金魚と妖怪 深堀隆介「金魚は上見で」at中野リトルハイ 柳生忠平さんの個展「百鬼創造」at南青山Triplet

先月、中野リトルハイに深堀隆介さんの個展「金魚は上見で」を観に行った際の写真と、今日南青山Tripletにて柳生忠平さんの個展「百鬼創造」を観に行った際の写真を上げます。

c0002171_20384396.jpg

c0002171_20392285.jpg
c0002171_20394034.jpg
c0002171_20395622.jpg
c0002171_20535890.jpg


金魚を立体的に描く深堀さん。レイヤーを多層的に塗る事で立体的に描いていることがわかり、現場で見ると更に面白いなと思いました。初期から現在までの作品があり、年代を経るごとにどんどんリアルになっていく様が面白かったです。最近深堀さんは古墳に嵌っているらしく、新境地を開こうとしている作品も展示していて、金魚と前方後円墳とか、面白い事やってるなぁと思いました。

c0002171_20453097.jpg

c0002171_20454724.jpg
c0002171_20461983.jpg
c0002171_20463810.jpg


柳生忠平さんの肉感的な妖怪には、どうにもこうにもモリモリした生命力を感じました。肉にwあやかしなのに肉感的というのは面白いと思いました。
Xmasの南青山に小豆島から妖怪がやってくるというのも乙ですね。もう「金魚は上見で」は会期が終了してしまっているのですが、「百鬼創造」は28日まで展示していて、26・27日には2000円で柳生さんご自身に、心を探ってもらって妖怪似顔絵を描いてもらえます。年の瀬に鬼に逢いに南青山へ散策するのも、楽しいかと◎

屏風に描かれた大きな作品はやっぱり生で観るといいですよ。お薦めです!
by wavesll | 2014-12-14 20:52 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/23209352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< アルコールよりも酔える音楽(c... 冬の街が少し異なって見えるよう... >>