人気ブログランキング |

Imore 奄美大島旅行記 Vol.5 田中一村記念美術館 奄美が立体として立ち上がる画

Imore 奄美大島旅行記 Vol.5 田中一村記念美術館 奄美が立体として立ち上がる画_c0002171_19462751.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.5 田中一村記念美術館 奄美が立体として立ち上がる画_c0002171_19464933.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.5 田中一村記念美術館 奄美が立体として立ち上がる画_c0002171_19471094.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.5 田中一村記念美術館 奄美が立体として立ち上がる画_c0002171_19472687.jpg


奄美と言ったらここに来たかった!栃木に生まれ、千葉に暮らし、そして「私のえかきとしての生涯の最後を飾る絵を描く為に」奄美に来、素晴らしい画業を成した画家、田中一村の美術館。

映像コーナーでは画業を支えてくれた姉との逸話や、奄美でその日一番の魚を2h(結果魚はダメになってしまうことも)描かせてくれた魚屋さんとの逸話が印象的だった。奄美時代は大島紬工場で糸の染色をして働いて、金がたまると画に勢力を入れ、また再び働いていたとか。糸の染色、大島紬村でみた!

そして絵画の棟へ。高倉式の棟が3連で東京時代、千葉時代、奄美時代と彼の生涯をみせてくれた。

12歳で画いた≪天下第一春≫は金地に雪を得た梅が。≪雪中南天図≫も雪と南天の色味の対比が若いのに見事。荒々しいタッチの≪芍薬図≫やサイケデリックな≪富貴図≫、老子の言葉の書≪四字「道法自然」≫という作品も。

そして千葉寺で暮らした時期の作品群。

≪千葉寺 雪≫の美しい光景。しっとりした≪秋色≫とトロピカルな≪秋色虎鶫≫の赤2作。羽の表現が本当に素晴らしい≪忍冬に尾長≫そして≪オナガ≫と≪矮鶏の親子≫という習作もみることが出来て。≪蓮上観音図≫はカッコよく、青龍社展に入選した≪白い花≫は流石の構成力で緑の葉を魅せて。

≪春景山水図≫は最近の劇画にも通じるスケープ。≪草花図天井画≫は草花のアラカルト。≪平潮≫は海の光が写実的で、≪足摺狂濤≫は荒れ狂う足摺岬の波濤が。昨年行った室戸岬の波景を想いだす。

≪山村六月≫の太陽の光と陰。≪浜木綿と緋桐≫の白、≪雲仙雨霽≫の流星街さ。≪ずしの花≫のダンデライオンさ。≪牧童帰茅図≫の白の存在感。≪千山競秀図≫と≪四季花譜図≫のスケール感。

そして遂に辿り着いた奄美時代。

プリミティヴな≪与論島初冬≫、≪高倉の並ぶ春景色≫の青色が美しい。

そして≪イソヒヨドリ≫。あやまる岬でみた鳥だ!≪竹に大瑠璃≫も鳥の画、金作原でここに棲んでいるってガイドさん言ってたなぁ。≪海辺の道≫の光の描写。≪奄美の花≫のかよわき色味。≪浜忍冬と樗蚕≫のスパークさ。≪朝の海≫の眼差し。≪海辺の花々≫の白。

≪大熊風景≫は住んでいた地区の風景。≪某氏肖像≫、≪肖像画ー女性ー(仮題)≫、≪肖像画ー男性ー(仮題)≫は”こんな人いるいる”という感じ。≪釈尊大悟御像≫は頭が薔薇の様。そして≪構想図≫なんかも置いてあって。

≪桜躑躅に赤髭≫、サクラツツジ、金作原でみた!≪赤髭≫の鬨の声。≪朝日に松と白梅(仮題)≫の正月的なおめでたい情景。≪岩の上のイソヒヨドリ(仮題)≫のハマニンドウの射し白緑と岩のゴツゴツ感。

≪パパイヤとゴムの木≫のたおやかな黒。≪アダンと小舟≫に≪奄美の海に蘇鐵とアダン≫の植物たち。≪草花と岩上の赤髭≫の一匹狼感。

≪初夏の海に赤翡翠≫の構図の素晴らしさ!畳みかけるようなシダの影の内に輝く赤翡翠の存在感。≪不喰芋と蘇鐵≫のルソーにも通じるような緑。クワズイモも金作原でみたなぁ。

≪榕樹に虎みゝづく≫のガジュマルに泊まるミミズクのツンとした耳。そして≪蘇鐵残照図≫の柔らかな黒。

神童だった東京時代、そして千葉寺の頃も色彩センスや描写力が素晴らしいけれど、やっぱり奄美の光景との化学反応が素晴らしくて。南洋の極彩と、そして柔らかでたおやかな奄美の黒との出会いが田中一村の画業をとてつもない水準へ揚げたなぁと。

結構佐川美術館でみたのと内容が被っていたけれど、新しく見れた絵もあったし、なにより奄美で実際に見た事物が次々と画として顕されたのが本当に感動して。奄美大島を立体的に体験できたなぁ。

そして田中一村記念美術館のある奄美パークには一村の描いた奄美の光景を再現したコーナーなんかも幾つかあったり、他にもプレゼンテーションされていた。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.5 田中一村記念美術館 奄美が立体として立ち上がる画_c0002171_21310835.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.5 田中一村記念美術館 奄美が立体として立ち上がる画_c0002171_21311985.jpg
それらを横目に一路名瀬方面にクルマを向かわせる。今日はこれからまだまだ予定が目白押しなのである。

# by wavesll | 2020-01-17 21:16 | | Comments(0)

Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村

Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22215982.jpg

名瀬の中心街から少し北へ走り、大島紬村へ。
FMでもやっていたけれど、奄美の成人式は大島紬で来る新成人が多いらしい。奄美の文化を知る上で大島紬のことは是非体験したかった。

Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22272100.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22275453.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22281379.jpg
待合室で過ごすとほどなく体験ツアーが始まった。

この泥、奄美の北部の泥の成分でのみ大島紬の泥染めが行えるそうだ。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22303679.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22305105.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22310666.jpg
幾度となく泥とテーチ木の汁に漬けることで繊維を黒く染める。黒は奄美の色だなぁ。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22331764.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22333168.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22334944.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22345921.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22351889.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22354305.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22363212.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22365156.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22372386.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22374036.jpg
職人が泥染めをするパフォーマンスをみせてくれた。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22391492.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22392722.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22395515.jpg
大島紬は黒く染めた絹糸と白い絹糸、そして色染めした絹糸を、設計図に沿って糸からそれぞれで縒って創る。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22425060.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22432898.jpg
これが元の図案で、その次が方眼紙に顕した設計図
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22435095.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22442995.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22444269.jpg
まず糸を創る
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22453127.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22454722.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22461151.jpg
そして黒以外の色を付けたい部分に彩を染めていく
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22473261.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22475290.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22480905.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22482151.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22484662.jpg
泥染めと糸づくりまでは主に男の仕事で、織るのは女の仕事。それぞれでオーダーメイドで染められた縦糸と横糸をミリ単位で調整しながら柄を織っていく。1hで10cmしか織れず、さらにそれを1hでチェックと調整をするのだとか。

湿度や時間経過で糸は伸び縮みするので、この一首細密なデジタルアートのような仕事は機械では行えないそうだ。人の技だなぁ。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22524665.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22530285.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22540912.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22544389.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22545743.jpg
そんな制作過程をみてからあらためてみた大島紬はさらに美しくみえた
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22571076.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22572233.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.4 大島紬村_c0002171_22575316.jpg



# by wavesll | 2020-01-16 22:58 | | Comments(0)

Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング

Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23194142.jpg

朝食バイキング。鶏飯うまい。パパイヤの漬物も美味かった。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23212239.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23213264.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23215114.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23220604.jpg
2日目の初めのアクティビティはジャングルトレッキング。ツアーガイドのクルマにピックアップされ密林へ向かう。

この日は名瀬の町で町民の駅伝大会が開かれていて。ホテルも陸上の実業団の合宿が止まってたし、街には野口みずき選手の石碑もあったり、奄美は陸上スポットなんだな。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23242373.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23243620.jpg
山に入っていくと采配でいごが
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23252802.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23255305.jpg
パパイヤ
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_00334993.jpg

バナナ
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_00324032.jpg

奄美には冬が無いらしく、秋の次が春なのだとか。寒桜が咲き、ススキが揺れていた。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23274790.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23281068.jpg
さらに山の奥へ。この道は昔林業の為につくられたのだとか。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23284862.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23291400.jpg
金作原着。ここはガイドツアーでしか入山できない保護区。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23295756.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23300995.jpg
さて、ここからトレッキング
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23304240.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23311375.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23312656.jpg
雲霧の雨にヒカゲヘゴが雰囲気あった
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23313718.jpg
クワズイモ
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23324380.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23325281.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23330257.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23333499.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23335582.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23340565.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23341635.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23342909.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23343922.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23345125.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23351154.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23355654.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23360771.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23363642.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23364976.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23370010.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23371007.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23373095.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23374604.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23380019.jpg
山帰来
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23381106.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23384334.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23390257.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23391338.jpg
カゴメラン
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23392491.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23402112.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23403486.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23410622.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23411897.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23412989.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23414460.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23415540.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23421780.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23423040.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23443952.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23445205.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23450235.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23452100.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23453183.jpg
サクラツツジ
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23454410.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23455538.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23460652.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23461768.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23470101.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23471271.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23481484.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23482521.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23484482.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23485574.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23492696.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23493769.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23495229.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23500279.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23501509.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23504698.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23505742.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23510991.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23511918.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23512927.jpg
金作原を後にし、ホテルへ戻り、町をぶらり
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23522059.jpg
昼はこちらで漬け丼
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23531507.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23533918.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23535265.jpg
Amairoの自販機があった
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23542067.jpg
里の曙の広告、この赤髪の坊主妖怪はケンムンかな?
Imore 奄美大島旅行記 Vol.3 金作原ジャングルトレッキング_c0002171_23552104.jpg
さて、今日はここからも予定が目白押し。ガンガン行くぜ★



# by wavesll | 2020-01-15 23:56 | | Comments(0)

Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄

Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05393091.jpg

クルマで1h強かけ名瀬へ。奄美のFMでは時報が三味線だったりして面白い。島唄の番組が。何とも切ない節回しがいいなぁ。

ホテル着。なんとベイスターズの秋季キャンプの宿泊場だった。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05471566.jpg

え!25日だったら朝崎さんのライヴ観れたの!?しかも千円かよ!いいなー!
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05433623.jpg
ウェルカムドリンクの奄美の水を片手に名瀬の町を歩く
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05445147.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05454157.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05455371.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05460480.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05461910.jpg
旅先Diggin' セントラル楽器
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05521783.jpg
ここが凄かった!このレコ屋で制作したCDを売ってて★★★店主さんが「この人は漁師で、この人は理髪店で…」と解説してくれる。元ちとせが15歳の時のカセットも!

狩人やら柔道の古賀なんかも歌ってたw徳之島の「ワイド節」って奄美の人が40年前に作ったんだ、その人のCDもあった。ここ来れてよかったな~◎

Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05523576.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05524941.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05525902.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05533686.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05540280.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05541699.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05542995.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05545019.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05551721.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05553194.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05555662.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05561600.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05564944.jpg
名瀬の夜
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05572139.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05574651.jpg
奄美に来たら是非島唄を聴きたいと思っていたが、沖縄に比べると民謡酒場は少なくて。そんな中で島唄ライヴをやってくれる吟亭は満席となった。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05594433.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_05595661.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06001142.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06003266.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06005423.jpg
黒糖焼酎がいい感じ
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06013107.jpg
この店の女将さんが唄者で。三味線は中二の娘だそう。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06035143.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06041033.jpg
奄美ツンダラ節は沖縄では安土屋ユンタだとは知らなかったなぁ。最後はワイド節から六調で盛り上がった。えがった◎

Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06070469.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06075303.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06080431.jpg
この店のお孫さんも唄者で。小岩でライヴもあるそうだ。前ネーネーズも小岩でライヴあるって言ってたなぁ。小岩に島唄箱があるのかもわからん。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06093840.jpg

Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06121335.jpg
結構飲んだので個人コンビニでくびき茶を。健康に良さそうな味。奄美は個人コンビニが多くて面白い。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06105768.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06124069.jpg
ホテル着。セントラル楽器でこんなに買ってもた。さぁ、明日が楽しみだ。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06134189.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.2 名瀬:セントラル楽器と吟亭にて島唄_c0002171_06133425.jpg



# by wavesll | 2020-01-15 06:27 | | Comments(0)

Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎

この3連休に奄美大島へ旅行してきました。

上空から見た奄美の海。何となく奄美って墨色のイメージがあったのだけれど、この日も曇天。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18130138.jpg
空港では「いもーれ(Welcome)」の看板が出迎えてくれました。
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18152381.jpg
レンタカーで北へ走り、土盛ビーチへ
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18162150.jpg
綺麗だ。曇天でこれなのだから、晴天の頃はさらなり、だろう
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18174089.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18175128.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18181776.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18184153.jpg
そこから更に北部へ進み、あやまる岬へ

海中プール
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18193594.jpg
奄美の人はその昔ソテツを食べていたらしい
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18201633.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18203581.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18210001.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18214160.jpg
イソヒヨドリ。人になれてる
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18223855.jpg
あやまる岬の景
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18232588.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18241172.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18242595.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18244497.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18251104.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18272926.jpg
そして奄美の北端、笠利崎へ
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18325697.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18283361.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18284618.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18291861.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18293067.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18295442.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18300789.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18302212.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18303629.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18304807.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18310058.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18311602.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18313196.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18315229.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18320463.jpg
Imore 奄美大島旅行記 Vol.1 羽田-奄美、土盛ビーチ、あやまる岬、笠利崎_c0002171_18323082.jpg

奄美は寒くもなく暑くもなく、秋とか早春って感じの気候。天候はこんな感じだけれど、さてさて此の旅どうなっていくことやら。




# by wavesll | 2020-01-14 18:35 | | Comments(0)

VOICE OF NAGA ミャンマーとインドの境に棲むナガ族のサウンド

VOICE OF NAGA ミャンマーとインドの境に棲むナガ族のサウンド_c0002171_19390122.jpg

VOICE OF NAGA ミャンマーとインドの境に棲むナガ族のサウンド_c0002171_23522845.jpg
VOICE OF NAGA ミャンマーとインドの境に棲むナガ族のサウンド_c0002171_23524015.jpg
VOICE OF NAGA ミャンマーとインドの境に棲むナガ族のサウンド_c0002171_23525181.jpg
ミャンマーとインドの境に棲むナガ族を取材し、フィールドレコーディングを行った『VOICE OF NAGA』、昨秋にリリースされ、局所的に激賞されていた盤で、先日タワレコの在庫を調べたらほとんど売り切れていて慌てて買った次第でした。

これが想像を超えて良かった。装丁の豪華さはそこまで拘らなくても安くしてくれ(3850円)と想いましたが、16の村のポストカードにナガ族の伝承が書かれたブックレットに、封がされた3枚のDisc。音楽のパッケージとしてモノとしての特別なエクスペリエンスがありました。

そして勿論肝心の音も素晴らしい。まずDisc1の民族の合唱、鈴の音が大自然でソリッドで非常にスリリングで、彼等のSpirit(精霊)を伝えてくる。これは力作だし、資料性を超えてサウンドとして名作だと即座に想う音。タワレコ店頭での試聴も良かったけど、家でじっくり聴くと異界に持ってかれるな~。

そしてDisc2はアイヌ音楽にも通じるようなしみじみと瑞々しい音。そしてDisc3はフィールドレコーディングで一番好きなChris Watson『Storm』をも想わせるような木が爆ぜる音像からの太古の太鼓のビート。これは本当に買って良かった。去年聴いていたら年間ベストクラスだし、今年のベストに入るのは確定かな、睦月から凄いの聴いてしまいました。

# by wavesll | 2020-01-11 00:11 | Sound Gem | Comments(0)

トーハク 伝説の面打たち の能面など

「日光作/能静(花押)」金字銘 ≪能面 三番叟(黒色尉)≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19273066.jpg
伝赤鶴作 ≪能面 伝山姥≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19280546.jpg
「佐渡嶋/一透作/久知住」刻銘 ≪能面 大癋見≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19284542.jpg
「文蔵作/満昆(花押)」金字銘 ≪能面 鼻瘤悪尉≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19291767.jpg
「文蔵作/満昆(花押)」金字銘 ≪能面 茗荷悪尉≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19295282.jpg
「石」刻銘 「龍右衛門作/満昆/庸久(花押)」金字銘 ≪能面 中将≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19302845.jpg
 「龍右衛門作/満昆(花押)」金字銘 ≪能面 邯鄲男≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19310021.jpg
「辰」陰刻 ≪能面 平太≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19313125.jpg
「金剛太夫/景頼(花押)/龍右衛門作/満昆(花押)/庸久(花押)」金字銘 ≪能面 曲見≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19322004.jpg
「龍右衛門作/満昆(花押)」金字銘 ≪能面 増髪女≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19325543.jpg
「越智作/満昆(花押)」金字銘 ≪能面 深井≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19332884.jpg
「越智作/満昆(花押)」金字銘 ≪能面 泥眼≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19340446.jpg
「日氷作/満昆(花押)」金字銘 ≪能面 痩女≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19355234.jpg
「増阿弥作/満昆(花押)/庸久(花押)」金字銘 ≪能面 近江女≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19363298.jpg
「増阿弥作/満昆(花押)/満猶(花押)」金字銘 ≪能面 増女≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19371480.jpg
「徳若作/満昆(花押)/満猶(花押)」金字銘 ≪能面 平太≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19375248.jpg
「春若作/満喬(花押)」金字銘「イットウ」「カンヤショウ」漆銘 ≪能面 茗荷悪尉≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19383197.jpg
「春若作/家重(花押)/春若作/満昆(花押)」金字銘 ≪能面 邯鄲男≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19391549.jpg
「千種作/満昆(花押)」金字銘 ≪能面 中喝食≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19395139.jpg
「福来作/満昆(花押)/庸久(花押)/満昌(花押)」金字銘 ≪能面 阿古父尉≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19403405.jpg
「福来作/満昆(花押)」金字銘 ≪能面 小飛出≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19411051.jpg
「宝来作/満昆(花押)/庸久(花押)」金字銘 ≪能面 筋怪士≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19415264.jpg
「宝来作/満昆(花押)/庸久(花押)」金字銘 ≪能面 三日月≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19423379.jpg
初代飯塚桃葉 ≪雲竜蒔絵笛筒≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19430933.jpg
≪楼閣山水蒔絵料紙硯箱≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19435073.jpg
伝小川破笠作 銘「笠翁製」「觀」≪古墨意匠硯箱≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19443426.jpg
伝本阿弥光悦作 ≪子日蒔絵棚≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19450781.jpg
≪御所車蒔絵硯箱≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19454831.jpg
≪獅子螺鈿鞍≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19462623.jpg
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19465438.jpg
≪十二神将立像(未神)≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19473004.jpg
初代伊東陶山 ≪色絵竹文花瓶≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19483787.jpg
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19484723.jpg
初代宮川香山 ≪褐釉蟹貼付台付鉢≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19492048.jpg
沖縄本島 壷屋焼 ≪ユシビン≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19494929.jpg
沖縄本島 壷屋焼 ≪アンビン≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19501638.jpg
沖縄本島 壷屋焼 ≪カラカラ≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19504423.jpg
≪小袖 黒紅綸子地草木鶴亀幾何学形模様≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19511033.jpg
磯田湖龍斎 ≪初夢≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19514116.jpg
栄松斎長喜筆 ≪青楼正月二日年礼仕着小袖模様正写之図≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19521101.jpg
葛飾北斎 ≪摘草≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19530289.jpg
歌川広重筆 ≪名所江戸百景・するがてふ≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19534184.jpg
歌川豊国 ≪見立七福神宝船≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19542912.jpg
烏丸光広 ≪詠草≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19550655.jpg
貫名菘翁 ≪いろは屏風≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19554624.jpg
京焼 ≪色絵松竹文陶樽≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19562322.jpg
京焼・御菩薩池「御菩薩池」印 ≪銹絵染付芦白鷺文徳利≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19565536.jpg
乾山作「八十一歳乾山」銹絵銘 ≪銹絵十体和歌短冊皿≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19574281.jpg
≪花鳥蒔絵十種香箱≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19582358.jpg
≪獏南天蒔絵枕≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_19593230.jpg
≪源氏絵彩色貝桶≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20001768.jpg
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20003164.jpg
≪火事襦袢≫ 黒木綿地波に雨龍模様刺子
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20012024.jpg
≪花車図屏風≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20021017.jpg
≪逆頬箙≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20024220.jpg
筑前住藤原金久作 ≪紺糸威六枚胴具足≫ 籠手銘 為澤木氏正造之
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20031518.jpg
≪紺糸威烏帽子形兜≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20034002.jpg
刀 伝当麻(金象嵌銘)ゆきふかき 山もかすみて ほのぼのと あけ行春の たきまちのそら 一翁
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20042172.jpg
≪梨地笹龍膽車紋蒔絵糸巻太刀≫(太刀 銘 貞真の拵)
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20051153.jpg
≪太刀 福岡一文字貞真≫ 銘 貞真
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20060953.jpg
≪太刀 大和物(号 獅子王)≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20075006.jpg
≪黒漆太刀≫(太刀 無銘(号 獅子王)の拵)
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20090019.jpg
≪大井戸茶碗 佐野井戸≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20093416.jpg
小堀遠州作 ≪竹茶杓 銘 埋火≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20100297.jpg
旦入 ≪赤楽島台茶碗≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20103325.jpg
中国・南宋官窯 ≪青磁琮形花入≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20110368.jpg
高取 ≪白濁釉手付鉢≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20113208.jpg
朝鮮 ≪粉引徳利≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20120408.jpg
≪古今和歌集(元永本)下帖≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20122958.jpg
伝世尊寺行能筆 ≪散らし書き書巻≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20131873.jpg
≪綱絵巻≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20145740.jpg
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20151294.jpg
≪諸尊集会図≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20154638.jpg
≪十六羅漢像(第十六尊者)≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20161371.jpg
≪不動明王像≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20164304.jpg
≪釈迦三尊像≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20171147.jpg
≪線刻千手観音鏡像≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20173822.jpg
≪線刻蔵王権現像≫ 奈良県吉野郡天川村金峯山出土
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20181674.jpg
≪金銅三所権現懸仏≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20184337.jpg
伝聖武天皇筆 ≪賢愚経断簡(大聖武)≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20191606.jpg
アンリー夫人寄贈 ≪袱紗 紺繻子地鼠大根米俵模様≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20201070.jpg
≪鼠草子≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20210944.jpg
中国・清 ≪六臂マハーカーラ立像≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20215477.jpg
長谷川等伯 ≪松林図屏風≫
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20222974.jpg
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20224149.jpg
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20225235.jpg
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20230370.jpg
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20231449.jpg
トーハク 伝説の面打たち の能面など_c0002171_20232515.jpg

# by wavesll | 2020-01-09 20:23 | 展覧会 | Comments(0)

人、神、自然 ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界@トーハク東洋館 古代人は何に美の力を見出したか

人、神、自然 ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界@トーハク東洋館 古代人は何に美の力を見出したか_c0002171_00421722.jpg

カタール王族のザ・アール・サーニ・コレクションから古代ギリシャ、古代ローマ、エジプト、キンバヤ、シカン、モチェ、オルメカ、マヤ、ノク、スキタイ、サルマタイ、バクトリア・マルギアナ、ペルシア、パルティア等の名品で古代世界を描く展覧会。



みんぱくの驚異と怪異展にも通じる品々でしたが、あちらが幻獣を通して世界認知を示したのに対してこちらは人の世の権力が何を美の力としたか、みたいなコンセプトにも感じました。また品々のチョイスがアラブ的な感性を感じて、驚異と怪異展と見比べると面白い。

人、神、自然 ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界@トーハク東洋館 古代人は何に美の力を見出したか_c0002171_00572383.jpg
そんななか、アナトリア半島西部 前3300~前2500年頃からの出土の大理石などで出来た≪スターゲイザー≫は日本の土偶をさらにクリオネやキュベレイみたいでなかなか新鮮な古代のフォルムと色でした。

本展は2/9まで。特別展のチケットでも見れますし、常設展のチケットでもみることができます。

# by wavesll | 2020-01-08 01:01 | 展覧会 | Comments(0)

大友昇平『REIWA』展@代官山蔦屋書店 超細密なボールペン画で現代のFloating Worldを描く

平成聖母 - Heisei Mary -
大友昇平『REIWA』展@代官山蔦屋書店 超細密なボールペン画で現代のFloating Worldを描く_c0002171_02423134.jpg
IPPUKU
大友昇平『REIWA』展@代官山蔦屋書店 超細密なボールペン画で現代のFloating Worldを描く_c0002171_02431391.jpg
SPECTER
大友昇平『REIWA』展@代官山蔦屋書店 超細密なボールペン画で現代のFloating Worldを描く_c0002171_02445023.jpg
平成ゲパルト -Heisei Gewalt -
大友昇平『REIWA』展@代官山蔦屋書店 超細密なボールペン画で現代のFloating Worldを描く_c0002171_02440291.jpg
江戸式火焔瓶 - Molotov Sake -
大友昇平『REIWA』展@代官山蔦屋書店 超細密なボールペン画で現代のFloating Worldを描く_c0002171_02455147.jpg
大友克洋先生の息子さん。凄まじい細密ボールペン画。画力超ハイレベル…! ≪平成聖母≫はTLに流れてきてそれとは知らずに”ナニコレいいじゃん”と想ったなぁ。1/7迄。

# by wavesll | 2020-01-07 02:49 | 展覧会 | Comments(0)

天皇陛下御即位記念令和元年五百円貨幣

天皇陛下御即位記念令和元年五百円貨幣_c0002171_21531706.jpg
天皇陛下御即位記念令和元年五百円貨幣_c0002171_21442593.jpg

# by wavesll | 2020-01-06 21:44 | 小ネタ | Comments(0)