トルコ多重奏旅行記2日目 パムッカレ

c0002171_22162761.jpg
トルコ旅行記2日目後半戦は石灰棚で著名なパムッカレへ。

その前にセルジュークの城をみながら移動し腹ごしらえ。何故かデンマークのビールがありました。このトゥボルグ、他の店でもあったのでトルコで結構シェアあるっぽい。
c0002171_22194450.jpg
c0002171_22195686.jpg
c0002171_22200712.jpg
c0002171_22201923.jpg
c0002171_22204074.jpg
道すがらガイドさんから聴いたのはトルコの結婚事情。都市部ではだいぶカジュアルに結婚する人も増えたけれど、田舎では例えばお嫁に成ろうとする娘はトルココーヒーをきちんと淹れられるかで姑に審査されるとか、逆に婿に成ろうとする若者は好いた子の家の上に置かれた瓶を射撃で撃ち抜かないと許されないとか。結婚に関する儀礼の話を色々聴けた。ハードル高い…!

c0002171_22241937.jpg
c0002171_22243428.jpg
c0002171_22244996.jpg
c0002171_22250420.jpg
トルコは西にギリシャ・ブルガリア。東にはシリア・イラクがあり、ジョージアとも近い。ヨーロッパとアジアの汽水域であり、そして文明の交路である点が日本とも共鳴する気がする。辺境でありながら中心。なだらかな山達のどこまでも続く風景が、この地の都足りうるポテンシャルを感じさせた。
c0002171_22285112.jpg
c0002171_22294756.jpg
c0002171_22300007.jpg
パムッカレに近づくとカルスト地形というか、阿蘇の草千里のような風景が。
c0002171_22310923.jpg
c0002171_22312223.jpg
c0002171_22313726.jpg
c0002171_22315282.jpg
c0002171_22321316.jpg
c0002171_22322785.jpg
c0002171_22324331.jpg
c0002171_22325702.jpg
c0002171_22331947.jpg
c0002171_22333501.jpg
c0002171_22340382.jpg
c0002171_22341828.jpg
c0002171_22344004.jpg
気球が!
c0002171_22351749.jpg
c0002171_22353121.jpg
おおお!石灰棚がみえてきた!!
c0002171_22361559.jpg
c0002171_22362997.jpg
c0002171_22364550.jpg
ついにパムッカレへ。パムッカレ(綿の城)は石灰棚のことで、この地は昔はヒエラポリスという都市でした。その語源はこの地に根城を置いていたアマゾネスの首長、ヒエラから来ているとか。

c0002171_22371147.jpg
c0002171_23153293.jpg

c0002171_22395809.jpg
c0002171_22402005.jpg
c0002171_22403365.jpg
c0002171_22405947.jpg
c0002171_22411643.jpg
c0002171_22413041.jpg
この遺跡にはクレオパトラも入ったというプールもあって。でもそちらは17:00で閉まってしまっていました。
c0002171_22414566.jpg
c0002171_22425459.jpg
c0002171_22431181.jpg
c0002171_22433715.jpg
c0002171_22435548.jpg
そしてパムッカレに遂に来たぜー!
c0002171_22445842.jpg
c0002171_22451323.jpg
c0002171_22452699.jpg
c0002171_22454165.jpg
c0002171_22460232.jpg
c0002171_22461635.jpg
c0002171_22470980.jpg
石灰棚というと黄龍もありますが、このパムッカレの凄いのは裸足になってなら中に踏み入れられるところ!

水はあったかい温泉が流れていて。みな足湯のように浸かったり。だけど冷えて溜まっているところは寒い!しかも内陸の冬でただでさえ凍える寒さだしwひえーひえーいいながら進んで行きましたw

(ちなみに黄龍はこんな感じ)


c0002171_22495222.jpg
c0002171_22500758.jpg
c0002171_22504155.jpg
c0002171_22511223.jpg
c0002171_22513968.jpg
c0002171_22515105.jpg
c0002171_22521085.jpg
c0002171_22522057.jpg
c0002171_22523731.jpg
c0002171_22524941.jpg
c0002171_22531359.jpg
c0002171_22532733.jpg
c0002171_22534339.jpg
c0002171_22535950.jpg
c0002171_23255518.jpg
c0002171_22544795.jpg
c0002171_22550726.jpg
c0002171_22552277.jpg
c0002171_22542278.jpg
c0002171_22555149.jpg
c0002171_22560334.jpg
c0002171_22561464.jpg
c0002171_22562918.jpg
c0002171_22565129.jpg
c0002171_22571525.jpg
c0002171_22572928.jpg
c0002171_22574416.jpg
c0002171_22580576.jpg
c0002171_22582024.jpg
c0002171_22583493.jpg
c0002171_22584926.jpg
c0002171_22591086.jpg
c0002171_22593103.jpg
c0002171_22594632.jpg
去り際にアザーンが鳴っていました。



パムッカレ、夕暮れに間にあって良かった。帰る時にはライティングが映えていました。
c0002171_23023308.jpg
c0002171_23033161.jpg
夜はパムッカレそばのホテルで。明日は12hの移動日、Go2Kappadokya!!
c0002171_23045924.jpg
c0002171_23051022.jpg

# by wavesll | 2019-01-22 23:05 | | Comments(0)

トルコ多重奏旅行記2日目 エフェソス遺跡とアルテミスの神殿

c0002171_22065138.jpg
トルコ旅行記2日目は2回にわけてお届け。まずは

朝食。ヤギのチーズ?(白い奴)が美味しい。
c0002171_22104005.jpg
本日まず目指すのはエフェソス遺跡。
c0002171_22112306.jpg
c0002171_22115290.jpg
c0002171_22121176.jpg
c0002171_22132567.jpg
c0002171_22135085.jpg
c0002171_22142746.jpg
c0002171_22145334.jpg
車窓からはモスクが。街区ごとにあって、地元の人が通っているのだなと想
c0002171_22151630.jpg
c0002171_22153947.jpg
c0002171_22165673.jpg
c0002171_22173550.jpg
c0002171_22183093.jpg
c0002171_22185027.jpg
トイレ休憩で止まったパーキングのチャイが美味しい。トルコでは結構有料トイレがあって、1リラ(22円)ほど払って入る。
c0002171_22201025.jpg
c0002171_22202717.jpg
c0002171_22204695.jpg
ザクロの生搾りジュースも美味しかった。
c0002171_22213533.jpg
今向かっているエフェソスの遺跡の当たりにはビュルビュル山という山があって、山には聖母マリアも移り住んだ小屋があるという。
c0002171_22233163.jpg
c0002171_22235158.jpg
c0002171_22241074.jpg
c0002171_22243707.jpg
セルジュークトルコの城
c0002171_22245864.jpg
c0002171_22253284.jpg
エフェソス遺跡に着いた。犬がお出迎え。トルコではイッヌが普通に首輪も無しに歩いたり寝そべったりしている。痩せ細ってはいないので飼い犬らしい。ここら辺ネパールにも似ている。
c0002171_22281563.jpg
c0002171_22283043.jpg
グレコローマン(ギリシャ・ローマ)様式で建てられたエフェソス遺跡はかなり大きな都市だったそうだ。
c0002171_22295748.jpg
c0002171_22302737.jpg
c0002171_22314395.jpg
c0002171_22320990.jpg
c0002171_22322674.jpg
ネッコも。
c0002171_22325274.jpg
c0002171_22331749.jpg
c0002171_22333154.jpg
c0002171_22341613.jpg
c0002171_22350464.jpg
c0002171_22351892.jpg
c0002171_22353000.jpg
c0002171_22355043.jpg
柱の様式でドーリアだとかイオニアだとかコリントだとか。世界史がここで活きるとはw
c0002171_22363336.jpg
c0002171_22373246.jpg
c0002171_22374806.jpg
c0002171_22381209.jpg
c0002171_22384957.jpg
c0002171_22390410.jpg
c0002171_22392165.jpg
c0002171_22412247.jpg
円形舞台が。
c0002171_22410851.jpg
c0002171_22415227.jpg
c0002171_22420673.jpg
c0002171_22423755.jpg
c0002171_22394947.jpg
c0002171_22400427.jpg
c0002171_22402811.jpg
c0002171_22423755.jpg
c0002171_22430405.jpg
c0002171_22432509.jpg
c0002171_22434228.jpg
c0002171_22440129.jpg
c0002171_22441968.jpg
c0002171_22444390.jpg
c0002171_22445867.jpg
c0002171_22451370.jpg
c0002171_22454102.jpg
c0002171_22460206.jpg
柱の中にはイオニア式とコリント式が混じった”コンポジション”というのもあるらしい。
c0002171_22471943.jpg
c0002171_22473521.jpg
c0002171_22480332.jpg
c0002171_22481488.jpg
c0002171_22483227.jpg
c0002171_22484533.jpg
c0002171_22492780.jpg
c0002171_22495048.jpg
c0002171_22500408.jpg
c0002171_22502530.jpg
c0002171_22504380.jpg
c0002171_22510301.jpg
この多乳の女神像はアルテミス。今は博物館にあるらしい。トルコの遺物の多くは外国にも持ちさ去られてしまっているそうだ。
c0002171_22512513.jpg
c0002171_22523487.jpg
c0002171_22525225.jpg
c0002171_22530787.jpg
c0002171_22531993.jpg
c0002171_22534324.jpg
c0002171_22535999.jpg
c0002171_22542019.jpg
c0002171_22543953.jpg
c0002171_22545853.jpg
c0002171_22553719.jpg
ヘルメスのレリーフ
c0002171_22555549.jpg
c0002171_22563122.jpg
c0002171_22565160.jpg
ニケのレリーフ
c0002171_22572382.jpg
この衣の襞がスウィッシュマークになったそうだ。
c0002171_22582489.jpg
c0002171_23004962.jpg
c0002171_23011574.jpg
c0002171_23012982.jpg
c0002171_23014944.jpg
c0002171_23021232.jpg
c0002171_23023131.jpg
c0002171_23031049.jpg
c0002171_23032667.jpg
c0002171_23035961.jpg
c0002171_23042387.jpg
c0002171_23050692.jpg
c0002171_23053706.jpg
c0002171_23055386.jpg
c0002171_23072008.jpg
c0002171_23075633.jpg
c0002171_23110139.jpg
c0002171_23123217.jpg
c0002171_23124513.jpg
c0002171_23131932.jpg
c0002171_23134415.jpg
c0002171_23141071.jpg
c0002171_23142324.jpg
c0002171_23152076.jpg
この地区にはソクラテスも住んでいたらしい。ソクラテスってアテネとかのイメージだった。今のトルコに住んでいたのか…!!!
c0002171_23153649.jpg
c0002171_23165093.jpg
c0002171_23171248.jpg
c0002171_23172765.jpg
c0002171_23174169.jpg
c0002171_23180590.jpg
c0002171_23183470.jpg
c0002171_23185179.jpg
c0002171_23190799.jpg
c0002171_23192402.jpg
c0002171_23194834.jpg
メデューサのレリーフのある門
c0002171_23202596.jpg
c0002171_23204861.jpg
c0002171_23210463.jpg
c0002171_23213336.jpg
c0002171_23214997.jpg
c0002171_23220328.jpg
ハートの岩
c0002171_23230128.jpg
c0002171_23261020.jpg
c0002171_23264001.jpg
c0002171_23231567.jpg
c0002171_23233236.jpg
c0002171_23234817.jpg
c0002171_23241382.jpg
トイレ。水が流れる厠は密談をするにも適していたそうだ。
c0002171_23253155.jpg
c0002171_23242999.jpg
c0002171_23253155.jpg
c0002171_23264001.jpg
c0002171_23265900.jpg
c0002171_23274559.jpg
c0002171_23272255.jpg
c0002171_23280679.jpg
図書館が。トルコのベルガマには世界最大級の図書館があり、アレクサンドリアと双璧を成していたそうだ。エフェソスの図書館は地下道で売春宿と繋がっていたらしいw
c0002171_23294517.jpg
c0002171_23314748.jpg
c0002171_23300131.jpg
c0002171_23301832.jpg
c0002171_23311899.jpg
図書館の前には智の女神などの4像があったそうだ。
c0002171_23305173.jpg
c0002171_23321557.jpg
c0002171_23324046.jpg
c0002171_23325667.jpg
c0002171_23332121.jpg
c0002171_23340843.jpg
c0002171_23342283.jpg
c0002171_23344016.jpg
世界最古の広告は売春宿の石板(笑)ハートと左足が彫られている。
c0002171_23353417.jpg
c0002171_23364576.jpg
c0002171_23370501.jpg
c0002171_23373061.jpg
c0002171_23375010.jpg
c0002171_23381659.jpg
馬を繋ぐ孔
c0002171_23383987.jpg
c0002171_23390990.jpg
巨大な円形舞台。ここでは剣闘士のライオンとの闘いもあったとか。音が良く響き、著名なアーティストやオーケストラがライヴをすることも多いとか。
c0002171_23402056.jpg
c0002171_23410403.jpg
c0002171_23412729.jpg
c0002171_23414905.jpg
c0002171_23421856.jpg
c0002171_23423559.jpg
c0002171_23442331.jpg
c0002171_23430816.jpg
c0002171_23432179.jpg
c0002171_23434190.jpg
c0002171_23440068.jpg
c0002171_23445618.jpg
エフェソス遺跡を後にしアルテミスの神殿へ
c0002171_23455196.jpg
c0002171_23460610.jpg
c0002171_23462953.jpg
c0002171_23465309.jpg
今は柱が一本あるだけのアルテミスの神殿。その奥にはセルジュークトルコの城が見えます。トルコという土地が持つ多層な歴史。ガイドさんがトルコ時代だけでなくギリシャも自分たちの歴史だと自然に捉えているのが多文化社会を生きる上で鮮やかな示唆を示してくれる気がしました。
c0002171_23492799.jpg
c0002171_23494739.jpg
c0002171_23500182.jpg
さて、2日目はこれで終わりません。この後は石灰棚で有名なパムッカレへ。次回もお楽しみに◎




# by wavesll | 2019-01-21 23:50 | | Comments(0)

トルコ多重奏旅行記0日目1日目 出発~トロイ遺跡~ハマムandラク

c0002171_22521117.jpg
この8日間、トルコへ行ってきました。
これからしばらくヨーロッパとアジアの境の風光明媚なトルコ旅行記を綴っていこうと思います。

成田空港のANA側のターミナルの一風堂にはベジラーメンのメニューが。きのこが効いててサラダ感覚でいけて美味しかったです。
c0002171_22552011.jpg
機内ではずっとトルコ音楽を聴いていました。伝統的なオーケストラがかなり良くて。またトルコ・ロックやトルコ・ヒップホップなんかもかなり充実していました。また機内の安全注意ビデオがレゴムービーとコラボしてて超楽しかった!
c0002171_22571130.jpg
c0002171_22573367.jpg
c0002171_22575005.jpg
c0002171_22580202.jpg
c0002171_22581541.jpg
c0002171_22583995.jpg
c0002171_22585564.jpg
c0002171_22591182.jpg
c0002171_23025569.jpg
c0002171_23030864.jpg
c0002171_23032448.jpg
着いたのはまだ暗いうち。トルコはAM8:00くらいにならないと明るくなりません。ここから本日の目的地・トロイを目指します。
c0002171_23062844.jpg
c0002171_23064012.jpg
c0002171_23070417.jpg
c0002171_23072263.jpg
c0002171_23080476.jpg
c0002171_23082880.jpg
c0002171_23084415.jpg
c0002171_23085956.jpg
c0002171_23091431.jpg
途中で海峡をカーフェリーで渡って。ヨーロッパのゲリボルからアジアのラプセキへ。船の中で飲んだサーレップという乳糖のバニラようなあまみの飲み物が結構おいしかった◎
c0002171_23094001.jpg
c0002171_23114739.jpg
c0002171_23120101.jpg
c0002171_23124971.jpg
c0002171_23124971.jpg
c0002171_23131122.jpg
c0002171_23133935.jpg
c0002171_23133935.jpg
c0002171_23141191.jpg
c0002171_23154095.jpg
c0002171_23160172.jpg
c0002171_23170531.jpg
c0002171_23173031.jpg
c0002171_23181019.jpg
ゴマパン屋。屋台がそこかしこに車窓からみえた。
c0002171_23184282.jpg
街中にはモスクが街区ごとに結構な頻度で見掛けた。
c0002171_23191926.jpg
c0002171_23194536.jpg
c0002171_23215422.jpg
c0002171_23220820.jpg
c0002171_23222202.jpg
昼食をとった店には建国の父アタチュルクの肖像が。トルコの飯は魚は質が良いけど日本人的には塩みというか醤油一たらしが欲しい感じ。菓子はあっまい。ただ玄米?が入ったピラフは美味かった。
c0002171_23251125.jpg
c0002171_23253290.jpg
c0002171_23254939.jpg
c0002171_23260416.jpg
c0002171_23262668.jpg
c0002171_23264520.jpg
c0002171_23265944.jpg
この辺りは別荘地で、レストランのそばにはビーチも。何故か動物園?もあった。
c0002171_23274868.jpg
c0002171_23280825.jpg
c0002171_23283058.jpg
そしてバスはチャナッカレへ。陶器の城という意味。「カレ」が城の意味で、例えばパムッカレは「綿の城」の意味。
c0002171_23284968.jpg
c0002171_23305635.jpg
c0002171_23311251.jpg
c0002171_23331634.jpg
トロイ遺跡着。再現された木馬がお出迎え。
c0002171_23340429.jpg
c0002171_23341831.jpg
c0002171_23344223.jpg
トロイは紀元前からあった都市で、戦争などの興亡もありつつ発展したが大地震で遂に滅亡した。

都市の層は9つにも渡り、今もメルセデスベンツやソニーの出資などで発掘が続いている。中では水道管の展示なんかも。
c0002171_23365444.jpg
c0002171_23375846.jpg
c0002171_23382916.jpg
トルコでは犬が普通に首輪なしで歩いたり寝そべったりしてる。イッヌ、ネッコ好きにはたまらない国だと想。触るのは狂犬病もあるからお薦めできないが。
c0002171_23394276.jpg
トロイと言えばシュリーマンだが、彼の発掘はかなりド素人な乱暴さもあったらしい。9つの層があるから慎重を期する。シュリーマンがトロイ戦争の頃だと思った地点も実際は時代が違ったりしていた。この地が重要なのはローマ創始者のアエネアスがトロイに住んでいたのもある。
c0002171_23414519.jpg
c0002171_23415950.jpg
c0002171_23421607.jpg
c0002171_23423746.jpg
c0002171_23425116.jpg
c0002171_23430617.jpg
c0002171_23432036.jpg
c0002171_23480166.jpg
c0002171_23465051.jpg
c0002171_23482203.jpg
c0002171_23483543.jpg
c0002171_23490744.jpg
c0002171_23492305.jpg
c0002171_23494701.jpg
c0002171_23501282.jpg
c0002171_23502568.jpg
c0002171_23511077.jpg
c0002171_23514314.jpg
c0002171_23515737.jpg
c0002171_23521143.jpg
c0002171_23523356.jpg
c0002171_23524811.jpg
c0002171_23530598.jpg
c0002171_23531955.jpg
c0002171_23533907.jpg
c0002171_23535389.jpg
c0002171_23541570.jpg
c0002171_23542828.jpg
c0002171_23545177.jpg
c0002171_23561568.jpg
c0002171_23563102.jpg
c0002171_23564523.jpg
c0002171_23570760.jpg
c0002171_23572567.jpg
c0002171_23574009.jpg
c0002171_23575428.jpg
c0002171_23582440.jpg
c0002171_23584119.jpg
c0002171_23590485.jpg
c0002171_23592863.jpg
c0002171_23595004.jpg
c0002171_00001667.jpg
伝説だとこの西の門から木馬は入ったそうだ。再現された木馬のデカさじゃ入れないだろうw
c0002171_00003010.jpg
c0002171_00014504.jpg
c0002171_00020115.jpg
c0002171_00022224.jpg
c0002171_00023668.jpg
c0002171_00025225.jpg
c0002171_00030825.jpg
c0002171_00033601.jpg
c0002171_00035384.jpg
c0002171_00040788.jpg
c0002171_00042943.jpg
c0002171_00044424.jpg
c0002171_00045912.jpg
c0002171_00051468.jpg
c0002171_00053517.jpg
c0002171_00054948.jpg
c0002171_00061432.jpg
c0002171_00063288.jpg
c0002171_00064688.jpg
c0002171_00070728.jpg
c0002171_00072036.jpg
c0002171_00073541.jpg
木馬は上がりこんで中に入れた。
c0002171_00080350.jpg
c0002171_00085134.jpg
c0002171_00091759.jpg
c0002171_00093061.jpg
c0002171_00094433.jpg
c0002171_00100574.jpg
c0002171_00101912.jpg
c0002171_00104667.jpg
一路宿へ。途中で売店でドンドルマのカップを買ったりした。
c0002171_00122451.jpg
c0002171_00123796.jpg
c0002171_00125010.jpg
c0002171_00130508.jpg
c0002171_00132954.jpg
c0002171_00134270.jpg
c0002171_00141358.jpg
c0002171_00145121.jpg
c0002171_00150592.jpg
c0002171_00152031.jpg
c0002171_00153987.jpg
c0002171_00155363.jpg
c0002171_00161068.jpg
c0002171_00162548.jpg
c0002171_00170225.jpg
c0002171_00171574.jpg
c0002171_00172953.jpg
c0002171_00174387.jpg
ホテルについて、プライベートプールとビーチを見た後ハマムというトルコ式サウナへ。陶板浴で、大きな石の上でじんわり温まる。

ホテルのハマム、マッサージや垢すりを付けると値段が十倍くらいになったが、セルフで素ハマムで入ったので20リラ。今リラは安くて、1リラ22円くらい。ペットボトルの水が一本1リラなので、今だとかなり物価も安く感じた。
c0002171_00203235.jpg
c0002171_00204881.jpg
c0002171_00210046.jpg
c0002171_00211067.jpg
c0002171_00212936.jpg
c0002171_00214251.jpg
c0002171_00215380.jpg
夕食はビュッフェ。その時飲んだラクという蒸留酒が面白かった。透明なのだが水に混ぜると白濁する。大分アルコール度数が強くて、部屋でガースカ寝てしまったw
c0002171_00234357.jpg
c0002171_00240646.jpg
c0002171_00241791.jpg
またトルコのチャイが濃い目の紅茶で美味しかった。
c0002171_00251756.jpg
こうして始まったトルコ旅、この後はエフェソス遺跡へ行く予定となっている。移動に次ぐ移動で、旅がドライヴし始めているのを感じたところで明日へ。





# by wavesll | 2019-01-20 23:55 | | Comments(0)

Marita Liulia『Golden Age』@Spiral フィンランドを代表する現代美術作家

c0002171_12140970.jpg
≪Lampedusa≫
c0002171_12171801.jpg
≪Black Planets≫
c0002171_12154874.jpg
≪Autumn≫
c0002171_12192464.jpg
≪PAVILLION (16painted pieces)≫
c0002171_12210628.jpg
c0002171_12212663.jpg
≪Tokyo series Window≫ ≪Tokyo series Window2≫
c0002171_12223432.jpg
≪Tokyo-series: Spell≫
c0002171_12225618.jpg
≪MAd Magnolia≫
c0002171_12233526.jpg
≪My Way (Firecrackers)≫
c0002171_12242273.jpg
c0002171_12244536.jpg
c0002171_12250891.jpg
c0002171_12252105.jpg
c0002171_12254165.jpg
c0002171_12255456.jpg
c0002171_12261151.jpg
c0002171_12263800.jpg
c0002171_12265140.jpg
c0002171_12270729.jpg
c0002171_12280104.jpg
c0002171_12281285.jpg
c0002171_12283009.jpg
≪Pink Mountain≫
c0002171_12291033.jpg
≪Rubato≫
c0002171_12295193.jpg
≪Sakura Night≫ ≪Snow River≫ ≪The Blossom≫
c0002171_12304033.jpg
≪There is no Beauty without Blood≫
c0002171_12321995.jpg
≪Gold Land≫
c0002171_12330681.jpg
≪Red Dot≫
c0002171_12334517.jpg
≪Winterreise (for Schubert)≫
c0002171_12364206.jpg
≪Auris≫
c0002171_12371815.jpg
≪Light Wins≫
c0002171_12380108.jpg
≪Old Olive Tree≫
c0002171_12383332.jpg
c0002171_12384654.jpg
フィンランドのアーティスト、Maria Liuliaの展覧会を青山Spiralにてみてきました。
金屏風に影響を受けた作品達にはオーストラリア先住民なエッセンスも感じて。全球的な美意識が現代的で玄妙な美がありました。

# by wavesll | 2019-01-12 12:42 | 展覧会 | Comments(0)

国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア展@Bunkamura

c0002171_21233758.jpg
Bunkamura ザ・ミュージアムにてロマンティック・ロシア展をみてきました。
この展覧会では19世紀後半から20世紀初頭までのロシア絵画を、四季の風景や人物画であらわしています。

最初は「春」。アレクセイ・サヴラーソフ≪田園風景≫の林檎の樹に咲く花で幕が開けます。イサーク・レヴィタン≪春、大水≫の白樺のスナップショットのような景、ワシーリー・ヴェレシャーギン≪アラタウ山にて≫の鹿、イサーク・レヴィタン≪樫の木≫の聖剣伝説のような綺麗さ。そう、綺麗で、写実的な絵画世界は現代のCM等にも共鳴する様な感覚。アブラム・アルヒーポフ≪帰り道≫はGMOのガッキーのCMのよう。しかし同時代のフランス絵画の表現の冒険からすると”きれいなだけに終わるのだろうか”なんても想ったり。綺麗なのだけど。

そして「夏」。色(ツヴェート)と花(ツヴェトーク)の語源からの冒険的な表現のミハイル・ヤーコヴレフ≪花のある静物≫から始まり、ボリス・クストージエフ≪干し草作り≫のマトリョーシカ的な朴訥な画。イワン・シーシキン≪樫の木、夕方≫はパキっとしていて綺麗。熊たちが遊ぶイワン・シーシキン≪松林の朝≫もいいし、イワン・シーシキン≪正午、モスクワ郊外≫の夏の入道雲。アポリナリー・ワスネツォフ≪祖国≫とワシーリー・ペローフ≪植物学者≫の透明感にアルカージー・ルイローフ≪静かな湖≫のパタゴニアの広告のような濃い自然。そしてレフ・カーメネフ≪サヴィノ・ストロジェフスキー修道院≫はなんと『惑星ソラリス』の撮影があった地を描いた絵画だとか!ロシアの夏は確かにタルコフスキーが寫した水草の透明感に通じるものがありました。

そしてイワン・アイヴァゾフスキー≪海岸、別れ≫のイタリアの海の夕暮れに、≪嵐の海≫の水色の海に空に開けるサミットの美しさ。

それでもまだ想像を超えてはこなかったのですが、ニコライ・ドゥボフスコイ≪静寂≫にはぶっ飛ばされて。豪雨が降る直前の雲の圧倒的な存在感が宙に浮かんで。超自然的な光景にも感じる、”ここにしかないカタチ”がありました。

「秋」の訪れ。エフィーム・ヴォルコフ≪10月≫の白樺林に落ちる黄葉。セルゲイ・ヴィノグラードフ≪秋の荘園で≫は黄色い建物がGood. グリゴーリー・ミャソエードフ≪秋の朝≫は黄葉の森の美しさがめいっぱいつまった作品で。秋を擬人化したイワン・ゴリュシュキン=ソロコブドフ≪落陽≫も美女でした。

ついに「冬」。ワシーリー・バクシェーエフ≪樹氷≫のきらめく氷の美。ミハイル・ゲルマーシェフ≪雪が降った≫のガチョウの可愛らしさ。アレクセイ・サヴラーソフ≪霜の降りた森≫も綺麗で。ロシアでは樹氷は霜の概念に含まれるそうです。また春になると溶けてしまう伝説を描いたヴィクトル・ワスネツォフ≪雪娘≫に、3頭だての勇壮なダイナミズムを描いてくれたニコライ・サモーキシュ≪トロイカ≫も好かった。

そして人物画。何より女性たちの絵画が素晴らしかった。

やはり群を抜いて素晴らしかったのがイワン・クラムスコイ≪忘れ得ぬ女≫。憂いを湛えるなんとも美しい女性に惹き込まれ、一説にはアンナ・カレーニナともいわれるこの女(ひと)にはときめかされました。

またクラムスコイの≪月明かりの夜≫の映画の名シーンのような場面もまた麗しい女性がいて。イリヤ・レーピン≪画家イワン・クラムスコイの肖像≫では彼自身のダンディな姿も描かれていました。

ヴィクトル・ワスネツォフ≪タチヤーナ・マーモントワの肖像≫のちょっと非バランスな瞳の美しさ。ミハイル・ネーステロフ≪刺繍をするエカテリーナ・ネーステロワの肖像≫の知性を感じる佇まい。ワシーリー・スリコフ≪カリーナ・ドブリンスカヤの肖像≫のキリっと可愛い姿にフィリップ・マリャーヴィン≪本を手に≫の実直な美に、ニコライ・カサートキン≪柵によりかかる少女≫は森の香りがして。パーヴェル・チスチャコーフ≪ヘアバンドをした少女の頭部≫はツルゲーネフ『あいびき』から着想を得たものでした。

子どもたちの画も良くて。
ウラジーミル・マコフスキー≪小骨遊び≫とイラリオン・プニャニシニコフ≪釣りをする子供たち≫のいきいきとした姿。一方でアレクセイ・ステパーノフ≪鶴が飛んでいく≫は荒涼とした草原に子供たちが風に吹かれている姿で。オリガ・ラゴダ=シーシキナ≪草叢の少女≫のプラトークとサラファンの赤ずきんのような少女の可愛らしさ。アントニーナ・ルジェフスカヤ≪楽しいひととき≫の幸せな一時に、アレクサンドル・モラヴォフ≪おもちゃ≫は赤で明るい太めの筆遣い。

セルゲイ・ヴィノグラードフ≪家で≫の調度品と子供の佇まいからのドラマ性。グリゴーリー・セドーフ≪フェオドシア・オゴロードニコワの肖像≫のモデルの不安定さや知性に、ワシーリー・コマロフ≪ワーリャ・ホダセーヴィチの肖像≫の人形と遊ぶ可愛らしい盛りの幼女にアレクサンドル・キセリョフ≪本に夢中≫のキュートさ。オリガ・デラ=ヴォス=カルドフスカヤ≪少女と矢車菊≫の可愛らしさにはほっこりしました。

最後の間は「都市と生活」
ニコライ・トレチャコフ≪ダーチャでの朝≫は美術館創始者の甥によるダーチャ(別荘)の風景。グリゴーリー・セドーフ≪民族衣装を着たクルスクの町娘≫の神々しさ。

またニコライ・クズネツォフ≪祝日≫はこの展覧会のピークの一つで、草原に寝そべる少女がハイレゾな筆致で描かれて。写実で描かれる素晴らしい光景でした。

さらにセルゲイ・スヴェトラーフスキー≪モスクワ美術学校の窓から≫の聖なるモチーフにニコライ・グリツェンコ≪イワン大帝の鐘楼からのモスクワの眺望≫の金色の建築の装飾という年風景の画も。アレクセイ・ボゴリューボフ≪ボリシャヤ・オフタからのスモーリヌイ修道院の眺望≫の水辺はまるでイタリアの風景のような味わいがありました。そしてニコライ・タールホフ≪朝食≫は印象派的な筆さばきで。

この時代のロシアの風景画を始めとして印象派などの革新ではなく写実の中でスナップ写真的な美を現したロシアの地政学的な絵画の進化のバランスになかなか面白いView体験となりました。1/27まで。結構人出がありましたのでお早めがお薦めです。

# by wavesll | 2019-01-11 21:21 | 展覧会 | Comments(0)

欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を超えて~ 第11章・第12章・最終章 書き起こし


第11章 市場を科学した果てに

マルクス・ガブリエル(独:哲学者)
「『機械』を意味するドイツ語は『マシーネ』です。ギリシャ語では『メヒャネー』でそれは『策略(トリック)』という意味も持ちます」

機械=トリック?

ガブリエル「機械やロボット、すなわち人が作り出した兵器や道具、人はそれらに対して恐れや愛着を感じたりしますよね。それはロボットが人間の感覚を具現化しているからです。我々人間のロボット信仰の根源がここにあります。

しかし実際は機械そのものには知能も命もありません。一定の時間内だけ機能する電気回路に過ぎないのです。スマホもPCも人間が使わなければ1年もしないうちに使えなくなってしまいます。つまり機械は全て人間に依存しており人間無しには存在しえないのです。」

ユヴァル・ノア・ハラリ(イスラエル:歴史学者)
「世界はこれからの数十年間で劇的に変わるでしょう。これは避けられない事です。しかしどのような社会に変わるか、その可能性は私たち次第です。技術はあくまでも人間の使うものです。技術の奴隷になって技術に仕えてはなりません。」

技術の奴隷

ハラリ「スマホもそうです。果たして自分がスマホを使っているのか。それともスマホに使われているのか。スマホに暮らしを支配されていないか。遺伝子組み換え技術や自立型兵器システムなど政府は危険な開発を規制すべきだしそれは個人のレベルでも同じです。技術との付き合い方に注意深くなるべきです」

ガブリエル
「機械が作られる目的は経済の効率化や製造プロセスの合理化ですが、その時お金では買えないような価値や意味が見過ごされてしまいます。それはいわば私たちの実体験です。芸術作品を観たりワインを片手に家族や友人と楽しい時間を過ごしたり、そういった体験をする時こそ私たちは現実の世界にいます。ポストトゥルースではない真実の世界です。でもこうした体験には価格を付けることはできませんね。現実の体験の本質は『自由』と『偶然性』にこそあるからです。」

テクノロジーがみせる擬似世界?

ガブリエル
「経済は予測や合理性が追求され数字がものを言う世界です。企業の存続と成長が保証されなければならない世界ですこうした世界は科学に基づくモデルに従わない限り機能しません。しかし地球上が全てこうしたシステムに覆われてしまったら自らの手で『自由』や『偶然性』をすべて破壊することになるのです。」

第12章 合理的思考のパラドックス

より速くより多くより効率的に。市場の自由を謡い、経済合理性を掲げてきた世界。自由の擁護者、ハイエクはこんな言葉を残している。

社会や人間の行為はおよそ物理学の用語で定義することなどできない ハイエク『科学主義と社会の研究』

市場の自由を擁護し続け、新自由主義の教祖と祭り上げられた男。彼の心にあったものは…。

ジョージ・セルギン(米:金融経済学者)
「その名前は好きではありません。ハイエクは『新自由主義』ではない。」

ハイエク≠新自由主義

セルギン「自由主義(リベラリズム)を嫌う人たちが使いたがる蔑称でしょう。人々はなぜこの言葉にこだわるのか…誤解を招く言葉だと思います。面白いですよね。新自由主義を批判する人の多くがこう言います。『あなたたちは金銭的・物質的な生産高しか気にしないでしょう。他の数字も重要なのにGDPなどの数字しかみない』。

ところがハイエクは『違う』と。『我々は他の要素…特に自由が大事だと思っている。人間の自由の方が社会の生産性よりも大事だと思っている』。『ハイエクら新自由主義矢が全くの物質主義者だ』という風刺は完全にデタラメなのです。ハイエクは超合理主義を批判しています。『合理性の限界』を知るべきだとね。」

自由に最大の価値を置くハイエクは合理主義に突き進む社会を批判した。

人間の理性とは合理主義者が想定するように特定の個人に宿るものではない。理性とは人と人との関わり合いの過程から生まれるものである。他人の能力や行動を裁く資格など誰にもない。 ハイエク『真の個人主義と偽りの個人主義』

ハイエクは社会が一つのゴールに向かうことを何よりも嫌った。

セルギン「ハイエクの要点はこうでしょう。自由な社会には価値がある。人々が職業を選べ、自らの才能を生かす場があり、お互いの筝や政府についても自由に意見しあえる。これらはGDPなどの数字では測れないが人間の幸福にとってとてつもなく重要なのだと。」

数字で測れない「世界」…

セルギン「社会の真価を考える時、1人ん当たりの生産性などという物差しを持ち出すべきではありません」

トーマス・セドラチェク(チェコ:経済学者)
「ハイエクは資本主義の古典的な価値に立ち返っていた人だ。僕はそれに同意するよ。今の経済は資本主義でなくて『成長資本主義』だ。成長にとらわれて資本主義の本当の価値を捨てようとしている。

人間の自由より経済成長を優先するならばそれは本当の資本主義ではない。」

経済の成長 < 人間の自由

セドラチェク「経済成長をすれば素晴らしいが成長への偏愛はやめよう。このような経済学の根本にある哲学にハイエクが貢献したのは間違いない」

数字の物語に憑りつかれ、それを進歩と思い込んできた、私たち。それは、自由を求めていたはずなのに、経済合理性の名のもとに自由を自ら捨てる偽りの個人主義だったのか…?

セドラチェク
「ハイエクの思想は偏った考えの人たちにある意味でハイジャックされたのだ。偉大な思想にはしばしば起こることだ。」

最終章 経済学の父が見ていた人間

セドラチェク
「すべての経済学者がアダム・スミスに立ち戻る。経済学の父だ。」

アダム・スミス(1723-1790) 人々が自らの利益を追求すれば社会に富が生まれる。見えざる手という言葉で市場の自由を説いたのだ。経済学の父の思想はハイエクによってこう語られている。

アダム・スミスが「合理的経済人」という化け物を生み出したと思われているがそれを事実誤認である ハイエク『真の個人主義と偽りの個人主義』

セドラチェク
「アダム・スミスは市場は完全でないことを認めていた。非合理な人間を統合させることの限界をわかっていた」

経済学の父は人間の本質をみつめていたのか。

スミスによれば人間とは元来、怠惰で無精で軽率、浪費家である。時に善人にもなり時に悪人にもなる。時には聡明だがそれ以上に愚かな存在なのだ。 ハイエク『真の個人主義と偽りの個人主義』

経済の巨人たちが求めていたのは全ての人々があるがままで生きられる社会。これが市場という言葉に込められた意味だった。

セドラチェク
「ハイエクは『見えざる手』にまつわる素晴らしい文章を書いた。そこでギリシャにさかのぼり思想家トマス・アクィナスの言を引いている。『全ての”悪”を消そうとすれば多くの”善”も消えてしまう』とね。

アダム・スミスもこれに同意するだろう。これが自由な社会の本当の価値だ。
物を買える『自由』や相手をののしる『自由』ではなくて、もっと深い『自由』だ。個人が国家の考えに支配されないそんな自由です」

自由、合理性、個人主義、私たちはみんな都合よく解釈してきたのかもしれない。

ガブリエル
「人間は『イメージ』の中に存在しています。本来の『自由』とは自らの『イメージ』を作り出せる可能性のことです。自由を享受し未来へ引き継ぐ方法をみつけなければいけません」

ハラリ
「資本主義は社会を正しく進ませる自然で永続的な方法だと言われますが、でもそれは間違っている。資本主義は過去何百年間に作られた1つの制度にすぎない。いきすぎた『自由市場』という概念に惑わされてはいけない」

資本主義の中心にある市場。そこに合理性と競争と夢を視るのも自由だ。だが人はみな愚かで弱い。愚かで弱いまま振る舞える場がそもそも市場ではなかったか。行き先を決めるのはこの欲望の星を生きる私たちだ。

文明が発展できたのは人間が市場の力に従ってきたからだ 『隷従への道』フリードリヒ・ハイエク

止められない、止まらない。欲望の資本主義。







# by wavesll | 2019-01-10 20:51 | 小ネタ | Comments(0)

欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を超えて~ 第9章・第10章 書き起こし


第9章 貨幣愛のジレンマ

国家と市場の狭間で生まれた仮想通貨という夢。それは資本主義のカタチを変えるのか。

ジャン・ティロール(仏:経済学者)
「仮想通貨には2つの論点があります。1つ目は『成功するかしないか』、2つ目は『社会にとっていいものか』です。」

仮想通貨は
一、成功するか?
二、役立つか?

ティロール「成功するかどうかの予測は経済学者には難しいですが、私はおそらく『成功しない』と思います。なぜならば仮想通貨は純粋にバブルなのです。資産価格のバブルです。もし明日みんながビットコインを信用しなくなったら価値はゼロになるのです。」

仮想通貨の底は抜けている?

ティロール「もう一つより重要なのは『役に立つかどうか』ですね。私は社会の役に立たないと思います。ベネズエラのような経済が機能不全の国は別だけどね。日本、アメリカ、ヨーロッパの社会ではまったくの無駄だと思います。」

ジョージ・セルギン(米:金融経済学者)
「あのハイエクだって連邦準備制度やイングランド銀行をなくそうとは言っていません。彼はこう言ったはずです。『民間に中央銀行と同じように通貨発行権を与え競合させた方がいい』。そうすれば中央銀行も競争にさらされるからです。『中央銀行を閉鎖するべきだ』とは決して言わなかったのだ。『ライバルがいれば中央銀行は権力を乱用しなくなるだろう』と言ったのです。そうハイエクならば言いたかったはずでしょう。」

「権力は腐敗する」 ハイエク『隷従への道』

自由な市場の在り方を全面的に肯定したハイエク。だが中央の存在を否定していたわけではなかった。

ロンドン
バーチャルな取引と日々格闘する男が貨幣のルーツを探る

フェリックス・マーティン(英:ファンドマネージャー):貨幣の本質を歴史的に解説 著書『21世紀の貨幣論』で注目
「円の調子がいいね。新興国の通貨の動きは要チェックだ。

一体なぜ仮想通貨はこれほど人気なのでしょう。これは『ロックの貨幣観』への皮肉な回帰だと思います。」

イギリスの哲学者 ジョン・ロック(1632~1704) 社会契約説によって近代民主主義の土台を築いた。

フェリックス「もちろんロックだけを非難するのは不公平ですが彼は貨幣の歴史においては非常に重要な人物です。ロックの貨幣観は知らぬ間に私たちに染み付いているのです。人間の直感に働きかけた彼の貨幣観とは『貨幣のシステムは厳密でシンプルなルールに従うべき』というものでした。

古典的な金本位制がいい例です。そこでは円でもポンドでも通貨の発行量は中央銀行金庫にある金(ゴールド)の量に依存するべしと、そこに『柔軟性は不要だ』とロックは主張したのです」

蓄財を保証するモノ=貨幣?

フェリックス「実は仮想通貨も同じです。ビットコインのような最も人気のある仮想通貨で特徴的なのはとても厳しい貨幣基準があることです。醗酵されるコインの数に厳格な上限が定められているのです。」

発行量の上限=2,100万BTC

ロックの呪い?

フェリックス「これはある意味で金本位制より厳しい基準ですから経済成長や不平等の拡大には対応できないお金でしょうね。一国の通貨にはなり得ないと私が思う理由の一つです。

大半の人は『お金はモノだ』と考えていますね。所有する何かあるいは財産ですね。でも真実はお金はモノではありません。実際には『債権関係』なのです。」

マネーの本質は『信用の関係』

フェリックス「たとえば財布の中の10ポンド札や100ポンド札は何を意味するのでしょう。これは私の帳簿には『資産』と記されていますが、信用を担保する側の帳簿には『負債』と記されています。つまり銀行預金の場合は民間銀行が紙幣の場合は中央銀行がお金の価値を担保しているのです。」

1万円の貯金=1万円分銀行に貸しがある
お金は「モノ」じゃない。お金は「債券」?

フェリックス「『お金はモノだ』という取り違えは人々のお金の扱い方や政策立案者の考えにも影響します。貨幣の発明以降人類はこの混乱を生きてきたのです」

モノとモノとの交換から生まれたとされる貨幣。だがそれもまた幻想でそもそもは貸し借りの関係を顕わすものだとしたら、その時、モノとしての価値は消える。貨幣とモノを錯覚する。時にそれがクラッシュを招く。

第10章 巨人の後悔

市場の自由。何よりそれを頼りに走り続けてきた資本主義。この時代、計画を求める声は劣勢だった。だが、形勢は逆転する。

2008年 リーマンショック

世界で危険なドミノ倒しが始まった。

リチャード・ファルド(元リーマン・ブラザーズCEO)「あの時に戻れるなら過剰投資はしなかっただろう」

巨大投資銀行の経営破綻をきっかけに世界で連鎖的に金融危機が広がった。大混乱の中、国が介入。

ジョージ・W・ブッシュ元大統領「FRBは保険会社AIGが破綻しないように手を打ちました。さもなくば金融市場は崩壊し世界経済に脅威を及ぼしたでしょう」

計画を重んじるケインズ(1883~1946)の思想が復活した瞬間だった。

「私たちの財布から何回金をむしり取るんだ?私たちの家は差し押さえられているんだぞ」

繰り返された歴史的論争。あれは自由の暴走だったのか。それとも計画の失敗だったのか。

安田洋祐(日:経済学者 大阪大学准教授)
「特にリーマンショックの後は多くの人が経済の行方に懸念を示しました。資本主義の未来をどうお考えですか?」

ジャン・ティロール(仏:経済学者)
「市場の失敗や混乱をおさえるための強力な国家が必要だと考えます。」

市場<国家?

ティロール「自由放任(レッセ・フェール)的な規制解除の潮流がありましたがそれが金融業界にとってよくないことは明白なのに誰も失敗から学んでいません。規制を撤廃して金融危機にさらされている国もあります」

ジェフリー・ヴェッルニック(米:投資家):学生時代ハイエクやフリードマンに師事。仮想通貨/ブロックチェーンに精通
「自由放任(レッセ・フェール)ではないよ。今日の金融業界は『ゆがめられたルール』の結果だ。まったく自由放任の結果ではない。むしろ政府の市場介入、つまり政府が市場に介入すると何が起こるかを示す最悪の例だ。」

2008年のクラッシュは国家の介入の結果?

ヴェルニック「政府の保証がなかったら誰もあんな契約を結ばないだろう。聴きの数年前友人がフレディマック(金融機関)の社債をたくさん持っていた。彼にフレディマックが倒産したことを伝えると彼は『売った方がいい?』と聞いてきた。僕は『いや、売らないで。政府が全部払ってくれるから』と答えたよ。『大きすぎてつぶせない』それが前提になっているんだよ。

金融市場にはしかるべき価格決定機能がなかったのだ。政府に救済されることへの期待が市場の機能をゆがめていたわけだ。面白かったのはバーナンキ(当時のFRB議長)がこう言ったんだ。『フリードマンなら自分のしたことを擁護しただろう』と。でも『ハイエク』とは決して言わなかった」

ハイエク≠フリードマン

ヴェルニック「ハイエクは反対しただろうね。政府の規制やルールづくり、『法の支配』への違反などハイエクが政府の役割の拡大を支持したとは到底思えない。2008年前後の政策にすべて反対しただろう。フリードマンは違っただろうがね」

「市場のマネーは中央がコントロールするべし」
金融市場で強まった中央の存在感。その蔭にはもう一人、新自由主義の指導者のドグマがあったのだ。

ハイエクの「一番弟子」の過ち…?

ヴェルニック「フリードマンは政府とのつながりが強かった。フリードマンは『小さな政府』を掲げていたがそれでも彼の解決策の多くは中央集権型だった。お金をばらまくとか累進課税とかね。フリードマンではなくハイエクこそが自由と解放の最高の擁護者だ」

後年、ハイエクは自らの信奉者であったはずのフリードマンについてこう言った。

彼の経済理論を批判しなかったことを今でも後悔している。

市場の論理と共に、成長、発展してきた資本主義。テクノロジーが加速させる、数字の競走。その道の先に待っているのは…?







# by wavesll | 2019-01-10 05:30 | 小ネタ | Comments(0)

欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を超えて~ 第7章・第8章 書き起こし


トーマス・セドラチェク(チェコ:経済学者)
「きれいだろう。プラハは間違いなく世界で最も美しい都市の一つだと思うが同時にいつも謎めいていた。『ゴーレム』を知っているかなその昔ユダヤ教のラビが語った警告の物語だ。

”人間が自分に仕えさせるために作ったものがあまりに強大な力を持ってしまい破壊的になることがある”とね。ゴーレムはテクノロジーやAIのシンボルにもなりえるだろうしおそらく『市場』もそうだろうね。」

私たちは今、どんな世界を生きているのか。

東京
「ワクワクしています。世界中からたくさんのパートナーや友人が来てくれていますね。私たちはファミリーと呼びたいです。未来への扉を開きましょう。」

ジェフリー・ヴェルニック(米:投資家)
「2008年にサトシの論文が現れそのあと最初のビットコインが発行されたがそれは偶然だとは考えにくい。2008年、あの金融危機の年だ。当時は金融システムへの不安が渦巻いていたからね。」

謎の人物 サトシ ナカモト 「ビットコインの生みの親」
9ページの論文からはじまった仮想通貨狂想曲

この国で再び夢が見られるのか。人々の欲望を繋ぐのはいつもテクノロジー。ヴァーチャルな取引が生み出す、新たな富。それは現実か幻か。テクノロジーがもたらすのは自由か、それとも…。

マルクス・ガブリエル(独:哲学者)
「パソコンもスマホも人間無しには存在できないのです。」

チャールズ・ホスキンソン(米:仮想通貨開発者/数学者)
「夢のような競争の時代がいよいよ現実となるのです。ハイエクが思い描いた世界でしょう。」

ハイエク 知の巨人 市場の推進者

世界はあの男の言葉を追いかけているのか。

グレン・ワイル(米:経済学者/社会工学者)
「『究極の社会主義』は『究極の自由市場』なんだ。矛盾して聞こえるよね?」

ジョージ・セルギン(米:金融経済学者)
「掲げたゴールも間違っているし、金融メカニズムも間違っているし、中央銀行の制度に正しいことは何かあるかな…」

安田洋祐(日:大阪大学准教授)
「今起きていることは利益が生産活動に使われていないこと。本来の資本主義のかたちになっていない。」

市場と国家。危ういバランス。その先にある資本主義の未来。

トーマス・セドラチェク(チェコ:経済学者)
「ハイエクの思想はハイジャックされた。」

第7章 仮想の野望が世界をめぐる

東京・品川
TEAMZ ブロックチェーンサミット

2018年9月、新たなテクノロジーのサミット。未来のビジネスチャンスを求めて世界各地から2000人以上が訪れた。

インドネシア人投資家「日本の市場に興味を持っているよ。日本は仮想通貨をサポートしている数少ない国の一つだ。政府の規制も整っているしね。」

カジノトークン企業CEO「ネビュラはランドベースカジノ。つまり実店舗でも使えるトークンとなっています。物理的だったカジノチップをデジタルに変えることでどこでも使えるようにしたい。既に8地域のカジノとは提携が決定していて。」

中国人投資家「今 中国ではブロックチェーンへの投資が盛んです。統計によれば200万人がブロックチェーンに投資していてそのほとんどは90年以降生まれの若者や学生です。」

ブロックチェーン=分散型台帳技術
人々の間で飛び交っていた言葉はブロックチェーン。
仮想通貨を支えるテクノロジー

IT企業CEO投資家「ブロックチェーンを使ったICO(仮想通貨の発行による資金調達)の社会的なインパクトがたぶん誰も分かっていなくて、結局ブロックチェーンって全部相対取引(当事者間での直接取引)になっていくので完全にブロックチェーンのトランザクション(取引・売買)を禁止しようとすると財務関係の侵害になっていく。なので相対で皆が納得するとトランザクションが出来ちゃうことを民間に付与してしまったというのが現実のイノベーションで一番重要なことで…」

国家でなく技術が信用を担保する
そこで取引の信用を担保するのは国家ではない。それはテクノロジー。

「ヴァーチャルリアリティがブロックチェーンに出会った。」

テクノロジーに魅せられて夢と欲望が行き交う。グローバル化時代の錬金術は次のフェーズへ。

ブロックチェーンによる新たなプラットフォームを構想し、カリスマと称される男

チャールズ・ホスキンソン(米:仮想通貨開発者/数学者)香港拠点のブロックチェーン研究機関CEO。3つの仮想通貨の立ち上げに関わる
「今朝は日銀や金融庁の方とも話をしてきました。
ビットコインは全世界に教えてくれました。お金というものは必ずしも政府や法王や一流銀行から与えられるもんではない。自分たちで決められるのだとね。今のシステムが気に入らない?新しく作ればいいのです。

世界で30億人がクレジットカードを持てず保険にも入れず事業の資金を得られていない。新たなエコシステムでは彼らを全員同じ土俵に立たせビル・ゲイツやジェフ・ベゾスと同じ市場へと人類史上初めてアクセスできるようになります。」

不平等をなくすプラットフォーム?

ホスキンソン「200年以降インターネットはバブルを背景に成長し新しいタイプの企業が誕生しました。それはいわば『仲介人』たちです。イーベイやフェイスブックやグーグルは想像しなかったような大きいスケールで物を売ることを可能にしてくれた。ただ問題はそれによってあまりに強大で中央集権的になったことだ。」

インターネットの必然かー

ホスキンソン「どうやったらウーバーをなくせるか、エアビーアンドビーをなくせるのか。社会の進化から言えるのは仲介人は必須ではない。それはブロックチェーンなどで簡単になくせるのだ。」

「中央」を飛び越えよ

ホスキンソン「中央集権型システムから分散型システムに移行して世界中に拡がる。世界が一つになるんだ。僕は確信している。僕らのテクノロジーは世界市場を作り出す方向に向かっているとね。

今は実力主義社会だ。出身、言語、家庭が裕福だったか貧しかったかは関係なく、自分がどれだけ一生懸命働き誰とつながり価値を生み出せるかだけだ。究極の自由市場だよ。」

脱中心化
真の競争社会の幕開け?

仮想通貨という壮大な思考実験。人はいつも中心を逃れボーダーを越えてつながろうとする。それはいつか見た夢。

第8章 繰り返される夢

そしてもう一人、ここにも夢の構想を描く男が。

グレン・ワイル(米:経済学者/社会工学者):大学/IT系企業研究員 ラディカルなアイディアを提言する俊英
「(人形をみせて)面白いでしょ。アインシュタインとカール・マルクスは分かるよね。

多くの人は自由市場社会に生きていると思っていますが多くの場合ほとんどのものは狂想的な価格では利用できないよね。」

安田「例えば?」

ワイル「東京で起業のためにビルを利用しようとしてもビルは高すぎて買えないよね。だから現在のオーナーと交渉するよね。オーナーがあなたのいいアイディアを知った時、オーナーはそれに乗っかろうとして高い家賃をふっかけることだってできる。こんな風にせっかくのいいアイディアが実行できないかもしれない。こういう交渉には時間がかかるからね。だからオークション理論の出番だ。」

若き社会工学者による、ラディカルな提案。
「ストップ!土地の占有」byオークション理論

ワイル「どうするかというとみなが自分たちの土地の価値を測りその価値に応じて税金を払うということです。100万ドルの価値だとしたら仮に7万ドルの税金を払うとしよう。そしてもしも100万ドルで解体という人が現れたら必ずその価格で売る仕組みだ。これがオークションの原理だ。税金と言っても資産価値の一部だけが持っていかれるだけだよ。」

土地の…
管理は国家
地価の決定は市場

ワイル「このシステムの特徴は土地の価値がとどこおることなく税金を通して分け前が人々にいくということだ。これは現在の経済システムよりも圧倒的に自由な市場だと言える。同時に社会主義的でもあるでしょ。これは究極の社会主義でもあり同時に究極の自由市場だろう。」

「資本主義」X「社会主義」=?

ワイル「矛盾するように聞こえるよね?みんな『社会主義VS自由市場』って考えるからね。でも本来政治経済学の分野ではそんなふうに考えていなかった。19世紀後半は政治経済学が盛んだったよね。共同所有の考えがないと競争も実現できないと信じられていた。このアイディアで最も重要なのがヘンリー・ジョージだ。」

ヘンリー・ジョージ(1839~1897)
すべての税を廃止して「地価税への一本化」を主張

ワイル「多くの人はヘンリー・ジョージなんて知らないだろうね。カール・マルクスやアダム・スミスよりたくさん売れた本を書いたんだよ。聖書を除いてある時代 彼は英語圏のベストセラー作家だった。でも冷戦の頃は常に『資本主義VS共産主義』の構図だったから誰も彼のアイディアを話せなくなってしまった。」

安田洋祐(大阪大学准教授)「彼の提案の根拠は何だったの?」

ワイル「彼は言ったんだ。『土地は神か自然が作ったもの。だから決して誰かに属するものではないはずだ』とね。」

土地所有の概念を疑う。

ワイル「問題は私的所有という仕組みが中央集権を招いてしまうということだ。富の集中に繋がり少数の人だけが全てをコントロールすることになる。共産主義の欠陥はリーマン的資本主義と同じだったんだ。」

「所有」ある限り「独占」生じる?

ワイル「大きな資産を少数の人が握っていて、あと少数の企業ね。少数の人々にコントロールされた少数の企業だね。根本的な問題だ。僕たちの社会には真の意味で『分散型』市場システムが必要でそのためには土地の私的所有という概念を絶たないといけない。

『私的所有』は極めて個人主義的な考え方だ。それは我々本来の社会的性質に反するものだ。自由主義も新自由主義もあまりに個人主義的すぎるんだ。」

個人主義とはいったい何なのか。市場は自由のためにあったのではなかったか。

市場の論理を加速させるテクノロジー。それは人間のスピードを越えていく。







# by wavesll | 2019-01-10 04:09 | 小ネタ | Comments(0)

欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を超えて~ 第5章・第6章 書き起こし


第5章 市場はすべて自由のために?

チェコ・プラハ
CSOBチェコ中央銀行
思春期に社会主義を経験した異端の経済学者は

トーマス・セドラチェク(チェコ:経済学者):大統領の経済アドバイザーも務めた異端の奇才 著書『善と悪の経済学』
「自由はとても複雑な問題だ。我々チェコ人は不運にも自由について分かっていることがある。ここは実際に最高の共産主義国になろうとしていた国だからね。」

戦後の世界をある物語が二分していた。自由を謡う西の資本主義。平等を謡う東の社会主義。
資本主義を批判したマルクスは富の平等の分配を目指し計画経済を理論化した。

社会主義 「政府による計画経済」

それはハイエクが完全に否定した理念だった。全ての必要な物資を中央で集計し統制するなんて出来るわけがない。

セドラチェク「ハイエクが批判したような自由でないシステムが自由なシステムより生産性が高いことを想像してみよう。余計な競争や不要な広告をともなう経済より計画経済の方が優れていることだって考えられるはずだ。『1つの大きな工場で1種類の車だけを作ってなぜいけないのか!?』ってね。これが計画経済の考え方で実際に最初は優れているように見えた。」

マルクスの思想から生まれた夢。しかしその社会主義はやがて崩壊し、資本主義が勝利した。

1991年ソ連崩壊

歴史は動いた。自由市場の擁護者、ハイエクの言葉を追いかけるように。

リーダーの多くはまず社会主義者になりついにはファシストやナチスとなった ハイエク『隷従への道』

セドラチェク「1989年 鉄のカーテンと共産主義が終わった時、チェコとまわりの国で起きていたことの解釈をめぐっては29年後の今でも議論が続いているよ。『自由』の問題だったのか、『空腹』の問題だったのか。」

夢見ていたのは「自由」か、それとも「モノ」か。
だが、歴史は繰り返す。

ニューヨーク・ニュースクール私立大学
マルクス主義集会2018

資本主義を批判したマルクスの思想、今この国で再び熱を帯びている。

「気候変動や発展途上国での環境破壊も問題です。富める国と貧しい国の構造の核心にはグローバル帝国主義があります。」

「昨年富裕層の資産は25%も増加しました。大多数の人々の生活は苦しくなっているというのにです。トップのたった8人が世界人口の半分と同じ資産を得ています。経済成長は給料の増加や社会保障の充実や有色人種の保護にはつながりません。ごく一部の資産家やマンションオーナーを肥やすだけです。日々の暮らしを賄うため仕事を掛け持つ我々はどうなるのでしょう。」

「今という時代は『自由の罠』に陥っていると思う。」

自由の罠

「憲法でも社会の価値観としても私たちの自由はうたわれています。でも実際は毎朝早起きしてしたくない仕事をし給料も安くて生活をまかなえない。アメリカには字を読めない人、食べるものが無い人、住む場所が無い人もいる。とても自由とは言えないよね。僕らはいわば『必要』の奴隷だ。」

必要のための奴隷

「一部の人だけが社会の富を独占するのではなく、生きるのに必要なものを皆が平等に手に入れられる社会を社会主義的なアイディアによって実現できればアメリカだけでなく世界の人々が本当の意味で自由を謳歌できるようになる。」

♪「The International」:20世紀 世界の労働者たちの間で広く歌われた

自由を求める声が複雑にこだまする。マルクスを殺した男とさえ称される自由市場の擁護者は今、何を思うのか…。

第6章 国家 VS 市場

自由か、計画か。20世紀を代表する経済学の巨人・ケインズ(1883-1946)の宿命のライバルと言われたのがハイエク(1899-1992)だった。二人は市場の自由と国家の介入をめぐって激しく対立した。きっかけは第二次大戦の前夜。大恐慌の時代に遡る。

1929年 世界恐慌

ケインズは国家が積極的にお金を使い、失業を減らす処方箋によって危機を救った。彼の書『雇用利子および貨幣の一般理論』(1936)はケインズ革命と呼ばれるほどのインパクトを世界に及ぼしたのだ。

しかしそんな中、ハイエクは別の角度から世界を見ていた。国家が介入を強め社会主義化するのを隷従への道と呼び、警鐘を鳴らした。

ジョージ・セルギン(米:金融学者)
「明らかに言えるのはハイエクは第二次世界大戦中の西欧諸国における国家権力の拡大を警戒していたということです。政府の権限がとてつもなく強まり、さまざまな規制が強化され、国家による戦争のための経済活動における『計画』が増加しました。それは軍事的な目的に合わせてモノの生産量をコントロールするためでした。

同時に彼は社会主義の台頭を目撃していました。社会主義は東欧の多くの国々で実際に公式な政策となっていましたし、当時の知識人の中には賛同する者も多かったのです。」

ロバート・スキデルスキー(英:経済学者/歴史学者)
「ハイエクの考え方は中央計画に反対するものでした。経済を計画するのではなく、市場に任せるものだと言いましたね。彼に言わせればケインズは中央計画と自由市場の妥協点だったのでしょう。政府の権限が強くなると『従う精神』に流れてしまうのだとね。彼はその流れを止めようとしたのでしょうね。」

国家による市場への介入に激しく反対した書にケインズは賛辞を贈る。

『これは見事な本だ。道徳的、哲学的には。私はほぼ全面的に賛成する。それも深く感動した上での賛成だ。』

しかし、この後全てをひっくり返す。

『だが今必要なのは計画をなくすことでなく寧ろ増やすことだ』

自由を望む精神にこそケインズは同意してみせたが、あくまでも国家の介入すべき役割を強く主張した。後にハイエクはこう反論する。

『計画が独裁を招くことはないと信じるのは馬鹿げている』

スキデルスキー「ケインズは『隷従への道』を読んでハイエクに言ったのです。『あなたの考えは経済を不安定にし人々は自由を放棄することになる。あなたが考える政策のもとでは耐えられないような暮らしになり、寧ろ独裁的なシステムに繋がるだろう』とね。」

市場の行き過ぎこそ独裁を招く by ケインズ

スキデルスキー「ハイエクは単純に間違っています。彼はマクロ経済の現実を信じようとしませんでした。労働市場をとってもそこに競争がある限り『全ての失業は自発的なものだ』とまで信じていたようです。『望む賃金次第では仕事はいつでも見つかるだろう』とね。彼がバランスのとれた理論家とはとても思えません。」

セルギン「私はハイエクの支持者でケインズの『一般理論』は支持しません。あの本はどちらかというとダメな本で表面的な本だと想っています。それなのに多くの他の人々は金融経済学に多大な貢献をしたように扱っていますが私に言わせればこれまでに読んだ他のすべての金融経済学の本と比べて最も不満の残る本でしたね。」

国家と市場、その危うい緊張関係の中で時代は揺れてきた。

セルギン「『隷従への道』は人々に非常に大事な気付きを与えてくれる本です。当時増大していた国家介入の風潮を止めるのに一役買ったと思いますが、その後 最後の日と仕事をしたのはミルトン・フリードマンでしょうね。」

新自由主義 もう一人の指導者 ミルトン・フリードマン

スキデルスキー「もう一人 新自由主義の指導者として大きな影響力を及ぼしたのがフリードマンでしょうね。フリードマンが『マネタリズム』を生み出しました。国家にお金の印刷を任せておけば常にインフレを起こせるという考えです。」

マネーの量を決めさえすればあとは市場が解決する。

スキデルスキー「フリードマンの考えから独立する中央銀行と財政規則という発想が生まれたのです。政府は手足を縛られるべきで国家から独立した中央銀行にお金の供給をコントロールさせようというすなわちどこまでも反国家的な動きだったと言えます。」

国家に背を向けた男たち?

スキデルスキー「彼らはこう言った『すべて上手くいくことを保証する』。しかし2008年の想定外の危機には対応しきれませんでしたね。あれは新自由主義の基本理念を問いただした事件だったのです。」

資本主義、その怪物の勢いは止まらない。テクノロジーの進化の果て、国家と市場のせめぎあいは次のステージへ。





# by wavesll | 2019-01-09 08:11 | 小ネタ | Comments(0)

欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を超えて~ 第3章・第4章 書き起こし

第1章・第2章
第3章 GAFAという陰の演出家

揺れる国家に巨大な足音が忍び寄る

自由な競争が資本主義の原動力。その運動の果て。私たちを飲み込む影の演出家が現れた。

ニューヨーク州立大学
スコット・ギャロウェイ(米:起業家/大学院教授):デジタルマーケット分析企業CEO。著書『the four GAFA』で4強を痛烈に批判

デジタルマーケット分析企業
ギャロウェイ「うまくいってるかな?キャサリン、カメラを避けるなよ。」
キャサリン「それをチェックしてほしいわ」
ギャロウェイ「ああ 今週のビデオだね。」
『巨大隕石アマゾンが不動のアップル王国をぶっ潰そうとしている。力によってではない、ネット販売におけるどでかい取引によってだ。』
ギャロウェイ「毎週こんな動画をつくってビッグテック企業の分析を公表してる。動画サイトで何十万人もが見ててね。結構人気があるんだ。うちの会社のビジネスリサーチ部門のブランディングが目的なんだよ。」

独自の目線で4つの巨大プラットフォーマーを分析する。

Google
Apple
Facebook
Amazon

ギャロウェイ「グーグルは『神』だ。私たちはどのように神とコミュニケーションを取るのか。『検索』という名の祈りだ。子どもが風邪を引いたら検索窓に症状を打ち込んだら諸地方が出てくるよね。私たちはグーグルのことをどんな司祭、学者、メンターより信じている。

フェイスブックとは『愛』だ。人は自らの種の存続のために子供に栄養だけでなく社会的「つながり」も与えないといけない。栄養は足りているが「つながり」を持たない子はうまく生きられないよね。フェイスブックは『つながり』と『愛』を約束します。

『安く、いいものを買える』ことで今 最も成功しているのがアマゾンだ。アマゾンは今 『消費』の殿堂だ。

そしてアップルだ。人は異性を惹きつけるために自分を魅力的に見せる必要がある。パートナーの選択肢をひろげたいからね。自分は年に住んでいてお金を持っていて才能があることを、そして君が原価300ドルしかしないものに1300ドルも払えてイノベーション時代に合ったいい遺伝子を持っていると示せるのだ。

『神』『愛』『消費』『セックス』だ。私はこれらの企業は人々の本能に踏み込んでいると思う。」

人々の欲望を握ったGAFA

ギャロウェイ「私たちをつなぎ止める4つの営利企業の時価総額は合計するとドイツのGDPをも越えてしまった。」

空前絶後に巨大化した企業。歴史上例を見ないスピードで国家のサイズを超えようとしている。

ギャロウェイ「彼らがあまりに強大になったことは今の経済の深い病を意味する。ヨーロッパでも日本でもアメリカでももはや人間性は賛美されません。その代わり英雄として賛美されるのはテクノロジーの億万長者たちです。

さらに日本でも米国でもヨーロッパでも強大になった企業を分割させてきた誇らしい歴史があった。しかしこの陰の支配者たちはこれまでの企業に適用されていた基準を逃れる独自のルールを構築した。

解決策はシンプルだと思う。いくつかの小さな企業に分割すればいい。」

『怪物は分割せよ』

ギャロウェイ「彼らが分割されるべき理由は資本主義の鍵は『競走』だからだ。少数の企業が強大になりすぎるともはや競争は不可能だ。検索分野でもSNSでもネット販売でも事実上それぞれ一つの企業しか存在していない。だが処方箋はある。ただの規制でも懲罰でもなく独占禁止のための分割だ。」

東京
ジャン・ティロール(仏:経済学者):各国の政策に影響を与える知の巨人。市場の力と規制の分析でノーベル賞
「グーグルやフェイスブックを分割せよ。みなさんそう言いますが、それは解決策になりません。
過去には電気、通信や鉄道などの公共事業の会社に規制を掛けることが出来ましたがそれらは『国内の』企業でした。」

安田洋祐(日:経済学者 大阪大学准教授)「会社の領域と国境が一致していたのですね」

ティロール「そのとおりです。だから収支を把握できていました。しかし今のグローバル企業の経営サイクルをすべて追いかけることは不可能でしょう。」

グローバル企業は コントロール不能?

ティロール「最低限必要なのは市場での競争です。『第2のグーグル』が現れ突出していれば取って変わるかもしれません。競争は現存企業に緊張感をもたらします。革新を迫り低価格でのサービス提供を迫ります。独占企業が革新的であり続けることはできません。新製品が既存の製品と共食いしてしまうからです。」

独占↑ → イノベーション↓?

安田「大企業によるスタートアップ企業の買収についてはどう思われますか?『反競争的』な側面もあると考えられますが」

ティロール「新しく有能な企業が市場に参入しても程なくして大手に売却されることもしばしば起こります。『買収されるための参入(Entry For Buyout)』ですね。これでは競争も起こらず消費者にとって価値は生まれません。現存企業が将来ライバルになりそうな企業を買収しています。例えばフェイスブックによるワッツアップやインスタグラムの買収です。将来的に競争する可能性が有ったのにそれが絶たれたのです。今の市場経済において『規制』は最も重要な課題です。」

最早コントロールできない怪物企業を生み出した資本主義。それはユートピアか、それとも…。

第4章 怪物の深層にあるのは?

ベルリン
国家のスケールを越えていく、テクノロジーの力。ヨーロッパの大国、ドイツでも経済界の重鎮たちが危機感を強めている。

ジュート ドイチェ・ツァイトゥング 経済サミット2018
そこに招かれたのは知のパラダイム転換を試みる異色の哲学者

マルクス・ガブリエル(独:哲学者):「新実在論」で注目の哲学界の旗手。著書『なぜ世界は存在しないのか』が話題

「『我々には機械が本当に必要なのか?』このテーマにふさわしい素晴らしいゲストをお招きします。どうぞお座りください。」
「新たな『機械の時代』を迎え非常に大きな問題を抱えています。職場で必要とされなくなった人間が社会から置き去りにされた無意味な存在だと感じてしまう事です。」
「懸念を持つべきだと?」
ガブリエル「私は違う考えです。まず私たちの労働量はこれまでよりはるかに多い。私たちは常に『データ』を発信しています。例えばSNSでのやりとりであったりこの『労働についての対談』であったりね。ここで私たちは『意味を持たないもの』を『意味を持つもの』に変化させています。」

無意味→労働→意味?

ガブリエル「実はGAFAは我々に膨大な『負債』を負っているのです」

ガブリエル「ソーシャルメディアはカジノのようなものです。」
SNS=カジノ?
ガブリエル「我々はネット上の人物や投稿に『いいね!』を投票していますね。投票された人は『いいね!』やフォロワーを集めますね。これはカジノと同じです。ポイントを稼いだ人は大儲けができます。ユーチューバーに成功者が増えればユーザー側の利益にはなりますが、しかしここがまさにカジノと同じ構造なのですが最終的に最も利益をあげるのは当事者でなくカジノそのものなのです。GAFAはもっともダーティーなカジノだと断言できますよ。

インターネットの世界に規制がかけられる前にできるだけ速く資本を増加させること、それが彼らの唯一の関心事です。今日の私たちはこうした企業に搾取されているのです。GAFAのために働かされているのです。Eメールやニュースを見るといった我々がネット上で行っている行為はすべて『労働』でありこれがデータと付加価値を生み出すのです。そうして生み出された付加価値によって何十億という金がカリフォルニアの口座に支払われているのです。」

イスラエル・テルアビブ
壮大なスケールで人類のゆくえを分析する歴史家は

ユヴァル・ノア・ハラリ(イスラエル:歴史学者):文明論的に人類の未来を読み解く 著書『ホモ・デウス』『サピエンス全史』
「『監視資本主義』と言えるでしょう。」

「見張られる」ものは何か?

ハラリ「アマゾンがあなたの取引のすべてのデータを集め続けたらその巨大なデータベースと顧客や経済への深い知見のおかげで市場のすべてか少なくともある分野ではアマゾンが独占するでしょう。本来は市場に行けばいろんなトマトの売り手がいますよね。美味しくなかったり高かったりすれば他のお店に行ったりできる。これが自由市場です。しかし20年後世界中でトマトを売っているのはアマゾンだけです。人々は誰もコントロールできなくなる。アマゾンが質 値段 供給量を決めるのです。

こうした『監視資本主義』を止めなければ結果的には中央集権型のシステムになりそれは20世紀的自由主義型の資本主義ではなく中国に近いシステムでしょう。」

市場の『監視』→中央集権…?

ハラリ「気を付けないといけません。今のまま何もせず市場の力に委ねたらすべてのお金と権力が一握りのエリートに終っちゅうしてしまう未来もありえます。多くの人々が経済的政治的に無力でひどい状態もあり得ます。何らかの行動を起こさなければなりません。冷笑的になる必要はないのです。」

ヴァーチャル空間を蠢く、巨大企業。その掌の上で踊る私たち。デジタルな夢の中にリアルを感じる私たち。






# by wavesll | 2019-01-09 05:46 | 小ネタ | Comments(0)