人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BALAKLAVA BLUES - Let Me Out Ukrainian EDM Blues

LET ME OUT / BALAKLAVA BLUES
BALAKLAVA BLUES - Let Me Out Ukrainian EDM Blues_c0002171_06414824.jpg


ORIENTAl MUSIC SHOWのWOMEX特集でかかったこのバンドの楽曲。

カナダ在住のウクライナ人夫婦デュオで、ウクライナのエスノな節回しでEDMなブルーズを演るというもの。私自身今年はユーラシアの旧共産圏な民俗音楽に結構触れていたことからこのメロディラインの感じはとても馴染むものがありました。

アルバム『LET ME OUT』を聴くと最初は”あれ?結構ありがちかな?”なんても思ったのですがYoutubeに上がっているライヴ動画をみるとかなり面白いっすね。非常に社会性の高い音楽グループだし、アルバムを聴き進めると90sのダークな空気というか、グランジ・ロックにも通じるような社会(というかプーチンか)への怒りが伝わるところもあり、非常に感銘を受けました。こういうのをさくっとフジロックでみれたりしたら楽しいだろうなぁ。

cf




# by wavesll | 2022-11-26 06:50 | Sound Gem | Comments(0)

jizue - brink クロ現のテーマ曲であるシンフォニックジャズバンドサウンド

jizue - brink
jizue - brink クロ現のテーマ曲であるシンフォニックジャズバンドサウンド_c0002171_05162504.jpg


数年前のFujirock出演で知った現代ジャズバンド、jizue。先日アトロクのライヴコーナーに出たときにクローズアップ現代のオープニンングテーマを彼らが手掛けているのを知って。

Youtubeに曲がフルで上がっていたので聴けたのですがめっちゃいいっすね!シンフォニックジャズといった感じ!報道番組のテーマ曲って案外いい楽曲が揃ってるタイアップ案件なのはインスト主流なのもあるかもしれませんが、この「brink」、すっごく心打たれました!

# by wavesll | 2022-11-26 05:19 | Sound Gem | Comments(0)

Christiane Legrand - Karate エグベルト・ジスモンチの名曲をミッチェル・ルグランの実姉による高速スキャットで

Christiane Legrand -Karate
Christiane Legrand - Karate エグベルト・ジスモンチの名曲をミッチェル・ルグランの実姉による高速スキャットで_c0002171_05055860.jpg
Saude Saudade…でかかったこの一曲。クリスチャンヌはミッシェル・ルグランの姉で、この楽曲はブラジルの巨匠エグベルト・ジスモンチの名曲「Karate」をクリスチャンヌの高速スキャットで歌っていて最高のカヴァー。収録されているアルバム『Nul ne sait』にはジスモンチの参加しているのだとか。こーれイイなぁ!
# by wavesll | 2022-11-26 05:10 | Sound Gem | Comments(0)

『Footloose』ダンスの自由を求め謳いあげる青春映画

Footloose Soundtrack
『Footloose』ダンスの自由を求め謳いあげる青春映画_c0002171_11275947.jpg


あまりにも最高なメインテーマであるKenny Loggins - Footlooseで知られる80年代アメリカの青春映画。

シカゴから田舎町へやってきた青少年が、ダンスの自由を求めて恋人たちと青春を燃やす映画。

ヒロインの父が牧師で、この田舎町ではダンスクラブは風紀を乱すとの理由で禁じられていて。それゆえにヒロインは反発し無軌道気味な青春を送っていて。
そこにシカゴからやってきた主人公がこの田舎町にダンスを求める波動を広げていって。

主題歌だけでなく Bonnie Tyler - Holding Out For A Hero など80sの名曲達が散りばめられていて、あの頃の華やかな空気が広がって。と同時に田舎のヤンキー文化なんかの未開なところもあったり。昔の方がなんというか、色々とアグレッシヴな時代だったのかなぁとも思って。

一番感心したのはダンスの自由を求めるくだりが、きちんと町議会を通して認めさせようとするところ。イリーガルにやっちまえみたいな独りよがりでなく、一つの社会運動としての「ダンスの自由を求める」というアティチュードは、若者映画の中でもイイバイブスがありました。

こんなOST聴きながらダイナーでハンバーガーでも食べたくなりました。無論ルートビアかドクターペッパーで◎

# by wavesll | 2022-11-25 12:00 | 映画 | Comments(0)

『Cocktail』Beach Boys「Kokomo」Bobby McFerrin「Don't Worry Be Happy」等80s名曲達が彩るトム・クルーズ主演の若者成長譚

Cocktail OST
『Cocktail』Beach Boys「Kokomo」Bobby McFerrin「Don\'t Worry Be Happy」等80s名曲達が彩るトム・クルーズ主演の若者成長譚_c0002171_16293312.jpg


以前ビーチボーイズの「Kokomo」が聴きたくなった時に、ココモは元々この『カクテル』という映画の主題歌としてリリースされたのだと知って。で、たまたまBSプレミアムでやってるのを録画出来てみることができました。

物語としては軍隊上がりでビッグになる野心を持ってNYに来たトムクルーズが、就活に大失敗してバーで働くようになり、そこからバーテンの師匠との対立や恋愛や仕事でのほろ苦い体験を得ながら人生の本当に大切なものに気づく、みたいな感じで、あんまり深いこと考えずにお気楽に見れる映画で。

映画の見どころシーンとしてはバーテンダーのカクテルづくりをまるでショーダンスまたはDJ PLAYのように魅せるシーンで。ここに限らず全編に渡って印象的な音楽が彩って。Beach Boys - KokomoのほかDon't Worry Be Happy by Bobby McFerrinなんかも印象的でしたね。

MTV的な映画というか、魅力的な女の子たちとトムクルーズのメイクラヴシーンなんかも複数回挿入されていて、80年代のハッピーでアッパーなチャラい雰囲気というか、展開も何も難しく捻ったところもないし、気分を高揚させるデート・ムーヴィーとしてよくできてる感じで。映画自体の評価は低いみたいですが、ミュージックビデオ映画として個人的には楽しく観れました◎

# by wavesll | 2022-11-24 19:27 | 映画 | Comments(0)