人気ブログランキング | 話題のタグを見る

未来のこと

未来のこと_c0002171_563696.jpg

やっぱり人類は滅亡することがNASA出資の調査で判明。資源浪費と貧富二極化で

お久しぶりです。色々ブログに書きたいなと思う感銘を受けるイベントなどは多かったのですが、140文字で書いてしまうと意欲が発散されてしまいなかなか更新できてませんでした。

そんなtwitterで流れてきたのが上のリンク、理系の学術専門誌「Ecological Economics」に掲載中の論文をもとにガーディアンに載った政策研究開発研究所事務局長のナフェーズ・アーメド博士の言葉によると先進国に多く住むエリートによって資源浪費と貧富二極化がもたらされ、現在の文明は過去5000年の間に隆盛した文明と同様に崩壊するそうです。

爛熟する現代文明の余波は、近年とみに増えた猛暑日によっても感じられます。気候変動によって今世紀末には地球の多くの地域が人間が住むには適さない環境になってしまうという研究もあるそうです。

311の際、Eテレに出ていた学者が"文明災"という言葉を使って原発を批判していましたが、うーむなかなか、そして徐々に生活レベルで環境が変調を興している様にも思います。違った視点で言えば鰻の絶滅の危機(なにやらマグロも怪しいらしい)も、先進国に棲む我々のライフスタイルが持続可能なシステムになっていない事の顕れになっていると感じてしまう今日この頃です。

さて、"ポスト文明"なんて大きなくくりで語るのは私にはあまりに巨大すぎる話なのですが、たまたまそのニュースがtwitterで流れてきたとき、録画していた佐々木希のバリ島滞在番組を私は見ていたのでした。

バリ舞踊に挑むことを主軸に、舞踊の先生との心の交流、信仰と平等を大切にするバリの暮らしなどの、東京地方からするとゆったりとしたバリの生活様式をみて、サステイナブルなサイクルを維持するにはこれくらいのスピード感がいいのかなぁなどと素人目に思っていました。先生が言うにはそんなバリも資本が入り昔からの土地がどんどんホテルになるなど文化が消えて行っているそうで、美しい文化が消えていくのは残念だなと思うのですが。

思うに、現代社会がスピードを増していく主要因は都市への集中に尽きるのではないでしょうか。都市への集中、言葉を変えれば自然からの遠ざかりが、"楽しさ/満足"を得るためにマネーが必要にどんどんなっていくスパイラルを生み出している様にも思います。

海が近くにある、あるいは山が近くにある生活が日々にもたらす美しい満足感から遠ざかり、狭い部屋や凝縮した街並みの中で体を満足に疲れさせることが出来ないと、夜が深くなりエネルギーや快楽エンタメをどこまでも消費する生活リズムを形成しているのではないか、などと感じ、まぁ平均寿命位生きれば21世紀中盤を生きる人間として、自然/都市、物質/情報/精神のベストバランスを探っていく事、経済的な折り合いと取捨選択、ままならぬ"運命"の中泳いでいくすべを、身体を意識することで実現していきたいなと考えています。

もっと端的にいえば30代半ばまでメガロポリスを愉しんだら、もう少し自然のあるところ(それでも最近は通信と配送インフラ、SCが整備された地方都市があるし)や海外に棲みかを求めてもいいかなと、最近アラサー同士と話していると感じます。その為にどの土地でも食っていける専門技術とアイディアの編集力、そして文化の翻訳力をトレーニングしていかなければ、日々積み重ねていく事と何かを始めるまで時間を短くする心の筋力を鍛えるのを目標に、今年後半をやっていきたいなと思いました。

あと自分自身がメディアを通じて情報を発信する事で、今までは特に何も考えずにやりたいことを霧散していたのですが、これからはもうちょっと"結果を出すこと"を意識しながら鴎庵も更新していきたいかな。もうそろそろ(ブランクはさむけど)初めて十年超えそうだし。
by wavesll | 2014-07-28 06:18 | 私信 | Comments(0)
<< nausea 3 - shot... 風神雷神肆景 >>