私たち誰もがつきあたる問題に、哲学的な視点から光を当てて書かれた一般向けの哲学的エッセイとして書いていたとだけ触れておきましょう。

このエントリでは番組で取り上げられた三木の思想と伊集院などの解釈等を記したいと想います。

幸福について

今日の人間は幸福についてほとんど考えない。(中略)幸福を語ることがすでに何か不道徳なことであるかのように感じられるほど今の世の中は不幸に充ちているのではあるまいか。

国家総動員法の下、個人が幸福を追求することが許されない時代。

幸福の要求が今日の良心として復権されねばならぬ。と三木は説きます。

三木がこれを書いたのは個人より社会を優先しようとするファシズムの下、幸福への要求が抹殺されていた時代。
しかし現代も「自分幸せでーす」みたいなのって言いづらい。同調圧力により個人の幸福が蔑ろにされているという状況は今日にもある。

三木清は逮捕され投獄され、大学を追われ在野の哲学者として『人生論ノート』を書いた。

幸福は徳に反するものでなくむしろ幸福そのものが徳である。
我々は我々の愛する者に対して、自分が幸福であることよりなお以上の善いことを為し得るであろうか。


あの時代、自己犠牲や滅私奉公が徳とされていたので、幸福=徳は危険な思想。しかし自分が幸福であることは"利己主義"ではない。例えば介護について。自分を犠牲にして介護するから徳ではなくそれを全うするから幸福ではなく、自分が幸せでなければ人を幸せにすることすらできない。

成功と幸福とを、不成功と不幸とを同一視するようになって以来、人間は真の幸福が何であるかを理解し得なくなった

三木は成功は"過程"であり、幸福は"存在"であるといっている。「こういう目標を達成出来たら幸せになれる」というのは成功を求めている。しかし何かを達成出来たら幸せになれるのではなく人はもうこの瞬間に幸せであるという考え方。これが「幸福は存在である」というもの。

必ずしも成功と幸福は繋がっているのではなく、幸福とは各人にとって"オリジナルなもの"。
「絵にかいたような幸せ」と「本当の幸せ」は別。

成功は"量的"なものと三木は言う。そして幸福は”質的”なもの
誰もが真似できないオリジナルな幸福を持っている。それを追究すべきで、誰もが求めそうな幸福を追い求めてはいけない。

幸福は人格である。ひとが外套を脱ぎすてるようにいつでも気楽にほかの幸福は脱ぎすてることのできる者が最も幸福な人である。

しかし真の幸福は彼はこれを捨て去らないし捨て去ることもできない。彼の幸福は彼の生命と同じように彼自身と一つのものである。

この幸福をもって彼はあらゆる困難と闘うのである。幸福を武器として闘う者のみが斃れてもなお幸福である。


刹那的な幸福、いつわりの幸福をコートを脱ぐようにためらうことなくいつでも脱ぎすてられる人が本当の幸福なんだと三木は考えている。でもいつわりの幸福は脱ぎすてられるけれども、絶対譲れないものがある。それは”人格・命"である。それが真の幸福。

心筋梗塞で仕事を失い、ベッドの上で逡巡したとき、自分が生きてることが幸福なんだと想えた時に、どんな困難でも耐え抜き生き抜けると岸見さんは想ったという。

"幸福感"と"幸福"は違う。高揚した感じ、情緒的な感じ、感覚的な感じではない。真の幸福は熱狂を醒ますもの。幸福とは"知性"で考えるもの。感性で捉えるものではない。

自分自身の幸福とは何かを考え抜かなければならないし、それを放棄してはいけない。
三木は戦争の末期に投獄され、敗戦しても解放されず、獄死する。しかし彼の言葉は今も活きています。

三木清『人生論ノート』@100分de名著 第2週 自分を苦しめるもの
三木清『人生論ノート』@100分de名著 第3週 ”孤独”や"虚無"と向き合う
三木清『人生論ノート』@100分de名著 第4週 「死」を見つめて生きる
by wavesll | 2017-04-26 21:10 | 書評 | Comments(0)

『欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき』をみて

第1章~第3章
第4章~第5章
第6章~第8章
第9章~最終章

前編「欲望の資本主義2017 ルールが変わる時」(Dailymotion)
後編「欲望の資本主義2017 ルールが変わる時」(Dailymotion)

BS1スペシャル「欲望の資本主義2017 ルールが変わる時」をみました。

安田洋祐(大阪大学准教授)をナビゲーターにジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授 2001年ノーベル経済学賞受賞 アメリカ大統領経済諮問委員会委員長 世界銀行チーフエコノミストなどの要職を歴任)、トマス・セドラチェク(チェコ総合銀行チーフエコノミスト 経済学者 24歳のとき初代大統領の経済アドバイザーに抜擢 チェコでベストセラーとなった著書『善と悪の経済学』は世界15か国語に翻訳)、ルチル・シャルマ(モルガンスタンレーインベストメントマネジメント投資ストラテジスト 25年にわたり各国を調査 情報を分析『The Rise and Fall of Nations(国家の盛衰)』はアメリカでベストセラー)、エマニュエル・トッド(歴史人口学者 フランス国立人口統計学研究所 所属 旧ソ連崩壊 金融危機 イギリスEU離脱などの予言を的中)等の識者に低成長時代をいかに舵取りをしていくかが語られていました。

スティグリッツ教授は「富の一極集中の解消が成長の鍵だ」といい、セドラチェク氏はもっとドラスティックに「資本主義が必ず成長するというのはナイーブな思い込みで"成長資本主義"から変わらなければならない」と言います。

しかしアルヴィン・ロス(スタンフォード大学教授 2012年ノーベル経済学賞受賞 市場の制度を設計する「マーケットデザイン」研究の先駆者)は「資本主義の死を宣言するのは早計だ。資本はリターンを得続けているよ。シリコンバレーに住んでいるんだが多くのビジネスが集まっている」と語ります。

更にUberへの投資で著名な投資集団のスコット・スタンフォード(シェルパ・キャピタルCEO 元ゴールドマン・サックス社員 2013年ベンチャー投資企業を設立)は「私たちはより効率化する方法を常に探しているんだ。経済学でいうところの生産性だね。労働力が変わらないのに成果物は増える。そして利潤 成長 波及 創造的破壊を追究する。いかにして効率的な進化がなされない古い産業を駆逐するか。市場をとれ。需要と供給が働きあって加速して規模の効果が働いて新旧交代が起こる。それがイノベーションだ。そして消費者をハッピーにするんだ」と。

そしてシャルマ氏は「2008年リーマンショック以後、危機以前の時代より速いペースで成長できている国はまったくない。西欧だけじゃない。インド、中国、ナイジェリア、南アフリカ、ブラジル…どこでも。世界経済はスローダウンしている。」としながら「1950年~2008年は世界経済の成長率は毎年4%と異様に高い」とし、その原因を人口爆発と国家債務の増大にあるとし、「歴史的に見れば世界は今でも急速な成長をしていると言える。1950年~2008年はさておきね」と語ります。

世界経済は、"富の前借り"の破綻によってそのペースを変えて、従来の成長率を前提とした社会基盤が成り立たない事態になっていると。

この番組は前編(1~5章)は2016年に放送され、後編(6~最終章)は新作なのですが、Uber等のシェアリングエコノミー技術が社会全体にとってバラ色の未来と言えないといえども、ベンチャーが伸びたり人口が減少していない欧米は2%以上の経済成長を続けているのに対し、日本はマイナス成長。

今の欧米の経済識者が「低成長の時代にどう対応した社会・個人のありようを求めるか」と語っているのに対して安永竜夫(三井物産代表取締役社長 発展途上国のインフラ開発への投資など新事業を開拓)や原丈人(デフタパートナーズグループ会長 アライアンス・フォーラム財団代表/内閣府参与 ベンチャー企業育成のための政策提言や新技術をもちいた支援など国内外で活動)が「日本は進んだ経済観念を持っていて、これからガンガン成長することも可能だ」と息まいているコントラストが…

老人が若者より活力があるとも言えますが、"往年の夢よもう一度"で五輪や万博を開こうとするような頭じゃ現在に対応した"悟り世代"がみしみしと労働負荷をかけられる、ミスマッチが起きそうで。パラダイムが変わるには今の経営層が消えないといけないのではと想うと共に、2%すら経済成長が起きないのはやはり気脈がおかしい気がするところです。

番組では経済学の巨人アダム・スミスとケインズの思想に触れています。

アダム・スミスは"各個人が自己利益の追求をすることで『見えざる手』が働き社会が調整される"と自由貿易を唱え、ケインズは「社会の安定のため最も恐れるべきは失業者の増大 危機を回避するには国は借金をしてでも仕事をつくる そしてお金という血液を市場にめぐらせる」と唱えましたが、番組ではそれらに対して妄信することに警鐘を鳴らしています。

「見えざる手」は存在せず、市場のルールによって調整機能は担保されている。また「もう危機から7~8年経って経済は回復しているのに財政赤字を続けていいとはケインズは言わなかったはずだ」と。エマニュエル・トッド氏に至っては「自由貿易を辞めれば経済成長する」と。今までのルールが通用しない時代になったということでしょうし、アダム・スミスの時代とは異なりほとんどの人間が商業に携わる今、労働者は消費者でもあることを慮らなければならないということでしょう。

また数学的な部分を含め、経済学に触れると一見未来予測が可能であるかのように錯覚しがちですが、気鋭の経済学者であるセドラチェク氏から「"リスク"と"不確実性"は異なり、未来はわからない」と語られたのは大きなことで。

ケインズも「わたしたちの未来についての知識は実に曖昧で不確実なものだ」と言っていますが、悲完全情報状態に加え、人間という不確実な因子が絡む長期にわたる未来予測は難しいと、現代のトランプ時代に起きるシリアや北朝鮮情勢をみるとまざまざと得心します。

このように、経済学の不完全さが結果として語られた番組ですが、一つの大きな軸で語られたのが『何をもって成長とするのかの新しい尺度・観方が求められる』ということ。

GDPは適切な指標でなく、シャルマ氏によると「2007年のアメリカの住宅バブルのピークにはアメリカは1ドルの成長を得るため3ドル負債を増やしていた。今中国は1ドルの成長を得るために4ドルも負債を増やして成長率を維持している」とのこと。

スティグリッツ氏は「経済成長について話すときは"成長"の意味をはっきりさせないといけない。GDPは経済力を測るにはいい指標とは言えない。環境汚染、資源乱用を考慮にいれてないし、富の分配も社会の持続性も考慮されていない。問題だらけだ。経済における成長の本質をこの先変えていくべきだと強く思っている」といいます。

或いは原氏が「会社は株主の物だっていう考え方から会社っていうのは株主も重要な要素だけれども会社を成り立たせている社員、仕入れ先、地域社会、顧客、地球も含めた、この社中全体のおかげで会社が反映しているわけだから、上げた利益は社中に対して還元していく。こういう資本主義の事を『公益資本主義』という風にいいます」と言うように"成長の指標"をより実際的なものに刷新する必要があると想いました。

「欲望は満たされることを望まない 増殖することを望む」との言葉がありました。欲望をコントロールするには禅的に抑制するのもありですが、さらなる魅惑、さらなる欲望を提示・誘導することで"モアベターな欲望 モアベターな社会"を達成するというスキームこそ現実的に効力があるのではないか、そういった意味でも"新しい指標"が望まれます。

自然科学である物理学と社会科学である経済学は異なるけれども、"成長、あるいは幸福をより適切に測る統一理論"、それは即ち世界への認知をパラダイムシフトさせる真理を解き明かす行為が希求されているのだ、そう番組を見て想いました。

cf,
アダム・スミス 著, 山岡 洋一 訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』 読書メモ

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読む
『日本教の社会学』読書ノート
by wavesll | 2017-04-06 19:02 | 小噺 | Comments(0)

欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第9章~最終章 書き起こし

第1章~第3章
第4章~第5章
第6章~第8章

後編「欲望の資本主義2017 ルールが変わる時」(Dailymotion)

第9章 数 リスク 不確実性

ルチル・シャルマ(モルガンスタンレーインベストメントマネジメント投資ストラテジスト 25年にわたり各国を調査 情報を分析『The Rise and Fall of Nations(国家の盛衰)』はアメリカでベストセラー)
「ケインズ主義は金融危機の後喧伝されたよね。でも私が見る限り状況はやや『ねじれて』いるね。ケインズが過去に言ったことが誇張されているように感じるよ。たとえばもう危機から7~8年経って経済は回復しているのに財政赤字を続けていいとはケインズは言わなかったはずだ。」

トマス・セドラチェク(チェコ総合銀行チーフエコノミスト 経済学者 24歳のとき初代大統領の経済アドバイザーに抜擢 チェコでベストセラーとなった著書『善と悪の経済学』は世界15か国語に翻訳)
「ニセのケインズ主義だね。ケインズの半分だけを見てもう半分を忘れている」

シャルマ
「たしかに予算を黒字にするのはいつだって難しいものだが、ケインズを引き合いに出して赤字を正当化している。もう危機から7~8年も経った。たしかに近年では弱い経済回復だが長い歴史の中で考えれば今は決して弱い経済ではない。

君の言うように人々はケインズを都合よく解釈しているよね。どの国も成長するためにケインズの理論を『悪用』している。いくつかの国はケインズを悪用して経済を崖から突き落とそうとしている。ケインズの名前を出せば負債額はOKだと都合よく解釈してね」

セドラチェク
「もし『危機はいつ終わるか?』と聞かれたら『負債を返し切った時だ』と答えるよ。車の事故を起こしたとして死ななければ最初の危機は終わるが壊れた車のローンを払うまではたらしい車を買えないよね。それとGDPの成長率を測ることにどんな意味があるんだ?ほとんどナンセンスだ…」

シャルマ
「中国で起こっていることにみんな気付いていない。中国は6%かそこらの成長率をいまだに続けていると皆思っている。でもその成長率を維持するためにどれだけのお金を注入しているか…本当に君の言う通りだよ。

2007年のアメリカの住宅バブルのピークにはアメリカは1ドルの成長を得るため3ドル負債を増やしていた。今中国は1ドルの成長を得るために4ドルも負債を増やしている」

セドラチェク
「クレイジーだね」

シャルマ
「まったくだ。『中国は6%も成長している!すごいじゃないか』って?『他の国は2%くらいなのに6%はすごい』と。だが中国が莫大な借金をしていると知ったら大問題に突入しようとしているのが分かるよね。だから私の最大の関心ごとはアメリカじゃない、中国だ」

上海の市民1
「資本主義はいいと思います。経済市場が活発になるから」

上海市民2
「月収は10年前から3500元のままで上がっていません。でも不動産価格は4~5倍に跳ね上がりましたよ」

上海市民3
「中国は国の政策が行きづまるといつのまにか方針が変わるので先が読めなくて不安があります」

この星は欲望で繋がっている 市場の網の目に覆われた 私たちの住む資本主義の世界

シャルマ
「ウォールストリート的思考はあまりに短期すぎる。四半期ごとにホットな流行を追いかけ人々は熱狂している。まるで他に大事なことはないみたいにね。今だったら皆が皆トランプに取りつかれている。トランプはどんな政治をするか?それはどんな影響があるか?とね」

恐れるな リスクを取ってお金を増やせ 数字が踊る 人々が踊る “未来というものは絶対に予測できない。神でさえ未来を知らない”

第10章 不確実な世界へ

資本主義社会のリスクを見事にコントロールしたはずのあの男 だが意外なことにこんなことも言っていた

わたしたちの未来についての知識は実に曖昧で不確実なものだ -ケインズ

セドラチェク
「世界は本質的に不確実なのに『来年は2.4%成長するだろう』と皆が信じて投資したりするのは未来は不可知なものだという自然な感覚を失っている。

たとえばサイコロをふる時『1』が出るのはおよそ6回に1回だと知っているよね。起こることの確率を分かっているのがリスクだ。でもサイコロの面の大きさがバラバラでその割合も知らなかったらどうだい?

現実世界ではサイコロの形さえ分からないような状況がよくある。しかも過去にふられたことがなかったりね。初めてで一回限りの出来事だとしたら…これこそがケインズのメッセージだった」

ケインズは警告していた 不確実性はリスクとは根本的に違う、と たとえばルーレットの確率や人の寿命 明日の天気予報はさして不確実とはいえない

不確実なものとはヨーロッパで戦争が起きるかどうか 20年後の銅価格や利子率 ある発明がいつ陳腐化するかなど

こうした事柄を予測するための科学的根拠はない 私たちは単に知りようがないのだ


セドラチェク
「過去に起こったことがない状況をどう考えるか?たとえばトランプ大統領のようにね。これはリスクではなくまさしく不確実性だ。物理学にたとえるならケインズが現れる前は経済は『機械』のように考えられていた。ケインズは”No”と言った。『経済は機械ではない』『不確実性がある』『限られた世界しか見ていない』とね。

現実は機械のようじゃないと。ズレやゆらぎがあって時計の様にはいかないんだ。つまりリスクは計算が可能だ。だが不確実性は計算することはできない。リスクと不確実性を混同したら危険な世界が待っている」

シャルマ
「悪銭(イージーマネー)が問題だ。金融危機の後 収入や資産の格差が増大した。それは悪銭(イージーマネー)と関係があると思う。いま世界に悪銭(イージーマネー)が漂っていてそういうものが不確実性とリスクの区別をわからなくさせてしまう」

カネがカネを生む それはあの時始まったのか 時がカネを生む魔術 利子 欲望の資本主義の果て

シャルマ
「私はあまり信心深くないんだが、いま私が強く惹かれているのは禅の思想だ。どういう意味かというと…投資においても人生においてもいい精神状態でいることがとても大事だ。

私は新著の第一章の題名を『儚さ』とした。永遠のものなど何もない。すべては過ぎ去っていく。私がいつも心に留めているルールだよ」

セドラチェク
「確かにそういうものが経済で求められているのかもね。私たちが作り上げてきた世界では経済でも政治でも既存の理論や支配層が崩壊しつつある。私たちは待ち望んでいるのかもしれない。天動説から地動説へのパラダイムシフトのようなものをね。あるいは物理学を変えたアインシュタインみたいに…

禅的思想はもしかするとこの世界を統合できるかもしれない。資本主義が根ざしている他の宗教ほど攻撃的じゃないからね。そのような未来もありえるかもしれない」

最終章 未来へ

安永竜夫(三井物産代表取締役社長 2015年「32人抜きの社長就任」として話題に 発展途上国のインフラ開発への投資など新事業を開拓)
「資本主義を日本が受け止めてる過程というよりは僕は寧ろ欲望の資本主義の先を行ってる資本主義じゃないかと思うんですね。それは要するに持続性があり人に優しい資本主義って何かっていうことを我々は考えている」

原丈人(デフタパートナーズグループ会長 アライアンス・フォーラム財団代表/内閣府参与 ベンチャー企業育成のための政策提言や新技術をもちいた支援など国内外で活動)
「21世紀、2000年以降はあるべき資本主義、本当に人類社会がこれからも反映していくための資本主義は会社は株主の物だっていう考え方から会社っていうのは株主も重要な要素だけれども会社を成り立たせている社員、仕入れ先、地域社会、顧客、地球も含めた、こういうのを社中というのですね。

この社中全体のおかげで会社が反映しているわけだから、上げた利益は社中に対して還元していく。こういう資本主義の事を『公益資本主義』という風にいいます」

安永
「私は『お前らはジャングルガイドだ』って言ってますけども。新しいマーケットを切り開いてマーケットチャンネルをつくりあげてくってのいうのは商社ならではの仕事の醍醐味でありますし、これから経済成長に向かっていく国っていうところにどういう風に我々が貢献していくのか仕事をつくっていけるのか。これはもう、まだまだ世界中にそういう国はあります。

日本の中に閉じこもっていても日本的な資本主義は決して進化していかないと思うんですよ。」


「お金で何とかしようと、お金を回して経済を復活させようというのは雰囲気は変わることが出来てもこりゃ絶対無理なんですよ。だから日本の場合には科学技術を使ってイノベーションを起こして。人類社会に対して一番必要なものをつくりあげていくと。そしてこれは大変な富を生むと私は考えています。

全世界の人を幸せにしながら、尚且つ日本自身も社中への分配と中長期の投資で中産階級層が豊かになっていく国づくりが私の頭の中では出来るという風に考えています。」

安田洋祐(大阪大学准教授)
「それだけの底力があると」


「十分ありますね。もう日本のまだまだ個人金融資産も1700兆円以上あるんだし」

蓄えた富 使えば新たな富を生むことが出来る でも事はそう簡単ではない ケインズは人々の底に潜む欲望を見抜いていた

セドラチェク
「ケインズ以前はマネーは単に交換のための『道具』とみなされていた。だがケインズはマネーの交換以上の機能に気が付いた。つまりそれ自体が欲望の対象物なんだ。マネー自体が価値を持ち貯めること自体が価値を持つということだ。

人々はお金を貯めたがる。何かが起こった時のため、用心のためにね。そのうちに貯金することが目的かしていく。お金はあらゆるものと交換可能だからこそ人はお金を貯める。それゆえにお金が効率的に回らず経済に大問題が生じることがあるのだ。

アインシュタインはそれまでの物理学をひっくり返し世界の見え方を変えた。経済学ではまさにそのようなことが求められていると思う。新たなケインズがね。」

安田
「ケインズの話と後はケインズ以前の経済学者が言っていたことを非常に数学的に精緻な形でまとめた一般理論というか市場の理論ってのがあるんですよね。それの次のステップというのが来るかどうかも分からないですし、少なくとも今、見つかってはいないという状況だと思うんですよね。

色んな方と対談させていただいて、自分は経済学の専門家なわけですけれども、結構普段自分がやっている研究の話っていうのが実はそういった経済学の外にいる人も含めて新しく経済をある意味見通している人たちと、フィットするような部分があるなって感触がありましたね。

なんかまだ少し『グランドセオリー』じゃないですけれどもね。大きい理論をみつけることができるんじゃないかなって期待が若干芽生えたりもしましたね」

小林喜光(三菱ケミカルホールディングス取締役会長)
「かつてリーマンショックもあったようにまた同じようなことを繰り返す危険がある。長期的にサステナビリティ(持続性)が極めて危険な状況にある。やっぱり最後の頼りはイノベーションとか社会システム全体の変革するとか。今までの延長線上の人類の歴史と全く違う生き方、全く違うことを思い描く経済学がいるんじゃないか」

セドラチェク
「たしかに未来には労働や雇用において大きな問題が起こり多くの人が影響を受けるでしょう。懸念しているのは経済というものが非常に抽象化しつつあること。人間の欲望も物質世界から中小世界へ移っていく。インターネット時代、新しいフロンティアをどう考えるかというのは大きな課題だと思います」

小林
「2045年シンギュラリティ(AIが人の知能を超える時)が来るかもしれない。そうなればもうほとんどAIであり頭脳もロボットであり人間っていったい何なんだっていう、ほとんど人間以上の人間が出来ちゃうっていう。何をもって人間というのか何をもって幸せというのか?」

スコット・スタンフォード(シェルパ・キャピタルCEO 元ゴールドマン・サックス社員 2013年ベンチャー投資企業を設立)
「情熱の源はお金ではない。それはテクノロジーへの愛だ。」

ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授 2001年ノーベル経済学賞受賞 アメリカ大統領経済諮問委員会委員長 世界銀行チーフエコノミストなどの要職を歴任)
「究極の皮肉は資本主義はお金の追求によって支えられているのにそれだけでは前進しないということだ」

セドラチェク
「我々は『神』を生み出した。自己調節機能があり富を分配してくれ市場をコントロールしてくれる『神の見えざる手』。だが言いたい。『神は死んだ』。

私たちが生きているのは今まで信じていたものがもはや信じられなくなった世界だ。だが社会の『舵』は私たちの手の中にある」

神なき時代 ルールは変わり続ける これからも 欲望の資本主義

欲望は満たされることを望まない 欲望は無限だ



『欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき』をみて

cf,
アダム・スミス 著, 山岡 洋一 訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』 読書メモ

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読む
by wavesll | 2017-04-05 21:52 | 小ネタ | Comments(0)

欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第6章~第8章 書き起こし

第1章~第3章
第4章~第5章

後編「欲望の資本主義2017 ルールが変わる時」(Dailymotion)

NYウォールストリートの金の牛のオブジェの前で

トマス・セドラチェク(チェコ総合銀行チーフエコノミスト 経済学者 24歳のとき初代大統領の経済アドバイザーに抜擢 チェコでベストセラーとなった著書『善と悪の経済学』は世界15か国語に翻訳)
「これは有名な資本主義のシンボルだ。こんな街中に荒々しい牛なんて奇妙だろう。この牛が本物だとしたら危ないと思わないか?あばれ牛を『飼いならす』ことはとても難しい」

ヒト、情報、お金 あらゆるものが時空を超えて行き交うこの世界 いつか一つになる そんな気がしていた だが
“ケインズの原則を全く無視している” “反グローバル化は確かな流れだ” 逆流がはじまった? “インデペンデンスデイ “フランス共和国万歳” 引き裂かれる世界 深まる混沌 “今まで信じていたものが信じられない時代だ” 今、何が起きているのか

第6章 サイレントフォース

安永竜夫(三井物産代表取締役社長 2015年「32人抜きの社長就任」として話題に 発展途上国のインフラ開発への投資など新事業を開拓)
「まず我々が認識しておかなければいけないのはグローバル化の流れをつくり牽引しその恩恵を最大限受け取ってきたのは一番にアメリカだっていうことですよね。で、ヨーロッパも日本も同様にグローバル化の流れの中で我々は自由貿易を享受しその中で利益を上げ国の富を増してきた。アメリカにとってはそれは一部の富裕層に偏ったと。

グローバル化の流れの中で当然その製造拠点というものが自由に移動するようになり、そこでは産業構造・産業の成長過程の違うステージにあるアメリカの一般的な働き手とメキシコや或いはアジアの働き手がステージが違う地理的に離れているのに時空を超えて闘わなきゃいけなくなった訳ですね。

で結果的にどちらが得かっていうことだけで判断するとメキシコに工場を移転した方がいい、アジアに工場を移転した方がいい、っていうことがどんどん起こった結果として雇用の空洞化が先進国の中で起こってしまった。この空洞化の不平等を感じた人たちがまさにトランプさんに投票したということだという風に認識しています」

トランプ
「貿易協定を見直し雇用と産業をアメリカに取り戻す」

ニューヨーク モスガンスタンレーインベストマネジメントにて

セドラチェク
「ポストトランプの時代だね」

ルチル・シャルマ(モルガンスタンレーインベストメントマネジメント投資ストラテジスト 25年にわたり各国を調査 情報を分析『The Rise and Fall of Nations(国家の盛衰)』はアメリカでベストセラー)
「いま世界で『アンチ・エスタブリッシュメント(現代の支配層)』」の大波が起こっている。

興味深いデータがあるよ。10年前には現職議3人中2人が選挙で当選できていた。だがここ1年半ほどは現職の3人に1人しか当選できなくなった。ブレグジットにせよアメリカ大統領選にせよ『アンチ現職議員』『アンチ現在』の波が世界経済を襲っていると言える」

セドラチェク
「1年ほど前にある記事を書いたんだが…『スターウォーズ』は観たかな?『フォースの覚醒』だね。ある力(フォース)』が目覚めつつあると感じる。それはなにやら暗くて…閉塞感というか帝国主義的で尊大な『フォース』だ。ヨーロッパでもアメリカでも強烈にそれを感じる。

興味深いのはそのフォースは言葉や記事にもならず、主張すらしない。知性的な表現はまったくとらない。矛盾した言い方だがあたかも存在しないかのような…とても静かな力 サイレントフォースだ。

たとえばデモは知性に基づき声を上げ欲するものが明らかな表現だ。だがこのまだ名もなき新しい現象…『アンチエスタブリッシュメント』でもいいが…規制の権威の否定だけでなく『アンチ知性・学問』のようにも感じる」

シャルマ
「ロシアにこういうことわざがある。『歴史を無視すると片目を失う 歴史ばかり見ると両目を失う』とね。歴史に囚われたくはないが歴史における遠近法は大事だ。

二つのことを言いたい。世界経済においてはグローバル化と反グローバル化は繰り返す波のようだ。一度起きた変化は長く続くことに気が付いた。歴史を振り返るならば100年前にグローバル化の大波があってその後に反グローバル化の波が続いた。その反グローバル化はおよそ30年間も続いた。

つまり波はなかなか立ち去らないのだ。現在の反グローバル化がすぐ終わるとは考えにくい。いま起きている反グローバル化の波は強まる一方だと思う。反グローバル化の流れはトランプ現象やブレグジット以前から始まっていたからだ。

反グローバル化には3つの兆しがある。貿易・資本の移動・移民だ。すべてあの金融危機の直後から減少し始めた。以降逆流はずっと続いていて自然に変わるものではないはずだ」

ヨーロッパが一つになる それは儚い夢だったのか 押し寄せる市場の波に壁をつくる動きが広がっている

パリ政治学院にて

学生1
「イギリスのEU離脱、イタリアの動向、トランプ大統領誕生…いま僕らは『国民主権の回帰』を目の当たりにしている。フランスでも他の国でも国民は現状にうんざりしているのだろう。フランス、イギリス、イタリア、アメリカで今のままでは何も変えられないことに国民が気付いた。

失業者は大幅に増加し国によって違いはあるが移民問題が生じている。経済や政治の問題を変えるため国民は権力を取り戻そうとしている」

学生2
「今の経済システムのままでは資源が枯渇するだけではなく社会も枯れていくと思う。資本主義はプロテスタントの禁欲の精神が人々に富の蓄積を許したことで広まった。だが富の蓄積には際限がない。今や元の禁欲の精神は失われた。資本主義の欲望によって破壊されたんだ」

学生3
「富を蓄積するためたくさん働くか 慎ましい生活を送るか。それは人の自由だと思う。だが1億円ものボーナスを出している企業には規制が必要だと思う。それは社会の風潮がおかしくなっている原因のひとつに感じる。

『社会の信頼』を守るには人の欲望に限度をもうけるべきだ」

飽くなき欲望がお金を増殖させる それは大きなリスクを孕んでいた 潮目は既に2008年のリーマンショック・世界金融危機の時に変わっていたのか


第7章 危機後の世界

セドラチェク
「世界経済はどうなっていくのかな?あなたは世界に対してたしかな感覚を持っているよね。あなたの本などを読むとまるで各国に触れる『地球の指』を持っているかのようだ。」

シャルマ
「今起きていることで何より重要なのは成長できている地域は一つもないということだ。あの金融危機が起きる前のようなペースではね。

僕の本では世界を『BC』と『AC』で分けてるよね。危機以前(Before Crisis)と危機以後(After Crisis)だ。危機以前の時代より速いペースで成長できている国はまったくない。西欧だけじゃない。インド、中国、ナイジェリア、南アフリカ、ブラジル…どこでも。世界経済はスローダウンしている。

なぜなのか…理解は十分ではないが私はこれからかなり長い期間続くと見ている

ここで歴史を振り返ってみたい、現在だけを見るのではなくてね。いま人々が不安に思うのは2008年以前の時代とばかり比べるからだ。たしかに1950年~2008年は世界経済の成長率は毎年4%と高いものだった。重要なのは経済発展の全歴史を見渡した時こんなに急速に世界経済が成長した時代は他に例がないということだ」

世界の成長率 今だけを見るか 過去まで遡るか スケールの変化は景色を変える

シャルマ
「生産性が大きく上がった1870年~1914年のグローバル化時代さえ世界の成長率は2~2.5%に過ぎなかった。3%を超える成長をできたことなど過去に例がない。

2008年までと比べてなぜこんなに成長スピードが落ちたかもたしかに重要だ。だが歴史的に見れば世界は今でも急速な成長をしていると言える。1950年~2008年はさておきね」

原丈人(デフタパートナーズグループ会長 アライアンス・フォーラム財団代表/内閣府参与 ベンチャー企業育成のための政策提言や新技術をもちいた支援など国内外で活動)
「私は日本の事はそんなには知らない。っていうかまぁ日本の大学を出てからはアメリカ・イギリス・イスラエルを拠点に動いていますんで。外国にいる日本人という立場で日本を客観的に見て言いますね

70年代、80年代ぐらいまでは日本ってのはですね。米国とかヨーロッパでつくられるサイエンスやテクノロジーを小さく軽く安く薄くという方向が決まっていたんですよ。だからトップはそんなに判断しなくてもミドルだとか下の人たちがボトムアップでしっかりやっていけば会社ってのは発展したんですね」

安田洋祐(大阪大学准教授)
「じゃあマネジメントがある意味いい加減でも企業として発展することが出来た」


「私も79年からスタンフォードにいましたけど『The Art of the Japanese Management』というリチャード・パスカルとかね。日本的経営を非常に称える、アメリカもそうなるべきだって本をビジネスクラブで教えてましたよね。

でもそのお手本の日本も90年代になってきてそして2000年になっていくと、先端を走ると。こうなると方向性を決める役が必要となるじゃない。ここの訓練が十分にできていたのかというとこれはちょっと疑問があります。」

シャルマ
「いくつかの要因が1950年~2008年の世界経済の急激な成長を後押ししたと考えている。それらのファクターは危機後の世界には二度と戻ってこない。もっとも重要なのは人口統計データだ。1950年~2008年 世界人口の急増によって空前の労働力の増大が起こった。

だがいま世界人口の増加率には急ブレーキがかかり労働人口つまり労働力も同様だ。いわば『人口減少の爆弾』だ。以前は急速に人口増加していた国もそのペースは急激に落ちている。インド、中国など多くの国でね。

もう一つ重要なのが負債がピークに達したことだ。経済成長の原動力の一つは実際は国の借金だったわけで…」

セドラチェク
「GDPをGross”Debt(負債)”Productだね」

シャルマ
「世界の負債は1980年~2008年に増大した。それ以前はそんなことなかったが金融機関の規制緩和 低金利 低インフレ…1980年~2008年 それらが原因で負債は急増していきいよいよ巨大な負債のサイクルがピークを迎えたようだ」

セドラチェク
「直面する問題をあつかうための新たな経済モデルが必要だとは思わないか?従来の伝統的なモデルでは現在のデフレーション一つとってもほとんど触れられていない。理論的可能性としてあっただけでね。だから途方に暮れてしまう。教科書で学んだことが通用しないまったく倒錯した世界になってしまった。マイナス金利 巨額の負債…」

理論が追い付かない 現実の混沌

第8章 グローバルか ナショナルか

資本主義の世界を独自のアングルで捉える男の目には 何が映っているのか

安田
「あなたは経済にとどまらず幅広い見識から世界を分析していますね。どうやら経済学はお嫌いのようですが…」

エマニュエル・トッド(歴史人口学者 フランス国立人口統計学研究所 所属 旧ソ連崩壊 金融危機 イギリスEU離脱などの予言を的中)
「いや まあ そうだね。基本的には経済学は嫌いだ。支配的な学問としてふるまう限りはね。経済学のシンプルな原理ですべてを説明できるという考えには大反対だ。人の歴史はもっと複雑だ。家族制度 世界史 教育 宗教 集合心理…だが経済学はごく限られた範囲しか見ていないようだ」

安田
「経済学をお嫌いな理由のもう一つは多くの経済学者がグローバル化や自由貿易を推進する考えだからですか?あなたの本を読むとグローバル化に疑念を持っているように感じます。最近では『グローバルファティーグ(疲労)』という言葉を使っていますね」

トッド
「フランス語を英語に直訳しても意味が通っているでしょう。いま世界が需要不足に陥っているのは自由貿易が各国の経済を押しつぶし人々の収入の低下をもたらしたからだ。需要の不足 成長の低下は繰り返し経済危機を招くだろう。

私は保護主義の再来には問題を感じない。保護主義は各国の人々の給与を上げ経済成長を促すだろう。そうなればいずれ貿易が再び活発になるはずだ。今は貿易は停滞し成長は鈍っているが私には未来はポジティブに思える。

経済学者たちは世界をありのままに見ていないのではないか。世界は国家の集まりだ。安定や変化を導けるのはあくまで国という単位だけだ…」

安田
「しかしもしすべての国が自国の利益を追求したら、つまり各国が関税を上げて自国経済を保護したら世界経済に悪影響が起こりえますよね…」

トッド
「分からないじゃないか。経済学者たちは歴史をあまり知らないだろうが19世紀末のヨーロッパでは保護主義の時代があった。ドイツが始めて他国が追いかけたがその時は悲劇的なことは何も起こらなかった。各国の国内需要は増加し貿易は止まったりはしなかった。それどころか国々は豊かになり貿易は加速していったんだよ。

アメリカのエコノミストの頭の中は『世界の』需要のことばかりだ。自由貿易が需要を押しつぶしているという事を彼らは認めようとしない。それはケインズの原則を全く無視していることになる。

今朝買った『エコノミスト』を読むと世界の貿易収支を見てみると実に多くの国が貿易黒字を求めているのが分かる。例えば中国は黒字。日本も黒字に転じた。ヨーロッパは世界で元も貿易黒字額が高い。韓国も黒字 タイも黒字だ。

各国が貿易黒字ばかりを求めれば世界の需要の取り合いになり需要不足になって当然だ。今ケインズが生きていてこの『エコノミスト』を読んだら”世界はクレイジーになってしまった”と言うだろう」

やはりあの名前が 20世紀の巨人 ケインズ

ジョン・メイナード・ケインズ
「素晴らしいことにイギリスのビジネスマン 製造業者 失業者にとって明るい時代がやってくる。」

彼は考えた 社会の安定のため最も恐れるべきは失業者の増大 危機を回避するには国は借金をしてでも仕事をつくる そしてお金という血液を市場にめぐらせる 成長が止まったと嘆かれる今 彼の思想が再びもてはやされている だが

第9章~最終章
『欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき』をみて


cf,
アダム・スミス 著, 山岡 洋一 訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』 読書メモ

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読む
by wavesll | 2017-04-05 21:27 | 小ネタ | Comments(0)

欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第4章~第5章 書き起こし

第1章~第3章

前編「欲望の資本主義2017 ルールが変わる時」20160103(Dailymotion)

第4章 幻想が、幻想を生む

東京証券取引所にて
トマス・セドラチェク(チェコ総合銀行チーフエコノミスト 経済学者 24歳のとき初代大統領の経済アドバイザーに抜擢 チェコでベストセラーとなった著書『善と悪の経済学』は世界15か国語に翻訳)
「ここは"何処でもない国"のようだ。ある意味ここで日本経済の価値が決まっている。市場関係者の"アゴラ(広場)"はもう移動したんだ。"見えざる"デジタル空間にね。ここには何もないが全てが"ある"。お金はもはや物質ではなくこの市場の"役者"たちによる精神的同意事項にすぎない。そもそも僕らの欲望はバーチャルなものなのだ。

ピカソの絵が欲しいって?高額な理由はピカソの絵そのものにはない。信頼できる専門家がそれがピカソの絵だと認証するから高額なんだ。つまり人々の同意の問題なんだ。ある物の価値が宿るところは投じられた労働や物質ではない。価値は"欲望"と"満足感"が交わるところに宿る」

需要と供給の交わりで市場は動く そんな世界は幻想だったのか 人々の欲望が渦巻く中 増幅される 社会の捻じれ 20世紀 大衆の時代 大胆な経済理論を打ち出した男がいた 稀代の経済学者 ジョン・メイナード・ケインズ(1883~1946)

彼は一風変わった美人コンテストを例に引き大衆心理の本質を言い当てた "最も美人だと思う人に投票してください。ただし賞金は最も票を集めた女性に投票した方々に差し上げます" この時何が起きるのだろう


セドラチェク
「自分は他の人の投票先を予想しているんだが他の誰かが予想していてまだ別の誰かが…これは一種の"無限ゲーム"で自分の好みを選んではいない。僕は他人の好みを予想しているのだ。

ここには多くの…本当に多くの意味が含まれている。一つ目はズバリ"株式市場"の本質を言い当てていること。私が"投票"する会社は自分が好きな会社ではなくたくさんの人が"好きであろう"会社だ

次はよくあることだね。"誰の好みでもない女の子が優勝する"。そして投票する人は"固定観念"を用いる。最も有利な戦略は女性ではなく審判たちを見ることだからね。固定観念は未来にわたってずっとこだましていく。誰の好みでもない女性が選ばれてももう誰にも止められない」

安田洋祐(大阪大学准教授)
「これはサブプライムローンのことも言い当てているかもしれませんね」

セドラチェク
「そうだね。悪質なローンを組み合わせて作った乗り物だったね。みんながシステムを信頼していたけど機能しなかった。ある意味どんなに神話的で観念的かが分かるだろう。一見数学的で分析的だと見える経済の分野がね。ナンセンスで無根拠な虚空のようだね」

自分の欲しいものではなく他人が欲しいものを予想し模倣しあう 欲望が行きついた錯綜する世界

安田
「経済学者はバブルなど市場危機を避けることに貢献できると思いますか?」

ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授 2001年ノーベル経済学賞受賞 アメリカ大統領経済諮問委員会委員長 世界銀行チーフエコノミストなどの要職を歴任)
「まず言いたいのは"悪事は働くな"、"害をばらまくな"ということだ。2008年リーマンショック以前 経済学者たちは莫大な損害をもたらした。多くの経済学者が…"他の"多くの経済学者がと言っておこうか。自由放任市場が万能だと売りまくっていた。"市場には自己調節機能があるからバブルなんて心配するな 市場を信じよ"ってね

"自己利益の追求"…経済学者が"インセンティブ"と呼ぶものは現代の市場経済では確かに中心にある考え方かもしれない。しかしアダム・スミスは間違っていたことがわかった。"自己利益の追求"…時に"強欲"が"見えざる手"によって社会全体の幸福を導くと言うが…"見えざる手"はいつも見えない。そんなものは存在しないからだ」

アルヴィン・ロス(スタンフォード大学教授 2012年ノーベル経済学賞受賞 市場の制度を設計する「マーケットデザイン」研究の先駆者)
「"見えざる手"は単なる概念だ。"市場の魔法"は魔法では起こらない。市場には必ずルールがある。そのルールは誰かが一人で決めたものではなく歴史の中で磨かれてきたものだ。"自由"市場はルールからの"自由"を意味しない。競争 協力 取引…"自由"に市場を使いたいならルールがそこにはあるはずだ。

経済学者たちもいかに市場を有効に使うかわかり始めたばかりなんだ。時に誤りを正しながらさらに良きルールを見つける手助けもできるだろう」

スティグリッツ
「21世紀の現在と18世紀では経済の様子は全く違う。あまりにも多くの経済学者が"経済学の父"アダム・スミスに頼りすぎている。自己利益の追求が"見えざる手"に導かれ社会全体の幸福をもたらすという理論…彼がそのことを書いていたのは資本主義が本格的に走り出す前の話だ。

確かに彼は素晴らしいアイデアをくれたが巨大企業などが生まれる以前の話だ。東インド会社などいくつかの大企業はあったがそれは貿易企業であって今あるような製造業は一つもなかった。

アダム・スミスが経済の行く末まで理解していたと思ってはいけない。彼に現代の資本主義の姿などわかったはずもないのだから。スミスが利益の追求という人間の欲望を見抜いた洞察はすごいが私たちが現代の資本主義を理解しようとするならば、たとえば研究開発やイノベーションが社会に果たす役割を考えないといけない」

アダム・スミスが知る由もなかった現代 技術がさらなる欲望を駆り立てる

第5章 欲望の果てに

安田
「今 技術のイノベーションがシェアエコノミーの基盤を変えようとしています。テクノロジーがなければUberなど新しい市場は生まれなかったはずですが…」

スティグリッツ
「新しい技術が多くの分野で社会に影響を与えてきたのは明らかだ。実際とても大きな利益も生まれているだろう。しかしそこで気を付けねばならないのは利益が大きく取引が拡大したからと言って社会にも価値があると考えるのは危険だ。

心配なのは働く人の扱いだ。そうした新しいプラットフォームが労働者の組織力を害してしまうこともある。仕事が減るだけでなく長い目で見ると賃金も下がり続けていくだろう。まさに市場を独占するからだ。今はそれほどでもないが労働市場にそのルールを適用しようという欲望は強大だ。」

スコット・スタンフォード(シェルパ・キャピタルCEO 元ゴールドマン・サックス社員 2013年ベンチャー投資企業を設立)
「型通りな言い方だが…今回は今までと違う。単に経済に衝撃を与えるにとどまらない。僕らクレイジーな奴らは本当に思っているよ。今僕らが目にしている変化は人類という種の進化の瞬間だと。

自動運転技術はここでもすごく話題だ。イーロン・マスク(シリコンバレーの起業家)が言ったこんなことも想像できるんじゃないかな。"自分で運転することが違法になる日が生きている間にやって来るだろう"って。」

安田
「運転することが違法?」

スタンフォード
「そうだ違法だ。安全じゃないから。人の脳は多くのことを考えすぎるからエラーが起きちゃうよね。イーロンが正しかったと仮定して話を進めていいかな。そんな未来の高速道路では"おい、人間が運転するならこの車線には入るな!"なんてね。路上駐車なんかなくなるよ。自動で走り回るからね。

Uber的な効率化よりもさらに進んだ自動化が導入されたら労働コストがなくなってサービスは正当な価格になるだろうね。」

スティグリッツ
「シリコンバレーでのイノベーションの価値を測るのは本当に難しい。彼らは社会の転換を促すものだと言うがマクロ経済学の統計を見ても生産性の上昇は認められないんだ。つまり…"我々の測定法が間違っている"か"誇大広告"かどちらかだろう」

安田
「資本主義の未来をどんな風に見てますか?新たなテクノロジーによって資本主義は変わっていくのでしょうか?」

スタンフォード
「面白い質問だね。今資本主義経済が大変化に直面しているのは疑いようがない。労働を基本としたシステムから高度に自動化されたシステムへの移行だ。

僕らは昔ながらの経済指標に足止めされるわけにはいかない。雇用率や生産性など成功の証しとされているものだ。いつの日か失業率は30~40%にもなるだろうがそんなに悲観することでもないかもいしれない。

もし人口の半分が働かなくてよくなったら今とは別の社会システムが必要だ。なぜなら資本主義は学生と退職者以外は人の労働に基づくシステムだからね。でも二人に一人が働かなくなったら…?答えは分からない。社会主義ではないだろうけどね。

過去に様々な社会システムの実験があったけどそれらがハイブリッドされた新しいシステムが誕生するかもしれない」

安田
「資本主義が自動化された新しいシステムに変わっていく…」

スタンフォード
「歴史を振り返ってモデルAとモデルBどちらがいいか?なんていう議論はやめにしたい。モデルCだ。ものの見方を変えたら新しい景色が見えるんじゃないかな。

何に満足を感じるかは人それぞれだよね。お金はその一つだろうけど名声を得ることが生き甲斐の人も多い。人からの"いいね!"をたくさん欲しがるのは自然なこと。だからFacebookやInstagramが"好かれたい"欲望をお金に換え大成功している。社会へのインパクトを測るような新しい"通貨"が生まれたら面白いだろうね。

夢見がちでクレイジーに聞こえるかもしれないけどそんな風に人々の"声援"を集めた人が報われるような社会に…自己満足に終わるだけではなくね。人間ってそういうものなんじゃないかな。人々を動機づけるクリエイティブな方法が生まれればいいと思うよ」

人間がそんなに利己的だとしてもその本性の中には何か別の原理があるー『道徳感情論』1759年 アダム・スミス

経済学の父アダム・スミスは『国富論』の前にもう一冊重要な書を著わしている 彼は気付いていたのだ 利己的な競争の他に社会にはもう一つのルールがあることを


セドラチェク
「アダム・スミスの書には困惑させられる。『国富論』では"社会を接着するのに必要な『糊(のり)』は自己利益。それだけで十分だ"と言っている。しかし もう一冊では全く反対の事を言っている。『道徳感情論』の一行目でこう言う。"人は何も得なくても他人に対して善行を施す性質を持っている"。完全に分裂している。社会の『糊』は『共感』というわけだ。

確かに私たちは赤の他人に対しても苦しんで欲しいとは思わない。挨拶は"どうぞ良い1日を"だよね。人はお互いの幸せを望み合うっていうことの証だ。まさか"どうぞ悪い日を"とは言わないよね。

ここにこそアダム・スミスに対する誤解がある。アダム・スミスは『社会には2本の足がある』と言ってるんだ。一つは『利己主義』もう一つは『共感』だ。もしも片足だけで立とうとすれば何か大事なものを失うことになるだろう。

アダムとイブが禁断の果実を口にした後彼らは葉っぱで体を覆ったという。それは人類の最初の所有だった。それがなぜ必要だったか?寒かったからか?そうじゃない『恥ずかしかったから』だ。

消費・所有は心理学とつながっている。アダム・スミスは経済学は数学を用いる『物語』だと気づいていた。数字によって説得力は増すがあくまで『物語』なのだ」

トランプ旋風 世界が逆流を始めたのか 欲望をめぐる物語は次のステージへ

第6章~第8章
第9章~最終章
『欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき』をみて

cf,
アダム・スミス 著, 山岡 洋一 訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』 読書メモ

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読む
by wavesll | 2017-04-03 22:50 | 小ネタ | Comments(0)

欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき 第1章~第3章 書き起こし

前編「欲望の資本主義2017 ルールが変わる時」20160103(Dailymotion)

"富や成功"への欲望 "資本"は自由自在に移動する "消費"が資本主義のエンジンだ わたしたちはいつからこんな世界を生きているのだろう?ヒトとモノの間をお金が行きかう、際限なく膨張してきた資本主義。

"経済的豊かさ それを求めるのは人の本能だ" "イブは『欲望』に呪われた"

より早くより遠くへより良いものを 飽くなき欲望が加速する世界 市場の論理にすべてが覆われ一瞬先も予測不能なこの世界 そして今

トランプ「メキシコとの間に壁をつくる!」

流れが変わったのか。"「闇の力」が目覚めたようだ" 消費・成長・富への欲望 私たちは何処へ向かうのか "アダム・スミスは間違っていた" 経済学の父はあやまちを犯したのか "もう一度ルールを書き換えろ" ルールを書き換えよ "ケインズは「悪用」されている" "ケインズだったら「クレイジーだ」と言うね" あの男を呼び覚ませ "日本が成長を追い求め過ぎれば資本主義の「死」を迎えるだろう 『KAROUSHI』という名のね" "資本主義の「死」を宣言するのはまだ早い"

資本主義は何処へ向かうのか 世界の経済のフロントランナー達が紡ぐ欲望と言う名の物語

「欲望」は満たされることを望まない 「欲望」は増殖することを望む

太古からヒトは所有と交換を繰り返してきた ある時お金が生まれ市場が生まれ欲望の交換はこの貨幣なるものに託された やめられない、止められない


第一章 資本主義の、現在

資本主義 それはお金、資本を際限なく投じ増殖を求めるシステム

安田洋祐(大阪大学准教授)
「今 多くの国が低成長に苦しんでいます。それでも世界経済は成長し続けられるのでしょうか?成長し続けていくべきなのでしょうか?」

ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授 2001年ノーベル経済学賞受賞 アメリカ大統領経済諮問委員会委員長 世界銀行チーフエコノミストなどの要職を歴任)
「いま問題なのは世界の総需要が不足していることだ。そのせいで世界経済が減速している。それにはいくつかの原因がある。
まず中国の減速。"量の成長"から"質の成長"へ変化し世界に大きな影響を与えている。もうひとつはユーロ圏だ。数々の問題を抱えている。ユーロでは通貨の統合が成長を妨げてきた。

ただ全体としては別の要因が潜んでいる。不平等の増大だ。貧困層から富裕層へと富は吸い上げられ富裕層は貧困層に比べお金を使わない。これが全体の需要を押し下げ成長にブレーキをかけているのだ」

トマス・セドラチェク(チェコ総合銀行チーフエコノミスト 経済学者 24歳のとき初代大統領の経済アドバイザーに抜擢 チェコでベストセラーとなった著書『善と悪の経済学』は世界15か国語に翻訳)
「今の世界は資本主義かそれとも"成長"資本主義か。僕は"成長"資本主義だと思っている。みんな成長のことばかり気にしている。成長できなかったら「もう終わりだ」ってね。おかしいだろう、どこに書いてある?聖書に?空に?数学モデルに?過去に証明されたのか?ノーだ。資本主義が必ず成長するというのはナイーブな思い込みだ。

成長に反対なわけじゃない。いい天気が嫌なはずがないだろ。問題は社会 年金 銀行…すべて成長が前提となっていることだ。まるで毎日快晴だと決めつけて船を造るようなものだね。そんな船はダメだ。凪でも嵐でも航海できるのがいい船だろう。そりゃ天気がいいに越したことはない。でもそれを前提にして船を造ってはいけない」

スティグリッツ
「低成長は避けられる。もしもアメリカ ヨーロッパ 各国で考え方を変えることができれば成長は可能だ」

安田
「資本主義はこれからも持続可能だと考えますか?」

スティグリッツ
「市場経済はずっと続いていくだろう。市場経済のあり方には政治が大きく影響する。30年ほど前にアメリカをはじめ各国で市場経済のルールの書き換えが始まった。ますます不平等を生むようなルールに書き換えられたのだ。それだけでなく市場経済の効率性が下がり生産性の下落を招いたのだ。目先のことだけに人々が夢中になってしまうようなルールの変更だ。

長期の投資ニーズがあり長期の貯金をしている人々がいる。だが金融市場は目先のことだけで機能不全に陥っている。私たちの市場経済が招いた決定的な変化の一つだ。だから今再びルールを書き換えないといけない。これからのルールは繁栄を分かち合い、より成長しより公平な分配をうながすものでないといけない。実現できると思うし実行可能な目標だと思う」

セドラチェク
「共産主義だった国から来た身としては共産主義を捨てて資本主義をインストールしていたころ民主主義国家での資本主義は何よりも自由のためのものと信じていた。成長は良いものかもしれないけれどたとえるなら車の"最高速度"だ。それは大事なことか?そうだ。一番大事なものか?いいえだ。

確かに資本主義は"成長"のための豊かな土壌だ。しかしこの20年間で二つの関係がひっくり返って私たちは成長を資本主義の"絶対必要条件"だと信じ込んでいる」

東京の百貨店で
セドラチェク
「消費の大聖堂だね。いつもリュックひとつで旅をするんだ 僧侶みたいだろ。手でもてる以上の物は僕はいらない。自由はかつて"物からの自由"を意味していた。今や自由といえば"消費する自由"だ。消費できるほど自由を感じる。消費できないと自由じゃないと思ってしまう。だから毎日働かないといけない…。映画『マトリックス』でもあっただろ。いらないものを買うためにしたくもない仕事をする。エデンの園の呪いだね」

禁じられた果実 もうヒトは後戻りできない 消費への欲望 それを満たすための労働 果てしない欲望の無限回路がはじまる

セドラチェク
「『CUBE』っていう映画を知ってるかい?『CUBE』はカフカの不条理劇にも通じるんだが気がつくと四角い空間に閉じ込められていて…物語の終盤、実は自分たちが『CUBE』を造っていたことに気がつくことになる。

専門化した社会では自分のしていることが分からなくなる。フランスの哲学者ラカンはこう言った"分かっているけど止められない"。私たちの問題は分かってさえもいないことだ。どんなに働いても欲望を満たすだけのものは作れない」

第2章 成長は、至上命題?

スティグリッツ
「経済成長について話すときは"成長"の意味をはっきりさせないといけない。GDPは経済力を測るにはいい指標とは言えない。環境汚染、資源乱用を考慮にいれてないし、富の分配も社会の持続性も考慮されていない。問題だらけだ。経済における成長の本質をこの先変えていくべきだと強く思っている。

すでに明らかなのは物質主義的経済ー天然資源をじゃぶじゃぶ使って二酸化炭素を大量に排出するようなことは持続不可能だという事だ。もうそのような成長はなしえない。だが他のかたちの成長がある。まだまだ反映できるし新たなイノベーションを生み出せるはずだ」

安田
「その変化を起こすには何が重要ですか?」

スティグリッツ
「政府の政策が必要だ。テクノロジーやインフラや教育にもっと投資をしないといけない。地球の気温を2度も上昇させてしまったことで多くの投資が必要になっている。経済を整え新エネルギーに移行し都市構造を変える。私たちには巨大なニーズがあるはずだ」

新たな需要を生む変化 その予兆はやはりこの地(サンフランシスコ)から生まれるのか

スコット・スタンフォード(シェルパ・キャピタルCEO 元ゴールドマン・サックス社員 2013年ベンチャー投資企業を設立)
「Uberへの投資がきっかけで今の会社の共同設立者と出会った。立ち上げのかなり早い段階で投資をした。ごく小さい会社だったがアイデアに魅力を感じた」

彼はアプリでクルマを呼べる新しいビジネスモデルに投資した それは従来のタクシードライバーの雇用を奪う事にもなる 創造と破壊は裏表

スタンフォード
「テクノロジーは経済を活性化するか雇用を奪うだけか。そういうことは考えてない。そういう心配をするのは僕たちの仕事じゃない。僕たちは5億ドルを運用している。そのお金は僕たちのお金ではなくて出資するパートナーたちのものだ。彼らは自らの資本を僕らの投資に委ねてくれている。僕らに収入があるのは投資がリターンを生んだ時だけだ。資本金をコントロールするボスがいるのさ」

安田
「以前はゴールドマン・サックス(投資銀行)に所属していたんですね。投資の戦略や考え方で何か違いがありますか?」

スタンフォード
「面白い質問だね。考えたこともなかったな。はっきり言えることはすべての仕事は資本主義システムの中にあるんだよ。そもそもゴールドマン・サックスでも今の会社シェルパ・キャピタルでも目的は同じだ。短期間でお金を稼ぐこと。ただ今は常に新たなビジネスのアイデアを考えている。誰かの起業を手助けするだけでなく時には自分たちで新しい会社を立ち上げる」

お金、投じれば増えて返ってくる そんな資本主義のセオリー だがいつでも通用するわけではない

安田
「利子率はますます低くなっています。もう投資も成長も見込めないと言う人たちもいますが…」

スティグリッツ
「ケインズを始め 多くの近代経済学者たちは利子率の役割 調整機能を強調しすぎた。利子率より重要なのは借り入れのための"信用"だ。低い利子率は不況を招いている政策の結果に過ぎない」

セドラチェク
「クルーグマン(経済学者)の主張で同意できないことがあるんだが、彼の主張は"低い利子率で借金すれば"、"経済が好転して"、”借金を返せるようになる”。真ん中の文を抜いたらどうなると思う?違う意味が見えてくるよ?"低い利子率で借金すれば"、"借金を返せるようになる"。これは銀行員だったら警報ものだよね。危険すぎる。火で火を消そうとするようなものだよ」

スティグリッツ
「テクノロジー、インフラ、温暖化対策に投資すれば利子率なんてすぐに上がるさ!」

セドラチェク
「ナイフや火のようなものだ。コントロールできる代物じゃないんだ。利子率っていうのはどう扱っていいものか本当にわからないものだ。どんなにいい投資でも、高速道路・大学・研究機関とかを作ったとしてもお金は必ず返さないといけない。教育レベルが高くて優秀な経済学者がたくさんいて大きな潜在力を持っている日本のような国でも借金を返せずに苦労している

文明社会は"安定"を売り払ってしまった。そして無限に"成長"を買っている。僕らはいつもではなくとも時々成長をもたらす経済を作り出したが今は崩れかかっている」

安田
「人々の成長への期待が膨らみ利子という概念が広まったことは成長資本主義のそもそもの起源なのかもしれないですね。人々の考えを変えたのかもしれません」

セドラチェク
「その通りだと思う。利子はアルコールのようなものだ。どちらもエネルギーをタイムトラベルさせることができるから。

金曜日の夜にお酒を飲んでいると突然歌いだしたり…ほら、この国は"カラオケ"好きの国だろう?お酒が入っていると歌いやすいよね。"このあふれるほどのエネルギーはお酒が与えてくれたものだ"って思うかもしれないが、ノーだ。それは間違いだ。お酒がエネルギーをくれるわけじゃない。お酒がしたのは土曜の朝のエネルギーを金曜日の夜に移動させただけだ。

二日酔いは間違いなく翌日に来るがお金は40年も50年も時を超えることができる。こんな風に危機につながったりするんだ。エネルギーが消えてしまうのだ本当に必要な時に…」

カネは時を越え時がカネを生む この錬金術を何故ヒトは欲望したのか

第3章 魔術の誕生

セドラチェク
「西洋の古い書物を読んでみると実に皮肉で興味深いんだが必ず利子について論じられている。聖書・ヴェーダ(ヒンドゥー教の経典)・コーラン・アリストテレス。否定的な感情とともにね。なぜかわからないが利子は禁じられていた。歴史を振り返ると利子は"禁断の果実"だったんだ。富をもたらす一方で問題を引き起こしてきた」

利子、それは未来の利潤のため休むことなくヒトを働かせる これも、禁断の果実

そこにはある男の欲望があった 14世紀イタリア メディチ家の始祖ジョバンニ・メディチは利子を禁ずる教会の目を避け、フィレンツェとロンドンの為替レートの違いを利用し莫大な利益を得た 

カネは時だけでなく空間の差を利用して無限に増殖していくことに


"貨幣は元々交換のための手段 しかし次第にそれをためること自体が目的化した" アリストテレス

昨日より今日、今日より明日 増え続ける 欲望 その欲望を正当化し免罪符を与えた男がいる 経済学の父 アダム・スミス(1723~1790) 『国富論』(1776年) "それぞれが自らの利益を求めれば見えざる手によって社会全体も富み栄える" その理論は人々に欲望を肯定したのだ

安田
「そもそも資本主義の推進力は何なのでしょうか?」

アルヴィン・ロス(スタンフォード大学教授 2012年ノーベル経済学賞受賞 市場の制度を設計する「マーケットデザイン」研究の先駆者)
「市場の最大の機能は誰が何を欲しがっていて誰が何を持っているかすべての情報を集めることだ。供給と需要が一致することで魔法のように価格が決まる。その難しさは 情報を得て計画することなど誰にもできないことにある。なぜなら情報は多くの人々に拡散するものだからだ。そしてまた情報が市場に集まることで最適な結果が生まれる」

安田
「世界の利子率は下がり続けてマイナス金利の国もあります。資本主義の終わりの兆しを語る人々もいますが?」

ロス
「資本主義の死を宣言するのは早計だ。資本はリターンを得続けているよ。シリコンバレーに住んでいるんだが多くのビジネスが集まっているのは今も新しい会社が利益を上げているからだ。もしもマイナス金利が続いたとしても新しい形の金融取引が発展し金融機関の資本はリターンを得られ続けるだろう」

スティグリッツ
「市場とはある日誕生したのではなく進化しつづけてきたものだ。何千年も前の市場経済はとてもシンプルなものだっただろう。私が思う大変化は産業革命だった。資本主義は科学と技術を両輪としている」

発明 イノベーション 大規模化 成功すれば競争相手に一歩先んじ生産効率を上げられる その加速は止まらない

スティグリッツ
「このダイナミズムによって人々が農作物を市場で買ったり女性が家で編み物をしていたような原始的な市場経済からより大規模な会社ほど有利で経済規模を拡大できることになった。そしてイノベーションが駆動する経済だ」

スタンフォード
「私たちはより効率化する方法を常に探しているんだ。経済学でいうところの生産性だね。労働力が変わらないのに成果物は増える。そして利潤 成長 波及 創造的破壊を追究する。いかにして効率的な進化がなされない古い産業を駆逐するか。市場をとれ。需要と供給が働きあって加速して規模の効果が働いて新旧交代が起こる。それがイノベーションだ。そして消費者をハッピーにするんだ」

思想 そして技術が 欲望を開放し 資本主義は成長がかかせないシステムへと変貌した

第4章~第5章
第6章~第8章
第9章~最終章
『欲望の資本主義2017 ルールが変わるとき』をみて

cf,
アダム・スミス 著, 山岡 洋一 訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』 読書メモ

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読む
by wavesll | 2017-04-03 22:15 | 小ネタ | Comments(0)

ラルンガル・ゴンパ 天空の“宗教都市”~チベット仏教・紅の信仰の世界~をみて

NHKBSプレミアムでセルタン・ラルン五明仏学院(ラルンガル・ゴンパ)への取材がされていました。
c0002171_18345731.jpg

世界最大の仏教僧院。斜面にひしめいているのは1万を超える修行僧の小屋。
仏の教えに生涯をささげる修業が行われているチベット仏教都市。

中心にある大経堂で僧に話を聴くと"チベット仏教の話はしたい、しかしそれ以外の話は何もしたくない"、と。
c0002171_1836498.jpg

止語(私語禁止)の、お堂の中で唱えられるお経は、JVCのワールドミュージックシリーズとは異なり、寧ろ南太平洋の島国の歌のような柔らかなハーモニーがありました。
c0002171_18384816.jpg
c0002171_18401750.jpg

ケンポ・ジグメ・プンツォ師が何もなかった土地に粗末な小屋を建てて修業をはじめたラルンガル・ゴンパ。"他者を害することなく自己を律しろ"という遺言は固く守られているそう。
c0002171_18411735.jpg

お堂の前では"問答"の修業が行われていました。
c0002171_18433996.jpg
c0002171_18435367.jpg
c0002171_1844469.jpg
c0002171_18441335.jpg
『例えば花瓶の存在を考える 花瓶が"生滅変化する形成物"でない「苦」であるならそれは"生滅変化する形成仏"ではないのか?』
『同意する』
『ではその同意の意味は何ぞや?』
『同意したでしょう』

チベット仏教ではあらゆるものが如何に存在するか厳密な論理があり、それを理解するために問答の修業が重視されているそうです。
c0002171_1846228.jpg
c0002171_18461383.jpg
女性もジョモ(尼僧)という修行者がいて、結婚することなく仏の教えに生涯をささげています。

修行者も建物も統一されている紅の赤は、世俗を離れ仏門の世界に入った神聖な色。
c0002171_18473567.jpg

山の上のギトゥル・ラカン(幻化堂)にはチベット人だけでなく漢族も各地からやってきてマニ車を回していました。
c0002171_1850224.jpg
c0002171_1850321.jpg
c0002171_18504348.jpg

手足を投げ出し仏に祈る"五体投地"という礼拝もされていました。
c0002171_1852725.jpg

"善い来世のため"に北京から祈りに来る女性もいました。
"輪廻転生"から解脱し極楽浄土の世界へ行くための地。

番組ではツェテン・トゥンドゥプさんという31歳の僧侶に取材します。
c0002171_18535269.jpg
肉は一切食べず、毎朝真言を7000回唱える。

もう17年も世俗の社会から離れ、悟りの境地、解脱に達して将来この世のすべての命、衆生を救うために修業を重ねています。
c0002171_1856899.jpg
c0002171_18561824.jpg
「世俗の行いに時間を費やすべきではありません」と語るツェテンさん。31才、私と同世代の彼の言葉に衝撃が沁みてきました。

彼らの生活は家族からの送金や一般信者からのお布施で賄われています。
c0002171_19211058.jpg

この地では宗教で悟りを目指すことが価値ある姿だと認められ、社会の中で尊ばれている。

先ほどの問答もそうですが、世俗にいる私の眼から見ると、言葉は言葉であり、身体的な行為の実装を伴わなければ実行力がないと。

アダム・スミスが『国富論』で語ったように、宗教の社会的な価値は余った財で貧困な人々を食わせる事だと考えていたのでした。

そこに『人生は幻』、命は今のこの世だけでなく輪廻転生する、この世で功徳を積み、来世へ繋ぐことを信じる彼らの人生観は、"人はパンのみにして生きるにあらず"を超えて、世俗的価値観、より富を高めていくこととは違う精神世界がこの星で成り立っているのだと。

先ほどの問答もそうですが、仏教を一つの学問を究める道だとすれば、"チベット仏教の話はしたい、しかしそれ以外の話は何もしたくない"、と言う言葉も分かります。

学問の道を究めることは一つ世俗とは離れる處がある、そう思います。

それでも、現金収入を得るために中国企業で働くチベット人が増加し、子供への教育も中国語で行われ、中国化がここチベットでも進んでいます。

利便性・物質的な豊かさの誘惑と、伝統的な文化の独立性・精神的な豊かさの対立が、ここでも起きているのか…と想っていると、ある僧侶の部屋にはリンカーンとオバマのポスターが張られていました。

曰く、「(平等な)社会を作るための貢献をし、彼らの言葉は仏教の言葉に似ている、社会の問題を解決したから貼っている」と。
c0002171_19215522.jpg
現代社会の矛盾を大きく孕む合衆国に、古来の伝統を大切に守るチベット僧が共感を得ているというのは本質的な自由さとは何かを考える上では面白いと想うと共に、それでも多く食える人が増えることは幸せなことだし、"何が価値なのか"をみていて逡巡しました。

競争や争いが人間の本能に組み込まれたものだとしたら。殺生を禁じる宗教は貴いけれども、現実の権力闘争は精神的な行いでは止められていない。

自分を守るための矛がなければ、他者を害することなく自己を律すことすら無理なのではないか?
欲望を利用し"理想"を試みるバーリトゥードな相手と対峙しなければならないのだから…。

そう感じながら番組をみていると、中国共産党がラルンガル・ゴンパに仕掛けてきました。
c0002171_19233995.jpg
山の中腹に掲げられた<プンツォ様 私たちをお守りください>というチベット文字の横に中国語で<共産党と心をひとつにし"中国の夢"を築こう>というスローガンが掲げられている。

ラルンガル・ゴンパから人が消え、皆が小屋の中でひっそりとしました。

"他者を害することなく自己を律しろ"という教えは、信仰は本来個人的に高みへ達する事であり、他者に強いるものではないことを示しています。

本来は思想や主義もそう、完全に自由な中で意思決定がなされるのが理想。

しかしこの世の中には"他者を意のままに巻き込みたい"とする勢力がいて。

そして様々な組織、個人が人の上に立とうと争い続けている中、"自分だけが世界とは関係なく解脱を目指す"ことが不可能に近くあると共に、自慰的な行為なのではないか?人を治める世俗的な指導者がいないと、理想は空転してしまうのではないか?そう想いながらみていました。

その上で、世俗的・物質的に"人々が生命活動を行うことができる"上で、"どう生きるべきか"という精神的な問いが必要になってくると想ったのです。

ラルンガル・ゴンパでは十年間の仏教理論の学習が求められます。
毎年”問い方”と"答え方"の試験が行われます。
難解な知識の理解が15分の問答試験で行われ、その後3時間の筆記試験が。
c0002171_1924208.jpg

この"問い方"を求められることがいいなと。

大学教育における卒業論文もそうであるように本来学びの道にいる者には"良い答える"だけでなく"良い問いを生み出すこと"が求められるし、それは聖俗関係なく必要な能力だと想ったからです。

"情報"の価値がインターネットによって完全に破壊されてしまった現代、単純に情報量があるだけでは、もう価値がない今、"情報の身体性"はつまるところ"良い問いを生み出すこと"と"良い解を出すこと"。

古来からの学問のシンプルなセオリーですが、何かをインプットするときは、"問いと解"を意識しなければならない。単なる情報の羅列では価値は生まれない、そして知識・知恵に溺れることなく、"善い人間であろうとする心"を持たないと、全ては虚ろなものになってしまう、そう改めて思いました。

番組終盤、チベット仏教で行われる"鳥葬"が取り上げられました。
c0002171_19245295.jpg

人が死を迎えたとき、魂はその肉体から分離し、この世で漂い始める。ジョモ(尼僧)の真言は魂を慈悲深く供養すると信じられている。その後49日をかけ魂から人間的な感覚が失われ、次の再生の世界へ向かう。

亡骸が鳥葬場に運ばれ、閻魔の衣装を纏った鳥葬師によって、ハゲタカに捧げられる。
ハゲタカは魂を天界に運ぶ女神、"空行母"と信じられていて、ハゲタカに食べられることで、ハゲタカは腹いっぱいになれば他の動物を襲わず、別の命が救われる。

善き生まれ変わりになるための最後の功徳が鳥葬。

鳥葬師に輪廻転生の話を聴かせてほしいと頼むと、彼は「そのような質問に答えたこともないし、答える言葉も持ち合わせていない」と断った。

その代わり、お経を唱え始めたのです。

"この世に我も他者も存在しない 神も悪魔も存在しない
全ては無であり 悪も善もない 苦も楽もない 世俗も解脱もない
私の躰は供物として 鳥である空行母い献じます"
c0002171_19265778.jpg
c0002171_1927731.jpg
c0002171_19271884.jpg
c0002171_19273650.jpg

まるでジョン・レノンの『イマジン』にような歌詞じゃないか。
"ポワ(魂の移転)"のお経だそうです。ポワってオウム真理教によって穢されてしまったけれど、本来はこんなにもロックな、身も蓋もない真実を言い放つ詩だったのか。

ボブ・ディランがノーベル文学賞を獲ったのも記憶に新しいですが、ロックミュージックの真価は真実を歌うことで社会に風穴を開けることで、だからこそ宗教指導者のような凄味を持っていたのだなと、ラルンガルの光景からそんなことを想起しました。

最後にツェテンさんのチベット語の読み書きを教える学校での活動と、2017年1月にツェテンさんの妹のユシィちゃんを訪ねた映像が。

"自分の故郷をどう思う?"という問いに応えたユシィちゃんの笑顔が眩しかったです。
c0002171_19293192.jpg


cf.
コーカサスに想う敬虔な質実さと都会の華美さのあいだ

by wavesll | 2017-03-13 21:01 | 私信 | Comments(0)